KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • シャッター
  • 景気打撃
  • 米中回復
  • 経済再生相
  • 西村経済
  • 飲食店街
  • 感染急増
  • 感染拡大
  • 新型コロナウイルス
  • 東京・渋谷

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
313,885
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
313,885
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月20日
    東芝買収、事実上撤回

    東芝買収提案の構図

  • 2021年04月20日
    東芝買収、事実上撤回

    東芝買収提案の構図

  • 2021年04月20日
    東芝買収、事実上撤回

    東芝買収提案の構図

  • 2021年04月20日
    東芝買収、事実上撤回

    東芝買収提案の構図

  • 2021年04月20日
    昨年2月の休園時のUSJ 強い対策、「副作用」も

    2020年2月、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休園したUSJ=大阪市

    撮影: 大阪市

  • 2021年04月20日
    昨年2月休園時のUSJ 強い対策、「副作用」も

    2020年2月、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休園したUSJ=大阪市

    撮影: 大阪市

  • 2021年04月20日
    厳しい表情の吉村知事 強い対策、「副作用」も

    大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議を終え、記者の質問に厳しい表情を見せる吉村洋文知事=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    新型コロナ対策本部会議 強い対策、「副作用」も

    国への緊急事態宣言の発令要請を決めた、大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 2021年04月20日
    東芝買収提案を巡る経過

    東芝への買収提案を巡る経過

  • 2021年04月20日
    東芝買収提案を巡る経過

    東芝への買収提案を巡る経過

  • 2021年04月20日
    東芝買収提案を巡る経過

    東芝への買収提案を巡る経過

  • 2021年04月20日
    東芝買収提案を巡る経過

    東芝への買収提案を巡る経過

  • 2021年04月20日
    吉田さん親子 「愛してる」伝え続けた父

    自宅兼店舗を再建する場所で長男の芳広さん(右)と話す吉田寛さん=3月11日、岩手県陸前高田市

  • 2021年04月20日
    株価示すモニター 東証急反落、584円安

    約1カ月ぶりの安値を付けた日経平均株価を示すモニター=20日午後、東京・東新橋

    撮影: 20日午後、東京・東新橋

  • 2021年04月20日
    ネット広告規制のポイント

    インターネット広告の規制方針ポイント

  • 2021年04月20日
    ネット広告規制のポイント

    インターネット広告の規制方針ポイント

  • 2021年04月20日
    西部ガス常務と九電常務 LNG火力の事業化検討

    記者会見する西部ガスの山本敏雄取締役常務執行役員(左)と九州電力の穐山泰治取締役常務執行役員=20日午後、福岡市

  • 2021年04月20日
    マスク着ける吉村知事 大阪、緊急宣言要請決定

    大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議後の取材を終え、マスクを着ける吉村洋文知事=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 2021年04月20日
    田村厚労相 感染状況や医療の現状評価

    厚労省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織の会合であいさつする田村厚労相=20日午後、東京都千代田区

    撮影: 20日午後、東京都千代田区

  • 2021年04月20日
    開かれた会合 感染状況や医療の現状評価

    厚労省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織の会合=20日午後、東京都千代田区

    撮影: 20日午後、東京都千代田区

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場(短期金利入り)

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場(短期金利入り)

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 2021年04月20日
    エナレッジの内部 関電、事業創出の拠点開設

    関西電力が開設した「エナレッジ」の内部=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 2021年04月20日
    エナレッジ 関電、事業創出の拠点開設

    関西電力が開設した「エナレッジ」=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 2021年04月20日
    吉田寛さんと長男芳広さん 「愛してる」伝え続けた父

    自宅兼店舗を再建する場所に立つ吉田寛さん(左)と長男芳広さん=3月11日、岩手県陸前高田市

  • 2021年04月20日
    急反落、コロナ不況を警戒

    日経平均株価の動き

  • 2021年04月20日
    コンビニ、13カ月ぶり増

    主要コンビニ売上高の前年同月比増減率

  • 2021年04月20日
    コンビニ、13カ月ぶり増

    主要コンビニ売上高の前年同月比増減率

  • 2021年04月20日
    コンビニ、13カ月ぶり増

    主要コンビニ売上高の前年同月比増減率

  • 2021年04月20日
    コンビニ、13カ月ぶり増

    主要コンビニ売上高の前年同月比増減率

  • 2021年04月20日
    大阪、緊急宣言要請決定へ

    新型コロナウイルス感染者数の推移

  • 2021年04月20日
    大阪、緊急宣言要請決定へ

    新型コロナウイルス感染者数の推移

  • 2021年04月20日
    大阪、緊急宣言要請決定へ

    新型コロナウイルス感染者数の推移

  • 2021年04月20日
    大阪、緊急宣言要請決定へ

    新型コロナウイルス感染者数の推移

  • 2021年04月20日
    東証急反落、584円安

    日経平均株価の推移(20日終値)

