KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 報道関係者
  • 中国経済
  • 中部電力
  • 事業者支援
  • 仙台支店長
  • 唯一伸び
  • 国家統計局
  • 対策本部
  • 新型コロナウイルス感染症
  • 日銀仙台

写真・映像

絞り込み
  • 72時間以内
  • 写真
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
77
( 1 77 件を表示)
  • 1
77
( 1 77 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    林時彦市長 2万円商品券給付を否決

    補正予算案の否決後、報道陣の取材に応じる兵庫県丹波市の林時彦市長=19日午後、丹波市役所

    撮影: 19日午後、丹波市役所

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    会見する河野行革相 ワクチン早期接種に意欲

    オンラインで記者会見する河野行革相=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (1)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、新鮮な豚の足を塩漬けする従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (2)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、ハムの発酵具合を確認する従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (5)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏市の「ライブ配信産業パーク」で衣料品の販促活動をするライバー(配信者)。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (4)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、表面が糸状菌で覆われた発酵中のハム。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (6)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、干し場で日光を浴びるハム。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (5)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、干し場で天日干しの状態を確認する従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (3)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、ハムの発酵具合を確認する金華美福火腿の責任者。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (2)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城でサウジアラビアの顧客とテレビ電話で連絡を取りながらティーポットを選ぶイエメンの貿易業者。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (7)伝統的製法を続ける金華ハム製造工場を訪ねて浙江省金華市

    15日、塩漬けしたハムを天日干しするため干し場へ運ぶ従業員。中国浙江省金華市婺城(ぶじょう)区にある金華美福火腿は30年近い歴史のある、昔からの製法でハムを生産する食肉加工企業。地元で生産される「金華ハム」は伝統的に11月から塩漬けを始め、元日前後に乾燥発酵のピークに入り、半年以上の発酵を経てようやく熟成し市場へ出荷できるようになる。同社のハム工場では、毎年7~8万個のハムを生産している。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (4)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城で調理器具を選ぶケニアの貿易業者。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (6)対外貿易が好調の「雑貨・日用品の都」浙江省義烏市

    14日、義烏国際商貿城で調理器具を選ぶケニアの貿易業者(左)。「雑貨・日用品の都」と言われる中国浙江省義烏市は、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう中、感染拡大予防と経済成長のバランスを上手く取っている。税関の統計によると、同市の2020年1~11月の対外貿易総額は前年同期比6・9%増の2859億9千万元(1元=約16円)に達した。(義烏=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    押収したパソコンなど 仮想通貨で配当と詐取疑い

    岩手県警が「デイリス」から押収したパソコンなど=18日午後、盛岡東署

    撮影: 18日午後、盛岡東署

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    繁華街入り口の掲示 ハードル高い8%成長

    繁華街の入り口に設置されたスマートフォンの電子健康証明を求める掲示=14日、北京(共同)

    撮影: 14日、北京

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    国家統計局の記者会見 中国経済、主要国唯一伸び

    中国国家統計局の記者会見=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    引き揚げる寧吉哲局長 中国経済、主要国唯一伸び

    記者会見を終え、引き揚げる中国国家統計局の寧吉哲局長(右端)=18日、北京(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    林欣吾中部電力社長 再エネと原発再稼働に意欲

    インタビューに答える中部電力の林欣吾社長

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    中部電力の林欣吾社長 再エネと原発再稼働に意欲

    インタビューに答える中部電力の林欣吾社長

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    レモン果皮使用のサワー 商品ニュース

    宝酒造の「宝 極上レモンサワー〈爽快レモンチェッロ〉」

  • 2021年01月18日
    衝撃に強いホチキス 商品ニュース

    マックスのホチキス「HD―10G」

  • 2021年01月18日
    公明党の対策本部会合 事業者支援、義務規定に

    公明党が開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する会合=18日午後、国会

    撮影: 18日午後、国会

  • 2021年01月18日
    公明党の対策本部会合 事業者支援、義務規定に

    公明党が開いた新型コロナウイルス感染症対策に関する会合=18日午後、国会

    撮影: 18日午後、国会

  • 2021年01月18日
    国家統計局の記者会見 中国の成長率2・3%

    中国のGDP速報値を発表する国家統計局の記者会見=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 2021年01月18日
    東善明氏 日銀仙台支店長に大山氏

    日銀新潟支店長に就任した東善明氏

  • 2021年01月18日
    大山慎介氏 日銀仙台支店長に大山氏

    日銀仙台支店長に就任した大山慎介氏

  • 2021年01月18日
    資料を受け取る報道関係者 中国の成長率2・3%

    中国国家統計局のGDP速報値に関する資料を受け取る報道関係者ら=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 2021年01月18日
    資料配布を待つ報道関係者 中国の成長率2・3%

    中国国家統計局のGDP速報値に関する資料の配布を待つ報道関係者ら=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 2021年01月18日
    資料配布を待つ報道関係者 中国の成長率2・3%

    中国国家統計局のGDP速報値に関する資料の配布を待つ報道関係者ら=18日、北京(共同)

