KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 要請決定
  • マスク姿
  • 対策本部
  • 緊急事態
  • エナレッジ
  • デジタル賃金
  • 下関支店長
  • 事業創出
  • 吉村洋文
  • 吉村知事

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • ビジネス
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
313,639
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
313,639
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    昨年2月の休園時のUSJ 強い対策、「副作用」も

    2020年2月、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休園したUSJ=大阪市

    撮影: 大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    昨年2月休園時のUSJ 強い対策、「副作用」も

    2020年2月、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、休園したUSJ=大阪市

    撮影: 大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    厳しい表情の吉村知事 強い対策、「副作用」も

    大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議を終え、記者の質問に厳しい表情を見せる吉村洋文知事=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    新型コロナ対策本部会議 強い対策、「副作用」も

    国への緊急事態宣言の発令要請を決めた、大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    吉田さん親子 「愛してる」伝え続けた父

    自宅兼店舗を再建する場所で長男の芳広さん(右)と話す吉田寛さん=3月11日、岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    株価示すモニター 東証急反落、584円安

    約1カ月ぶりの安値を付けた日経平均株価を示すモニター=20日午後、東京・東新橋

    撮影: 20日午後、東京・東新橋

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    西部ガス常務と九電常務 LNG火力の事業化検討

    記者会見する西部ガスの山本敏雄取締役常務執行役員(左)と九州電力の穐山泰治取締役常務執行役員=20日午後、福岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    マスク着ける吉村知事 大阪、緊急宣言要請決定

    大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議後の取材を終え、マスクを着ける吉村洋文知事=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    田村厚労相 感染状況や医療の現状評価

    厚労省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織の会合であいさつする田村厚労相=20日午後、東京都千代田区

    撮影: 20日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    開かれた会合 感染状況や医療の現状評価

    厚労省に新型コロナウイルス感染症対策を助言する専門家組織の会合=20日午後、東京都千代田区

    撮影: 20日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    エナレッジの内部 関電、事業創出の拠点開設

    関西電力が開設した「エナレッジ」の内部=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    エナレッジ 関電、事業創出の拠点開設

    関西電力が開設した「エナレッジ」=20日午後、大阪市

    撮影: 20日午後、大阪市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    吉田寛さんと長男芳広さん 「愛してる」伝え続けた父

    自宅兼店舗を再建する場所に立つ吉田寛さん(左)と長男芳広さん=3月11日、岩手県陸前高田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (えもり・せいた) 江守正多

    国立環境研究所地球環境研究センター温暖化リスク評価研究室室長、2021年4月16日、汐留本社にて撮影

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    十島村の村営フェリー 離島巡回しワクチン接種へ

    新型コロナウイルスのワクチン巡回接種にも使われる鹿児島県十島村の村営フェリー=13日、鹿児島市

    撮影: 13日、鹿児島市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:03.36
    2021年04月20日
    「新華社」村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(記者/張格、薛宇舸) =配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (4)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、育苗センターで育てたトウガラシの苗を棚に載せる作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (6)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、育苗センターでトウガラシの苗に水をやる作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (3)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室でメロンの苗の授粉を行う作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (1)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室でメロンの苗の授粉を行う作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (5)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村で、たわわに実ったサクランボ。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (7)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村で、たわわに実ったサクランボ。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (6)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村の道を自転車で駆け抜けるサイクリング愛好者。(小型無人機から)中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (1)トリップ・ドットコム、香港証券取引所に上場

    19日、上場セレモニーの上海会場でスピーチするトリップ・ドットコムの梁建章(りょう・けんしょう)董事局主席。中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(トリップ・ドットコム・グループ)は19日、香港証券取引所に上場した。上場セレモニーは同社の本社がある上海市と香港をインターネット回線で結び開かれた。上場後の初値は281香港ドル(1ドル=約14円)となり、公募・売り出し価格の268香港ドルを4・55%上回った。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (2)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室でスイカの苗の手入れをする作業員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (5)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室で作業する清掃員。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (3)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村のサクランボ農園で、観光客が摘み取ったサクランボの重さを量る農家の人。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (7)新疆南部で野菜栽培の発展が加速新疆カシュガル地区

    17日、スマートガラス温室内部の景色。中国山東省が建設を援助した新疆カシュガル現代野菜産業パークは、新疆ウイグル自治区カシュガル地区疏勒(そろく)県に位置し、敷地面積は4711ムー(約314ヘクタール)、計画投資総額は10億6千万元(1元=約17円)となっている。産業パークの第1期プロジェクトとして現時点で、7万平方メートルのスマートガラス温室、4千平方メートルの育苗センター、200棟の温室ハウスが運用を開始しており、今年7月末までには残りの700棟の温室ハウスも運用を開始する。産業パークでは年間で新鮮な野菜を150万トン、加工野菜を100万トン生産する見通しで、3千人の雇用を安定して創出する。野菜の生産量や品種が少ないといった、現地が抱える問題を緩和できる。(カシュガル=新華社記者/侯昭康)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (2)トリップ・ドットコム、香港証券取引所に上場

