KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 岩手県陸前高田市
  • 熊谷政之
  • 自責の念
  • みなと銀行
  • カキ収穫
  • コンパス
  • デジタル化
  • バンブル
  • ホイットニーウォルフハード
  • 不動産仲介

写真・映像

絞り込み
  • 72時間以内
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
139
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
139
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    席を立つ郭樹清氏 中国不良債権50兆円処理

    記者会見を終え、席を立つ中国銀行保険監督管理委員会の郭樹清主席=2日、北京(共同)

    撮影: 2日、北京

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    研究会の初会合 百貨店発展の方策検討

    経産省が立ち上げた百貨店事業に関する研究会の初会合=2日午後、東京都千代田区

    撮影: 2日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    NTT西日本の小林社長 デジタル化で顧客支援

    記者会見するNTT西日本の小林充佳社長=2日午後、福岡市

    撮影: 2日午後、福岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    無人で動く田植え機 GPS利用で農業効率化

    福井県が運用を始めたGPS基地局から受信した情報で無人で動く田植え機=2日午前、福井市

    撮影: 2日午前、福井市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    カキ収穫する熊谷政之さん 妻の死、消えぬ自責の念

    岩手県陸前高田市の広田湾で養殖したカキを収穫する熊谷政之さん=2月

    撮影: 2月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    カキ漁の熊谷政之さん 妻の死、消えぬ自責の念

    岩手県陸前高田市の広田湾で養殖したカキを収穫する熊谷政之さん=2月

    撮影: 2月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    熊谷政之さん 妻の死、消えぬ自責の念

    岩手県陸前高田市の広田湾で水揚げしたカキを運ぶ熊谷政之さん=2月

    撮影: 2月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    カキを水揚げする熊谷さん 妻の死、消えぬ自責の念

    岩手県陸前高田市の広田湾で水揚げしたカキを運ぶ熊谷政之さん=2月

    撮影: 2月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    米バンブルのCEO 31歳女性、最年少で大富豪

    米バンブルのホイットニー・ウォルフ・ハードCEO=2019年1月、ニューヨーク(ロイター=共同)

    撮影: 2019年1月、ニューヨーク

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    (はっとり・ひろあき) 服部博明

    みなと銀行会長に就任する服部博明氏

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    コンパスの店舗 米不動産仲介会社上場へ

    米不動産仲介会社コンパスの店舗=2020年7月、ニューヨーク(共同)

    撮影: 2020年7月、ニューヨーク

  • 2021年03月02日
    (2)河北省廊坊、プロジェクト116件が集中着工総投資額1千億元超

    2月24日、河北省廊坊市臨空経済区臨空家園第2期プロジェクトの着工式。(2月24日撮影)中国河北省廊坊市ではこのほど、2021年第1四半期(1~3月)、重点プロジェクトと臨空経済区新春プロジェクトが集中的に着工した。ビッグデータ、大型機械・設備製造、医療健康、現代商業貿易物流などの産業プロジェクトが78件、インフラと公共サービスプロジェクトが38件で、総投資額は1059億5千万元(1元=約17円)に上り、今年の計画投資額は約244億元となっている。(廊坊=新華社配信/劉向)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (5)河北省廊坊、プロジェクト116件が集中着工総投資額1千億元超

    2月24日、河北省廊坊市臨空経済区新春プロジェクトの着工式。(2月24日撮影)中国河北省廊坊市ではこのほど、2021年第1四半期(1~3月)、重点プロジェクトと臨空経済区新春プロジェクトが集中的に着工した。ビッグデータ、大型機械・設備製造、医療健康、現代商業貿易物流などの産業プロジェクトが78件、インフラと公共サービスプロジェクトが38件で、総投資額は1059億5千万元(1元=約17円)に上り、今年の計画投資額は約244億元となっている。(廊坊=新華社配信/劉向)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.24
    2021年03月02日
    「新華社」黄金色の田園風景、菜の花が満開貴州省長順県

    国貴州省黔南(けんなん)プイ族ミャオ族自治州長順県擺所(はいしょ)鎮松岡村ではこのほど、千ムー(約67ヘクタール)の菜の花畑が満開となり、黄金色に輝く田園風景が広がっている。見頃は3月上旬まで。(記者/崔暁強) =配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.68
    2021年03月02日
    「新華社」春の耕作控え、農業機械の点検整備急ぐ新疆アクス地区

