KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ハルビン
  • ドローン
  • 小型無人機
  • せき止め湖
  • 火山博物館
  • ジオパーク
  • 大興安嶺
  • 発生防止
  • 林業管理
  • 森林消防

「黒竜江省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 災害
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
68
( 1 68 件を表示)
  • 1
68
( 1 68 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月05日
    配達員に消防安全訓練黒竜江省ハルビン市

    5日、街頭で消防安全をPRする配達員ら。中国黒竜江省ハルビン市消防救援支隊は5日、食事宅配の配達員を対象に消防安全訓練を行った。講習などを通して実際の火災の事例と危険性の発見方法、正しい消火器の使用法と通報の仕方など基礎的なノウハウを伝えた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月05日
    配達員に消防安全訓練黒竜江省ハルビン市

    5日、消防安全訓練に参加した配達員ら。中国黒竜江省ハルビン市消防救援支隊は5日、食事宅配の配達員を対象に消防安全訓練を行った。講習などを通して実際の火災の事例と危険性の発見方法、正しい消火器の使用法と通報の仕方など基礎的なノウハウを伝えた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月05日
    配達員に消防安全訓練黒竜江省ハルビン市

    5日、バイクに消防宣伝ポスターを張る配達員(左)と消防救援支隊の隊員。中国黒竜江省ハルビン市消防救援支隊は5日、食事宅配の配達員を対象に消防安全訓練を行った。講習などを通して実際の火災の事例と危険性の発見方法、正しい消火器の使用法と通報の仕方など基礎的なノウハウを伝えた。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年11月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.66
    2020年09月18日
    「新華社」黒竜江省、緊急時の測量・製図総合演習を実施

    中国黒竜江省測絵地理信息局(測量・製図地理情報局)はこのほど、省内の伊春市で初の大規模かつ全運用プロセスを通じた緊急時の測量・製図能力を保障するための総合実戦演習を行った。今回の演習は、最近の増水期や水位上昇への対応ならびに自然災害・二次災害対応を目的に実施され、小型無人機空撮や地上測量・観測、水中調査、データ処理・統合、総合保障など、さまざまなチームから計90人余りが参加した。(記者/劉赫垚)<映像内容>緊急時の測量・製図総合実戦演習の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:46.20
    2020年09月17日
    「新華社」国家電網傘下8企業が山火事の防災訓練を実施黒竜江省

    中国送電大手、国家電網傘下の省レベルの電力企業8社がこのほど、黒竜江省大興安嶺地区で、森林・草原の送電線火災危険度の徹底調査、管理のための現地指導会および山火事を想定した送電線の合同防災訓練を行った。訓練に参加した8社の送電線は、多くが密生した森林・草原地帯にある。220人が参加し、ヘリコプター3機と水槽付き消防車2台、電力安全応急処置車5台などが出動した。(記者/劉赫垚)<映像内容>山火事を想定した送電線の合同防災訓練の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.98
    2020年09月13日
    「新華社」台風被害を最小限に、農業技術員が現場で支援黒竜江省

    中国黒竜江省は8月下旬からの半月ほどで台風8~10号に見舞われ、一部地域で農作物が倒れたり、畑が浸水したりする深刻な被害を受けた。同省チチハル市克山県では作物の損失を最小限に抑えるため、農業技術員と支援責任者が何度も田畑に入り、災害対応への支援や指導を行っている。(記者/唐鉄富)<映像内容>倒れた農作物など台風被害の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    一汽解放集団、勇気あるトラック運転手に新車を贈呈

    7月31日、一汽解放集団が孫さんのために行った新車贈呈式。中国自動車大手、中国第一汽車集団傘下の商用車メーカー、一汽解放集団は7月31日、黒竜江省のトラック運転手、孫剛(そん・ごう)さんに「解放J7トレーラー」を贈呈した。車両火災で同ブランドのトラックを失った孫さんにとって忘れられない一日となった。孫さんは7月14日午後6時(日本時間同7時)頃、遼寧省新民市梁山鎮で荷台に火がついた大型トラックを運転し、人通りが多い街中の道路を走り抜けた。孫さんは安全な広い道路に出るとすぐに車を降り、自分のトラックが跡形もなく燃え尽きるのを遠くから見つめた。トラックは2018年に購入し、50万元(1元=約15円)以上のローンを返済し終えたばかりだった。家族の生活に欠かせない財産を失い、希望を失いかけていた孫さんは25日、一汽解放集団から電話を受けた。勇気ある行動をたたえ、新車を贈るという申し出に対し「新車を使って最初の仕事で稼いだお金を全て慈善団体に寄付する」と述べた。(長春=新華社記者/張建)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    一汽解放集団、勇気あるトラック運転手に新車を贈呈

