KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 天神空撮
  • 博多駅空撮
  • 夜景空撮
  • 小型無人機
  • ドローン
  • 本社ヘリ
  • 北九州市
  • 福岡市東部
  • 中国河北省
  • 貧困脱却

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
8,079
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
8,079
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年05月18日
    (7)豊作に沸く「ビワの里」浙江省杭州市

    14日、竹ざるに村民が摘んだビワを並べて描いた「塘栖丰(豊)収」の文字。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨平区塘栖(とうせい)鎮にある1万5千ムー(約1千ヘクタール)のビワ園では、ビワが収穫のシーズンを迎え、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫に励んでいる。同市北部にある同鎮には「塘栖ビワ」の中心的生産地があり、その範囲は周辺の東湖街道、仁和街道および崇賢街道の一部の村に広がっている。昨年の年間生産量は5800トン余り。昨年の「塘栖ビワ節(祭)」の期間中、塘栖鎮は延べ50万4900人の観光客を受け入れ、営業総収入は累計で1億9940万元(1元=約17円)に達した。同鎮はまた、「中国のビワの里」と呼ばれており、塘栖ビワはこの地方の特産品として、長きにわたり名声を博している。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月18日
    (3)豊作に沸く「ビワの里」浙江省杭州市

    14日、竹ざるに村民が摘んだビワを並べて描いた「塘栖丰(豊)収」の文字。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨平区塘栖(とうせい)鎮にある1万5千ムー(約1千ヘクタール)のビワ園では、ビワが収穫のシーズンを迎え、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫に励んでいる。同市北部にある同鎮には「塘栖ビワ」の中心的生産地があり、その範囲は周辺の東湖街道、仁和街道および崇賢街道の一部の村に広がっている。昨年の年間生産量は5800トン余り。昨年の「塘栖ビワ節(祭)」の期間中、塘栖鎮は延べ50万4900人の観光客を受け入れ、営業総収入は累計で1億9940万元(1元=約17円)に達した。同鎮はまた、「中国のビワの里」と呼ばれており、塘栖ビワはこの地方の特産品として、長きにわたり名声を博している。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月18日
    (8)豊作に沸く「ビワの里」浙江省杭州市

    14日、塘栖鎮丁山河村で、村民が摘んだビワを小船に載せ、対岸に運ぶ人。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨平区塘栖(とうせい)鎮にある1万5千ムー(約1千ヘクタール)のビワ園では、ビワが収穫のシーズンを迎え、農家の人たちが豊作の喜びをかみしめながら、収穫に励んでいる。同市北部にある同鎮には「塘栖ビワ」の中心的生産地があり、その範囲は周辺の東湖街道、仁和街道および崇賢街道の一部の村に広がっている。昨年の年間生産量は5800トン余り。昨年の「塘栖ビワ節(祭)」の期間中、塘栖鎮は延べ50万4900人の観光客を受け入れ、営業総収入は累計で1億9940万元(1元=約17円)に達した。同鎮はまた、「中国のビワの里」と呼ばれており、塘栖ビワはこの地方の特産品として、長きにわたり名声を博している。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年5月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (1)見頃迎えたコウシンバラ、観光産業の発展を後押し河南省南陽市

    12日、南陽市にある南陽月季(コウシンバラ)博覧園の風景。(小型無人機から)中国河南省南陽市ではこのところ、コウシンバラ(ロサ・キネンシス)が競うように咲き誇る姿を見ることができる。南陽コウシンバラは品種が多く、弁質に優れ、栽培面積が大きいため、その名は全国に轟いている。同市は2000年に「中国コウシンバラの里」と命名された。コウシンバラ産業は南陽の「生態富民」プロジェクトとして知られているだけでなく、現地の観光産業の発展にも一役買っている。(南陽=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (7)スポーツを通して観光を促進江蘇省

    12日、空から見た江蘇省の常州太湖湾キャンプ谷。(小型無人機から)中国江蘇省はここ数年、スポーツによる観光促進の新たなモデルを構築、質の高い発展の実現に注力してきた。常州江南環球港や太湖湾キャンプ谷など、複合型の特色あるスポーツ観光商品とモデル拠点を育成することで、都市の発展に新たな活力をもたらしている。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (6)スポーツを通して観光を促進江蘇省

    12日、空から見た江蘇省の常州太湖湾キャンプ谷。(小型無人機から)中国江蘇省はここ数年、スポーツによる観光促進の新たなモデルを構築、質の高い発展の実現に注力してきた。常州江南環球港や太湖湾キャンプ谷など、複合型の特色あるスポーツ観光商品とモデル拠点を育成することで、都市の発展に新たな活力をもたらしている。(南京=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月14日
    (6)見頃迎えたコウシンバラ、観光産業の発展を後押し河南省南陽市

    12日、南陽市にある南陽月季(コウシンバラ)博覧園の風景。(小型無人機から)中国河南省南陽市ではこのところ、コウシンバラ(ロサ・キネンシス)が競うように咲き誇る姿を見ることができる。南陽コウシンバラは品種が多く、弁質に優れ、栽培面積が大きいため、その名は全国に轟いている。同市は2000年に「中国コウシンバラの里」と命名された。コウシンバラ産業は南陽の「生態富民」プロジェクトとして知られているだけでなく、現地の観光産業の発展にも一役買っている。(南陽=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(令和3)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    JMU舞鶴事業所 JMU舞鶴事業所・資料

    ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所=京都府舞鶴市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都府舞鶴市

  • 2021年05月13日
    JMU舞鶴事業所 JMU舞鶴事業所・資料

    ジャパンマリンユナイテッド舞鶴事業所=京都府舞鶴市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 京都府舞鶴市

  • 2021年05月13日
    (3)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (4)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (2)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (1)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (5)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (10)600年の歴史を誇る古村落に新たな活力河北省邢台市

    11日、空から見た英談村。(小型無人機から)中国の太行山脈の奥地にある河北省邢台(けいだい)市信都区路羅鎮英談村は、600年以上の歴史を誇る古村落。明清時代の太行山地区の建築様式の特徴を備えた古民家67軒が完全な形で保存され、この時代の同省南部地域の農村文化を研究する上で、「生きた化石」といえる存在となっている。地元ではここ数年、英談村の保存に積極的に取り組み、古村落の科学的な修復を行っている。また、段階的にインフラを整備しながら古村落を目的地とする「民俗観光」開発を行い、村全体の発展を効果的にけん引している。住民は「農家楽(アグリツーリズム)」施設の経営や果樹栽培、特産品の販売などを通じて増収を実現している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (9)600年の歴史を誇る古村落に新たな活力河北省邢台市

