KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ワクチン
  • 新型コロナウイルス
  • コメ輸出
  • 最大消費
  • 輸出本腰
  • イタリア
  • ウイングス
  • ウーバー
  • カリフォルニア州サンディエゴ
  • ギグワーカー

写真・映像

絞り込み
  • 24時間以内
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
35
( 1 35 件を表示)
  • 1
35
( 1 35 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    記者会見 京阪HD、19年ぶりの赤字

    記者会見する三浦達也取締役専務執行役員=7日午後、大阪市

    撮影: 7日午後、大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    記者会見する西牧世博社長 JR四国、80億円の赤字

    記者会見するJR四国の西牧世博社長=7日、高松市

    撮影: 7日、高松市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    ポーズとる永井会長ら 走って脊髄治療支援を

    記者会見でポーズをとる「ウイングス・フォー・ライフ・ワールドラン」実行委員会の永井拓三会長(中央)ら=4月、新潟市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    大阪の休業のお知らせ 緊急事態宣言を月内延長

    人通りが少ない大阪・新世界の飲食店に掲示された休業のお知らせ。シャッターが閉まったままの店舗が目立った=7日午後

    撮影: 7日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    医療従事者ら 感染拡大、ワクチンで明暗

    病院の集中治療室(ICU)で新型コロナウイルス患者の治療に当たる医療従事者ら=6日、インド・ニューデリー(ゲッティ=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    能代市長と中国木材社長 広島の製材大手が新工場

    新工場建設の協定を結んだ「中国木材」の堀川智子社長(左)と秋田県能代市の斉藤滋宣市長=7日午前、能代市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    田中明彦氏 対中、日本社会も覚悟を

    オンラインでインタビューに応じる田中明彦政策研究大学院大学長

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    記者会見する赤坂社長 日航、赤字2866億円

    記者会見する日本航空の赤坂祐二社長=7日午後、東京都品川区

    撮影: 7日午後、東京都品川区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    ワクチン接種を受ける人 ワクチン接種で規制緩和

    新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける人=2日、イタリア・ローマ(ゲッティ=共同)

    撮影: 2日、イタリア・ローマ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    ファイザーのワクチン 独、ワクチン特許除外反対

    米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチン=5日、カナダ・トロント(ロイター=共同)

    撮影: 5日、カナダ・トロント

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    タイムズスクエア NY、ワクチンで観光誘致

    新型コロナウイルス流行が沈静化し、人出が戻り始めた米ニューヨーク市のタイムズスクエア=4月(共同)

    撮影: 4月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    ハウスの商品 「遠州織物」魅力伝えたい

    「遠州織物」を使ったHUIS(ハウス)の商品

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (8)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、貴州省畢節(ひっせつ)市黔西県杜鵑街道の大興社区(コミュニティー)で、苗を定植する農家の人たち。二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(畢節=新華社配信/范暉)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (3)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、安徽省亳州(はくしゅう)市譙城(しょうじょう)区十八里鎮の蒋李村で、移植機でキクを植える農家の人。(小型無人機から)二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(亳州=新華社配信/劉勤利)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.73
    2021年05月07日
    「新華社」クムタグ砂漠で蜃気楼が頻繁に出現新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区ピチャン(鄯善)県にあるクムタグ(庫木塔格)砂漠では1~5日の労働節(メーデー)連休中、たびたび蜃気楼(しんきろう)が出現した。各地から訪れた観光客は、砂漠に浮かび上がった湖面や砂丘、高層ビルなどを目にし、神秘的な自然現象を楽しんだ。正午ごろになると、砂漠から火焔山の支脈に向かう長さ約40キロ、幅約20キロの範囲に湖が出現、湖面の波や水草などもかすかに見ることができる。蜃気楼は光が屈折することで生じる自然現象で、見え方は時間の経過とともに変化し続ける。同砂漠では連日、蜃気楼が頻繁に出現し、通常、午前11時半ごろから午後6時半ごろの間に見られる。(記者/周生斌) =配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (3)デンドロビウム栽培で農村を豊かに貴州省赤水市

