KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 東日本大震災
  • スタッフ
  • 情報提供
  • 東京電力
  • シェルター
  • 高速鉄道
  • 岩手県釜石市
  • 無料開放
  • お父さん
  • アジアゾウ

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 災害
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
826
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
826
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月11日
    スケートボードをする親子 変わる町並みに驚き

    東日本大震災で被災した宮城県女川町にスケートボードの施設がオープンし、地元のスケーターらでにぎわっている。女川港に面する施設の近くには、震災遺構「旧女川交番」(手前)が残され、津波被害の壮絶さを今に伝えている。仙台市から家族で訪れた庄子亮さん(38、左)は被災前の町しか知らない。かつての商店街は姿を消し、駅前の高台造成地に新しい店が並ぶ。「景色が変わって寂しいが仕方がない」と復興工事で様変わりした町並みに驚いていた=11日午後

  • 2021年01月05日
    災害支援、ワンストップで

    ヤフーが提供する支援サービス

  • 2021年01月05日
    災害支援、ワンストップで

    ヤフーが提供する支援サービス

  • 2021年01月05日
    災害支援、ワンストップで

    ヤフーが提供する支援サービス

  • 2021年01月05日
    災害支援、ワンストップで

    ヤフーが提供する支援サービス

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月04日
    ラーメン店の原田政勝さん 豪雨半年「今年は安心を」

    仮設商店街で最初にオープンした店舗でラーメンを振る舞う原田政勝さん(左)=4日午前11時14分、熊本県人吉市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月04日
    ラーメン振る舞う原田さん 豪雨半年「今年は安心を」

    仮設商店街で最初にオープンした店舗でラーメンを振る舞う原田政勝さん(中央)=4日午前11時41分、熊本県人吉市

  • 00:54.88
    2020年10月21日
    「新華社」江漢路歩行街がリニューアルオープン湖北省武漢市

    中国湖北省武漢市の江漢関広場で21日夜、江漢路歩行街(歩行者天国)のオープニングセレモニーが開催された。代々の武漢人の記憶に受け継がれる江漢路が、改造・整備を経て再オープンし、新型コロナウイルス感染症流行後の同市の復興と質の高い発展に花を添えた。(記者/余国慶、潘志偉)<映像内容>江漢路歩行街のオープニングセレモニー、街並みなど風景、撮影日:2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場で、渡し船の廃止前に乗りに来た地元民。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民に船との記念写真を依頼する渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民を乗せ船をこぐ渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場で救命設備を運ぶ何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、船を出す前にロープをほどく渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、最後の運航後、オールを肩に担ぎ岸に上がった渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、最後の渡し船を出す前に、まもなく開通する大橋を見つめる渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、船を引き揚げるトラクターを待つ渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民のために最後の船を出す渡し守の何栄興さん。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、地元民のために最後の船を出す渡し守の何栄興さん。近くに新しく建設された茅洲大橋が見える。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、着岸後、船を固定する準備をする渡し守の何栄興さん。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    10日、トラクターが渡し船を引き揚げる様子を携帯電話で撮影する村民。中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月09日
    「最後」の渡し守福建省浦城県

    9日、福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲村の渡し場とその周辺。(小型無人機から)中国福建省南平市浦城県水北街鎮茅洲(ぼうしゅう)村の茅洲渡し場でこのほど、重量約2トンの鉄製の渡し船が岸に引き上げられ、地元民のために約70年間サービスを提供してきた渡し場が、正式にその役割を終えた。何栄興(か・えいこう)さん(59)は同渡し場の最後の渡し守で、これまでボランティアで数えきれないほど地元民を乗せてきた。強風や大雨の際は、渡し船は運航できなかったが、もしこのささやかな渡し場と渡し船がなければ、村民は町へ出るためにさらに1時間以上必要となった。同省北部の山地に位置する浦城県ではここ数年、渡し船を廃止して橋を建設するプロジェクトを進め、県内に20カ所ほどあった渡し場は、現在使用されている3カ所を残すのみとなった。地元の交通部門の担当者は、今後数年間プロジェクトを継続し、渡し船に頼る村の交通事情を一変させる予定だと述べた。(南平=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月07日
    開店したワイナリー施設 津波被災地にワイナリー

