KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 東日本大震災
  • 東京電力
  • 南阿蘇村
  • 岩手県大槌町
  • 熊本地震
  • 熊本県南
  • 避難訓練
  • 阿蘇大橋
  • 仮設住宅
  • 宮城県石巻市

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 災害
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
157,107
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
157,107
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    入山する関係者 栃木の山火事で実況見分

    山林火災の実況見分のため入山する栃木県警と消防の関係者ら=8日午前、栃木県足利市

    撮影: 8日午前、栃木県足利市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    祈る中谷奈津子さん 被災神社で、復興祈る

    東日本大震災の津波と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県浪江町請戸地区の苕野(くさの)神社を神奈川県鎌倉市の中谷奈津子さん(42)が訪れ、追悼の祈りをささげた。紙芝居師として活動する中谷さんは震災後、避難所や仮設住宅を回って読み聞かせのボランティアをしてきた。「ひたむきな東北の人と触れ合うと、逆に元気をもらえた」と10年間を振り返る。同町の避難指示は4年前に解除されたが、周辺は雑草が生い茂り、人けもない。「忘れてはいけない出来事。少しでも力になれるよう続けてたい」と話した=7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    福島双葉郡の郷土芸能 古里の舞、配信で届ける

    福島県浪江町と双葉町の郷土芸能保存団体が、二本松市で神楽や踊りを披露し、オンラインで生配信した。新型コロナウイルス拡大防止のため、無観客で行った。両町は東京電力福島第1原発事故で住民が各地に避難、郷土芸能の継承が課題となっている。避難先などから約30人が集まり、散り散りとなった町民に舞を届けた。いわき市から訪れた浪江町の佐々木繁子さん(70)は、町に伝わる「請戸の田植踊」を実演。「映像を通じてでも、町のみんなに踊りを伝えられたらいい」と話した=7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    祈る中谷奈津子さん 被災神社で、復興祈る

    東日本大震災の津波と東京電力福島第1原発事故で被災した福島県浪江町請戸地区の苕野(くさの)神社を神奈川県鎌倉市の中谷奈津子さん(42)が訪れ、追悼の祈りをささげた。紙芝居師として活動する中谷さんは震災後、避難所や仮設住宅を回って読み聞かせのボランティアをしてきた。「ひたむきな東北の人と触れ合うと、逆に元気をもらえた」と10年間を振り返る。同町の避難指示は4年前に解除されたが、周辺は雑草が生い茂り、人けもない。「忘れてはいけない出来事。少しでも力になれるよう続けてたい」と話した=7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月08日
    黙とうする参加者 生かされた命のために

    1本は亡くなった命のために。もう1本は今を生かされている命のために―。ろうそくを1人2本献灯する「命灯会(みょうとうえ)」が岩手県一関市の藤源寺で開かれ、東日本大震災の犠牲者を追悼した。宮城県気仙沼市から参加した40代の女性は、いまも行方不明の義母のためにろうそくをともした。地震の後、地域の人たちを心配して見回りに出かけ津波にのまれたという。今は3人の子どもの育児に追われる日々。「生きていてくれたらどんなに心強かったか」。面倒見の良かった義母をしのび、静かに手を合わせていた=7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    メッセージ寄せる主催者 NYはあの日を忘れない

    6日、オンラインで開かれた東日本大震災の追悼式典で、ニューヨークの教会から追悼メッセージを寄せる主催者ら(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    崩落した阿蘇大橋 新阿蘇大橋が開通

    2016年4月、熊本地震で崩落した阿蘇大橋=熊本県南阿蘇村

    撮影: 熊本県南阿蘇村

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    阿蘇大橋崩落の現場 新阿蘇大橋が開通

    2016年4月、熊本地震で崩落した阿蘇大橋=熊本県南阿蘇村

    撮影: 熊本県南阿蘇村

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    福島・楢葉でイベント 追悼と感謝の明かりともる

    東京電力福島第1原発事故で一時全町避難となった福島県楢葉町で7日夕、約千個のろうそくに明かりをともすイベントが開かれた。津波や避難先で亡くなった人への追悼と復興支援に関わる人への感謝を込めて、町が主催した。楢葉に帰ってこられたことに感謝―。ひとつひとつのキャンドルに町民らのメッセージが添えられていた。昨年町に戻った女性(39)は「震災2カ月前に長男が生まれて大変な避難生活だった。子どもには、ここでのびのび育ってほしい」と話した。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    高浜原発3号機 高浜3号機、運転再開