    19日、上海と香港をインターネット回線で結び開かれた上場セレモニーの上海会場。中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(トリップ・ドットコム・グループ)は19日、香港証券取引所に上場した。上場セレモニーは同社の本社がある上海市と香港をインターネット回線で結び開かれた。上場後の初値は281香港ドル(1ドル=約14円)となり、公募・売り出し価格の268香港ドルを4・55%上回った。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (2)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村のサクランボ農園で、サクランボを摘む観光客。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月20日
    (4)春の農村でサクランボ狩り始まる浙江省杭州市

    17日、百江鎮双塢村で、たわわに実ったサクランボ。中国浙江省杭州市桐廬(とうろ)県百江鎮の双塢村でこのほど、春のサクランボツアーが始まった。サクランボ狩りやグルメバザール、自転車ツーリングなどの催しを開いて各地からの観光客を迎え入れ、この時期ならではの農村観光イベントを推進している。農業が盛んな同鎮は、水稲、サクランボ、茶葉の栽培面積がそれぞれ4千ムー(約270ヘクタール)、1千ムー(約66・7ヘクタール)、1500ムー(100ヘクタール)に達している。ここ数年、独特で豊かな自然資源や豊富な農産品を活用した特色ある果物狩りツアーを実施。農業と文化観光、スポーツの高度な融合を通じて、農村振興を後押ししている。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    大阪・ミナミを歩く人たち 緊急事態、きょう要請決定

    大阪・ミナミを歩くマスク姿の人たち。新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は政府に対し緊急事態宣言発令を要請する=19日夕

    撮影: 19日夕

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    大阪・梅田歩く人たち 緊急事態、きょう要請決定

    大阪・梅田を歩くマスク姿の人たち。新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は政府に対し緊急事態宣言発令を要請する=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月19日
    大阪・梅田を歩く人たち 緊急事態、きょう要請決定

    大阪・梅田を歩くマスク姿の人たち。新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は政府に対し緊急事態宣言発令を要請する=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 2021年04月19日
    斉藤惇コミッショナー 緊急宣言でも「観戦可能」

    オンラインでの新型コロナウイルス対策連絡会議で発言するプロ野球の斉藤惇コミッショナー=19日

    撮影: 19日

  • 2021年04月19日
    ルネサスの柴田社長 5月の100%稼働目指す

    那珂工場の復旧状況についてオンラインで記者会見するルネサスエレクトロニクスの柴田英利社長=19日午後

    撮影: 19日午後

  • 01:19.58
    2021年04月19日
    「オリコン」 品川ヒロシ監督、サプライズ発表を本人が忘れる事態発生「え?なんだっけ?」

    お笑いコンビ・品川庄司の品川ヒロシ監督が17日、都内で行われた映画『リスタート』(7月16日公開)沖縄国際映画祭上映イベントに登壇した。撮影日時:2021(令和3)年04月19日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 04:07.38
    2021年04月19日
    「オリコン」 横浜流星、心身を保つため「無」に

    俳優の横浜流星が13日、都内で行われた『NARS新クッションファンデーション』発売記念会見に出席。多忙な日々を送っている横浜は、心身のバランスを保つ方法について「よく食べてよく寝る、それにつきますね(笑)。あとは、特別なことでいえば“無”になることですね。日々いろんなことを考えないといけないので、考えすぎると情報量が多すぎてパンクしちゃう。ある種の精神統一じゃないですけど、自分の気持ちをリセットして、次の日を迎える」と明かした。撮影日時:2021(令和3)年04月19日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 02:15.80
    2021年04月19日
    「オリコン」 アンミカVSフワちゃん、おしゃべり同士のトークバトルが勃発 「宣材写真の貸し出し多い」

    タレントのアンミカ(49)とYouTuberのフワちゃん(27)が14日、都内で行われた『ミカフレッシュ/ミカホワイト』新商品発売記念イベントに登壇した。撮影日時:2021(令和3)年04月19日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 02:38.52
    2021年04月19日
    「オリコン」 今田美桜、夢かなう「緊張…」

    女優の今田美桜が15日、ユニクロ原宿店前で行われたセレクトショップ『ミオクロ』キャンペーンの発表会に参加した。撮影日時:2021(令和3)年04月19日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 01:30.72
    2021年04月19日
    「オリコン」 岡田結実、男子トイレ案内に赤面

