KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ワシントン
  • 新型コロナウイルス
  • ワクチン
  • 国際通り
  • 景気過熱
  • 経営体力
  • 全量次世代
  • 執行役員
  • 宮田千夏子
  • 感染拡大

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
223,834
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
223,834
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    岡山県の対策本部会議 岡山も時短要請検討

    岡山県の新型コロナウイルス対策本部会議=17日午後、岡山県庁

    商品コード: 2021061712351

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    尾身茂氏 尾身氏五輪提言きょう発表

    新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長

    商品コード: 2021061712109

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    記者会見する福岡知事 飲食店の酒類提供を容認へ

    記者会見する福岡県の服部誠太郎知事=17日午後、福岡県庁

    商品コード: 2021061712045

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    記者会見する安田会長 企業支援策「延長を」

    オンラインで就任記者会見する第二地方銀行協会の安田光春会長=17日

    商品コード: 2021061711700

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    藤沢貴之頭取 起業や後継者育成に注力

    インタビューに応じるみちのく銀行の藤沢貴之頭取=17日午前、青森市

    商品コード: 2021061711683

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    あいさつする加藤官房長官 海外インフラ受注戦略議論

    日本企業の海外インフラ案件の受注促進策を議論する「経協インフラ戦略会議」であいさつする加藤官房長官(左から2人目)=17日午後、首相官邸

    商品コード: 2021061711566

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    求人広告を出す店 景気過熱、沈静化へ布石

    客足が戻り、求人広告を出すファストフード店=16日、米ワシントン(共同)

    商品コード: 2021061711379

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    夜の繁華街 景気過熱、沈静化へ布石

    にぎわう夜の繁華街=12日、米ワシントン(共同)

    商品コード: 2021061711382

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    求人の張り紙 景気過熱、沈静化へ布石

    人手不足で従業員を募集するレストランの張り紙=16日、米ワシントン(共同)

    商品コード: 2021061711373

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    閉店した土産物店 飲食店「経営体力は限界」

    国際通りの入り口にある閉店した土産物店(右下)=17日午後、那覇市

    商品コード: 2021061711192

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    シャッター目立つ国際通り 飲食店「経営体力は限界」

    シャッターを下ろした店舗が目立つ那覇市の国際通り=17日午後

    商品コード: 2021061711187

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    臨時休業の張り紙 飲食店「経営体力は限界」

    国際通りの店舗に張られた臨時休業の張り紙=17日午後、那覇市

    商品コード: 2021061711175

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    記者会見する大村知事 愛知、酒類提供を解禁

    「まん延防止等重点措置」と書かれたボードを手に記者会見する愛知県の大村秀章知事=17日午後、愛知県庁

    商品コード: 2021061710612

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    宮永俊一氏 競争力維持へ工夫見直し

    日本造船工業会の会長に就任し、オンラインで記者会見する宮永俊一氏=17日午後

    商品コード: 2021061710210

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    ANAHDの宮田執行役員 ANA、全量次世代燃料に

    インタビューに応じるANAホールディングスの宮田千夏子執行役員

    商品コード: 2021061709288

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    宮田千夏子執行役員 ANA、全量次世代燃料に

    インタビューに応じるANAホールディングスの宮田千夏子執行役員

    商品コード: 2021061709285

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    取材に応じる北口 北口「1番で五輪へ」

    オンラインで取材に応じる北口榛花=17日

    商品コード: 2021061708853

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    接種待つ市民ら ワクチン普及後も感染拡大

    チリの首都サンティアゴで、新型コロナウイルスのワクチン接種を待つ市民ら=16日(ロイター=共同)

    商品コード: 2021061708735

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    ロンドンの検査会場 ワクチン普及後も感染拡大

    英ロンドンに設置された新型コロナウイルスの検査会場=15日(ゲッティ=共同)

    商品コード: 2021061708742

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    港町の市場、インドネシア 新鮮カツオを氷詰め

    インドネシア・スラウェシ島北端にあるビトゥンは漁業で知られる港町。市場では卸売業者のジムさんらが仕入れたカツオを氷詰めにしていました。大きいサイズは輸出用に回され、比較的小ぶりなものが2・3㌧ほど集まりました。1㌔2万ルピア(約154円)で売れるそうで、「山の方に住んでいるお客さんが買いに来る。全て売り切りたいね」と笑顔でした。(撮影・岡田健太郎、共同)

    商品コード: 2021061706790

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (なかつか・かずひろ) 中塚一宏

    大阪堂島商品取引所の中塚一宏社長

    商品コード: 2021061705663

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    日商とのオンライン懇談 行革相「今週にも百万回」

    オンラインで懇談する河野行革相(左)と日本商工会議所の三村明夫会頭=17日午前

    商品コード: 2021061703970

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    米FRB本部の外観 ゼロ金利解除23年に前倒し

    米連邦準備制度理事会(FRB)の本部=ワシントン(共同)

    商品コード: 2021061703555

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    米FRB本部 ゼロ金利解除23年に前倒し

    米連邦準備制度理事会(FRB)の本部=ワシントン(共同)

    商品コード: 2021061703554

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    到着したワクチン ベトナムにワクチン輸送

    新型コロナウイルスのワクチンが入ったコンテナの前で記念撮影する山田滝雄・駐ベトナム大使(左)とベトナム保健省幹部ら=16日、ハノイ(共同)

    商品コード: 2021061703326

  • 2021年06月17日
    (2)蘇州ハイテク産業開発区、入居の日韓企業を手厚く支援

    8日、蘇州ハイテク産業開発区で日用品を販売する日系百貨店の泉屋。中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)は1990年代の建設当初に優良外資企業を相次いで誘致した。94年に最初の日系企業、蘇州日本電波工業が設立されたのに続き、蘇州メナードや蘇州松下電工が設立され、同区の発展の序幕が静かに開いた。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061704218