    宮城県南三陸町にプレハブの水産加工場を改修しオープンしたワイナリー施設=7日

    撮影: 7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月07日
    ワイナリーの店舗 津波被災地にワイナリー

    宮城県南三陸町にオープンしたワイナリー施設の店舗=7日

    撮影: 7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月07日
    開店したワイナリー施設 津波被災地にワイナリー

    屋外でワインを楽しめるワイナリー施設のテラス=7日、宮城県南三陸町

    撮影: 7日、宮城県南三陸町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月01日
    産業交流センター 双葉町に複合施設オープン

    福島県双葉町の複合施設「産業交流センター」。右奥は東日本大震災・原子力災害伝承館=9月(小型無人機から)

    撮影: 9月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月20日
    伝承館 福島県の伝承館オープン

    開館した「東日本大震災・原子力災害伝承館」=20日午前、福島県双葉町

    撮影: 20日午前、福島県双葉町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月20日
    来場客ら 福島県の伝承館オープン

    「東日本大震災・原子力災害伝承館」の展示を見る人たち=20日午前、福島県双葉町

    撮影: 20日午前、福島県双葉町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月20日
    伝承館の展示 福島県の伝承館オープン

    開館した「東日本大震災・原子力災害伝承館」=20日午前、福島県双葉町

    撮影: 20日午前、福島県双葉町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月20日
    中国、アフガンに非緊急人道支援物資を寄贈

    20日、アフガニスタンのカブールで行われた支援物資の引き渡し式で、合意文書に署名する中国の王愚駐アフガニスタン大使(左)とアフガニスタンのジャイラーニ国家災害管理・人道問題相。アフガニスタンのカブールで20日、同国政府に中国が提供した非緊急人道支援物資の引き渡し式が行われた。中国の王愚(おう・ぐ)駐アフガニスタン大使によると、支援物資にはテント1万1千張り以上、毛布6万枚、日用品11万点が含まれており、アフガン政府の災害時緊急対応能力が大幅に向上し、被災者が安心して生活できるようになる。王氏は「中国はアフガニスタンが必要とする時に、できる限りの支援を引き続き行っていくとともに、同国の経済再建に中国企業が積極的に参加するよう後押ししていく」と語った。中国の支援は、洪水などの自然災害でアフガニスタンの人々に甚大な被害が出たことを受けて行われた。同国東部の12州では8月25日以降、相次ぐ洪水により少なくとも122人が死亡、147人が負傷し、複数の行方不明者が出ている。(カブール=新華社配信)=2020(令和2)年9月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月18日
    労働新聞の写真 水害復旧の農村で入居式

    北朝鮮黄海北道金川郡江北里の農村で17日に行われた入居式。18日付の労働新聞が掲載した(コリアメディア提供・共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:47.96
    2020年09月18日
    「新華社」秋の増水到来、構皮灘水力発電所のダムが放流貴州省

    中国貴州省遵義市余慶県内にある烏江(うこう)流域最大の水力発電所、構皮灘水力発電所が18日、貴州烏江水電開発集中管理センターの統一管理と指揮の下、3、4号閘門(こうもん)を全て開放した。放流量は毎秒3920立方メートルに達し、烏江の氾濫が回避された。今回の放流は同発電所が2009年7月稼働して以来、初めての秋季洪水調節となった。烏江流域では10日以降大雨が続き、同発電所のダムの水位が急上昇していた。(記者/楊焱彬)<映像内容>構皮灘水力発電所のダムの放流の様子、撮影日:2020(令和2)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月09日
    消防がテーマのレストラン、上海にお目見え

    9日、レストラン入り口の壁に掲げられた火災安全標識。中国上海市閔行区にこのほど、消防をテーマにしたレストランが開店した。店内には消防車の模型や消火栓ボックス、ホース接続口などがあり、来店客は食事をしながら消防に関する知識を学ぶことができる。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月09日
    消防がテーマのレストラン、上海にお目見え