    11日、空から見た英談村。(小型無人機から)中国の太行山脈の奥地にある河北省邢台(けいだい)市信都区路羅鎮英談村は、600年以上の歴史を誇る古村落。明清時代の太行山地区の建築様式の特徴を備えた古民家67軒が完全な形で保存され、この時代の同省南部地域の農村文化を研究する上で、「生きた化石」といえる存在となっている。地元ではここ数年、英談村の保存に積極的に取り組み、古村落の科学的な修復を行っている。また、段階的にインフラを整備しながら古村落を目的地とする「民俗観光」開発を行い、村全体の発展を効果的にけん引している。住民は「農家楽(アグリツーリズム)」施設の経営や果樹栽培、特産品の販売などを通じて増収を実現している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (5)「世界の屋根の屋根」で実現した野菜栽培チベット・ガリ地区

    チベット自治区ガリ地区ガル県の生態農業産業パーク。(資料写真、小型無人機から)中国チベット自治区のガリ地区は、平均標高4500メートルで「世界の屋根の屋根」と呼ばれている。この地ではかつて、長期的に野菜の供給が不足し、人々の食事は肉や乳製品などといった高脂肪・高動物性タンパク質の食品が中心で、食事の栄養バランスに偏りがあった。人々の食生活をより健康的なものにするため、地元ではここ数年、現代的な農業を精力的に推し進めている。高効率のソーラー温室と集約化された野菜生産基地の建設を支援し、「高原のゴビ砂漠」に「オアシス」を作り続け、人々の食卓に野菜を届けてきた。(ラサ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月13日
    (6)再エネ発電と漁業が一体化、江蘇省東台市で干潟を有効活用

    12日、江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区に建設された、風力発電や太陽光発電、水産養殖が一体化した産業拠点。(小型無人機から)中国江蘇省東台市の沿海干潟総合開発モデル区は現在、風力発電と太陽光発電、水産養殖を一体化した「風・光・漁」立体開発モデルを形成し、干潟資源の有効活用と生態系の保全を実現している。(塩城=新華社記者/楊磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (1)実体企業が金融企業上回る中国4千社以上の業績出そろう

    浙江省湖州市の呉興ハイテク産業開発区(高新区)にある浙江三一装備で、納品を待つクローラークレーン。(2020年7月29日、小型無人機から撮影)中国上場企業の2020年決算報告と21年第1四半期(1~3月)報告がこのほど出そろい、A株上場企業4千社以上の業績が明らかになった。昨年は上場企業のうち、実体企業の利益伸び率が金融企業を上回った。今年第1四半期に入り、非金融系上場企業の純利益の割合は50%に上昇している。(湖州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (6)サツマイモ育苗で増収を実現河北省

    8日、サツマイモの苗を収穫する河北省灤州市榛子鎮南辛荘子村の農民。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市榛子(しんし)鎮南辛荘子村はここ数年、地域の実情に合わせてサツマイモの育苗産業を大きく発展させてきた。村では育苗ハウス400棟近くを共同運用し、毎年400万元(1元=約17円)余りの収益を上げている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (1)サツマイモ育苗で増収を実現河北省

    8日、サツマイモの苗を収穫する河北省灤州市榛子鎮南辛荘子村の農民。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市榛子(しんし)鎮南辛荘子村はここ数年、地域の実情に合わせてサツマイモの育苗産業を大きく発展させてきた。村では育苗ハウス400棟近くを共同運用し、毎年400万元(1元=約17円)余りの収益を上げている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (5)サツマイモ育苗で増収を実現河北省

    8日、空から見た河北省灤州市榛子鎮南辛荘子村のサツマイモ育苗ハウス。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市榛子(しんし)鎮南辛荘子村はここ数年、地域の実情に合わせてサツマイモの育苗産業を大きく発展させてきた。村では育苗ハウス400棟近くを共同運用し、毎年400万元(1元=約17円)余りの収益を上げている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月12日
    (2)サツマイモ育苗で増収を実現河北省

    8日、空から見た河北省灤州市榛子鎮南辛荘子村のサツマイモ育苗ハウス。(小型無人機から)中国河北省灤州(らんしゅう)市榛子(しんし)鎮南辛荘子村はここ数年、地域の実情に合わせてサツマイモの育苗産業を大きく発展させてきた。村では育苗ハウス400棟近くを共同運用し、毎年400万元(1元=約17円)余りの収益を上げている。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月11日
    (5)農業と観光の融合で農村振興を後押し蘇州市呉江区

    8日、蘇州市呉江区震沢鎮にある衆安橋村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市呉江(ごこう)区はここ数年、環境との調和に配慮した暮らしやすい農村の建設を積極的に進め、レジャー農業と農村観光の発展に尽力。観光客に観光、レジャー、教育、娯楽などのさまざまなサービスを提供することで、農村振興を後押ししている。同区の震沢鎮衆安橋村では河川の浚渫(しゅんせつ)、水生植物の栽培などにより、村の生態システムが徐々に改善されつつある。(蘇州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月11日
    (3)農業と観光の融合で農村振興を後押し蘇州市呉江区

    8日、蘇州市呉江区震沢鎮にある衆安橋村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市呉江(ごこう)区はここ数年、環境との調和に配慮した暮らしやすい農村の建設を積極的に進め、レジャー農業と農村観光の発展に尽力。観光客に観光、レジャー、教育、娯楽などのさまざまなサービスを提供することで、農村振興を後押ししている。同区の震沢鎮衆安橋村では河川の浚渫(しゅんせつ)、水生植物の栽培などにより、村の生態システムが徐々に改善されつつある。(蘇州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月11日
    (1)農業と観光の融合で農村振興を後押し蘇州市呉江区

    8日、蘇州市呉江区震沢鎮にある衆安橋村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市呉江(ごこう)区はここ数年、環境との調和に配慮した暮らしやすい農村の建設を積極的に進め、レジャー農業と農村観光の発展に尽力。観光客に観光、レジャー、教育、娯楽などのさまざまなサービスを提供することで、農村振興を後押ししている。同区の震沢鎮衆安橋村では河川の浚渫(しゅんせつ)、水生植物の栽培などにより、村の生態システムが徐々に改善されつつある。(蘇州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月11日
    (1)「長寿藤茶」の収穫と加工が本格化湖南省張家界市