  • 2021年06月17日
    (2)中国の日系企業、9割以上が「生産地見直し予定なし」

    16日、「中国経済と日本企業2021年白書」の記者発表会で白書の内容について説明する中国日本商会の高島竜祐副会長(右)。中国に進出する日系企業でつくる中国日本商会は16日、同商会と中国各地の商工会組織の日系企業8560社へのアンケート調査を基にまとめた「中国経済と日本企業2021年白書」の記者発表会を北京で開いた。白書は在中国日系企業の経営状況について、日本貿易振興機構(ジェトロ)が実施した「アジア・オセアニア進出日系企業実態調査」の結果を引用し、2020年度の営業利益(見込み)を「黒字」と回答した割合が63・5%に上ったほか、新型コロナウイルスの感染拡大や通商環境の変化による「生産地の見直し予定」は、92・8%の企業が「なし」と回答したと説明した。(北京=新華社記者/邱虹)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061704741

  • 2021年06月17日
    (1)李克強氏、吉林省を視察

    15日、松原市前ゴルロス・モンゴル族自治県査干湖鎮図那嘎村の畑でトウモロコシの生育状況を確認し、農家や農業技術者と話し合う李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は15、16両日、吉林省の松原市と長春市を視察した。(長春=新華社記者/龐興雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061705733

  • 2021年06月17日
    (4)世界7位の烏東徳水力発電所、全ユニット稼働

    16日、烏東徳水力発電所。(小型無人機から)世界で7番目、中国で4番目の大きさを持つ水力発電所、烏東徳(うとうとく)水力発電所で16日、12基ある発電ユニットの最後の1基が72時間の試運転を無事に終え、稼働した。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の境を流れる金沙江(長江上流部)下流に位置する。1基当たりの出力は85万キロワットで、総出力1020万キロワット。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの一つとして、2015年末に着工し、20年6月29日に最初の1基が稼働した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707629

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (5)ラベンダー栽培が農家の増収を後押し新疆ウイグル自治区

    13日、霍城県芦草溝鎮四宮村のラベンダー畑を散策し、写真を撮る観光客。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県芦草溝鎮四宮村はかつて、「石だらけの土地」として知られ、至る所に石が転がっていた。果子溝河の水が農地の土壌成分を流してしまうため、農作物の被害が深刻で、豊作の年でも1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収入は500元(1元=約17円)程度だった。同村では10年前から産業構造の積極的な調整を実施。トウモロコシを中心とした従来の栽培構造を変え、農家や貧困世帯に対し、ラベンダーの広域栽培に参加するよう指導してきた。芦草溝鎮のラベンダー栽培面積は現在、3万8千ムー(約2533ヘクタール)で、四宮村には1万2千ムー(800ヘクタール)の広域栽培拠点があり、ラベンダー栽培農家の1ムー当たりの平均純収入は2千元以上になった。地元農家はこのほか、大規模栽培や季節性労働、観光業や民宿の開発なども行い、ラベンダー産業を利用して豊かになる道を歩んでいる。(霍城=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710819

  • 2021年06月17日
    (7)世界7位の烏東徳水力発電所、全ユニット稼働

    16日、烏東徳水力発電所。(小型無人機から)世界で7番目、中国で4番目の大きさを持つ水力発電所、烏東徳(うとうとく)水力発電所で16日、12基ある発電ユニットの最後の1基が72時間の試運転を無事に終え、稼働した。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の境を流れる金沙江(長江上流部)下流に位置する。1基当たりの出力は85万キロワットで、総出力1020万キロワット。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの一つとして、2015年末に着工し、20年6月29日に最初の1基が稼働した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707904

  • 2021年06月17日
    (5)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、第10回中国花卉博覧会の青海館。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710681

  • 2021年06月17日
    (7)海南自由貿易港、インターネット情報産業パークを訪ねて

    海口復興城インターネット情報産業パークの1区、復興城インターネット革新起業エリア。(5月3日撮影、小型無人機から)中国海南省の海口復興城インターネット情報産業パークは、海南自由貿易港に11ある重点産業パークの一つで、デジタル貿易、スマートIoT(モノのインターネット)、フィンテック、国際イノベーションという四つの産業クラスターを主導する、デジタル経済産業の専門パークとなっている。同パークは、1区の復興城インターネット革新起業エリアと2区の復興城国際デジタルポートに分かれる。現在パーク内に設立登記している企業は3400社に達し、うちハイテク企業が68社、外資企業は201社。同パークの2020年インターネット産業における主要営業収入は海南省全体の営業収入の35%を占め、同省の1千億元(1元=約17円)級インターネット産業クラスター育成の主力となっている。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711125

  • 2021年06月17日
    (3)海南自由貿易港、インターネット情報産業パークを訪ねて

    1日、海口復興城インターネット情報産業パークの1区、復興城インターネット革新起業エリア。中国海南省の海口復興城インターネット情報産業パークは、海南自由貿易港に11ある重点産業パークの一つで、デジタル貿易、スマートIoT(モノのインターネット)、フィンテック、国際イノベーションという四つの産業クラスターを主導する、デジタル経済産業の専門パークとなっている。同パークは、1区の復興城インターネット革新起業エリアと2区の復興城国際デジタルポートに分かれる。現在パーク内に設立登記している企業は3400社に達し、うちハイテク企業が68社、外資企業は201社。同パークの2020年インターネット産業における主要営業収入は海南省全体の営業収入の35%を占め、同省の1千億元(1元=約17円)級インターネット産業クラスター育成の主力となっている。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711090

  • 2021年06月17日
    (1)スイカ栽培で住民の収入増を後押し山西省

    自ら栽培したスイカを見せる山西省運城市夏県祁家河郷祁家河村の住民。(6月2日撮影)中国山西省運城市夏県祁家河郷は6月に入り、スイカの収穫期を迎えた。生産農家は収穫や梱包、出荷の作業に追われている。中条山の奥地に位置する同郷では、山中に散在する土地で小規模な農業が行われていた。ここ数年は貧困層を生活条件の良い地域に転居させ、住民にスイカの温室栽培を指導し、育苗や栽培、管理などの技術支援をする取り組みが進められている。スイカの販売は合作社(協同組合)で一括して引き受け、農家の収入増を後押ししている。数年間の発展を経て、祁家河郷の住民は夏県の幾つかの郷や鎮でも約1万ムー(約667ヘクタール)近い土地の使用権を取得してスイカを栽培し、1ムー当たり1万元(1元=約17円)の収益を上げている。(運城=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712442

