KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 東日本大震災
  • 原発事故
  • ピーク時
  • 仮設団地
  • 仮設退去
  • 家財道具
  • 岩手県陸前高田市
  • 引き渡し
  • 復興支援
  • 村上勝也

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 災害
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
124,322
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
124,322
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    菅野由香理さん 再建「諦めないで」

    2019年の台風19号で被災した宮城県丸森町で、被災住民と話をする菅野由香理さん=2月

    撮影: 2月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月02日
    菅野由香理さん 再建「諦めないで」

    2019年の台風19号で被災した宮城県丸森町で、支援活動をする菅野由香理さん=2月

    撮影: 2月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    気仙沼湾横断橋と花火 夜空に輝く復興の架け橋

    宮城県気仙沼市の気仙沼湾横断橋で、今月6日の開通を前にライトアップが行われた。約400発の花火も打ち上げられ、気仙沼湾に幻想的な光景が浮かび上がった。犠牲者への追悼や復興支援に対する感謝などの思いを込め、市などが実施した。気仙沼大島の展望台で母親と観覧した同市の西城香奈さん(24)は「復興の後押しになってくれれば」と街の新たなシンボルに期待を寄せていた=1日夜(長時間露光)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    気仙沼湾横断橋と花火 夜空に輝く復興の架け橋

    宮城県気仙沼市の気仙沼湾横断橋で、今月6日の開通を前にライトアップが行われた。約400発の花火も打ち上げられ、気仙沼湾に幻想的な光景が浮かび上がった。犠牲者への追悼や復興支援に対する感謝などの思いを込め、市などが実施した。気仙沼大島の展望台で母親と観覧した同市の西城香奈さん(24)は「復興の後押しになってくれれば」と街の新たなシンボルに期待を寄せていた=1日夜(長時間露光)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    説明する和泉市長 栃木の山火事鎮圧

    記者会見で山火事の消火活動について説明する足利市の和泉聡市長=1日午後、栃木県足利市

    撮影: 1日午後、栃木県足利市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    労をねぎらう和泉市長 栃木の山火事鎮圧

    消防隊員らの労をねぎらう足利市の和泉聡市長=1日午後、栃木県足利市

    撮影: 1日午後、栃木県足利市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    佐藤紘依さん 災害に役立つ食品作りたい

    宮城県多賀城高校災害科学科の卒業アルバムを手に笑顔の佐藤紘依さん=2月、宮城県多賀城市

    撮影: 2月、宮城県多賀城市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    佐藤紘依さん 災害に役立つ食品作りたい

    宮城県多賀城高校で災害科学を学んだ佐藤紘依さん=2月、宮城県多賀城市

    撮影: 2月、宮城県多賀城市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    仙台市の防災集団移転跡地 スポーツ施設整備に活路

    仙台市の防災集団移転跡地。大半の区画で利用計画が決まっていたが、地元の企業が昨年11月に全面撤退した。左奥は震災遺構の荒浜小校舎=2月14日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2月14日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    政府主催の追悼式 政府追悼式2年ぶり開催

    2019年3月11日、東京都千代田区の国立劇場で行われた政府主催の東日本大震災追悼式

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    政府主催の追悼式 政府追悼式2年ぶり開催

    2019年3月11日、東京都千代田区の国立劇場で行われた政府主催の東日本大震災追悼式

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    復興支援感謝列車 クウェートの支援に感謝

    三陸鉄道の宮古駅でお披露目された、クウェートのシンボルマークなどをあしらった「復興支援感謝列車」=1日午後、岩手県宮古市

    撮影: 1日午後、岩手県宮古市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    復興支援感謝列車 クウェートの支援に感謝

    三陸鉄道の宮古駅を出発するクウェートのシンボルマークなどをあしらった「復興支援感謝列車」=1日午後、岩手県宮古市

    撮影: 1日午後、岩手県宮古市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    全焼した住宅 全焼住宅から3遺体

    焼け跡から遺体が見つかった住宅=1日午後、神奈川県小田原市

    撮影: 1日午後、神奈川県小田原市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    竜田駅ジオラマ ジオラマに思い出添えて

    東京電力福島第1原発事故で一時全町避難を強いられた福島県楢葉町で、東日本大震災前の街並みを再現したジオラマが町の交流施設に展示されている。JR竜田駅の旧駅舎が解体されるのをきっかけに、思い出を形に残したいと学生ボランティアと地域住民らが駅周辺の東西約1㌔、南北約500㍍を千分の1の縮尺で作った。「高校3年間、毎日お世話になりました」「炭鉱のトロッコが走っていた」。模型には思い出のメッセージがたくさん添えられ、訪れた人たちは懐かしそうに見いっていた=1日

