KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • マスク姿
  • 緊急事態
  • 要請決定
  • デジタル賃金
  • 下関支店長
  • 日銀下関
  • アイコン
  • ウイルス対策
  • コミッショナー
  • スマートフォン

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
313,561
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
313,561
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    十島村の村営フェリー 離島巡回しワクチン接種へ

    新型コロナウイルスのワクチン巡回接種にも使われる鹿児島県十島村の村営フェリー=13日、鹿児島市

    撮影: 13日、鹿児島市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.36
    2021年04月20日
    「新華社」村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(記者/張格、薛宇舸) =配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    大阪・ミナミを歩く人たち 緊急事態、きょう要請決定

    大阪・ミナミを歩くマスク姿の人たち。新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は政府に対し緊急事態宣言発令を要請する=19日夕

    撮影: 19日夕

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    大阪・梅田歩く人たち 緊急事態、きょう要請決定

    大阪・梅田を歩くマスク姿の人たち。新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は政府に対し緊急事態宣言発令を要請する=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    大阪・梅田を歩く人たち 緊急事態、きょう要請決定

    大阪・梅田を歩くマスク姿の人たち。新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は政府に対し緊急事態宣言発令を要請する=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    斉藤惇コミッショナー 緊急宣言でも「観戦可能」

    オンラインでの新型コロナウイルス対策連絡会議で発言するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=19日

    撮影: 19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    ルネサスの柴田社長 5月の100%稼働目指す

    那珂工場の復旧状況についてオンラインで記者会見するルネサスエレクトロニクスの柴田英利社長=19日午後

    撮影: 19日午後

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:07.38
    2021年04月19日
    「オリコン」 横浜流星、心身を保つため「無」に

    俳優の横浜流星が13日、都内で行われた『NARS新クッションファンデーション』発売記念会見に出席。多忙な日々を送っている横浜は、心身のバランスを保つ方法について「よく食べてよく寝る、それにつきますね(笑)。あとは、特別なことでいえば“無”になることですね。日々いろんなことを考えないといけないので、考えすぎると情報量が多すぎてパンクしちゃう。ある種の精神統一じゃないですけど、自分の気持ちをリセットして、次の日を迎える」と明かした。撮影日時:2021(令和3)年04月19日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:15.80
    2021年04月19日
    「オリコン」 アンミカVSフワちゃん、おしゃべり同士のトークバトルが勃発 「宣材写真の貸し出し多い」

    タレントのアンミカ(49)とYouTuberのフワちゃん(27)が14日、都内で行われた『ミカフレッシュ/ミカホワイト』新商品発売記念イベントに登壇した。撮影日時:2021(令和3)年04月19日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    蒲地久司氏 日銀下関支店長に蒲地氏

    蒲地久司氏

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    藤原裕行氏 日銀下関支店長に蒲地氏

    藤原裕行氏

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    労働政策審議会分科会 デジタル賃金巡り議論

    厚労省で開かれた労働政策審議会分科会=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    決済アプリのアイコン デジタル賃金巡り議論

    スマートフォン用の決済アプリのアイコン

  • 2021年04月19日
    (5)大連で春季不動産交易会が開幕遼寧省

    16日、不動産交易会に出展された物件を見る市民。中国遼寧省大連市の大連世界博覧広場で16日、2021年大連春季不動産交易会(第65回大連不動産交易大会・関連製品展示会)が開幕した。住宅や店舗、別荘など71物件が出展され、不動産購入者のさまざまなニーズを満たしている。会期は19日まで。(大連=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県小寨壩鎮紅岩村で植物保護作業を行うドローン。(小型無人機から)春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県西山鎮鹿窩村で農民にドローンの構造と特徴を紹介する農業技術員(左から2人目)。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県小寨壩鎮紅岩村のブドウ栽培拠点でドローンを飛ばす農業技術員。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県西山鎮鹿窩村のキウイ栽培拠点で植物保護作業を行うドローン。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、山の上に住む人たちの生活用品などを背負って山道を進む壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で配電ボックスの検査をする壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (8)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線を見回る壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地で、農作業に励む地元の村民。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区の農業企業、銅陵鳳丹栽培科技開発の工場で、作業に励む従業員。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)大連で春季不動産交易会が開幕遼寧省

