KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • イカナゴ
  • バニラエア
  • パソナグループ
  • ピーチアビエーション
  • 一人一人
  • 三重県桑名市
  • 事務次長
  • 兵庫県明石市
  • 南部靖之
  • 単独インタビュー

写真・映像

絞り込み
  • 30日以内
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2,786
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
2,786
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    水揚げされたシンコ 春の味覚イカナゴ漁解禁

    水揚げされ、朝日を受けて銀色に輝くイカナゴの稚魚「シンコ」=6日午前、兵庫県明石市

    撮影: 6日午前、兵庫県明石市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    水揚げされるシンコ 春の味覚イカナゴ漁解禁

    漁が解禁され、次々と水揚げされるイカナゴの稚魚「シンコ」=6日午前、兵庫県明石市

    撮影: 6日午前、兵庫県明石市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    国連の中満泉事務次長 変革へ「一人一人が声を」

    オンラインでの単独インタビューに応じる国連の中満泉事務次長(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    中満泉国連事務次長 変革へ「一人一人が声を」

    オンラインでの単独インタビューに応じる国連の中満泉事務次長(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    バー経営の馬目大輔さん 朝焼き肉に共同デリバリー

    JR神田駅近くのバー「ジェイブリッジ」でパスタを客に出す経営者の馬目大輔さん=2日

    撮影: 2日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    記者会見する橋本英二社長 日鉄、鹿島の高炉1基休止

    オンラインで記者会見する日本製鉄の橋本英二社長=5日

    撮影: 5日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    百度の本社ビル 中国検索、香港上場へ

    百度の本社ビル=2020年6月、北京(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    塚田農場の店舗 外食、債務超過相次ぐ

    エー・ピーホールディングスが展開する居酒屋「塚田農場」の店舗=東京・新宿

    撮影: 東京・新宿

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    記者会見する中家会長 JA会長「需給に影響」

    記者会見する全国農業協同組合中央会の中家徹会長=5日午後、東京都千代田区

    撮影: 5日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    「鬼滅の刃」の偽商品など 輸入差し止め2千件超

    名古屋税関が輸入を差し止めた「鬼滅の刃」の偽商品など=5日午後、名古屋税関

    撮影: 5日午後、名古屋税関

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    南部氏のインタビュー 地方で働ける仕組みを

    インタビューに答えるパソナグループの南部靖之代表

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    取材に応じる南部靖之代表 地方で働ける仕組みを

    インタビューに答えるパソナグループの南部靖之代表

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    株価ボード 東証、一時600円超安

    下げ幅が一時600円を超えた日経平均株価を示すボード=5日午前、東京・東新橋

    撮影: 5日午前、東京・東新橋

  • 2021年03月05日
    黄色の塗装残した特別機 「黄色」のピーチ機運航

    ピーチ・アビエーションが運航する、経営統合したバニラ・エアの黄色い塗装を残した特別機。右奥は通常の桃色の機体=5日午前、関西空港

    撮影: 5日午前、関西空港

  • 2021年03月05日
    黄色い塗装を残した特別機 「黄色」のピーチ機運航

    ピーチ・アビエーションが運航する、経営統合したバニラ・エアの黄色い塗装を残した特別機(手前)。左奥は通常の桃色の機体=5日午前、関西空港

  • 2021年03月05日
    平壌で開かれた講習会 正恩氏、農業の増産訴え

    平壌で開かれた講習会=4日(朝鮮中央通信=共同)

    撮影: 4日

  • 2021年03月05日
    「On―Co」の2人 借り手が発信、空き家募集

    「さかさま不動産」を運営する「On―Co」の共同経営者の水谷岳史さん(左)と藤田恭兵さん=2月、三重県桑名市

  • 2021年03月05日
    水谷さんと藤田さん 借り手が発信、空き家募集

    「さかさま不動産」を運営する「On―Co」の共同経営者、水谷岳史さん(右)と藤田恭兵さん=2月、三重県桑名市

  • 2021年03月05日
    【両会】(8)第13期全人代第4回会議が記者会見

    4日、北京の人民大会堂で開かれた第13期全国人民代表大会第4回会議の記者会見。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第4回会議は4日、北京の人民大会堂プレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    【両会】(5)全人代代表、「代表通路」で取材を受ける

    5日、インターネット動画形式で取材を受ける全人代代表の余海竜(よ・かいりゅう)氏。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第4回会議は5日、第1回の「代表通路」取材活動を行った。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (2)中国西部で「日本製」が人気両国の緊密な経済貿易関係を反映

