KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 似顔絵公開
  • 顔写真掲載
  • 知らん顔
  • 似顔絵技術
  • 犯人似顔絵
  • 似顔絵作成
  • 似顔絵捜査
  • 容疑者似顔絵
  • 記者クラブ
  • 無罪判決

「顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 事件・事故・裁判
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,204
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,204
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:39.63
    2021年03月17日
    同性婚認めないのは違憲 札幌地裁、全国初判決

    国が同性婚を認めていないのは憲法に違反するとして、北海道に住む同性カップル3組が国に計600万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁は17日、法の下の平等を定めた憲法14条に違反し、違憲との初判断を示した。請求は棄却した。全国5地裁で争われている同種訴訟で判決は初めて。性的少数者の権利保護の意識が高まる中、同性婚の導入を巡る議論に影響しそうだ。 武部知子裁判長は判決理由で「同性カップルに婚姻によって生じる法的効果の一部すら与えないのは立法府の裁量権を超え、差別に当たる」と指摘した。同性婚を可能とする立法措置を国が怠ったかについては、社会情勢を踏まえ「国会が違憲性を直ちに認識することは容易ではなく、国家賠償法上、違法とは言えない」として原告側の主張を退けた。 原告は男性カップル2組と女性カップル1組で、いずれも2019年1月に婚姻届を提出したが、不適法として受理されず、同2月に提訴した。<映像内容>札幌地裁外観、入り、旗出し、囲み記者会見など。※原告の顔出し・名前が不可などの事情から、一部画像を加工しています、撮影日:2021(令和3)年3月17日、撮影場所:北海道札幌市

    撮影: 2021(令和3)年3月17日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    切り崩し難航、有罪へ壁

    弾劾裁判を巡る構図(似顔 中村剛)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月10日
    切り崩し難航、有罪へ壁

    弾劾裁判を巡る構図(似顔 中村剛)

  • 2021年02月07日
    やまぬ逆風、募る焦り

    菅政権が抱える不祥事(似顔 本間康司)

  • 2021年02月07日
    やまぬ逆風、募る焦り

    菅政権が抱える不祥事(似顔 本間康司)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月23日
    笑顔を見せる姉秀子さん 袴田さん姉「ありがたい」

    最高裁の決定を受け、笑顔で記者会見する袴田巌さんの姉秀子さん。裁判のやり直しを認めなかった東京高裁決定を取り消し、審理が差し戻されることになった=23日午後、静岡市

    撮影: 23日午後、静岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月05日
    笑顔の免田栄さん 免田栄さんが死去

    1983年7月、再審無罪判決を受け、支援者の握手攻めに笑顔の免田栄さん=熊本地裁八代支部

    撮影: 熊本地裁八代支部

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:01.32
    2020年11月30日
    旧優生保護法、2例目違憲 国賠請求は除斥期間で棄却

    旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強いられたのは憲法違反だとして、聴覚障害のある大阪府の80代男性、70代妻と知的障害のある近畿在住の女性(77)の計3人が国に計5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(林潤(はやし・じゅん)裁判長)は30日、旧法を違憲と判断した。違憲性を認めたのは仙台地裁判決に続き2例目となる。3人の賠償請求は、手術から提訴まで20年の「除斥期間」が経過し消滅したとして、いずれも棄却した。全国9地裁・支部で起こされた同種訴訟で3件目の判決。手術強制を巡っては昨年4月、被害者に一時金320万円を一律支給する救済法が施行された。<映像内容>大阪地裁の外観、原告らの入り(顔出し不可のため正面からは写っていません)、「不当判決」の旗出し、原告の夫婦と弁護士らによる記者会見(原告の夫婦の顔は写っていません)、手話通訳の様子など、撮影日:2020(令和2)年11月30日、撮影場所:大阪市北区

    撮影: 2020(令和2)年11月30日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月15日
    笑顔で垂れ幕を掲げる原告 日本郵便待遇格差は不合理

    日本郵便の待遇格差を巡る訴訟の上告審判決を受け、笑顔で垂れ幕を掲げる原告ら=15日午後、東京都千代田区の最高裁前

    撮影: 15日午後、東京都千代田区の最高裁前

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:23.67
    2020年10月13日
    原告や弁護団、怒りの声 最高裁、賞与・退職金で不合理認めず