  • 2021年04月20日
    東証急反落、584円安

    日経平均株価の推移(20日終値)

  • 2021年04月20日
    東証急反落、584円安

    日経平均株価の推移(20日終値)

  • 2021年04月20日
    東証急反落、584円安

    日経平均株価の推移(20日終値)

  • 2021年04月20日
    (えもり・せいた) 江守正多

    国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長、2021年4月16日、汐留本社にて撮影

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 2021年04月20日
    学生の姿が消えた岡山大学のグラウンド

    対面による部活動が禁止され、学生の姿が消えた岡山大学のグラウンド。新型コロナウイルスの流行「第4波」の様相が強まる中、岡山県内の大学では、対面での部活動やサークル活動を禁止する動きが広がっている。20日時点で、部活動がない岡山医療専門職大(岡山市)を除く17大学のうち4大学が禁止。13大学は制限付きで許可するが、今後の感染状況によっては禁止に踏み切る大学が増えそうだ。岡山県内では3月中旬以降、1日当たりの新たな感染者の確認はおおむね1桁台だったが、4月に入って急増。4月中旬以降は30人を超える感染確認が相次いでいる。岡山大学(同市)では4月1~20日、19人の学生の感染が判明。17日に178ある部とサークルに対面活動の禁止をメールで通知した。=2021(令和3)年4月20日、岡山県岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    白物家電、24年ぶり高水準

    白物家電の国内出荷額の推移

  • 2021年04月20日
    白物家電、24年ぶり高水準

    白物家電の国内出荷額の推移

  • 2021年04月20日
    白物家電、24年ぶり高水準

    白物家電の国内出荷額の推移

  • 2021年04月20日
    白物家電、24年ぶり高水準

    白物家電の国内出荷額の推移

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 2021年04月20日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 2021年04月20日
    十島村の村営フェリー 離島巡回しワクチン接種へ

    新型コロナウイルスのワクチン巡回接種にも使われる鹿児島県十島村の村営フェリー=13日、鹿児島市

    撮影: 13日、鹿児島市

  • 2021年04月20日
    (5)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村で、たわわに実ったサクランボ。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (6)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、育苗センターでトウガラシの苗に水をやる作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (3)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室でメロンの苗の授粉を行う作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (1)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室でメロンの苗の授粉を行う作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (2)廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市

    小西溝村で、山肌に植えられた苗木。(2021年4月撮影)中国山西省晋中(しんちゅう)市楡次(ゆじ)区烏金山鎮の小西溝村は、かつては採石場で、村の山では広範囲にわたって自然破壊が進んでいた。また、採石の過程で地表の土も削り取られて深刻な土壌浸食を招き、植物が育たない状態になっていた。そんな中、二都市の境界部に位置する同村の優れた立地条件に目を付けた、観光地開発などに携わる同市の企業、山西東山旅游開発は、2016年に「小西溝文化観光・康養(ヘルスケア)小鎮プロジェクト」の投資、建設に着手。小鎮(町)の建設と生態系の修復を同時並行的に進めてきた。同村の山の大部分は廃採石場で、生態系の修復が最も難しい地質の種類の一つとされる。作業員らの粘り強い取り組みと相応の技術的支援により、村内の荒廃した砂岩の山には5万本の樹木が植えられた。現在、同村の樹木率は95%に達しているという。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (1)年産120万トンの循環リアクターを吊り上げ福建省福清市

    16日、循環リアクターの吊り上げ作業。中国福建省福清市の中景石化科技園で16日、ポリプロピレン(PP)共重合体を生産するための循環リアクターの最初の吊り上げ作業が行われた。同プロジェクトの総投資額は40億元(1元=約17円)で、本格稼働後の年間生産量は120万トンを見込む。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (7)年産120万トンの循環リアクターを吊り上げ福建省福清市