    9日、レストラン入り口の壁に掲げられた火災安全標識。中国上海市閔行区にこのほど、消防をテーマにしたレストランが開店した。店内には消防車の模型や消火栓ボックス、ホース接続口などがあり、来店客は食事をしながら消防に関する知識を学ぶことができる。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月04日
    内閣府防災のLINE画面 避難行動、LINEで確認

    台風など水害時の避難のタイミングなどを確認できる「避難行動判定フロー」を提供する内閣府防災のLINE画面

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    台風7号、広東省珠海市に上陸

    19日朝、台風上陸に伴い、高波が押し寄せる珠海市の情侶路。中国広東省気象台によると、台風7号「ヒーゴス」が19日午前6時(日本時間同7時)ごろ、同省珠海市金湾区の沿海地区に上陸した。上陸時の中心付近の最大風速は12級(毎秒35メートル)だった。同市は防風緊急対応1級を発動し、応急措置や当直、民生保障の人員を除き、市内全ての行政事業単位や企業、公共サービス提供場所に対し「四つの停止」(操業、営業、市場、授業の停止)を求め、全ての避難所を開放した。(珠海=新華社配信/趙梓)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    米サンフランシスコ・ベイエリアの山火事拡大

    19日、山火事による煙が舞い上がる米カルフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアのウィンディ・ヒル・オープン・スペース保護区。米カリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアで多発している山火事の拡大を受け、同地区では19日、数万人が避難、20カ所以上の公園が封鎖された。(サンフランシスコ=新華社配信/董旭東)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    米サンフランシスコ・ベイエリアの山火事拡大

    19日、米カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアのウィンディ・ヒル・オープン・スペース保護区で、山火事により発生した煙の上を通り過ぎるヘリコプター。米カリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアで多発している山火事の拡大を受け、同地区では19日、数万人が避難、20カ所以上の公園が封鎖された。(サンフランシスコ=新華社配信/董旭東)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    米サンフランシスコ・ベイエリアの山火事拡大

    19日、山火事による煙が舞い上がる米カルフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアのウィンディ・ヒル・オープン・スペース保護区。米カリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアで多発している山火事の拡大を受け、同地区では19日、数万人が避難、20カ所以上の公園が封鎖された。(サンフランシスコ=新華社配信/董旭東)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    米サンフランシスコ・ベイエリアの山火事拡大

    19日、山火事による煙が舞い上がる米カルフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアのウィンディ・ヒル・オープン・スペース保護区。米カリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアで多発している山火事の拡大を受け、同地区では19日、数万人が避難、20カ所以上の公園が封鎖された。(サンフランシスコ=新華社配信/董旭東)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    米サンフランシスコ・ベイエリアの山火事拡大

    19日、米カリフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアのウィンディ・ヒル・オープン・スペース保護区で、山火事の方向を指差す男性。米カリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアで多発している山火事の拡大を受け、同地区では19日、数万人が避難、20カ所以上の公園が封鎖された。(サンフランシスコ=新華社配信/董旭東)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    台風7号、広東省珠海市に上陸

    19日朝、珠海市斗門区で台風対策の減災任務を行う応急民兵連のメンバー。中国広東省気象台によると、台風7号「ヒーゴス」が19日午前6時(日本時間同7時)ごろ、同省珠海市金湾区の沿海地区に上陸した。上陸時の中心付近の最大風速は12級(毎秒35メートル)だった。同市は防風緊急対応1級を発動し、応急措置や当直、民生保障の人員を除き、市内全ての行政事業単位や企業、公共サービス提供場所に対し「四つの停止」(操業、営業、市場、授業の停止)を求め、全ての避難所を開放した。(珠海=新華社配信)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    台風7号、広東省珠海市に上陸