    中国新疆ウイグル自治区アクス地区ではこのところ、果樹、綿花栽培農家が春の耕作準備のため合作社(協同組合)や自家用の農業機械の点検整備を開始し、使用に備えている。オンスー(温宿)県トゥムシュク(吐木秀克)鎮の托万克斯日木村にある合作社の広い中庭には、クルミ殻割り機などの農業機械がきれいに並べられ、点検整備を待っていた。地元では農業生産の機械化を急速に高めており、現在、機械化作業の割合は84%に達している。国から補助金合計1億1千万元(1元=約16円)余りを得て活用、助成を受けて導入した機械類は農業栽培・収穫、果樹栽培、牧畜養殖などで使用されている。 =配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (1)河北省廊坊、プロジェクト116件が集中着工総投資額1千億元超

    河北省廊坊市臨空経済区の入り口ゲート。(2月12日撮影)中国河北省廊坊市ではこのほど、2021年第1四半期(1~3月)、重点プロジェクトと臨空経済区新春プロジェクトが集中的に着工した。ビッグデータ、大型機械・設備製造、医療健康、現代商業貿易物流などの産業プロジェクトが78件、インフラと公共サービスプロジェクトが38件で、総投資額は1059億5千万元(1元=約17円)に上り、今年の計画投資額は約244億元となっている。(廊坊=新華社配信/劉向)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.04
    2021年03月02日
    「新華社」興義環城高速道路が正式に開通貴州省

    中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州興義市で建設されていた興義環城高速道路が1日午前、正式に開通した。馬嶺河峡谷を跨ぎ万峰林の中心部を通り抜ける同高速は、運転しながら地元の風景を楽しむことができる。同高速は自治州内で初めてとなる地方高速道路プロジェクトで、総投資額は101億8800万元(1元=約17円)、全長62・5キロ、橋梁・トンネル比率56%、設計速度は時速80キロとなっている。開通後は中心市街地の交通渋滞が緩和される他、人々のモビリティーの利便性を高め、都市の成長の余地を広げ、沿線の観光産業の発展を後押ししていく。(記者/劉勤兵) =配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.50
    2021年03月02日
    「新華社」中国・スリランカ共同運営の港湾でバンカー船が初の給油作業

    スリランカ・ハンバントタ港のオイルターミナルに2月24日早朝、3千トン級のバンカー船「クマナ(kumana)」号が停泊し、中国石油大手、中国石油化工集団(シノペック)傘下の中国石化燃料油スリランカがリースしている同港の油槽所から低硫黄燃料油1500トンを積み込んだ。7時間後、「クマナ」号は同港の係留地に到着し、同港を通過するタンカー「スエズハンス」号に燃料を補給した。同日午前、インドのチェンナイ港から出航したスエズハンス号がハンバントタ港の係留地に到着。「クマナ」号は長いローディングアームを通じてタンカー「スエズハンス」号に接続、1500トンの燃料油をゆっくりと注入した。これは、昨年シノペック社初のオイルタンカーが燃料油の積み降ろし作業を完了して以来、初めての船舶への燃料補給作業となる。同日、ハンバントタ国際港集団と中国石化燃料油スリランカ、現地のクライアントが参加しての祝賀会が開かれた。石油・ガス事業は同港の主要事業の一つであり、現在、同港には10万トン級の石油・ガスバース2カ所と約14万立方メートルの石油・ガスタンクファームがある。スリランカ最南端に位置するハンバントタ港は、インド洋航路からわずか10カイリの距離にあり、アジアや欧州、アフリカを往来する貨物船の多くがここを通過する。(記者/唐璐) =配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:36.52
    2021年03月02日
    「新華社」中国最大の内陸淡水湖、ボステン湖の禁漁期開始新疆ウイグル自治区