    13日の2件の最高裁判決は、ボーナス(賞与)や退職金に関して非正規と正規労働者間の待遇差を不合理と認めず、格差解消を求める非正規労働者の訴えを退けた。「同一労働同一賃金」を掲げ格差是正を進める国の施策と逆行するような司法判断に、原告や弁護団は「時代の流れに反する判決だ」と憤った。判決後に大阪医科大でアルバイト職員だった原告女性と、東京メトロ子会社「メトロコマース」の元契約社員の原告女性がそれぞれ記者会見を行った。  <映像内容>判決後に行われた大阪医科大のアルバイト職員だった原告女性の記者会見の様子※原告女性の顔出しはできません。判決後に行われた東京メトロ子会社「メトロコマース」の元契約社員の原告、疋田節子(ひきた・せつこ)さん(右から2人目)らの記者会見の様子、撮影日:2020(令和2)年10月13日、撮影場所:東京都千代田区

    撮影: 2020(令和2)年10月13日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月30日
    笑顔の深谷さん 原告女性「やっと前に」

    東京電力福島第1原発事故の集団訴訟の控訴審判決を受け、笑顔で取材に応じる原告の深谷敬子さん=30日午後、仙台市

    撮影: 30日午後、仙台市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月08日
    女性の似顔絵 側溝の女性遺体殺人で捜査

    熊本県警が公開した女性の似顔絵

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:28.24
    2020年08月31日
    「新華社」あごの変形で暗い少女時代、社会の愛で笑顔取り戻した女性

    中国遼寧省葫蘆島(ころとう)市郊外の農村に暮らす女性(23)は12歳で顎(がく)変形症を発症し、顔が大きくゆがんでしまった。言葉もはっきり話せなくなり、学校では常にいじめの対象。絶望しかけていた女性を救ったのは、地元の有名な慈善家だった。外科手術で生まれ変わった女性は今、笑顔輝く毎日を送っている。先月30日、写真を取り直して新しい身分証明カードを手に入れた女性は、感慨深げにこう語った。「まるで違う人間になったみたい」。病気になってから10年余り、笑顔を見せることも他人と目を合わせることも避けてきた。つらい日々の中、16歳で母親をがんで亡くし、3年後には父親が交通事故で他界。度重なる試練に生きる希望をなくしかけたが、同居する祖父母のことを考え、何とか踏みとどまった。高校までは陰口をたたかれる毎日。それでも幼い頃からの教師になる夢をあきらめず、猛勉強の末に教員養成大学に進学した。大学では周囲に恵まれた。夢を応援してくれる教師や同級生に囲まれ「病気に負けず夢を追い続けよう」と決意を新たにした。だが、昨年夏の教員免許試験では、自らのコンプレックスが邪魔をして生徒役の面接官の顔を見ることさえできず、不合格となった。夏休みを利用して地元の農村に帰ると、宿題もせずに遊び回る子どもたちの姿が目に入った。両親とも出稼ぎに出ている「留守児童」たちだった。女性は自宅を開放して子どもたちに無償で勉強を教え始めた。生まれて初めて「先生」となった女性は、教えることに心血を注いだ。慈善家と初めて会ったのは昨年秋。外科手術が受けられる病院を探し、費用も全額負担してくれた。(記者/姜兆臣)<映像内容>顎変形症を発症し顔がゆがんでしまった女性、子どもたちに勉強を教える様子、手術の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月27日
    監視カメラ 顔認証、米国で法規制論

    米ラスベガスに設置されている監視カメラ(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    亡くなった方々

    京都アニメーション放火殺人事件 亡くなった方々の横顔・写真なし

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月16日
    亡くなった方々

    京都アニメーション放火殺人事件 亡くなった方々の横顔・写真なし

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月13日
    記者会見で笑顔の桃田賢斗 桃田、五輪へ再出発

    交通事故後初めてとなる記者会見で、笑顔を見せるバドミントン男子の桃田賢斗=3月、東京都新宿区

    撮影: 3月、東京都新宿区

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:00.85
    2020年07月02日
    職場で差別文書、賠償命令 在日韓国人女性勝訴、大阪