    関西電力高浜原発3号機=福井県高浜町

    撮影: 福井県高浜町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    崩落した阿蘇大橋と新大橋 新阿蘇大橋が開通

    2016年4月の熊本地震で崩落した阿蘇大橋(手前)に代わり完成した新阿蘇大橋(奥上)=7日午前、熊本県南阿蘇村(小型無人機から)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    黙とうするサーファーら あの日のことを忘れずに

    東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県気仙沼市の小泉海岸で、サーファーや地元住民など約70人が海に向かって黙とうし、震災の犠牲者を追悼した。直前には、海岸の清掃もした。震災翌年から近くでサーフショップを営む鈴木優美さん(54)らが追悼のイベントを企画してきた。「10年たっても被災者の気持ちは復興とはほど遠い」と話す。かつては散歩のついでに訪れるような身近な場所だった。もう一度、気軽に集える憩いの場に―。あの日のことを忘れずにこの活動を続けていく=7日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    開通した新阿蘇大橋の空撮 新阿蘇大橋が開通

    開通した新阿蘇大橋(手前)。奥は2016年の熊本地震で大規模に崩壊した斜面=7日午後、熊本県南阿蘇村(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    新阿蘇大橋が開通の空撮 新阿蘇大橋が開通

    開通した新阿蘇大橋。奥は2016年の熊本地震で大規模に崩壊した斜面=7日午後、熊本県南阿蘇村(共同通信社ヘリから)

    撮影: 7日午後、熊本県南阿蘇村

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    墓石被害の徳本寺 大震災犠牲者悼み法要

    2月13日の地震で墓石の多くが被害を受けた徳本寺で取材に応じる早坂文明住職=7日午後、宮城県山元町

    撮影: 7日午後、宮城県山元町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    献花する住民 津波の怖さ忘れずに

    避難訓練後、津波の犠牲者を悼み献花する住民=7日午後、岩手県大槌町

    撮影: 7日午後、岩手県大槌町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    リヤカーで避難する高齢者 津波の怖さ忘れずに

    東日本大震災から10年を前に、津波を想定して行われた避難訓練。自力避難が難しい高齢者をリヤカーに乗せ高台に向かった=7日午後、岩手県大槌町

    撮影: 7日午後、岩手県大槌町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    防潮堤と避難する住民 津波の怖さ忘れずに

    東日本大震災から10年を前に、津波を想定して行われた避難訓練。自力避難が難しい高齢者をリヤカーに乗せ高台に向かった=7日午後、岩手県大槌町

    撮影: 7日午後、岩手県大槌町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    徳本寺の法要 大震災犠牲者悼み法要

    宮城県山元町の徳本寺で営まれた東日本大震災の犠牲者の追悼法要=7日午後

    撮影: 7日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    震災犠牲者の法要 大震災犠牲者悼み法要

    宮城県山元町の徳本寺で営まれた東日本大震災の犠牲者の追悼法要=7日午後

    撮影: 7日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    献花する住民 津波の怖さ忘れずに

    避難訓練後、津波の犠牲者を悼み献花する住民=7日午後、岩手県大槌町

    撮影: 7日午後、岩手県大槌町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    黙とうする住民 津波の怖さ忘れずに

    避難訓練後、地震発生時刻に合わせ黙とうする住民=7日午後、岩手県大槌町

    撮影: 7日午後、岩手県大槌町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    開かれた集会 市民団体「再稼働阻止を」

    東京電力福島第1原発事故から10年となるのを前に、福井県の脱原発を求める市民団体が開いた集会=7日午後、福井市

    撮影: 7日午後、福井市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    清掃活動の森谷さん親子 かつての海岸を再び