    日本から輸入した食器を見せる蘭州新区輸入商品卸売センターの従業員。(1月22日撮影)中国西部の甘粛省蘭州市で「日本製」の商品を買い求める人が増えている。市内の輸入商品卸売センターではネット通販でも人気の高い日本製の化粧品や保温ボトル、食器などが良く売れているという。中国の対外開放の扉はますます大きく開かれ、消費の高度化も進んでいる。こうした背景が中国西部の甘粛省と日本など諸外国との経済貿易協力を緊密化させている。(蘭州=新華社記者/張文静)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (6)活況を呈する春の寧波舟山港浙江省

    3日、寧波舟山港でコンテナを輸送するコンテナトラック。中国浙江省に位置する寧波舟山港では今年初めから、多忙の中で整然と港湾業務が行われており、港中が活況を呈している。同港は昨年、逆風下にあって好調に業績を回復させ、貨物取扱量は前年比4・7%増の11億7200万トン、コンテナ取扱量は同4・3%増の2872万TEU(20フィートコンテナ換算)となった。(寧波=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (2)中国の南方各地に春の茶摘みシーズン到来

    湖南省懐化(かいか)市通道トン族自治県菁蕪洲鎮の地連村にある茶畑で、茶摘みに励む農家の人たち。(2月23日撮影、小型無人機から)3月に入り、だいぶ暖かくなってきた中国の南方各地の茶どころでは、春の新茶のシーズンを迎え、農家の人たちが茶摘みに追われている。(懐化=新華社配信/呉三東)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (2)低炭素な行動で野生動物の保護活動、中国で関心高まる

    山西省晋中市和順県の動物保護団体責任者と記念撮影する陳雅萍さん(左)。(資料写真)中国でここ数年、スマートフォンのアプリを使って野生動物の保護活動に参加する人が増えている。徒歩移動やオンライン予約などの「低炭素な行動」を取るとアプリ内でポイントに換算され、野生動物が生息する「保護地」の支援につながる仕組み。活動は「アント・フォレスト(螞蟻森林)」と呼ばれる中国電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」のミニプログラムを通じて行われている。(和順=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (4)春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    2日、菜の花畑で学生を指導する付東輝教授。中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(南昌=新華社記者/余剛)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (3)春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    江西省安義県鼎湖(ていこ)鎮の試験畑を彩る菜の花。(資料写真)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (5)野菜苗のハウス栽培順調黒竜江省ハルビン市

    1日、黒竜江省紅旗農場の野菜栽培用ハウスで育てている苗を見せる農民。春を迎えた黒竜江省の紅旗農場では、農民らが新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、ハウス栽培の利点を最大限に生かした苗の生産に取り組んでいる。農場では現在、トマト、トウガラシ、キュウリ、サヤインゲン、ハクサイなど約100万株の苗を育てており、3月末から4月初めに植え付けを開始し、5月のメーデー連休期間中に市内の市場に出荷することを見込んでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (8)野菜苗のハウス栽培順調黒竜江省ハルビン市

    1日、黒竜江省紅旗農場の野菜栽培用ハウスで除草作業をする農民。春を迎えた黒竜江省の紅旗農場では、農民らが新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、ハウス栽培の利点を最大限に生かした苗の生産に取り組んでいる。農場では現在、トマト、トウガラシ、キュウリ、サヤインゲン、ハクサイなど約100万株の苗を育てており、3月末から4月初めに植え付けを開始し、5月のメーデー連休期間中に市内の市場に出荷することを見込んでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (1)活況を呈する春の寧波舟山港浙江省

    3日、寧波舟山港の穿山港区。(小型無人機から)中国浙江省に位置する寧波舟山港では今年初めから、多忙の中で整然と港湾業務が行われており、港中が活況を呈している。同港は昨年、逆風下にあって好調に業績を回復させ、貨物取扱量は前年比4・7%増の11億7200万トン、コンテナ取扱量は同4・3%増の2872万TEU(20フィートコンテナ換算)となった。(寧波=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (5)活況を呈する春の寧波舟山港浙江省

    3日、寧波舟山港で積み降ろし作業をするコンテナ船。(小型無人機から)中国浙江省に位置する寧波舟山港では今年初めから、多忙の中で整然と港湾業務が行われており、港中が活況を呈している。同港は昨年、逆風下にあって好調に業績を回復させ、貨物取扱量は前年比4・7%増の11億7200万トン、コンテナ取扱量は同4・3%増の2872万TEU(20フィートコンテナ換算)となった。(寧波=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    中韓FTA原産地証明書が江蘇省企業の韓国市場開拓を後押し