  • 2021年06月17日
    (1)高原の真珠青海湖

    4日、青海湖二郎剣風景区を散策する観光客。中国最大の内陸塩湖である青海湖は、青海チベット高原北東部の生態安全を守り、中国西部の生態系のバランスを維持する重要な水系で、西部の砂漠化が東部へ進行するのを食い止め、東部農業地域の安全を保障する天然の障壁となっている。同湖の生態環境の特徴と変化は、青海チベット高原全体の生態環境の変化傾向を大きく反映している。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061715291

  • 2021年06月17日
    (5)高原の真珠青海湖

    5日、青海湖仙女湾風景区。(小型無人機から)中国最大の内陸塩湖である青海湖は、青海チベット高原北東部の生態安全を守り、中国西部の生態系のバランスを維持する重要な水系で、西部の砂漠化が東部へ進行するのを食い止め、東部農業地域の安全を保障する天然の障壁となっている。同湖の生態環境の特徴と変化は、青海チベット高原全体の生態環境の変化傾向を大きく反映している。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061715312

  • 2021年06月17日
    (1)蘇州ハイテク産業開発区、入居の日韓企業を手厚く支援

    8日、蘇州ハイテク産業開発区の夜景。中国江蘇省蘇州ハイテク産業開発区(蘇州高新区)は1990年代の建設当初に優良外資企業を相次いで誘致した。94年に最初の日系企業、蘇州日本電波工業が設立されたのに続き、蘇州メナードや蘇州松下電工が設立され、同区の発展の序幕が静かに開いた。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061704220

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (2)ラベンダー栽培が農家の増収を後押し新疆ウイグル自治区

    13日、霍城県芦草溝鎮四宮村のラベンダー畑。(小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県芦草溝鎮四宮村はかつて、「石だらけの土地」として知られ、至る所に石が転がっていた。果子溝河の水が農地の土壌成分を流してしまうため、農作物の被害が深刻で、豊作の年でも1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収入は500元(1元=約17円)程度だった。同村では10年前から産業構造の積極的な調整を実施。トウモロコシを中心とした従来の栽培構造を変え、農家や貧困世帯に対し、ラベンダーの広域栽培に参加するよう指導してきた。芦草溝鎮のラベンダー栽培面積は現在、3万8千ムー(約2533ヘクタール)で、四宮村には1万2千ムー(800ヘクタール)の広域栽培拠点があり、ラベンダー栽培農家の1ムー当たりの平均純収入は2千元以上になった。地元農家はこのほか、大規模栽培や季節性労働、観光業や民宿の開発なども行い、ラベンダー産業を利用して豊かになる道を歩んでいる。(霍城=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710820

  • 2021年06月17日
    (1)海南自由貿易港、インターネット情報産業パークを訪ねて

    海口復興城インターネット情報産業パークの1区、復興城インターネット革新起業エリア。(5月3日撮影、小型無人機から)中国海南省の海口復興城インターネット情報産業パークは、海南自由貿易港に11ある重点産業パークの一つで、デジタル貿易、スマートIoT(モノのインターネット)、フィンテック、国際イノベーションという四つの産業クラスターを主導する、デジタル経済産業の専門パークとなっている。同パークは、1区の復興城インターネット革新起業エリアと2区の復興城国際デジタルポートに分かれる。現在パーク内に設立登記している企業は3400社に達し、うちハイテク企業が68社、外資企業は201社。同パークの2020年インターネット産業における主要営業収入は海南省全体の営業収入の35%を占め、同省の1千億元(1元=約17円)級インターネット産業クラスター育成の主力となっている。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711064

  • 2021年06月17日
    (2)海南自由貿易港、インターネット情報産業パークを訪ねて

    海口復興城インターネット情報産業パークの1区、復興城インターネット革新起業エリア。(5月3日撮影、小型無人機から)中国海南省の海口復興城インターネット情報産業パークは、海南自由貿易港に11ある重点産業パークの一つで、デジタル貿易、スマートIoT(モノのインターネット)、フィンテック、国際イノベーションという四つの産業クラスターを主導する、デジタル経済産業の専門パークとなっている。同パークは、1区の復興城インターネット革新起業エリアと2区の復興城国際デジタルポートに分かれる。現在パーク内に設立登記している企業は3400社に達し、うちハイテク企業が68社、外資企業は201社。同パークの2020年インターネット産業における主要営業収入は海南省全体の営業収入の35%を占め、同省の1千億元(1元=約17円)級インターネット産業クラスター育成の主力となっている。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711054

  • 2021年06月17日
    (7)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、第10回中国花卉博覧会で展示された、国外から導入したトックリキワタ。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710784

  • 2021年06月17日
    (3)アルカリ土壌で栽培される麦が豊作河北省黄驊市

    15日、麦粒の水分含有量を測定する滄州市農林科学院の小麦専門家ら。中国河北省黄驊(こうか)市常郭鎮にある乾燥・アルカリ土壌用小麦の栽培モデル区では現在、収穫作業が最終段階を迎えている。黄驊市の土壌はアルカリ性が強く、かんがいに適さないため、地元の農業科学技術部門はここ数年、20万ムー(約1万3000ヘクタール)余りの土地で塩類アルカリ土壌に適した麦の栽培を推進し、増産と増収を実現している。(黄驊=新華社配信/傅新春)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710674

  • 2021年06月17日
    (2)アルカリ土壌で栽培される麦が豊作河北省黄驊市

    15日、河北省黄驊市にある乾燥・アルカリ土壌用小麦の栽培モデル区で収穫する農家。中国河北省黄驊(こうか)市常郭鎮にある乾燥・アルカリ土壌用小麦の栽培モデル区では現在、収穫作業が最終段階を迎えている。黄驊市の土壌はアルカリ性が強く、かんがいに適さないため、地元の農業科学技術部門はここ数年、20万ムー(約1万3000ヘクタール)余りの土地で塩類アルカリ土壌に適した麦の栽培を推進し、増産と増収を実現している。(黄驊=新華社配信/傅新春)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710675