    19日朝、台風上陸に伴い、高波が押し寄せる珠海市の情侶路。中国広東省気象台によると、台風7号「ヒーゴス」が19日午前6時(日本時間同7時)ごろ、同省珠海市金湾区の沿海地区に上陸した。上陸時の中心付近の最大風速は12級(毎秒35メートル)だった。同市は防風緊急対応1級を発動し、応急措置や当直、民生保障の人員を除き、市内全ての行政事業単位や企業、公共サービス提供場所に対し「四つの停止」(操業、営業、市場、授業の停止)を求め、全ての避難所を開放した。(珠海=新華社配信/趙梓)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    米サンフランシスコ・ベイエリアの山火事拡大

    19日、山火事による煙が舞い上がる米カルフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアのウィンディ・ヒル・オープン・スペース保護区。米カリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアで多発している山火事の拡大を受け、同地区では19日、数万人が避難、20カ所以上の公園が封鎖された。(サンフランシスコ=新華社配信/董旭東)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    米サンフランシスコ・ベイエリアの山火事拡大

    19日、山火事による煙が舞い上がる米カルフォルニア州サンフランシスコ・ベイエリアのウィンディ・ヒル・オープン・スペース保護区。米カリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアで多発している山火事の拡大を受け、同地区では19日、数万人が避難、20カ所以上の公園が封鎖された。(サンフランシスコ=新華社配信/董旭東)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    台風7号、広東省珠海市に上陸

    19日朝、珠海市の情侶路で応急措置を行う作業員。中国広東省気象台によると、台風7号「ヒーゴス」が19日午前6時(日本時間同7時)ごろ、同省珠海市金湾区の沿海地区に上陸した。上陸時の中心付近の最大風速は12級(毎秒35メートル)だった。同市は防風緊急対応1級を発動し、応急措置や当直、民生保障の人員を除き、市内全ての行政事業単位や企業、公共サービス提供場所に対し「四つの停止」(操業、営業、市場、授業の停止)を求め、全ての避難所を開放した。(珠海=新華社配信)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月19日
    台風7号、広東省珠海市に上陸

    19日朝、台風上陸に伴い、高波が押し寄せる珠海市の情侶路。中国広東省気象台によると、台風7号「ヒーゴス」が19日午前6時(日本時間同7時)ごろ、同省珠海市金湾区の沿海地区に上陸した。上陸時の中心付近の最大風速は12級(毎秒35メートル)だった。同市は防風緊急対応1級を発動し、応急措置や当直、民生保障の人員を除き、市内全ての行政事業単位や企業、公共サービス提供場所に対し「四つの停止」(操業、営業、市場、授業の停止)を求め、全ての避難所を開放した。(珠海=新華社配信/趙梓)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月05日
    上海市、ビッグデータ分析による台風対策が一定の成果

    5日、上海市内の冠水した道路をバイクで走る市民。台風4号(ハグピート)がこのほど、中国上海市をかすめ、市内は激しい雨と風に見舞われた。同市は今年から、ネットワークによる一元化した社区(コミュニティー)管理モデルの普及を市内全域で進めており、洪水・台風予防に特化した応用システムのサービスモジュールを提供している。関連するビッグデータを分析、応用することで、コミュニティーの台風対策をさらに細分化、スマート化しており、今回の台風4号でも一定の成果を上げた。(上海=新華社記者/王翔)=2020(令和2)年8月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月01日
    海で遊ぶ親子 震災後初、10年ぶり海開き

    東日本大震災後初めてオープンした「オランダ島」の海水浴場で遊ぶ親子=1日、岩手県山田町

    撮影: 1日、岩手県山田町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月01日
    海で遊ぶ家族連れ 震災後初、10年ぶり海開き

    東日本大震災後初めてオープンした「オランダ島」の海水浴場で遊ぶ家族連れ=1日、岩手県山田町

    撮影: 1日、岩手県山田町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月01日
    オープンした道の駅なみえ 震災復興、地域の魅力発信

    福島県浪江町にオープンした「道の駅なみえ」=1日午前

    撮影: 1日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月29日
    洪水で学校が臨時避難所に安徽省合肥市

