KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 阪神大震災
  • マンホール
  • 合同慰霊祭
  • 史上最大
  • 地震警備
  • 巨大地震
  • 愛知県警
  • 東海地方
  • 警備訓練
  • 震災訓練

「Hall」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 災害
  • モノクロ
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
131
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
131
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月15日
    被災地で消えゆく民俗芸能

    福島県南相馬市・小高区村上地区、大熊町熊川地区、いわき市鹿島町下矢田の集会場など

  • 2019年08月26日
    災害大国で五輪、備えは

    2020年東京五輪・パラリンピック会場周辺で懸念される災害

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年08月19日
    豪雨、台風対策に限界も

    ラグビーW杯試合会場

  • 2019年04月11日
    急ピッチで災害の備え

    主なW杯・五輪会場の防災対策

  • 2017年09月23日

    DE0266、0267 ◎関東大震災被災から復興した横浜市街。塔のある建物は赤れんが造りの開港記念横浜会館(1959年以降は横浜市開港記念館に)=1929(昭和4)年4月23日(日本電報通信社撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年08月24日
    五輪会場周辺の備え急務

    東京五輪開催時の首都直下地震発生に備えた主な対策

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2017年08月24日
    五輪会場周辺の備え急務

    東京五輪開催時の首都直下地震発生に備えた主な対策

  • 2016年05月19日
    世界経済、復興の地で議論

    G20財務相・中央銀行総裁会合会場(仙台市・秋保温泉)

  • 2016年05月19日
    世界経済、復興の地で議論

    G20財務相・中央銀行総裁会合会場(仙台市・秋保温泉)

  • 2014年12月17日
    冠水した中之島公園 台風23号が四国、近畿に上陸

    台風23号のため冠水した大阪・中之島公園。後方は中央公会堂=1965(昭和40)年9月10日 「ザ・クロニクル 戦後日本の70年」第5巻使用画像(P49)

    撮影: 1965

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年03月13日
    口を開けるマンホール

    津波の浸水イメージ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年03月13日
    口を開けるマンホール

    津波の浸水イメージ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2014年03月07日
    復興掲げ20年東京五輪

    2020年東京五輪 サッカー会場計画

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月15日
    負傷100人超、続く余震

    フィリピン・ボホール島、セブ島

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年10月15日
    負傷100人超、続く余震

    フィリピン・ボホール島、セブ島

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2013年08月21日
    会場の安全、どう確保

    爆発現場の状況(イメージ)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月12日
    工場火災、314人死亡

    パキスタン・イスラマバード、カラチ、ラホール

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年09月12日
    工場火災、314人死亡

    パキスタン・イスラマバード、カラチ、ラホール

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2012年08月04日
    脱原発に意見集中

    主な発言と運営の問題点、会場の特徴

  • 2008年03月11日
    爆発でビル損壊、23人死亡

    パキスタン・ラホール

  • 2004年12月14日
    東大紛争、安田講堂の攻防 復興からバブル崩壊

    1968年から燃えさかった学園紛争は「70年安保闘争」で頂点を迎えた。69年1月18日には、東京・本郷の東大安田講堂などに立てこもっていた反日共系学生に対し機動隊8500人が出動、封鎖解除を開始した

  • 2001年03月16日
    映画上映に集まる市民 カンボジア映画復興の兆し

    15日、約30年ぶりに公開されたカンボジア映画「大蛇の子」を見るためにプノンペン郊外の会場に集まった市民。上は映画のポスター(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2000年11月11日
    災害用簡易トイレ

    )、企画393S、13日付朝刊以降使用、モノクロのみ  下水のマンホールに直接設置できる災害用のトイレ

  • 1997年05月17日
    集会参加者 「反原発」訴え全国集会

    全国各地から約350人が参加して開かれた反原発全国集会=17日、新潟県柏崎市の柏崎産業文化会館

    撮影: 17日、新潟県柏崎市の柏崎産業文化会館

  • 1997年02月24日
    チャリティー・コンサート 名フィル、大フィルが熱演

    阪神大震災遺児のためのチャリティー・コンサート=名古屋市中区のしらかわホール

    撮影: 名古屋市中区のしらかわホール

  • 1996年05月29日
    鳩山兄弟 友愛掲げ、台風の目に?