    中国最大の内陸淡水湖のボステン湖で1日、112日間の禁漁期が始まった。新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ県にあるボステン湖は、新疆を含む中国北西部最大の漁業生産基地となっている。このところ気温が上昇し、湖面を覆っていた氷が徐々に溶け始め、魚類が浅瀬で繁殖を行う時期を迎えている。地元漁師による漁獲作業が魚類の集中的な産卵や孵化期間と重ならないよう、同湖では毎年3月1日~6月20日を禁漁期と定めている。同湖は2020年、各種水産物の漁獲量が4千トン余りに達し、漁業生産額は5千万元(1元=約17円)を超えた。(記者/宿伝義) =配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    (3)河北省廊坊、プロジェクト116件が集中着工総投資額1千億元超

    河北省廊坊市臨空経済区新春プロジェクトの着工式で、宣誓する担当責任者。(2月24日撮影)中国河北省廊坊市ではこのほど、2021年第1四半期(1~3月)、重点プロジェクトと臨空経済区新春プロジェクトが集中的に着工した。ビッグデータ、大型機械・設備製造、医療健康、現代商業貿易物流などの産業プロジェクトが78件、インフラと公共サービスプロジェクトが38件で、総投資額は1059億5千万元(1元=約17円)に上り、今年の計画投資額は約244億元となっている。(廊坊=新華社配信/劉向)= 配信日: 2021(平成33)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    記者会見する藤原頭取 みずほ銀ATM、全面復旧

    全国のATMが停止したシステム障害について記者会見するみずほ銀行の藤原弘治頭取=1日午後、東京都千代田区

    撮影: 1日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    説明会場に入る学生 対面説明会に学生ら期待

    合同企業説明会で企業の説明会場に入る学生=1日午後、東京・池袋

    撮影: 1日午後、東京・池袋

  • 2021年03月01日
    閉まったシャッター 「元の街に」「客戻らぬ」

    人通りの少ない大阪・ミナミの繁華街。シャッターが閉まったままの店舗も目立った=1日夜

    撮影: 1日夜

  • 2021年03月01日
    空きテナント 「元の街に」「客戻らぬ」

    人通りの少ない大阪・ミナミの繁華街。シャッターが閉まったままの店舗も目立った=1日夜

    撮影: 1日夜

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    厳しい表情の藤原頭取 みずほ銀ATM、全面復旧

    全国のATMが停止したシステム障害について記者会見するみずほ銀行の藤原弘治頭取=1日午後、東京都千代田区

    撮影: 1日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    会見で謝罪する藤原頭取 みずほ銀ATM、全面復旧

    全国のATMが停止したシステム障害について記者会見し謝罪するみずほ銀行の藤原弘治頭取(右)=1日午後、東京都千代田区

  • 2021年03月01日
    記者会見する両社長 ヤフー、LINE経営統合

    経営統合について記者会見するヤフーの親会社ZHDの川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長=1日午後、東京都内のホテル

  • 2021年03月01日
    統合についての記者会見 ヤフー、LINE経営統合

    経営統合について記者会見するヤフーの親会社ZHDの川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長=1日午後、東京都内のホテル

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。(右から)謝罪する藤原弘治 取締役頭取、片野健 常務執行役員。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。(右から)謝罪する藤原弘治 取締役頭取、片野健 常務執行役員。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。(右から)謝罪する清水英嗣 執行役員 事務企画部長、藤原弘治 取締役頭取、片野健 常務執行役員。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。謝罪する藤原弘治 取締役頭取。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    写真に応じる両社長 ヤフー、LINE経営統合

    記者会見で写真に納まるヤフーの親会社ZHDの川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長=1日午後、東京都内のホテル

  • 2021年03月01日
    ポーズとる両社長 ヤフー、LINE経営統合

    記者会見で写真に納まるヤフーの親会社ZHDの川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長=1日午後、東京都内のホテル

  • 2021年03月01日
    写真に納まる両社長 ヤフー、LINE経営統合

    記者会見で写真に納まるヤフーの親会社ZHDの川辺健太郎社長(左)とLINEの出沢剛社長=1日午後、東京都内のホテル

  • 2021年03月01日
    仙台市の防災集団移転跡地 スポーツ施設整備に活路

    仙台市の防災集団移転跡地(手前)。大半の区画で利用計画が決まっていたが、地元の企業が昨年11月に全面撤退した=1日(小型無人機から)

  • 2021年03月01日
    民有地と一体化した跡地 移転跡地27%用途決まらず

    買収などを経て、民有地だった場所と一体化した移転跡地=2月26日、岩手県大船渡市

    撮影: 2月26日、岩手県大船渡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    合同説明会を訪れた学生ら 対面説明会に学生ら期待

