KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 東日本大震災
  • スポーツ界
  • 復興支援
  • ポートアイランド
  • 阪神大震災
  • 反対運動
  • 岩手県釜石市
  • 災害ごみ
  • 熊本地震
  • フィギュアスケート

「sports」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 災害
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
488
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
488
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月11日
    サッカー部監督の飛内さん 岩手とともに

    飛内サムエルさん(55、中央)は英国出身の元プロサッカー選手だ。2005年から岩手県釜石市を拠点に子どもたちを指導してきた。しかし震災で町は壊滅。犠牲になった教え子もいる。惨状を知る東京のチームがコーチのオファーをくれたが、傷ついた町を見放せなかった。「復興に携わり〝釜石人〟として生きていく」と決め、日本国籍を取得した。いまは市職員として働く傍ら、日本製鉄釜石サッカー部の監督を務める。「スポーツで地域を盛り上げたい」と意気込む。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    仙台市の貴田慎二さん 宮城とともに

    「悲しみの地となった荒浜を笑って過ごせる場に」。貴田慎二さん(40)は津波で流失した仙台市若林区の実家跡地にスケートボードパークを造って9年目を迎えた。子どもたちに無料で開放するため、廃材などを使って整備を進める。周辺では避難道路や高台、大規模スポーツ施設などが次々と完成する。町の復興が進む一方で一人きりの運営は厳しく、作業の進みも遅い。それでも居心地の良い場所を追求し、日々手入れする。「終わりはなくて、変化し続けていけたら面白い」

  • 2021年01月27日
    長田剛さん 跡地の競技場、復興象徴に

    釜石鵜住居復興スタジアムのスタンドに立つ岩手県釜石市スポーツ推進課の長田剛さん=20日

    撮影: 20日

  • 2021年01月27日
    長田剛さん 跡地の競技場、復興象徴に

    釜石鵜住居復興スタジアムに立つ岩手県釜石市スポーツ推進課の長田剛さん=20日

    撮影: 20日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月25日
    当時の佐々木健祐さん 被災スポーツ店、歴史に幕

    津波で泥まみれになった商品を手に店内に立つ佐々木健祐さん=2011年5月6日、岩手県釜石市

    撮影: 2011年5月6日、岩手県釜石市

  • 2020年12月10日
    ケアマネジャーと夫妻 不慣れな生活、運動減少

    災害公営住宅で、ケアマネジャー(左手前)の訪問を受ける新開慶亀さん(右)、武子さん夫妻=11月、福島県三春町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年11月12日
    震災直後の釜石の街並み 節目でも、区切りではない

    2011年5月、東日本大震災の発生から1カ月半となった岩手県釜石市の街並み。左は佐々木健祐さんが経営するスポーツ店

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月28日
    運動会に登場のくまモン 熊本、豪雨被災地で運動会

    熊本県球磨村で小学校の運動会にサプライズで登場した「くまモン」=28日午後

    撮影: 28日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月28日
    サプライズ登場のくまモン 熊本、豪雨被災地で運動会

    熊本県球磨村で小学校の運動会にサプライズで登場した「くまモン」=28日午後

    撮影: 28日午後

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:44.97
    2020年10月23日
    北朝鮮 国境封鎖、年末まで徹底か 北朝鮮内閣が拡大総会

    北朝鮮は10月10日の朝鮮労働党創建記念日を終え、来年1月の党大会に向けた増産運動「80日戦闘」に入った。 20日付の内閣などの機関紙「民主朝鮮」によると、最近開かれた内閣拡大総会で80日戦闘の優先課題を討議。新型コロナウイルス対策の徹底が何よりも重要だと強調した上で、夏以降、地方で相次いだ豪雨や台風被害からの復旧に優先して取り組む方針が示された。中国やロシアとの国境封鎖を年末まで緩めず、徹底する構えとみられる。20日付の党機関紙、労働新聞も「防疫障壁ですき間なくふさがれている今日の条件は原料や資材の国産化を実現する絶好の機会だ」と強調、自力更生を訴えた。平壌市内でも市民らはみなマスク着用を続けている。<映像内容>平壌市内雑観。 党大会に向けて新たに設置されたスローガン「80日戦闘の炎、高々と 党第8回大会に向けて力強く進もう」 平壌第一百貨店新型コロナ対策で義務化されたマスク着用は続いている、撮影日:2020(令和2)年10月23日、撮影場所:北朝鮮平壌