    16日、循環リアクターの吊り上げ作業。中国福建省福清市の中景石化科技園で16日、ポリプロピレン(PP)共重合体を生産するための循環リアクターの最初の吊り上げ作業が行われた。同プロジェクトの総投資額は40億元(1元=約17円)で、本格稼働後の年間生産量は120万トンを見込む。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (4)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、育苗センターで育てたトウガラシの苗を棚に載せる作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (2)吉林省、肉用牛産業の発展を推進25年に700万頭目指す

    吉林省延辺朝鮮族自治州竜井市明東村で養殖されている肉用牛「黄牛」。(2020年4月16日撮影)中国では現在、肉類の消費構造が変化し、牛肉の消費量が大きく増加している。中国東北地域で農業がさかんな吉林省はこの機運を捉え、「わらを肉に変える」プロジェクトを実施、地元の優位性を生かして肉用牛飼育産業の発展に力を入れている。同省の肉用牛飼育数は、2025年までに700万頭に達する見通し。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Amedes Group - Wolf Frederic Kupatt

    20 April 2021, Hamburg: Wolf Frederic Kupatt, Managing Director and CEO of the Amedes Group, stands in front of the main building of Aesculabor. The company evaluates around 2000 PCR tests for Corona every day at its Hamburg site. Photo: Marcus Brandt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    東芝のロゴマーク

    キーワード:TOSHIBA、ロゴ、企業、看板、ロゴ、ロゴマーク、会見、手=2017(平成29)年6月23日、東京(ロイター=共同)

    撮影: 2017

  • 01:03.36
    2021年04月20日
    「新華社」村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(記者/張格、薛宇舸) =配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (1)トリップ・ドットコム、香港証券取引所に上場

    19日、上場セレモニーの上海会場でスピーチするトリップ・ドットコムの梁建章(りょう・けんしょう)董事局主席。中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(トリップ・ドットコム・グループ)は19日、香港証券取引所に上場した。上場セレモニーは同社の本社がある上海市と香港をインターネット回線で結び開かれた。上場後の初値は281香港ドル(1ドル=約14円)となり、公募・売り出し価格の268香港ドルを4・55%上回った。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Amedes Group - Wolf Frederic Kupatt

    20 April 2021, Hamburg: Wolf Frederic Kupatt, Managing Director and CEO of the Amedes Group, stands in front of the main building of Aesculabor. The company evaluates around 2000 PCR tests for Corona every day at its Hamburg site. Photo: Marcus Brandt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 00:41.84
    2021年04月20日
    「新華社」ポリプロピレン共重合体製造用循環リアクターを吊り上げ福建省福清市

    中国福建省福清市の中景石化科技園で16日、ポリプロピレン(PP)共重合体を生産するための循環リアクターの最初の吊り上げ作業が行われた。同プロジェクトの総投資額は40億元(1元=約17円)で、本格稼働後の年間生産量は120万トンを見込む。(記者/林善伝) =配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (2)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室でスイカの苗の手入れをする作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (5)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室で作業する清掃員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (7)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村で、たわわに実ったサクランボ。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (6)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村の道を自転車で駆け抜けるサイクリング愛好者。(小型無人機から)中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (5)年産120万トンの循環リアクターを吊り上げ福建省福清市

    16日、循環リアクターの吊り上げ作業。中国福建省福清市の中景石化科技園で16日、ポリプロピレン(PP)共重合体を生産するための循環リアクターの最初の吊り上げ作業が行われた。同プロジェクトの総投資額は40億元(1元=約17円)で、本格稼働後の年間生産量は120万トンを見込む。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    東レ、中国化学大手と「世界最大の水処理市場」開拓へ

    20日、上海で水処理事業の発展状況について説明する東レの理事で藍星東麗膜科技(北京)副総経理の高志文(こう・しぶん)氏。日本の化学大手、東レはこのほど、中国広東省仏山市に建設した水処理膜の工場を今年半ばに稼働すると発表した。海水の淡水化や下廃水の再利用などに使われる水処理膜を製造。中国市場での製品販売は国有化学大手、中国化工集団(ケムチャイナ)傘下の中国藍星(集団)との合弁会社、藍星東麗膜科技(北京)が担う。(上海=新華社記者/呉宇)=配信日:2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    地下車庫を利用した個性派書店山西省太原市

    20日、山西省太原市の島上書店で本を手に取る来店客。中国山西省太原市の「島上書店」は大学生がクラウドファンディングで資金を募り開業した店で、敷地面積は千平方メートルを超える。商業ビルの地下車庫を利用してリニューアルを行い、シンプルで個性的な読書空間を作り上げた。オーナーの盧虹任(ろ・こうにん)さんは、同書店が5年の営業期間中に方向転換と調整を重ね、徐々に適切な収益モデルと成熟したブランドの位置づけを見つけてきたことで、より多くの読者が実店舗に回帰するようになったと話した。(太原=新華社記者/曹陽)=配信日:2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Amedes Group - Wolf Frederic Kupatt

