KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 小型無人機
  • ワクチン
  • 中国貴州省
  • 地元農家
  • 新型コロナ
  • ドローン
  • 新疆ウイグル自治区
  • 授粉作業
  • 農業用ド
  • 鉄門関市

「dpa+新華社+スプートニク+ロイター」の写真・映像

絞り込み
  • 7日以内
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
244
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
244
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (4)オーストリアの首都ウィーン、ロックダウンを延長

    14日、オーストリア・ウィーン市内の閉鎖中の店舗。オーストリアの首都ウィーン市政府はこのほど、同市の都市封鎖(ロックダウン)を5月2日まで延長すると発表した。同国では、感染状況が最も深刻な首都ウィーンを含む東部3州で2度目の厳格なロックダウン措置が実施されている。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (6)スマート農業技術導入で年間通して青果を生産吉林省永吉県

    14日、卓遠農業種植専業合作社の「植物工場」で作物の生育状況を確認する農家。中国吉林省吉林市永吉県一拉渓鎮江南村にある卓遠農業種植専業合作社(協同組合)の農業用ハウスでは、通常の農作業とは異なる風景が広がっている。土を使わず野菜を栽培し、作業員は工場で働くような格好をして、ハウス内で農作業をこなしている。敷地面積3万2千平方メートルの「植物工場」では、無土壌栽培や節水かんがいなどの技術と、温度や湿度、光を制御するスマートシステムを組み合わせることで、農作物の生育に有利な条件と環境を作り出し、さまざまな作物を一年中途切れることなく生産している。昨年は数十種類の果物や野菜を計600トン生産し、生産額は1200万元(1元=約17円)を超えた。(長春=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (5)スマート農業技術導入で年間通して青果を生産吉林省永吉県

    14日、卓遠農業種植専業合作社の「植物工場」で作物の手入れをする農家。中国吉林省吉林市永吉県一拉渓鎮江南村にある卓遠農業種植専業合作社(協同組合)の農業用ハウスでは、通常の農作業とは異なる風景が広がっている。土を使わず野菜を栽培し、作業員は工場で働くような格好をして、ハウス内で農作業をこなしている。敷地面積3万2千平方メートルの「植物工場」では、無土壌栽培や節水かんがいなどの技術と、温度や湿度、光を制御するスマートシステムを組み合わせることで、農作物の生育に有利な条件と環境を作り出し、さまざまな作物を一年中途切れることなく生産している。昨年は数十種類の果物や野菜を計600トン生産し、生産額は1200万元(1元=約17円)を超えた。(長春=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (3)スマート農業技術導入で年間通して青果を生産吉林省永吉県

    14日、卓遠農業種植専業合作社の「植物工場」で作物の手入れをする農家。中国吉林省吉林市永吉県一拉渓鎮江南村にある卓遠農業種植専業合作社(協同組合)の農業用ハウスでは、通常の農作業とは異なる風景が広がっている。土を使わず野菜を栽培し、作業員は工場で働くような格好をして、ハウス内で農作業をこなしている。敷地面積3万2千平方メートルの「植物工場」では、無土壌栽培や節水かんがいなどの技術と、温度や湿度、光を制御するスマートシステムを組み合わせることで、農作物の生育に有利な条件と環境を作り出し、さまざまな作物を一年中途切れることなく生産している。昨年は数十種類の果物や野菜を計600トン生産し、生産額は1200万元(1元=約17円)を超えた。(長春=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (3)オーストリアの首都ウィーン、ロックダウンを延長

    14日、オーストリア・ウィーン市内の閉鎖中の店舗。オーストリアの首都ウィーン市政府はこのほど、同市の都市封鎖(ロックダウン)を5月2日まで延長すると発表した。同国では、感染状況が最も深刻な首都ウィーンを含む東部3州で2度目の厳格なロックダウン措置が実施されている。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (2)オーストリアの首都ウィーン、ロックダウンを延長

    14日、オーストリア・ウィーン市内の閉鎖中の店舗。オーストリアの首都ウィーン市政府はこのほど、同市の都市封鎖(ロックダウン)を5月2日まで延長すると発表した。同国では、感染状況が最も深刻な首都ウィーンを含む東部3州で2度目の厳格なロックダウン措置が実施されている。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (5)オーストリアの首都ウィーン、ロックダウンを延長

    14日、オーストリア・ウィーン市内の閉鎖中の店舗。オーストリアの首都ウィーン市政府はこのほど、同市の都市封鎖(ロックダウン)を5月2日まで延長すると発表した。同国では、感染状況が最も深刻な首都ウィーンを含む東部3州で2度目の厳格なロックダウン措置が実施されている。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (6)オーストリアの首都ウィーン、ロックダウンを延長

    14日、オーストリア・ウィーン市内の閉鎖中の店舗。オーストリアの首都ウィーン市政府はこのほど、同市の都市封鎖(ロックダウン)を5月2日まで延長すると発表した。同国では、感染状況が最も深刻な首都ウィーンを含む東部3州で2度目の厳格なロックダウン措置が実施されている。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (2)北京市で外国人のコロナワクチン接種始まる

    15日、北京経済技術開発区のワクチン接種会場で、個人情報を登録する外国人を手助けする通訳ボランティア(右)。中国北京市はこのほど、市内に住む外国人を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種を開始した。同市は自主申請、インフォームド・コンセント(説明と同意)、自己責任の前提の下、同市在住の適齢外国人をワクチンの接種対象に組み入れた。(北京=新華社記者/彭子洋)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (1)スマート農業技術導入で年間通して青果を生産吉林省永吉県

    14日、卓遠農業種植専業合作社の「植物工場」で作物の生育状況を確認する農家。中国吉林省吉林市永吉県一拉渓鎮江南村にある卓遠農業種植専業合作社(協同組合)の農業用ハウスでは、通常の農作業とは異なる風景が広がっている。土を使わず野菜を栽培し、作業員は工場で働くような格好をして、ハウス内で農作業をこなしている。敷地面積3万2千平方メートルの「植物工場」では、無土壌栽培や節水かんがいなどの技術と、温度や湿度、光を制御するスマートシステムを組み合わせることで、農作物の生育に有利な条件と環境を作り出し、さまざまな作物を一年中途切れることなく生産している。昨年は数十種類の果物や野菜を計600トン生産し、生産額は1200万元(1元=約17円)を超えた。(長春=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (4)スマート農業技術導入で年間通して青果を生産吉林省永吉県

