KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ブランド化
  • 塚本幼稚園
  • 学校法人
  • 森友学園
  • オハイオ州
  • コートランド
  • ショナブランド
  • トランプ思考
  • ワクチン
  • 大阪府豊中市

写真・映像

絞り込み
  • 30日以内
  • 写真
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,437
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,437
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    豆の商品 節分の豆まき、誤嚥に注意

    さまざまな豆に関する商品=20日、消費者庁

    撮影: 20日、消費者庁

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    爆発したアルミ工場 工場爆発、社長ら不起訴

    爆発があった岡山県総社市のアルミニウム工場=2018年7月

    撮影: 2018年7月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    幼稚園バス 森友、塚本幼稚園が休園へ

    学校法人「森友学園」が運営する大阪市淀川区の塚本幼稚園に止められたバス=19日

    撮影: 19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    福井市で開かれた検討会 「ふくい甘えび」を全国に

    福井県産甘エビのブランド化に向けて開かれた県の検討会=20日午後、福井市

    撮影: 20日午後、福井市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    福井県の担当者がPR 「ふくい甘えび」を全国に

    福井県がブランド化を目指す「ふくい甘えび」をPRする県の担当者=20日午後、福井市

    撮影: 20日午後、福井市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    「ふくい甘えび」 「ふくい甘えび」を全国に

    福井県が条件や規格を設けてブランド化を目指す「ふくい甘えび」=福井市

    撮影: 福井市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    会見する日医の中川会長 ワクチン接種に全面協力

    記者会見する日本医師会の中川俊男会長=20日午後、東京都内

    撮影: 20日午後、東京都内

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    小学校の校舎 森友、塚本幼稚園が休園へ

    学校法人「森友学園」が大阪府豊中市で計画していた小学校の校舎=19日

    撮影: 19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    小学校の校舎 森友、塚本幼稚園が休園へ

    学校法人「森友学園」が大阪府豊中市で計画していた小学校の校舎=19日

    撮影: 19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    KINTOの小寺社長 トヨタの定額制、黒字化へ

    オンラインで記者会見するKINTOの小寺信也社長=20日午後

    撮影: 20日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    パンに合うミルクティー 商品ニュース

    カネカ食品の「パン好きのミルクティー」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (Torsten Muller-Otvos) トルステン・ミュラー・エトベシュ

    ドイツ出身、英ロールス・ロイス・モーター・カーズ最高経営責任者(CEO)、2020年9月1日撮影(ロイター=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    馬雲氏 アリババ馬氏、姿見せる

    中国アリババグループ創業者の馬雲氏(ロイター=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    骨付きカルビ味のスナック 商品ニュース

    ハウス食品の「オー・ザック 骨付きカルビ味」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    ニキビ防ぐ保湿クリーム 商品ニュース

    資生堂の「エリクシール ルフレ バランシング みずクリーム(医薬部外品)」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    イエレン氏 イエレン氏、ドル安求めず

    イエレン前FRB議長=2017年12月、ワシントン(ロイター=共同)

    撮影: 2017年12月、ワシントン

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (10)移動式検査実験室を訪ねて黒竜江省望奎県

    17日、望奎県の移動式検査実験室で働くスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県でこのほど、同県体育館に臨時で設置した移動式検査実験室の運用が開始された。これにより新型コロナウイルス感染症予防・抑制能力が大幅に強化される。黒竜江省衛生健康委員会の指示に基づき、同省疾病予防控制センターは県内住民25万人分の核酸検査を担当する。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (2)蘇州市で重点文化プロジェクト48件締結投資額720億元超

    12日、江蘇省蘇州市で行われたプロジェクト締結式。中国江蘇省蘇州市でこのほど、同市の文化産業の質の高い発展を目指す大会が開催され、プロジェクト締結式や支援政策の発表などが行われた。122件のプロジェクトが締結され、契約ベースの投資額が1200億元(1元=約16円)を超えた。うち重点プロジェクトは48件、投資額は720億元を超え、デジタル文化、文化観光、文化娯楽、特色文化、クリエーティブ・デザイン、文化製造などの分野をカバーし、プラットフォーム企業や中央企業、大手企業による協力プロジェクトが全体の6割強を占めた。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (1)春節ムードに包まれて、活気溢れる年越し用品市場江蘇省