    29日、合肥市の臨時避難所となった第168中学校で被災者に「安全のしおり」を渡すボランティア。中国安徽省合肥市三河鎮は洪水に見舞われ、住民300人以上が学校に避難した。住民たちは、臨時避難所となった学校で食事を無料で提供され、心理カウンセリングや生活支援を受けている。(合肥=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月29日
    洪水で学校が臨時避難所に安徽省合肥市

    29日、合肥市の臨時避難所となった第168中学校で被災者が必要としている医薬品を調べるボランティア。中国安徽省合肥市三河鎮は洪水に見舞われ、住民300人以上が学校に避難した。住民たちは、臨時避難所となった学校で食事を無料で提供され、心理カウンセリングや生活支援を受けている。(合肥=新華社記者/周牧)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月24日
    市街地歩く人たち 被災地、情報提供に課題

    激しい雨の中、熊本県人吉市の市街地を歩く人たち=24日午後

    撮影: 24日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月24日
    作業する従業員 被災地、情報提供に課題

    雨の中、九州豪雨の被害を受けた旅館の片付け作業をする従業員ら=24日、熊本県人吉市

    撮影: 24日、熊本県人吉市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:06.56
    2020年07月22日
    9年ぶり、捕鯨文化伝える 宮城・鮎川、観光施設再建

    東日本大震災で全壊した、宮城県石巻市鮎川地区の観光施設「おしかホエールランド」が22日、約9年4カ月ぶりに再建した。捕鯨基地として栄えた地元の歴史やクジラの生態を学ぶことができる。飲食店や土産物屋が入る観光物産交流施設などと一体となっており、津波で大きな被害に遭った地区の復興を後押しする。 開館前から、再建を待ち望んでいた地元の人ら約10人が列を作った。 目玉は全長16・9メートルにも及ぶ日本最大級のマッコウクジラの骨格標本だ。施設は平屋建てで延べ床面積は約1127平方メートル。4月にオープン予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期した。 1990年に開館し多くの観光客が訪れていたが、震災の津波で展示物の大半が流失し建物は解体された。 <映像内容>「おしかホエールランド」の施設雑観、テープカット、施設内の雑観、撮影日:2020(令和2)年7月22日、撮影場所:宮城県石巻市

    撮影: 2020(令和2)年7月22日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    集まった生徒 豪雨被災児童らに居場所を

    熊本県八代市にオープンした学びの場に集まった、豪雨被害で休校する坂本中3年の福山寛朋さん(中央)ら生徒=15日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    オープンした学びの場 豪雨被災児童らに居場所を

    豪雨被害で小中学校2校が休校する熊本県八代市にオープンした学びの場=15日

    撮影: 15日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    勉強する児童 豪雨被災児童らに居場所を

    豪雨被害で小中学校2校が休校する熊本県八代市にオープンした学びの場で、勉強する児童=15日

    撮影: 15日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    健康観察を受ける児童 豪雨被災児童らに居場所を

    豪雨被害で小中学校2校が休校する熊本県八代市で学びの場がオープンし、健康観察を受ける児童=15日

    撮影: 15日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    学びの場に集まった児童ら 豪雨被災児童らに居場所を

    豪雨被害で小中学校2校が休校する熊本県八代市で、オープンした学びの場に集まった児童ら=15日

    撮影: 15日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    教諭と話をする児童 豪雨被災児童らに居場所を

    豪雨被害で小中学校2校が休校する熊本県八代市にオープンした学びの場で、教諭(右端)と話をする児童=15日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月15日
    集まった児童ら 豪雨被災児童らに居場所を

    豪雨被害で小中学校2校が休校する熊本県八代市で、オープンした学びの場に集まった児童ら=15日

    撮影: 15日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:30.00
    2020年07月15日
    「新華社」江埡ダム、放水口開放し緊急放流湖南省張家界市

    中国湖南省張家界市慈利県にある江垭(こうお)ダムは、水害防止のための重要プロジェクトとして、同省四大河川の一つ澧水(れいすい)の支流、漊水(ろうすい)の中流に建設された。同市ではこのところ、連日雨が続いていることから、江垭水力発電所は3日、同省洪水防止・干ばつ対策指揮部の指示により放水口を開放し緊急放流を実施した。(記者/阮周囲)<映像内容>江埡ダムが緊急放流を実施、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    「復興支援酒場」の入り口 収束へ寄付、復興酒場開店