    「鳩山会館」前の庭で思い出を語る新党さきがけの鳩山由紀夫議員と新進党の鳩山邦夫議員=14日、東京都文京区音羽

    撮影: 14日、東京都文京区音羽

  • 1996年04月17日
    抗議文書を手渡す反対派 東通原発で公開ヒアリング

    会場前で通産省の関係者(左)に抗議の文書を手渡す原発反対派の代表者=17日午前8時15分、青森県下北郡東通村(カラーネガ)

  • 1996年04月09日
    ゴム靴履き認定を待つ犬 18頭を災害救助犬1期生に

    大地震などの現場で足を守るため、特注のゴム靴を履き災害救助犬の認定を待つ犬=9日午後、東京・神田の損保会館(カラーネガ)

    撮影: 9日午後、東京・神田の損保会館

  • 1996年04月07日
    合唱する神戸市民 犠牲者しのび震災組曲合唱

    阪神大震災の犠牲者をしのび、被災者らを励まそうと組曲「1995年1月17日」を合唱する神戸市民=7日午後、神戸市中央区の神戸文化ホール(カラーネガ)

    撮影: 7日午後、神戸市中央区の神戸文化ホール

  • 1996年02月22日
    写真展で飼い主募集 被災ペットに愛の手を

    震災で飼い主が亡くなったり、はぐれたりした被災ペットを紹介する「HELP!犬・猫」写真展=大阪市北区中之島のアサコムホール(阪神大震災)(カラーネガ)

    撮影: 大阪市北区中之島のアサコムホール

  • 1996年02月08日
    分科会の砂野氏 関西財界セミナー分科会

    関西財界セミナーの分科会「阪神大震災からの復興と世界都市・関西に向けて」で議長を務める砂野耕一・川崎重工業専務(左)=8日午後、国立京都国際会館(カラーネガ)

  • 1996年01月19日
    被災自治体首長が出席 神戸で防災サミット開催

    貝原俊民・兵庫県知事(左端)ら、大規模災害に見舞われた地方自治体の首長らが出席して開かれた「地方防災サミット」=19日午後、神戸市中央区の神戸国際会館(カラーネガ)

  • 1996年01月17日
    神戸市合同追悼式 阪神大震災から1年

    神戸市合同追悼式で献花する市内各区の遺族代表ら=17日午前10時56分、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホール(カラーネガ)

    撮影: 17日午前10時56分、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホール

  • 1996年01月17日
    遺影を胸に合同追悼式 阪神大震災から1年

    遺影を胸に神戸市合同追悼式に出席した遺族=17日午前10時15分、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホール(カラーネガ)

    撮影: 17日午前10時15分、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホール

  • 1996年01月17日
    市合同慰霊祭で献花 阪神大震災から1年

    神戸市合同追悼式で遺影を胸に献花する遺族=17日午前11時10分、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホール(カラーネガ)

    撮影: 17日午前11時10分、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホール

  • 1996年01月16日
    涙をぬぐう遺族 川西市で犠牲者追悼式

    震災1周年を控えた追悼式で、犠牲になった孫娘の明日香ちゃんをしのび涙をぬぐう佐藤杏子さん=16日午後、兵庫県川西市の川西市文化会館(カラーネガ)

    撮影: 16日午後、兵庫県川西市の川西市文化会館

  • 1996年01月15日
    黙とうする新成人 犠牲者しのび復興へ決意

    神戸市主催の「成人お祝いの会」の冒頭、阪神大震災の犠牲者に黙とうする新成人=15日午前、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホール(カラーネガ)(チマチョゴリ姿あり)

    撮影: 15日午前、神戸市中央区の神戸ポートアイランドホール

  • 1996年01月14日
    献花する震災遺児ら 父さん、夢で会いたい

    亡き肉親らをしのぶ会で献花する、阪神大震災で親を亡くした震災遺児ら=14日午後、神戸市中央区の兵庫県農業会館(カラーネガ)

    撮影: 14日午後、神戸市中央区の兵庫県農業会館

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年12月07日
    現場航空写真 建設現場火災で作業員死亡

    火災で作業員が死亡した町営公園「グリムの森」の多目的ホール建設工事現場=7日午後1時、栃木県石橋町で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