    撮影: 2020(令和2)年10月23日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    自転車に乗る利用客 津波被災の自転車施設再開

    宮城県名取市閖上地区で再開した市サイクルスポーツセンターで、自転車に乗る利用客=3日午後

    撮影: 3日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    テープカットの山田市長ら 津波被災の自転車施設再開

    宮城県名取市閖上地区の市サイクルスポーツセンターが再開し、式典でテープカットする山田司郎市長(右端)ら=3日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月03日
    サイクルスポーツセンター 津波被災の自転車施設再開

    宮城県名取市閖上地区の市サイクルスポーツセンター=9月(小型無人機から)

    撮影: 9月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月24日
    水害防ぐ「スポンジ都市」の排水システム湖北省武漢市

    24日、約400立方メートルの大型雨水貯留池が設けられた武漢市青山区鋼城第二中学の敷地内に立つ李培根(り・ばいこん)校長。中国湖北省武漢市は国家スポンジ都市プロジェクトで最初のモデル都市の一つとなった。市内の武漢市青山区鋼城第二中学は低い土地に位置していることから、プロジェクト開始以前は大雨による浸水に何度も見舞われ、消防隊による救助が必要になることもあった。同校は2016年、水害対策として、貯水と排水の効果を高める工事を実施した。校内に約400立方メートルの雨水貯留池を建設し、たまった雨水を排水できるようにしたほか、運動場などにも透水性舗装を施した。敷地縁部には環境に配慮した枯山水庭園を配置しており、流れ込んだ水を自然の排水システムで受け止めて貯留池経由で排出する。貯留池は自然の景観に溶け込み、美しい庭の一部になった。池の中に設置されたポンプ4台は手動操作を必要とせず、水位に応じて排水モードを自動で選択する。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月24日
    水害防ぐ「スポンジ都市」の排水システム湖北省武漢市

    24日、スポンジ都市構想に基づき整備された武漢市青山区鋼城第二中学内の道路。中国湖北省武漢市は国家スポンジ都市プロジェクトで最初のモデル都市の一つとなった。市内の武漢市青山区鋼城第二中学は低い土地に位置していることから、プロジェクト開始以前は大雨による浸水に何度も見舞われ、消防隊による救助が必要になることもあった。同校は2016年、水害対策として、貯水と排水の効果を高める工事を実施した。校内に約400立方メートルの雨水貯留池を建設し、たまった雨水を排水できるようにしたほか、運動場などにも透水性舗装を施した。敷地縁部には環境に配慮した枯山水庭園を配置しており、流れ込んだ水を自然の排水システムで受け止めて貯留池経由で排出する。貯留池は自然の景観に溶け込み、美しい庭の一部になった。池の中に設置されたポンプ4台は手動操作を必要とせず、水位に応じて排水モードを自動で選択する。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月24日
    水害防ぐ「スポンジ都市」の排水システム湖北省武漢市

    24日、武漢市青山区鋼城第二中学のスポンジ都市モニタリングポスト。雨水の集排と貯留を自動で行う。中国湖北省武漢市は国家スポンジ都市プロジェクトで最初のモデル都市の一つとなった。市内の武漢市青山区鋼城第二中学は低い土地に位置していることから、プロジェクト開始以前は大雨による浸水に何度も見舞われ、消防隊による救助が必要になることもあった。同校は2016年、水害対策として、貯水と排水の効果を高める工事を実施した。校内に約400立方メートルの雨水貯留池を建設し、たまった雨水を排水できるようにしたほか、運動場などにも透水性舗装を施した。敷地縁部には環境に配慮した枯山水庭園を配置しており、流れ込んだ水を自然の排水システムで受け止めて貯留池経由で排出する。貯留池は自然の景観に溶け込み、美しい庭の一部になった。池の中に設置されたポンプ4台は手動操作を必要とせず、水位に応じて排水モードを自動で選択する。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月24日
    水害防ぐ「スポンジ都市」の排水システム湖北省武漢市