    「復興支援酒場」の入り口=8日午後、秋田市

    撮影: 8日午後、秋田市

  • 2020年06月08日
    テープカットの村上社長ら 収束へ寄付、復興酒場開店

    「復興支援酒場」の開店記念式典でテープカットするドリームリンクの村上雅彦社長(中央)ら=8日午後、秋田市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放

    2日、ノートルダム大聖堂前の広場を自転車で走る男性。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放

    2日、ノートルダム大聖堂前の広場を自転車で走る女性。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放

    2日に撮影したノートルダム大聖堂。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放

    2日、ノートルダム大聖堂前の広場を散策する女性。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放

    2日、ノートルダム大聖堂前の広場に咲き誇る花々。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    仏のノートルダム大聖堂前の広場を再開放

    2日、ノートルダム大聖堂前の広場を見学する人たち。2019年4月に起きた仏パリ・ノートルダム大聖堂の火災後、閉鎖されていた大聖堂前の広場が5月31日、1年以上ぶりに一般開放された。(パリ=新華社記者/高静)=2020(令和2)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    ジオラマ見る人たち 震災復興伝承館がオープン

    宮城県名取市閖上地区の震災復興伝承館に展示された、被災前の町並みを再現したジオラマを見る人たち=30日午前

    撮影: 30日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    名取市震災伝承館 震災復興伝承館がオープン

    宮城県名取市閖上地区に完成した震災復興伝承館=30日午前

    撮影: 30日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    ジオラマなどの展示 震災復興伝承館がオープン

    宮城県名取市閖上地区の震災復興伝承館に展示された、被災前の町並みを再現したジオラマ=30日午前

    撮影: 30日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月30日
    震災復興伝承館の記念式典 震災復興伝承館がオープン

    「震災復興伝承館」が完成し、式典でテープカットする関係者=30日午前、宮城県名取市閖上地区

    撮影: 30日午前、宮城県名取市閖上地区

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:40.76
    2020年05月16日
    「新華社」中国初の移動式地震科学館、新疆で開館

    中国初の移動式地震科学館「新疆防震減災移動科学普及館」がこのほど、新疆ウイグル自治区地震局にオープンした。移動可能でさまざまな場面で活用できるという、従来の同種施設にない特徴を持つ。同館は自治区内で発生した地震をベースに、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などの科学技術と結びつけ、地震の基礎知識や地震対策・減災技術の開発応用など15項目を展示している。(記者/周曄)<映像内容>中国初の移動式地震科学館が新疆にオープン、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    エアロジーラボのハイブリッド型ドローン試作機「エアロレンジ・プロ」

    エアロジーラボ(大阪府箕面市)は14日、搭載パーツを全て日本製で構成する“純国産”の飛行ロボット(ドローン)の試作機「エアロレンジ・プロ=写真」を開発したと発表した。一般的なドローンは搭載パーツの多くを中国製に頼る。米中貿易摩擦など調達リスクが高まる中、純国産の信頼性をアピールする。12月をめどに小ロットの量産開始を目指す。オープンイノベーション拠点を運営する成光精密(大阪市港区)、量産化を支援するコバシロボティクス(岡山市南区)、試作から量産まで包括的にベンチャーを支援するリバネス(東京都新宿区)と連携。関西などの町工場と協業して、スピード感を高めたモノづくりを進めている。エンジンと電気モーターを組み合わせるハイブリッド型ドローン。同分野での純国産化は業界初という。今後、岡山県和気町で実証実験を予定。谷紳一エアロジーラボ社長は「物流や災害対応などで役立てたい」とした。=2020(令和2)年5月14日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    中国初の移動式地震科学館、新疆で開館