    撮影: 1日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    ジオラマ ジオラマに思い出添えて

    東京電力福島第1原発事故で一時全町避難を強いられた福島県楢葉町で、東日本大震災前の街並みを再現したジオラマが町の交流施設に展示されている。JR竜田駅の旧駅舎が解体されるのをきっかけに、思い出を形に残したいと学生ボランティアと地域住民らが駅周辺の東西約1㌔、南北約500㍍を千分の1の縮尺で作った。「高校3年間、毎日お世話になりました」「炭鉱のトロッコが走っていた」。模型には思い出のメッセージがたくさん添えられ、訪れた人たちは懐かしそうに見いっていた=1日

    撮影: 1日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    仮設出る村上さん 節目を前に、仮設退去

    東日本大震災で被害を受けた岩手県陸前高田市の「滝の里仮設団地」から引っ越す村上勝也さん(78)。転居先の災害公営住宅に冷蔵庫やテレビなど家財道具を運び出した。津波で自宅は流失。仮設暮らしは9年7カ月に及んだ。ピーク時に同市で53カ所あった仮設団地もここが最後となり、被災者が入居するのはわずか数戸に。村上さんは自宅跡地での再建を目指すも、土地の引き渡しが遅れるなどして断念。「10年を前に引っ越せて安心した。多くの方との出会いと支援は忘れんね」=2月28日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    仮設出る村上さん 節目を前に、仮設退去

    東日本大震災で被害を受けた岩手県陸前高田市の「滝の里仮設団地」から引っ越す村上勝也さん(78)。転居先の災害公営住宅に冷蔵庫やテレビなど家財道具を運び出し、プレハブ仮設を後にした。津波で自宅は流失。仮設暮らしは9年7カ月に及んだ。ピーク時に同市で53カ所あった仮設団地もここが最後となり、被災者が入居するのはわずか数戸に。村上さんは自宅跡地での再建を目指すも、土地の引き渡しが遅れるなどして断念。「10年を前に引っ越せて安心した。多くの方との出会いと支援は忘れんね」=2月28日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    仮設引っ越す村上さん 節目を前に、仮設退去

    東日本大震災で被害を受けた岩手県陸前高田市の「滝の里仮設団地」から引っ越す村上勝也さん(78)。転居先の災害公営住宅に冷蔵庫やテレビなど家財道具を運び出した。津波で自宅は流失。仮設暮らしは9年7カ月に及んだ。ピーク時に同市で53カ所あった仮設団地もここが最後となり、被災者が入居するのはわずか数戸に。村上さんは自宅跡地での再建を目指すも、土地の引き渡しが遅れるなどして断念。「10年を前に引っ越せて安心した。多くの方との出会いと支援は忘れんね」=2月28日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    仮設で休む村上さん 節目を前に、仮設退去

    東日本大震災で被害を受けた岩手県陸前高田市の「滝の里仮設団地」から引っ越す村上勝也さん(78)。転居先の災害公営住宅に冷蔵庫やテレビなど家財道具を運び出すと、名残惜しそうに部屋でひと息ついた。津波で自宅は流失。仮設暮らしは9年7カ月に及んだ。ピーク時に同市で53カ所あった仮設団地もここが最後となり、被災者が入居するのはわずか数戸に。村上さんは自宅跡地での再建を目指すも、土地の引き渡しが遅れるなどして断念。「10年を前に引っ越せて安心した。多くの方との出会いと支援は忘れんね」=2月28日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    森将希さん 消防団で犠牲の父、誇りに

    東日本大震災の津波で消防団員の父達也さんを亡くした森将希さん=2月、仙台市

    撮影: 2月、仙台市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    森将希さん 消防団で犠牲の父、誇りに

    東日本大震災の津波で消防団員の父達也さんを亡くした森将希さん=2月、仙台市

    撮影: 2月、仙台市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    津波被害の美容室を再開 あの頃を、取り戻したい

    誰か来ないかな…。2年前に再開した美容室で客を待つ道又ミツさん(76)。岩手県大槌町の自宅兼店舗は東日本大震災の津波で流された。内陸の避難先に建てたプレハブで営業を続けたが、かつてのにぎわいを取り戻したいと以前の場所に店を再建した。だが、なじみの客は震災で亡くなったり、すでに町にいなかったり。町並みは変わり、何もかもがちぐはぐになった。それでも38年間美容師を続けてきたプライドは失っていない。切れそうな気持ちを何とか奮い立たせている=1日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    津波被害の美容室を再開 あの頃を、取り戻したい