    東日本大震災の津波で壊滅的な被害を受けた宮城県気仙沼市の小泉海岸で、サーファーや地元住民など約70人が海に向かって黙とうし、震災の犠牲者を追悼した。きょうだいを亡くした同市のサーファーの森谷健一さん(38、右)は娘の心晴ちゃん(4)と海岸の清掃活動も行った。「慰霊の気持ちは忘れない。被災前のように気軽に遊びに来ることができる場所に戻ってほしい」と海を見つめた=7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    献花のみの会場 被災地大半が追悼式開催

    追悼式が中止となり、献花方式に切り替えた宮城県石巻市の会場=2020年3月11日

    撮影: 2020年3月11日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    熊谷睦男さんと作品 絵筆に込める古里の記憶

    岩手県陸前高田市の画家、熊谷睦男さん(86)は景勝地「高田松原」をテーマに400枚以上の絵を描いてきた。海沿いに約7万本の松が並ぶ海岸は学生時代に友人らと過ごした思い出の場所。しかし、東日本大震災の津波で多くの旧友を失った。あれから10年。高台に住宅地が整備され、生まれ育った町の姿は変わり果てた。それでも松が茂る古里の光景は、今でも細部まで思い描くことができる。「奇跡の一本松」を見ながら、記憶を確かめるように心の中の風景を絵筆に込めている=7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    植樹する高校生ら 噴火で失われた緑取り戻す

    雲仙・普賢岳の噴火災害の被災地で植樹する高校生ら=7日午前、長崎県島原市

    撮影: 7日午前、長崎県島原市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    植樹する高校生ら 噴火で失われた緑取り戻す

    雲仙・普賢岳の噴火災害の被災地で植樹する高校生ら=7日午前、長崎県島原市

    撮影: 7日午前、長崎県島原市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    講演する大熊前町長 原発避難先「国指示無く」

    全町避難を振り返る福島県大熊町の渡辺利綱前町長=7日午後、福島県双葉町

    撮影: 7日午後、福島県双葉町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    慰霊碑と佐藤美香さん 「今、どうしてるの?」

    東日本大震災の津波で犠牲になった長女愛梨ちゃんらの名前が刻まれた慰霊碑に触れる佐藤美香さん=2月、宮城県石巻市

    撮影: 2月、宮城県石巻市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    慰霊碑と佐藤美香さん 「今、どうしてるの?」

    東日本大震災の津波で犠牲になった長女愛梨ちゃんらの名前が刻まれた慰霊碑に触れる佐藤美香さん=2月、宮城県石巻市

    撮影: 2月、宮城県石巻市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    佐藤美香さん 「今、どうしてるの?」

    東日本大震災で長女愛梨ちゃんを亡くした佐藤美香さん=2月、宮城県石巻市

    撮影: 2月、宮城県石巻市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    舞踊家の小田原さん 犠牲者にささぐ、鎮魂の舞

    福島県いわき市の海岸沿いにある弁天島を朝日が照らす。波しぶきが迫る鳥居の前で札幌市の舞踊家小田原真理子さん(51)が東日本大震災の犠牲者への慰霊と鎮魂の思いを込め、舞をささげた。ボランティアの知人の紹介で震災翌年から毎年3月11日前後に福島県内を中心に各地を訪れてきた。これまで、海岸や仮設住宅、原発事故の収束拠点となったJヴィレッジなど様々な場所で踊り続けてきた。「ご縁を大切に、舞わせていただけることに感謝したい」と話す=7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    舞踊家の小田原さん 犠牲者にささぐ、鎮魂の舞

    福島県いわき市の海岸沿いにある弁天島を朝日が照らす。波しぶきが迫る鳥居の前で札幌市の舞踊家小田原真理子さん(51)が東日本大震災の犠牲者への慰霊と鎮魂の思いを込め、舞をささげた。ボランティアの知人の紹介で震災翌年から毎年3月11日前後に福島県内を中心に各地を訪れてきた。これまで、海岸や仮設住宅、原発事故の収束拠点となったJヴィレッジなど様々な場所で踊り続けてきた。「ご縁を大切に、舞わせていただけることに感謝したい」と話す=7日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    調理風景 温かい食事で作業員支える

    東京電力福島第1原発構内の食堂に食事を提供する福島復興給食センターの調理室=1月、福島県大熊町

    撮影: 1月、福島県大熊町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    調理風景 温かい食事で作業員支える