    輸出企業に対し、中韓FTA原産地証明書を申請する際の要点を説明する塩城税関の職員。(2月25日撮影)中国江蘇省が今年に入ってから輸出企業に発給した中韓自由貿易協定(FTA)原産地証明書は、前年同期比37・2%増の1万6918件で、発給額は33・6%増の8億9600万ドル(1ドル=約107円)となった。原産地証明書は、輸出製品が輸入国・地域で関税減免を受けるための主要な証明書で、輸出企業はこれにより関税減免の恩恵を受け、輸出シェアを拡大することができる。同省にある江蘇斗源汽車空調の貿易部門責任者、張晶晶(ちょう・しょうしょう)さんは「中韓FTA原産地証明書により、カーエアコンのコンデンサーを韓国に輸出する際に韓国側協定税率の8%が適用され、貿易コストが大幅に下がり、製品の韓国市場での競争力向上に結び付いた」と語った。(塩城=新華社配信/于昀)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (3)低炭素な行動で野生動物の保護活動、中国で関心高まる

    巡回中に拾ったヒョウのふんを慎重に拾い集める山西省晋中市和順県の巡回員。ふんはヒョウの食性分析に用いられる。(2月24日撮影)中国でここ数年、スマートフォンのアプリを使って野生動物の保護活動に参加する人が増えている。徒歩移動やオンライン予約などの「低炭素な行動」を取るとアプリ内でポイントに換算され、野生動物が生息する「保護地」の支援につながる仕組み。活動は「アント・フォレスト(螞蟻森林)」と呼ばれる中国電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」のミニプログラムを通じて行われている。(和順=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (6)野菜苗のハウス栽培順調黒竜江省ハルビン市

    1日、黒竜江省紅旗農場の野菜栽培用ハウスで苗の手入れをする農民。春を迎えた黒竜江省の紅旗農場では、農民らが新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、ハウス栽培の利点を最大限に生かした苗の生産に取り組んでいる。農場では現在、トマト、トウガラシ、キュウリ、サヤインゲン、ハクサイなど約100万株の苗を育てており、3月末から4月初めに植え付けを開始し、5月のメーデー連休期間中に市内の市場に出荷することを見込んでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.27
    2021年03月05日
    「新華社」棚田で菜の花が満開、観光客を魅了貴州省冊亨県

    中国貴州省黔西南(けんせいなん)プイ族ミャオ族自治州冊亨(さつこう)県にある千ムー(約67ヘクタール)以上の棚田ではこのほど、菜の花が満開となった。チョウやミツバチが黄色の花の間を飛び交う美しい春の景色を楽しもうと、大勢の観光客が訪れている。(記者/楊焱彬) =配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (5)中国の南方各地に春の茶摘みシーズン到来

    浙江省麗水市景寧シェ族自治県恵明寺村にある自宅の庭で、その日に摘んだ新茶の選別をする茶農家の雷麗芬(らい・れいふん)さん。(2月23日撮影)3月に入り、だいぶ暖かくなってきた中国の南方各地の茶どころでは、春の新茶のシーズンを迎え、農家の人たちが茶摘みに追われている。(麗水=新華社記者/江漢)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (1)中国の南方各地に春の茶摘みシーズン到来

    湖南省懐化(かいか)市通道トン族自治県菁蕪洲鎮の地連村にある茶畑で、茶摘みに励む農家の人たち。(2月23日撮影)3月に入り、だいぶ暖かくなってきた中国の南方各地の茶どころでは、春の新茶のシーズンを迎え、農家の人たちが茶摘みに追われている。(懐化=新華社配信/呉三東)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (4)中国の南方各地に春の茶摘みシーズン到来

    湖南省張家界市武陵源区協合郷の插旗峪社区(コミュニティー)にある茶畑で、茶摘みに励む農家の人たち。(2月23日撮影)3月に入り、だいぶ暖かくなってきた中国の南方各地の茶どころでは、春の新茶のシーズンを迎え、農家の人たちが茶摘みに追われている。(張家界=新華社配信/呉勇兵)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (3)中国の南方各地に春の茶摘みシーズン到来

    湖南省張家界市武陵源区協合郷の插旗峪社区(コミュニティー)にある茶畑で、茶摘みに励む農家の人たち。(2月23日撮影)3月に入り、だいぶ暖かくなってきた中国の南方各地の茶どころでは、春の新茶のシーズンを迎え、農家の人たちが茶摘みに追われている。(張家界=新華社配信/呉勇兵)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (8)中国の南方各地に春の茶摘みシーズン到来

    広西チワン族自治区昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで、茶摘みに励む農家の人たち。(2月23日撮影、小型無人機から)3月に入り、だいぶ暖かくなってきた中国の南方各地の茶どころでは、春の新茶のシーズンを迎え、農家の人たちが茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/曹禕銘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.46
    2021年03月05日
    「新華社」紹興市で第1回中国シュンラン祭り開幕浙江省