    24日、スポンジ都市構想の拠点、武漢市青山区鋼城第二中学に整備された枯山水庭園。中国湖北省武漢市は国家スポンジ都市プロジェクトで最初のモデル都市の一つとなった。市内の武漢市青山区鋼城第二中学は低い土地に位置していることから、プロジェクト開始以前は大雨による浸水に何度も見舞われ、消防隊による救助が必要になることもあった。同校は2016年、水害対策として、貯水と排水の効果を高める工事を実施した。校内に約400立方メートルの雨水貯留池を建設し、たまった雨水を排水できるようにしたほか、運動場などにも透水性舗装を施した。敷地縁部には環境に配慮した枯山水庭園を配置しており、流れ込んだ水を自然の排水システムで受け止めて貯留池経由で排出する。貯留池は自然の景観に溶け込み、美しい庭の一部になった。池の中に設置されたポンプ4台は手動操作を必要とせず、水位に応じて排水モードを自動で選択する。(武漢=新華社記者/馮国棟)=2020(令和2)年8月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    球磨村の仮設住宅 九州豪雨きょう1カ月

    熊本県球磨村の総合運動公園内に設置された、トレーラーで運搬が可能な「ムービングハウス」の仮設住宅=3日午後(小型無人機から)

    撮影: 3日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月03日
    熊本県球磨村の仮設住宅 九州豪雨きょう1カ月

    熊本県球磨村の総合運動公園内に設置された、トレーラーで運搬が可能な「ムービングハウス」の仮設住宅=3日午後(小型無人機から)

    撮影: 3日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月18日
    黙とうする両イレブン サッカーなでしこリーグ

    試合前、豪雨災害の犠牲者を悼み黙とうする伊賀(手前)とINAC神戸の両イレブン=三重交通Gスポーツの杜鈴鹿

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月08日
    避難してきたお年寄りら 九州の豪雨、各地で被害

    自衛隊ヘリで熊本県の球磨村総合運動公園に避難してきたお年寄りら=8日午前9時23分

    撮影: 8日午前9時23分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月07日
    車中泊する富士岡さん夫婦 九州の豪雨、各地で被害

    熊本県の球磨村総合運動公園の駐車場で車中泊する富士岡久男さん(73、左)と妻のかづみさん(69)。同村の自宅は浸水被害は免れたが、裏山が土砂崩れを起こす危険があり避難している。「昼間に家や飼い犬の様子を見にいくため、避難所よりも近いここに泊まることにした」と話し、車内の小型テレビに映る災害情報を不安そうに見つめていた=7日午後7時53分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月06日
    球磨村総合運動公園 熊本豪雨被害

    熊本県球磨村で避難所となった球磨村総合運動公園=6日午後2時59分

    撮影: 6日午後2時59分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月06日
    避難所で過ごす人たち 熊本豪雨被害

    球磨村総合運動公園に避難した人たち=6日午後0時18分、熊本県球磨村

    撮影: 6日午後0時18分、熊本県球磨村

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月06日
    避難所を移る男の子ら 熊本豪雨被害

    自衛隊車両で球磨村総合運動公園から別の避難所に移動する男の子ら=6日午後3時13分、熊本県球磨村

    撮影: 6日午後3時13分、熊本県球磨村

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月06日
    避難所を移るお年寄り 熊本豪雨被害

    避難していた球磨村総合運動公園から別の避難所に移るため警察車両に乗り込むお年寄り=6日午後0時43分、熊本県球磨村

    撮影: 6日午後0時43分、熊本県球磨村

  • 01:03.46
    2020年03月30日
    空撮 八ツ場ダム31日完成 4月1日から本格運用、群馬

    群馬県長野原町で建設中だった八ツ場ダムが31日、完成する。1952年の建設調査着手後、地元の反対運動や、民主党政権による建設中止宣言などを経て68年。既に貯水を始めており、4月1日から本格運用する。ダムは高さ116メートル。大雨時の貯水のほか、下流域の水道・工業用水の確保、発電にも使う。<映像内容>八ッ場ダムの空撮、撮影日:2020(令和2)年3月30日、撮影場所:群馬県長野原町

    撮影: 2020(令和2)年3月30日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月11日
    黙とうする楽天の選手ら 楽天、試合中断して黙とう

    西武戦の5回、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする楽天の選手ら=11日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場

    撮影: 11日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月11日
    黙とうする山川ら 楽天、試合中断して黙とう

    楽天戦の5回、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする山川(右)ら西武ナイン=11日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月11日
    黙とうする選手ら 楽天、試合中断して黙とう

    西武戦の5回、東日本大震災の犠牲者を悼み黙とうする楽天の選手ら=11日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場

    撮影: 11日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月11日
    黙とうする楽天ナイン 楽天、試合中断して黙とう

    西武戦の5回、東日本大震災の犠牲者を悼み、黙とうする銀次(中央)ら楽天ナイン=11日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場