    撮影: 7日午後1時、栃木県石橋町で共同通信社ヘリから

  • 1995年11月23日
    シンポジウムの4選手 イチローらが被災児童激励

    シンポジウム「スポーツ・青春・賛歌」に参加した、手前から沢松奈生子、イチロー、田村亮子、平尾誠二の4選手=23日午後、神戸市中央区の神戸文化ホール(カラーネガ)(阪神大震災の被災児童らを励まそうと、スポーツ界のトッププレーヤーが参加したシンポジウム)

    撮影: 23日午後、神戸市中央区の神戸文化ホール

  • 1995年11月04日
    創作組曲を上演 復興願って市民熱唱

    復興への願いを込め、合唱組曲「瓦礫(がれき)の街から」を熱唱する神戸青年合唱団員=神戸市中央区の神戸文化ホール(カラーネガ)

  • 1995年09月01日
    兵庫・加古川の訓練会場 消防、警察、自衛隊一体で

    地震による土砂崩れで住民が生き埋めになったとの想定で救出活動をする消防隊員と自衛隊員=1日午後、兵庫県加古川市の加古川河川敷

    撮影: 1日午後、兵庫県加古川市の加古川河川敷

  • 1995年08月24日
    反対派が抗議行動 女川原発で公開ヒアリング

    会場前で原子力安全委員会職員に詰め寄る反対派住民ら=24日午前7時48分、宮城県牡鹿郡女川町(カラーネガ)

    撮影: 24日午前7時48分、宮城県牡鹿郡女川町

  • 1995年08月05日
    懇談するベラルーシの子ら 原発事故被災の子ら長崎に

    市民との交流会を終え、参加者(手前)と懇談するベラルーシの子供たち=5日午後、長崎市桜町の長崎県勤労福祉会館

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年07月22日
    焼い弾の実物大模型 福井戦災震災展始まる

    展示された焼い弾の実物大模型=22日午後、福井市春山の市民福祉会館

    撮影: 22日午後、福井市春山の市民福祉会館

  • 1995年06月29日
    阪神電鉄株主総会 被災各企業も総会

    阪神大震災で大きな被害を受けた阪神電気鉄道の株主総会会場に入る株主たち=29日午前9時40分、大阪市北区堂島浜(カラーネガ)

    撮影: 29日午前9時40分、大阪市北区堂島浜

  • 1995年06月29日
    神戸製鋼所株主総会 被災各企業も総会

    阪神大震災で大きな被害を受けた神戸製鋼所の株主総会会場で、社員たちに迎えられる株主=29日午前9時45分、神戸市中央区の神戸国際会議場(カラーネガ)

    撮影: 29日午前9時45分、神戸市中央区の神戸国際会議場

  • 1995年06月10日
    復興願う七夕飾り 神戸元気復活祭

    十日午後、好天に恵まれた神戸港のメリケンパークで、神戸青年会議所など主催の「神戸元気復活祭」が開かれ、家族連れやカップルでにぎわった。 潮風の薫り漂う会場には、一足早く七夕の笹が用意され、そばに置いてある短冊に願いを書く子供たちの姿も。「野球の練習場所ができますように」「お父さんが早く元気になりますように」…。 復興への思いを込めたあどけない字の短冊が一つ、また一つと笹に掛けられた。(カラーネガ)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年05月22日
    現場の地下街入り口付近 毎日大阪会館で爆発騒ぎ

    爆発騒ぎがあった「毎日大阪会館」南館の地下街入り口付近で現場検証をする係官=22日午後2時40分、大阪市北区堂島(カラーネガ)

    撮影: 22日午後2時40分、大阪市北区堂島

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1995年05月03日
    黙とうする参加者 被災地で言論めぐる集会

    集会の冒頭、銃撃を受け死亡した小尻記者と阪神大震災の犠牲者に黙とうをささげる参加者=3日午後、神戸市中央区の神戸朝日ホール(カラーネガ)

    撮影: 3日午後、神戸市中央区の神戸朝日ホール

  • 1995年04月17日
    新聞会館とそごうデパート 変ぼうする神戸の中心街

    阪神大震災から三カ月目を迎えた十七日、神戸市中央区の三宮周辺では、ビルの解体作業が続けられるなど復興への動きが急だ。 同市一の繁華街で街の発展を見守り続けた神戸新聞会館(左手前)と、そごうデパート(右上)も解体工事が進み震災前の面影はない。 同デパートの旧館は六月中には約四十年の歴史に幕を閉じるが、懐かしそうに足を止め建物を見つめる買い物客や、記念写真を撮る人の姿も見られた。(カラーネガ)空撮