    16日、江蘇省揚州市の曲江商品城で、春節の飾り物を選ぶ買い物客。春節(旧正月)を控えた中国江蘇省の年越し用品市場では、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)やランタンなど、年越し用品の買い物で訪れる多くの人たちでにぎわった。(揚州=新華社配信/孟徳竜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (3)移動式検査実験室を訪ねて黒竜江省望奎県

    17日、望奎県の移動式検査実験室でデータを登録するスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県でこのほど、同県体育館に臨時で設置した移動式検査実験室の運用が開始された。これにより新型コロナウイルス感染症予防・抑制能力が大幅に強化される。黒竜江省衛生健康委員会の指示に基づき、同省疾病予防控制センターは県内住民25万人分の核酸検査を担当する。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (7)移動式検査実験室を訪ねて黒竜江省望奎県

    17日、望奎県の移動式検査実験室の外で医療廃棄物を処理するスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県でこのほど、同県体育館に臨時で設置した移動式検査実験室の運用が開始された。これにより新型コロナウイルス感染症予防・抑制能力が大幅に強化される。黒竜江省衛生健康委員会の指示に基づき、同省疾病予防控制センターは県内住民25万人分の核酸検査を担当する。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (8)移動式検査実験室を訪ねて黒竜江省望奎県

    17日、望奎県の移動式検査実験室で働くスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県でこのほど、同県体育館に臨時で設置した移動式検査実験室の運用が開始された。これにより新型コロナウイルス感染症予防・抑制能力が大幅に強化される。黒竜江省衛生健康委員会の指示に基づき、同省疾病予防控制センターは県内住民25万人分の核酸検査を担当する。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (3)春節ムードに包まれて、活気溢れる年越し用品市場江蘇省

    16日、江蘇省揚州市の曲江商品城で、春節の飾り物を選ぶ買い物客。春節ムードに包まれて、活気溢れる年越し用品市場江蘇省春節(旧正月)を控えた中国江蘇省の年越し用品市場では、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)やランタンなど、年越し用品の買い物で訪れる多くの人たちでにぎわった。(揚州=新華社配信/孟徳竜)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (5)春節ムードに包まれて、活気溢れる年越し用品市場江蘇省

    16日、江蘇省揚州市の曲江商品城で、春節の飾り物を選ぶ買い物客。春節(旧正月)を控えた中国江蘇省の年越し用品市場では、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)やランタンなど、年越し用品の買い物で訪れる多くの人たちでにぎわった。(泰州=新華社配信/顧俊)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (2)移動式検査実験室を訪ねて黒竜江省望奎県

    17日、望奎県の移動式検査実験室で働くスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県でこのほど、同県体育館に臨時で設置した移動式検査実験室の運用が開始された。これにより新型コロナウイルス感染症予防・抑制能力が大幅に強化される。黒竜江省衛生健康委員会の指示に基づき、同省疾病予防控制センターは県内住民25万人分の核酸検査を担当する。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (11)移動式検査実験室を訪ねて黒竜江省望奎県

    17日、望奎県の移動式検査実験室で働くスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県でこのほど、同県体育館に臨時で設置した移動式検査実験室の運用が開始された。これにより新型コロナウイルス感染症予防・抑制能力が大幅に強化される。黒竜江省衛生健康委員会の指示に基づき、同省疾病予防控制センターは県内住民25万人分の核酸検査を担当する。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (9)移動式検査実験室を訪ねて黒竜江省望奎県

    17日、望奎県の移動式検査実験室で働くスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県でこのほど、同県体育館に臨時で設置した移動式検査実験室の運用が開始された。これにより新型コロナウイルス感染症予防・抑制能力が大幅に強化される。黒竜江省衛生健康委員会の指示に基づき、同省疾病予防控制センターは県内住民25万人分の核酸検査を担当する。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (4)移動式検査実験室を訪ねて黒竜江省望奎県

    17日、望奎県体育館内に設置された移動式検査実験室。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県でこのほど、同県体育館に臨時で設置した移動式検査実験室の運用が開始された。これにより新型コロナウイルス感染症予防・抑制能力が大幅に強化される。黒竜江省衛生健康委員会の指示に基づき、同省疾病予防控制センターは県内住民25万人分の核酸検査を担当する。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (6)移動式検査実験室を訪ねて黒竜江省望奎県