    14日、コクトカイ(富蘊)地震断裂帯の模型について来場者に説明する新疆防震減災移動科学普及館の解説員。中国初の移動式地震科学館「新疆防震減災移動科学普及館」がこのほど、新疆ウイグル自治区地震局にオープンした。移動可能でさまざまな場面で活用できるという、従来の同種施設にない特徴を持つ。同館は自治区内で発生した地震をベースに、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などの科学技術と結びつけ、地震の基礎知識や地震対策・減災技術の開発応用など15項目を展示している。(ウルムチ=新華社記者/周曄)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    中国初の移動式地震科学館、新疆で開館

    14日、地震の知識を学ぶゲームについて説明する新疆防震減災移動科学普及館の解説員。中国初の移動式地震科学館「新疆防震減災移動科学普及館」がこのほど、新疆ウイグル自治区地震局にオープンした。移動可能でさまざまな場面で活用できるという、従来の同種施設にない特徴を持つ。同館は自治区内で発生した地震をベースに、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などの科学技術と結びつけ、地震の基礎知識や地震対策・減災技術の開発応用など15項目を展示している。(ウルムチ=新華社記者/周曄)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    中国初の移動式地震科学館、新疆で開館

    14日、新疆防震減災移動科学普及館で、VR機器を使い地震のシミュレーション体験をする来場者。中国初の移動式地震科学館「新疆防震減災移動科学普及館」がこのほど、新疆ウイグル自治区地震局にオープンした。移動可能でさまざまな場面で活用できるという、従来の同種施設にない特徴を持つ。同館は自治区内で発生した地震をベースに、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などの科学技術と結びつけ、地震の基礎知識や地震対策・減災技術の開発応用など15項目を展示している。(ウルムチ=新華社記者/周曄)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月14日
    中国初の移動式地震科学館、新疆で開館

    14日、新疆防震減災移動科学普及館で地震の知識を学ぶゲームをする来場者。中国初の移動式地震科学館「新疆防震減災移動科学普及館」がこのほど、新疆ウイグル自治区地震局にオープンした。移動可能でさまざまな場面で活用できるという、従来の同種施設にない特徴を持つ。同館は自治区内で発生した地震をベースに、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)などの科学技術と結びつけ、地震の基礎知識や地震対策・減災技術の開発応用など15項目を展示している。(ウルムチ=新華社記者/周曄)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された4千年前の麺が入った器の写真。研究者は器の中の厚さ約6センチの堆積物から採取したサンプルを分析し、麺の主成分がアワで、少量のキビも含まれていることを明らかにした。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した斉家文化の陶器は主に夾砂褐陶(きょうしゃかっとう)や泥質紅陶、泥質黄陶で、その制作技術は比較的原始的だったという。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した陶器の種類は非常に多く、三大耳罐(さんだいじかん)、双耳罐(そうじかん)、単耳罐(たんじかん)などがある。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、スマートフォンで展示品を撮影する来場者。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された骨器。ナイフとフォークようなの形をしている。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された陶器。喇家遺跡から出土した陶器の種類は非常に多く、三大耳罐(さんだいじかん)、双耳罐(そうじかん)、単耳罐(たんじかん)などがある。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館の前の広場を歩く人たち。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された玉器。喇家遺跡から出土した23種類の玉器は、その機能から礼器、工具、装飾品およびその他の四つに分類されている。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月31日
    ロボット拠点全面オープン

    福島県南相馬市・福島ロボットテストフィールド、浪江町滑走路、福島第1原発

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月31日
    ロボット拠点全面オープン

    福島県南相馬市・福島ロボットテストフィールド、浪江町滑走路、福島第1原発

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月31日
    ロボット拠点全面オープン

    福島県南相馬市・福島ロボットテストフィールド、浪江町滑走路、福島第1原発

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月31日
    ロボット拠点全面オープン

    福島県南相馬市・福島ロボットテストフィールド、浪江町滑走路、福島第1原発

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月12日
    女川スーパーおんまえや 宮城・女川でスーパー開店

    東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県女川町で開店するスーパー「女川スーパーおんまえや」=12日午前

    撮影: 12日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月10日
    岩手県大槌町 きょう東日本大震災9年

    津波で壊滅的被害を受けた岩手県大槌町の市街地(上・2011年3月14日)。18年にオープンした文化交流センター(下中央)の周辺には住宅などが再建されたが空き地も目立つ=10日夜