  • 2021年06月17日
    (6)スイカ栽培で住民の収入増を後押し山西省

    家族でスイカを収穫する山西省運城市夏県祁家河郷横口村の住民。(6月2日撮影)中国山西省運城市夏県祁家河郷は6月に入り、スイカの収穫期を迎えた。生産農家は収穫や梱包、出荷の作業に追われている。中条山の奥地に位置する同郷では、山中に散在する土地で小規模な農業が行われていた。ここ数年は貧困層を生活条件の良い地域に転居させ、住民にスイカの温室栽培を指導し、育苗や栽培、管理などの技術支援をする取り組みが進められている。スイカの販売は合作社(協同組合)で一括して引き受け、農家の収入増を後押ししている。数年間の発展を経て、祁家河郷の住民は夏県の幾つかの郷や鎮でも約1万ムー(約667ヘクタール)近い土地の使用権を取得してスイカを栽培し、1ムー当たり1万元(1元=約17円)の収益を上げている。(運城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712412

  • 2021年06月17日
    (4)スイカ栽培で住民の収入増を後押し山西省

    山西省運城市夏県祁家河郷祁家河村に並ぶスイカの栽培用ハウス。(6月2日撮影、小型無人機から)中国山西省運城市夏県祁家河郷は6月に入り、スイカの収穫期を迎えた。生産農家は収穫や梱包、出荷の作業に追われている。中条山の奥地に位置する同郷では、山中に散在する土地で小規模な農業が行われていた。ここ数年は貧困層を生活条件の良い地域に転居させ、住民にスイカの温室栽培を指導し、育苗や栽培、管理などの技術支援をする取り組みが進められている。スイカの販売は合作社(協同組合)で一括して引き受け、農家の収入増を後押ししている。数年間の発展を経て、祁家河郷の住民は夏県の幾つかの郷や鎮でも約1万ムー(約667ヘクタール)近い土地の使用権を取得してスイカを栽培し、1ムー当たり1万元(1元=約17円)の収益を上げている。(運城=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712448

  • 2021年06月17日
    (9)スイカ栽培で住民の収入増を後押し山西省

    栽培用ハウス内で技術指導員と共に新種のスイカの生育状況を確認する山西省運城市夏県祁家河郷祁家河村の住民。(6月2日撮影)中国山西省運城市夏県祁家河郷は6月に入り、スイカの収穫期を迎えた。生産農家は収穫や梱包、出荷の作業に追われている。中条山の奥地に位置する同郷では、山中に散在する土地で小規模な農業が行われていた。ここ数年は貧困層を生活条件の良い地域に転居させ、住民にスイカの温室栽培を指導し、育苗や栽培、管理などの技術支援をする取り組みが進められている。スイカの販売は合作社(協同組合)で一括して引き受け、農家の収入増を後押ししている。数年間の発展を経て、祁家河郷の住民は夏県の幾つかの郷や鎮でも約1万ムー(約667ヘクタール)近い土地の使用権を取得してスイカを栽培し、1ムー当たり1万元(1元=約17円)の収益を上げている。(運城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712450

  • 2021年06月17日
    (5)スイカ栽培で住民の収入増を後押し山西省

    山西省運城市夏県の買い付けセンターでスイカを箱詰めする従業員。(6月2日撮影)中国山西省運城市夏県祁家河郷は6月に入り、スイカの収穫期を迎えた。生産農家は収穫や梱包、出荷の作業に追われている。中条山の奥地に位置する同郷では、山中に散在する土地で小規模な農業が行われていた。ここ数年は貧困層を生活条件の良い地域に転居させ、住民にスイカの温室栽培を指導し、育苗や栽培、管理などの技術支援をする取り組みが進められている。スイカの販売は合作社(協同組合)で一括して引き受け、農家の収入増を後押ししている。数年間の発展を経て、祁家河郷の住民は夏県の幾つかの郷や鎮でも約1万ムー(約667ヘクタール)近い土地の使用権を取得してスイカを栽培し、1ムー当たり1万元(1元=約17円)の収益を上げている。(運城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712438

  • 2021年06月17日
    (4)高原の真珠青海湖

    氷の融解が進む青海湖の一角。(3月30日撮影、小型無人機から)中国最大の内陸塩湖である青海湖は、青海チベット高原北東部の生態安全を守り、中国西部の生態系のバランスを維持する重要な水系で、西部の砂漠化が東部へ進行するのを食い止め、東部農業地域の安全を保障する天然の障壁となっている。同湖の生態環境の特徴と変化は、青海チベット高原全体の生態環境の変化傾向を大きく反映している。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061715314

  • 2021年06月17日
    (6)高原の真珠青海湖

    青海湖仙女湾風景区。(2019年1月17日撮影、小型無人機から)中国最大の内陸塩湖である青海湖は、青海チベット高原北東部の生態安全を守り、中国西部の生態系のバランスを維持する重要な水系で、西部の砂漠化が東部へ進行するのを食い止め、東部農業地域の安全を保障する天然の障壁となっている。同湖の生態環境の特徴と変化は、青海チベット高原全体の生態環境の変化傾向を大きく反映している。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061715309

  • 2021年06月17日
    (3)世界7位の烏東徳水力発電所、全ユニット稼働

    16日、烏東徳水力発電所。(小型無人機から)世界で7番目、中国で4番目の大きさを持つ水力発電所、烏東徳(うとうとく)水力発電所で16日、12基ある発電ユニットの最後の1基が72時間の試運転を無事に終え、稼働した。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の境を流れる金沙江(長江上流部)下流に位置する。1基当たりの出力は85万キロワットで、総出力1020万キロワット。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの一つとして、2015年末に着工し、20年6月29日に最初の1基が稼働した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707627