    中国浙江省紹興市柯橋区で3日、第1回中国シュンラン祭りが開幕した。3月末まで開催される。同区は中国におけるシュンラン発祥の地で、中国で最も早くラン栽培を始めた地域の一つでもある。柯橋区漓渚(りしょ)鎮のランは、自然資源に依存した小規模生産から、専門化、標準化された大規模生産へと発展し、個性的な新品種も生み出されるようになった。ランはかつて限られた人だけが買い求める高級品だったが、今では一般家庭でも親しまれる身近な花となっている。(記者/崔力) =配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    【両会】(7)第13期全人代第4回会議が記者会見

    4日、北京の人民大会堂で開かれた第13期全国人民代表大会第4回会議の記者会見のサブ会場。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第4回会議は4日、北京の人民大会堂プレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (2)菜の花畑を走るレトロ蒸気機関車四川省犍為県

    2日、段家湾の蜜蜂岩の菜の花畑を、煙を吐きながら走り抜ける嘉陽小火車。中国四川省楽山市犍為(けんい)県では、今でも旧式の狭軌の鉄道蒸気機関車「嘉陽小火車」が走っている。同機関車は給炭や制動、転轍(てんてつ)などが手動式で、20世紀の蒸気機関車時代の最も古い方式を留めている。辺り一面に広がる美しい花の中を走る嘉陽小火車は、毎年春に観光シーズンを迎え、国内外から多くの観光客がこの列車の窓から景色を楽しみ、工業文明を体験してきた。乗車体験に訪れる観光客は年々増加し、観光業の発展が企業や地元住民に多くの雇用機会を創出、社会的・経済的効果の向上につながっている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (9)菜の花畑を走るレトロ蒸気機関車四川省犍為県

    2日、嘉陽小火車に乗車し、窓の外に広がる風景を楽しむ観光客。中国四川省楽山市犍為(けんい)県では、今でも旧式の狭軌の鉄道蒸気機関車「嘉陽小火車」が走っている。同機関車は給炭や制動、転轍(てんてつ)などが手動式で、20世紀の蒸気機関車時代の最も古い方式を留めている。辺り一面に広がる美しい花の中を走る嘉陽小火車は、毎年春に観光シーズンを迎え、国内外から多くの観光客がこの列車の窓から景色を楽しみ、工業文明を体験してきた。乗車体験に訪れる観光客は年々増加し、観光業の発展が企業や地元住民に多くの雇用機会を創出、社会的・経済的効果の向上につながっている。(成都=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (7)菜の花畑を走るレトロ蒸気機関車四川省犍為県

    2日、躍進駅で嘉陽小火車に乗車し、芭溝(ばこう)駅に向かう観光客。中国四川省楽山市犍為(けんい)県では、今でも旧式の狭軌の鉄道蒸気機関車「嘉陽小火車」が走っている。同機関車は給炭や制動、転轍(てんてつ)などが手動式で、20世紀の蒸気機関車時代の最も古い方式を留めている。辺り一面に広がる美しい花の中を走る嘉陽小火車は、毎年春に観光シーズンを迎え、国内外から多くの観光客がこの列車の窓から景色を楽しみ、工業文明を体験してきた。乗車体験に訪れる観光客は年々増加し、観光業の発展が企業や地元住民に多くの雇用機会を創出、社会的・経済的効果の向上につながっている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (8)菜の花畑を走るレトロ蒸気機関車四川省犍為県

    2日、嘉陽小火車に乗車し、窓の外に広がる風景を楽しむ観光客。中国四川省楽山市犍為(けんい)県では、今でも旧式の狭軌の鉄道蒸気機関車「嘉陽小火車」が走っている。同機関車は給炭や制動、転轍(てんてつ)などが手動式で、20世紀の蒸気機関車時代の最も古い方式を留めている。辺り一面に広がる美しい花の中を走る嘉陽小火車は、毎年春に観光シーズンを迎え、国内外から多くの観光客がこの列車の窓から景色を楽しみ、工業文明を体験してきた。乗車体験に訪れる観光客は年々増加し、観光業の発展が企業や地元住民に多くの雇用機会を創出、社会的・経済的効果の向上につながっている。(成都=新華社記者/劉夢琪)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (12)菜の花畑を走るレトロ蒸気機関車四川省犍為県

    2日、段家湾の蜜蜂岩を煙を吐きながら走り抜ける嘉陽小火車。中国四川省楽山市犍為(けんい)県では、今でも旧式の狭軌の鉄道蒸気機関車「嘉陽小火車」が走っている。同機関車は給炭や制動、転轍(てんてつ)などが手動式で、20世紀の蒸気機関車時代の最も古い方式を留めている。辺り一面に広がる美しい花の中を走る嘉陽小火車は、毎年春に観光シーズンを迎え、国内外から多くの観光客がこの列車の窓から景色を楽しみ、工業文明を体験してきた。乗車体験に訪れる観光客は年々増加し、観光業の発展が企業や地元住民に多くの雇用機会を創出、社会的・経済的効果の向上につながっている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (10)活況を呈する春の寧波舟山港浙江省