  • 2020年02月18日
    柴原洋一さん 反対運動の回想録出版

    「原発反対の家」のステッカーが張られた自宅玄関前に立つ柴原洋一さん=三重県伊勢市

    撮影: 三重県伊勢市

  • 2020年02月04日
    福島県営あづま球場 復興五輪の象徴に

    福島市郊外の総合運動公園内にある福島県営あづま球場(手前)。五輪で野球とソフトボールが行われる

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月18日
    金山小の校庭 被災小学校で竹馬運動会

    台風19号の災害ごみが集められた校庭(上、2019年10月20日)。搬出が完了し、18日には恒例の「新春竹馬運動会」が開催された=宮城県丸森町立金山小

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月18日
    学校に集められた災害ごみ 被災小学校で竹馬運動会

    2019年11月11日、宮城県丸森町の金山小学校に集められた台風19号の災害ごみ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月19日
    受賞作の1枚 協会賞に首里城火災

    九州写真記者協会のプロスポーツ組み写真部門賞に選ばれた共同通信社の「アディオス〝神の子〟」5枚組みの1枚

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月19日
    部門賞の1枚 協会賞に首里城火災

    九州写真記者協会のプロスポーツ組み写真部門賞に選ばれた共同通信社の「アディオス〝神の子〟」5枚組みの1枚

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月19日
    部門賞受賞作品 協会賞に首里城火災

    九州写真記者協会のプロスポーツ組み写真部門賞に選ばれた共同通信社の「アディオス〝神の子〟」

  • 2019年11月14日
    運動場の災害ごみ 宮城、処理計画策定は17%

    宮城県丸森町の運動場に設けられた災害ごみの仮置き場=7日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 7日

  • 2019年11月14日
    受け入れ中止した仮置き場 宮城、処理計画策定は17%

    災害ごみの収容が限界に達し、受け入れを中止した宮城県丸森町の学校運動場の仮置き場=10月22日

    撮影: 10月22日

  • 2019年11月14日
    丸森町の運動場の災害ごみ 宮城、処理計画策定は17%

    宮城県丸森町の運動場に設けられた災害ごみの仮置き場。左奥は同町役場=7日

    撮影: 7日

  • 2019年11月12日
    運動場の災害ごみ 犠牲者悼み、住民黙とう

    宮城県丸森町の運動場に集められた災害ごみ=12日午前

    撮影: 12日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月11日
    災害ごみの山 台風19号、多い在宅被災者

    宮城県丸森町の運動場に積まれた災害ごみ=11日午後

    撮影: 11日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月11日
    災害ごみの集積場 台風19号、多い在宅被災者

    災害ごみが集められた宮城県丸森町の運動場。左奥は同町役場=11日夕

    撮影: 11日夕

  • 2019年11月11日
    便乗の不法投棄も散見 台風19号 災害ごみ処理めど立たず

    収集され、分別される災害ごみ[下野新聞掲載日:2019(令和元)年11月12日]=2019(令和元)年11月11日、撮影場所不明、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ※=11日午前、栃木市川原田町の市総合運動公園

    撮影: 2019(令和元)年11月11日、撮影場所不明

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月08日
    建設が進む仮設住宅 千曲川決壊堤防、復旧進む

    長野市で建設が進む若槻団地運動広場の仮設住宅=8日

    撮影: 8日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月08日
    長野市の仮設住宅 千曲川決壊堤防、復旧進む

    長野市で建設が進む若槻団地運動広場の仮設住宅=8日

    撮影: 8日

  • 2019年11月08日
    丸森町の災害ごみ 浸水と土砂、爪痕今も

    宮城県丸森町の運動場に集められた災害ごみ=8日(360度カメラで撮影)

    撮影: 8日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月08日
    災害公営住宅 台風19号まもなく1カ月

    立冬を迎え、朝晩の冷え込みが強くなった長野市で、台風19号の被災者に向け、応急仮設住宅の建築が急ピッチで進む。市内3カ所に計100戸を建てる計画で今月中の完成を目指す。全23戸を建てる予定の若槻団地運動広場では、クレーンが資材をつり上げ、職人が忙しく動き回っていた。県産木材などをふんだんに使った木造建築の建物で、1棟あたり4~5戸が入る=8日

    撮影: 8日

  • 2019年10月30日
    処理方針県が提示へ 県内災害ごみ10万トン 関東・東北豪雨の10倍

    大量の災害ごみが集まった栃木市大平運動公園。県内全体で約10万トンに上るとみられる[下野新聞掲載日:2019(令和元)年10月31日]=2019(令和元)年10月30日、撮影場所不明、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ※=30日午前、栃木市大平町蔵井