    7月31日、一汽解放集団が孫さんのために行った新車贈呈式。中国自動車大手、中国第一汽車集団傘下の商用車メーカー、一汽解放集団は7月31日、黒竜江省のトラック運転手、孫剛(そん・ごう)さんに「解放J7トレーラー」を贈呈した。車両火災で同ブランドのトラックを失った孫さんにとって忘れられない一日となった。孫さんは7月14日午後6時(日本時間同7時)頃、遼寧省新民市梁山鎮で荷台に火がついた大型トラックを運転し、人通りが多い街中の道路を走り抜けた。孫さんは安全な広い道路に出るとすぐに車を降り、自分のトラックが跡形もなく燃え尽きるのを遠くから見つめた。トラックは2018年に購入し、50万元(1元=約15円)以上のローンを返済し終えたばかりだった。家族の生活に欠かせない財産を失い、希望を失いかけていた孫さんは25日、一汽解放集団から電話を受けた。勇気ある行動をたたえ、新車を贈るという申し出に対し「新車を使って最初の仕事で稼いだお金を全て慈善団体に寄付する」と述べた。(長春=新華社記者/張建)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    一汽解放集団、勇気あるトラック運転手に新車を贈呈

    7月31日、一汽解放集団が孫さんのために行った新車贈呈式。中国自動車大手、中国第一汽車集団傘下の商用車メーカー、一汽解放集団は7月31日、黒竜江省のトラック運転手、孫剛(そん・ごう)さんに「解放J7トレーラー」を贈呈した。車両火災で同ブランドのトラックを失った孫さんにとって忘れられない一日となった。孫さんは7月14日午後6時(日本時間同7時)頃、遼寧省新民市梁山鎮で荷台に火がついた大型トラックを運転し、人通りが多い街中の道路を走り抜けた。孫さんは安全な広い道路に出るとすぐに車を降り、自分のトラックが跡形もなく燃え尽きるのを遠くから見つめた。トラックは2018年に購入し、50万元(1元=約15円)以上のローンを返済し終えたばかりだった。家族の生活に欠かせない財産を失い、希望を失いかけていた孫さんは25日、一汽解放集団から電話を受けた。勇気ある行動をたたえ、新車を贈るという申し出に対し「新車を使って最初の仕事で稼いだお金を全て慈善団体に寄付する」と述べた。(長春=新華社記者/張建)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    一汽解放集団、勇気あるトラック運転手に新車を贈呈

    7月31日、一汽解放集団が孫さんのために行った新車贈呈式。中国自動車大手、中国第一汽車集団傘下の商用車メーカー、一汽解放集団は7月31日、黒竜江省のトラック運転手、孫剛(そん・ごう)さんに「解放J7トレーラー」を贈呈した。車両火災で同ブランドのトラックを失った孫さんにとって忘れられない一日となった。孫さんは7月14日午後6時(日本時間同7時)頃、遼寧省新民市梁山鎮で荷台に火がついた大型トラックを運転し、人通りが多い街中の道路を走り抜けた。孫さんは安全な広い道路に出るとすぐに車を降り、自分のトラックが跡形もなく燃え尽きるのを遠くから見つめた。トラックは2018年に購入し、50万元(1元=約15円)以上のローンを返済し終えたばかりだった。家族の生活に欠かせない財産を失い、希望を失いかけていた孫さんは25日、一汽解放集団から電話を受けた。勇気ある行動をたたえ、新車を贈るという申し出に対し「新車を使って最初の仕事で稼いだお金を全て慈善団体に寄付する」と述べた。(長春=新華社記者/張建)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    一汽解放集団、勇気あるトラック運転手に新車を贈呈