  • 1995年04月11日
    避難所で話聞くメンバー 衆院災害対策特別委が調査

    避難所で生活するお年寄りから話を聞く、衆院災害対策特別委のメンバー=11日午後、神戸市東灘区の御影公会堂

    撮影: 11日午後、神戸市東灘区の御影公会堂

  • 1995年03月11日
    滋賀の女性が故郷神戸で 食器や台所用品配布

    「実家のある神戸を励まし、被災者に一日も早く自活してもらいたい」と、滋賀県甲賀郡甲西町の主婦山崎久江さん(42)が自治会に呼び掛けて集めた食器や台所用品などが十一日、神戸市東灘区の住吉公園で配られた。 早朝からでき始めた行列は、配布時間の午前十時には約二百人になり、段ボール箱百五十個分の善意は約一時間で被災者らに引き取られた。 会場整理にくたくたになりながらも「故郷神戸の大変さを実感しました」と、山崎さんはしんみりしていた。(カラーネガ)

  • 1995年02月28日
    閲覧する企業の担当者 神戸の都市計画案縦覧

    神戸市が作成した震災復興都市計画案を閲覧する企業の担当者ら=28日午前10時5分、神戸市中央区のサンボーホール(カラーネガ)

    撮影: 28日午前10時5分、神戸市中央区のサンボーホール

  • 1995年02月28日
    名古屋で支援コンサート 歌声を被災地に

    クラシック歌手らが集まり開かれた、阪神大震災の被災者を支援するチャリティーコンサート=2月28日午後7時、名古屋市中区のしらかわホール(カラーネガ)

    撮影: 2月28日午後7時、名古屋市中区のしらかわホール

  • 1995年02月26日
    会場全景 西宮市で合同慰霊祭

    震災犠牲者のめい福を祈り営まれた西宮市の合同慰霊祭=26日午後、西宮市鳴尾浜の兵庫県立総合体育館(カラーネガ)

    撮影: 26日午後、西宮市鳴尾浜の兵庫県立総合体育館

  • 1995年02月10日
    宿泊施設で追い込み 震災乗り越え受験に挑む

    阪神大震災で被災し、東京の大学などの入学試験を受ける受験生が各所の宿泊施設で追い込みに奮闘している。 一日から無料で受け入れを始めた東京都勤労福祉会館では、神戸と西宮で大地震に遭った女子高校生ら五人のグループが滞在中。幸い、家族に亡くなった人はいないが、地震直後は避難所生活をした人もいる。 「学校に通えなくなり、受験に不利になったのでは」と不安な気持ちが胸をよぎるが、「友達の中には進学をあきらめた人もいるのに受験できるだけでもラッキー」「大変な中で、試験を受けさせてくれた親に感謝しています、あとは精いっぱいやるだけ」と決意を新たにしていた。(カラーネガ)

  • 1995年02月09日
    体験報告する横山さん 全国救急隊員シンポジウム

    阪神大震災での救急活動を報告する横山正巳東京消防庁救急指導担当係長=9日午後、北九州市小倉北区の九州厚生年金会館

    撮影: 9日午後、北九州市小倉北区の九州厚生年金会館

  • 1995年02月08日
    会場全景 土木学会が緊急報告会

    土木学会が開いた「阪神大震災調査緊急報告会」=8日午後、東京・平河町(カラーネガ)

    撮影: 8日午後、東京・平河町

  • 1995年02月05日
    遺骨を抱く遺族 被災地で合同葬儀

    がれきが残る中、遺骨を抱いて合同葬儀会場に向かう遺族=5日午前、神戸市須磨区千歳町(カラーネガ)

    撮影: 5日午前、神戸市須磨区千歳町

  • 1995年02月02日
    仮設住宅の結果発表 真剣な表情の被災者

    真剣な表情で仮設住宅の抽選結果を見る被災者たち=2日午後5時30分、大阪府豊中市の豊中市民会館(カラーネガ)