    9日、長寿藤茶の生産拠点で新茶を収穫する茶農家ら。(小型無人機から)5日の立夏を過ぎ、中国湖南省張家界市永定区は新茶の収穫シーズンを迎えた。地元の製茶企業は茶農家らを集めて「長寿藤茶」の新芽を摘み取り、加工して各地の市場へ出荷している。長寿藤茶は張家界地区の特産品で、甘みのある後味が特徴。ポリフェノールの一種であるフラボノイド類を多く含み、抗酸化作用や免疫調整などの効能があるとされている。(張家界=新華社配信/呉勇兵)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月11日
    (7)農業と観光の融合で農村振興を後押し蘇州市呉江区

    8日、蘇州市呉江区震沢鎮にある衆安橋村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市呉江(ごこう)区はここ数年、環境との調和に配慮した暮らしやすい農村の建設を積極的に進め、レジャー農業と農村観光の発展に尽力。観光客に観光、レジャー、教育、娯楽などのさまざまなサービスを提供することで、農村振興を後押ししている。同区の震沢鎮衆安橋村では河川の浚渫(しゅんせつ)、水生植物の栽培などにより、村の生態システムが徐々に改善されつつある。(蘇州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月11日
    (2)農業と観光の融合で農村振興を後押し蘇州市呉江区

    8日、蘇州市呉江区震沢鎮にある衆安橋村の風景。(小型無人機から)中国江蘇省の蘇州市呉江(ごこう)区はここ数年、環境との調和に配慮した暮らしやすい農村の建設を積極的に進め、レジャー農業と農村観光の発展に尽力。観光客に観光、レジャー、教育、娯楽などのさまざまなサービスを提供することで、農村振興を後押ししている。同区の震沢鎮衆安橋村では河川の浚渫(しゅんせつ)、水生植物の栽培などにより、村の生態システムが徐々に改善されつつある。(蘇州=新華社記者/李博)= 配信日: 2021(令和3)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月09日
    (2)レンコンの植え付けが最盛期迎える河北省邢台市

    7日、邢台市隆尭県東良鎮澤畔村のレンコン畑で、レンコンの植え付け作業をする農家の人たち。(小型無人機から)中国河北省邢台市隆尭(りゅうぎょう)県東良鎮の澤畔村には、600年余りのレンコン栽培の歴史がある。同村ではこのところ、乾燥地でのレンコンの植え付けが最盛期を迎えている。現在、村全体のレンコン栽培面積は350ムー(約23・3ヘクタール)以上、1ムー当たりの純収入は1万元(1元=約17円)に上るという。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年5月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (3)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、安徽省亳州(はくしゅう)市譙城(しょうじょう)区十八里鎮の蒋李村で、移植機でキクを植える農家の人。(小型無人機から)二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(亳州=新華社配信/劉勤利)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (4)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県珠山鎮の東門関村で、畑仕事をする農家の人たち。(小型無人機から)二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(恩施=新華社配信/宋文)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (3)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    4日、加榜郷党扭村の棚田。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (2)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、河北省石家荘市新華区杜北郷のイチゴ栽培基地で、収穫作業に励む農家の人たち。(小型無人機から)二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(石家荘=新華社配信/梁子棟)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (1)かつての荒れた川辺が憩いの場に広西チワン族自治区

    3日、上空から見た広西チワン族自治区柳州市の浜江生態公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳東新区にある浜江生態公園は労働節(メーデー)の連休(1~5日)期間中、正式に一般開放された。かつて雑草が生い茂っていた柳江沿岸は整備を経て生態公園へと生まれ変わり、人々がレジャーやスポーツを楽しめる場所となっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (3)輝き放つ南湖の夜、「夜間経済」で観光消費を促進河北省唐山市

    3日、唐山市の南湖の夜景。(小型無人機から)中国河北省唐山市はここ数年、南湖風景区や鉱山公園、ウオータースクリーンショーなどブランド化した観光資源を軸に、地元の伝統的な美食文化を組み合わせてナイトタイムエコノミー(夜間の経済活動)を大いに発展させ、観光消費につながる新たな原動力を生み出している。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (5)輝き放つ南湖の夜、「夜間経済」で観光消費を促進河北省唐山市

    3日、唐山市の南湖風景区で上演される没入型演劇の「那年芳華」の様子。(小型無人機から)中国河北省唐山市はここ数年、南湖風景区や鉱山公園、ウオータースクリーンショーなどブランド化した観光資源を軸に、地元の伝統的な美食文化を組み合わせてナイトタイムエコノミー(夜間の経済活動)を大いに発展させ、観光消費につながる新たな原動力を生み出している。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (3)農村観光ブームが到来広西・三江トン族自治県

    4日、三江トン族自治県八江鎮布央仙人山風景区の茶畑。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市三江トン族自治県は1~5日の労働節(メーデー)連休中、農村体験や民族情緒などを打ち出した特色ある観光ツアーを実施。訪れた観光客は農村でのスローライフを楽しみ、トン族の里の風情を満喫していた。(柳州=新華社配信/梁克川)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (3)陝西省華山メーデー連休に観光客11万人

    5日、華山西峰の頂上で伝統芸能「華陰老腔」を披露する演者。(小型無人機から)中国陝西省の華山風景区では1~5日の労働節(メーデー)連休中、1日の入山者を延べ3万人以下に制限した上で、華山峪登山道を24時間開放し、各種メディアを通して開放に関する詳細な規則の周知や案内を行った。また、新型コロナウイルス対策サービスポイントを21カ所設置し、非接触型の入山券販売・改札を実施。華山を訪れた観光客は5日午後4時時点で延べ約11万人に達した。(渭南=新華社記者/陶明)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (2)輝き放つ南湖の夜、「夜間経済」で観光消費を促進河北省唐山市

    3日、唐山市の南湖の夜景。(小型無人機から)中国河北省唐山市はここ数年、南湖風景区や鉱山公園、ウオータースクリーンショーなどブランド化した観光資源を軸に、地元の伝統的な美食文化を組み合わせてナイトタイムエコノミー(夜間の経済活動)を大いに発展させ、観光消費につながる新たな原動力を生み出している。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (1)輝き放つ南湖の夜、「夜間経済」で観光消費を促進河北省唐山市

