KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • クラスター感染
  • 北海道大
  • 西浦博教授
  • 新型コロナ
  • 感染拡大
  • 東京地裁
  • 裁判員裁判
  • アクリル
  • コロナ感染
  • サンタクロース

「感染防止」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 事件・事故・裁判
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
58
( 1 58 件を表示)
  • 1
58
( 1 58 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    距離を保って座る参加者ら 民主派の黄氏に禁錮10月

    香港のビクトリア公園での天安門事件の追悼集会で、新型コロナウイルス感染防止のため距離を保って座る参加者ら=2020年6月(共同)

    撮影: 2020年6月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月07日
    サンタクロース

    キーワード:サンタクロース、裁判、弁護士、ダナ・フリードマン、マスク、感染防止、感染拡大防止、対策、クリスマス=2020(令和2)年12月6日、米ニューヨーク(ロイター=共同)

    撮影: 2020

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月06日
    サンタクロース

    キーワード:サンタクロースと、裁判、弁護士、ダナ・フリードマン、ベイテラスショッピングセンター、窓、家族、肖像画、写真撮影、記念写真、感染防止、感染拡大防止、対策、クリスマス=2020(令和2)年12月6日、米ニューヨーク(ロイター=共同)

    撮影: 2020

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:36.03
    2020年08月29日
    「新華社」第3回中国中医薬産業博覧会を開催甘粛省隴西県

    中国甘粛省隴西(ろうせい)県で28、29両日、第3回中国(甘粛)中医薬産業博覧会が開催された。博覧会の一環として開かれたフォーラムには、中国工程院院士(アカデミー会員)の鍾南山(しょう・なんざん)氏や張伯礼(ちょう・はくれい)氏など著名な専門家が会場またはオンライン方式で参加。中医薬産業の発展状況を分析し、人類の健康を守り新型コロナウイルス感染症対策を推進する「中医薬処方」の在り方を模索した。今回の博覧会は「中国医学の長所を広め、人類の健康を守る」を焦点に「人類の健康保護における中医薬の使命」と題したフォーラムや中医薬の新政策、新基準、新技術、新製品の発表会などを開催。中医薬が持つ優位性を総括し、その継承と革新の更なる促進を図った。オンライン方式でフォーラムに参加した鍾氏は、中医薬が新型コロナの感染拡大防止に重要な役割を果たしたと指摘。今後も甘粛省(同省は中医薬産業の発展総合試験区に指定)と手を携え、新型コロナの感染防止を引き続き進めるとともに、公衆衛生システムの建設を推進し、中医薬やチベット族の伝統医薬「蔵薬」の突発性公衆衛生事件での対応メカニズムを整備していくとした。張氏も中医薬が新型コロナ感染患者の治療で明らかな優位性を示し、発病率や重症率、死亡率を効果的に低減させたほか、ウイルスの陰性化を促進したと説明。中国は新型コロナ感染患者を治療する新中医薬「宣肺敗毒顆粒」を開発したほか、金花清感顆粒や連花清瘟カプセルなどの感染症への有効性も確認しており、確かな治療効果とエビデンス(科学的根拠)が得られたと述べた。(記者/梁軍、郎兵兵)<映像内容>第3回中国(甘粛)中医薬産業博覧会の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月20日
    会見する合田悦三氏 「感染防止との両立を」

    札幌高裁長官に着任し、記者会見する合田悦三氏=20日午後、札幌市

    撮影: 20日午後、札幌市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月04日
    マスクを着けた裁判官ら マスクで変わる法廷審理

    新型コロナウイルス感染防止のため、マスクを着けた裁判官ら=6月、東京地裁

    撮影: 6月、東京地裁

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:15.87
    2020年06月25日
    関電、株主に金品問題説明 発覚後初の総会