  • 2021年06月17日
    (6)世界7位の烏東徳水力発電所、全ユニット稼働

    16日、烏東徳水力発電所。(小型無人機から)世界で7番目、中国で4番目の大きさを持つ水力発電所、烏東徳(うとうとく)水力発電所で16日、12基ある発電ユニットの最後の1基が72時間の試運転を無事に終え、稼働した。同発電所は雲南省昆明市禄勧県と四川省涼山イ族自治州会東県の境を流れる金沙江(長江上流部)下流に位置する。1基当たりの出力は85万キロワットで、総出力1020万キロワット。西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの一つとして、2015年末に着工し、20年6月29日に最初の1基が稼働した。(昆明=新華社記者/江文耀)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061707899

  • 2021年06月17日
    (1)中国の日系企業、9割以上が「生産地見直し予定なし」

    16日、「中国経済と日本企業2021年白書」の記者発表会で発言する中国日本商会の御子神大介会長(中央)。中国に進出する日系企業でつくる中国日本商会は16日、同商会と中国各地の商工会組織の日系企業8560社へのアンケート調査を基にまとめた「中国経済と日本企業2021年白書」の記者発表会を北京で開いた。白書は在中国日系企業の経営状況について、日本貿易振興機構(ジェトロ)が実施した「アジア・オセアニア進出日系企業実態調査」の結果を引用し、2020年度の営業利益(見込み)を「黒字」と回答した割合が63・5%に上ったほか、新型コロナウイルスの感染拡大や通商環境の変化による「生産地の見直し予定」は、92・8%の企業が「なし」と回答したと説明した。(北京=新華社記者/邱虹)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061704737

  • 2021年06月17日
    (3)中国の日系企業、9割以上が「生産地見直し予定なし」

    16日、「中国経済と日本企業2021年白書」の記者発表会の様子。中国に進出する日系企業でつくる中国日本商会は16日、同商会と中国各地の商工会組織の日系企業8560社へのアンケート調査を基にまとめた「中国経済と日本企業2021年白書」の記者発表会を北京で開いた。白書は在中国日系企業の経営状況について、日本貿易振興機構(ジェトロ)が実施した「アジア・オセアニア進出日系企業実態調査」の結果を引用し、2020年度の営業利益(見込み)を「黒字」と回答した割合が63・5%に上ったほか、新型コロナウイルスの感染拡大や通商環境の変化による「生産地の見直し予定」は、92・8%の企業が「なし」と回答したと説明した。(北京=新華社記者/邱虹)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061704739

  • 2021年06月17日
    (4)中国の日系企業、9割以上が「生産地見直し予定なし」

    16日、北京で発表された「中国経済と日本企業2021年白書」。中国に進出する日系企業でつくる中国日本商会は16日、同商会と中国各地の商工会組織の日系企業8560社へのアンケート調査を基にまとめた「中国経済と日本企業2021年白書」の記者発表会を北京で開いた。白書は在中国日系企業の経営状況について、日本貿易振興機構(ジェトロ)が実施した「アジア・オセアニア進出日系企業実態調査」の結果を引用し、2020年度の営業利益(見込み)を「黒字」と回答した割合が63・5%に上ったほか、新型コロナウイルスの感染拡大や通商環境の変化による「生産地の見直し予定」は、92・8%の企業が「なし」と回答したと説明した。(北京=新華社記者/邱虹)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061704743

  • 2021年06月17日
    (11)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、上海市の崇明島に設けられた「スーパー花卉工場」。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711474

  • 2021年06月17日
    (8)海南自由貿易港、インターネット情報産業パークを訪ねて

    4日、建設中の復興城国際デジタルポート。(小型無人機から)中国海南省の海口復興城インターネット情報産業パークは、海南自由貿易港に11ある重点産業パークの一つで、デジタル貿易、スマートIoT(モノのインターネット)、フィンテック、国際イノベーションという四つの産業クラスターを主導する、デジタル経済産業の専門パークとなっている。同パークは、1区の復興城インターネット革新起業エリアと2区の復興城国際デジタルポートに分かれる。現在パーク内に設立登記している企業は3400社に達し、うちハイテク企業が68社、外資企業は201社。同パークの2020年インターネット産業における主要営業収入は海南省全体の営業収入の35%を占め、同省の1千億元(1元=約17円)級インターネット産業クラスター育成の主力となっている。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711129

  • 2021年06月17日
    (6)海南自由貿易港、インターネット情報産業パークを訪ねて

    海口復興城インターネット情報産業パークの1区、復興城インターネット革新起業エリア。(5月3日撮影、小型無人機から)中国海南省の海口復興城インターネット情報産業パークは、海南自由貿易港に11ある重点産業パークの一つで、デジタル貿易、スマートIoT(モノのインターネット)、フィンテック、国際イノベーションという四つの産業クラスターを主導する、デジタル経済産業の専門パークとなっている。同パークは、1区の復興城インターネット革新起業エリアと2区の復興城国際デジタルポートに分かれる。現在パーク内に設立登記している企業は3400社に達し、うちハイテク企業が68社、外資企業は201社。同パークの2020年インターネット産業における主要営業収入は海南省全体の営業収入の35%を占め、同省の1千億元(1元=約17円)級インターネット産業クラスター育成の主力となっている。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711119

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (1)ラベンダー栽培が農家の増収を後押し新疆ウイグル自治区

    13日、霍城県芦草溝鎮四宮村のラベンダー畑を散策し、写真を撮る観光客。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県芦草溝鎮四宮村はかつて、「石だらけの土地」として知られ、至る所に石が転がっていた。果子溝河の水が農地の土壌成分を流してしまうため、農作物の被害が深刻で、豊作の年でも1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収入は500元(1元=約17円)程度だった。同村では10年前から産業構造の積極的な調整を実施。トウモロコシを中心とした従来の栽培構造を変え、農家や貧困世帯に対し、ラベンダーの広域栽培に参加するよう指導してきた。芦草溝鎮のラベンダー栽培面積は現在、3万8千ムー(約2533ヘクタール)で、四宮村には1万2千ムー(800ヘクタール)の広域栽培拠点があり、ラベンダー栽培農家の1ムー当たりの平均純収入は2千元以上になった。地元農家はこのほか、大規模栽培や季節性労働、観光業や民宿の開発なども行い、ラベンダー産業を利用して豊かになる道を歩んでいる。(霍城=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710805