    撮影: 18日、北京

  • 2021年01月18日
    CHINA JIANGSU ECONOMY

    A worker labors in a factory of Gree Electric in Nanjing in east China‘s Jiangsu province Monday, Jan. 18, 2021. China‘s GDP grew by 2.3% last year, the slowest in decades.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月18日
    (5)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、栽培基地でツバキの剪定(せんてい)をする金華市婺城(ぶじょう)区竹馬郷下張家村の楽苑花卉の責任者、徐小華(じょ・しょうか)さん。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区竹馬郷下張家村の栽培農家の苗畑で水やりをする苗木の保護員。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮後渓河村で、樹齢数百年のツバキの生育状況を確認する華東ツバキ名品栽培センター責任者の王季成(おう・きせい)さん(右)。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (1)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで、イチゴの生育状況を確認する同パークの責任者、趙軍(ちょう・ぐん)さん。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (3)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで、ブルーベリーの生育状況を確認する同パークの責任者、趙軍(ちょう・ぐん)さん。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (2)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで栽培されているブルーベリーの木。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (6)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで栽培されているブルーベリーの木。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮の新たに改築された西呉聯花卉市場で、ツバキを運ぶ卸業者。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮後渓河村で、日本から導入した観葉品種の「キンギョバツバキ(金魚葉椿)」を見せる華東ツバキ名品栽培センター責任者の王季成(おう・きせい)さん。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (7)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、金華市婺城(ぶじょう)区羅店鎮後渓河村の紅紅植物農園で、咲き誇ったツバキを運ぶ栽培農家。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    CHINA HANGZHOU ECONOMY

    A worker labors in a factory in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Jan. 18, 2021. China‘s GDP grew by 2.3% last year, the slowest in decades.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月18日
    CHINA HANGZHOU ECONOMY

    A worker labors in a factory in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Jan. 18, 2021. China‘s GDP grew by 2.3% last year, the slowest in decades.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (5)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで、ブルーベリーの花に止まるミツバチ。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/郭鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    (4)イチゴ・ブルーベリー産業で増収を後押し黒竜江省孫呉県

    9日、黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークで栽培されているイチゴの苗。中国黒竜江省黒河市孫呉県のブルーベリー産業パークにある温室内では現在、間もなく成熟するブルーベリーとイチゴが出荷を待っている。同パークにある温室では、スマート温度制御や点滴かんがい、リアルタイムモニタリングや液体肥料が一体化したスマート保温システムを利用し、無土壌栽培を採用。パークは毎年、周辺に住む労働者40人余りの増収を後押ししており、1人当たりの平均年収は1万元(1元=約16円)余りに上っている。(黒河=新華社配信/孫美玲)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (8)美しいツバキの花が開く豊かな農村への道浙江省金華市

    14日、苗畑でツバキの蕾の状態を動画で顧客に紹介する金華市婺城(ぶじょう)区竹馬郷下張家村の電子商取引業者、高群亮(こう・ぐんりょう)さん。春節(旧正月)を間近に控え、中国浙江省金華市ではツバキの出荷が最盛期を迎えている。同市ではここ数年、「美しい農村」の建設を契機にツバキによる経済発展を推進するため、全国最大のツバキ栽培・出荷基地を建設した。2020年、同市のツバキ栽培は栽培面積が1万8千ムー(約530ヘクタール)、就業者数は約5千人、総生産額は50億8千万元(1元=約16円)に達し、地元農民の増収のための重要な産業となっている。(金華=新華社記者/翁忻暘)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    CHINA JIANGSU ECONOMY

    Workers labor in a factory of Gree Electric in Nanjing in east China‘s Jiangsu province Monday, Jan. 18, 2021. China‘s GDP grew by 2.3% last year, the slowest in decades.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月18日
    CHINA HANGZHOU ECONOMY

    A worker labors in a factory in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Jan. 18, 2021. China‘s GDP grew by 2.3% last year, the slowest in decades.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月18日
    CHINA HANGZHOU ECONOMY

    A worker labors in a factory in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Jan. 18, 2021. China‘s GDP grew by 2.3% last year, the slowest in decades.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月18日
    CHINA HANGZHOU ECONOMY

    A worker labors in a factory in Hangzhou in east China‘s Zhejiang province Monday, Jan. 18, 2021. China‘s GDP grew by 2.3% last year, the slowest in decades.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月18日
    CHINA JIANGSU ECONOMY

    A worker labors in a factory of Gree Electric in Nanjing in east China‘s Jiangsu province Monday, Jan. 18, 2021. China‘s GDP grew by 2.3% last year, the slowest in decades.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月18日
    CHINA JIANGSU ECONOMY

    A worker labors in a factory of Gree Electric in Nanjing in east China‘s Jiangsu province Monday, Jan. 18, 2021. China‘s GDP grew by 2.3% last year, the slowest in decades.、クレジット:Featurechina/共同通信イメージズ  ※中国での使用禁止。

  • 2021年01月17日
    (1)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスを設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (9)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスの施工に当たる作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (11)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、排水管を敷設する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスを組み立てる作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (5)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスの配電工事をする作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (12)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、排水管を敷設する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスを組み立てる作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/金良快)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (8)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスに給湯器を設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (7)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスに扉を設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (6)石家荘の新型コロナ隔離施設、建設急ピッチ