    3日、唐山市の南湖を散策する観光客。(小型無人機から)中国河北省唐山市はここ数年、南湖風景区や鉱山公園、ウオータースクリーンショーなどブランド化した観光資源を軸に、地元の伝統的な美食文化を組み合わせてナイトタイムエコノミー(夜間の経済活動)を大いに発展させ、観光消費につながる新たな原動力を生み出している。(唐山=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    (7)労働節連休の国内旅行者2億3千万人コロナ流行前の水準上回る

    2日、江蘇省泰州市姜堰区の溱湖国家湿地公園を散策する観光客。(小型無人機から)中国文化・観光部は5日夜、労働節(メーデー)連休(1~5日)の国内旅行者数は前年同期比2・2倍の2億3千万人で、新型コロナウイルス流行前の同じ時期を3・2%上回る水準だったと発表した。新型コロナウイルス流行前の同じ時期を3・2%上回る水準。国内観光収入は前年同期比2・4倍の1132億3千万元(1元=約17円)と、新型コロナ流行前の77%まで回復した。連休中に大きな事故や感染拡大などは報告されていないという。(泰州=新華社配信/顧継紅)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (7)かつての荒れた川辺が憩いの場に広西チワン族自治区

    3日、上空から見た広西チワン族自治区柳州市の浜江生態公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳東新区にある浜江生態公園は労働節(メーデー)の連休(1~5日)期間中、正式に一般開放された。かつて雑草が生い茂っていた柳江沿岸は整備を経て生態公園へと生まれ変わり、人々がレジャーやスポーツを楽しめる場所となっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (8)かつての荒れた川辺が憩いの場に広西チワン族自治区

    3日、上空から見た広西チワン族自治区柳州市の浜江生態公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳東新区にある浜江生態公園は労働節(メーデー)の連休(1~5日)期間中、正式に一般開放された。かつて雑草が生い茂っていた柳江沿岸は整備を経て生態公園へと生まれ変わり、人々がレジャーやスポーツを楽しめる場所となっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    (10)かつての荒れた川辺が憩いの場に広西チワン族自治区

    3日、上空から見た広西チワン族自治区柳州市の浜江生態公園。(小型無人機から)中国広西チワン族自治区柳州市柳東新区にある浜江生態公園は労働節(メーデー)の連休(1~5日)期間中、正式に一般開放された。かつて雑草が生い茂っていた柳江沿岸は整備を経て生態公園へと生まれ変わり、人々がレジャーやスポーツを楽しめる場所となっている。(柳州=新華社配信/黎寒池)= 配信日: 2021(令和3)年5月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (5)砂浜でメーデー連休を満喫海南省海口市

    4日、海南省の海口ホリデービーチで休暇を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国海南省海口市では1日から5日間の労働節(メーデー)連休中、市民や観光客が海口ホリデービーチ(假日海灘)を訪れ、砂浜で遊んだり、のんびりとくつろいだりして過ごしていた。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月05日
    (4)砂浜でメーデー連休を満喫海南省海口市

    4日、海南省の海口ホリデービーチで休暇を楽しむ観光客。(小型無人機から)中国海南省海口市では1日から5日間の労働節(メーデー)連休中、市民や観光客が海口ホリデービーチ(假日海灘)を訪れ、砂浜で遊んだり、のんびりとくつろいだりして過ごしていた。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年5月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (4)澄んだ水と山が織りなす長寿湖の絶景重慶市

    2日、重慶市の長寿湖景勝地で、観光客を乗せて進むモーターボート。(小型無人機から)中国重慶市長寿区にある有名な観光名所、長寿湖は、20年余り前に行われていた網いけす養殖による富栄養化が原因で湖の生態系が急激に悪化していたが、ここ数年、生態系の修復により新しく生まれ変わった姿を見せている。澄んだ水をたたえ、美しい山々に囲まれた長寿湖は、観光客が訪れる人気のスポットであるとともに、同地の数十万人の増収を後押しする重要な場所でもある。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (1)澄んだ水と山が織りなす長寿湖の絶景重慶市

    2日、重慶市にある長寿湖景勝地の風景。(小型無人機から)中国重慶市長寿区にある有名な観光名所、長寿湖は、20年余り前に行われていた網いけす養殖による富栄養化が原因で湖の生態系が急激に悪化していたが、ここ数年、生態系の修復により新しく生まれ変わった姿を見せている。澄んだ水をたたえ、美しい山々に囲まれた長寿湖は、観光客が訪れる人気のスポットであるとともに、同地の数十万人の増収を後押しする重要な場所でもある。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (5)澄んだ水と山が織りなす長寿湖の絶景重慶市

    2日、重慶市の長寿湖景勝地で、観光客を乗せて進むモーターボート。(小型無人機から)中国重慶市長寿区にある有名な観光名所、長寿湖は、20年余り前に行われていた網いけす養殖による富栄養化が原因で湖の生態系が急激に悪化していたが、ここ数年、生態系の修復により新しく生まれ変わった姿を見せている。澄んだ水をたたえ、美しい山々に囲まれた長寿湖は、観光客が訪れる人気のスポットであるとともに、同地の数十万人の増収を後押しする重要な場所でもある。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月04日
    (3)澄んだ水と山が織りなす長寿湖の絶景重慶市

    2日、重慶市の長寿湖景勝地で、観光客を乗せて進むさまざまなタイプの遊覧船。(小型無人機から)中国重慶市長寿区にある有名な観光名所、長寿湖は、20年余り前に行われていた網いけす養殖による富栄養化が原因で湖の生態系が急激に悪化していたが、ここ数年、生態系の修復により新しく生まれ変わった姿を見せている。澄んだ水をたたえ、美しい山々に囲まれた長寿湖は、観光客が訪れる人気のスポットであるとともに、同地の数十万人の増収を後押しする重要な場所でもある。(重慶=新華社記者/劉潺)= 配信日: 2021(令和3)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (3)貴陽都拉営国際陸海通物流港、正式に運営開始貴州省

    4月30日、貴陽都拉営国際陸海通物流港を出発した初の貨物列車。(小型無人機から)中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄八局集団などが建設を請け負った、貴州省貴陽市白雲区都拉営の「貴陽都拉営国際陸海通物流港」が4月30日、正式に運営を開始した。稼働後は、同物流港の貨物輸送力が年間約500万トンになるという。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (1)「中国規格」が新疆綿の質の高い発展を促進