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (3)ラベンダー栽培が農家の増収を後押し新疆ウイグル自治区

    13日、霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で咲いたラベンダー。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県芦草溝鎮四宮村はかつて、「石だらけの土地」として知られ、至る所に石が転がっていた。果子溝河の水が農地の土壌成分を流してしまうため、農作物の被害が深刻で、豊作の年でも1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収入は500元(1元=約17円)程度だった。同村では10年前から産業構造の積極的な調整を実施。トウモロコシを中心とした従来の栽培構造を変え、農家や貧困世帯に対し、ラベンダーの広域栽培に参加するよう指導してきた。芦草溝鎮のラベンダー栽培面積は現在、3万8千ムー(約2533ヘクタール)で、四宮村には1万2千ムー(800ヘクタール)の広域栽培拠点があり、ラベンダー栽培農家の1ムー当たりの平均純収入は2千元以上になった。地元農家はこのほか、大規模栽培や季節性労働、観光業や民宿の開発なども行い、ラベンダー産業を利用して豊かになる道を歩んでいる。(霍城=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710817

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (6)ラベンダー栽培が農家の増収を後押し新疆ウイグル自治区

    13日、霍城県芦草溝鎮四宮村の畑で咲いたラベンダー。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県芦草溝鎮四宮村はかつて、「石だらけの土地」として知られ、至る所に石が転がっていた。果子溝河の水が農地の土壌成分を流してしまうため、農作物の被害が深刻で、豊作の年でも1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収入は500元(1元=約17円)程度だった。同村では10年前から産業構造の積極的な調整を実施。トウモロコシを中心とした従来の栽培構造を変え、農家や貧困世帯に対し、ラベンダーの広域栽培に参加するよう指導してきた。芦草溝鎮のラベンダー栽培面積は現在、3万8千ムー(約2533ヘクタール)で、四宮村には1万2千ムー(800ヘクタール)の広域栽培拠点があり、ラベンダー栽培農家の1ムー当たりの平均純収入は2千元以上になった。地元農家はこのほか、大規模栽培や季節性労働、観光業や民宿の開発なども行い、ラベンダー産業を利用して豊かになる道を歩んでいる。(霍城=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710818

  • 2021年06月17日
    (2)スイカ栽培で住民の収入増を後押し山西省

    収穫したスイカをトラックに載せる山西省運城市夏県祁家河郷横口村の住民。(6月2日撮影)中国山西省運城市夏県祁家河郷は6月に入り、スイカの収穫期を迎えた。生産農家は収穫や梱包、出荷の作業に追われている。中条山の奥地に位置する同郷では、山中に散在する土地で小規模な農業が行われていた。ここ数年は貧困層を生活条件の良い地域に転居させ、住民にスイカの温室栽培を指導し、育苗や栽培、管理などの技術支援をする取り組みが進められている。スイカの販売は合作社(協同組合)で一括して引き受け、農家の収入増を後押ししている。数年間の発展を経て、祁家河郷の住民は夏県の幾つかの郷や鎮でも約1万ムー(約667ヘクタール)近い土地の使用権を取得してスイカを栽培し、1ムー当たり1万元(1元=約17円)の収益を上げている。(運城=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712446

  • 2021年06月17日
    (4)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、「スーパー花卉工場」で花の手入れをするスタッフ。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710682

  • 2021年06月17日
    (10)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、「スーパー花卉工場」で花卉の生育状況を確認するスタッフ。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711311

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (1)南京税関、約1億5400万元の高級ブランド品密輸事件を摘発

    南京税関が押収した高級ブランドの密輸品。(3月31日撮影)中国南京税関は16日、同税関がこのほど江蘇省南京市や常州市、蘇州市、淮安市、浙江省寧波市、嘉興市などで一斉取締りを実施し、20余りの密輸グループを摘発したと発表した。密輸された高級ブランドのバッグや服飾、腕時計1万点余り、総額約1億5400万元(1元=約17円)相当を押収した。現在、事件の捜査が進められている。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703957

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (2)南京税関、約1億5400万元の高級ブランド品密輸事件を摘発

    南京税関が押収した高級ブランドの密輸品。(3月31日撮影)中国南京税関は16日、同税関がこのほど江蘇省南京市や常州市、蘇州市、淮安市、浙江省寧波市、嘉興市などで一斉取締りを実施し、20余りの密輸グループを摘発したと発表した。密輸された高級ブランドのバッグや服飾、腕時計1万点余り、総額約1億5400万元(1元=約17円)相当を押収した。現在、事件の捜査が進められている。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061703958

  • 2021年06月17日
    (2)高原の真珠青海湖

    5日、青海湖仙女湾風景区。中国最大の内陸塩湖である青海湖は、青海チベット高原北東部の生態安全を守り、中国西部の生態系のバランスを維持する重要な水系で、西部の砂漠化が東部へ進行するのを食い止め、東部農業地域の安全を保障する天然の障壁となっている。同湖の生態環境の特徴と変化は、青海チベット高原全体の生態環境の変化傾向を大きく反映している。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061715263

  • 2021年06月17日
    (4)海南自由貿易港、インターネット情報産業パークを訪ねて

    1日、海口復興城インターネット情報産業パークの1区にあるビル。中国海南省の海口復興城インターネット情報産業パークは、海南自由貿易港に11ある重点産業パークの一つで、デジタル貿易、スマートIoT(モノのインターネット)、フィンテック、国際イノベーションという四つの産業クラスターを主導する、デジタル経済産業の専門パークとなっている。同パークは、1区の復興城インターネット革新起業エリアと2区の復興城国際デジタルポートに分かれる。現在パーク内に設立登記している企業は3400社に達し、うちハイテク企業が68社、外資企業は201社。同パークの2020年インターネット産業における主要営業収入は海南省全体の営業収入の35%を占め、同省の1千億元(1元=約17円)級インターネット産業クラスター育成の主力となっている。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711087