    関西電力は25日、金品受領問題の発覚後初となる株主総会を開いた。問題の経緯を株主に説明。会長に招く榊原定征(さかきばら・さだゆき)前経団連会長ら取締役13人の選任や、会社の統治形態を社外取締役の権限が強い「指名委員会等設置会社」に移行するための議案の承認を得る。 関電が総会の招集通知に、社外取締役候補の佐々木茂夫(ささき・しげお)・元大阪高検検事長について金品問題を「事前には認識していなかった」と記載していた問題も明らかになっている。実際は、佐々木氏は関電が問題を把握した段階で弁護士として相談を受けていた。森本孝(もりもと・たかし)社長はこれについても経緯を説明する。 関電は新型コロナウイルス感染防止の観点から株主向けに総会の様子を初めてインターネット中継した。来場の自粛を呼び掛けた。 <映像内容> 関西電力の株主総会が行われた大阪市住之江区のATCホール周辺の雑観(株主らの入り、大阪市の代理人の河合弘之(かわい・ひろゆき)弁護士の囲み取材)など。一部、画像を処理しています、撮影日:2020(令和2)年6月25日、撮影場所:大阪市住之江区

    撮影: 2020(令和2)年6月25日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月04日
    集会参加者ら 香港、天安門の追悼強行

    香港のビクトリア公園での天安門事件追悼集会で、新型コロナウイルス感染防止のため距離を保って座る参加者ら=4日(共同)

    撮影: 4日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    裁判員席のアクリル板 東京で再開の裁判員裁判

    約3カ月ぶりに裁判員裁判が再開された東京地裁の法廷。新型コロナウイルス感染防止のため、裁判官や裁判員の席の間にアクリル板が置かれていた=2日(代表撮影)

    撮影: 2日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    再開した東京地裁の法廷 東京で再開の裁判員裁判

    約3カ月ぶりに裁判員裁判が再開された東京地裁の法廷。新型コロナウイルス感染防止のため、裁判官や裁判員の席の間にアクリル板が置かれていた=2日(代表撮影)

    撮影: 2日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月02日
    東京地裁の傍聴席 東京で再開の裁判員裁判

    裁判員裁判が再開された東京地裁の法廷。新型コロナウイルス感染防止のため、傍聴席には間隔を空けて座るように使用禁止の案内が貼られていた=2日(代表撮影)

    撮影: 2日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月25日
    裁判員裁判再開 コロナ感染防止に懸命

    飛沫感染防止のためアクリル板で仕切られた裁判官と裁判員の席=岡山地裁。新型コロナウイルスの影響で延期されていた岡山地裁の裁判員裁判が、26日から約2カ月ぶりに再開される。長時間にわたる審理や評議での感染リスクの懸念から選任手続きの出席率がさらに悪化する恐れもあり、地裁は法廷内に飛沫感染防止のアクリル板を設置したり、傍聴席の一部を使用禁止にしたりと対策に懸命だ。=2020(令和2)年5月25日、岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    対策なければ40万人死亡
  • 2020年04月15日
    記者会見する西浦教授ら 対策なければ40万人死亡

    新型コロナウイルスのクラスター感染防止策について、記者会見する北海道大・西浦博教授(中央)=15日午前、厚労省

  • 2020年04月15日
    記者会見する西浦教授 対策なければ40万人死亡

    新型コロナウイルスのクラスター感染防止策について、記者会見する北海道大・西浦博教授(中央)=15日午前、厚労省

  • 2020年04月15日
    記者会見の西浦氏 対策なければ40万人死亡

    新型コロナウイルスのクラスター感染防止策について、記者会見する北海道大・西浦博教授(左)=15日午前、厚労省

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:08.66
    2020年03月06日
    最高裁が感染防止 法廷傍聴席、半分に制限

    最高裁第2小法廷は6日に開いた民事訴訟の上告審判決の法廷で、傍聴人同士の間隔を1㍍程度空けて座ってもらうため、開放する一般傍聴席を半分に制限する措置を取った。新型コロナウイルス感染拡大防止のためで、最高裁ではこうした対応は過去に例がないという。小法廷の一般傍聴席は48席あるが、この日は1席ずつ間隔を空け、24席だけを開放した。実際の傍聴者は9人だった。<映像内容>東京都内の最高裁で公開された感染防止対策をした第2小法廷の様子、最高裁外観、撮影日:2020(令和2)年3月6日、撮影場所:東京都内の最高裁

    撮影: 2020(令和2)年3月6日

  • 1