    東京電力福島第1原発構内の食堂に食事を提供する福島復興給食センターの調理室=1月、福島県大熊町

    撮影: 1月、福島県大熊町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    たこ揚げと笑顔の傘 復興願い、笑顔の傘

    被災した子どもたちの笑顔を印刷した傘(手前)とたこ=7日午前、仙台市若林区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月07日
    笑顔の傘とたこ 復興願い、笑顔の傘

    被災した子どもたちの笑顔を印刷した傘(手前)とたこ=7日午前、仙台市若林区

  • 2021年03月06日
    災害時の支援不十分80%

    災害時の障害者への国・自治体の支援、福祉避難所を実際に利用しようと思うか

  • 2021年03月06日
    災害時の支援不十分80%

    災害時の障害者への国・自治体の支援、福祉避難所を実際に利用しようと思うか

  • 2021年03月06日
    災害時の支援不十分80%

    災害時の障害者への国・自治体の支援、福祉避難所を実際に利用しようと思うか

  • 2021年03月06日
    災害時の支援不十分80%

    災害時の障害者への国・自治体の支援、福祉避難所を実際に利用しようと思うか

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    黙とうする仙台サポーター J1 仙台―川崎

    川崎戦の試合開始前、東日本大震災から10年を迎えるのを前に、黙とうする仙台サポーター=ユアスタ

    撮影: ユアスタ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    黙とうする両イレブン J1 仙台―川崎

    試合開始前、東日本大震災から10年を迎えるのを前に、黙とうする仙台と川崎の選手たち=ユアスタ

    撮影: ユアスタ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    黙とうする人たち 大阪で避難者が犠牲者追悼

    大阪市で開かれたキャンドルイベントで、東日本大震災の地震発生時刻に合わせて黙とうする、(左から)古部真由美さん、酒井サヨ子さんら=6日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    黙とうする避難者ら 大阪で避難者が犠牲者追悼

    大阪市で開かれたキャンドルイベントで、東日本大震災の地震発生時刻に合わせて黙とうする、東京電力福島第1原発事故の避難者ら=6日午後

    撮影: 6日午後

  • 2021年03月06日
    宮城―岩手260㌔が直結

    復興道路の開通状況

  • 2021年03月06日
    宮城―岩手260㌔が直結

    復興道路の開通状況

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    除幕する加須市長ら 震災の記憶モニュメントに

    震災10年を前に設置されたモニュメントを除幕する埼玉県加須市の大橋良一市長(左端)と福島県双葉町の徳永修宏副町長(右端)=6日午後、埼玉県加須市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    対話に臨む菅首相 首相、復興取り組みに決意

    避難先から帰還した人や県外からの移住者との対話に臨む菅首相(右から2人目)。右端は福島県の内堀雅雄知事=6日午後、福島県浪江町(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    視察する菅首相 首相、復興取り組みに決意

    福島水素エネルギー研究フィールドの水素製造施設を視察する菅首相(左)=6日午前、福島県浪江町

  • 2021年03月06日
    説明を聞く菅首相 首相、復興取り組みに決意

    福島ロボットテストフィールドを視察し、説明を聞く菅首相(右)=6日午後、福島県南相馬市(代表撮影)

  • 2021年03月06日
    質問に答える菅首相 首相、復興取り組みに決意

    視察後、報道陣の質問に答える菅首相=6日午後、福島県南相馬市(代表撮影)

    撮影: 6日午後、福島県南相馬市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    学習する生徒ら 「放課後の居場所」に別れ

    東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県女川町で、被災した子どもたちの受け皿となった放課後学習施設が震災10年を区切りに移転する。仮設住宅などで不自由な暮らしを強いられた子どもたちに、安心安全の場を提供したいと東京のNPO法人カタリバが「女川向学館」を立ち上げ、支援してきた。女川中1年の岡本健吾さんは昨年末に自宅が再建するまで仮設住宅や災害公営住宅から通った。「自宅以外に友達と過ごせる場所があってうれしかった」と話す。施設が入る旧女川第一小学校では今月18日にお別れ会が開かれる予定だ=4日