    誰か来ないかな…。2年前に再開した美容室で客を待つ道又ミツさん(76)。岩手県大槌町の自宅兼店舗は東日本大震災の津波で流された。内陸の避難先に建てたプレハブで営業を続けたが、かつてのにぎわいを取り戻したいと以前の場所に店を再建した。だが、なじみの客は震災で亡くなったり、すでに町にいなかったり。町並みは変わり、何もかもがちぐはぐになった。それでも38年間美容師を続けてきたプライドは失っていない。切れそうな気持ちを何とか奮い立たせている=1日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    煙が上がる工場 兵庫・尼崎の工場で火災

    火災で煙が上がる工場=1日午後1時16分、兵庫県尼崎市

    撮影: 1日午後1時16分、兵庫県尼崎市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    煙が上がる工場 兵庫・尼崎の工場で火災

    火災で煙が上がる工場=1日午後1時10分、兵庫県尼崎市

    撮影: 1日午後1時10分、兵庫県尼崎市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    煙を上げるマンション 浦安のマンションで出火

    火災で煙を上げるマンション=1日午後、千葉県浦安市

    撮影: 1日午後、千葉県浦安市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    火災が起きたマンション 浦安のマンションで出火

    火災が起きた部屋に向け放水する消防隊員=1日午後、千葉県浦安市

    撮影: 1日午後、千葉県浦安市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    焼けた住宅 住宅火災で3遺体発見

    焼け跡から3人の遺体が見つかった住宅=1日午前、神奈川県小田原市

    撮影: 1日午前、神奈川県小田原市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    消火活動する陸自のヘリ 鎮圧に向け消火再開

    栃木県足利市の山林火災で消火活動に当たる陸上自衛隊のヘリ=1日午前8時40分

    撮影: 1日午前8時40分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    ヘリによる消火活動 鎮圧に向け消火再開

    栃木県足利市の山林火災で消火活動に当たるヘリ=1日午前9時23分

    撮影: 1日午前9時23分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    東京都江東区の火災現場 12棟焼け2人けが

    東京都江東区の火災現場=1日午前9時19分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時19分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    江東区の火災現場 12棟焼け2人けが

    東京都江東区の火災現場=1日午前9時21分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時21分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    火災現場の消火活動 12棟焼け2人けが

    東京都江東区の火災現場=1日午前9時20分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1日午前9時20分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    岩手県大槌町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(上)と今年2月25日の岩手県大槌町。かさ上げした土地に住宅が立ち並び、鉄道も復旧。グラウンドも整備された(上は共同通信社ヘリ、下は小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    たろう観光Hと小林さん 仲間失った後悔が原動力

    岩手県宮古市田老地区の防潮堤を訪れた元消防署員小林徳光さん。奥は震災遺構「たろう観光ホテル」=2月19日

    撮影: 2月19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    火を使わない線香 原発事故示す「遺産」収集

    火が使えない帰還困難区域での墓参用に開発された線香

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    富岡の美容室にあった時計 原発事故示す「遺産」収集

    福島県富岡町の美容室にあった時計。地震発生直後に止まっている

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    フェンスと小林徳光さん 仲間失った後悔が原動力

    津波にのみ込まれた際、必死につかんだフェンスの場所を示す元消防署員小林徳光さん=2月19日、岩手県宮古市田老地区

    撮影: 2月19日、岩手県宮古市田老地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    祈念碑 競技場に残る津波の教訓

    釜石鵜住居復興スタジアムの敷地内に立つ、「あなたも逃げて」と刻まれた祈念碑=2月25日、岩手県釜石市

    撮影: 2月25日、岩手県釜石市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    溶けた街灯 原発事故示す「遺産」収集

    福島県いわき市久之浜地区で起きた火災の熱によって溶けた街灯

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    建設中の防潮堤と小林さん 仲間失った後悔が原動力

    建設中の防潮堤近くで、震災当時を振り返る元消防署員小林徳光さん=2月19日、岩手県宮古市田老地区

    撮影: 2月19日、岩手県宮古市田老地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    避難アナウンス原稿 原発事故示す「遺産」収集

    東京電力福島第1原発から10㌔圏外への避難アナウンス原稿

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    釜石鵜住居復興スタジアム 競技場に残る津波の教訓