    合同企業説明会を訪れた学生ら=1日午後、東京・池袋

    撮影: 1日午後、東京・池袋

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    企業の説明を聞く学生ら 対面説明会に学生ら期待

    合同企業説明会で参加企業の説明を聞く学生ら=1日午後、東京都豊島区

    撮影: 1日午後、東京都豊島区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    会場に向かう学生ら 対面説明会に学生ら期待

    合同企業説明会の会場に向かう学生ら=1日午前、千葉・幕張メッセ

    撮影: 1日午前、千葉・幕張メッセ  

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    企業の説明を聞く学生ら 対面説明会に学生ら期待

    合同企業説明会で参加企業の説明を聞く学生ら=1日午後、東京・池袋

    撮影: 1日午後、東京・池袋

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    説明会を訪れた学生ら 対面説明会に学生ら期待

    合同企業説明会を訪れた学生ら=1日午後、東京・池袋

    撮影: 1日午後、東京・池袋

  • 2021年03月01日
    ムヒディン首相 マレーシア首相、就任1年

    2月24日、マレーシア・クアラルンプール近郊で、新型コロナウイルスワクチンの接種済み証明を見せるムヒディン首相(ゲッティ=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。写真は会見する藤原弘治 取締役頭取。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。写真は会見する藤原弘治 取締役頭取。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。写真は会見する藤原弘治 取締役頭取。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。写真は会見する藤原弘治 取締役頭取。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。写真は会見する藤原弘治 取締役頭取。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。写真は会見する藤原弘治 取締役頭取。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。謝罪する藤原弘治 取締役頭取。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATMシステム障害に関する会見

    みずほ銀行は1日、前日午前からシステム障害で停止していたすべての現金自動預払機(ATM)が復旧したと発表した。全国の計5900台のATMのうち、最大4318台が不具合で使えない状態にあった。みずほ銀は同日記者会見を開き、藤原弘治頭取が「ご迷惑、ご不便をおかけしたお客さま、社会のみなさまに深くおわびする」と謝罪した。2月27−28日に実施した定期預金取引のデータ移行作業での不具合が原因という。計100万件以上の定期的・不定期的作業を行い、メモリー容量が不足。このためシステム連携するATMに制限がかかった。ATMに取り込まれたキャッシュカード、預金通帳の累計は5244件に及ぶ。不具合を修正し、1日7時の営業開始までに銀行店舗内のATMを再起動させて復旧させた。ただ、商業施設内などの店舗外ATMは施設への立ち入り時間が制限されていたことなどで、正午時点でも15拠点が停止したままだった。みずほ銀がシステム障害を把握したのは2月28日11時。14時にコールセンターを増員し、14時30分に銀行店舗職員に出勤指示をした。みずほ銀が障害を把握した後にもカード、通帳が引き出せなくなった預金者もいた。藤原頭取は「速やかな対応を取れず、お客さまを大変お待たせすることになった」と初動の遅さを詫びた。謝罪する藤原弘治 取締役頭取。=2021(令和3)年3月1日、東京都千代田区のみずほ銀行大手町本部ビル、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀のATMコーナー みずほ銀ATM、全面復旧

    システム障害で一部が利用できない状態が続いていたみずほ銀行のATMコーナー=1日午前、東京都千代田区

    撮影: 1日午前、東京都千代田区

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    利用できなかったATM みずほ銀ATM、全面復旧

    利用できない状態が前日から続いていた、みずほ銀行のATM=1日午前、東京都千代田区

    撮影: 1日午前、東京都千代田区

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    宣言を掲げる山西会長 業界団体が観光再生宣言

    「日本の観光再生宣言」を掲げる日本観光振興協会の山西健一郎会長=1日、東京都港区

    撮影: 1日、東京都港区

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は質問に答える、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    ZホールディングスとLINEの経営統合会見