    3日、寧波舟山港でコンテナを積み込むコンテナ船。中国浙江省に位置する寧波舟山港では今年初めから、多忙の中で整然と港湾業務が行われており、港中が活況を呈している。同港は昨年、逆風下にあって好調に業績を回復させ、貨物取扱量は前年比4・7%増の11億7200万トン、コンテナ取扱量は同4・3%増の2872万TEU(20フィートコンテナ換算)となった。(寧波=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (1)低炭素な行動で野生動物の保護活動、中国で関心高まる

    雪の中を歩いて餌を探す山西省晋中市和順県の華北ヒョウ。(2020年11月撮影)中国でここ数年、スマートフォンのアプリを使って野生動物の保護活動に参加する人が増えている。徒歩移動やオンライン予約などの「低炭素な行動」を取るとアプリ内でポイントに換算され、野生動物が生息する「保護地」の支援につながる仕組み。活動は「アント・フォレスト(螞蟻森林)」と呼ばれる中国電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」のミニプログラムを通じて行われている。(和順=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (1)野菜苗のハウス栽培順調黒竜江省ハルビン市

    1日、黒竜江省紅旗農場にある野菜栽培用ハウス。(小型無人機から)春を迎えた黒竜江省の紅旗農場では、農民らが新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、ハウス栽培の利点を最大限に生かした苗の生産に取り組んでいる。農場では現在、トマト、トウガラシ、キュウリ、サヤインゲン、ハクサイなど約100万株の苗を育てており、3月末から4月初めに植え付けを開始し、5月のメーデー連休期間中に市内の市場に出荷することを見込んでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (2)野菜苗のハウス栽培順調黒竜江省ハルビン市

    1日、黒竜江省紅旗農場の野菜栽培用ハウスで苗に水をやる農民。春を迎えた黒竜江省の紅旗農場では、農民らが新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、ハウス栽培の利点を最大限に生かした苗の生産に取り組んでいる。農場では現在、トマト、トウガラシ、キュウリ、サヤインゲン、ハクサイなど約100万株の苗を育てており、3月末から4月初めに植え付けを開始し、5月のメーデー連休期間中に市内の市場に出荷することを見込んでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:38.38
    2021年03月05日
    「新華社」中国西部で「日本製」が人気両国の緊密な経済貿易関係を反映

    中国西部の甘粛省蘭州市で「日本製」の商品を買い求める人が増えている。市内の輸入商品卸売センターではネット通販でも人気の高い日本製の化粧品や保温ボトル、食器などが良く売れているという。蘭州新区にある商品卸売センターの責任者、包小燕(ほう・しょうえん)さんによると、同センターのオープンは2017年で、取引相手国は36カ国以上、取扱商品は2万種を超える。「日本館」の人気が特に高く、日本から輸入された商品が陳列棚にぎっしりと並べられた売り場は日本文化の香りが濃厚に漂い、多くの消費者を引き付けている。包さんは「日本の生活用品や紙おむつなどの乳幼児用品、化粧品、スキンケア製品が良く売れている。特に生活用品の人気が高く、販売量全体の10%を占める」と語った。中国の対外開放の扉はますます大きく開かれ、消費の高度化も進んでいる。こうした背景が中国西部の甘粛省と日本など諸外国との経済貿易協力を緊密化させている。(記者/張文静、王銘禹、張百慧) =配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (3)中国西部で「日本製」が人気両国の緊密な経済貿易関係を反映

    日本から輸入した食器を見せる蘭州新区輸入商品卸売センターの従業員。(1月22日撮影)中国西部の甘粛省蘭州市で「日本製」の商品を買い求める人が増えている。市内の輸入商品卸売センターではネット通販でも人気の高い日本製の化粧品や保温ボトル、食器などが良く売れているという。中国の対外開放の扉はますます大きく開かれ、消費の高度化も進んでいる。こうした背景が中国西部の甘粛省と日本など諸外国との経済貿易協力を緊密化させている。(蘭州=新華社記者/張文静)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (6)中国の南方各地に春の茶摘みシーズン到来

    浙江省麗水市景寧シェ族自治県の恵明寺村にある茶畑で、恵明茶を摘む農家の人。(2月23日撮影)3月に入り、だいぶ暖かくなってきた中国の南方各地の茶どころでは、春の新茶のシーズンを迎え、農家の人たちが茶摘みに追われている。(麗水=新華社記者/江漢)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (7)中国の南方各地に春の茶摘みシーズン到来

