KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 阪神大震災
  • キラーパルス
  • シンボル
  • ナフリン
  • バグラン
  • ブロック塀
  • 中国北方
  • 中国河北省
  • 仮設テント
  • 伝統技術

「ブロック 建物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 災害
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
6
( 1 6 件を表示)
  • 1
6
( 1 6 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:52.47
    2019年10月21日
    「新華社」百年の歴史を持つ義倉が糧倉博物館に河北省深州市

    中国河北省深州市(衡水市が管轄する県級市)糧倉博物館が間もなく、5年にわたる丹念な修復工事を終えオープンする。飢饉(ききん)に備えて穀物を備蓄する倉庫だった深州盈億義倉(えいおくぎそう)の建物を利用した博物館では、来場者に中国北方の穀物備蓄の歴史に関する情報や伝統技術を直感的に了解させる。同博物館は義倉の建物を展示スペースとして、食糧生産文化、食糧文化、糧倉制度文化、古代糧倉文化テーマ、祭祀文化という五つのテーマに沿って展示を行っている。六つの展示室を持ち、展示エリアの総面積は1100平方メートルで、敷地面積は3428平方メートル。収蔵や展示、教育、科学研究を一体化した文化基地である。深州盈億義倉は清の光緒24年(1898年)に建てられたもので、中国北方の伝統的な住宅である四合院の建築様式を取り入れている。全体構造は東西二つの院(区画)に分かれており、東院は管理区、西院は備蓄倉庫区で、建物内は合計51部屋(柱間)あり食糧2万6千石余り、およそ1500トンが貯蔵可能だった。この糧倉の主な機能は備蓄と災害救済で、中国の第7期全国重点文物保護単位に指定されている。(記者/張碩)<映像内容>義倉の建物を利用した博物館、糧倉博物館の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2007年09月05日
    傾いたブロック塀 震災“凶器”取り除け

    能登半島地震で傾いたブロック塀=3月、石川県穴水町

    撮影: 3月、石川県穴水町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2002年03月30日
    仮設テントの診療所で 家は土の塊と化し

    仮設テントの診療所で手当てを受ける男の子。地震で倒壊した建物の下敷きになって骨折した=3月28日、バグラン州ナフリン(共同)

    撮影: 3月28日、バグラン州ナフリン

  • 2000年01月07日
    姿消す菅原市場 菅原市場が今春移転

    神戸市の区画整理事業で、姿を消すことになった阪神大震災復興のシンボル「菅原市場」=神戸市長田区

    撮影: 神戸市長田区

  • 1998年01月11日
    展示台のブロック 文化財を地震から守ろう

    下部にブロックを入れて転倒防止策を取った彫刻展示台=神戸市灘区の兵庫県立近代美術館(阪神大震災関連)

    撮影: 神戸市灘区の兵庫県立近代美術館

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:06.74
    1995年01月17日
    空撮 阪神淡路大震災1 (2/10)

    阪神淡路大震災の被害状況。〈映像内容〉地震後の火災により全焼した区画の様子、倒壊した建物、煙が上がっているビルの様子、倒壊した高速道路、下敷きになっている乗用車、倒壊した高速道路から落ちそうなバス、撮影日:1995(平成7)年1月17日、撮影場所:兵庫県神戸市

    撮影: 1995(平成7)年1月17日

  • 1