    17日、望奎県の移動式検査実験室の外で医療廃棄物を処理するスタッフ。中国黒竜江省綏化(すいか)市望奎(ぼうけい)県でこのほど、同県体育館に臨時で設置した移動式検査実験室の運用が開始された。これにより新型コロナウイルス感染症予防・抑制能力が大幅に強化される。黒竜江省衛生健康委員会の指示に基づき、同省疾病予防控制センターは県内住民25万人分の核酸検査を担当する。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (1)蘇州市で重点文化プロジェクト48件締結投資額720億元超

    12日、江蘇省蘇州市で行われた、文化産業の質の高い発展を目指す大会。中国江蘇省蘇州市でこのほど、同市の文化産業の質の高い発展を目指す大会が開催され、プロジェクト締結式や支援政策の発表などが行われた。122件のプロジェクトが締結され、契約ベースの投資額が1200億元(1元=約16円)を超えた。うち重点プロジェクトは48件、投資額は720億元を超え、デジタル文化、文化観光、文化娯楽、特色文化、クリエーティブ・デザイン、文化製造などの分野をカバーし、プラットフォーム企業や中央企業、大手企業による協力プロジェクトが全体の6割強を占めた。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (4)春節ムードに包まれて、活気溢れる年越し用品市場江蘇省

    16日、江蘇省揚州市の曲江商品城で、春節の飾り物を選ぶ買い物客。春節(旧正月)を控えた中国江蘇省の年越し用品市場では、春聯(春節に門の両側に貼る縁起の良い対句)やランタンなど、年越し用品の買い物で訪れる多くの人たちでにぎわった。(泰州=新華社配信/顧俊)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    オンライン会議 養鶏場への指導徹底を要請

    鳥インフルエンザの感染拡大防止に向けたオンライン会議=19日、農水省

    撮影: 19日、農水省

  • 2021年01月19日
    ガトーショコラ ネット通販充実、自分用も

    近鉄百貨店本店で販売されているガトーショコラ=19日、大阪市

    撮影: 19日、大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    朝日放送テレビのロゴ 朝日放送、社員を懲戒解雇

    朝日放送テレビのロゴマーク

  • 2021年01月19日
    運休知らせるJRの社員 首都圏きょう終電繰り上げ

    新宿駅で終電近くの一部列車の運休を知らせるJR東日本の社員。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、首都圏の大手私鉄なども20日から一斉に終電を早める=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    記者会見する大橋副会長 経団連「一律賃上げ困難」

    記者会見する経団連の大橋徹二副会長=19日午後、東京都千代田区の経団連会館

    撮影: 19日午後、東京都千代田区の経団連会館

  • 2021年01月19日
    鶏のうま味きかせたそば 商品ニュース

    エースコックの「MEGA鶏 濃厚鶏そば」

  • 2021年01月19日
    張り紙を指すブランドさん トランプ思考、支持層浸透

    経営する食堂内の入り口に立つショナ・ブランドさん。張り紙には「この店ではマスク着用は義務付けません」と書かれている=2020年12月、米オハイオ州コートランド(共同)

    撮影: 2020年12月、米オハイオ州コートランド

  • 2021年01月19日
    ブランドさん トランプ思考、支持層浸透

    経営する食堂で取材に応じるショナ・ブランドさん=2020年12月、米オハイオ州コートランド(共同)

    撮影: 2020年12月、米オハイオ州コートランド

  • 2021年01月19日
    福島県知事と経産相 幅広い中小企業に支援を

    福島県の内堀雅雄知事とオンラインで会談する梶山経産相(右)=19日午後、経産省

  • 2021年01月19日
    開閉簡単な弁当箱 商品ニュース

    マーナの「楽ランチボックス」

  • 2021年01月19日
    ごま油香るポテチ 商品ニュース

    カルビーの「ポテトチップス のりしおとごま油味」

  • 2021年01月19日
    林時彦市長 2万円商品券給付を否決

    補正予算案の否決後、報道陣の取材に応じる兵庫県丹波市の林時彦市長=19日午後、丹波市役所

    撮影: 19日午後、丹波市役所

  • 2021年01月19日
    会見する河野行革相 ワクチン早期接種に意欲

    オンラインで記者会見する河野行革相=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 2021年01月19日
    (7)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、漁網を設置する漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、新鮮な豚の足を塩漬けする従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、ハムの発酵具合を確認する従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏市の「ライブ配信産業パーク」で衣料品の販促活動をするライバー(配信者)。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)10万トン級の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」が引き渡し