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県で、綿花品種「中綿所127」の種をまく綿作農家の人。(4月11日撮影、小型無人機から)中国綿花協会は4月30日、「中国綿花生産管理規範」を発表し、業界中核企業6社と国産綿花の持続可能な発展プロジェクト生産側協力協定を締結した。同プロジェクトの正式稼働は、業界の質の高い発展を促進する。中国は世界最大の綿花消費国であり、最大の繊維製品輸出国でもある。綿花生産量は世界第2位を占める。中でも新疆ウイグル自治区は、中国で最大、世界でも重要な綿花生産地で、2020年の生産量は516万1千トンと全国生産量の87・3%を占めた。綿花栽培の機械化と自動化はこの10年で大きく進展し、同自治区農業部門が発表した2020年のデータによると、機械収穫の割合は69・83%に達した。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月03日
    (5)貴陽都拉営国際陸海通物流港、正式に運営開始貴州省

    4月30日、貴陽都拉営国際陸海通物流港を出発した初の貨物列車。(小型無人機から)中国の鉄道建設大手、中国中鉄傘下の中鉄八局集団などが建設を請け負った、貴州省貴陽市白雲区都拉営の「貴陽都拉営国際陸海通物流港」が4月30日、正式に運営を開始した。稼働後は、同物流港の貨物輸送力が年間約500万トンになるという。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:22.64
    2021年05月03日
    栃木県内各地で田植え進む 「下野新聞」ドローン空撮 大田原の田園に大きな水鏡

    ゴールデンウイークが後半に入り、栃木県内各地で田植えが進められている。晴れ間が広がった3日、大田原市内では、水を張った田んぼに空と雲が映り込み、大きな水鏡のようになっていた、撮影日:2021(令和3)年5月3日、撮影場所:栃木県大田原市 クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021(令和3)年5月3日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (4)「中国規格」が新疆綿の質の高い発展を促進

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県で、綿花品種「中綿所127」の種をまく綿作農家の人。(4月11日撮影、小型無人機から)中国綿花協会は4月30日、「中国綿花生産管理規範」を発表し、業界中核企業6社と国産綿花の持続可能な発展プロジェクト生産側協力協定を締結した。同プロジェクトの正式稼働は、業界の質の高い発展を促進する。中国は世界最大の綿花消費国であり、最大の繊維製品輸出国でもある。綿花生産量は世界第2位を占める。中でも新疆ウイグル自治区は、中国で最大、世界でも重要な綿花生産地で、2020年の生産量は516万1千トンと全国生産量の87・3%を占めた。綿花栽培の機械化と自動化はこの10年で大きく進展し、同自治区農業部門が発表した2020年のデータによると、機械収穫の割合は69・83%に達した。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月03日
    (5)「中国規格」が新疆綿の質の高い発展を促進

    新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県で、綿花品種「中綿所127」の種をまく綿作農家の人。(4月11日撮影、小型無人機から)中国綿花協会は4月30日、「中国綿花生産管理規範」を発表し、業界中核企業6社と国産綿花の持続可能な発展プロジェクト生産側協力協定を締結した。同プロジェクトの正式稼働は、業界の質の高い発展を促進する。中国は世界最大の綿花消費国であり、最大の繊維製品輸出国でもある。綿花生産量は世界第2位を占める。中でも新疆ウイグル自治区は、中国で最大、世界でも重要な綿花生産地で、2020年の生産量は516万1千トンと全国生産量の87・3%を占めた。綿花栽培の機械化と自動化はこの10年で大きく進展し、同自治区農業部門が発表した2020年のデータによると、機械収穫の割合は69・83%に達した。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年5月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (12)中国の一部海域が夏季休漁入り

    1日、河北省唐山市の撈魚尖漁港で休漁入りした漁船。(小型無人機から)中国の渤海、黄海、東中国海、北緯12度以北の南中国海海域は1日、夏季の休漁期に入った。夏季休漁制度は、中国で最も重要かつ影響力を持つ漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を後押しする効果的な措置となっている。(唐山=新華社配信/李磊)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (7)中国の一部海域が夏季休漁入り

    4月30日、江蘇省連雲港(れんうんこう)市贛楡(かんゆ)区の青口中心漁港で休漁入りした漁船。(小型無人機から)中国の渤海、黄海、東中国海、北緯12度以北の南中国海海域は1日、夏季の休漁期に入った。夏季休漁制度は、中国で最も重要かつ影響力を持つ漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を後押しする効果的な措置となっている。(連雲港=新華社配信/耿玉和)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (14)中国の一部海域が夏季休漁入り

    4月30日、山東省煙台市蓬莱区蓬莱閣街道の漁港で、漁具を整理する漁業関係者。(小型無人機から)中国の渤海、黄海、東中国海、北緯12度以北の南中国海海域は1日、夏季の休漁期に入った。夏季休漁制度は、中国で最も重要かつ影響力を持つ漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を後押しする効果的な措置となっている。(舟山=新華社配信/于良意)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (1)中国の一部海域が夏季休漁入り

    1日、海南省三亜市の崖州(がいしゅう)中心漁港で休漁入りした漁船。(小型無人機から)中国の渤海、黄海、東中国海、北緯12度以北の南中国海海域は1日、夏季の休漁期に入った。夏季休漁制度は、中国で最も重要かつ影響力を持つ漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を後押しする効果的な措置となっている。(三亜=新華社配信/沙暁峰)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (10)中国の一部海域が夏季休漁入り

    4月30日、浙江省舟山市普陀(ふだ)区の沈家門漁港に帰港する漁船。(小型無人機から)中国の渤海、黄海、東中国海、北緯12度以北の南中国海海域は1日、夏季の休漁期に入った。夏季休漁制度は、中国で最も重要かつ影響力を持つ漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を後押しする効果的な措置となっている。(舟山=新華社配信/姚峰)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月02日
    (13)中国の一部海域が夏季休漁入り

    1日、山東省栄成市成山鎮の竜須島漁港で休漁入りした漁船。(小型無人機から)中国の渤海、黄海、東中国海、北緯12度以北の南中国海海域は1日、夏季の休漁期に入った。夏季休漁制度は、中国で最も重要かつ影響力を持つ漁業資源の保護管理制度で、漁業の質の高い発展を保障し、海洋生態文明建設を後押しする効果的な措置となっている。(威海=新華社配信/李信君)= 配信日: 2021(令和3)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (1)「地球の腎臓」湿地を守る中国の取り組み