  • 2021年06月17日
    (3)スイカ栽培で住民の収入増を後押し山西省

    収穫したスイカをトラックに載せる山西省運城市夏県祁家河郷横口村の住民。(6月2日撮影)中国山西省運城市夏県祁家河郷は6月に入り、スイカの収穫期を迎えた。生産農家は収穫や梱包、出荷の作業に追われている。中条山の奥地に位置する同郷では、山中に散在する土地で小規模な農業が行われていた。ここ数年は貧困層を生活条件の良い地域に転居させ、住民にスイカの温室栽培を指導し、育苗や栽培、管理などの技術支援をする取り組みが進められている。スイカの販売は合作社(協同組合)で一括して引き受け、農家の収入増を後押ししている。数年間の発展を経て、祁家河郷の住民は夏県の幾つかの郷や鎮でも約1万ムー(約667ヘクタール)近い土地の使用権を取得してスイカを栽培し、1ムー当たり1万元(1元=約17円)の収益を上げている。(運城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712410

  • 2021年06月17日
    (7)スイカ栽培で住民の収入増を後押し山西省

    スイカの買い付けセンターで販売促進のライブ配信を行う山西省運城市夏県の配信者。(6月2日撮影)中国山西省運城市夏県祁家河郷は6月に入り、スイカの収穫期を迎えた。生産農家は収穫や梱包、出荷の作業に追われている。中条山の奥地に位置する同郷では、山中に散在する土地で小規模な農業が行われていた。ここ数年は貧困層を生活条件の良い地域に転居させ、住民にスイカの温室栽培を指導し、育苗や栽培、管理などの技術支援をする取り組みが進められている。スイカの販売は合作社(協同組合)で一括して引き受け、農家の収入増を後押ししている。数年間の発展を経て、祁家河郷の住民は夏県の幾つかの郷や鎮でも約1万ムー(約667ヘクタール)近い土地の使用権を取得してスイカを栽培し、1ムー当たり1万元(1元=約17円)の収益を上げている。(運城=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712445

  • 2021年06月17日
    (8)スイカ栽培で住民の収入増を後押し山西省

    栽培用ハウスの隣でスイカを味わう山西省運城市夏県祁家河郷横口村の住民。(6月2日撮影)中国山西省運城市夏県祁家河郷は6月に入り、スイカの収穫期を迎えた。生産農家は収穫や梱包、出荷の作業に追われている。中条山の奥地に位置する同郷では、山中に散在する土地で小規模な農業が行われていた。ここ数年は貧困層を生活条件の良い地域に転居させ、住民にスイカの温室栽培を指導し、育苗や栽培、管理などの技術支援をする取り組みが進められている。スイカの販売は合作社(協同組合)で一括して引き受け、農家の収入増を後押ししている。数年間の発展を経て、祁家河郷の住民は夏県の幾つかの郷や鎮でも約1万ムー(約667ヘクタール)近い土地の使用権を取得してスイカを栽培し、1ムー当たり1万元(1元=約17円)の収益を上げている。(運城=新華社記者/詹彦)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061712440

  • 2021年06月17日
    (5)海南自由貿易港、インターネット情報産業パークを訪ねて

    1日、海口復興城インターネット情報産業パークの1区に入居した企業の社員。中国海南省の海口復興城インターネット情報産業パークは、海南自由貿易港に11ある重点産業パークの一つで、デジタル貿易、スマートIoT(モノのインターネット)、フィンテック、国際イノベーションという四つの産業クラスターを主導する、デジタル経済産業の専門パークとなっている。同パークは、1区の復興城インターネット革新起業エリアと2区の復興城国際デジタルポートに分かれる。現在パーク内に設立登記している企業は3400社に達し、うちハイテク企業が68社、外資企業は201社。同パークの2020年インターネット産業における主要営業収入は海南省全体の営業収入の35%を占め、同省の1千億元(1元=約17円)級インターネット産業クラスター育成の主力となっている。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711127

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年06月17日
    (4)ラベンダー栽培が農家の増収を後押し新疆ウイグル自治区

    13日、霍城県芦草溝鎮四宮村のラベンダー畑で撮影する観光客。中国新疆ウイグル自治区イリ・カザフ自治州霍城(かくじょう)県芦草溝鎮四宮村はかつて、「石だらけの土地」として知られ、至る所に石が転がっていた。果子溝河の水が農地の土壌成分を流してしまうため、農作物の被害が深刻で、豊作の年でも1ムー(約667平方メートル)当たりの平均収入は500元(1元=約17円)程度だった。同村では10年前から産業構造の積極的な調整を実施。トウモロコシを中心とした従来の栽培構造を変え、農家や貧困世帯に対し、ラベンダーの広域栽培に参加するよう指導してきた。芦草溝鎮のラベンダー栽培面積は現在、3万8千ムー(約2533ヘクタール)で、四宮村には1万2千ムー(800ヘクタール)の広域栽培拠点があり、ラベンダー栽培農家の1ムー当たりの平均純収入は2千元以上になった。地元農家はこのほか、大規模栽培や季節性労働、観光業や民宿の開発なども行い、ラベンダー産業を利用して豊かになる道を歩んでいる。(霍城=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710821

  • 2021年06月17日
    (8)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、第10回中国花卉博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンで記念撮影する来場者。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061711266

  • 2021年06月17日
    (10)高原の真珠青海湖

    4日、青海湖二郎剣風景区で湖面を遊覧する観光客。中国最大の内陸塩湖である青海湖は、青海チベット高原北東部の生態安全を守り、中国西部の生態系のバランスを維持する重要な水系で、西部の砂漠化が東部へ進行するのを食い止め、東部農業地域の安全を保障する天然の障壁となっている。同湖の生態環境の特徴と変化は、青海チベット高原全体の生態環境の変化傾向を大きく反映している。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061715436

  • 2021年06月17日
    (2)李克強氏、吉林省を視察

    16日、長春市の擺渡創新工場でイノベーションの成果を見学し、起業家に起業体験とニーズを尋ねる李克強氏。李克強(り・こくきょう)中国共産党中央政治局常務委員・国務院総理は15、16両日、吉林省の松原市と長春市を視察した。(長春=新華社記者/龐興雷)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061705735