    20 April 2021, Hamburg: Wolf Frederic Kupatt, Managing Director and CEO of the Amedes Group, stands in front of the main building of Aesculabor. The company evaluates around 2000 PCR tests for Corona every day at its Hamburg site. Photo: Marcus Brandt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (6)年産120万トンの循環リアクターを吊り上げ福建省福清市

    16日、循環リアクターの吊り上げ作業。中国福建省福清市の中景石化科技園で16日、ポリプロピレン(PP)共重合体を生産するための循環リアクターの最初の吊り上げ作業が行われた。同プロジェクトの総投資額は40億元(1元=約17円)で、本格稼働後の年間生産量は120万トンを見込む。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (4)年産120万トンの循環リアクターを吊り上げ福建省福清市

    16日、循環リアクターの吊り上げ作業を見守る作業員。中国福建省福清市の中景石化科技園で16日、ポリプロピレン(PP)共重合体を生産するための循環リアクターの最初の吊り上げ作業が行われた。同プロジェクトの総投資額は40億元(1元=約17円)で、本格稼働後の年間生産量は120万トンを見込む。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (3)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村のサクランボ農園で、観光客が摘み取ったサクランボの重さを量る農家の人。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (7)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室内部の景色。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (1)廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市

    ワラでできた育苗ポットに植えられた苗木。(2020年8月撮影)中国山西省晋中(しんちゅう)市楡次(ゆじ)区烏金山鎮の小西溝村は、かつては採石場で、村の山では広範囲にわたって自然破壊が進んでいた。また、採石の過程で地表の土も削り取られて深刻な土壌浸食を招き、植物が育たない状態になっていた。そんな中、二都市の境界部に位置する同村の優れた立地条件に目を付けた、観光地開発などに携わる同市の企業、山西東山旅游開発は、2016年に「小西溝文化観光・康養(ヘルスケア)小鎮プロジェクト」の投資、建設に着手。小鎮(町)の建設と生態系の修復を同時並行的に進めてきた。同村の山の大部分は廃採石場で、生態系の修復が最も難しい地質の種類の一つとされる。作業員らの粘り強い取り組みと相応の技術的支援により、村内の荒廃した砂岩の山には5万本の樹木が植えられた。現在、同村の樹木率は95%に達しているという。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    地下車庫を利用した個性派書店山西省太原市

    20日、山西省太原市の島上書店で本を読む来店客。中国山西省太原市の「島上書店」は大学生がクラウドファンディングで資金を募り開業した店で、敷地面積は千平方メートルを超える。商業ビルの地下車庫を利用してリニューアルを行い、シンプルで個性的な読書空間を作り上げた。オーナーの盧虹任(ろ・こうにん)さんは、同書店が5年の営業期間中に方向転換と調整を重ね、徐々に適切な収益モデルと成熟したブランドの位置づけを見つけてきたことで、より多くの読者が実店舗に回帰するようになったと話した。(太原=新華社記者/曹陽)=配信日:2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.83
    2021年04月20日
    「新華社」中国スポーツ用品大手のスマート工場を訪ねて福建省泉州市

    中国福建省泉州市は、靴とアパレルの生産拠点の一つとして知られている。国家統計局による第1四半期の経済指標発表に合わせ、泉州市のスポーツ用品大手、安踏体育用品(ANTA)が昨年アモイ市同安区に開設したスマートファクトリーを訪れた。工場内では、スマートハンガーに掛けられた各種服飾製品がシステムに沿って空中を移動し、運搬ロボットが第5世代移動通信システム(5G)通信によって地上を動き回っていた。このスマート工場は自動裁断や物流の一体化、スマート仕分け・箱詰めなど数十項目の機能を備え、品質と効率を大幅に向上させている。また、労働負荷と技術のハードルを下げることで、長く労働集約型企業の悩みとなってきた人手不足問題を大いに緩和している。(記者/邰暁安、陳旺、劉英倫)=配信日:2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (2)トリップ・ドットコム、香港証券取引所に上場