    Zホールディングス(HD)とLINEの経営統合が1日、完了した。電子商取引(EC)や広告、金融といった領域を拡充し、海外展開も強化して2023年度に売上高2兆円、営業利益2250億円を目指す。ただインターネット関連分野では米IT大手4社のGAFAをはじめとする海外勢の存在感が大きい。ZHDは差別化に向けて人工知能(AI)に力を注ぐ考えだが、どれだけ早く統合効果を発揮できるか試される。「3年で数千億円上げるのは非常に挑戦的だ」。川辺健太郎ZHD社長は同日の会見で売上高についてこう述べ、23年度の目標は高いと認めた。ZHDの21年3月期売上高見通しは1兆1400億円。LINEの19年12月期売上高は2274億円だった。ポータルサイト「ヤフー」と対話アプリケーション(応用ソフト)「LINE」の相互送客などで利点を見込むが、相乗効果を早く発揮できるかが課題となる。川辺社長が当面の成長株と位置づけるのは国内のEC事業や広告事業だ。例えばECでは、オンライン店舗と実店舗の商品データを連係させて、消費者が自分に合った購入手段を選べるようにする枠組みの強化を図る。また、中長期的にはフィンテック(金融とITの融合)の収益貢献も見込む。スマートフォン決済に関しては22年4月に国内の「LINEペイ」を「ペイペイ」に統合するための協議を開始した。海外向けLINEペイは引き続きアジア主要国での拡充を目指す。ただ世界では、GAFAや、中国IT大手3社のBATが権勢を振るう。川辺ZHD社長はこの点について「我々が優れている点は、グループの守備範囲の広さ。親会社も入れると携帯電話サービスまでやっている」と語った。GAFAは一つの商材に特化して大きくなった会社が多いことが念頭にある。写真は(左から)川邊健太郎 代表取締役社長 Co-CEOと、出澤剛 代表取締役Co-CEO。=2021(令和3)年3月1日、東京都港区芝公園のザ・プリンスパークタワー東京、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 02:45.19
    2021年03月01日
    「オリコン」 玉木宏、吉田鋼太郎との数奇な縁明かす

    俳優の玉木宏、吉田鋼太郎が1日、都内で行われたファミリーマートの創立40周年記念発表会に新アンバサダーとして参加。玉木は、吉田との不思議を縁を明かした。撮影日時:2021(平成33)年03月01日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 2021年03月01日
    あいさつする蒲生猛社長 道内7空港の民営化完了

    記者会見であいさつする「北海道エアポート」の蒲生猛社長=1日午後、北海道千歳市

    撮影: 1日午後、北海道千歳市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    利用停止のATM みずほシステム障害続く

    システム障害で利用停止となったみずほ銀行のATM=1日午前、東京都千代田区

    撮影: 1日午前、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    みずほ銀行のATM みずほシステム障害続く

    システム障害で利用停止となったみずほ銀行のATM=1日午前、東京都千代田区

    撮影: 1日午前、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    説明会に向かう学生 就活解禁、コロナ禍で制約

    千葉市の幕張メッセで開催された会社説明会に向かう学生ら=1日午前

    撮影: 1日午前

  • 2021年03月01日
    あいさつの細見研介社長 ファミマ創立40年の新商品

    ファミリーマートの創立40周年を記念する新商品の発表会で、あいさつする細見研介社長=1日午前、東京都港区

    撮影: 1日午前、東京都港区

  • 2021年03月01日
    あいさつする細見研介社長 ファミマ創立40年の新商品

    ファミリーマートの創立40周年を記念する新商品の発表会で、あいさつする細見研介社長=1日午前、東京都港区

    撮影: 1日午前、東京都港区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    説明会に向かう学生ら 就活解禁、コロナ禍で制約

    2022年に卒業する大学生・大学院生の新卒採用の会社説明会に向かう学生ら=1日午前、千葉市の幕張メッセ

    撮影: 1日午前、千葉市の幕張メッセ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    会場に向かう人たち 就活解禁、コロナ禍で制約

    2022年に卒業する大学生・大学院生の新卒採用の会社説明会に向かう人たち=1日午前、千葉市の幕張メッセ

    撮影: 1日午前、千葉市の幕張メッセ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    オンライン説明会 就活解禁、コロナ禍で制約