    撮影: 2019(令和元)年10月30日、撮影場所不明

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月23日
    バルーンを飛ばす人たち 中越地震15年、犠牲者追悼

    新潟県中越地震から15年となり、長岡市の川口運動公園でバルーンを飛ばす人たち=23日午後

    撮影: 23日午後

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:38.92
    2019年10月23日
    「新華社」高層ビルの火災や救援に新たな方法石家荘で中国国際ゼネアビ博

    2019中国国際ゼネラル・アビエーション(ゼネアビ、一般航空)博覧会がこのほど、河北省石家荘で開幕した。国内外100社以上のメーカーおよび関連企業が実用型、スポーツ型、テスト型などの一般航空機を展示する中、赤い色の消防用飛行機が来場者の注目を集めた。展示スタッフによると、同機は新エネルギー有人自動操縦飛行機で、低空での遊覧飛行、物流における輸送や応急救援などさまざまなシーンで応用が可能。現在、高層ビルの消防救援分野への応用を試みており、高層建築が出火し外部からの消火活動が困難な場合の解決が期待されているという。同機は全長(プロペラ型翼を含む)5・61メートル、高さ1・77メートル。特別に開発された航空機搭載応用システムが用いられ、消防装備はスマート遠隔操作を実現している。飛行機が浮揚する際、技術的には静止に近い状態にすることが可能で、火災の状況に合わせた的確な消火活動に役立つ。(記者/曲瀾娟)<映像内容>2019中国国際ゼネラル・アビエーション博覧会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月22日
    復旧めど立たず変更 会場は黒羽運動公園に 台風影響で27日の秋まつり

    河原の石が露出し、使用困難となっている那珂川河川公園[下野新聞掲載日:2019(令和元)年10月22日]=撮影年月日不明、撮影場所不明、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 撮影年月日不明、撮影場所不明

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月20日
    長野県入りした安倍首相 首相、長野の被災地視察

    台風19号による被害視察のため長野県入りした安倍首相(中央)=20日午前10時30分、長野市の長野運動公園総合運動場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月20日
    長野県入りした安倍首相 首相、長野の被災地視察

    台風19号による被害視察のため長野県入りした安倍首相(中央)=20日午前10時30分、長野市の長野運動公園総合運動場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月19日
    宮城・丸森の災害ごみの山 台風19号、各地で被害

    宮城県丸森町の運動場にうずたかく積まれた災害ごみの山。奥は同町役場=19日午後3時47分

    撮影: 19日午後3時47分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月19日
    災害ごみの集積所 台風19号、各地で被害

    宮城県丸森町の運動場に集められた家具などの災害ごみ=19日午後3時34分

    撮影: 19日午後3時34分

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月19日
    災害ごみの集積所 台風19号、各地で被害

    宮城県丸森町の運動場に集められた災害ごみ=19日午後3時28分

    撮影: 19日午後3時28分

  • 03:06.65
    2019年10月15日
    五輪へ責任果たしたい メディア説明会で森会長

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は15日、テレビ中継されたラグビー・ワールドカップ(W杯)日本代表戦が高視聴率だったことを踏まえ「日本人のラグビーへの思いは、スポーツに寄せる思いだ。これまで以上に立派な五輪を開き、世界のメディアから評価されるよう責任を果たしたい」と述べた。国内外のメディアを対象とした開催準備説明会のレセプションで語った。<映像内容>展示ブース物撮り、森会長、小池知事、橋本五輪相、田中復興相のあいさつ、会場雑観など、撮影日:2019(令和元)年10月15日、撮影場所:東京都江東区 東京ビッグサイト

    撮影: 2019(令和元)年10月15日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月06日
    芝に触れる小山賢太郎さん 熊本地震乗り越えた天然芝

    えがお健康スタジアムの天然芝に触れる、熊本県スポーツ振興事業団の小山賢太郎さん=9月18日、熊本市

    撮影: 9月18日、熊本市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月01日
    火災のスポーツ用品店 松江で火災

    火災があった「スポーツショップほしの」=30日午後8時48分、松江市

    撮影: 30日午後8時48分、松江市

  • 2019年07月06日
    イベントに集まった人たち 被災地釜石とスクラム

    岩手県釜石市の復興を支援するイベント「釜石ナイト」に集まった人たち=6月、東京・高田馬場のスポーツバー「ノーサイドクラブ」

    撮影: 6月、東京・高田馬場のスポーツバー「ノーサイドクラブ」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月02日
    仮設校舎前で運動会 豪雨の被災地から