    女優の岡田結実(21)が15日、都内で行われた『デンタルラバー2021新商品発表会』に登場した。この日、男装姿で21歳の誕生日を迎えた岡田は「男装に気づいてくれるか不安でしたが…」と照れながら、「(男性)スタッフチームのみなさんが『似合ってる』と言ってくれて、(女性からも)『かっこいい!』と言ってくれました」とイケメン化に手応えを感じていた。撮影日時:2021(令和3)年04月19日、撮影場所:東京、クレジット:オリコン/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※テレビ番組での使用はできません。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。※使用期限付きの動画です。

  • 2021年04月19日
    蒲地久司氏 日銀下関支店長に蒲地氏

    蒲地久司氏

  • 2021年04月19日
    藤原裕行氏 日銀下関支店長に蒲地氏

    藤原裕行氏

  • 2021年04月19日
    労働政策審議会分科会 デジタル賃金巡り議論

    厚労省で開かれた労働政策審議会分科会=19日午前

    撮影: 19日午前

  • 2021年04月19日
    決済アプリのアイコン デジタル賃金巡り議論

    スマートフォン用の決済アプリのアイコン

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    Rob Niven

    April 19, 2021, Victoria, BC, Canada: CarbonCure Technologies CEO Rob Niven is photographed in Victoria, B.C., on Monday, April 19, 2021. Organizers of a $20 million contest to develop products from greenhouse gas that flows from power plants announced two winners Monday, including Carboncure, ahead of launching a similar but much bigger competition backed by Elon Musk. (Credit Image: © Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press)、クレジット:©Chad Hipolito/The Canadian Press via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※Canada and U.S. RIGHTS OUT

  • 2021年04月19日
    (5)大連で春季不動産交易会が開幕遼寧省

    16日、不動産交易会に出展された物件を見る市民。中国遼寧省大連市の大連世界博覧広場で16日、2021年大連春季不動産交易会(第65回大連不動産交易大会・関連製品展示会)が開幕した。住宅や店舗、別荘など71物件が出展され、不動産購入者のさまざまなニーズを満たしている。会期は19日まで。(大連=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県小寨壩鎮紅岩村で植物保護作業を行うドローン。(小型無人機から)春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県西山鎮鹿窩村で農民にドローンの構造と特徴を紹介する農業技術員(左から2人目)。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県小寨壩鎮紅岩村のブドウ栽培拠点でドローンを飛ばす農業技術員。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県西山鎮鹿窩村のキウイ栽培拠点で植物保護作業を行うドローン。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、山の上に住む人たちの生活用品などを背負って山道を進む壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で配電ボックスの検査をする壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (8)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線を見回る壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地で、農作業に励む地元の村民。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区の農業企業、銅陵鳳丹栽培科技開発の工場で、作業に励む従業員。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)大連で春季不動産交易会が開幕遼寧省

    16日、不動産交易会に出展された物件を見る市民。中国遼寧省大連市の大連世界博覧広場で16日、2021年大連春季不動産交易会(第65回大連不動産交易大会・関連製品展示会)が開幕した。住宅や店舗、別荘など71物件が出展され、不動産購入者のさまざまなニーズを満たしている。会期は19日まで。(大連=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地で、油用ボタンの種を選別する地元の村民。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (7)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    9日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (8)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区の農業企業、銅陵鳳丹栽培科技開発の生産ラインで働く従業員。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鐘鳴鎮九榔村の油用ボタン栽培基地で、農作業に励む地元の村民。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/韓旭)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、峡谷の上のつり橋を渡る壺瓶山供電所の作業員たち。(小型無人機から)中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線を見回る壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (1)大連で春季不動産交易会が開幕遼寧省

    16日、不動産交易会に出展された物件を見る市民。中国遼寧省大連市の大連世界博覧広場で16日、2021年大連春季不動産交易会(第65回大連不動産交易大会・関連製品展示会)が開幕した。住宅や店舗、別荘など71物件が出展され、不動産購入者のさまざまなニーズを満たしている。会期は19日まで。(大連=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)大連で春季不動産交易会が開幕遼寧省

    16日、不動産交易会に出展された物件を見る市民。中国遼寧省大連市の大連世界博覧広場で16日、2021年大連春季不動産交易会(第65回大連不動産交易大会・関連製品展示会)が開幕した。住宅や店舗、別荘など71物件が出展され、不動産購入者のさまざまなニーズを満たしている。会期は19日まで。(大連=新華社配信/劉徳斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (5)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県西山鎮鹿窩村でドローンを運ぶ農業技術員。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (3)ドローンを使った病害虫防除を指導貴州省貴陽市