    釜石東中と鵜住居小の跡地に立つ釜石鵜住居復興スタジアム=2020年12月、岩手県釜石市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2020年12月、岩手県釜石市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    富岡高にあったボード 原発事故示す「遺産」収集

    福島県富岡町の富岡高校体育館にあったカウントダウンボード

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    折れ曲がった道路標識 原発事故示す「遺産」収集

    津波で折れ曲がった道路標識。福島県浪江町請戸地区のがれきにあった

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    祈念碑 競技場に残る津波の教訓

    津波の教訓を残す「あなたも逃げて」と刻まれた祈念碑。釜石鵜住居復興スタジアムのメインスタンドが映っていた=2月25日、岩手県釜石市

    撮影: 2月25日、岩手県釜石市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市鹿折地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上、共同通信社ヘリから)と今年2月19日(小型無人機から)の宮城県気仙沼市。3月に開園予定の復興祈念公園(右下)の整備が進んでいた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県飯舘村 震災10年、復興の現在地

    2011年8月30日(左)と今年2月21日の福島県飯舘村。東京電力福島第1原発事故で計画的避難区域に設定され、全村避難となった。2017年3月末に村の大部分で避難指示が解除されたが、明かりがともる家は少なかった

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県飯舘村 震災10年、復興の現在地

    2011年6月10日(上)と今年2月27日の福島県飯舘村。東京電力福島第1原発事故で計画的避難区域に設定され、全村避難となった。2017年3月末に村の大部分で避難指示が解除されたが、明かりがともる家は少なかった

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県女川町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月18日(上)と今年1月31日の宮城県女川町。2015年に商業施設「シーパルピア女川」が開業し、人気を呼んでいる

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県東松島市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月28日(上)と今年2月14日の宮城県東松島市。高台の造成地に災害公営住宅などが立ち並ぶ。昨年、浸水区域に奥松島運動公園がオープンした(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    仙台市若林区荒浜地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上)と今年2月14日の仙台市若林区荒浜地区。災害危険区域に指定され、住民は内陸に移転した。震災遺構として荒浜小校舎が保存され、かさ上げ道路なども整備された。3月には大規模観光農園(下、中央)もオープン予定(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県名取市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月11日(上)と今年2月14日の宮城県名取市。防潮堤が築かれ、防災林の再生事業が進められている(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市鹿折 震災10年、復興の現在地

    (上から)2011年3月14日、2013年9月10日、今年2月21日の宮城県気仙沼市鹿折地区。打ち上げられた大型漁船は姿を消し、かさ上げされた土地に災害公営住宅(下、右)や店舗の明かりがともるようになった

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市 震災10年、復興の現在地

    2015年3月3日(上)と今年2月14日の宮城県石巻市。仮設住宅が並んでいた場所は更地となり、企業の誘致が行われている。市の複合文化施設(下、中央)で3月11日に追悼式が行われる予定。ピーク時には約1万7千人が生活した市内のプレハブ仮設住宅は昨年1月に解消した(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県宮古市田老 震災10年、復興の現在地

    2011年3月15日(上)と今年2月19日の岩手県宮古市田老の市街地

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県いわき市 震災10年、復興の現在地

    2017年3月10日(上)と今年1月23日の福島県いわき市。仮設住宅が撤去され、土地の返還のための作業が行われていた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県双葉町 震災10年、復興の現在地

    東京電力福島第1原発事故で住民が避難し、人けのなくなった2011年4月14日(上)と今年2月26日の福島県双葉町。昨年3月、JR双葉駅前など一部地域で避難指示が解除されたが、大部分は帰還困難区域のまま。撤去された原子力推進の看板は町の伝承施設で展示されるという

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県陸前高田市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(上)と今年2月12日の岩手県陸前高田市。かさ上げされた土地に店舗や公共施設などが並ぶ。海寄りにはグラウンドも整備された(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県大熊町 震災10年、復興の現在地

    2011年8月26日(上)と今年2月20日の福島県大熊町。かつての田んぼは除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設となり、東京電力福島第1原発(奥)の近くには処理水などが入ったタンクが並ぶ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県宮古市田老 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(上)と今年2月25日の岩手県宮古市田老地区。津波が乗り越えた防潮堤は高さを増して建設が進んでいる(上は共同通信社ヘリ、下は小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県女川町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月22日(左)と今年2月12日の宮城県女川町。新しい駅(中央)前には商店街や公園ができ、高台(右上)には災害公営住宅などが整備された(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月12日(上)と今年2月12日の宮城県気仙沼市。水産業の施設などが再建されたが、空き地も目立つ。気仙沼湾には三陸沿岸道の橋が架かった。復興道路として整備が進む同道は今年中にも全線開通する予定だ(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県双葉町 震災10年、復興の現在地