    7月31日、一汽解放集団が孫さんのために行った新車贈呈式。中国自動車大手、中国第一汽車集団傘下の商用車メーカー、一汽解放集団は7月31日、黒竜江省のトラック運転手、孫剛(そん・ごう)さんに「解放J7トレーラー」を贈呈した。車両火災で同ブランドのトラックを失った孫さんにとって忘れられない一日となった。孫さんは7月14日午後6時(日本時間同7時)頃、遼寧省新民市梁山鎮で荷台に火がついた大型トラックを運転し、人通りが多い街中の道路を走り抜けた。孫さんは安全な広い道路に出るとすぐに車を降り、自分のトラックが跡形もなく燃え尽きるのを遠くから見つめた。トラックは2018年に購入し、50万元(1元=約15円)以上のローンを返済し終えたばかりだった。家族の生活に欠かせない財産を失い、希望を失いかけていた孫さんは25日、一汽解放集団から電話を受けた。勇気ある行動をたたえ、新車を贈るという申し出に対し「新車を使って最初の仕事で稼いだお金を全て慈善団体に寄付する」と述べた。(長春=新華社記者/張建)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    一汽解放集団、勇気あるトラック運転手に新車を贈呈

    7月31日、一汽解放集団が孫さんのために行った新車贈呈式。中国自動車大手、中国第一汽車集団傘下の商用車メーカー、一汽解放集団は7月31日、黒竜江省のトラック運転手、孫剛(そん・ごう)さんに「解放J7トレーラー」を贈呈した。車両火災で同ブランドのトラックを失った孫さんにとって忘れられない一日となった。孫さんは7月14日午後6時(日本時間同7時)頃、遼寧省新民市梁山鎮で荷台に火がついた大型トラックを運転し、人通りが多い街中の道路を走り抜けた。孫さんは安全な広い道路に出るとすぐに車を降り、自分のトラックが跡形もなく燃え尽きるのを遠くから見つめた。トラックは2018年に購入し、50万元(1元=約15円)以上のローンを返済し終えたばかりだった。家族の生活に欠かせない財産を失い、希望を失いかけていた孫さんは25日、一汽解放集団から電話を受けた。勇気ある行動をたたえ、新車を贈るという申し出に対し「新車を使って最初の仕事で稼いだお金を全て慈善団体に寄付する」と述べた。(長春=新華社記者/張建)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    一汽解放集団、勇気あるトラック運転手に新車を贈呈

    7月31日、一汽解放集団が孫さんのために行った新車贈呈式。中国自動車大手、中国第一汽車集団傘下の商用車メーカー、一汽解放集団は7月31日、黒竜江省のトラック運転手、孫剛(そん・ごう)さんに「解放J7トレーラー」を贈呈した。車両火災で同ブランドのトラックを失った孫さんにとって忘れられない一日となった。孫さんは7月14日午後6時(日本時間同7時)頃、遼寧省新民市梁山鎮で荷台に火がついた大型トラックを運転し、人通りが多い街中の道路を走り抜けた。孫さんは安全な広い道路に出るとすぐに車を降り、自分のトラックが跡形もなく燃え尽きるのを遠くから見つめた。トラックは2018年に購入し、50万元(1元=約15円)以上のローンを返済し終えたばかりだった。家族の生活に欠かせない財産を失い、希望を失いかけていた孫さんは25日、一汽解放集団から電話を受けた。勇気ある行動をたたえ、新車を贈るという申し出に対し「新車を使って最初の仕事で稼いだお金を全て慈善団体に寄付する」と述べた。(長春=新華社記者/張建)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅に停車中に観光列車。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅前の広場で記念撮影する観光客。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅に停車中の観光列車。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅前の広場で記念撮影する観光客。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅で改札を通る観光列車の乗客。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年07月18日
    黒竜江省で今夏最初の観光列車が出発