    撮影: 2日午後5時30分、大阪府豊中市の豊中市民会館

  • 1995年01月30日
    申し込みの被災者 解体撤去作業の受け付け

    家屋の解体・撤去作業の申し込みをする被災者たち=30日午前9時、兵庫県西宮市の西宮市民会館(カラーネガ)

    撮影: 30日午前9時、兵庫県西宮市の西宮市民会館

  • 1995年01月20日
    会場全景 須磨区で合同葬儀

    須磨体育館で行われた犠牲者の合同葬儀=20日午前11時5分、神戸市須磨区中島町(カラーネガ)(阪神大震災)

    撮影: 20日午前11時5分、神戸市須磨区中島町

  • 1994年10月06日
    落下した天井 海洋国際会議が会場探し

    天井の一部が落下した根室市総合文化会館の大ホール=6日午後、北海道根室市曙町(北海道東方沖地震)

  • 1994年09月16日
    復旧作業の作業員ら 下水管で爆発

    事故のあったマンホール付近で復旧作業をする作業員ら=16日午後8時、千葉県柏市戸張

    撮影: 16日午後8時、千葉県柏市戸張

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年09月08日
    ガラスを片付ける先生ら 突風で生徒らけが

    美里中学校の2階多目的ホールで、飛び散ったガラス破片を片付ける先生たち=8日午後5時30分、埼玉県児玉郡美里町の町立美里中学校(災害、教育)

    撮影: 8日午後5時30分、埼玉県児玉郡美里町の町立美里中学校

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1994年09月08日
    美里中学校の校舎 突風で生徒らけが

    突風で窓ガラスが割れた美里中学校の校舎。2階が多目的ホール=8日午後6時20分、埼玉県児玉郡美里町(災害、教育)

  • 1994年07月13日
    義援金が充てられた集会所 義援金配分めぐり不協和音

    建設費の一部に義援金が充てられた集会所「新生ホール青苗」=奥尻島青苗「列島ライトアップ」(外観)(北海道南西沖地震)

    撮影: 奥尻島青苗「列島ライトアップ」

  • 1994年03月13日
    泉谷さんが募金コンサート 普賢岳の被災住民らを支援

    噴火災害の続く雲仙普賢岳の被災住民らを支援しようと、募金コンサートを開いた泉谷しげるさん=13日午後、長崎市公会堂(ボランティア)

    撮影: 13日午後、長崎市公会堂

  • 1993年12月22日
    マンホールの除幕式 隆起マンホールを移転保存

    除幕式が行われた釧路沖地震の隆起マンホール=22日午前、北海道・釧路町

  • 1993年12月20日
    図面を見つめる住民 建設省が土石流対策構想

    中尾川流域の砂防計画が示された図面を、食い入るように見る住民たち=20日午後、島原市城内の島原文化会館(雲仙普賢岳)

    撮影: 20日午後、島原市城内の島原文化会館

  • 1993年09月11日
    受け付けをする遺族ら 奥尻島で合同慰霊祭

    合同慰霊祭に参列のため会場で受け付けをする奥尻島外の遺族たち=11日午前9時50分、奥尻島・青苗中学校(北海道南西沖地震)

    撮影: 11日午前9時50分、奥尻島・青苗中学校

  • 1991年02月19日
    安全対策を追及する反原発の市民団体 美浜事故で公開説明会

    美浜原発細管破断事故の公開説明会で、関西電力の安全対策を追及する反原発の市民団体=1991(平成3)年2月19日午後6時30分、大阪市北区の関電ホール

    撮影: 1991

  • 1991年02月19日
    冒頭から混乱する公開説明会 関電美浜原発事故で公開説明会

    議長団の構成をめぐり、冒頭から混乱する関西電力美浜原発事故の公開説明会=1991(平成3)年2月19日午後6時10分、大阪市北区の関電ホール

    撮影: 1991

  • 1989年11月10日
    慰謝料1人600万円

    三井石炭鉱業三池鉱業所有明鉱の坑内火災事故の損害賠償訴訟で和解が成立、声明を読み上げる原告の笠テル子さん。左は松本洋一弁護団長=1989(平成元)年11月10日午後、福岡県弁護士会館

    撮影: 1989

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1989年08月06日
    雨の中の尾崎将司 日本プロゴルフ最終日

