KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ブロック塀
  • 自然災害
  • キラーパルス
  • 兵庫県南部地震
  • 兵庫県神戸市
  • 激甚災害
  • 生活インフラ
  • 直下地震
  • 被害状況
  • 阪神淡路大震災

「ブロック 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • 災害
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
44
( 1 44 件を表示)
  • 1
44
( 1 44 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月01日
    仙台市の防災集団移転跡地 スポーツ施設整備に活路

    仙台市の防災集団移転跡地。大半の区画で利用計画が決まっていたが、地元の企業が昨年11月に全面撤退した。左奥は震災遺構の荒浜小校舎=2月14日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2月14日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月18日
    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区

    18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月18日
    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区

    18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月18日
    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区

    18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月18日
    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区

    18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月18日
    黄河の解氷期が終了内モンゴル自治区

    18日、内モンゴル自治区トクト県を流れる黄河。(小型無人機から)黄河の内モンゴル自治区区間では18日、下流の氷の塊にせき止めれてたまった水が万家寨ダムに流れ込む様子が観測された。これにより、2019-20年度の解氷期が終了した。今年の解氷期は121日間、凍結した川の長さは全長699・5キロメートルに達するが、増水による災害は起きていないという。(フフホト=新華社記者/劉磊)=2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月08日
    宮城県丸森町 台風19号まもなく1カ月

    台風19号の影響で冠水した宮城県丸森町の中心部。手前は阿武隈川(上、10月13日)。田んぼは泥をかぶったまま。阿武隈川では護岸工事が始まり、ブロックが積まれている(下、7日)(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月17日
    寿栄小のブロック塀 大阪北部地震1カ月

    地震発生当日の6月18日、大阪府高槻市立寿栄小のブロック塀が倒壊した現場(左)。約1カ月後、崩れた塀は取り除かれ、工事用のフェンスで覆われていた=17日午前10時46分(共同通信社ヘリから)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:18.73
    2018年07月17日
    空撮 大阪府北部地震から1カ月 茨木と高槻の被害現場

    最大震度6弱を観測した6月の大阪府北部地震は17日で1カ月となる。<映像内容>大阪府茨木市でいまだにブルーシートに覆われた屋根と、大阪府高槻市の寿栄小学校で倒れたブロック塀が撤去された現場の空撮、撮影日:2018(平成30)年7月17日、撮影場所:大阪府 高槻市 茨木市

    撮影: 2018(平成30)年7月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:31.05
    2018年06月24日
    空撮 大阪北部地震1週間 都市型災害、危険性露呈

    大阪府北部で最大震度6弱を観測した地震は25日で発生から1週間となる。高槻市立小のブロック塀が倒壊、女児が下敷きになり死亡したことで、全国の学校などで同様の塀を撤去する動きが加速した。一時機能まひした交通網はほぼ回復したが、都市型災害を前にもろさを露呈した。最大11万戸以上が停止したガスはようやく復旧のめどがつき、日常を取り戻しつつある。〈映像内容〉大阪被害地の空撮(大阪モノレール、茨木市上空、屋根のブルーシート並んだ高槻市住宅街、高槻市の寿栄小とプール脇の壁倒壊現場など)、撮影日:2018(平成30)年6月24日、撮影場所:大阪府茨木市、高槻市

    撮影: 2018(平成30)年6月24日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月19日
    ブロック塀調べる捜査員ら 大阪北部地震

    三宅璃奈さんが下敷きになったブロック塀周辺を調べる捜査員ら=19日午後2時43分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午後2時43分、大阪府高槻市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月19日
    ブロック塀の倒壊現場 大阪北部地震

    三宅璃奈さんがブロック塀の下敷きになった現場=19日午前、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午前、大阪府高槻市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月19日
    下敷きになった現場 大阪北部地震

    三宅璃奈さんがブロック塀の下敷きになった現場=19日午前、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 19日午前、大阪府高槻市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:25.69
    2018年06月19日
    空撮 住宅被害334棟に、大阪北部地震