    昨年の豪雨被害で別の小学校の敷地内に建設された岡山県倉敷市立箭田小の仮設校舎(奥)。運動会では児童は元気に走り、グラウンドに大きな声援が響いていた=6月、岡山県倉敷市真備町地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月02日
    元気に走る児童 豪雨の被災地から

    プレハブの仮設校舎(奥)の前で行われた運動会で、元気に走る箭田小の児童。グラウンドには大きな声援が響いていた。仮設校舎は豪雨被害を免れた別の小学校の敷地内に建設された=6月、岡山県倉敷市真備町地区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月18日
    四川省長寧県の地震で12人死亡救援隊、物資が次々と被災地に到着

    18日、長寧県双河鎮中学校の運動場で食事をする避難者ら。中国四川省宜賓(ぎひん)市長寧県で17日夜、マグニチュード(M)6・0の地震があった。同市政府新聞(報道)弁公室によると、18日午前8時30分までに地震で12人が死亡、125人が負傷した。現在、飲用水や食料、テント、布団などの救援物資が次々と被災地に到着している。また、消防、地震、安全生産など多くの応急救援隊が、既に同県に赴いている。(長寧=新華社配信/曾朗)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月18日
    四川省長寧県の地震で12人死亡救援隊、物資が次々と被災地に到着

    18日未明、長寧県双河鎮中学校の運動場に避難した先生や子どもたち。中国四川省宜賓(ぎひん)市長寧県で17日夜、マグニチュード(M)6・0の地震があった。同市政府新聞(報道)弁公室によると、18日午前8時30分までに地震で12人が死亡、125人が負傷した。現在、飲用水や食料、テント、布団などの救援物資が次々と被災地に到着している。また、消防、地震、安全生産など多くの応急救援隊が、既に同県に赴いている。(長寧=新華社配信/曾朗)=2019(令和元)年6月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:18.57
    2019年06月17日
    「新華社」空から見た震源地四川省宜賓市長寧県

    中国四川省宜賓(ぎひん)市長寧県で17日午後10時55分(日本時間同11時55分)、マグニチュード(M)6・0の地震があった。震源の深さは16キロ。震源地の町では家屋の一部が損壊した。救助隊員ががれきの撤去などの作業にあたっており、一次避難場所とされた学校の運動場では数十のテントが張られ、被災者や救援人員に開放されている。(記者/劉坤、蕭永航)<映像内容>中国四川省宜賓市の地震後の様子、撮影日:2019(令和元)年6月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月01日
    文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    1日、平壌にある大城山遊園地でダンスを披露する子どもたち。朝鮮(北朝鮮)首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月01日
    文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    1日、平壌にある大城山遊園地でダンスを披露する女の子。朝鮮(北朝鮮)の首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月01日
    文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    1日、平壌にある大城山遊園地で「国際児童デー」を祝うイベントに参加する子どもたち。朝鮮(北朝鮮)の首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月01日
    文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    1日、平壌にある大城山遊園地でゲームをする子どもたち。朝鮮(北朝鮮)の首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月01日
    文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    1日、平壌にある大城山遊園地で伝統的格闘技「シルム」の試合に挑む子どもたち。朝鮮(北朝鮮)の首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月01日
    文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    1日、平壌にある大城山遊園地でチームの応援する子どもたち。朝鮮(北朝鮮)の首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月01日
    文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    1日、平壌にある大城山遊園地で「国際児童デー」を祝うイベントに参加する子どもたち。朝鮮(北朝鮮)の首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 05:26.03
    2019年06月01日
    「新華社」文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    朝鮮(北朝鮮)の首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(記者/江亜平、程大雨、劉艶霞)<映像内容>北朝鮮の「国際児童デー」を祝うイベントの様子、撮影日:2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月01日
    文化·スポーツイベントで「国際児童デー」祝う朝鮮·平壌

    1日、平壌にある大城山遊園地で子どもたちと一緒にチームを応援する幼稚園の先生。朝鮮(北朝鮮)の首都平壌にある大城山(テソンサン)遊園地で1日午前、多くの文化・スポーツ関連のイベントが行われた。市内の各幼稚園から千人近くの子どもが色とりどりの鮮やかな服装を身にまとい参加し、同日の「国際児童デー」を祝った。(平壌=新華社記者/程大雨)=2019(令和元)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月29日
    玉入れをする児童ら 原発避難で9年ぶり運動会