    16日、不動産交易会に出展された物件を見る市民。中国遼寧省大連市の大連世界博覧広場で16日、2021年大連春季不動産交易会(第65回大連不動産交易大会・関連製品展示会)が開幕した。住宅や店舗、別荘など71物件が出展され、不動産購入者のさまざまなニーズを満たしている。会期は19日まで。(大連=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地で、油用ボタンの種を選別する地元の村民。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    9日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (8)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区の農業企業、銅陵鳳丹栽培科技開発の生産ラインで働く従業員。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地で、農作業に励む地元の村民。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、峡谷の上のつり橋を渡る壺瓶山供電所の作業員たち。(小型無人機から)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線を見回る壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)大連で春季不動産交易会が開幕遼寧省

    16日、不動産交易会に出展された物件を見る市民。中国遼寧省大連市の大連世界博覧広場で16日、2021年大連春季不動産交易会(第65回大連不動産交易大会・関連製品展示会)が開幕した。住宅や店舗、別荘など71物件が出展され、不動産購入者のさまざまなニーズを満たしている。会期は19日まで。(大連=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)大連で春季不動産交易会が開幕遼寧省

    16日、不動産交易会に出展された物件を見る市民。中国遼寧省大連市の大連世界博覧広場で16日、2021年大連春季不動産交易会(第65回大連不動産交易大会・関連製品展示会)が開幕した。住宅や店舗、別荘など71物件が出展され、不動産購入者のさまざまなニーズを満たしている。会期は19日まで。(大連=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県西山鎮鹿窩村でドローンを運ぶ農業技術員。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県西山鎮鹿窩村で農民にドローンの動作の仕組みを見せる農業技術員。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線の見回り時に、電柱周囲の雑草を除去する壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鳳凰山風景区のボタン園。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鳳凰山風景区のボタン園で、ボタンの花を楽しむ観光客。。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (9)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で配電ボックスの検査をする壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (10)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮南坪完小学校で児童たちに安全な電力使用の知識を教える壺瓶山供電所の作業員。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、山道を進む壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ボアオ・アジアフォーラム「健康シルクロード」サブフォーラム開催

    18日、サブフォーラムで発言する中国の製薬会社、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)の宇学峰(う・がくほう)董事長。中国海南省の博鰲(ボアオ)で18日、ボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会のサブフォーラム「健康シルクロード」が開催された。(ボアオ=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    18日人出、6割弱で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年04月18日
    18日人出、6割弱で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年04月18日
    18日人出、6割弱で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年04月18日
    18日人出、6割弱で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年04月18日
    HOYA遺族が申告漏れ