    オンラインによる合同説明会で学生に自社の魅力をPRする採用担当者(左側の2人)=1日午前、東京都内

  • 2021年03月01日
    みずほ銀行本店 みずほATM未稼働続く

    みずほ銀行本店=1日午前、東京都千代田区

    撮影: 1日午前、東京都千代田区

  • 2021年03月01日
    みずほ銀行の本店 みずほATM未稼働続く

    みずほ銀行本店=1日午前、東京都千代田区

    撮影: 1日午前、東京都千代田区

  • 2021年03月01日
    未稼働のATM みずほATM未稼働続く

    利用できない状態が続いている、みずほ銀行のATM=1日午前、東京都中央区

    撮影: 1日午前、東京都中央区

  • 2021年03月01日
    みずほ銀のATM みずほATM未稼働続く

    利用できない状態が続いている、みずほ銀行のATM=1日午前、東京都中央区

    撮影: 1日午前、東京都中央区

  • 2021年03月01日
    水揚げされたホタルイカ 富山湾に浮かぶ青白い光

    漁解禁の初日に水揚げされたホタルイカ=1日午前、富山県滑川市沖

    撮影: 1日午前、富山県滑川市沖

  • 2021年03月01日
    船上で選り分け作業 富山湾に浮かぶ青白い光

    水揚げされたばかりのホタルイカを船上で選り分ける漁師たち=1日午前、富山県滑川市沖

    撮影: 1日午前、富山県滑川市沖

  • 2021年03月01日
    定置網引き揚げる漁師たち 富山湾に浮かぶ青白い光

    仕掛けたホタルイカ漁の定置網を引き揚げる漁師たち=1日午前、富山県滑川市沖

    撮影: 1日午前、富山県滑川市沖

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    おわびの張り紙 みずほATM未稼働続く

    システム障害に関するおわびの張り紙が出されているみずほ銀行のATMコーナー=1日午前、東京都中央区

    撮影: 1日午前、東京都中央区

  • 01:24.52
    2021年03月01日
    「新華社」シノファーム製コロナワクチン、第2陣がマカオ到着

    中国の製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルス不活化ワクチンの第2陣40万回分が2月28日、マカオ特別行政区に到着した。来週から接種を開始する。(記者/李寒芳) =配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)シノファーム製コロナワクチン、第2陣がマカオ到着

    2月28日、到着した国産の新型コロナワクチンを運ぶ職員。中国の製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルス不活化ワクチンの第2陣40万回分が2月28日、マカオ特別行政区に到着した。来週から接種を開始する。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)シノファーム製コロナワクチン、第2陣がマカオ到着

    2月28日、新型コロナワクチン受領書に署名するマカオ特区衛生局の李展潤(り・てんじゅん)局長(中央)。中国の製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルス不活化ワクチンの第2陣40万回分が2月28日、マカオ特別行政区に到着した。来週から接種を開始する。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:53.08
    2021年03月01日
    ヤフー、LINE経営統合 ZHDが記者会見

    携帯電話大手ソフトバンク傘下でヤフーの親会社のZホールディングス(ZHD)とLINE(ライン)が1日、経営統合した。両社が手掛ける事業の利用者は計1億人を超え、国内最大級のIT企業が誕生した。インターネットサービスの起点となる検索サイトと通信アプリで大きなシェアを持つ両社の相乗効果で、海外の巨大ITにどう対抗するか注目される。ZHDの社長らが1日、記者会見し、今後の経営戦略などを説明した。<映像内容>Zホールディングス(ZHD)の川辺健太郎代表取締役社長Co―CEO(共同最高経営責任者)と、出沢剛代表取締役Co―CEO(共同最高経営責任者)=元LINE社長=の記者会見、撮影日:2021(令和3)年3月1日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年3月1日

  • 00:51.84
    2021年03月01日
    「新華社」「中欧班列」東部ルート、出入国本数1万本突破

    中国鉄路ハルビン局集団はこのほど、2013年からこれまでに内モンゴル自治区の満洲里と黒竜江省の綏芬河口岸(通関地)を経由して出入国した「中欧班列(中国と欧州を結ぶ国際定期貨物列車)」の累計本数が1万556本になったと明らかにした。輸送貨物量は95万2601TEU(20フィートコンテナ換算)に上った。満洲里と綏芬河は、中欧班列東部ルートの重要通関地で、主に日用品や電気製品、工業機械などを輸出入する。データによると、2020年に満洲里を経由した中欧班列は前年比35・1%増加し、初めて3500本を超えた。両地を経由する中欧班列は50路線を超え、輸送貨物の種類も増え続けている。集荷地は天津、長沙、広州など数十都市に広がり、欧州十数カ国に通じている。(記者/王君宝) =配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (5)貴州省、中国のカーボンニュートラル達成を後押し