    中国が独自開発した10万トン級深水半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーション。(資料写真)中国石油大手、海上石油・天然ガスの調査・開発・生産などを手掛ける中海石油中国傘下の海南分公司はこのほど、中国が独自開発した10万トン級深水半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーションが14日に引き渡しを終え、出航したと明らかにした。2月に海南省に到着し、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」の開発に投入される。(海口=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、封鎖が解除されたリスク管理区域から外に出る車両を消毒するスタッフ。中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、昆山西路塔湾街で、スマートフォンを使って自撮りする市民。中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、魚を計量するため魚籃(びく)に入れる漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (2)感染症流行で海外留学生の国内就職希望強まる帰国者就職調査

    2020年上海市夏季就職説明会で求人企業を探す求職者。(2020年7月25日撮影)中国の求人サービス大手、智聯招聘とBOSS直聘の2社はこのほど、「2020年中国海外留学帰国者就職調査報告」をそれぞれ発表した。報告によると、例年と比較して、中国の海外留学生の帰国意欲が強かった。国内の新型コロナウイルス感染症予防・抑制対策の効果が良好なことが帰国を選択した理由のトップになっており、また中国の経済発展を確信している人が多いことが明らかになった。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、ベッドを組み立てる作業員。中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉を加工する丁升平さん(左)。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    【図表】中国GDP、20年は2・3%増の101兆元超国家統計局

    【図表】中国GDP、20年は2・3%増の101兆元超国家統計局=配信日:2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    撮影: 配信日:2021

  • 2021年01月19日
    COVID-19 PORTRAITS MARC NOPPEN UZ BRUSSELS

    Professor Marc Noppen, CEO of the UZ Brussels University Hospital, poses for the photographer, at the UZ Brussels campus, in Jette, Brussels, Tuesday 19 January 2021. Belgium starts administering the vaccine of American biotech company Moderna. Members of the staff in contact with potentially coronavirus infected patients are the first to be vaccinated. BELGA PHOTO HATIM KAGHAT、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、表面が糸状菌で覆われた発酵中のハム。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、干し場で日光を浴びるハム。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、干し場で天日干しの状態を確認する従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、ハムの発酵具合を確認する金華美福火腿の責任者。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城でサウジアラビアの顧客とテレビ電話で連絡を取りながらティーポットを選ぶイエメンの貿易業者。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、塩漬けしたハムを天日干しするため干し場へ運ぶ従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を運ぶ丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を選別する丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、塩漬け肉製品を選別する丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮にある丁升平さんが経営する食肉加工場。(小型無人機から)丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)10万トン級の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」が引き渡し

    中国が独自開発した10万トン級深水半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーション。(資料写真)中国石油大手、海上石油・天然ガスの調査・開発・生産などを手掛ける中海石油中国傘下の海南分公司はこのほど、中国が独自開発した10万トン級深水半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーションが14日に引き渡しを終え、出航したと明らかにした。2月に海南省に到着し、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」の開発に投入される。(海口=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    中国一汽と独アウディ、NEVの合弁会社を長春市に設立

    18日、中国一汽とアウディのNEV生産プロジェクトの契約式。中国自動車大手の中国第一汽車集団、独アウディ、吉林省長春市政府は18日、ビデオ方式を通じ三者間契約を締結、中国一汽とアウディの新エネルギー車(NEV)生産プロジェクトの本部を長春に置くと発表した。同プロジェクトでは、高級電気自動車(EV)用プラットフォーム「プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック(PPE)」を導入する予定で、最初の工場の投資額は300億元(1元=約16円)を超える見通し。2024年の生産開始を目指す。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で漁をする漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚を魚籃(びく)に入れる漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で漁をする漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、魚の売上を記録する漁場スタッフ。中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)中国最北の「網紅の街」黒竜江省阿木爾鎮