    大阪府北部で18日に起きた震度6弱の地震は、発生2日目の19日午前7時半時点で、府内で約1700人が避難した。多くが一夜を明かしたとみられる。府や総務省消防庁によると、人が居住する住宅の一部損壊が334棟に上ることが判明した。大阪が265棟、京都府64棟、奈良県3棟、兵庫県2棟。地震でブロック塀が倒壊して高槻市立寿栄小4年の三宅璃奈さん(9)が死亡した事故では、大阪府警が業務上過失致死容疑で19日、現場検証を行った。<映像内容>雨に備えて、高槻市内で屋根の上にブルーシートがかけられた住宅が数多くある様子。寿栄小学校のプールのブロック塀を現場検証するため、準備をする大阪府警の捜査員らの様子、撮影日:2018(平成30)年6月19日、撮影場所:大阪府高槻市

    撮影: 2018(平成30)年6月19日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月18日
    壁が崩れた小学校 大阪で震度6弱

    地震で市立寿栄小学校のプールのブロック塀が崩れた現場=18日午前10時22分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 18日午前10時22分、大阪府高槻市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年06月18日
    プールの壁が崩れた現場 大阪で震度6弱

    地震で市立寿栄小学校のプールのブロック塀が崩れた現場=18日午前10時22分、大阪府高槻市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 18日午前10時22分、大阪府高槻市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:13.98
    2018年06月18日
    空撮と地上撮 大阪で震度6弱 中心部直撃、3人死亡

    18日午前7時58分ごろ、大阪市北区、大阪府高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は大阪府北部で、震源の深さは約13キロ。地震の規模はマグニチュード(M)6・1と推定される。その後も地震が相次いだ。大阪府で震度6弱を観測したのは観測態勢が整った1923年1月以降、初めて。<映像内容>高槻市の住宅火災現場、校庭に生徒が避難する様子、高槻市立寿栄小学校の壁倒壊現場、高槻市内で倒壊したブロック塀、高槻市の水道管破裂で道路が陥没した現場など、銭湯の煙突、高槻市で停車した新幹線、南海電鉄なんば駅の改札付近、枚方市内の店舗雑感、高槻支援学校の避難者、高槻市でJRの電車から降りる乗客、撮影日:2018(平成30)年6月18日、撮影場所:大阪府高槻市、枚方市内

    撮影: 2018(平成30)年6月18日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:28.65
    2017年10月26日
    空撮 広島の採石場で2人生き埋め 1人は不明

    26日午前9時半ごろ、広島県福山市の採石場で土砂崩れが起こり、作業員の男性2人が生き埋めとなった。約30分後に40代の男性1人が意識のある状態で救出されたが、1人が見つかっておらず、消防が救出作業を急いでいる。県警によると、土砂をためるために積まれたコンクリートブロックが崩落し、作業中の2人が巻き込まれたとみられ、当時の詳しい状況を調べている。現場は岡山県境寄りにある土木会社の採石場。<映像内容>土砂崩れで作業員2人が生き埋めとなった採石場の現場の様子。午後2時ごろ、広島県福山市で撮影。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.63
    2017年10月23日
    空撮 台風で貨物船流され浸水 消波ブロック衝突、富山

    23日午前0時50分ごろ、富山県の伏木富山港で、台風21号の影響により係留中の貨物船が流され、港内の消波ブロックに衝突したとの118番があった。伏木海上保安部によると、エンジンルームが浸水したが、ロシア人船員19人は全員無事だった。同保安部によると、船体と岸をつないでいたロープが強風で切れたとみられる。19人のうち1人は同保安部の潜水士が救助、残る18人は自力で岸に移動した。 〈映像内容〉座礁し傾いた貨物船の空撮。午前10時50分ごろに富山市で撮影。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年10月06日
    熊本地震 益城町テクノ団地の仮設住宅

    熊本地震の被災地で最多の501世帯が暮らすテクノ仮設団地はA〜Fの6区画に分かれている=2016(平成28)年10月6日午後(本社ヘリから)、クレジット:西日本新聞/共同通信イメージズ (空撮)