    HOYA元社長の相続財産を巡る申告漏れの構図

  • 2021年04月18日
    HOYA遺族が申告漏れ

    HOYA元社長の相続財産を巡る申告漏れの構図

  • 2021年04月18日
    「テラ」が入るビル 有望ベンチャー株が乱高下

    医療ベンチャー「テラ」が入るビル=3月、東京都新宿区

  • 2021年04月18日
    接種人数の把握、期待外れ

    接種記録システムへの登録が遅れる主な理由

  • 2021年04月18日
    接種人数の把握、期待外れ

    接種記録システムへの登録が遅れる主な理由

  • 2021年04月18日
    接種人数の把握、期待外れ

    接種記録システムへの登録が遅れる主な理由

  • 2021年04月18日
    接種人数の把握、期待外れ

    接種記録システムへの登録が遅れる主な理由

  • 2021年04月18日
    大阪・ミナミ行き交う人ら 週内にも緊急宣言要請判断

    大阪・ミナミを行き交う人たち。大阪府では新型コロナウイルスの新規感染者が6日連続で千人を超えた=18日午後5時36分

    撮影: 18日午後5時36分

  • 2021年04月18日
    大阪・ミナミ歩く人たち 週内にも緊急宣言要請判断

    大阪・ミナミを行き交うマスク姿の人たち。大阪府では新型コロナウイルスの新規感染者が6日連続で千人を超えた=18日午後5時36分

    撮影: 18日午後5時36分

  • 2021年04月18日
    3密と緩み、隙突き猛威

    新型コロナウイルス感染症による1日当たりの死者数推移

  • 2021年04月18日
    3密と緩み、隙突き猛威

    新型コロナウイルス感染症による1日当たりの死者数推移

  • 2021年04月18日
    有望ベンチャー株が乱高下

    テラ社を巡る構図

  • 2021年04月18日
    有望ベンチャー株が乱高下

    テラ社を巡る構図

  • 2021年04月18日
    有望ベンチャー株が乱高下

    テラ社を巡る構図

  • 2021年04月18日
    有望ベンチャー株が乱高下

    テラ社を巡る構図

  • 2021年04月18日
    共生新事業に285自治体

    地域共生社会づくりに向けた事業の例

  • 2021年04月18日
    共生新事業に285自治体

    地域共生社会づくりに向けた事業の例

  • 2021年04月18日
    共生新事業に285自治体

    地域共生社会づくりに向けた事業の例

  • 2021年04月18日
    共生新事業に285自治体

    地域共生社会づくりに向けた事業の例

  • 2021年04月18日
    試合延期のスタジアム エンゼルス、2試合を延期

    新型コロナウイルスの検査などが必要となったため、エンゼルス―ツインズ戦が延期されたエンゼルスタジアム=17日、アナハイム(共同)

    撮影: 17日、アナハイム

  • 2021年04月18日
    (6)農園に漂う芳香、ブンカンカが満開に河北省邱県

    15日、邯鄲市邱県梁二荘鎮の塢頭村にあるブンカンカ農園で、ブンカンカの花を摘み取る農家。中国河北省邯鄲(かんたん)市邱県でこのほど、2万ムー(約1333ヘクタール)余りにわたって植えられたブンカンカ(文冠果)が満開を迎え、県内の農園には生命力あふれる春の風景が一面に広がっている。同県は近年、農業の産業構造を積極的に調整し、農家の人たちが土地の状況に応じた措置を講じて、ブンカンカ栽培を発展へと導いている。また、「企業+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用。ブンカンカ茶など一連の特色ある製品を研究開発し、ブンカンカ産業の発展をさらに推進することで、地元住民の増収を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)農園に漂う芳香、ブンカンカが満開に河北省邱県

    15日、邯鄲市邱県梁二荘鎮の塢頭村にあるブンカンカ農園で、ブンカンカを撮影する観光客。中国河北省邯鄲(かんたん)市邱県でこのほど、2万ムー(約1333ヘクタール)余りにわたって植えられたブンカンカ(文冠果)が満開を迎え、県内の農園には生命力あふれる春の風景が一面に広がっている。同県は近年、農業の産業構造を積極的に調整し、農家の人たちが土地の状況に応じた措置を講じて、ブンカンカ栽培を発展へと導いている。また、「企業+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用。ブンカンカ茶など一連の特色ある製品を研究開発し、ブンカンカ産業の発展をさらに推進することで、地元住民の増収を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (2)牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた「牛経済」を推進河北省唐山市

    16日、唐山市漢沽管理区の牧草栽培拠点で稼働するかんがい用スプリンクラー設備。中国河北省唐山市の漢沽管理区はここ数年、現代的な乳牛飼育業の発展に力を入れている。主導企業の育成を手がかりとし、企業が現代的な管理方法を通じて牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた循環式発展モデルを作り上げるようけん引。産業チェーンの継続的な改善により、乳牛飼育の質と効率の向上を効果的に推進している。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、仕分けしたタケノコを容器に詰めるタケノコ加工企業の従業員。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (2)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの収穫に励む農家の人。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (7)ボアオ・アジアフォーラム年次総会が開幕

    18日、ボアオ・アジアフォーラム年次総会の記者会見で発言する中央アジア地域経済協力学院の梁子謙(りょう・しけん)副院長。中国海南省の博鰲(ボアオ)で18日、ボアオ・アジアフォーラムの年次総会が開幕した。同総会は実会場で今年開かれる世界最初の大型国際会議で、暫定的な統計によると、60余りの国・地域の代表2600人余りと、18の国・地域のメディア160社の記者1200人余りが参加する。(ボアオ=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (2)ゴビ砂漠で植樹、砂漠化対策進む内モンゴル自治区

    16日、アルシャー左旗吉蘭泰鎮付近のゴビ砂漠で梭梭の苗を植える労働者。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区アルシャー盟に広がるゴビ砂漠で、砂漠化防止のための植樹活動が始まった。今年、同自治区アルシャー左旗での植樹面積はすでに30万6千ムー(約2万400ヘクタール)に達し、主に「梭梭(ソウソウ)」や「花棒(ファーバン)」などの乾燥地に適した植物が植えられた。(アルシャー=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (6)ゴビ砂漠で植樹、砂漠化対策進む内モンゴル自治区