    18日、ハルビン駅で記念撮影する観光客。中国国家鉄路集団傘下の鉄道局、中国鉄路ハルビン局集団は18日、黒竜江省で今夏最初の観光列車を運行した。観光客700人近くがハルビン市から伊春市へ向かった。同集団は列車の円滑な運行に向け、駅や列車の換気や消毒、清掃を徹底。旅客の駅舎入場や列車の乗降には誘導員を配置したほか、スマートフォンの健康管理システム「健康コード」の確認や体温検査を実施した。観光業の復興策として同集団は近頃、省内の主な観光名所を組み込んだ複数の旅行商品を発売している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:40.53
    2020年07月06日
    「新華社」「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界ジオパーク、生物圏保護区に登録されており、「天然の火山博物館」と称されている。(記者/謝剣飛、周天翮、姜賀軒)<映像内容>黒竜江省黒河市の五大連池の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月03日
    「天然の火山博物館」を訪ねて黒竜江省黒河市

    3日、空から見た五大連池風景区。(小型無人機から)中国黒竜江省黒河市の五大連池は五つのせき止め湖から成り、典型的な火山の噴火跡が完全な形で残っていることから、「世界のジオパーク」「天然の火山博物館」などと称される。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.40
    2020年07月01日
    「新華社」極端な天候に対応し電力供給を保障ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市の一部の地域ではここ数日、強い雷と強風を伴う大雨が降り続いており、同市と周辺の郷や鎮の一部の電力供給ラインに影響が出ている。管轄区の電力供給の安定を保障するため、国家電網ハルビン供電は迅速に対応し、災害対応策と災害警報メカニズムを緊急始動し、送電網の運用状況を24時間体制でモニタリングしている。同社はまた最前線の当直スタッフ千人以上を増員したほか、小型無人機や非接触型温度計などの機器を利用し、管轄区内の送電網で効率的な特別パトロールを行い、即座に修理し災害救助を行えるようにしている。(記者/唐鉄富)<映像内容>送電網のパトロールの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月29日
    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷

    4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月29日
    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷

    4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月29日
    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷

    4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:50.43
    2020年04月29日
    「新華社」黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷

    中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(記者/馬暁成)<映像内容>黒竜江の解氷の様子、撮影日:2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月29日
    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷

    4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月29日
    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷

    4月29日、漠河市北極村で撮影した黒竜江。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷

    4月28日、北極村に入る前に検温を受ける観光客。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月28日
    黒竜江最北端、7カ月の凍結期終了昨年より5日早く解氷

    4月28日、北極村に入る前に検温を受ける観光客。中国とロシアの国境を流れる黒竜江の漠河区間は、4月29日朝から解氷期に入った。黒竜江は7カ月にわたる眠りから覚め、勢いを増しながら東へ流れる。黒竜江省漠河市の水害防止事業担当者によると、今春は気温の上昇が早く、同区間は昨年よりも5日早く解氷期に入ったという。(漠河=新華社配信/王景陽)=2020(令和2)年4月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:09.33
    2020年04月03日
    「新華社」黒竜江沿岸の複数地区で氷塊の爆破作業黒竜江省

    中国黒竜江省北部を流れる黒竜江沿岸の漠河(ばくが)市や呼瑪(こま)県などで3日、川を覆う氷の爆破作業が行われた。川開きに先立ち、重点的な区間の氷を爆破しておくことで、解氷期に上流から流れる水が下流の氷塊にせき止められて発生する増水災害を効果的に防止する。(記者/馬暁成)<映像内容>氷塊の爆破作業の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、特殊車両で木々の茂る悪路を通り着火地域へ向かう森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、急な風向きの変化に備え、一組になって進む着火装置を持つ隊員と防火設備を持つ複数の隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、道案内の職員と正確な着火地点を確認する森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、火を付ける森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、衛星測位システム(GPS)機器を使い、着火地点を確認する森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、火を付ける森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、火を付ける森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、着火区域に徒歩で入る森林消防隊員。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月26日
    野焼きで森林火災予防黒竜江省

    26日、計画焼却と同時に行われた消火実践訓練。中国黒竜江省森林消防総隊大興安嶺地区支隊は26日から、地元の林業管理局と協力し、森林火災予防のための計画焼却(野焼き)を開始した。計画焼却とは、一定の気候条件の下で、森林の可燃物を弱い火力を保ちつつ制御下で計画的に燃やすことを言い、防火帯が整備され、森林火災の発生防止に役立つ。同支隊はこれまでに50キロ余りを焼却し防火帯を整備した。(大興安嶺=新華社配信)=2019(令和元)年10月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月12日
    黒竜江省、16年連続で食糧豊作の見通し