    14日、卓遠農業種植専業合作社の「植物工場」で作物の手入れをする農家。中国吉林省吉林市永吉県一拉渓鎮江南村にある卓遠農業種植専業合作社(協同組合)の農業用ハウスでは、通常の農作業とは異なる風景が広がっている。土を使わず野菜を栽培し、作業員は工場で働くような格好をして、ハウス内で農作業をこなしている。敷地面積3万2千平方メートルの「植物工場」では、無土壌栽培や節水かんがいなどの技術と、温度や湿度、光を制御するスマートシステムを組み合わせることで、農作物の生育に有利な条件と環境を作り出し、さまざまな作物を一年中途切れることなく生産している。昨年は数十種類の果物や野菜を計600トン生産し、生産額は1200万元(1元=約17円)を超えた。(長春=新華社記者/張楠)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (1)武陵山の山岳地帯を走るローカル列車湖南省

    11日、焦柳線7266便の車内で乗車情報を記録する乗務員。中国湖南省西部の山間部には空調、食堂車、寝台のない深緑色の旧型車両「緑皮車」の普通列車が4本あり、毎日沿線の人々を乗せて武陵山地域を走っている。運賃の安さから「公益ローカル列車」として知られている。河南省焦作市と広西チワン族自治区柳州市を結ぶ焦柳線の懐化駅-澧(れい)県駅間を往復する7265、7266、7267便は1995年に運行を開始した。8両編成で、300キロ余りを9時間16分かけて走り、途中37駅に停車する。運賃は乗車距離に応じた1~23・5元(1元=約17円)で、26年間一度も値上げしていない。(長沙=新華社記者/陳思汗)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (1)オーストリアの首都ウィーン、ロックダウンを延長

    14日、オーストリア・ウィーン市内の閉鎖中の店舗。オーストリアの首都ウィーン市政府はこのほど、同市の都市封鎖(ロックダウン)を5月2日まで延長すると発表した。同国では、感染状況が最も深刻な首都ウィーンを含む東部3州で2度目の厳格なロックダウン措置が実施されている。(ウィーン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月16日
    (1)北京市で外国人のコロナワクチン接種始まる

    15日、北京経済技術開発区のワクチン接種会場で、個人情報を登録する外国人。中国北京市はこのほど、市内に住む外国人を対象とした新型コロナウイルスワクチン接種を開始した。同市は自主申請、インフォームド・コンセント(説明と同意)、自己責任の前提の下、同市在住の適齢外国人をワクチンの接種対象に組み入れた。(北京=新華社記者/彭子洋)= 配信日: 2021(令和3)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    コインベースのロゴ 米コインベースが上場

    タイムズスクエアの巨大スクリーンに映し出されたコインベース・グローバルのロゴ=14日、米ニューヨーク(ロイター=共同)

    撮影: 14日、米ニューヨーク

  • 2021年04月15日
    (5)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (4)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    12日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (10)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)チュニジア在住中国人向けのコロナワクチン接種開始

    14日、チュニジアの首都チュニスで、ワクチン接種前に情報を登録する中国人男性。チュニジアの軍病院は14日、中国大使館協力の下、同国在住の中国人に対し、中国製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。これにより、中国政府が進めている、在外中国人へのワクチン接種活動「春苗行動」が同国でも正式にスタートした。(チュニス=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (10)スポーツ施設をワクチンの臨時接種拠点に遼寧省瀋陽市

    12日、臨時接種拠点で、ワクチン接種に関する情報が書かれたパネルを設置するスタッフ。中国遼寧省は新型コロナウイルスワクチンの接種を加速させており、同省瀋陽市大東区のスポーツ施設「大東全民健身センター」にこのほど、省内初のワクチン臨時接種拠点が完成した。同拠点は今後、需要に応じて随時、ワクチン接種を実施。総面積4千平方メートルで、稼働後は1日当たり6千回の接種が可能となる。(瀋陽=新華社記者/潘昱竜)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (4)小麦黄さび病の防除を実施陝西省

    13日、陝西省興平市の麦畑で農薬をまく村民。中国陝西省ではこのところ、気温の上昇に伴い、小麦が次々と穂を出しており、生産量に関わる重要な時期を迎えている。同省の各級農業部門は「予防を第一とした総合的な防除」の植物保護方針に基づき、夏穀物の豊作実現に向け、小麦黄さび病の全面的な防除活動を実施している。(咸陽=新華社記者/都紅剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)小麦黄さび病の防除を実施陝西省

    13日、陝西省興平市の麦畑で作業する噴霧機を搭載したトラクター。中国陝西省ではこのところ、気温の上昇に伴い、小麦が次々と穂を出しており、生産量に関わる重要な時期を迎えている。同省の各級農業部門は「予防を第一とした総合的な防除」の植物保護方針に基づき、夏穀物の豊作実現に向け、小麦黄さび病の全面的な防除活動を実施している。(咸陽=新華社記者/都紅剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (4)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で点滴かんがい設備を設置する農家。中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (7)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (5)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    12日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (11)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館でくつろぐ観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)先端畜産業研究に特化した産学共同研究院、杭州市に設立

    12日、西湖大学牧原集団共同研究院の特別招聘研究員、博士課程指導教員など中心となるメンバーの一部。中国浙江省杭州市に12日、西湖大学牧原集団共同研究院が設立された。同研究院は、人々の生活に大きな影響を及ぼす畜産業の課題に焦点を当て、スマート化や環境保護、伝染病の予防・抑制、栄養面の研究開発などの分野で将来を見据えた科学研究協力を実施し、最新の研究成果を技術や生産性向上に転化していく。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)先端畜産業研究に特化した産学共同研究院、杭州市に設立