    雲南省昆明市の滇池(てんち)。1980年代中後期には汚染が深刻化していたが、各部門が協力して対策に取り組んだ結果、湖全体の水質が2018~20年に3年連続で4類(農業用水レベル)に認定された。(2019年1月20日、小型無人機から)中国は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、中央財政だけで98億7千万元(1元=約17円)を投じ、湿地生態系がもたらす便益に対する補償・補助や、農地を湿地に戻す活動など2千件以上のプロジェクトを実施した。これにより保護・修復の水準が全面的に向上し、湿地面積は20万2600ヘクタール増加。全国の湿地保護率は5割を超えた。湿地は生物多様性に富んだ生態系と人類にとって重要な生存環境を備え、水源の保持や水質浄化、生物多様性の維持に重要な役割を果たしていることから「地球の腎臓」と呼ばれている。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (8)空から眺める、完成したばかりの「華潤希望小鎮」貴州省

    4月29日、空から見た「華潤希望小鎮」の景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州剣河県に昨年末、「華潤希望小鎮」が完成した。この町は中国の大型国有企業、華潤集団が政府の呼び掛けに応じ、2017年初めから仰阿莎街道寨章村の人たちを支援するために資金を投じて建設を開始したもので、143世帯に恩恵をもたらした。(剣河=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (2)「地球の腎臓」湿地を守る中国の取り組み

    雲南省昆明市の滇池(てんち)。1980年代中後期には汚染が深刻化していたが、各部門が協力して対策に取り組んだ結果、湖全体の水質が2018~20年に3年連続で4類(農業用水レベル)に認定された。(2019年10月21日、小型無人機から)中国は第13次5カ年規画(十三五、2016~20年)期間中、中央財政だけで98億7千万元(1元=約17円)を投じ、湿地生態系がもたらす便益に対する補償・補助や、農地を湿地に戻す活動など2千件以上のプロジェクトを実施した。これにより保護・修復の水準が全面的に向上し、湿地面積は20万2600ヘクタール増加。全国の湿地保護率は5割を超えた。湿地は生物多様性に富んだ生態系と人類にとって重要な生存環境を備え、水源の保持や水質浄化、生物多様性の維持に重要な役割を果たしていることから「地球の腎臓」と呼ばれている。(昆明=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (3)空から眺める、完成したばかりの「華潤希望小鎮」貴州省

    4月29日、空から見た「華潤希望小鎮」の景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州剣河県に昨年末、「華潤希望小鎮」が完成した。この町は中国の大型国有企業、華潤集団が政府の呼び掛けに応じ、2017年初めから仰阿莎街道寨章村の人たちを支援するために資金を投じて建設を開始したもので、143世帯に恩恵をもたらした。(剣河=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (4)空から眺める、完成したばかりの「華潤希望小鎮」貴州省

    4月29日、空から見た「華潤希望小鎮」の景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州剣河県に昨年末、「華潤希望小鎮」が完成した。この町は中国の大型国有企業、華潤集団が政府の呼び掛けに応じ、2017年初めから仰阿莎街道寨章村の人たちを支援するために資金を投じて建設を開始したもので、143世帯に恩恵をもたらした。(剣河=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (7)空から眺める、完成したばかりの「華潤希望小鎮」貴州省

    4月29日、空から見た「華潤希望小鎮」の景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州剣河県に昨年末、「華潤希望小鎮」が完成した。この町は中国の大型国有企業、華潤集団が政府の呼び掛けに応じ、2017年初めから仰阿莎街道寨章村の人たちを支援するために資金を投じて建設を開始したもので、143世帯に恩恵をもたらした。(剣河=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (2)空から眺める、完成したばかりの「華潤希望小鎮」貴州省

    4月29日、空から見た「華潤希望小鎮」の景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州剣河県に昨年末、「華潤希望小鎮」が完成した。この町は中国の大型国有企業、華潤集団が政府の呼び掛けに応じ、2017年初めから仰阿莎街道寨章村の人たちを支援するために資金を投じて建設を開始したもので、143世帯に恩恵をもたらした。(剣河=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (5)空から眺める、完成したばかりの「華潤希望小鎮」貴州省

    4月29日、空から見た「華潤希望小鎮」の景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州剣河県に昨年末、「華潤希望小鎮」が完成した。この町は中国の大型国有企業、華潤集団が政府の呼び掛けに応じ、2017年初めから仰阿莎街道寨章村の人たちを支援するために資金を投じて建設を開始したもので、143世帯に恩恵をもたらした。(剣河=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月01日
    (1)空から眺める、完成したばかりの「華潤希望小鎮」貴州省

    4月29日、空から見た「華潤希望小鎮」の景色。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州剣河県に昨年末、「華潤希望小鎮」が完成した。この町は中国の大型国有企業、華潤集団が政府の呼び掛けに応じ、2017年初めから仰阿莎街道寨章村の人たちを支援するために資金を投じて建設を開始したもので、143世帯に恩恵をもたらした。(剣河=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年5月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月30日
    (1)古い村落の保護と開発が農村振興を後押し河北省渉県

    27日、太行山高速道路のそばに位置する大窪村。(小型無人機から)中国の太行山の奥地に位置する河北省邯鄲(かんたん)市渉県更楽鎮大窪村は、古建築が良好な状態で残されていることから、2016年に中国伝統村落リストに登録された。地元政府はここ数年、太行山高速道路の開通によるアクセス向上を受け、農村観光の発展に力を入れている。村の保護と環境整備、生態系の修復、インフラ整備などを総合的に推進し、古い村落を「ネットで話題の村」「人気の観光スポット」に変身させた。村民は飲食店や民宿を開業するなどして観光に携わるようになり、16年に3千元(1元=約17円)余りだった1人当たりの平均年収は20年には1万元余りまで増加した。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (8)川面照らすいさり火、江南地方の夜景を演出浙江省建徳市

    28日、三都漁村の夜景。(小型無人機から)中国浙江省建徳市三都鎮三都漁村で28日、夜間にいさり火を点して漁をする「三江いさり火まつり」が幕を開けた。無数の小型漁船が川の河口付近に停泊して、いさり火が点々ときらめく美しい夜景を作り出した。いさり火まつりは同村の労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)の観光プロジェクトの一つとなっている。同市を流れる新安江、蘭江、富春江の合流地点に位置する三都漁村はここ数年、漁村の伝統文化を前面に打ち出して文化と観光の融合を加速させ、特徴的な漁業観光産業の発展を推進し、郷村の振興を後押ししてきた。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月30日
    (2)古い村落の保護と開発が農村振興を後押し河北省渉県