    黒竜江省の勤得利(きんとくり)農場で刈取機を操作して稲を収穫する栽培農家。(10月12日撮影、小型無人機から)中国最大の食糧生産地、黒竜江省で食糧が16年連続で豊作となることが確実となった。同省政府は国の食糧安全保障にさらなる貢献を果たしたとの見解を示した。今年は天候不良が続いたが、夏の農地冠水などの自然災害に効果的に対処したことで損害を最小限に抑え、食糧生産は好調を保った。食糧の総生産量は今年も7500万トンを超える見通しとなり、中国の食糧安全保障を確保する「重し」としての地位はさらに固まった。同省は食糧の販売量と他地域への供給量が数年連続で中国最多を維持している。昨年の総生産量は7570万トンで、中国全体の約9分の1を占めた。(ハルビン=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月11日
    黒竜江省、16年連続で食糧豊作の見通し

    黒竜江省にある勤得利(きんとくり)農場の加工企業の敷地に積まれたもみ。(10月11日撮影)中国最大の食糧生産地、黒竜江省で食糧が16年連続で豊作となることが確実となった。同省政府は国の食糧安全保障にさらなる貢献を果たしたとの見解を示した。今年は天候不良が続いたが、夏の農地冠水などの自然災害に効果的に対処したことで損害を最小限に抑え、食糧生産は好調を保った。食糧の総生産量は今年も7500万トンを超える見通しとなり、中国の食糧安全保障を確保する「重し」としての地位はさらに固まった。同省は食糧の販売量と他地域への供給量が数年連続で中国最多を維持している。昨年の総生産量は7570万トンで、中国全体の約9分の1を占めた。(ハルビン=新華社配信/謝剣飛)=2019(令和元)年10月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:05.66
    2019年09月20日
    「新華社」中国東北地方最大の淡水湖で泳ぐベテランスイマー

    中国黒竜江省の南東部に位置する興凱(こうがい)湖(ロシア名、ハンカ湖)は、中国東北地方最大の淡水湖で、中国とロシアの国境地帯最大の湖でもある。同省鶏西(けいせい)市の炭鉱に勤務する姜春鎖(きょう・しゅんさ)さん(56)は、水泳を覚えた10歳の頃からいつも同湖で泳ぎを楽しんできたベテランスイマー。今月初旬、台風13号「リンリン」の影響を受けて同湖の水位が上昇する中、姜さんが高波に負けずに泳ぐ姿が大きな注目を集めた。(記者/李建平)<映像内容>台風の影響で水位が上昇している淡水湖を泳ぐベテランスイマー、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ  ※画質が良くありません。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    台風13号で河川敷にヘリが取り残される黒竜江省

    8日、冠水したヘリポートに取り残されたヘリコプター。中国黒竜江省牡丹江市で8日午前3時頃、台風13号「レンレン」の影響で海浪河の水位が上昇し、河川敷にある臨時ヘリポートが冠水。止まっていたヘリと臨時に派遣された警備員1人が取り残された。同ヘリは地元企業が所有し、同地区で森林の病虫害対策任務にあたっていた。(牡丹江=新華社配信/賀連国)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    中国東北地方最大の淡水湖で泳ぐベテランスイマー

    8日に撮影した興凱湖。中国黒竜江省の南東部に位置する興凱(こうがい)湖(ロシア名、ハンカ湖)は、中国東北地方最大の淡水湖で、中国とロシアの国境地帯最大の湖でもある。同省鶏西(けいせい)市の炭鉱に勤務する姜春鎖(きょう・しゅんさ)さん(56)は、水泳を覚えた10歳の頃からいつも同湖で泳ぎを楽しんできたベテランスイマー。今月初旬、台風13号「リンリン」の影響を受けて同湖の水位が上昇する中、姜さんが高波に負けずに泳ぐ姿が大きな注目を集めた。(ハルビン=新華社記者/李建平)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    中国東北地方最大の淡水湖で泳ぐベテランスイマー