    16日、アルシャー左旗吉蘭泰鎮付近のゴビ砂漠で梭梭の苗を植える労働者。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区アルシャー盟に広がるゴビ砂漠で、砂漠化防止のための植樹活動が始まった。今年、同自治区アルシャー左旗での植樹面積はすでに30万6千ムー(約2万400ヘクタール)に達し、主に「梭梭(ソウソウ)」や「花棒(ファーバン)」などの乾燥地に適した植物が植えられた。(アルシャー=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)ゴビ砂漠で植樹、砂漠化対策進む内モンゴル自治区

    16日、アルシャー左旗吉蘭泰鎮付近のゴビ砂漠で梭梭の苗を整理する労働者。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区アルシャー盟に広がるゴビ砂漠で、砂漠化防止のための植樹活動が始まった。今年、同自治区アルシャー左旗での植樹面積はすでに30万6千ムー(約2万400ヘクタール)に達し、主に「梭梭(ソウソウ)」や「花棒(ファーバン)」などの乾燥地に適した植物が植えられた。(アルシャー=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (9)ゴビ砂漠で植樹、砂漠化対策進む内モンゴル自治区

    16日、アルシャー左旗吉蘭泰鎮付近のゴビ砂漠で梭梭の苗を植える労働者。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区アルシャー盟に広がるゴビ砂漠で、砂漠化防止のための植樹活動が始まった。今年、同自治区アルシャー左旗での植樹面積はすでに30万6千ムー(約2万400ヘクタール)に達し、主に「梭梭(ソウソウ)」や「花棒(ファーバン)」などの乾燥地に適した植物が植えられた。(アルシャー=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (7)スマート育苗工場、春の農作業を後押し湖南省

    14日、湖南省益陽市大通湖区の宏碩多機能スマート育苗工場で、大量の苗を栽培する循環式の育苗装置。春の耕作シーズンを迎えた中国湖南省益陽市大通湖区の宏碩(こうせき)多機能スマート育苗工場は、本格的な稼働を開始し、育苗作業を急ピッチで進めている。同工場は集中的かつ大規模な育苗を行うとともに、光、湿度、温度の制御や操作の自動化によって春の寒波のリスクを効果的に避けることで、育苗の効率と成苗率の向上を目指すという。(長沙=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた「牛経済」を推進河北省唐山市

    16日、唐山市漢沽管理区の牧草栽培拠点。(小型無人機から)中国河北省唐山市の漢沽管理区はここ数年、現代的な乳牛飼育業の発展に力を入れている。主導企業の育成を手がかりとし、企業が現代的な管理方法を通じて牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた循環式発展モデルを作り上げるようけん引。産業チェーンの継続的な改善により、乳牛飼育の質と効率の向上を効果的に推進している。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (6)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの仕分け作業をするタケノコ加工企業の従業員ら。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの重さを量るタケノコ加工企業の従業員。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、収穫したタケノコの皮をむく農家の人。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの収穫に励む農家の人。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)ボアオ・アジアフォーラム年次総会が開幕

    18日、ボアオ・アジアフォーラム年次総会の記者会見で発言する中国社会科学院世界経済・政治研究所の張宇燕(ちょう・うえん)所長。中国海南省の博鰲(ボアオ)で18日、ボアオ・アジアフォーラムの年次総会が開幕した。同総会は実会場で今年開かれる世界最初の大型国際会議で、暫定的な統計によると、60余りの国・地域の代表2600人余りと、18の国・地域のメディア160社の記者1200人余りが参加する。(ボアオ=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、中国製新型コロナワクチンを接種する医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、新型コロナワクチンを接種する医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)ゴビ砂漠で植樹、砂漠化対策進む内モンゴル自治区

    16日、アルシャー左旗吉蘭泰鎮付近のゴビ砂漠で梭梭の苗を植える労働者。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区アルシャー盟に広がるゴビ砂漠で、砂漠化防止のための植樹活動が始まった。今年、同自治区アルシャー左旗での植樹面積はすでに30万6千ムー(約2万400ヘクタール)に達し、主に「梭梭(ソウソウ)」や「花棒(ファーバン)」などの乾燥地に適した植物が植えられた。(アルシャー=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (10)ゴビ砂漠で植樹、砂漠化対策進む内モンゴル自治区