    台風13号の大雨の中、最終ホールでギャラリーの声援にこたえる尾崎将司=1989(平成元)年8月6日、栃木県・烏山城CC

    撮影: 1989

  • 1989年03月29日
    原告団長の細川義男さん 志登茂川水害で控訴審判決

    志登茂川水害訴訟の控訴審判決で住民側が逆転敗訴し、記者会見で「不当判決で残念だ」と話す原告団長の細川義男さん=1989(平成元)年3月29日、名古屋弁護士会館

    撮影: 1989

  • 1982年02月08日
    ホテルニュージャパンで火災

    増上寺会館に運び込まれる、ホテルニュージャパン火災で犠牲になった宿泊客の遺体=1982(昭和57)年2月8日、東京・芝

    撮影: 1982

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1981年04月19日
    敦賀原発で放射能漏出、事故隠し

    廃棄物処理建屋内の第2マンホール。1グラムあたり1万3000ピコキュリーの放射能を含んだ汚泥が固まっていた=1981(昭和56)年4月19日、福井県敦賀市明神町の敦賀発電所(1981年国内十大ニュース6)

    撮影: 1981

  • 1981年01月28日
    島根原発公開ヒヤリング始まる

    島根原発2号機増設計画の公開ヒヤリング会場附近で、機動隊と激しくもみ合う反原発団体のデモ隊=1981(昭和56)年1月28日、島根県鹿島町

    撮影: 1981

  • 1981年01月27日
    島根原発で公開ヒヤリング

    島根原発2号機増設計画の公開ヒヤリングを前に、会場入口付近で警備の機動隊と小競り合いをする反原発団体のデモ隊。公開ヒヤリングは、明日(1月28日)開かれる=1981(昭和56)年1月27日、島根県鹿島町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1981年01月26日
    敦賀原発で放射能漏出、事故隠し

    排水路のマンホールから高い放射能値が検出された放射性廃棄物処理建屋(右下の黒線で囲まれた建物)=1981(昭和56)年4月18日(1981年国内十大ニュース6)

  • 1980年12月04日
    柏崎・刈羽原発公開ヒヤリング

    板塀と機動隊に囲まれた第1次公開ヒヤリング会場の柏崎市立武道館前で、「ヒヤリング阻止」と気勢を上げる労組員と地元反対住民。第1次公開ヒヤリングは、東京電力柏崎・刈羽原発2、5号機増設に伴うもの=1980(昭和55)年12月4日、新潟県柏崎市栄町(55年内地10975)

    撮影: 1980

  • 1980年08月18日
    御前崎、一転隆起か?

    御前崎の隆起について観測データを発表する地震予知連絡会の萩原尊礼会長=1980(昭和55)年8月18日、東京・大手町の竹橋会館(55年内地7442)

    撮影: 1980

  • 1980年01月17日
    高浜増設炉、初の公開ヒアリング

    高浜原発増設の公開ヒアリングに反対して会場前で気勢を上げるデモ隊=1980(昭和55)年1月17日、福井県高浜町の町立中央センター前(55年内地391)

    撮影: 1980

  • 1979年11月26日
    米原発事故シンポジウム荒れる

    「米原発事故学術シンポジウム」会場で、伏見康治学術会議会長(中央右端)に詰め寄る原発反対派の人たち=1979(昭和54)年11月26日、東京・神田駿河台の中央大学

  • 1979年11月26日
    米原発事故シンポジウム荒れる

    「米原発事故学術シンポジウム」の会場入口で、もみ合う事務局員と原発反対派の人たち=1979(昭和54)年11月26日、東京・神田駿河台の中央大学

    撮影: 1979

  • 1979年11月18日
    神戸新聞会館で火事

    黒煙を上げる神戸新聞会館=1979(昭和54)年11月18日、神戸市葺合区雲井通

    撮影: 1979

  • 1979年03月23日
    大清水トンネルで火災事故

    合同慰霊祭会場に安置された事故犠牲者のひつぎ=1979(昭和54)年3月23日、群馬県水上町の水上観光会館(54年内地2769)

    撮影: 1979

  • 1979年02月28日
    門司の住宅密集地で大火

    強風下、燃え広がった住宅密集地の火災現場。左側は国鉄鹿児島本線、右上の建物は朝鮮総連会館=1979(昭和54)年2月28日、北九州市門司区風師

    撮影: 1979

  • 1979年01月25日
    多摩川水害訴訟で原告勝訴

    勝利判決後の報告集会であいさつする武田孝原告団長(手前右)=1979(昭和54)年1月25日、東京・霞が関の日弁連会館(54年内地651)