    福島県富岡町で開かれた9年ぶりの運動会で玉入れをする児童ら=5月25日

    撮影: 5月25日

  • 2019年05月25日
    富岡町、9年ぶりに運動会

    福島県富岡町、福島第1原発

  • 2019年05月25日
    富岡町、9年ぶりに運動会

    福島県富岡町、福島第1原発

  • 2019年05月25日
    富岡町、9年ぶりに運動会

    福島県富岡町、福島第1原発

  • 2019年05月25日
    富岡町、9年ぶりに運動会

    福島県富岡町、福島第1原発

  • 03:38.19
    2019年05月13日
    「新華社」中朝、平壌でバスケットボール親善試合

    朝鮮(北朝鮮)を訪れている中国江蘇省のバスケットボールチームは13日、平壌で朝鮮(北朝鮮)のポトンガンチームと親善試合を行った。男女それぞれの試合が行われ、両国の選手は激しい試合の中で技術を磨き、熱烈で友好的な雰囲気の中でスポーツ精神を示し、両国間の友情を深めた。朝鮮(北朝鮮)の金日国(キム・イルグク)体育相、元吉宇(ウォン・ギルウ)体育省次官、中国の李進軍(り・しんぐん)駐朝鮮大使のほか、訪朝中の江蘇省バスケットボール代表団のメンバー、千人余りの朝鮮(北朝鮮)各界の人々が試合を観戦した。15日も平壌で男女それぞれの親善試合が行われる。(記者/程大雨、劉艶霞)<映像内容>中朝のバスケットボールの親善試合の様子、撮影日:2019(令和元)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月11日
    黙とうする楽天の選手ら 東北に向けて黙とう

    東日本大震災の犠牲者を悼み、黙とうするプロ野球楽天の選手たち=11日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場

    撮影: 11日、静岡市の静岡県草薙総合運動場野球場

  • 2018年12月27日
    優勝者と握手する有森さん スポーツで復興支援20年

    1996年12月、「アンコールワット国際ハーフマラソン」女子5㌔で優勝した地元選手(左)と握手をする有森裕子さん=カンボジア北西部のアンコールワット(共同)

  • 2018年12月27日
    スポーツで復興支援20年

    カンボジア・プノンペン、シエムレアプ

  • 2018年12月27日
    スポーツで復興支援20年

    カンボジア・プノンペン、シエムレアプ

  • 2018年12月27日
    スポーツで復興支援20年

    カンボジア・プノンペン、シエムレアプ

  • 2018年12月27日
    スポーツで復興支援20年

    カンボジア・プノンペン、シエムレアプ

  • 2018年12月27日
    松永仁志選手 スポーツで復興支援20年

    カンボジアのパラ陸上選手を指導する松永仁志選手(左から2人目)=4日、プノンペン(共同)

  • 2018年12月27日
    指導する松永選手 スポーツで復興支援20年

    カンボジアのパラ陸上選手を指導する松永仁志選手(中央奥)=4日、プノンペン(共同)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:06.05
    2018年12月02日
    田中将大投手が慈善イベント参加 北海道地震、成田緑夢選手も

    米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手は2日、平昌冬季パラリンピックのスノーボード男子金メダルの成田緑夢選手とともに東京都内の神宮球場の室内練習場で行われた北海道地震のチャリティーイベントに参加し、子供たちと交流した。的当てでは自慢の正確な制球力を見せて歓声を浴び、「目の前のことを全力ですることが大事」とメッセージを送った。〈映像内容〉田中投手が子どもたちと準備運動やキャッチボールをする様子、ゲームにチャレンジ、トークセッション、撮影日:2018(平成30)年12月2日、撮影場所:東京都新宿区

    撮影: 2018(平成30)年12月2日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月18日
    フェニックス号転覆事故タイが調査のため封鎖へ

    18日、タイ・プーケット付近の海域で、作業員が「フェニックス号」を事故現場海域から引き揚げ、陸に移している。タイ観光・スポーツ省のウィーラサック大臣は18日にタイ・プーケットで、転覆事故で沈没した「フェニックス(Phoenix)号」の引き揚げ作業を視察した際に、タイ側は同船を陸に移し、調査のために船体を封鎖すると述べた。(プーケット=新華社記者・張可任)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月18日
    フェニックス号転覆事故タイが調査のため封鎖へ