    撮影: 4日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    震災後の日本経済の歩み

    東日本大震災後の日本経済の歩み

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    震災後の日本経済の歩み

    東日本大震災後の日本経済の歩み

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    震災後の日本経済の歩み

    東日本大震災後の日本経済の歩み(コンパクト版)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    震災後の日本経済の歩み

    東日本大震災後の日本経済の歩み(コンパクト版)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    原発事故避難の高校生上演 伝え残す「私たちの10年」

    福島県双葉町の「東日本大震災・原子力災害伝承館」で6日、県立ふたば未来学園高の生徒が「私たちの10年」をテーマに演劇を上演した。長期の避難生活や避難先でのいじめ、故郷への思い…。生徒それぞれの経験を元に脚本を作った。同県大熊町から避難した加藤鳴菜さん(写真、17)は、昨年帰還困難区域にある自宅を訪れたことを演じた。時間が止まったままの子ども部屋で、アルバムや小さな人形を手にする。「ありがとう、ありがとう」。舞台で戻れぬ故郷に感謝を伝えた。

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    被災した日産のいわき工場 地方疲弊、克服できず

    東日本大震災で被災した日産自動車いわき工場の内部=2011年3月、福島県いわき市

    撮影: 2011年3月、福島県いわき市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    避難区域だった福島・楢葉 希望つなぐサケ、すくすく

    東京電力福島第1原発事故でかつて避難区域だった福島県楢葉町で、サケの稚魚約30万匹がすくすくと成長している。事故前は本州有数の漁獲量を誇った木戸川漁協。原発事故の影響などで、ふ化事業を約4年間休止した。多くのサケが戻ってくると期待した2019年は、台風19号の影響でやな場が壊れるなどして再び窮地に。昨秋の漁獲量は約750匹にとどまった。同漁協の中島猛さん(22)は「希望をつなぐサケ。4年後に元気に戻りますように」と願いを込める=4日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    1週間で地震2万回超

    アイスランド・レイキャビク

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    1週間で地震2万回超

    アイスランド・レイキャビク

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    1週間で地震2万回超

    アイスランド・レイキャビク

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    1週間で地震2万回超

    アイスランド・レイキャビク

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    豪雨に備え排水路新設

    福島第1原発の排水路新設のイメージ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    豪雨に備え排水路新設

    福島第1原発の排水路新設のイメージ

  • 2021年03月06日
    遠藤瞭さん 「廃炉に貢献」20歳の決意

    福島県大熊町の自宅の写真を前に、決意を語る遠藤瞭さん=1日、新潟市

    撮影: 1日、新潟市

  • 2021年03月06日
    遠藤瞭さん 「廃炉に貢献」20歳の決意

    福島県大熊町の自宅の写真を眺める遠藤瞭さん=1日、新潟市

    撮影: 1日、新潟市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    亡き家族の写真 津波犠牲の妻子に自責の念

    津波の犠牲となった家族の写真に触れる久保田輔さん。がれきの中から見つけたり、デジタルカメラに残っていた写真をプリントしたりした。「4人の時間は止まったまま、俺だけ年を取っていくのがつらい」と話す

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    亡き家族の写真 津波犠牲の妻子に自責の念

    津波の犠牲となった家族の写真。がれきの中から見つけたり、デジタルカメラに残っていた写真をプリントしたりした。久保田輔さんは「4人の時間は止まったまま、俺だけ年を取っていくのがつらい」と話す

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    東京電力福島第1原発 82%が原発廃止求める

    東京電力福島第1原発=6日午前

    撮影: 6日午前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    慰霊碑に献花の菅首相 首相、震災10年で福島視察

    震災慰霊碑に献花する菅首相=6日午前、福島県浪江町(代表撮影)

    撮影: 6日午前、福島県浪江町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    慰霊碑に手を合わせる首相 首相、震災10年で福島視察

    震災慰霊碑を訪れ、手を合わせる菅首相(手前)=6日午前、福島県浪江町(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    慰霊碑に献花する菅首相 首相、震災10年で福島視察

    震災慰霊碑に献花する菅首相=6日午前、福島県浪江町(代表撮影)

    撮影: 6日午前、福島県浪江町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    献花した菅首相 首相、震災10年で福島視察

    震災慰霊碑に献花した菅首相(手前)=6日午前、福島県浪江町(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    マフラーを贈られた菅首相 首相、震災10年で福島視察