  • 1977年06月08日
    乗用車を排除 史上最大の地震警備訓練

    道路上の乗用車を排除する警察官。東海地方にマグニチュード8・4の巨大地震発生−警察庁は静岡県下を主会場に、警視庁、愛知県警など1都11県警の警察官約7万人を動員、住民約10万人も参加した史上最大の震災訓練を実施=1977(昭和52)年6月8日、静岡市(52年内地 4361)

    撮影: 1977

  • 1977年06月08日
    神奈川県警機動隊員 史上最大の地震警備訓練

    神奈川県警旗をなびかせ移送艦「あつみ」から清水港へ駆け足上陸する同県警機動隊員。東海地方にマグニチュード8・4の巨大地震発生−警察庁は静岡県下を主会場に、警視庁、愛知県警など1都11県警の警察官約7万人を動員、住民約10万人も参加した史上最大の震災訓練を実施=1977(昭和52)年6月8日、静岡県・清水港(52年内地 4359)

    撮影: 1977

  • 1977年06月08日
    防災ずきん姿で避難 史上最大の地震警備訓練

    本番さながら、防災ずきん姿で避難訓練する園児とお母さんたち。東海地方にマグニチュード8・4の巨大地震発生−警察庁は静岡県下を主会場に、警視庁、愛知県警など1都11県警の警察官約7万人を動員、住民約10万人も参加した史上最大の震災訓練を実施=1977(昭和52)年6月8日、静岡市(52年内地 4364)

    撮影: 1977

  • 1977年06月08日
    避難訓練する住民 史上最大の地震警備訓練

    タンカ上の子どもを先頭に広場へ避難する住民たち。東海地方にマグニチュード8・4の巨大地震発生−警察庁は静岡県下を主会場に、警視庁、愛知県警など1都11県警の警察官約7万人を動員、住民約10万人も参加した史上最大の震災訓練を実施=1977(昭和52)年6月8日、静岡市(52年内地 4360)

    撮影: 1977

  • 1977年06月08日
    避難する児童たち 史上最大の地震警備訓練

    先生に誘導されて荒川河川敷へ避難する尾久小学校の児童たち。東海地方にマグニチュード8・4の巨大地震発生−警察庁は静岡県下を主会場に、警視庁、愛知県警など1都11県警の警察官約7万人を動員、住民約10万人も参加した史上最大の震災訓練を実施=1977(昭和52)年6月8日、東京都荒川区東尾久(52年内地 4362)

    撮影: 1977

  • 1977年06月08日
    避難する親子連れ 史上最大の地震警備訓練

    障害物を避け、避難する親子連れと尾久小学校の児童たち。東海地方にマグニチュード8・4の巨大地震発生−警察庁は静岡県下を主会場に、警視庁、愛知県警など1都11県警の警察官約7万人を動員、住民約10万人も参加した史上最大の震災訓練を実施=1977(昭和52)年6月8日、東京都荒川区東尾久(52年内地 4363)

    撮影: 1977

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1977年02月24日
    爆発物処理班 空港公団に“時限火炎箱”

    爆発物らしいものが煙を噴いた新東京国際空港公団がある共同通信会館に爆発物処理機材を運び込む処理班=1977(昭和52)年2月24日、東京都港区赤坂葵町

    撮影: 1977

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1977年02月21日
    中村屋ビルの入り口 大阪・キタのビルで爆発

    爆発で道路に飛び散った中村屋ビルの入り口ドア。同ビル2階の東急観光大阪営業所の西側エレベーターホール付近で爆発。大阪府警は周辺に散乱した破片などから時限装置付きの消火器爆弾によるものと断定=1977(昭和52)年2月21日午前11時10分、大阪市北区堂島中

    撮影: 1977

  • 1976年12月02日
    [あんやたん あの日・あの時]

    那覇市の少年会館であった消火救助訓練。訓練と知らずに駆け付けたやじ馬たちが不安そうに見上げていた=1976(昭和51)年12月2日、場所不明、クレジット:沖縄タイムス/共同通信イメージズ

    撮影: 1976

  • 1
  • 2