    2013年12月14日(上)と今年2月13日の福島県双葉町。手前は除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設、奥は東京電力福島第1原発(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月15日(上)と今年2月19日の宮城県気仙沼市鹿折地区。津波と火災に襲われた同地区はかさ上げされ、鉄道に代わりバス高速輸送システム(BRT)が運行していた(パノラマ合成)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市立大川小 震災10年、復興の現在地

    2011年3月23日(左)と今年2月14日の宮城県石巻市立大川小の校舎。児童74人と教職員10人が津波の犠牲になった。震災遺構として保存される(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県南三陸町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月13日(上)と今年2月12日の宮城県南三陸町。町職員ら43人が犠牲になった防災対策庁舎の周囲には昨年10月、震災復興祈念公園が全面開園した。震災伝承施設も建設予定だ(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    大熊町商店街 震災10年、復興の現在地

    2011年11月18日(上)と今年2月20日の福島県大熊町の商店街。帰還困難区域に指定され、今も立ち入りが制限されている。店舗の屋根やひさしは壊れ、人けのない通りにはバリケードが設置されていた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県女川町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月16日(上)と今年1月30日の宮城県女川町。右奥の高台に住宅地が造成されている(パノラマ合成)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県浪江町請戸地区 震災10年、復興の現在地

    2011年5月26日と今年2月22日の福島県浪江町の請戸地区。震災遺構となる請戸小学校(左上)に隣接し、災害廃棄物の仮置き場(右上)が広がる。雑草が生い茂る土地には墓石が放置されたままだ。左奥は福島第1原発の排気筒

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県浪江町 震災10年、復興の現在地

    2014年9月11日(上)と今年2月17日の福島県浪江町。雑草で覆われた線路は整備され、昨年3月に全線再開したJR常磐線の車両が走行していた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県石巻市 震災10年、復興の現在地

    2011年3月29日(上)と今年2月14日の宮城県石巻市長面地区。災害危険区域になり、人が住めない土地に防潮堤がそびえる(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市 震災10年、復興の現在地

    2011年4月2日(上)と今年2月21日の宮城県気仙沼市。震災遺構・気仙沼向洋高旧校舎4階には津波で流れてきた冷凍工場が激突した跡が残る。昨年、隣接地にパークゴルフ場がオープンした

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県気仙沼市立鹿折中 震災10年、復興の現在地

    2011年3月13日(上)と今年2月26日の宮城県気仙沼市立鹿折中。大勢の被災者を受け入れていた体育館で、生徒会主催の「3年生を送る会」が開かれた。生徒たちは新型コロナウイルス対策で間隔を空けて並んでいた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県富岡町 震災10年、復興の現在地

    2012年4月19日(上)と今年1月13日の福島県富岡町のJR常磐線夜ノ森駅近くの桜並木。昨年3月に道路の一部で避難指示が解除され、並木を通れる範囲が拡大した。立ち入りが禁止されていたエリアから、町の観光協会が企画したイルミネーションを楽しむことができた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    福島県富岡町 震災10年、復興の現在地

    2015年9月10日(上)と今年1月15日の福島県富岡町。JR常磐線の線路近くに置かれていた除染廃棄物は無くなっていた。帰還困難区域以外から出た廃棄物のうち、75%が中間貯蔵施設に搬入済みという

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    東京電力福島第1原発 震災10年、復興の現在地

    2011年3月17日(上)と今年2月14日の東京電力福島第1原発。(右から)1、2、3、4号機。敷地内には放射性物質トリチウムを含む処理水をためるタンクが並ぶ(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    宮城県名取市閖上地区 震災10年、復興の現在地

    2011年3月11日、東日本大震災の津波に襲われる宮城県名取市閖上地区(上)。住宅や店舗、高齢者介護施設(左端)などがのみ込まれ、多くの人が犠牲となった。震災から10年となる同地区(下、2月14日)ではかさ上げされた土地に災害公営住宅(右)などが建ち、新たな町ができた(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    消火活動のヘリコプター 避難勧告きょうにも解除へ

    栃木県足利市の山林火災現場で消火活動に当たるヘリコプター=2月28日午前

    撮影: 2月28日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県山田町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月31日(上)と今年2月6日の岩手県山田町。防潮堤が街灯で浮かび上がっていた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県宮古市田老 震災10年、復興の現在地