    広西チワン族自治区昭平県の象棋山茶葉産業モデルパークで、茶摘みに励む農家の人たち。(2月23日撮影、小型無人機から)3月に入り、だいぶ暖かくなってきた中国の南方各地の茶どころでは、春の新茶のシーズンを迎え、農家の人たちが茶摘みに追われている。(賀州=新華社記者/周華)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (2)活況を呈する春の寧波舟山港浙江省

    3日、寧波舟山港でコンテナを輸送するコンテナトラック。(小型無人機から)中国浙江省に位置する寧波舟山港では今年初めから、多忙の中で整然と港湾業務が行われており、港中が活況を呈している。同港は昨年、逆風下にあって好調に業績を回復させ、貨物取扱量は前年比4・7%増の11億7200万トン、コンテナ取扱量は同4・3%増の2872万TEU(20フィートコンテナ換算)となった。(寧波=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.30
    2021年03月05日
    「新華社」健康茶「小葉苦丁茶」、10万ムーの収穫始まる貴州省余慶県

    中国貴州省遵義市余慶県は「小葉苦丁茶(しょうようくうていちゃ)の里」と呼ばれ、面積10万ムー(約6670ヘクタール)に及ぶ畑が収穫期を迎えている。小葉苦丁茶は薬用植物のモチノキ科のタラヨウで、健康茶として加工される。昨年の県内生産額は5億元(1元=約17円)に達し、市場需要は6500トンを超えた。同茶の栽培は地元の貧困脱却の難関攻略の成果を強固にし、農村振興を促進する重要産業の一つでもある。(記者/崔暁強) =配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    【両会】(6)第13期全人代第4回会議が記者会見

    4日、北京の人民大会堂で開かれた第13期全国人民代表大会第4回会議の記者会見のサブ会場で質問する記者。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第4回会議は4日、北京の人民大会堂プレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (4)低炭素な行動で野生動物の保護活動、中国で関心高まる

    陳雅萍さんが「和順保護地プロジェクト」で獲得した保護証明書。(資料写真)中国でここ数年、スマートフォンのアプリを使って野生動物の保護活動に参加する人が増えている。徒歩移動やオンライン予約などの「低炭素な行動」を取るとアプリ内でポイントに換算され、野生動物が生息する「保護地」の支援につながる仕組み。活動は「アント・フォレスト(螞蟻森林)」と呼ばれる中国電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下のモバイル決済アプリ「支付宝(アリペイ)」のミニプログラムを通じて行われている。(和順=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (1)菜の花畑を走るレトロ蒸気機関車四川省犍為県

    2日、段家湾の蜜蜂岩の菜の花畑を、煙を吐きながら走り抜ける嘉陽小火車。中国四川省楽山市犍為(けんい)県では、今でも旧式の狭軌の鉄道蒸気機関車「嘉陽小火車」が走っている。同機関車は給炭や制動、転轍(てんてつ)などが手動式で、20世紀の蒸気機関車時代の最も古い方式を留めている。辺り一面に広がる美しい花の中を走る嘉陽小火車は、毎年春に観光シーズンを迎え、国内外から多くの観光客がこの列車の窓から景色を楽しみ、工業文明を体験してきた。乗車体験に訪れる観光客は年々増加し、観光業の発展が企業や地元住民に多くの雇用機会を創出、社会的・経済的効果の向上につながっている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (4)菜の花畑を走るレトロ蒸気機関車四川省犍為県

    2日、菜子壩(さいしは)近くの花畑を走り抜ける嘉陽小火車。中国四川省楽山市犍為(けんい)県では、今でも旧式の狭軌の鉄道蒸気機関車「嘉陽小火車」が走っている。同機関車は給炭や制動、転轍(てんてつ)などが手動式で、20世紀の蒸気機関車時代の最も古い方式を留めている。辺り一面に広がる美しい花の中を走る嘉陽小火車は、毎年春に観光シーズンを迎え、国内外から多くの観光客がこの列車の窓から景色を楽しみ、工業文明を体験してきた。乗車体験に訪れる観光客は年々増加し、観光業の発展が企業や地元住民に多くの雇用機会を創出、社会的・経済的効果の向上につながっている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (3)菜の花畑を走るレトロ蒸気機関車四川省犍為県

    2日、段家湾の蜜蜂岩の菜の花畑を、煙を吐きながら走り抜ける嘉陽小火車。中国四川省楽山市犍為(けんい)県では、今でも旧式の狭軌の鉄道蒸気機関車「嘉陽小火車」が走っている。同機関車は給炭や制動、転轍(てんてつ)などが手動式で、20世紀の蒸気機関車時代の最も古い方式を留めている。辺り一面に広がる美しい花の中を走る嘉陽小火車は、毎年春に観光シーズンを迎え、国内外から多くの観光客がこの列車の窓から景色を楽しみ、工業文明を体験してきた。乗車体験に訪れる観光客は年々増加し、観光業の発展が企業や地元住民に多くの雇用機会を創出、社会的・経済的効果の向上につながっている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (6)菜の花畑を走るレトロ蒸気機関車四川省犍為県