    12日、発言する西湖大学の施一公(し・いつこう)学長。中国浙江省杭州市に12日、西湖大学牧原集団共同研究院が設立された。同研究院は、人々の生活に大きな影響を及ぼす畜産業の課題に焦点を当て、スマート化や環境保護、伝染病の予防・抑制、栄養面の研究開発などの分野で将来を見据えた科学研究協力を実施し、最新の研究成果を技術や生産性向上に転化していく。(杭州=新華社記者/殷暁聖)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (12)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館でくつろぐ観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (13)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾エリアにある雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (14)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の海口湾にある雲洞図書館の内部。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (1)小麦黄さび病の防除を実施陝西省

    13日、村民に小麦黄さび病の防除方法を説明する陝西省農業農村庁の技術者(右端)。中国陝西省ではこのところ、気温の上昇に伴い、小麦が次々と穂を出しており、生産量に関わる重要な時期を迎えている。同省の各級農業部門は「予防を第一とした総合的な防除」の植物保護方針に基づき、夏穀物の豊作実現に向け、小麦黄さび病の全面的な防除活動を実施している。(咸陽=新華社記者/都紅剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (1)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (3)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。(小型無人機から)中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)中医薬材料の栽培で農家の増収を促進河北省邢台市

    13日、河北省邢台市経済開発区の鑫旺家庭農場で作業をする農家。(小型無人機から)中国河北省邢台市経済開発区はここ数年、栽培業の構造調整を推進し、間作や森林を活用した林下栽培などのモデルを模索してきた。地域の状況に応じて中医薬材料の栽培を発展させ、農業の産業化や特色化を推進することで、栽培効率を高め、農家の増収を促進している。(邢台=新華社記者/駱学峰)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (6)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館で本を読む観光客。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (9)雲洞図書館の一般開放始まる海南省海口市

    13日、海南省海口市の雲洞図書館を利用する観光客ら。中国海南省海口市の海口湾エリアで13日、初の高標準スポットとなる雲洞図書館が一般開放された。建物は芸術性が高く、港のランドマークとして来館者に読書や休憩の場を提供する。同市は現在、海口湾エリアに質の高い観光スポットを建設し、都市景観の整備を進めている。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月15日
    (2)小麦黄さび病の防除を実施陝西省

    13日、陝西省興平市の麦畑で、小麦黄さび病の防除作業を行う農業用小型無人機(ドローン)。中国陝西省ではこのところ、気温の上昇に伴い、小麦が次々と穂を出しており、生産量に関わる重要な時期を迎えている。同省の各級農業部門は「予防を第一とした総合的な防除」の植物保護方針に基づき、夏穀物の豊作実現に向け、小麦黄さび病の全面的な防除活動を実施している。(咸陽=新華社記者/都紅剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    欧州中銀本部 欧州中銀資産360兆円増

    欧州中央銀行(ECB)本部=ドイツ・フランクフルト(ロイター=共同)

  • 2021年04月14日
    グラブの看板 ユニコーン、米上場相次ぐ

    東南アジアの配車アプリ大手グラブの看板=2017年7月、インドネシア・ジャカルタ(ロイター=共同)

    撮影: 2017年7月、インドネシア・ジャカルタ

  • 2021年04月14日
    コインベースのロゴ 米コインベースが上場

    キーワード:コインベース・グローバル、ロゴマーク、上場、仮想通貨、ビットコイン=2021(令和3)年4月14日、米ニューヨーク(ロイター=共同)

    撮影: 2021

  • 2021年04月14日
    (4)鄭万高速鉄道の湖北区間、スラブ軌道敷設工事が追い込みに

    12日、鄭万高速鉄道南漳(なんしょう)駅でスラブ軌道用締結装置を設置する中鉄十一局の作業員。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の湖北区間では現在、スラブ軌道敷設工事が最終段階に入っており、中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団など、建設に携わる企業の作業員が懸命に工事を進めている。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる高速鉄道網「八縦八横」北京-昆明路線の重要な構成部分。全長は818キロ、設計速度は時速350キロで、鄭州南駅から湖北省を経由して重慶市に入り、万州北駅に至る。(南漳=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (6)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域で海に投入される大型サンゴ苗床。(2020年11月18日撮影、小型無人機から)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)栗戦書氏、陝西省で固形廃棄物環境汚染防止法の実施状況を検査

    11日、非鉄金属製造企業の漢中鋅業でスラグ総合利用無害化処理プロジェクトを視察する栗戦書氏。栗戦書(りつ・せんしょ)中国共産党中央政治局常務委員・全国人民代表大会(全人代)常務委員会委員長は9〜13日、全人代常務委法執行検査グループを率い、陝西省で固形廃棄物環境汚染防止法の実施状況を検査した。(西安=新華社記者/黄敬文)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (18)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息するヤギ目のサンゴ。(3月17日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (3)オランダ・ラボバンク、重慶のトウガラシ産業を支援

    9日、重慶市の農家とトウガラシ価格の上昇について議論するラボバンク・チャイナのPaulSchuilwerve最高経営責任者(CEO、左)。中国重慶市の供銷合作社(農村部の流通協同組合)系企業、重慶市農業生産資料集団はこのほど、同市巫山県とトウガラシ産業の発展に向けた協力協定を締結した。オランダ農業金融大手のラボバンクと国連環境計画(UNEP)が共同で設立したAGRI3基金が支援する。重慶市の優良農業プロジェクトに投資、参画することで、地元トウガラシ産業を後押しする。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (7)伝統工芸の竹がさで農家の増収を後押し貴州省

    11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県瓦寨鎮上街村にある「再成竹がさ加工工場」の倉庫で、竹がさの半製品を積み上げる村民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県の伝統工芸品、「瓦寨斗笠」(竹がさ)は400年以上の歴史を持つ。美しい見た目や精巧な作りから、今でも日よけや雨よけとして用いられ、民間工芸品の収集品となっている。同県はここ数年、竹編み技術の伝承者や地元人材による家内制手工業工房の設立を積極的に奨励。竹がさの原材料を無料で農家に配布して分散加工を行い、回収、制作、販売を一体化することで、地元農家の収入増を効果的に後押ししている。また、技法の伝承と産業の発展に力を入れ、竹編み技法の伝承者や職人によるさまざまな研修を定期的に実施し、「瓦寨斗笠」の制作技法をさらに継承・発展させるための取り組みを行っている。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (11)伝統工芸の竹がさで農家の増収を後押し貴州省