    27日、空から見た河北省邯鄲市渉県更楽鎮大窪村。(小型無人機から)中国の太行山の奥地に位置する河北省邯鄲(かんたん)市渉県更楽鎮大窪村は、古建築が良好な状態で残されていることから、2016年に中国伝統村落リストに登録された。地元政府はここ数年、太行山高速道路の開通によるアクセス向上を受け、農村観光の発展に力を入れている。村の保護と環境整備、生態系の修復、インフラ整備などを総合的に推進し、古い村落を「ネットで話題の村」「人気の観光スポット」に変身させた。村民は飲食店や民宿を開業するなどして観光に携わるようになり、16年に3千元(1元=約17円)余りだった1人当たりの平均年収は20年には1万元余りまで増加した。(邯鄲=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (2)川面照らすいさり火、江南地方の夜景を演出浙江省建徳市

    28日、三都漁村の夜景。(小型無人機から)中国浙江省建徳市三都鎮三都漁村で28日、夜間にいさり火を点して漁をする「三江いさり火まつり」が幕を開けた。無数の小型漁船が川の河口付近に停泊して、いさり火が点々ときらめく美しい夜景を作り出した。いさり火まつりは同村の労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)の観光プロジェクトの一つとなっている。同市を流れる新安江、蘭江、富春江の合流地点に位置する三都漁村はここ数年、漁村の伝統文化を前面に打ち出して文化と観光の融合を加速させ、特徴的な漁業観光産業の発展を推進し、郷村の振興を後押ししてきた。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (3)川面照らすいさり火、江南地方の夜景を演出浙江省建徳市

    28日、三都漁村の夜景。(小型無人機から)中国浙江省建徳市三都鎮三都漁村で28日、夜間にいさり火を点して漁をする「三江いさり火まつり」が幕を開けた。無数の小型漁船が川の河口付近に停泊して、いさり火が点々ときらめく美しい夜景を作り出した。いさり火まつりは同村の労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)の観光プロジェクトの一つとなっている。同市を流れる新安江、蘭江、富春江の合流地点に位置する三都漁村はここ数年、漁村の伝統文化を前面に打ち出して文化と観光の融合を加速させ、特徴的な漁業観光産業の発展を推進し、郷村の振興を後押ししてきた。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月30日
    (7)川面照らすいさり火、江南地方の夜景を演出浙江省建徳市

    28日、三都漁村で開幕した「三江いさり火まつり」の様子。(小型無人機から)中国浙江省建徳市三都鎮三都漁村で28日、夜間にいさり火を点して漁をする「三江いさり火まつり」が幕を開けた。無数の小型漁船が川の河口付近に停泊して、いさり火が点々ときらめく美しい夜景を作り出した。いさり火まつりは同村の労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)の観光プロジェクトの一つとなっている。同市を流れる新安江、蘭江、富春江の合流地点に位置する三都漁村はここ数年、漁村の伝統文化を前面に打ち出して文化と観光の融合を加速させ、特徴的な漁業観光産業の発展を推進し、郷村の振興を後押ししてきた。(建徳=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月29日
    (1)連休前にゴンドラリフトの安全点検を実施湖南省張家界市

    28日、ゴンドラリフトの運行状況を点検する張家界国家森林公園楊家界索道のスタッフ。(小型無人機から)中国湖南省の張家界国家森林公園では労働節(メーデー)の連休(今年は5月1~5日)を前に、観光客の安全確保のため、ゴンドラリフトなど遊覧設備の点検を実施した。(張家界=新華社配信/呉勇兵)= 配信日: 2021(令和3)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月28日
    大阪空港と森友学園 人格権ないがしろ

    大阪空港(上)と学校法人森友学園の小学校として建てられた建物が残る大阪府豊中市野田町の土地(右下)=4月25日(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (5)河道と調整池の整備で地域が発展山東省済南市

    23日、済南市の繍江河大溝崖区間にある水門。(小型無人機から)中国山東省済南市章丘区は昨年以来、区内を流れる繍江河、杏花河と洪水調整池となっている白雲湖、芽荘湖の総合的な整備を進めてきた。総投資額は5億元(1元=約17円)を超える。整備を終えたエリアでは洪水防止機能が高まり、環境が改善されたことで、地元の工・農業の着実な発展につながっている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (4)河道と調整池の整備で地域が発展山東省済南市

    23日、済南市の繍江河大溝崖区間にある水門。(小型無人機から)中国山東省済南市章丘区は昨年以来、区内を流れる繍江河、杏花河と洪水調整池となっている白雲湖、芽荘湖の総合的な整備を進めてきた。総投資額は5億元(1元=約17円)を超える。整備を終えたエリアでは洪水防止機能が高まり、環境が改善されたことで、地元の工・農業の着実な発展につながっている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (7)河道と調整池の整備で地域が発展山東省済南市

    23日、済南市章丘区を流れる繍江河。(小型無人機から)中国山東省済南市章丘区は昨年以来、区内を流れる繍江河、杏花河と洪水調整池となっている白雲湖、芽荘湖の総合的な整備を進めてきた。総投資額は5億元(1元=約17円)を超える。整備を終えたエリアでは洪水防止機能が高まり、環境が改善されたことで、地元の工・農業の着実な発展につながっている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (3)河道と調整池の整備で地域が発展山東省済南市

    23日、済南市の繍江河大溝崖区間にある水門。(小型無人機から)中国山東省済南市章丘区は昨年以来、区内を流れる繍江河、杏花河と洪水調整池となっている白雲湖、芽荘湖の総合的な整備を進めてきた。総投資額は5億元(1元=約17円)を超える。整備を終えたエリアでは洪水防止機能が高まり、環境が改善されたことで、地元の工・農業の着実な発展につながっている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月27日
    (6)河道と調整池の整備で地域が発展山東省済南市

    23日、済南市章丘区を流れる繍江河。(小型無人機から)中国山東省済南市章丘区は昨年以来、区内を流れる繍江河、杏花河と洪水調整池となっている白雲湖、芽荘湖の総合的な整備を進めてきた。総投資額は5億元(1元=約17円)を超える。整備を終えたエリアでは洪水防止機能が高まり、環境が改善されたことで、地元の工・農業の着実な発展につながっている。(済南=新華社記者/朱崢)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (9)ダム地域の産業が農村活性化に貢献貴州省榕江県