    大興安嶺林業集団阿木爾林業局の網紅創業センターで宅配便の包装をするライブコマース従事者の孫秀麗(そん・しゅうれい)さん。(資料写真)中国最北の森林地帯、黒竜江省大興安嶺地域に住む潘玉成(はん・ぎょくせい)さん(39)は数年前、天然林の商業伐採が全面停止されたのに伴い、伐採業をやめ、妻の沈紅梅(しん・こうばい)さんと雑貨店を開いたが、辺地のため商売は振るわなかった。そこで2016年10月、インターネットでライブ配信による商品販売を試したところ、意外にもずっと続くことになった。魚釣りや山の幸採取、オンドルの上での東北料理付き晩酌など、最北森林地区の生活そのままの生配信は、視聴者を魅了し、潘さんのフォロワーは数人から100万人以上に膨れ上がり、地元で大人気の「網紅(インフルエンサー)」となった。そして、ライブコマースでの売上高は年間200万元(1元=約16円)以上に達した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)中国最北の「網紅の街」黒竜江省阿木爾鎮

    大興安嶺林業集団阿木爾林業局の氷でできた小屋の前で、大きな「紅灯籠(赤いちょうちん)」を紹介する潘玉成さん。(資料写真)中国最北の森林地帯、黒竜江省大興安嶺地域に住む潘玉成(はん・ぎょくせい)さん(39)は数年前、天然林の商業伐採が全面停止されたのに伴い、伐採業をやめ、妻の沈紅梅(しん・こうばい)さんと雑貨店を開いたが、辺地のため商売は振るわなかった。そこで2016年10月、インターネットでライブ配信による商品販売を試したところ、意外にもずっと続くことになった。魚釣りや山の幸採取、オンドルの上での東北料理付き晩酌など、最北森林地区の生活そのままの生配信は、視聴者を魅了し、潘さんのフォロワーは数人から100万人以上に膨れ上がり、地元で大人気の「網紅(インフルエンサー)」となった。そして、ライブコマースでの売上高は年間200万元(1元=約16円)以上に達した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを収穫する村民。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを収穫する村民。中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを仕分けて洗う村民。中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城で調理器具を選ぶケニアの貿易業者。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)故郷で塩漬け肉工場を開業し成功をつかむ安徽省合肥市

    13日、安徽省合肥市肥西県上派鎮の工場で、ライブ配信を通して塩漬け肉製品をPRする丁升平さん。丁升平(ちょう・しょうへい)さん(36)は2012年、故郷の中国安徽省合肥市肥西県で塩漬け肉を扱う小さな工場を開業した。商品開発から販売まで全てを一から学んだ丁さんの工場は、堅実な経営を続け、今では大規模な食肉加工場へと発展した。丁さんの工場は昨年、新型コロナウイルスの流行で一時的に打撃を受けたものの、新商品の開発やネットと実店舗を組み合わせた販売を開始したことで、事業は急速に好転した。昨年の売上は1千万元(1元=約16円)を超え、地元住民20人以上に新たな雇用を提供している。(合肥=新華社記者/劉軍喜)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、プレハブハウス周囲の地面にシートを張る作業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (11)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」で、完成したプレハブハウスを清掃する作業員。中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (10)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、空から見た瀋陽市皇姑区の塔湾、明廉両地区。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)中国最北の「網紅の街」黒竜江省阿木爾鎮

    大興安嶺林業集団阿木爾林業局の網紅起業センターで、空き時間を利用しライブコマースを行う幼稚園の先生たち。(2020年12月3日撮影)中国最北の森林地帯、黒竜江省大興安嶺地域に住む潘玉成(はん・ぎょくせい)さん(39)は数年前、天然林の商業伐採が全面停止されたのに伴い、伐採業をやめ、妻の沈紅梅(しん・こうばい)さんと雑貨店を開いたが、辺地のため商売は振るわなかった。そこで2016年10月、インターネットでライブ配信による商品販売を試したところ、意外にもずっと続くことになった。魚釣りや山の幸採取、オンドルの上での東北料理付き晩酌など、最北森林地区の生活そのままの生配信は、視聴者を魅了し、潘さんのフォロワーは数人から100万人以上に膨れ上がり、地元で大人気の「網紅(インフルエンサー)」となった。そして、ライブコマースでの売上高は年間200万元(1元=約16円)以上に達した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)冬季漁で活気づく黄家湖漁場湖南省益陽市