    11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県瓦寨鎮上街村にある「再成竹がさ加工工場」で、竹がさを作る村民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県の伝統工芸品、「瓦寨斗笠」(竹がさ)は400年以上の歴史を持つ。美しい見た目や精巧な作りから、今でも日よけや雨よけとして用いられ、民間工芸品の収集品となっている。同県はここ数年、竹編み技術の伝承者や地元人材による家内制手工業工房の設立を積極的に奨励。竹がさの原材料を無料で農家に配布して分散加工を行い、回収、制作、販売を一体化することで、地元農家の収入増を効果的に後押ししている。また、技法の伝承と産業の発展に力を入れ、竹編み技法の伝承者や職人によるさまざまな研修を定期的に実施し、「瓦寨斗笠」の制作技法をさらに継承・発展させるための取り組みを行っている。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (2)ザリガニの出荷最盛期湖南省益陽市

    13日、湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮新飛村稲蝦公園でザリガニを捕獲する農民。中国湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮ではザリガニの出荷が最盛期を迎え、農民らが作業に追われている。洞庭湖地区に位置する同区は水稲栽培とザリガニ養殖を一体化した農業モデルを発展させることで住民の収入増を後押ししている。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (4)ザリガニの出荷最盛期湖南省益陽市

    13日、湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮新飛村稲蝦公園でザリガニを捕獲する農民。中国湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮ではザリガニの出荷が最盛期を迎え、農民らが作業に追われている。洞庭湖地区に位置する同区は水稲栽培とザリガニ養殖を一体化した農業モデルを発展させることで住民の収入増を後押ししている。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (8)伝統工芸の竹がさで農家の増収を後押し貴州省

    11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県瓦寨鎮上街村にある「再成竹がさ加工工場」で、竹がさを作る村民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県の伝統工芸品、「瓦寨斗笠」(竹がさ)は400年以上の歴史を持つ。美しい見た目や精巧な作りから、今でも日よけや雨よけとして用いられ、民間工芸品の収集品となっている。同県はここ数年、竹編み技術の伝承者や地元人材による家内制手工業工房の設立を積極的に奨励。竹がさの原材料を無料で農家に配布して分散加工を行い、回収、制作、販売を一体化することで、地元農家の収入増を効果的に後押ししている。また、技法の伝承と産業の発展に力を入れ、竹編み技法の伝承者や職人によるさまざまな研修を定期的に実施し、「瓦寨斗笠」の制作技法をさらに継承・発展させるための取り組みを行っている。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (2)「ドイツ的要素」あふれる中国東北部の町吉林省長春市

    吉林省長春市のドイツ料理店で、ドイツビールを見せるスタッフ。(2020年9月12日撮影)中国東北地方の歴史ある工業の町、吉林省長春市では近年、ますます多くの「ドイツ的要素」が人々の生活の中に取り入れられつつある。市街地の南東部にある彩織街でもドイツ料理の店が人気を集めており、「故郷の味」を懐かしむ現地在住のドイツ人だけでなく、地元の人たちも足を運ぶという。ドイツ料理に加え、車もまた、現地在住ドイツ人の中国に対する親近感向上に寄与している。長春の道路では、フォルクスワーゲンやアウディなどのドイツ系メーカーの車を至るところで目にする。1991年、中国自動車大手の中国第一汽車集団はドイツの「車の街」ボルフスブルクのフォルクスワーゲン(VW)と正式に提携し、合弁会社「一汽大衆汽車(一汽VW)」を設立した。中独はそれ以来30年にわたり、経済や文化、スポーツなど多くの分野で交流を深めてきた。長春の「ドイツ的要素」は今後ますます増えていくだろう。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (6)ザリガニの出荷最盛期湖南省益陽市

    13日、湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮新飛村稲蝦公園でザリガニをかごに入れる農民。中国湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮ではザリガニの出荷が最盛期を迎え、農民らが作業に追われている。洞庭湖地区に位置する同区は水稲栽培とザリガニ養殖を一体化した農業モデルを発展させることで住民の収入増を後押ししている。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (9)伝統工芸の竹がさで農家の増収を後押し貴州省

    11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県瓦寨鎮の坪城村で、細く割った竹をくしですく村民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県の伝統工芸品、「瓦寨斗笠」(竹がさ)は400年以上の歴史を持つ。美しい見た目や精巧な作りから、今でも日よけや雨よけとして用いられ、民間工芸品の収集品となっている。同県はここ数年、竹編み技術の伝承者や地元人材による家内制手工業工房の設立を積極的に奨励。竹がさの原材料を無料で農家に配布して分散加工を行い、回収、制作、販売を一体化することで、地元農家の収入増を効果的に後押ししている。また、技法の伝承と産業の発展に力を入れ、竹編み技法の伝承者や職人によるさまざまな研修を定期的に実施し、「瓦寨斗笠」の制作技法をさらに継承・発展させるための取り組みを行っている。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (2)「10年禁漁」開始から1年、鄱陽湖に消えた魚が戻る江西省

    鄱陽湖の都昌県磯山(きざん)村付近の水域にある廃棄漁船の集積所で漁船を解体するショベルカー。(2020年4月26日撮影)中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖でこのほど、およそ10年ぶりにコイ科の淡水魚「䲘」(Ochetobiuselongatus)が発見された。江西省水産科学研究所の王生辺(おう・せいへん)副主任が同湖の都昌松門山水域で定例モニタリング調査を行っていた際に見つけた。同湖で䲘の個体群が確認できなくなってから、すでに10年近くが経っていた。(南昌=新華社配信/傅建斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (2)春の農作業に備え耕運と石灰散布始まる湖南省