    16日、石家荘市の仮設隔離施設の建設現場で、プレハブハウスに扉を設置する作業員。中国河北省石家荘市では現在、正定県と藁城(こうじょう)区の境界線に位置する黄荘村の南で、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者らを収容する仮設隔離施設の建設が急ピッチで進められている。一部のプレハブハウスでは既に窓や暖房、浴室などの設置が始まっている。同施設の総敷地面積は510ムー(約34万平方メートル)で、建築面積は6万9千平方メートル。3千室を用意する。(石家荘=新華社記者/楊世尭)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    化粧品売り場の男性客 男性向け化粧品市場が活況

    男性向け化粧品ブランド「ファイブイズム バイ スリー」の店舗でファンデーションなどを試す男性客=東京・新宿

    撮影: 東京・新宿

  • 2021年01月16日
    説明を受ける男性客 男性向け化粧品市場が活況

    男性向け化粧品ブランド「ファイブイズム バイ スリー」の店舗で商品の説明を受ける男性客=東京・新宿

    撮影: 東京・新宿

  • 2021年01月16日
    ワクチン接種受ける男性 印、国産ワクチン接種開始

    16日、ニューデリーの病院で新型コロナウイルスのワクチン接種を受ける男性(共同)

  • 2021年01月16日
    福升にコロナ収束願い込め
  • 2021年01月16日
    住職と積み上がった升 福升にコロナ収束願い込め

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、無病息災などを願う節分用の「福升」作りが愛知県知多市の大智院で最盛期を迎えている。作業場では16日、マウスシールドを着けた長谷川実彰住職(72)が一つ一つ筆で「福」や「寿」の文字を書き入れていた。節分当日の祈願を申し込んだ参拝者らのため約2千個を用意。今年は例年より数を減らし、密を避けるため事前に渡す対応もしているという。長谷川住職は「早くコロナが収束して明るく暮らしていければ」と願いを込めた。

  • 2021年01月16日
    福升にコロナ収束願い込め
  • 2021年01月16日
    福升にコロナ収束願い込め
  • 2021年01月16日
    新世界の飲食店街 人影まばら、恨み節も

    休業店舗も多く、人通りの少ない大阪・新世界の飲食店街=16日午後(広角レンズ使用)

    撮影: 16日午後

  • 2021年01月16日
    新世界の飲食店街 人影まばら、恨み節も

    休業店舗も多く、人通りの少ない大阪・新世界の飲食店街=16日午後

    撮影: 16日午後

  • 2021年01月16日
    大阪・新世界 人影まばら、恨み節も

    休業店舗も多く、人通りの少ない大阪・新世界の飲食店街=16日午後

    撮影: 16日午後

  • 2021年01月16日
    大阪・新世界 人影まばら、恨み節も

    休業店舗も多く、人通りの少ない大阪・新世界の飲食店街=16日午後

    撮影: 16日午後

  • 2021年01月16日
    書き入れる長谷川住職 福升にコロナ収束願い込め

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、無病息災などを願う節分用の「福升」作りが愛知県知多市の大智院で最盛期を迎えている。作業場では16日、マウスシールドを着けた長谷川実彰住職(72)が一つ一つ筆で「福」や「寿」の文字を書き入れていた。節分当日の祈願を申し込んだ参拝者らのため約2千個を用意。今年は例年より数を減らし、密を避けるため事前に渡す対応もしているという。長谷川住職は「早くコロナが収束して明るく暮らしていければ」と願いを込めた。

  • 2021年01月16日
    升と長谷川住職 福升にコロナ収束願い込め

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、無病息災などを願う節分用の「福升」作りが愛知県知多市の大智院で最盛期を迎えている。作業場では16日、マウスシールドを着けた長谷川実彰住職(72)が一つ一つ筆で「福」や「寿」の文字を書き入れていた。節分当日の祈願を申し込んだ参拝者らのため約2千個を用意。今年は例年より数を減らし、密を避けるため事前に渡す対応もしているという。長谷川住職は「早くコロナが収束して明るく暮らしていければ」と願いを込めた。

  • 2021年01月16日
    並んだ升と長谷川住職 福升にコロナ収束願い込め

    新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、無病息災などを願う節分用の「福升」作りが愛知県知多市の大智院で最盛期を迎えている。作業場では16日、マウスシールドを着けた長谷川実彰住職(72)が一つ一つ筆で「福」や「寿」の文字を書き入れていた。節分当日の祈願を申し込んだ参拝者らのため約2千個を用意。今年は例年より数を減らし、密を避けるため事前に渡す対応もしているという。長谷川住職は「早くコロナが収束して明るく暮らしていければ」と願いを込めた。

  • 2021年01月16日
    杉江俊彦社長 三越伊勢丹ネット通販強化

    インタビューに応じる三越伊勢丹ホールディングスの杉江俊彦社長

  • 2021年01月16日
    杉江俊彦社長 三越伊勢丹ネット通販強化

    インタビューに応じる三越伊勢丹ホールディングスの杉江俊彦社長

  • 1