    8日、興凱湖で泳ぐ姜春鎖さん。中国黒竜江省の南東部に位置する興凱(こうがい)湖(ロシア名、ハンカ湖)は、中国東北地方最大の淡水湖で、中国とロシアの国境地帯最大の湖でもある。同省鶏西(けいせい)市の炭鉱に勤務する姜春鎖(きょう・しゅんさ)さん(56)は、水泳を覚えた10歳の頃からいつも同湖で泳ぎを楽しんできたベテランスイマー。今月初旬、台風13号「リンリン」の影響を受けて同湖の水位が上昇する中、姜さんが高波に負けずに泳ぐ姿が大きな注目を集めた。(ハルビン=新華社記者/李建平)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    中国東北地方最大の淡水湖で泳ぐベテランスイマー

    8日、興凱湖で泳ぐ姜春鎖さん。中国黒竜江省の南東部に位置する興凱(こうがい)湖(ロシア名、ハンカ湖)は、中国東北地方最大の淡水湖で、中国とロシアの国境地帯最大の湖でもある。同省鶏西(けいせい)市の炭鉱に勤務する姜春鎖(きょう・しゅんさ)さん(56)は、水泳を覚えた10歳の頃からいつも同湖で泳ぎを楽しんできたベテランスイマー。今月初旬、台風13号「リンリン」の影響を受けて同湖の水位が上昇する中、姜さんが高波に負けずに泳ぐ姿が大きな注目を集めた。(ハルビン=新華社記者/李建平)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    台風13号で河川敷にヘリが取り残される黒竜江省

    8日、冠水したヘリポートに取り残されたヘリコプター。中国黒竜江省牡丹江市で8日午前3時頃、台風13号「レンレン」の影響で海浪河の水位が上昇し、河川敷にある臨時ヘリポートが冠水。止まっていたヘリと臨時に派遣された警備員1人が取り残された。同ヘリは地元企業が所有し、同地区で森林の病虫害対策任務にあたっていた。(牡丹江=新華社配信/賀連国)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    中国東北地方最大の淡水湖で泳ぐベテランスイマー

    8日に撮影した興凱湖。中国黒竜江省の南東部に位置する興凱(こうがい)湖(ロシア名、ハンカ湖)は、中国東北地方最大の淡水湖で、中国とロシアの国境地帯最大の湖でもある。同省鶏西(けいせい)市の炭鉱に勤務する姜春鎖(きょう・しゅんさ)さん(56)は、水泳を覚えた10歳の頃からいつも同湖で泳ぎを楽しんできたベテランスイマー。今月初旬、台風13号「リンリン」の影響を受けて同湖の水位が上昇する中、姜さんが高波に負けずに泳ぐ姿が大きな注目を集めた。(ハルビン=新華社記者/李建平)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    台風13号で河川敷にヘリが取り残される黒竜江省

    8日、冠水したヘリポートに取り残されたヘリコプター。中国黒竜江省牡丹江市で8日午前3時頃、台風13号「レンレン」の影響で海浪河の水位が上昇し、河川敷にある臨時ヘリポートが冠水。止まっていたヘリと臨時に派遣された警備員1人が取り残された。同ヘリは地元企業が所有し、同地区で森林の病虫害対策任務にあたっていた。(牡丹江=新華社配信/賀連国)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    中国東北地方最大の淡水湖で泳ぐベテランスイマー

    8日、興凱湖で泳ぐ姜春鎖さん。中国黒竜江省の南東部に位置する興凱(こうがい)湖(ロシア名、ハンカ湖)は、中国東北地方最大の淡水湖で、中国とロシアの国境地帯最大の湖でもある。同省鶏西(けいせい)市の炭鉱に勤務する姜春鎖(きょう・しゅんさ)さん(56)は、水泳を覚えた10歳の頃からいつも同湖で泳ぎを楽しんできたベテランスイマー。今月初旬、台風13号「リンリン」の影響を受けて同湖の水位が上昇する中、姜さんが高波に負けずに泳ぐ姿が大きな注目を集めた。(ハルビン=新華社記者/李建平)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月08日
    中国東北地方最大の淡水湖で泳ぐベテランスイマー