    13日、湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村で、石灰散布・耕運一体機を運転し、作業を開始する「水稲十代全程服務聯合社」のスタッフ。中国湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村の田畑で13日、春の農作業に向けた耕運と石灰散布が行われた。同区では、適量の石灰を散布できる旋回式耕運一体機の普及により、土起こしと石灰のすき込みが同時にできるようになり、農業のコスト削減と効率向上につながっている。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (2)オランダ・ラボバンク、重慶のトウガラシ産業を支援

    9日、重慶市涪陵区でトウガラシ栽培基地を視察するラボバンク・チャイナのPaulSchuilwerve最高経営責任者(CEO、中央)。中国重慶市の供銷合作社(農村部の流通協同組合)系企業、重慶市農業生産資料集団はこのほど、同市巫山県とトウガラシ産業の発展に向けた協力協定を締結した。オランダ農業金融大手のラボバンクと国連環境計画(UNEP)が共同で設立したAGRI3基金が支援する。重慶市の優良農業プロジェクトに投資、参画することで、地元トウガラシ産業を後押しする。(重慶=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)「中国大運河民間芸能文化連盟」が発足江蘇省淮安市

    10日、「中国大運河民間演芸文化連盟」の発足式の一場面。中国の北京市と浙江省杭州市を結ぶ京杭(けいこう)大運河の沿線にある文化館(文化センター)約40カ所が加盟する「中国大運河民間演芸文化連盟」がこのほど、江蘇省淮安市で発足した。沿線地域の優れた伝統文化資源の保護と伝承、活用に努め、全国の民間演芸事業の発展を共同で促進する。同市文化広電・観光局が明らかにした。(南京=新華社配信/周奚如)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (13)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に設けられたサンゴ礁生息環境修復エリア。(3月18日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (4)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    大型サンゴ苗床を積み崖州湾を航行する船。(2020年11月18日撮影、小型無人機から)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (9)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域で作業する三亜サンゴ礁生態研究所の職員。(3月17日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (5)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域で大型サンゴ苗床を海に投入する船。(2020年11月18日撮影、小型無人機から)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (17)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息するヤギ目のサンゴ。(3月18日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    コインベースのロゴ 米コインベースが上場

    キーワード:コインベース・グローバル、ロゴマーク、上場、仮想通貨、ビットコイン=2021(令和3)年4月14日、米ニューヨーク(ロイター=共同)

    撮影: 2021

  • 2021年04月14日
    (7)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域で海に投入される大型サンゴ苗床。(2020年11月18日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (8)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    三亜サンゴ礁生態研究所の実験室でデータを記録する職員。(3月18日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (12)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息する軟質サンゴ。(3月17日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (6)鄭万高速鉄道の湖北区間、スラブ軌道敷設工事が追い込みに

    12日、鄭万高速鉄道南漳(なんしょう)駅でスラブ軌道の微調整を行う中鉄十一局の技術スタッフ。中国河南省鄭州市と重慶市万州区を結ぶ鄭万高速鉄道の湖北区間では現在、スラブ軌道敷設工事が最終段階に入っており、中国鉄道建設大手、中国鉄建傘下の中鉄十一局集団など、建設に携わる企業の作業員が懸命に工事を進めている。同高速鉄道は、縦横各8本のルートからなる高速鉄道網「八縦八横」北京-昆明路線の重要な構成部分。全長は818キロ、設計速度は時速350キロで、鄭州南駅から湖北省を経由して重慶市に入り、万州北駅に至る。(南漳=新華社記者/杜華挙)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)伝統工芸の竹がさで農家の増収を後押し貴州省

    11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県瓦寨鎮の坪城村で、竹を細く割る村民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県の伝統工芸品、「瓦寨斗笠」(竹がさ)は400年以上の歴史を持つ。美しい見た目や精巧な作りから、今でも日よけや雨よけとして用いられ、民間工芸品の収集品となっている。同県はここ数年、竹編み技術の伝承者や地元人材による家内制手工業工房の設立を積極的に奨励。竹がさの原材料を無料で農家に配布して分散加工を行い、回収、制作、販売を一体化することで、地元農家の収入増を効果的に後押ししている。また、技法の伝承と産業の発展に力を入れ、竹編み技法の伝承者や職人によるさまざまな研修を定期的に実施し、「瓦寨斗笠」の制作技法をさらに継承・発展させるための取り組みを行っている。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (6)伝統工芸の竹がさで農家の増収を後押し貴州省

    11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県瓦寨鎮上街村にある「再成竹がさ加工工場」で、竹がさを作る村民。中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県の伝統工芸品、「瓦寨斗笠」(竹がさ)は400年以上の歴史を持つ。美しい見た目や精巧な作りから、今でも日よけや雨よけとして用いられ、民間工芸品の収集品となっている。同県はここ数年、竹編み技術の伝承者や地元人材による家内制手工業工房の設立を積極的に奨励。竹がさの原材料を無料で農家に配布して分散加工を行い、回収、制作、販売を一体化することで、地元農家の収入増を効果的に後押ししている。また、技法の伝承と産業の発展に力を入れ、竹編み技法の伝承者や職人によるさまざまな研修を定期的に実施し、「瓦寨斗笠」の制作技法をさらに継承・発展させるための取り組みを行っている。(黔東南=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (4)「ドイツ的要素」あふれる中国東北部の町吉林省長春市

    吉林省長春市にあるドイツ料理店のカウンターで、笑顔で客を迎えるオーナーの葉俐宏(よう・りこう)さん。(2020年9月12日撮影)中国東北地方の歴史ある工業の町、吉林省長春市では近年、ますます多くの「ドイツ的要素」が人々の生活の中に取り入れられつつある。市街地の南東部にある彩織街でもドイツ料理の店が人気を集めており、「故郷の味」を懐かしむ現地在住のドイツ人だけでなく、地元の人たちも足を運ぶという。ドイツ料理に加え、車もまた、現地在住ドイツ人の中国に対する親近感向上に寄与している。長春の道路では、フォルクスワーゲンやアウディなどのドイツ系メーカーの車を至るところで目にする。1991年、中国自動車大手の中国第一汽車集団はドイツの「車の街」ボルフスブルクのフォルクスワーゲン(VW)と正式に提携し、合弁会社「一汽大衆汽車(一汽VW)」を設立した。中独はそれ以来30年にわたり、経済や文化、スポーツなど多くの分野で交流を深めてきた。長春の「ドイツ的要素」は今後ますます増えていくだろう。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (5)「ドイツ的要素」あふれる中国東北部の町吉林省長春市