    JR双葉駅を視察し、伊沢史朗双葉町長(右)からタオルマフラーを贈られた菅首相=6日午前、福島県双葉町(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    タオルマフラーもらう首相 首相、震災10年で福島視察

    JR双葉駅を視察し、伊沢史朗双葉町長(右)からタオルマフラーを贈られる菅首相=6日午前、福島県双葉町(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    双葉駅前を視察する菅首相 首相、震災10年で福島視察

    JR双葉駅前を視察する菅首相(中央)。手前右は伊沢史朗双葉町長=6日午前、福島県双葉町(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    説明を聞く菅首相 首相、震災10年で福島視察

    「大川原地区復興拠点」を訪問し、吉田淳大熊町長(右)から説明を受ける菅首相=6日午前、福島県大熊町(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    説明を受ける菅首相 首相、震災10年で福島視察

    「大川原地区復興拠点」を訪問し、吉田淳大熊町長(右端)から説明を受ける菅首相(右から2人目)=6日午前、福島県大熊町(代表撮影)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    二つの悔い、生きた10年

    福島県浪江町、請戸地区、福島第1原発、双葉病院

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    二つの悔い、生きた10年

    福島県浪江町、請戸地区、福島第1原発、双葉病院

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    二つの悔い、生きた10年

    福島県浪江町、請戸地区、福島第1原発、双葉病院

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月06日
    二つの悔い、生きた10年

    福島県浪江町、請戸地区、福島第1原発、双葉病院

  • 2021年03月06日
    82%が原発廃止求める

    国内の原子力発電所についての考えで一番近いものは

  • 2021年03月06日
    82%が原発廃止求める

    国内の原子力発電所についての考えで一番近いものは

  • 2021年03月06日
    82%が原発廃止求める

    国内の原子力発電所についての考えで一番近いものは

  • 2021年03月06日
    82%が原発廃止求める

    国内の原子力発電所についての考えで一番近いものは

  • 2021年03月06日
    福島第1原発1、2号機 82%が原発廃止求める

    廃炉作業が続く東京電力福島第1原発1号機(上)と2号機=2月(共同通信社ヘリから)

  • 2021年03月06日
    福島第1原発1、2号機 82%が原発廃止求める

    廃炉作業が続く東京電力福島第1原発1号機(右)と2号機=2月(共同通信社ヘリから)

  • 2021年03月06日
    東京電力福島第1原発 82%が原発廃止求める

    東京電力福島第1原発=2月(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2月

  • 2021年03月05日
    なお住民避難、復興半ば

    2011―2021 被災地は今

  • 2021年03月05日
    なお住民避難、復興半ば

    2011―2021 被災地は今

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    避難者なお全国4万人

    震災10年・被害と復旧状況

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    避難者なお全国4万人

    震災10年・被害と復旧状況

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    紙面 被災地の10年伝える企画展

    東日本大震災から10年を前に開かれた企画展。河北新報社の震災直後の紙面や、復興に向けた取り組みが紹介された=5日午後、東京都千代田区

    撮影: 5日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    企画展 被災地の10年伝える企画展

    東日本大震災から10年を前に開かれた企画展。河北新報社の震災直後の紙面や、復興に向けた取り組みが紹介された=5日午後、東京都千代田区

    撮影: 5日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    一力雅彦社長 被災地の10年伝える企画展

    東日本大震災から10年を前に開かれた企画展であいさつする河北新報社の一力雅彦社長=5日午後、東京都千代田区

    撮影: 5日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月05日
    気仙沼市の災害公営住宅 絆を大事に、手作りの追悼

    東日本大震災から10年を迎える宮城県気仙沼市の災害公営住宅では、住民たちが和やかに追悼式の準備をしていた。「みんなでわいわい作るのが楽しいんだ」と話す男性が入居する「鹿折南住宅」は、全270世帯の約半数が1人暮らし。高齢化も進む。当初は知らない者同士だったが、レクリエーションを通じて交流してきた。11日の集会は犠牲になった人への追悼に加え、残された人たちとのつながりを大切にする場にしたい―。ひときわ大きな「絆」の文字に思いを込めていた=5日

    撮影: 5日

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...