KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ご当地部門
  • つるゴン
  • ゆるキャラ
  • インターネット
  • エントリー
  • キャラクター
  • バーチャルユーチューバー
  • ポンペイ
  • 上流地域
  • 中国十大考古新発見

「その他」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • 災害
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:40.76
    2020年10月04日
    岩手の「ゆめちゃん」優勝 最後のゆるキャラGP

    投票でご当地や企業のキャラクター日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2020 THE FINAL 未来へつなぐ いわて幸せ大作戦!!」の結果発表が4日、岩手県滝沢市の岩手産業文化センターアピオであり、ご当地部門で同県陸前高田市の「たかたのゆめちゃん」が28万0017票を獲得し、栄冠に輝いた。大会は10回目の今年で最後となる。 たかたのゆめちゃんは2012年1月に誕生。バッグに入った夢や幸せを届ける妖精、という設定で、耳は東日本大震災の津波で被災した高田松原のマツをイメージした。震災から10年目であるほか、県内開催でもあり6年ぶりにエントリー。地元の手厚い支援でグランプリの座をつかんだ。 今大会にはご当地と企業などのキャラ計691体がエントリー。企業・その他部門は滋賀県甲賀市のバーチャルユーチューバー「甲賀流忍者!ぽんぽこ」が優勝した。ご当地部門の2位は大阪府泉佐野市の「ゆるナキン」、3位は埼玉県鶴ケ島市の「つるゴン」だった。インターネット投票と来場者の投票の結果で順位を決めた。 <映像内容>盛岡さんさ踊りを披露しながらのパレード、練り歩くゆるキャラ、岩手県野田村の「のんちゃん」と子ども、ゆるキャラ撮影する来場者ら、入り口ゲート、ご当地部門の3位「つるゴン」から結果発表と表彰式(表彰状は達増拓也・岩手県知事)、2位「ゆるナキン」と千代松大耕・泉佐野市長、1位「たかたのゆめちゃん」と戸羽太・陸前高田市長、フィナーレのゆるキャラ音頭、表彰式後のフォトセッションなど、撮影日:2020(令和2)年10月4日、撮影場所:岩手県滝沢市

    撮影: 2020(令和2)年10月4日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月02日
    「東方のポンペイ」喇家国家考古遺跡公園が試営業開始青海省

    2日、喇家遺跡博物館に展示された玉器。喇家遺跡から出土した23種類の玉器は、その機能から礼器、工具、装飾品およびその他の四つに分類されている。「東方のポンペイ遺跡」と称される中国青海省海東市民和回族トゥ族自治県官亭鎮喇家(らつか)村にある喇家国家考古遺跡公園が1日から無料開放され、3日までに延べ9万4561人の観光客が訪れた。喇家遺跡は、黄河の上流地域で発掘された新石器時代の斉家文化を中心とする大型の集落遺跡で、これまで中国で見つかった唯一の大型の災害遺構であり、先史時代に発生した地震や黄河の大洪水、土石流などの深刻な災害の痕跡を留めている。同遺跡で十数年にわたって実施された発掘調査では、至高の権力を象徴する「黄河磬王(こうがけいおう)」と呼ばれる石でつくった平板の打楽器や中国最大の玉刀が出土した。また、集落や住居、陶窯、環濠、祭壇の置かれた広場などの主要な遺構のほか、大量の石器、陶器、玉器、骨器などさまざまな文物千点余りが出土していることから、同地が当時の社会的権力の中心地あるいは城壁で囲まれた集落だった可能性がある。同遺跡は2001年に「中国十大考古新発見」の一つに選ばれた。(西寧=新華社記者/白瑪央措)=2020(令和2)年5月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1