    2日、花畑の中を走る嘉陽小火車に乗る観光客。中国四川省楽山市犍為(けんい)県では、今でも旧式の狭軌の鉄道蒸気機関車「嘉陽小火車」が走っている。同機関車は給炭や制動、転轍(てんてつ)などが手動式で、20世紀の蒸気機関車時代の最も古い方式を留めている。辺り一面に広がる美しい花の中を走る嘉陽小火車は、毎年春に観光シーズンを迎え、国内外から多くの観光客がこの列車の窓から景色を楽しみ、工業文明を体験してきた。乗車体験に訪れる観光客は年々増加し、観光業の発展が企業や地元住民に多くの雇用機会を創出、社会的・経済的効果の向上につながっている。(成都=新華社記者/江宏景)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (8)活況を呈する春の寧波舟山港浙江省

    3日、寧波舟山港でコンテナを輸送するコンテナトラック。中国浙江省に位置する寧波舟山港では今年初めから、多忙の中で整然と港湾業務が行われており、港中が活況を呈している。同港は昨年、逆風下にあって好調に業績を回復させ、貨物取扱量は前年比4・7%増の11億7200万トン、コンテナ取扱量は同4・3%増の2872万TEU(20フィートコンテナ換算)となった。(寧波=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (7)活況を呈する春の寧波舟山港浙江省

    3日、寧波舟山港でコンテナ積み込み作業を行うクレーン。中国浙江省に位置する寧波舟山港では今年初めから、多忙の中で整然と港湾業務が行われており、港中が活況を呈している。同港は昨年、逆風下にあって好調に業績を回復させ、貨物取扱量は前年比4・7%増の11億7200万トン、コンテナ取扱量は同4・3%増の2872万TEU(20フィートコンテナ換算)となった。(寧波=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (4)活況を呈する春の寧波舟山港浙江省

    3日、寧波舟山港で積み降ろし作業をするコンテナ船。(小型無人機から)中国浙江省に位置する寧波舟山港では今年初めから、多忙の中で整然と港湾業務が行われており、港中が活況を呈している。同港は昨年、逆風下にあって好調に業績を回復させ、貨物取扱量は前年比4・7%増の11億7200万トン、コンテナ取扱量は同4・3%増の2872万TEU(20フィートコンテナ換算)となった。(寧波=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (9)活況を呈する春の寧波舟山港浙江省

    3日、寧波舟山港で貨物船への積み込み作業を行う作業員。中国浙江省に位置する寧波舟山港では今年初めから、多忙の中で整然と港湾業務が行われており、港中が活況を呈している。同港は昨年、逆風下にあって好調に業績を回復させ、貨物取扱量は前年比4・7%増の11億7200万トン、コンテナ取扱量は同4・3%増の2872万TEU(20フィートコンテナ換算)となった。(寧波=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (5)春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    付東輝教授率いるチームが開発したカラフルな菜の花。(資料写真)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (1)春の畑を彩る45色の菜の花江西省

    付東輝教授率いるチームが開発したカラフルな菜の花。(資料写真、組み合わせ写真)中国江西省の江西農業大学の付東輝(ふ・とうき)教授率いるチームはこのほど、四川省什邡(しゅうほう)市の農業専門家、李孝楠(り・こうなん)さんが提供した花粉をベースに、花粉と優良品種の交配、戻し交配、自家受粉などさまざまな成育方法で、異なる色の花の遺伝子を組み換え、赤や紫、パステルイエロー、クリームなど45種類の色を持つ菜の花を開発した。観賞価値が高い菜の花は、各地に経済効果をもたらすとともに、油や料理、ビスケット、化粧品などの原料としても、幅広く利用されている。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (3)野菜苗のハウス栽培順調黒竜江省ハルビン市

    1日、黒竜江省紅旗農場の野菜栽培用ハウスで苗の手入れをする農民。春を迎えた黒竜江省の紅旗農場では、農民らが新型コロナウイルス対策をしっかりと実施した上で、ハウス栽培の利点を最大限に生かした苗の生産に取り組んでいる。農場では現在、トマト、トウガラシ、キュウリ、サヤインゲン、ハクサイなど約100万株の苗を育てており、3月末から4月初めに植え付けを開始し、5月のメーデー連休期間中に市内の市場に出荷することを見込んでいる。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    【両会】(5)第13期全人代第4回会議が記者会見

    4日、北京の人民大会堂で開かれた第13期全国人民代表大会第4回会議の記者会見で、質問に答える張業遂報道官。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第4回会議は4日、北京の人民大会堂プレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    【両会】(4)第13期全人代第4回会議が記者会見