  • 2021年06月17日
    (3)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、第10回中国花卉博覧会の会場を散策する来場者。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710677

  • 2021年06月17日
    (2)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、第10回中国花卉博覧会の世紀館で、来場者にオオミヤシの特徴を説明する黄姝博(こう・しゅはく)館長。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710679

  • 2021年06月17日
    (1)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、第10回中国花卉博覧会で海外から導入したオリーブの木を観賞する来場者。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710680

  • 2021年06月17日
    (6)中国花卉博覧会、国内外の「美の交流」を促進上海市

    8日、第10回中国花卉博覧会の世紀館を訪れた来場者。中国上海市崇明区で開かれている第10回中国花卉(かき)博覧会のニュージーランド・オークランドガーデンは、同博覧会の屋外庭園180カ所の一つ。敷地面積は500平方メートルにすぎないが、ニュージーランドの象徴と扱われる「シルバー・ファーン」が展示されている。同花は半年前、新型コロナウイルス感染症がもたらす障害を乗り越え、ニュージーランドから空路で上海へ運ばれた。その後も税関の厳格な検疫と隔離栽培を経て、今回の出展を実現した。上海税関の植物検疫専門家、陳仲兵(ちん・ちゅうへい)氏によると、上海の通関地はここ数年、国外の苗木や球根、多年生植物の繁殖材料を年間400回以上輸入している。博覧会ではシルバー・ファーンのほかにも、これまでに輸入検疫を通過したシャクヤクやアジサイ、ワスレグサ、ムラサキクンシランなど多数の品種10万株余りが使われている。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021061710710

  • 2021年06月16日
    記者会見する尾身茂会長 観客の上限、五輪と無関係

    新型コロナウイルス感染症対策分科会後、記者会見する尾身茂会長=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061607267

  • 2021年06月16日
    記者会見する尾身茂会長 観客の上限、五輪と無関係

    新型コロナウイルス感染症対策分科会後、記者会見する尾身茂会長=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061607272

  • 2021年06月16日
    記者会見する尾身茂会長 観客の上限、五輪と無関係

    新型コロナウイルス感染症対策分科会後、記者会見する尾身茂会長=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061607269

  • 2021年06月16日
    記者会見する尾身茂会長 観客の上限、五輪と無関係

    新型コロナウイルス感染症対策分科会後、記者会見する尾身茂会長=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061607251

  • 2021年06月16日
    清田瞭最高経営責任者 JPX、東芝に報告要求へ

    記者会見する日本取引所グループの清田瞭最高経営責任者=16日午後、東京都中央区

    商品コード: 2021061607167

  • 2021年06月16日
    マスク外す吉村知事 大阪、まん延防止移行要請

    大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議を終え、取材対応の前にマスクを外す吉村洋文知事=16日午後、大阪市

    商品コード: 2021061607047

  • 2021年06月16日
    読書人の明石社長 田原さんら大学で読書指南

    大学生向け事業「読書人カレッジ」について記者会見する読書人の明石健五社長=16日、東京都港区

    商品コード: 2021061607042

  • 2021年06月16日
    発言する吉村知事 大阪、まん延防止移行要請

    大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議で発言する吉村洋文知事=16日午後、大阪市

    商品コード: 2021061606817

  • 2021年06月16日
    記者会見の十倉会長 万博協会会長に十倉氏就任

    日本国際博覧会協会会長に就任し、記者会見する経団連の十倉雅和会長=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061606809

  • 2021年06月16日
    記者会見する十倉会長 万博協会会長に十倉氏就任

    日本国際博覧会協会会長に就任し、記者会見する経団連の十倉雅和会長=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061606806

  • 2021年06月16日
    パネル持つ十倉会長 万博協会会長に十倉氏就任

    日本国際博覧会協会会長に就任し、2025年大阪・関西万博のパネルを持つ経団連の十倉雅和会長=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061606804

  • 2021年06月16日
    パネル持つ十倉会長 万博協会会長に十倉氏就任

    日本国際博覧会協会会長に就任し、2025年大阪・関西万博のパネルを持つ経団連の十倉雅和会長=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061606801

  • 2021年06月16日
    大阪府の対策本部会議 大阪、まん延防止移行要請

    大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議=16日午後、大阪市

    商品コード: 2021061606796

  • 2021年06月16日
    質問に答える吉村知事 大阪、まん延防止移行要請

    大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議を終え、記者の質問に答える吉村洋文知事=16日午後、大阪市

    商品コード: 2021061606784

  • 2021年06月16日
    吉村知事の取材対応 大阪、まん延防止移行要請

    大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議を終え、記者の質問に答える吉村洋文知事=16日午後、大阪市

    商品コード: 2021061606785

  • 2021年06月16日
    移動する西村経済再生相 イベント観客上限1万人

    新型コロナウイルス感染症対策分科会後の取材対応を終え、移動する西村経済再生相=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061606274

  • 2021年06月16日
    質問に答える西村氏 イベント観客上限1万人

    新型コロナウイルス感染症対策分科会を終え、記者の質問に答える西村経済再生相=16日午後、東京都千代田区

    商品コード: 2021061606270

  • 2021年06月16日
    グエム・アブラハム選手 南スーダン選手が接種

    新型コロナウイルスのワクチン接種を受けるグエム・アブラハム選手(右)=16日午後、前橋市

    商品コード: 2021061605966

  • 2021年06月16日
    接種受けた高齢者ら 「打ち手」移動で時間短縮

    新型コロナウイルスのワクチン接種を受け、左腕を押さえる高齢者たち。奥ではスタッフが列をなして接種作業をしている=5日、福岡県宇美町

    商品コード: 2021061605731

  • 2021年06月16日
    記者会見する柴田会長 コロナ禍「地域に貢献」

    オンラインで記者会見する全国地方銀行協会の柴田久会長=16日午後

    商品コード: 2021061605505

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...