    パート社員として勤務する大阪府岸和田市の東証1部上場の不動産会社「フジ住宅」で、ヘイトスピーチに当たる民族差別的な文書を配布され精神的苦痛を受けたとして、在日韓国人の50代女性が同社と男性会長(74)に計3300万円を求めた訴訟の判決で、大阪地裁堺支部(中垣内健治(なかがいと・けんじ)裁判長)は2日、計110万円の支払いを命じた。 訴状などによると、女性は2002年から勤務。13年ごろから社内で業務とは無関係に、中国や韓国を非難する表現を丸印や波線で強調した書籍や雑誌が配布された他、それを読んだ社員の「中国、韓国の国民性は私も大嫌いです」「うそが蔓延(まんえん)している民族性」などとする感想文のコピーが毎日のように、会長名で全従業員に配られた。 <映像内容>大阪地裁堺支部の外観、原告側弁護団や支援者による大阪地裁堺支部への入り、原告側弁護団長の村田浩治弁護士や原告女性らの記者会見(原告の希望により原告の顔は映していません)、撮影日:2020(令和2)年7月2日、撮影場所:大阪府大阪市

    撮影: 2020(令和2)年7月2日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:03.25
    2020年06月08日
    8人追悼、学校の安全誓う 池田小事件19年で集い

    大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)で2001年に起きた校内児童殺傷事件から8日で19年となり、犠牲になった8人を追悼する「祈りと誓いの集い」が同小で開かれた。参加者は学校の安全や児童の命を守る取り組みに努めることを改めて誓った。  遺族や教職員、各学年の代表児童ら計約60人が参加し、事件が発生した午前10時10分すぎ、亡くなった8人の名前が刻まれた「祈りと誓いの塔」の鐘を鳴らし、約1分間黙とうをささげた。<映像内容>池田小の校門、各学年の代表児童の登校風景、「祈りと誓いの集い」のなかで黙とうや児童らによる献花、事件当時も同小に在籍し、今年4月に就任した真田巧校長(52)の追悼の辞、式典終了後の真田校長の囲みなど。※学校側の要望により、式典に参加した児童や遺族について顔を撮影していません。画像を一部加工しています。ご了解ください、撮影日:2020(令和2)年6月8日、撮影場所:大阪府池田市の大教大付属池田小

    撮影: 2020(令和2)年6月8日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:15.33
    2020年06月06日
    「新華社」あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(記者/孔令杭、鄭夢雨)<映像内容>あぜ道でシャッフルダンスを踊る様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、音楽に合わせて楽しそうに踊る彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、ダンスを踊る彭小英さん(左端)、范得多さん(左から2人目)と子どもたち。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、仕事後の気分転換に夫とダンスを踊るため、三輪トラックからスピーカーを取り出す彭小英さん(右)。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、自宅の庭でダンスのステップについて相談する彭小英さん(左)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、トウモロコシの苗に肥料をやる彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、農作業を終え、夫の范得多さん(左)の汗を拭く彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、あぜ道で自ら創作したダンスを踊る彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、ライブ配信でダンスを披露する彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、トウモロコシの苗に肥料をやる彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、自宅でライブ配信を行う彭小英さん(右)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、自宅の庭でトウモロコシの苞葉をむいて夕飯の支度をする彭小英さん(左)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、自宅前の空き地で自ら創作したダンスを踊る彭小英さん(左)と范得多さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月01日
    あぜ道で踊るシャッフルダンス浙江省

    1日、トウモロコシの苗に肥料をやる范得多さん(左)と彭小英さん。中国浙江省瑞安市馬嶼(ばしょ)鎮霞嶴(かおう)村で8ムー(約5300平方メートル)の田畑の手入れをしている范得多(はん・とくた)さん(50)と彭小英(ほう・しょうえい)さん(45)夫妻は、自ら創作したシャッフルダンスを一緒に踊るのが最大の楽しみだという。音楽が始まると、2人はあぜ道や家の前などどこにいてもすぐに踊り出す。夫の范さんは18年前の交通事故で負傷し、過度の恐怖でうつ病を患ったが、妻の誘いで4年前にダンスを始めると、症状が明らかに改善した。2人は現在、ショート動画共有アプリ「抖音(ドウイン)」で140万人余りのフォロワーを持っており、毎晩ライブ配信している笑顔いっぱいのダンスで、見る人の表情もほころばせている。(温州=新華社記者/鄭夢雨)=2020(令和2)年6月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月27日
    青葉容疑者乗せた車両 「早く手を差し伸べれば」