    16日、アルシャー左旗吉蘭泰鎮付近のゴビ砂漠で梭梭の苗を植える労働者。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区アルシャー盟に広がるゴビ砂漠で、砂漠化防止のための植樹活動が始まった。今年、同自治区アルシャー左旗での植樹面積はすでに30万6千ムー(約2万400ヘクタール)に達し、主に「梭梭(ソウソウ)」や「花棒(ファーバン)」などの乾燥地に適した植物が植えられた。(アルシャー=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)農園に漂う芳香、ブンカンカが満開に河北省邱県

    15日、邯鄲市邱県梁二荘鎮の塢頭村にあるブンカンカ農園で、ブンカンカの花を摘み取る農家。中国河北省邯鄲(かんたん)市邱県でこのほど、2万ムー(約1333ヘクタール)余りにわたって植えられたブンカンカ(文冠果)が満開を迎え、県内の農園には生命力あふれる春の風景が一面に広がっている。同県は近年、農業の産業構造を積極的に調整し、農家の人たちが土地の状況に応じた措置を講じて、ブンカンカ栽培を発展へと導いている。また、「企業+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用。ブンカンカ茶など一連の特色ある製品を研究開発し、ブンカンカ産業の発展をさらに推進することで、地元住民の増収を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (2)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、新型コロナワクチンを接種する医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、中国医薬集団(シノファーム)製新型コロナワクチンを示す医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (7)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、皮をむいたタケノコをかごに入れる農家の人。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (8)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、皮をむかれたタケノコを袋から出す合作社の職員。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (9)タケノコ産業が収入増を促進湖南省桃江県

    15日、益陽市桃江県の馬迹塘鎮で、タケノコの仕分け作業をするタケノコ加工企業の従業員ら。中国湖南省益陽市桃江県ではこのところ、タケノコが収穫期を迎え、収穫・加工、市場への供給が急ピッチで進められている。同県は近年、「企業+合作社(協同組合)+農家」や「合作社+基地+農家」などの発展モデルを採用し、地元住民の就業と収入増を後押ししてきた。2020年には県内のタケノコ産業が約15万人の雇用を生み出し、農民1人当たりのタケノコによる収入は約3800元(1元=約17円)に達したという。(益陽=新華社記者/陳沢国)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (1)ボアオ・アジアフォーラム年次総会が開幕

    18日、ボアオ・アジアフォーラム年次総会の記者会見。中国海南省の博鰲(ボアオ)で18日、ボアオ・アジアフォーラムの年次総会が開幕した。同総会は実会場で今年開かれる世界最初の大型国際会議で、暫定的な統計によると、60余りの国・地域の代表2600人余りと、18の国・地域のメディア160社の記者1200人余りが参加する。(ボアオ=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)ボアオ・アジアフォーラム年次総会が開幕

    18日、ボアオ・アジアフォーラム年次総会の記者会見。中国海南省の博鰲(ボアオ)で18日、ボアオ・アジアフォーラムの年次総会が開幕した。同総会は実会場で今年開かれる世界最初の大型国際会議で、暫定的な統計によると、60余りの国・地域の代表2600人余りと、18の国・地域のメディア160社の記者1200人余りが参加する。(ボアオ=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (4)ボアオ・アジアフォーラム年次総会が開幕

    18日、ボアオ・アジアフォーラム年次総会の記者会見で発言するボアオ・アジアフォーラム研究院の曹莉(そう・り)副院長。中国海南省の博鰲(ボアオ)で18日、ボアオ・アジアフォーラムの年次総会が開幕した。同総会は実会場で今年開かれる世界最初の大型国際会議で、暫定的な統計によると、60余りの国・地域の代表2600人余りと、18の国・地域のメディア160社の記者1200人余りが参加する。(ボアオ=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (5)農園に漂う芳香、ブンカンカが満開に河北省邱県