    長春市にあるドイツ料理店の厨房で、ドイツ風ソーセージを焼くシェフ。(2020年9月12日撮影)中国東北地方の歴史ある工業の町、吉林省長春市では近年、ますます多くの「ドイツ的要素」が人々の生活の中に取り入れられつつある。市街地の南東部にある彩織街でもドイツ料理の店が人気を集めており、「故郷の味」を懐かしむ現地在住のドイツ人だけでなく、地元の人たちも足を運ぶという。ドイツ料理に加え、車もまた、現地在住ドイツ人の中国に対する親近感向上に寄与している。長春の道路では、フォルクスワーゲンやアウディなどのドイツ系メーカーの車を至るところで目にする。1991年、中国自動車大手の中国第一汽車集団はドイツの「車の街」ボルフスブルクのフォルクスワーゲン(VW)と正式に提携し、合弁会社「一汽大衆汽車(一汽VW)」を設立した。中独はそれ以来30年にわたり、経済や文化、スポーツなど多くの分野で交流を深めてきた。長春の「ドイツ的要素」は今後ますます増えていくだろう。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)ザリガニの出荷最盛期湖南省益陽市

    13日、湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮新飛村稲蝦公園でザリガニを捕獲する農民。中国湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮ではザリガニの出荷が最盛期を迎え、農民らが作業に追われている。洞庭湖地区に位置する同区は水稲栽培とザリガニ養殖を一体化した農業モデルを発展させることで住民の収入増を後押ししている。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (3)「10年禁漁」開始から1年、鄱陽湖に消えた魚が戻る江西省

    鄱陽湖の都昌水域の風景。(資料写真、小型無人機から)中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖でこのほど、およそ10年ぶりにコイ科の淡水魚「䲘」(Ochetobiuselongatus)が発見された。江西省水産科学研究所の王生辺(おう・せいへん)副主任が同湖の都昌松門山水域で定例モニタリング調査を行っていた際に見つけた。同湖で䲘の個体群が確認できなくなってから、すでに10年近くが経っていた。(南昌=新華社配信/傅建斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)「10年禁漁」開始から1年、鄱陽湖に消えた魚が戻る江西省

    研究者が最近、鄱陽湖の都昌松門山水域で定期的なモニタリング調査を行った際に発見したコイ科の淡水魚「䲘」。(資料写真)中国江西省にある国内最大の淡水湖、鄱陽(はよう)湖でこのほど、およそ10年ぶりにコイ科の淡水魚「䲘」(Ochetobiuselongatus)が発見された。江西省水産科学研究所の王生辺(おう・せいへん)副主任が同湖の都昌松門山水域で定例モニタリング調査を行っていた際に見つけた。同湖で䲘の個体群が確認できなくなってから、すでに10年近くが経っていた。(南昌=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (6)「ドイツ的要素」あふれる中国東北部の町吉林省長春市

    長春市にある「アウディ」ブランドのSUV車「Qシリーズ」の専用工場。(小型無人機から、2018年3月29日撮影)中国東北地方の歴史ある工業の町、吉林省長春市では近年、ますます多くの「ドイツ的要素」が人々の生活の中に取り入れられつつある。市街地の南東部にある彩織街でもドイツ料理の店が人気を集めており、「故郷の味」を懐かしむ現地在住のドイツ人だけでなく、地元の人たちも足を運ぶという。ドイツ料理に加え、車もまた、現地在住ドイツ人の中国に対する親近感向上に寄与している。長春の道路では、フォルクスワーゲンやアウディなどのドイツ系メーカーの車を至るところで目にする。1991年、中国自動車大手の中国第一汽車集団はドイツの「車の街」ボルフスブルクのフォルクスワーゲン(VW)と正式に提携し、合弁会社「一汽大衆汽車(一汽VW)」を設立した。中独はそれ以来30年にわたり、経済や文化、スポーツなど多くの分野で交流を深めてきた。長春の「ドイツ的要素」は今後ますます増えていくだろう。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (1)「ドイツ的要素」あふれる中国東北部の町、吉林省長春市

    長春市のドイツ料理店で、料理を運ぶスタッフ。(2020年9月12日撮影)中国東北地方の歴史ある工業の町、吉林省長春市では近年、ますます多くの「ドイツ的要素」が人々の生活の中に取り入れられつつある。市街地の南東部にある彩織街でもドイツ料理の店が人気を集めており、「故郷の味」を懐かしむ現地在住のドイツ人だけでなく、地元の人たちも足を運ぶという。ドイツ料理に加え、車もまた、現地在住ドイツ人の中国に対する親近感向上に寄与している。長春の道路では、フォルクスワーゲンやアウディなどのドイツ系メーカーの車を至るところで目にする。1991年、中国自動車大手の中国第一汽車集団はドイツの「車の街」ボルフスブルクのフォルクスワーゲン(VW)と正式に提携し、合弁会社「一汽大衆汽車(一汽VW)」を設立した。中独はそれ以来30年にわたり、経済や文化、スポーツなど多くの分野で交流を深めてきた。長春の「ドイツ的要素」は今後ますます増えていくだろう。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (11)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息するヤギ目のサンゴ。(3月17日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (15)崖州湾の生態環境修復モデルプロジェクトに成果海南省三亜市