    貴州省息烽(そくほう)県にある中国華能集団の息烽南山風力発電所。(資料写真)中国国務院は2020年12月、「新時代の中国エネルギー発展」白書を発表し、2060年までのカーボンニュートラル(炭素中立)達成を目標に掲げた。「江南煤海(長江以南で有数の石炭産地)」と呼ばれる貴州省は、南部の重要エネルギー拠点の一つであり、国の目標達成に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発に積極的に取り組んでいる。同省は、中国の国家戦略で西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの重要な電力供給省となっており、第14次5カ年規画(2021~25年)期間中に年間860億キロワット時の省外送電を計画している。広東省への500億キロワット時のほか、重慶市、湖南省、広西チワン族自治区など隣接省(直轄市・自治区)へも送電する。計画実現に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発にも積極的に取り組む。石炭火力発電ユニットの改良を進めるほか、風力、太陽光、水力、火力、蓄電の一体化発展を促進する。省全体の設備容量を25年に1億100万キロワットまで引き上げ、非化石エネルギーの比率を57%まで高める。(息烽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)貴州省、中国のカーボンニュートラル達成を後押し

    貴州省安順市関嶺プイ族ミャオ族自治県岡烏(こうう)鎮の1万ムー(約667ヘクタール)余りの石漠化した荒れ山に建設された農業用太陽光発電施設。(資料写真)中国国務院は2020年12月、「新時代の中国エネルギー発展」白書を発表し、2060年までのカーボンニュートラル(炭素中立)達成を目標に掲げた。「江南煤海(長江以南で有数の石炭産地)」と呼ばれる貴州省は、南部の重要エネルギー拠点の一つであり、国の目標達成に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発に積極的に取り組んでいる。同省は、中国の国家戦略で西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの重要な電力供給省となっており、第14次5カ年規画(2021~25年)期間中に年間860億キロワット時の省外送電を計画している。広東省への500億キロワット時のほか、重慶市、湖南省、広西チワン族自治区など隣接省(直轄市・自治区)へも送電する。計画実現に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発にも積極的に取り組む。石炭火力発電ユニットの改良を進めるほか、風力、太陽光、水力、火力、蓄電の一体化発展を促進する。省全体の設備容量を25年に1億100万キロワットまで引き上げ、非化石エネルギーの比率を57%まで高める。(安順=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:42.06
    2021年03月01日
    みずほ銀ATM、全面復旧 頭取が謝罪の記者会見

    みずほ銀行は1日、前日に発生したシステム障害で出金などができなくなっていた現金自動預払機(ATM)が全面復旧したと発表した。藤原弘治頭取は記者会見し「お客さまへの対応が不十分だった。データ移行時の想定の甘さに起因するトラブルで、深くおわび申し上げる」と謝罪した。<映像内容>みずほ銀行の藤原弘治頭取の記者会見、撮影日:2021(令和3)年3月1日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2021(令和3)年3月1日

  • 2021年03月01日
    (1)貴州省、中国のカーボンニュートラル達成を後押し

    5年間の高度化・改良で超低排出ガス改造を終え、全ての発電機が再稼働した貴州省畢節(ひっせつ)市納雍(のうよう)県の納雍発電所。(資料写真)中国国務院は2020年12月、「新時代の中国エネルギー発展」白書を発表し、2060年までのカーボンニュートラル(炭素中立)達成を目標に掲げた。「江南煤海(長江以南で有数の石炭産地)」と呼ばれる貴州省は、南部の重要エネルギー拠点の一つであり、国の目標達成に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発に積極的に取り組んでいる。同省は、中国の国家戦略で西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの重要な電力供給省となっており、第14次5カ年規画(2021~25年)期間中に年間860億キロワット時の省外送電を計画している。広東省への500億キロワット時のほか、重慶市、湖南省、広西チワン族自治区など隣接省(直轄市・自治区)へも送電する。計画実現に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発にも積極的に取り組む。石炭火力発電ユニットの改良を進めるほか、風力、太陽光、水力、火力、蓄電の一体化発展を促進する。省全体の設備容量を25年に1億100万キロワットまで引き上げ、非化石エネルギーの比率を57%まで高める。(畢節=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)貴州省、中国のカーボンニュートラル達成を後押し