    4日、北京の人民大会堂で開かれた第13期全国人民代表大会第4回会議の記者会見。中国の第13期全国人民代表大会(全人代)第4回会議は4日、北京の人民大会堂プレスホールで記者会見を開いた。張業遂(ちょう・ぎょうすい)報道官が議事日程と全人代の活動について国内外の記者の質問に答えた。新型コロナウイルスの感染を効果的に予防・抑制し、公衆衛生と健康を共同で守るため、会見はオンライン形式で行われた。(北京=新華社記者/金立旺)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (4)中国西部で「日本製」が人気両国の緊密な経済貿易関係を反映

    蘭州新区輸入商品卸売センターの「日本館」。(1月22日撮影)中国西部の甘粛省蘭州市で「日本製」の商品を買い求める人が増えている。市内の輸入商品卸売センターではネット通販でも人気の高い日本製の化粧品や保温ボトル、食器などが良く売れているという。中国の対外開放の扉はますます大きく開かれ、消費の高度化も進んでいる。こうした背景が中国西部の甘粛省と日本など諸外国との経済貿易協力を緊密化させている。(蘭州=新華社記者/張文静)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月05日
    (1)中国西部で「日本製」が人気両国の緊密な経済貿易関係を反映

    日本の東京都千代田区神田神保町にある蘭州牛肉麺の国外フランチャイズ店「馬子禄牛肉面」。(2月26日撮影)中国西部の甘粛省蘭州市で「日本製」の商品を買い求める人が増えている。市内の輸入商品卸売センターではネット通販でも人気の高い日本製の化粧品や保温ボトル、食器などが良く売れているという。中国の対外開放の扉はますます大きく開かれ、消費の高度化も進んでいる。こうした背景が中国西部の甘粛省と日本など諸外国との経済貿易協力を緊密化させている。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    アサヒ営業拠点半分以下に
  • 2021年03月04日
    アサヒ営業拠点半分以下に
  • 2021年03月04日
    アサヒ営業拠点半分以下に
  • 2021年03月04日
    アサヒ営業拠点半分以下に
  • 2021年03月04日
    アサヒ営業拠点半分以下に
  • 2021年03月04日
    アサヒ営業拠点半分以下に
  • 2021年03月04日
    アサヒ営業拠点半分以下に
  • 2021年03月04日
    アサヒ営業拠点半分以下に
  • 2021年03月04日
    勝木敦志専務 アサヒ営業拠点半分以下に

    インタビューに応じるアサヒグループホールディングスの勝木敦志専務

  • 2021年03月04日
    勝木敦志専務 アサヒ営業拠点半分以下に

    インタビューに応じるアサヒグループホールディングスの勝木敦志専務

  • 2021年03月04日
    記者会見する尾身会長 流行の主役、交代の恐れ

    記者会見する新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長=2月、東京都千代田区

    撮影: 2月、東京都千代田区

  • 2021年03月04日
    対策本部会議の服部副知事 時短営業要請を2週間延長

    福岡県庁で新型コロナウイルス対策本部会議に出席した服部誠太郎副知事=4日午後

    撮影: 4日午後

  • 2021年03月04日
    欧州航空赤字2・7兆円

    欧州航空大手3社の20年12月期決算

  • 2021年03月04日
    欧州航空赤字2・7兆円

    欧州航空大手3社の20年12月期決算

  • 2021年03月04日
    変異株、19都府県に拡大

    新型コロナウイルスの変異株が確認された地域

  • 2021年03月04日
    変異株、19都府県に拡大

    新型コロナウイルスの変異株が確認された地域

  • 2021年03月04日
    変異株、19都府県に拡大

    新型コロナウイルスの変異株が確認された地域

  • 2021年03月04日
    変異株、19都府県に拡大

    新型コロナウイルスの変異株が確認された地域

  • 2021年03月04日
    (すぎえ・としひこ) 杉江俊彦

    三越伊勢丹ホールディングス社長、2020年12月22日撮影、東京都新宿区

  • 2021年03月04日
    東証大幅反落、628円安

    日経平均株価の推移(4日終値)

  • 2021年03月04日
    東証大幅反落、628円安

    日経平均株価の推移(4日終値)

  • 2021年03月04日
    東証大幅反落、628円安

    日経平均株価の推移(4日終値)

  • 2021年03月04日
    東証大幅反落、628円安

    日経平均株価の推移(4日終値)

  • 2021年03月04日
    (にいなみ・たけし) 新浪剛史

    サントリーホールディングス社長、2020年12月9日撮影、東京都港区

  • 2021年03月04日
    株価・円相場

    株価・円相場(短期金利入り)

  • 2021年03月04日
    株価・円相場

    株価・円相場(短期金利入り)

  • 2021年03月04日
    株価・円相場

    株価・円相場

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...