    崖州湾の東鑼島周辺海域に生息するサンゴと魚の群れ。(3月18日撮影)中国海南省三亜市で実施されている崖州(がいしゅう)湾生態環境修復モデルプロジェクトは、修復面積が2ムー(約1300平方メートル)に達した。関係部門がこのほど明らかにした。生物多様性の後退に歯止めがかかり、プロジェクトは初期段階の成果を上げた。プロジェクトは、崖州湾で続く海洋生態環境の悪化や自然回復が難しい海洋生態系などの問題を解決する方法を科学的に探求するのが目的で、同省の国家生態文明試験区建設に向けた試験的役割も担っている。三亜サンゴ礁生態研究所が崖州湾東鑼島周辺海域で実施している系統的なサンゴ礁生態修復モデルプロジェクトでは、苗床の設置や苗の補植、監視と保護などを通じて、サンゴ生息環境改善区やサンゴ礁再生区を整備。今ではサンゴの生存率が70%を超え、サンゴ被度も10%増加している。(海口=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (3)春の農作業に備え耕運と石灰散布始まる湖南省

    13日、湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村で、石灰散布・耕運一体機を運転する「水稲十代全程服務聯合社」のスタッフ。中国湖南省益陽市資陽区新橋河鎮毛家山村の田畑で13日、春の農作業に向けた耕運と石灰散布が行われた。同区では、適量の石灰を散布できる旋回式耕運一体機の普及により、土起こしと石灰のすき込みが同時にできるようになり、農業のコスト削減と効率向上につながっている。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (3)「ドイツ的要素」あふれる中国東北部の町吉林省長春市

    長春市の彩織街にあるドイツ料理店のテラス席で、食事を楽しむ客。(2020年9月12日撮影)中国東北地方の歴史ある工業の町、吉林省長春市では近年、ますます多くの「ドイツ的要素」が人々の生活の中に取り入れられつつある。市街地の南東部にある彩織街でもドイツ料理の店が人気を集めており、「故郷の味」を懐かしむ現地在住のドイツ人だけでなく、地元の人たちも足を運ぶという。ドイツ料理に加え、車もまた、現地在住ドイツ人の中国に対する親近感向上に寄与している。長春の道路では、フォルクスワーゲンやアウディなどのドイツ系メーカーの車を至るところで目にする。1991年、中国自動車大手の中国第一汽車集団はドイツの「車の街」ボルフスブルクのフォルクスワーゲン(VW)と正式に提携し、合弁会社「一汽大衆汽車(一汽VW)」を設立した。中独はそれ以来30年にわたり、経済や文化、スポーツなど多くの分野で交流を深めてきた。長春の「ドイツ的要素」は今後ますます増えていくだろう。(長春=新華社記者/許暢)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (3)ザリガニの出荷最盛期湖南省益陽市

    13日、湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮新飛村稲蝦公園でザリガニを捕獲する農民。中国湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮ではザリガニの出荷が最盛期を迎え、農民らが作業に追われている。洞庭湖地区に位置する同区は水稲栽培とザリガニ養殖を一体化した農業モデルを発展させることで住民の収入増を後押ししている。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    (5)ザリガニの出荷最盛期湖南省益陽市

    13日、湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮新飛村稲蝦公園でザリガニを選別する農民。中国湖南省益陽市資陽区茈湖口鎮ではザリガニの出荷が最盛期を迎え、農民らが作業に追われている。洞庭湖地区に位置する同区は水稲栽培とザリガニ養殖を一体化した農業モデルを発展させることで住民の収入増を後押ししている。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月14日
    コインベースのロゴ 米コインベースが上場

    キーワード:コインベース・グローバル、ロゴマーク、上場、仮想通貨、ビットコイン=2021(令和3)年4月14日、米ニューヨーク(ロイター=共同)

    撮影: 2021

  • 2021年04月13日
    (4)現代農業産業地区の建設が本格化貴州省余慶県

    11日、貴州省遵義市余慶県白泥鎮の団結村にある現代農業野菜栽培モデル地区で、農作業に励む村の人。このところ暖かい日が続き、雨量も増えている中国貴州省遵義(じゅんぎ)市余慶県白泥鎮の団結村では、同村の現代農業野菜栽培モデル基地で働く農家の人たちが、春の耕作、植付け、管理といった一連の作業に追われている。同県はここ数年、県内に総面積3万9千ムー(2600ヘクタール)に及ぶ現代農業産業地区22カ所を建設し、土地の使用権譲渡や団体による資金投入などを実施。農村産業発展の内在的な原動力を強化するとともに、さまざまな方法で住民の増収を後押しし、農村の振興を進めている。(余慶=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (2)現代農業産業地区の建設が本格化貴州省余慶県

    11日、貴州省遵義市余慶県白泥鎮の団結村にある現代農業野菜栽培モデル地区で、農作業に励む村の人たち。このところ暖かい日が続き、雨量も増えている中国貴州省遵義(じゅんぎ)市余慶県白泥鎮の団結村では、同村の現代農業野菜栽培モデル基地で働く農家の人たちが、春の耕作、植付け、管理といった一連の作業に追われている。同県はここ数年、県内に総面積3万9千ムー(2600ヘクタール)に及ぶ現代農業産業地区22カ所を建設し、土地の使用権譲渡や団体による資金投入などを実施。農村産業発展の内在的な原動力を強化するとともに、さまざまな方法で住民の増収を後押しし、農村の振興を進めている。(余慶=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    香港、内地からの非香港住民の強制検疫を免除へ5月中旬から

    12日、記者会見に臨む林鄭行政長官。中国香港特別行政区の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は12日、5月中旬から「来港易」計画を実施し、内地に居住する非香港住民に対する14日間の強制的な検疫を免除すると発表した。計画実施の詳細が確定した後に公布する。(香港=新華社記者/呂小煒)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (6)アヒル産業チェーンが導く農村の経済振興貴州省三穂県

    11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県瓦寨鎮観音閣村にある三穂アヒル産業モデルパークの飼育場でアヒルのひなに水を与える従業員。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県は、「三穂アヒル」の主要産地として600年に上る飼育の歴史を持つ。同県はここ数年、アヒル関連産業の発展を富裕化の手段と位置付け、ふ化から飼育、加工、販売までを統合した完全な産業チェーンを形成、地元農家の増収を効果的にけん引している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (5)アヒル産業チェーンが導く農村の経済振興貴州省三穂県