    2011年3月15日(上)と今年2月6日の岩手県宮古市田老地区。巨大防潮堤の工事が続いていた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県陸前高田市空撮 震災10年、復興の現在地

    (上から)2011年6月10日、2014年9月1日、今年2月12日の岩手県陸前高田市。巨大ベルトコンベヤー(中央)を使ったかさ上げ工事が行われた。「奇跡の一本松」や伝承施設がある復興祈念公園では震災遺構などの整備が進んでいる(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県大槌町 震災10年、復興の現在地

    2011年3月27日(上)と今年2月1日の岩手県大槌町の市街地。住宅の再建が進み、防潮堤周辺では護岸の復旧工事が続いていた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    頭を下げる女性 海水浴場で震災犠牲者慰霊

    震災犠牲者の慰霊法要後、鐘を鳴らし頭を下げる女性=2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

    撮影: 2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    鐘をつく僧侶 海水浴場で震災犠牲者慰霊

    震災犠牲者の慰霊法要で、津波で流された鐘を鳴らす僧侶=2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

    撮影: 2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    鐘をつく四竈さん親子 海水浴場で震災犠牲者慰霊

    震災犠牲者の慰霊法要後、鐘を鳴らす四竈華梨さんと母由香里さん=2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

    撮影: 2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    手を合わせる人たち 海水浴場で震災犠牲者慰霊

    震災犠牲者の慰霊法要で、防潮堤の上から手を合わせる人たち=2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

    撮影: 2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    手を合わせる四竈さん 海水浴場で震災犠牲者慰霊

    震災犠牲者の慰霊法要後、鐘を鳴らし手を合わせる四竈華梨さん=2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

    撮影: 2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    鐘をつく親子 海水浴場で震災犠牲者慰霊

    震災犠牲者の慰霊法要後、鐘を鳴らす親子=2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

    撮影: 2月28日午前、宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場

  • 2021年02月28日
    福島第1原発3号機 3号機プール燃料搬出完了

    東京電力福島第1原発3号機=2020年9月、福島県大熊町

    撮影: 2020年9月、福島県大熊町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    岩手県大槌町 震災10年、復興の現在地

    全長28㍍の観光船「はまゆり」が乗り上げた岩手県大槌町の民宿(上、2011年4月1日)。船は同年5月、屋根から下ろされ、解体された。同町は寄付金を募り、建物を台座として船を復元し津波の脅威を伝えるモニュメントにする計画だったが、寄付が集まらず断念した。今年2月1日、解体作業が行われていた

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    旧宅を見つめる鈴木さん 津波伝承の旧宅解体決意

    手放すことになった旧宅前で、震災当時を振り返る鈴木英二さん=2月17日、宮城県名取市の北釜地区

    撮影: 2月17日、宮城県名取市の北釜地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    沿岸部に目をやる鈴木さん 津波伝承の旧宅解体決意

    手放すことになった旧宅で、震災当時を振り返る鈴木英二さん=2月17日、宮城県名取市の北釜地区

    撮影: 2月17日、宮城県名取市の北釜地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    旧宅周辺を歩く鈴木さん 津波伝承の旧宅解体決意

    手放すことになった旧宅前で、震災当時を振り返る鈴木英二さん=2月17日、宮城県名取市の北釜地区

    撮影: 2月17日、宮城県名取市の北釜地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    当時を振り返る鈴木さん 津波伝承の旧宅解体決意

    手放すことになった旧宅で、震災当時を振り返る鈴木英二さん=2月17日、宮城県名取市の北釜地区

    撮影: 2月17日、宮城県名取市の北釜地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月28日
    自宅を懐かしむ鈴木さん 津波伝承の旧宅解体決意

    手放すことになった旧宅で、震災当時を振り返る鈴木英二さん=2月17日、宮城県名取市の北釜地区

    撮影: 2月17日、宮城県名取市の北釜地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    消火活動するヘリ 群馬の山林火災は鎮圧

    自衛隊のヘリコプターによる消火活動が続く山林火災の現場=27日午後2時39分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後2時39分、群馬県桐生市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    消火活動のヘリ 群馬の山林火災は鎮圧

    自衛隊のヘリコプターによる消火活動が続く山林火災の現場=27日午後2時49分、群馬県桐生市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 27日午後2時49分、群馬県桐生市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月27日
    煙見つめる人々 悪条件、散水追い付かず

    栃木県足利市の山林火災で発生した煙を見つめる人々=27日午後

    撮影: 27日午後

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...