    17日、貴陽市息烽県西山鎮鹿窩村で農民にドローンの動作の仕組みを見せる農業技術員。春の病害虫防除の重要な時期に入った中国貴州省貴陽市息烽(そくほう)県のブドウとキウイの栽培拠点では、貴州西南特色農業服務の農業技術員が小型無人機ドローンを使った病害虫防除を指導し、生産効率の向上と農民の収入増を後押ししている。(息烽=新華社記者/楊文斌)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で電線の見回り時に、電柱周囲の雑草を除去する壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鳳凰山風景区のボタン園。(小型無人機から)中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社配信/詹俊)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (6)ボタン栽培で地域経済の発展を促進安徽省銅陵市

    15日、銅陵市義安区鳳凰山風景区のボタン園で、ボタンの花を楽しむ観光客。。中国安徽省銅陵市義安区は近年、ボタン産業を継続的に育成、発展させ、油用ボタンの栽培、観賞、加工を一体化した産業構造を構築。地元の経済発展を促進するとともに、農村の振興を後押ししている。現在、同区のボタンの栽培面積は約2万ムー(約1333ヘクタール)、ボタンの加工製品の年間生産額は2億元(1元=約17円)を上回る。(銅陵=新華社記者/杜宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (9)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    15日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮管山村で配電ボックスの検査をする壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (10)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮南坪完小学校で児童たちに安全な電力使用の知識を教える壺瓶山供電所の作業員。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)村民に安定した電力を提供する山間部の「供電所」湖南省常徳市

    14日、湖南省常徳市石門県壺瓶山鎮で、山道を進む壺瓶山供電所の作業員たち。中国送電大手、国家電網は2007年、湖南省常徳市石門県壺瓶山地区の電力利用の秩序を保障するため、同地に電力供給や送電線の保守などを担当する壺瓶山供電所を設立した。壺瓶山は「湖南の屋根」と呼ばれ、標高が高く険しい道が続き、土地が広く住民は少ない。当時は徒歩で行くしかない村が多く、供電所の作業員たちは、ポールやワイヤーなどを肩に担いだり、ケーブルで引いたりして運び、同地の住民が安定して電気を使えるよう手助けした。同社がこの地の小規模な水力発電管轄区域を引き継いだ当時、わずか350万キロワット時だった年間販売電力量は、2020年末には2098万キロワット時に達した。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (2)ボアオ・アジアフォーラム「健康シルクロード」サブフォーラム開催

    18日、サブフォーラムで発言する中国の製薬会社、康希諾生物(カンシノ・バイオロジクス)の宇学峰(う・がくほう)董事長。中国海南省の博鰲(ボアオ)で18日、ボアオ・アジアフォーラム2021年年次総会のサブフォーラム「健康シルクロード」が開催された。(ボアオ=新華社記者/楊冠宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:37.33
    2021年04月19日
    飲食店対策、小池氏が視察 消毒液、アクリル板を確認

    東京都の小池百合子知事は19日、飲食店の新型コロナウイルス対策を見回る都のチームに同行し、点検業務を視察した。都は都内の飲食店約12万店舗を最大240人態勢で巡回し、対策の徹底を通じて感染者の減少につなげたい考え。小池氏はチームと共に都庁近くの居酒屋を訪れ、消毒液やアクリル板の設置状況など20項目を確認。店舗責任者が「客が盛り上がっているときに大声を控えるようお願いするのは難しい」と説明したのに対し、小池氏は「おしぼりを渡すタイミングでマスク着用を促すカードを配布してはどうか」と提案した。<映像内容>小池都知事の視察の様子、ぶら下がり取材、取材場所の居酒屋「番屋」の池田康弘・支配人のぶら下がり取材など、撮影日:2021(令和3)年4月19日、撮影場所:東京都

    撮影: 2021(令和3)年4月19日

  • 2021年04月18日
    18日人出、6割弱で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年04月18日
    18日人出、6割弱で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年04月18日
    18日人出、6割弱で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年04月18日
    18日人出、6割弱で増加

    全国の主要駅や繁華街 人出の増減率

  • 2021年04月18日
    HOYA遺族が申告漏れ

    HOYA元社長の相続財産を巡る申告漏れの構図

  • 2021年04月18日
    HOYA遺族が申告漏れ

    HOYA元社長の相続財産を巡る申告漏れの構図

  • 2021年04月18日
    「テラ」が入るビル 有望ベンチャー株が乱高下

    医療ベンチャー「テラ」が入るビル=3月、東京都新宿区

  • 2021年04月18日
    接種人数の把握、期待外れ

    接種記録システムへの登録が遅れる主な理由

  • 2021年04月18日
    接種人数の把握、期待外れ

    接種記録システムへの登録が遅れる主な理由

  • 2021年04月18日
    接種人数の把握、期待外れ

    接種記録システムへの登録が遅れる主な理由

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...