    11日、貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂県瓦寨鎮観音閣村にある三穂アヒル産業モデルパークでアヒルに餌を与える従業員。中国貴州省黔東南ミャオ族トン族自治州三穂(さんすい)県は、「三穂アヒル」の主要産地として600年に上る飼育の歴史を持つ。同県はここ数年、アヒル関連産業の発展を富裕化の手段と位置付け、ふ化から飼育、加工、販売までを統合した完全な産業チェーンを形成、地元農家の増収を効果的にけん引している。(貴陽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (13)梨農家が授粉作業に農業用ドローンを活用新疆ウイグル自治区

    11日、鉄門関市にある梨農園。中国新疆ウイグル自治区鉄門関市ではこのところ、梨の花が次々と開花し、授粉の重要な時期を迎えている。地元農家は農業用小型無人機(ドローン)による梨の授粉作業を導入し、増産を促進している。(鉄門関=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    (10)梨農家が授粉作業に農業用ドローンを活用新疆ウイグル自治区

    11日、鉄門関市の香梨モデル農園で、授粉作業を行う農業用ドローン。中国新疆ウイグル自治区鉄門関市ではこのところ、梨の花が次々と開花し、授粉の重要な時期を迎えている。地元農家は農業用小型無人機(ドローン)による梨の授粉作業を導入し、増産を促進している。(鉄門関=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    Vice President Kamala Harris Holds Roundtable on Black Maternal Health

    Erica McAfee, Founder and CEO of Sisters in Loss, speaks during a roundtable discussion on Black maternal health hosted by Vice President Kamala Harris and White House Domestic Policy Advisor Susan Rice in the South Court Auditorium in Washington, D.C., U.S., on Tuesday, April 13, 2021Credit: Sarah Silbiger / Pool via CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    Vice President Kamala Harris Holds Roundtable on Black Maternal Health

    Erica McAfee, Founder and CEO of Sisters in Loss, speaks during a roundtable discussion on Black maternal health hosted by Vice President Kamala Harris and White House Domestic Policy Advisor Susan Rice in the South Court Auditorium in Washington, D.C., U.S., on Tuesday, April 13, 2021. Credit: Sarah Silbiger / Pool via CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    Vice President Kamala Harris Holds Roundtable on Black Maternal Health

    Erica McAfee, Founder and CEO of Sisters in Loss, speaks during a roundtable discussion on Black maternal health hosted by Vice President Kamala Harris and White House Domestic Policy Advisor Susan Rice in the South Court Auditorium in Washington, D.C., U.S., on Tuesday, April 13, 2021Credit: Sarah Silbiger / Pool via CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    Vice President Kamala Harris Holds Roundtable on Black Maternal Health

    Erica McAfee, Founder and CEO of Sisters in Loss, speaks during a roundtable discussion on Black maternal health hosted by Vice President Kamala Harris and White House Domestic Policy Advisor Susan Rice in the South Court Auditorium in Washington, D.C., U.S., on Tuesday, April 13, 2021. Credit: Sarah Silbiger / Pool via CNP | usage worldwide、クレジット:CNP/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    Soccer Champions League / Quarter Finals / Paris St. Germain - FC Bayern Munich.

    Oliver KAHN (designated CEO FCB) on the phone. Soccer Champions League, quarter-final match, Paris St. Germain (PSG) - FC Bayern Munich (M), on April 13th, 2021 in Paris / France. Â | usage worldwide、クレジット:SVEN SIMON/DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (1)日本、放射能汚染水の海洋放出を決定

    13日、東京の街角でスマホを使い、日本が福島第一原発の放射能汚染水を海洋放出することを決定したニュースを見る市民。日本政府は13日、閣議を開き、福島第一原発の放射能汚染水をろ過し、希釈した後、海洋放出することを正式に決定した。(東京=新華社記者/杜瀟逸)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (1)中国が援助のコロナワクチン、ソロモン諸島に到着

    11日、ソロモン諸島のホニアラ国際空港に到着した、中国製コロナワクチンを積んだチャーター機。中国政府がソロモン諸島に援助した中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルス不活化ワクチンが11日夜、同国の首都ホニアラに到着した。これにより、ソロモン諸島は中国からコロナワクチンを調達した太平洋島しょ地域の最初の国となった。(ホニアラ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (1)現代農業産業地区の建設が本格化貴州省余慶県

    11日、貴州省遵義市余慶県白泥鎮の団結村にある現代農業野菜栽培モデル地区。(小型無人機から)このところ暖かい日が続き、雨量も増えている中国貴州省遵義(じゅんぎ)市余慶県白泥鎮の団結村では、同村の現代農業野菜栽培モデル基地で働く農家の人たちが、春の耕作、植付け、管理といった一連の作業に追われている。同県はここ数年、県内に総面積3万9千ムー(2600ヘクタール)に及ぶ現代農業産業地区22カ所を建設し、土地の使用権譲渡や団体による資金投入などを実施。農村産業発展の内在的な原動力を強化するとともに、さまざまな方法で住民の増収を後押しし、農村の振興を進めている。(余慶=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (3)現代農業産業地区の建設が本格化貴州省余慶県

    11日、貴州省遵義市余慶県白泥鎮の団結村にある現代農業野菜栽培モデル地区で、農作業に励む村の人たち。このところ暖かい日が続き、雨量も増えている中国貴州省遵義(じゅんぎ)市余慶県白泥鎮の団結村では、同村の現代農業野菜栽培モデル基地で働く農家の人たちが、春の耕作、植付け、管理といった一連の作業に追われている。同県はここ数年、県内に総面積3万9千ムー(2600ヘクタール)に及ぶ現代農業産業地区22カ所を建設し、土地の使用権譲渡や団体による資金投入などを実施。農村産業発展の内在的な原動力を強化するとともに、さまざまな方法で住民の増収を後押しし、農村の振興を進めている。(余慶=新華社記者/楊楹)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3