    19日、上海と香港をインターネット回線で結び開かれた上場セレモニーの上海会場。中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(トリップ・ドットコム・グループ)は19日、香港証券取引所に上場した。上場セレモニーは同社の本社がある上海市と香港をインターネット回線で結び開かれた。上場後の初値は281香港ドル(1ドル=約14円)となり、公募・売り出し価格の268香港ドルを4・55%上回った。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (2)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村のサクランボ農園で、サクランボを摘む観光客。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (4)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村で、たわわに実ったサクランボ。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (4)廃採石場が「小さな森」に変身山西省晋中市

    17日、「小西溝文化観光・康養小鎮」の一角。中国山西省晋中(しんちゅう)市楡次(ゆじ)区烏金山鎮の小西溝村は、かつては採石場で、村の山では広範囲にわたって自然破壊が進んでいた。また、採石の過程で地表の土も削り取られて深刻な土壌浸食を招き、植物が育たない状態になっていた。そんな中、二都市の境界部に位置する同村の優れた立地条件に目を付けた、観光地開発などに携わる同市の企業、山西東山旅游開発は、2016年に「小西溝文化観光・康養(ヘルスケア)小鎮プロジェクト」の投資、建設に着手。小鎮(町)の建設と生態系の修復を同時並行的に進めてきた。同村の山の大部分は廃採石場で、生態系の修復が最も難しい地質の種類の一つとされる。作業員らの粘り強い取り組みと相応の技術的支援により、村内の荒廃した砂岩の山には5万本の樹木が植えられた。現在、同村の樹木率は95%に達しているという。(太原=新華社記者/李紫薇)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (8)年産120万トンの循環リアクターを吊り上げ福建省福清市

    16日、循環リアクターの吊り上げを指示する作業員。中国福建省福清市の中景石化科技園で16日、ポリプロピレン(PP)共重合体を生産するための循環リアクターの最初の吊り上げ作業が行われた。同プロジェクトの総投資額は40億元(1元=約17円)で、本格稼働後の年間生産量は120万トンを見込む。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (3)年産120万トンの循環リアクターを吊り上げ福建省福清市

    16日、循環リアクターの吊り上げ作業。中国福建省福清市の中景石化科技園で16日、ポリプロピレン(PP)共重合体を生産するための循環リアクターの最初の吊り上げ作業が行われた。同プロジェクトの総投資額は40億元(1元=約17円)で、本格稼働後の年間生産量は120万トンを見込む。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (1)吉林省、肉用牛産業の発展を推進25年に700万頭目指す

    吉林省延辺朝鮮族自治州竜井市の犇服牧場で養殖されている肉用牛「黄牛」。(2020年4月16日撮影)中国では現在、肉類の消費構造が変化し、牛肉の消費量が大きく増加している。中国東北地域で農業がさかんな吉林省はこの機運を捉え、「わらを肉に変える」プロジェクトを実施、地元の優位性を生かして肉用牛飼育産業の発展に力を入れている。同省の肉用牛飼育数は、2025年までに700万頭に達する見通し。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    Amedes Group - Wolf Frederic Kupatt

    20 April 2021, Hamburg: Wolf Frederic Kupatt, Managing Director and CEO of the Amedes Group, stands in front of the main building of Aesculabor. The company evaluates around 2000 PCR tests for Corona every day at its Hamburg site. Photo: Marcus Brandt/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    大阪・ミナミを歩く人たち 緊急事態、きょう要請決定

    大阪・ミナミを歩くマスク姿の人たち。新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は政府に対し緊急事態宣言発令を要請する=19日夕

    撮影: 19日夕

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    大阪・梅田歩く人たち 緊急事態、きょう要請決定

    大阪・梅田を歩くマスク姿の人たち。新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は政府に対し緊急事態宣言発令を要請する=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    大阪・梅田を歩く人たち 緊急事態、きょう要請決定

    大阪・梅田を歩くマスク姿の人たち。新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は政府に対し緊急事態宣言発令を要請する=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 2021年04月19日
    斉藤惇コミッショナー 緊急宣言でも「観戦可能」

    オンラインでの新型コロナウイルス対策連絡会議で発言するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=19日

    撮影: 19日

  • 2021年04月19日
    マンション発売3年ぶり増

    首都圏マンション発売戸数と価格の推移

  • 2021年04月19日
    マンション発売3年ぶり増

    首都圏マンション発売戸数と価格の推移

  • 2021年04月19日
    株価・円相場

    株価・円相場(短期金利入り)

  • 2021年04月19日
    株価・円相場

    株価・円相場(短期金利入り)

  • 2021年04月19日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...