    15日、湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で、捕った魚をクレーンで運ぶ漁場スタッフ。(小型無人機から)中国湖南省益陽市資陽区の黄家湖漁場で15日、冬季漁が始まった。同漁場はここ数年、ハクレンやコクレンなどのろ過摂食の魚種の養殖を行っている。給餌と施肥を全面的に禁止したことが奏功し、これらの水産物は市場で好評を博している。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村のカキ養殖場。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村のカキ養殖場。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村のカキ養殖場。(小型無人機から)中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城で調理器具を選ぶケニアの貿易業者(左)。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、封鎖が解除されたリスク管理区域から外に出る車両を消毒するスタッフ。中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)瀋陽市最大の新型コロナ重点リスク管理区域が封鎖解除遼寧省

    17日、運行が再開された地下鉄塔湾街駅に入る市民。中国遼寧省瀋陽市の新型コロナウイルス予防抑制・経済社会発展活動統一推進指揮部(対策本部)は17日、同市皇姑区の塔湾、明廉両地区に設けた重点リスク管理区内の中リスク地域を全て低リスク地域に変更したと発表した。重点リスク管理区内の住民を対象に数回実施した核酸検査の結果が全て陰性だったことも明らかにした。同重点リスク管理区域は同日付で封鎖が解除され、管理措置も撤廃された。(瀋陽=新華社記者/姚剣鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (1)感染症流行で海外留学生の国内就職希望強まる帰国者就職調査

    2020年上海市夏季就職説明会で求人企業を探す求職者。(2020年7月25日撮影)中国の求人サービス大手、智聯招聘とBOSS直聘の2社はこのほど、「2020年中国海外留学帰国者就職調査報告」をそれぞれ発表した。報告によると、例年と比較して、中国の海外留学生の帰国意欲が強かった。国内の新型コロナウイルス感染症予防・抑制対策の効果が良好なことが帰国を選択した理由のトップになっており、また中国の経済発展を確信している人が多いことが明らかになった。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (3)感染症流行で海外留学生の国内就職希望強まる帰国者就職調査

    2020年上海市夏季就職説明会で求職者と交流する求人側スタッフ。(2020年7月25日撮影)中国の求人サービス大手、智聯招聘とBOSS直聘の2社はこのほど、「2020年中国海外留学帰国者就職調査報告」をそれぞれ発表した。報告によると、例年と比較して、中国の海外留学生の帰国意欲が強かった。国内の新型コロナウイルス感染症予防・抑制対策の効果が良好なことが帰国を選択した理由のトップになっており、また中国の経済発展を確信している人が多いことが明らかになった。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)歴史あるカキ養殖の郷で収穫がピークに広東省陽西県

    13日、広東省陽江市陽西県程村鎮紅光村でカキを収穫する村民。中国広東省陽江市陽西県程村鎮では200年以上前からカキの養殖が行われてきた。真冬のこの時期はカキの収穫がピークを迎える。同県は2020年、程村カキ省級現代農業産業パークの建設を加速させ、カキの養殖面積は4万2千ムー(2800ヘクタール)に達し、年産量は6万8千トン、生産高は約4億6千万元(1元=約16円)に上った。また、産業パーク内の農村住民1人当たりの年間平均実収入は1万8200元に達している。(陽西=新華社記者/黄国保)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)石家荘の新型コロナ隔離施設、第一陣のプレハブハウスが完成

    19日、石家荘市の仮設隔離施設「黄荘アパート」の建設現場。(小型無人機から)中国河北省石家荘市で建設中の新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者向け仮設隔離施設で19日、第一陣のプレハブハウス606室と付帯施設が引き渡された。同施設は正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南にあり「黄荘アパート」と呼ばれている。20日にも1173室が引き渡される予定で、合計1779室になる。施設の総敷地面積は658ムー(約44万平方メートル)で、設置数は当初の計画の3千室から4156室に引き上げられた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...