    15日、邯鄲市邱県梁二荘鎮の塢頭村にあるブンカンカ農園で、ブンカンカの花を摘み取る農家。中国河北省邯鄲(かんたん)市邱県でこのほど、2万ムー(約1333ヘクタール)余りにわたって植えられたブンカンカ(文冠果)が満開を迎え、県内の農園には生命力あふれる春の風景が一面に広がっている。同県は近年、農業の産業構造を積極的に調整し、農家の人たちが土地の状況に応じた措置を講じて、ブンカンカ栽培を発展へと導いている。また、「企業+合作社(協同組合)+農家」のモデルを採用。ブンカンカ茶など一連の特色ある製品を研究開発し、ブンカンカ産業の発展をさらに推進することで、地元住民の増収を後押ししている。(石家荘=新華社記者/朱旭東)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた「牛経済」を推進河北省唐山市

    16日、唐山市にある乳牛飼育企業で牛に餌を与えるスタッフ。中国河北省唐山市の漢沽管理区はここ数年、現代的な乳牛飼育業の発展に力を入れている。主導企業の育成を手がかりとし、企業が現代的な管理方法を通じて牧草栽培と乳牛飼育を結び付けた循環式発展モデルを作り上げるようけん引。産業チェーンの継続的な改善により、乳牛飼育の質と効率の向上を効果的に推進している。(唐山=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (3)中国製ワクチン、ベラルーシの工業パークで接種開始

    16日、ベラルーシ・ミンスク郊外の中国ベラルーシ工業パークで、中国医薬集団(シノファーム)製新型コロナワクチンを示す医療スタッフ。ベラルーシの首都ミンスクにある中国ベラルーシ工業パークでこのほど、同工業パーク開発企業や管理委員会、一部入居企業の従業員を対象とした新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。ワクチンは中国がベラルーシに援助した中国医薬集団(シノファーム)製不活性化ワクチンで、2月19日にミンスクに到着した。ミンスク空港の近くに位置する同工業パークは、ベラルーシ最大の投資促進プロジェクトで、中国とベラルーシにおける重要な「一帯一路」協力プロジェクトでもある。(ミンスク=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月18日
    (8)ゴビ砂漠で植樹、砂漠化対策進む内モンゴル自治区

    16日、アルシャー左旗吉蘭泰鎮付近のゴビ砂漠で梭梭の苗を植える労働者。気温が暖かくなるにつれ、中国内モンゴル自治区アルシャー盟に広がるゴビ砂漠で、砂漠化防止のための植樹活動が始まった。今年、同自治区アルシャー左旗での植樹面積はすでに30万6千ムー(約2万400ヘクタール)に達し、主に「梭梭(ソウソウ)」や「花棒(ファーバン)」などの乾燥地に適した植物が植えられた。(アルシャー=新華社記者/連振)= 配信日: 2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.92
    2021年04月18日
    「新華社」敦煌で見つけた「日本の形跡」

    中国甘粛省敦煌市で現在、「シルクロードの美地・敦煌展」が開催されており、敦煌壁画の精巧なデジタル作品の前では来場者が足を止めている。敦煌は多くの日本人が思いを寄せる場所であり、このシルクロードの古都では多くの「日本の形跡」を見つけることができる。甘粛画院の段兼善(だん・けんぜん)元副院長は「中国と日本は文化的つながりが非常に深く、シルクロードを通じて東に伝わった仏教が、両国の似通った文化の下地をもたらした」と説明。シルクロードの要衝である敦煌では仏教芸術が栄え、文化的価値の高い莫高窟が誕生し、日本は遣隋使や遣唐使を派遣して中国文化を学んできたと述べた。在中国日本大使館の志水史雄公使は「古来より、日本は中国文化を吸収して、日本独自の文化を発展させてきた。中国文化、仏教文化が日本に与えた影響は非常に大きく、日本人の心の中で敦煌が大きな地位を占めていると言っても過言ではない」と語った。約120年前に敦煌の莫高窟蔵経洞が発見され、多くの文化財が海外に流出したことで、日本などの研究者の注目を集めるようになり、国際的な学問「敦煌学」が誕生。日本は世界の敦煌学研究において、重要な力を持つことになった。新中国成立後、敦煌と日本の文化交流はさらに深まり、1958年には当時の敦煌文物研究所所長、常書鴻(じょう・しょこう)氏が敦煌壁画を模写した作品を日本で展示し、大きな話題となった。この展覧会には、画家の平山郁夫氏や小説家の井上靖氏らも訪れた。平山氏はその後敦煌に関心を持ち、敦煌文化財保護事業や人材育成などに心血を注ぎ、井上氏は日本で話題となった小説「敦煌」を著した。=配信日:2021(令和3)年4月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...