    8日、興凱湖で泳ぐ姜春鎖さん。中国黒竜江省の南東部に位置する興凱(こうがい)湖(ロシア名、ハンカ湖)は、中国東北地方最大の淡水湖で、中国とロシアの国境地帯最大の湖でもある。同省鶏西(けいせい)市の炭鉱に勤務する姜春鎖(きょう・しゅんさ)さん(56)は、水泳を覚えた10歳の頃からいつも同湖で泳ぎを楽しんできたベテランスイマー。今月初旬、台風13号「リンリン」の影響を受けて同湖の水位が上昇する中、姜さんが高波に負けずに泳ぐ姿が大きな注目を集めた。(ハルビン=新華社記者/李建平)=2019(令和元)年9月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    04:31.38
    2019年04月02日
    「新華社」中ロ国境の川で増水災害の発生防止爆破作業実施

    気温の上昇に伴い、冬の間氷に閉ざされていた中国とロシア国境の川、黒竜江が間もなく川開きを迎える。黒竜江省大興安嶺(だいこうあんれい)地区の呼瑪(こま)県水務局(水利事業、洪水や干ばつ対策、水資源管理などを管轄する部署)は2日夕方、上流の水が下流の氷塊にせき止められて起こる増水災害の発生を防止するため、氷の爆破作業を実施した。現場の指揮官が秒読みを行い、爆破の指令を出すと、爆薬が氷の下で起爆し、氷の破片が空中に舞い上がり、高さ数十メートルの柱状の氷霧が巻き起こった。今回の爆破が行われたのは、同県呼瑪鎮の上江島(じょうこうとう)区間の航路標識261号から268号の間で、専門の爆破スタッフが水面下爆破の技術によって作業を行ったという。(記者/馬知遥)<映像内容>中国とロシアの国境の川で増水災害防止のため爆破作業をする様子、撮影日:2019(平成31)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:33.60
    2018年08月25日
    「新華社」黒竜江省ハルビン市の温泉ホテルで火災遺体16体を搬出

    25日未明、中国黒竜江省ハルビン市松北区太陽島にある北竜温泉レジャーホテルで火災が発生した。同省の消防当局によると、これまでに犠牲者の遺体16体が確認され、搬出された。現在、消火・救助作業が行われているが、出火の原因はいまだに明らかになっていない。(記者/鄒大鵬、強勇、馬知遥、何山)<映像内容>火災現場の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月25日
    応急管理部、ハルビンのホテル火災現場に作業チームを派遣

    25日、火災が発生したホテル。25日午前4時36分、中国黒竜江省ハルビン市松北区の温泉宿泊施設、北竜温泉レジャーホテルで火災が発生し、複数の死傷者が出た。(ハルビン=新華社記者/王松)=2018(平成30)年8月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月24日
    降水による黒竜江本流の増水、黒河市を通過

    24日、黒竜江省黒河市、川沿いの道を散歩する観光客。中国黒竜江省水利庁によると、同省ではこのところ雨量が多かったため、23日時点で黒竜江、嫩江、松花江、ウスリー川本流の水位が平年に比べやや高くなっており、黒竜江本流で警戒水位を上回る状況が発生し、最高水位に達した部分が黒河市を通過しているという。気象部門の予測によると、同省ではこれからの数日間に豪雨、強風が見込まれるため、中小河川での洪水、山津波、地質災害といった二次災害に警戒が必要だという。(ハルビン=新華社記者/楊喆)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年07月24日
    降水による黒竜江本流の増水、黒河市を通過

    黒竜江本流の黒河市区間での水位変化。上は21日、下は24日撮影。中国黒竜江省水利庁によると、同省ではこのところ雨量が多かったため、23日時点で黒竜江、嫩江、松花江、ウスリー川本流の水位が平年に比べやや高くなっており、黒竜江本流で警戒水位を上回る状況が発生し、最高水位に達した部分が黒河市を通過しているという。気象部門の予測によると、同省ではこれからの数日間に豪雨、強風が見込まれるため、中小河川での洪水、山津波、地質災害といった二次災害に警戒が必要だという。(ハルビン=新華社記者/楊喆)=2018(平成30)年7月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2004年01月16日
    事故を掲載する中国紙 特権階級への不満爆発

    中国黒竜江省で発生したBMWの人身事故を大きく掲載する中国紙(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    1998年08月22日
    洪水で水没したレストラン 松花江で最高水位を更新

    松花江の洪水で水没したレストラン(画面右奥)と堤防を固める中国軍兵士ら=22日午後、中国黒竜江省ハルビン市(共同)

  • 1