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月09日
    あいりん地区のシェルター 西成シェルター、対策要望

    大阪市が「あいりん地区」で提供しているシェルター=9日午後、大阪市西成区

    撮影: 9日午後、大阪市西成区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月26日
    ANAと三菱地所の観光案内所でのアバター実証実験

    ANAホールディングスと三菱地所が、東京都内の観光案内所で「アバター(分身ロボット)接客」の実証実験を進めている。外国人観光客への案内を遠隔操作の接客ロボットで担う。多言語対応ができるスタッフが複数の拠点を遠隔で掛け持ちできる。ANAはこのアバターを今春に製品化し、レンタルなどで提供を始める計画だ。実証実験は台風で観光案内所に従業員が出勤できなくなったシーンを想定した。遠隔でドアの鍵や照明を操作し、接客にアバター「newme」を用いる。複数の訪日客を相手にできるか、アバターからの指示で棚のガイドマップなど手に取ってもらえるかといった項目を検証する。newmeはパソコン1台で操作でき在宅勤務にも利用できる。災害時の対応だけでなく、柔軟な勤務環境をつくれる。実験は東京・丸の内の新東京ビル内にある日本政府観光局(JNTO)の「外国人観光客案内所」で行っており、期間は28日まで。地方など全国の観光案内所への展開を想定している。=2020(令和2)年2月26日、新東京ビル内の外国人観光案内所、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 02:22.74
    2020年02月07日
    「新華社」自民・公明両党の幹事長「中国と共に国を挙げて新型肺炎に対応」

    中国の孔鉉佑(こう・げんゆう)駐日大使は7日、大使館を訪れた自民党の二階俊博、公明党の斉藤鉄夫両幹事長と会見した。両氏は中国と共に新型コロナウイルスの感染防止に向け国を挙げて対応したいと表明した。二階氏は中国で発生している新型コロナウイルス感染による肺炎について、日本はわが身のことのように受け止めており、謹んで心からのお見舞いを申し上げると表明。中国は現在、感染の予防・抑制に積極的に取り組んでいると指摘し、苦境に遭って初めて真の友が分かると言うが、日本は国を挙げてあらゆる支援を行い、中国と共に感染拡大防止を図りたい考えを示した。また、日中両国が団結し協力すれば、できないことはないと信じると述べ、われわれは今回の肺炎に必ず打ち勝つことができると表明した。調達済みの防護服12万着は、できる限り早く湖北省や浙江省、広東省などの医療機関に送る方針を示した。斉藤氏は、公明党は中国での肺炎拡大に心からのお見舞いを申し上げると述べ、また中国にいる日本国民の健康と安全を守るために中国が行った積極的な努力に心からの感謝の意を示した。二階氏の意見に賛意を示した上で、両国が協力を強化すれば、必ずウイルスの蔓延を阻止し、感染症に打ち勝つことができると信じていると述べた。孔氏は、重大な災害に遭うたびに両国は互いに助け合い、困難な局面を乗り切ってきたと指摘。新型コロナウイルスによる肺炎の発生後、日本の政府や地方自治体、政権与党、社会各界が即座に見舞いの意を示し、緊急の事態に手を差し伸べ、大量の防疫物資を提供して中国の感染症との闘いを全面的に支援したことを賞賛し、感謝の意を示した。また、中国は日本との意思疎通と協力を強め、手を携えて難関を克服していく考えを示した。(記者/姜俏梅、鄧敏)<映像内容>孔鉉佑駐日中国大使と面会する自民党の二階幹事長と公明党の斉藤幹事長、撮影日:2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月17日
    全豪オープンテニス

    キーワード:全豪オープンテニス、看板、山火事、コアラ、助け、救助=2020(令和2)年1月17日、オーストラリア・メルボルン

    撮影: 2020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月16日
    マスク姿の通行人 森林火災の影響に懸念

    テニスの全豪オープンが開催されるメルボルンで、マスクをする通行人=16日(ロイター=共同)

    撮影: 16日

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...