    国家電力投資集団傘下の貴州金元が貴州省威寧県で運営する「威寧百万新エネルギー基地斗古瓦廠農業用太陽光発電プロジェクト」。(資料写真)中国国務院は2020年12月、「新時代の中国エネルギー発展」白書を発表し、2060年までのカーボンニュートラル(炭素中立)達成を目標に掲げた。「江南煤海(長江以南で有数の石炭産地)」と呼ばれる貴州省は、南部の重要エネルギー拠点の一つであり、国の目標達成に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発に積極的に取り組んでいる。同省は、中国の国家戦略で西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの重要な電力供給省となっており、第14次5カ年規画(2021~25年)期間中に年間860億キロワット時の省外送電を計画している。広東省への500億キロワット時のほか、重慶市、湖南省、広西チワン族自治区など隣接省(直轄市・自治区)へも送電する。計画実現に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発にも積極的に取り組む。石炭火力発電ユニットの改良を進めるほか、風力、太陽光、水力、火力、蓄電の一体化発展を促進する。省全体の設備容量を25年に1億100万キロワットまで引き上げ、非化石エネルギーの比率を57%まで高める。(威寧=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    (4)貴州省、中国のカーボンニュートラル達成を後押し

    炭鉱事故を引き起こす坑内ガスを利用した発電に成功した貴州豫能投資の新田炭鉱ガス。(資料写真)中国国務院は2020年12月、「新時代の中国エネルギー発展」白書を発表し、2060年までのカーボンニュートラル(炭素中立)達成を目標に掲げた。「江南煤海(長江以南で有数の石炭産地)」と呼ばれる貴州省は、南部の重要エネルギー拠点の一つであり、国の目標達成に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発に積極的に取り組んでいる。同省は、中国の国家戦略で西部の電力を東部に送る「西電東送」プロジェクトの重要な電力供給省となっており、第14次5カ年規画(2021~25年)期間中に年間860億キロワット時の省外送電を計画している。広東省への500億キロワット時のほか、重慶市、湖南省、広西チワン族自治区など隣接省(直轄市・自治区)へも送電する。計画実現に向け、クリーンで高効率なエネルギー開発にも積極的に取り組む。石炭火力発電ユニットの改良を進めるほか、風力、太陽光、水力、火力、蓄電の一体化発展を促進する。省全体の設備容量を25年に1億100万キロワットまで引き上げ、非化石エネルギーの比率を57%まで高める。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (1)シノファーム製コロナワクチン、第2陣がマカオ到着

    2月28日、広東省珠海市とマカオ特区をまたぐ珠澳跨境工業区に到着したシノファーム製の新型コロナウイルス不活化ワクチン。中国の製薬大手、中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルス不活化ワクチンの第2陣40万回分が2月28日、マカオ特別行政区に到着した。来週から接種を開始する。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:49.35
    2021年03月01日
    「新華社」春の茶摘み始まる浙江省余姚市

    中国浙江省余姚(よよう)市蘭江街道夏巷(かこう)村の茶畑では2月下旬から、茶摘み労働者らが晴天の日に新芽の摘み取り作業に励んでいる。今春は空気の乾燥と適度な温度差で発芽が促進され、質の良い春茶が例年より約半月早く市場に出回り始めた。市内には現在、6万3千ムー(4200ヘクタール)の茶園があり、茶葉の栽培面積が寧波地区で最大となっている。地元政府は2018年から、科学的な生産管理を行うよう茶農家を積極的に指導し、環境に配慮した茶園の建設と付加価値の高い有機栽培茶の生産を後押しすることで、生産量増加と効率化を実現している。(記者/顧小立) =配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:30.24
    2021年03月01日
    「新華社」21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月28日
    28日の人出、7割で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年02月28日
    28日の人出、7割で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年02月28日
    英ワクチン接種、3割弱に

    新型コロナウイルス感染者が多い国(2月28日現在)

  • 1
  • 2