    18日、タイ・プーケット付近の海域で、作業員が「フェニックス号」を事故現場海域から引き揚げ、陸に移している。タイ観光・スポーツ省のウィーラサック大臣は18日にタイ・プーケットで、転覆事故で沈没した「フェニックス(Phoenix)号」の引き揚げ作業を視察した際に、タイ側は同船を陸に移し、調査のために船体を封鎖すると述べた。(プーケット=新華社記者・張可任)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月18日
    フェニックス号転覆事故タイが調査のため封鎖へ

    18日、タイ・プーケット付近の海域で、作業員が「フェニックス号」を事故現場海域から引き揚げ、陸に移している。タイ観光・スポーツ省のウィーラサック大臣は18日にタイ・プーケットで、転覆事故で沈没した「フェニックス(Phoenix)号」の引き揚げ作業を視察した際に、タイ側は同船を陸に移し、調査のために船体を封鎖すると述べた。(プーケット=新華社記者・張可任)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月18日
    フェニックス号転覆事故タイが調査のため封鎖へ

    18日、タイ・プーケット付近の海域で、作業員が「フェニックス号」を事故現場海域から引き揚げ、陸に移している。タイ観光・スポーツ省のウィーラサック大臣は18日にタイ・プーケットで、転覆事故で沈没した「フェニックス(Phoenix)号」の引き揚げ作業を視察した際に、タイ側は同船を陸に移し、調査のために船体を封鎖すると述べた。(プーケット=新華社記者・張可任)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月18日
    フェニックス号転覆事故タイが調査のため封鎖へ

    18日、タイ・プーケット付近の海域で、作業員が「フェニックス号」を事故現場海域から引き揚げ、陸に移している。タイ観光・スポーツ省のウィーラサック大臣は18日にタイ・プーケットで、転覆事故で沈没した「フェニックス(Phoenix)号」の引き揚げ作業を視察した際に、タイ側は同船を陸に移し、調査のために船体を封鎖すると述べた。(プーケット=新華社記者・張可任)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年11月18日
    フェニックス号転覆事故タイが調査のため封鎖へ

    18日、タイ・プーケット付近の海域で、作業員が「フェニックス号」を事故現場海域から引き揚げ、陸に移している。タイ観光・スポーツ省のウィーラサック大臣は18日にタイ・プーケットで、転覆事故で沈没した「フェニックス(Phoenix)号」の引き揚げ作業を視察した際に、タイ側は同船を陸に移し、調査のために船体を封鎖すると述べた。(プーケット=新華社記者・張可任)=2018(平成30)年11月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月12日
    金永南氏、中国スポーツ代表団と会見

    朝鮮(北朝鮮)の金永南(キム・ヨンナム)朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員・最高人民会議常任委員会委員長は12日、苟仲文(こう・ちゅうぶん)氏を団長とする中国スポーツ代表団と会見した。(平壌=新華社記者/程大雨)=2018(平成30)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月09日
    中国国家体育総局局長、朝鮮体育相と会談朝鮮へスポーツ用品寄贈

    9日、金日国体育相に中国が寄贈したスポーツ用品の説明をする苟仲文局長(左から4人目)。中国スポーツ代表団を率い朝鮮(北朝鮮)を訪問した国家体育総局の苟仲文(こう・ちゅうぶん)局長は9日午前、平壌市の人民文化宮で金日国(キム・イルグク)朝鮮体育相と会談した。苟仲文氏は会談終了後、中国を代表し朝鮮(北朝鮮)にスポーツ用品やスポーツウェアなどを寄贈した。(平壌=新華社記者/程大雨)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月09日
    中国国家体育総局局長、朝鮮体育相と会談朝鮮へスポーツ用品寄贈

    9日、記念撮影する李進軍(り・しんぐん)駐朝鮮中国大使(左)と姚明(よう・めい)中国バスケットボール協会主席。中国スポーツ代表団を率い朝鮮(北朝鮮)を訪問した国家体育総局の苟仲文(こう・ちゅうぶん)局長は9日午前、平壌市の人民文化宮で金日国(キム・イルグク)朝鮮体育相と会談した。苟仲文氏は会談終了後、中国を代表し朝鮮(北朝鮮)にスポーツ用品やスポーツウェアなどを寄贈した。(平壤=新華社記者/程大雨)=2018(平成30)年10月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5