    撮影: 2016

  • 2016年03月02日
    宮城県石巻市・新蛇田地区 幾何学模様の新市街地

    区画整理が進み、一戸建てや集合型の災害公営住宅が整然と並ぶ宮城県石巻市の新蛇田地区=2日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2日

  • 2016年03月02日
    宮城県石巻市の新蛇田地区 幾何学模様の新市街地

    区画整理が進み、一戸建てや集合型の災害公営住宅が整然と並ぶ宮城県石巻市の新蛇田地区=2日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2016年02月26日
    宮城県気仙沼市鹿折 空から見た震災5年

    2011年3月12日(左)と今年2月16日の宮城県気仙沼市の鹿折地区。津波で打ち上げられた大型漁船「第18共徳丸」(中央)は解体された。周辺では区画整理が続く(共同通信社ヘリから)

  • 2016年02月19日
    大槌町の中心部 平地で先進まちづくり

    浸水地域に盛り土をし、区画整理された岩手県大槌町の中心部=18日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 18日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2015年09月12日
    ブロックで補修される堤防 関東・東北水害

    決壊した鬼怒川の堤防で、ブロックを使い進められる補修工事=12日午後、茨城県常総市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 12日午後、茨城県常総市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年11月19日
    発生当時と3カ月後の現場 がれきや土砂の撤去進む

    8月20日の土砂災害発生当日(左)と今月19日の広島市安佐南区八木地区の被災地。がれきや土砂の撤去が進み、宅地の区画がはっきりと見える=共同通信社ヘリから

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年10月19日
    造られる導流堤 富士山噴火想定し防災訓練

    富士山噴火を想定した防災訓練で、コンクリートブロックを並べて造られる「導流堤」=19日午前、静岡県御殿場市で共同通信社ヘリから

    撮影: 19日午前、静岡県御殿場市で共同通信社ヘリから

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年09月06日
    宮城県気仙沼市の空撮 東日本大震災3年半

    2011年3月12日(上)と今月1日の宮城県気仙沼市、町の区画が姿を現していた=共同通信社ヘリから

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年08月20日
    八木地区の現場 津波のような黒い塊

    未明の豪雨で大規模土砂災害が発生した広島市安佐南区八木地区の現場。県営住宅を土砂が津波のように襲った=20日午前10時9分、共同通信社ヘリから

    撮影: 20日午前10時9分、共同通信社ヘリから

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年03月07日
    福島県いわき市の四倉港 ふるさとと呼べる場所を

    2011年3月18日、東京電力福島第1原発への放水作業へ向け消防車両が集結する福島県いわき市の四倉港付近(上)と今月3日の消波ブロックが並ぶ様子=共同通信社ヘリから

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年05月11日
    2カ月目の陸前高田市 大震災から2カ月

    震災から2カ月を迎えた岩手県陸前高田市。がれきは撤去され、整然と区画された道路が現れた=11日午前、共同通信社ヘリから

    撮影: 11日午前、共同通信社ヘリから

  • 2009年12月12日
    波にもまれるボートの破片 北海道苫小牧沖で転覆事故

    消波ブロックに打ち付けられる白いボートの破片=12日午後0時15分、北海道苫小牧市で共同通信社ヘリから

    撮影: 12日午後0時15分、北海道苫小牧市で共同通信社ヘリから

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:16.00
    2007年02月15日
    空撮 和歌山で竜巻発生か つめ跡3キロ、ハウス倒壊

    全国的に強風が吹き、荒れ模様となった14日に和歌山県印南町で、ビニールハウスが倒壊するなど突風の影響とみられる被害が出ていたことが15日、分かった。被害地域は長さ約3キロ、幅約200メートルの細い帯状で、「風が巻き上がっていた」との目撃情報があることなどから、和歌山地方気象台は、竜巻が発生した可能性があるとみて現地に職員を派遣、調査を始めた<映像内容>大きく倒壊したビニールハウスが並ぶ区画、ビニールが剥がれた周辺のハウス、海を臨む遠景、空撮、撮影日:2007(平成19)年2月15日、撮影場所:和歌山県印南町