    5日、デンドロビウム・ノビルの花をかごに入れる赤水市長沙鎮長興村の村民。中国貴州省赤水市の長沙鎮や長期鎮などではこのところ、ラン科セッコク属の植物デンドロビウム・ノビル(学名DendrobiumnobileLindl.)が次々と開花し、栽培農家が摘み取りと加工、出荷作業に追われている。市内では9万ムー(6千ヘクタール)余りの丹霞と呼ばれる赤みがかった岩の上で中医薬材料となるデンドロビウム・ノビルを栽培。近年は環境に配慮した農業と農村振興の融合的発展を積極的に推進し、農民の収入増につなげている。(赤水=新華社配信/王長育)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (4)デンドロビウム栽培で農村を豊かに貴州省赤水市

    5日、デンドロビウム・ノビルの花を摘む赤水市長期鎮五七村の村民。中国貴州省赤水市の長沙鎮や長期鎮などではこのところ、ラン科セッコク属の植物デンドロビウム・ノビル(学名DendrobiumnobileLindl.)が次々と開花し、栽培農家が摘み取りと加工、出荷作業に追われている。市内では9万ムー(6千ヘクタール)余りの丹霞と呼ばれる赤みがかった岩の上で中医薬材料となるデンドロビウム・ノビルを栽培。近年は環境に配慮した農業と農村振興の融合的発展を積極的に推進し、農民の収入増につなげている。(赤水=新華社配信/張鵬)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (3)100年の歴史を持つ南京路、装いを一新上海市

    1日、南京路にある仏化粧品大手、ロレアルパリの世界初となる旗艦店。中国で「中華商業第一街」として知られる上海市の南京路は、労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)中、最も人気のある商店街となった。南京路は商店街でのライブコマースや拡張現実(AR)ゲームで消費者との結び付き強化を図り、「また来たくなる」新業態や新製品の導入も加速させており、100年の歴史を持つ商店街の装いを一新している。4月30日に南京路中心部に設けられた「中国国際輸入博覧会(輸入博)商品マーケット」は多くの観光客でにぎわっている。550平方メートルのスペースに40カ国・地域の特色ある商品や、輸入博と同じ商品が計1万種近く集結。6割以上の商品が国内初販売の新製品で、観光客や市民に異国情緒あふれる輸入博の消費体験を提供している。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (4)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    4日、加榜郷加頁村のあぜ道を歩く村民。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (4)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州宣恩県珠山鎮の東門関村で、畑仕事をする農家の人たち。(小型無人機から)二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(恩施=新華社配信/宋文)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (1)100年の歴史を持つ南京路、装いを一新上海市

    4月30日、南京路にできた「輸入博商品マーケット」。中国で「中華商業第一街」として知られる上海市の南京路は、労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)中、最も人気のある商店街となった。南京路は商店街でのライブコマースや拡張現実(AR)ゲームで消費者との結び付き強化を図り、「また来たくなる」新業態や新製品の導入も加速させており、100年の歴史を持つ商店街の装いを一新している。4月30日に南京路中心部に設けられた「中国国際輸入博覧会(輸入博)商品マーケット」は多くの観光客でにぎわっている。550平方メートルのスペースに40カ国・地域の特色ある商品や、輸入博と同じ商品が計1万種近く集結。6割以上の商品が国内初販売の新製品で、観光客や市民に異国情緒あふれる輸入博の消費体験を提供している。(上海=新華社記者/周蕊)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (1)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    3日、加榜郷加頁村の棚田で農作業をする村民。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (6)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    4日、加榜郷党扭村の棚田。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (5)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    4日、加榜郷党扭村の棚田。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (9)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    4日、加榜郷党扭村の棚田。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (2)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    4日、棚田に入り苗の成長を確認する加榜郷加頁村の村民。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (2)デンドロビウム栽培で農村を豊かに貴州省赤水市