    23日、榕江県の車江ダム地域で農作業を行う地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県の車江ダム地域にある農地では23日、野菜の収穫や施肥などにいそしむ住民らの姿が見られた。同地域では輪作で複数の農作物を育てている。榕江県はここ数年、ダム地域の産業発展を農村活性化に向けた取り組みの一つとして重視し、大手企業と合作社(協同組合)、農家を一体化した運営モデルを採用。近代的な農業施設の建設と付加価値の高い商品作物の栽培に力を入れることで農業の効率向上と農家の収入増につなげている。(貴陽=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (3)ダム地域の産業が農村活性化に貢献貴州省榕江県

    23日、榕江県の車江ダム地域で農作業を行う地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県の車江ダム地域にある農地では23日、野菜の収穫や施肥などにいそしむ住民らの姿が見られた。同地域では輪作で複数の農作物を育てている。榕江県はここ数年、ダム地域の産業発展を農村活性化に向けた取り組みの一つとして重視し、大手企業と合作社(協同組合)、農家を一体化した運営モデルを採用。近代的な農業施設の建設と付加価値の高い商品作物の栽培に力を入れることで農業の効率向上と農家の収入増につなげている。(貴陽=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (7)ダム地域の産業が農村活性化に貢献貴州省榕江県

    23日、榕江県の車江ダム地域で農作業を行う地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県の車江ダム地域にある農地では23日、野菜の収穫や施肥などにいそしむ住民らの姿が見られた。同地域では輪作で複数の農作物を育てている。榕江県はここ数年、ダム地域の産業発展を農村活性化に向けた取り組みの一つとして重視し、大手企業と合作社(協同組合)、農家を一体化した運営モデルを採用。近代的な農業施設の建設と付加価値の高い商品作物の栽培に力を入れることで農業の効率向上と農家の収入増につなげている。(貴陽=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (1)ダム地域の産業が農村活性化に貢献貴州省榕江県

    23日、榕江県の車江ダム地域で農作業を行う地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県の車江ダム地域にある農地では23日、野菜の収穫や施肥などにいそしむ住民らの姿が見られた。同地域では輪作で複数の農作物を育てている。榕江県はここ数年、ダム地域の産業発展を農村活性化に向けた取り組みの一つとして重視し、大手企業と合作社(協同組合)、農家を一体化した運営モデルを採用。近代的な農業施設の建設と付加価値の高い商品作物の栽培に力を入れることで農業の効率向上と農家の収入増につなげている。(貴陽=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月26日
    (6)ダム地域の産業が農村活性化に貢献貴州省榕江県

    23日、榕江県の車江ダム地域で農作業を行う地元住民。(小型無人機から)中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州榕江県の車江ダム地域にある農地では23日、野菜の収穫や施肥などにいそしむ住民らの姿が見られた。同地域では輪作で複数の農作物を育てている。榕江県はここ数年、ダム地域の産業発展を農村活性化に向けた取り組みの一つとして重視し、大手企業と合作社(協同組合)、農家を一体化した運営モデルを採用。近代的な農業施設の建設と付加価値の高い商品作物の栽培に力を入れることで農業の効率向上と農家の収入増につなげている。(貴陽=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月24日
    (1)建設進む中韓協力モデル区医療機器産業パーク吉林省長春市

    22日、中韓(長春)国際協力モデル区医療機器産業パークの建設現場で工事を行う作業員。(小型無人機から)中国中鉄七局集団が施工を請け負う吉林省長春市の中韓(長春)国際協力モデル区医療機器産業パークの建設工事が今月下旬、全面的な施工段階に入った。来年5月に引き渡され、運用開始する予定となっている。同区は昨年6月29日に設立。複数の専門産業パークを建設し、新エネルギー車(NEV)や医薬、食品、第5世代移動通信システム(5G)などの分野で中韓両国の協力を深める計画となっている。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月24日
    (3)建設進む中韓協力モデル区医療機器産業パーク吉林省長春市

    22日、中韓(長春)国際協力モデル区医療機器産業パークの建設現場で工事を行う作業員。(小型無人機から)中国中鉄七局集団が施工を請け負う吉林省長春市の中韓(長春)国際協力モデル区医療機器産業パークの建設工事が今月下旬、全面的な施工段階に入った。来年5月に引き渡され、運用開始する予定となっている。同区は昨年6月29日に設立。複数の専門産業パークを建設し、新エネルギー車(NEV)や医薬、食品、第5世代移動通信システム(5G)などの分野で中韓両国の協力を深める計画となっている。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (3)雲南省麗江市、瀘沽湖の保護・管理に尽力

    17日、麗江市寧蒗イ族自治県永寧鎮里格村の湖畔生態ベルトの建設・湿地修復プロジェクト。(小型無人機から)中国四川省と雲南省の境にある瀘沽(ろこ)湖は、両省が共有する省をまたぐ湖で、水質は国家1級を維持している。雲南省麗江市はここ数年、同湖の生態環境を保護するために、湖畔生態ベルトの建設、生態湿地の修復、入江の生態管理などの措置を実施。生態環境を効果的に保護している。(寧蒗=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月21日
    (4)雲南省麗江市、瀘沽湖の保護・管理に尽力

    17日、麗江市寧蒗イ族自治県永寧鎮里格村の湖畔生態ベルトの建設・湿地修復プロジェクト。(小型無人機から)中国四川省と雲南省の境にある瀘沽(ろこ)湖は、両省が共有する省をまたぐ湖で、水質は国家1級を維持している。雲南省麗江市はここ数年、同湖の生態環境を保護するために、湖畔生態ベルトの建設、生態湿地の修復、入江の生態管理などの措置を実施。生態環境を効果的に保護している。(寧蒗=新華社記者/胡超)= 配信日: 2021(令和3)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (6)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村の道を自転車で駆け抜けるサイクリング愛好者。(小型無人機から)中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県小寨壩鎮紅岩村で植物保護作業を行うドローン。(小型無人機から)春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    9日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、峡谷の上のつり橋を渡る壺瓶山供電所の作業員たち。(小型無人機から)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鳳凰山風景区のボタン園。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた「牛経済」を推進河北省唐山市

    16日、唐山市漢沽管理区の牧草栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省唐山市の漢沽管理区はここ数年、現代的な乳牛飼育業の発展に力を入れている。主導企業の育成を手がかりとし、企業が現代的な管理方法を通じて牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた循環式発展モデルを作り上げるようけん引。産業チェーンの継続的な改善により、乳牛飼育の質と効率の向上を効果的に推進している。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...