    撮影: 2007(平成19)年2月15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:34.98
    2006年10月21日
    空撮 中山間地の活性化課題 仮設住宅に今も5千人 あす中越地震から2年

    67人の犠牲者を出した新潟県中越地震は、23日で発生から2年を迎える。道路や農地の復旧が進む一方、今も約5,000人が仮設住宅に暮らす。被害が大きかった中山間地域では、住民流出による過疎化の加速が懸念される<映像内容>新潟県長岡市(旧山古志村)で、道路の新設や区画整理が進む区域、水没した住宅が依然放置される区域、空撮、撮影日:2006(平成18)年10月21日、撮影場所:新潟県長岡市

    撮影: 2006(平成18)年10月21日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年10月21日
    高知、高波被害受けた住宅 台風23号、各地に被害

    台風23号の高波で崩れた堤防のコンクリート塊と海水で大破した住宅=21日午前11時、高知県室戸市で共同通信社ヘリから

    撮影: 21日午前11時、高知県室戸市で共同通信社ヘリから

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:39.37
    1995年02月17日
    空撮 阪神淡路大震災3 (4/4)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉ブルーシートがかかっている家屋やビルが点在する神戸市街地の空撮、地震によりほとんどの窓ガラスが割れているビル、地震後の火災によりほぼ焼失された区画、走っている電車、撮影日:1995(平成7)年2月17日、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 1995(平成7)年2月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:04.37
    1995年02月17日
    空撮 阪神淡路大震災4 (1/5)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉ブルーシートがかかっている家屋が並ぶ神戸住宅地の空撮、地震後の火災によりほぼ焼失された区画、作業トラックの列、撮影日:1995(平成7)年2月17日、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 1995(平成7)年2月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:30.26
    1995年02月17日
    空撮 阪神淡路大震災4 (2/5)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉ブルーシートがかかっている家屋が並ぶ神戸住宅地の空撮、地震後の火災によりほぼ焼失された区画、作業トラックの列、明石市立天文科学館、倒壊した木造家屋、明石湾に浮かぶ漁業関係者の船、撮影日:1995(平成7)年2月17日、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 1995(平成7)年2月17日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:48.75
    1995年01月31日
    空撮 阪神淡路大震災2 (2/9)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉地震後の火災により全焼した区画の様子、倒壊したビル、あちこちで煙が上がる神戸市街地、撮影日:撮影日不明、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 撮影日不明

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:10.67
    1995年01月19日
    空撮 阪神淡路大震災1 (7/10)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉地震後の火災により全焼した区画の様子、倒壊したビル、線路から外れた電車、撮影日:1995(平成7)年1月19日、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 1995(平成7)年1月19日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    05:14.74
    1995年01月19日
    空撮 阪神淡路大震災1 (6/10)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉地震後の火災により全焼した区画の様子、煙が上がるビルの様子、線路から外れて倒れた電車、撮影日:1995(平成7)年1月19日、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 1995(平成7)年1月19日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:06.74
    1995年01月17日
    空撮 阪神淡路大震災1 (2/10)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉地震後の火災により全焼した区画の様子、倒壊した建物、煙が上がっているビルの様子、倒壊した高速道路、下敷きになっている乗用車、倒壊した高速道路から落ちそうなバス、撮影日:1995(平成7)年1月17日、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 1995(平成7)年1月17日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1991年06月04日
    避難生活長期化 雲仙噴火で死傷者多数

    溶岩塊を落下させながら赤茶色の煙を噴き上げる雲仙岳の地獄跡火口。右手前は普賢池=1991(平成3)年6月4日午後0時10分、長崎県島原市で共同通信社ヘリから(1991年国内十大ニュース2)

    撮影: 1991

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1991年06月04日
    避難生活長期化 雲仙噴火で死傷者多数

    雲仙岳の地獄跡火口東側斜面に崩れ落ちる溶岩塊=1991(平成3)年6月4日午前9時15分、長崎県島原市で共同通信社ヘリから(1991年国内十大ニュース2)

    撮影: 1991

  • 1