    5日、赤水市長沙鎮長興村で摘み取られたデンドロビウム・ノビルの花。中国貴州省赤水市の長沙鎮や長期鎮などではこのところ、ラン科セッコク属の植物デンドロビウム・ノビル(学名DendrobiumnobileLindl.)が次々と開花し、栽培農家が摘み取りと加工、出荷作業に追われている。市内では9万ムー(6千ヘクタール)余りの丹霞と呼ばれる赤みがかった岩の上で中医薬材料となるデンドロビウム・ノビルを栽培。近年は環境に配慮した農業と農村振興の融合的発展を積極的に推進し、農民の収入増につなげている。(赤水=新華社配信/王長育)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (8)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    4日、加榜郷加頁村の棚田。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (1)デンドロビウム栽培で農村を豊かに貴州省赤水市

    5日、デンドロビウム・ノビルの花を摘む赤水市長沙鎮長興村の農民。中国貴州省赤水市の長沙鎮や長期鎮などではこのところ、ラン科セッコク属の植物デンドロビウム・ノビル(学名DendrobiumnobileLindl.)が次々と開花し、栽培農家が摘み取りと加工、出荷作業に追われている。市内では9万ムー(6千ヘクタール)余りの丹霞と呼ばれる赤みがかった岩の上で中医薬材料となるデンドロビウム・ノビルを栽培。近年は環境に配慮した農業と農村振興の融合的発展を積極的に推進し、農民の収入増につなげている。(赤水=新華社配信/王長育)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (7)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、貴州省遵義市正安県新州鎮の野菜基地で、カリフラワーの収穫作業をする農家の人たち。二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(遵義=新華社配信/趙永章)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (2)「立夏」到来中国各地で農作業に励む人たち

    5日、河北省石家荘市新華区杜北郷のイチゴ栽培基地で、収穫作業に励む農家の人たち。(小型無人機から)二十四節気の「立夏」に当たる5日、中国各地の田畑では、農作業に励む村の人たちの姿が見られた。(石家荘=新華社配信/梁子棟)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (2)100年の歴史を持つ南京路、装いを一新上海市

    1日、南京路にある「全国100県100品」直営店。中国で「中華商業第一街」として知られる上海市の南京路は、労働節(メーデー)連休(今年は5月1~5日)中、最も人気のある商店街となった。南京路は商店街でのライブコマースや拡張現実(AR)ゲームで消費者との結び付き強化を図り、「また来たくなる」新業態や新製品の導入も加速させており、100年の歴史を持つ商店街の装いを一新している。4月30日に南京路中心部に設けられた「中国国際輸入博覧会(輸入博)商品マーケット」は多くの観光客でにぎわっている。550平方メートルのスペースに40カ国・地域の特色ある商品や、輸入博と同じ商品が計1万種近く集結。6割以上の商品が国内初販売の新製品で、観光客や市民に異国情緒あふれる輸入博の消費体験を提供している。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (10)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    3日、加榜郷加車村の棚田。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (3)農繁期を迎えた棚田貴州省従江県

    4日、加榜郷党扭村の棚田。(小型無人機から)中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州従江県の加榜郷では農繁期を迎え、農家が水田や稲の管理作業に励んでいる。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月07日
    (5)デンドロビウム栽培で農村を豊かに貴州省赤水市

    5日、デンドロビウムの花を乾燥室に運ぶ赤水市長沙鎮長興村の村民。中国貴州省赤水市の長沙鎮や長期鎮などではこのところ、ラン科セッコク属の植物デンドロビウム・ノビル(学名DendrobiumnobileLindl.)が次々と開花し、栽培農家が摘み取りと加工、出荷作業に追われている。市内では9万ムー(6千ヘクタール)余りの丹霞と呼ばれる赤みがかった岩の上で中医薬材料となるデンドロビウム・ノビルを栽培。近年は環境に配慮した農業と農村振興の融合的発展を積極的に推進し、農民の収入増につなげている。(赤水=新華社配信/王長育)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1