    2019年11月、大阪府の病院から京都市内の病院へ移送される青葉真司容疑者を乗せたドクターカー(左)=京都市(ナンバープレートを画像加工しています)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年05月20日
    傷つけられた慰安婦像 慰安婦像損壊容疑で男逮捕

    20日、顔の部分(中央)などが傷つけられた慰安婦問題を象徴する少女像=ソウル(共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月31日
    笑顔の西山さん 再審無罪「うれしく思う」

    再審で無罪となり、大津地裁前で花束を手に笑顔の西山美香さん=31日午後、大津市

    撮影: 31日午後、大津市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月31日
    弁護団長と西山さん 再審無罪「うれしく思う」

    記者会見を終え、井戸謙一弁護団長(右)と笑顔で握手する西山美香さん=31日午後、大津市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月11日
    笑顔の荒中氏 次期日弁連会長に荒氏

    次期日弁連会長に決まり、記者会見する仙台弁護士会の荒中氏=11日午後、東京・霞が関の弁護士会館

    撮影: 11日午後、東京・霞が関の弁護士会館

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年03月06日
    笑顔の桃田賢斗 桃田選手、支援に感謝

    交通事故後初めてとなる記者会見で、笑顔を浮かべ感謝の言葉を述べるバドミントン男子の桃田賢斗選手=6日午後、東京都新宿区

    撮影: 6日午後、東京都新宿区

  • 02:04.99
    2020年02月26日
    AIの手塚〝新作〟披露 「ぱいどん」、27日発売

    人工知能(AI)が手塚治虫の作品を学習し、物語の原案などを担った新作漫画「ぱいどん」が26日、東京の講談社で披露された。プロジェクトに参加した長男の真さんは「AIが漫画を描くなんて、まさに手塚作品のよう」と感想を語った。27日発売の漫画誌「モーニング」に掲載される。作品は2030年の東京でホームレスの哲学者「ぱいどん」が事件を解決する物語。AIが「ブラック・ジャック」などの手塚漫画を読み込んでシナリオ原案を作り、人間の脚本家が手を加えて仕上げた。登場人物の顔も、AIが手塚漫画のキャラクターを学習するなどしてデザインした。<映像内容>手塚治虫の長男真氏や漫画家ちばてつやさんらの記者会見の様子、マンガ原稿のブツ撮り、撮影日:2020(令和2)年2月26日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2020(令和2)年2月26日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年02月03日
    笑顔の西山さん 呼吸器外し、再審無罪へ

    再審初公判を終え、記者会見で笑顔を見せる元看護助手の西山美香さん=3日午後、大津市

    撮影: 3日午後、大津市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:03.52
    2020年02月03日
    呼吸器外し、再審無罪へ 西山さんの記者会見追加

    滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者=当時(72)=の人工呼吸器を外して殺害したとして殺人罪で懲役12年が確定、服役した元看護助手西山美香さん(40)の再審初公判が3日、大津地裁(大西直樹裁判長)で開かれた。罪状認否で西山さんは「患者を殺していない」と無罪を主張した。検察側は冒頭陳述で「被告が有罪との新たな立証はせず、確定審や再審での証拠に基づき、裁判所に適切な判断を求める」と主張。求刑放棄や無罪論告をするかどうかには言及しなかったが、事実上の立証断念で、無罪はほぼ確実となった。再審公判は10日に弁護側の最終弁論などを経て結審し、判決は3月31日の予定。閉廷後の記者会見では、緊張が解けた様子で、笑顔も浮かべた。<映像内容>大津市の大津地裁の外観、西山さんの大津地裁への入り、閉廷後の記者会見の様子、井戸謙一弁護団長の話など、撮影日:2020(令和2)年2月3日、撮影場所:滋賀県大津市

    撮影: 2020(令和2)年2月3日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:02.42
    2020年01月31日
    沢尻被告、初公判 傍聴券並びと被告入り

    自宅マンションで合成麻薬MDMAなどを所持したとして、麻薬取締法違反の罪に問われた女優の沢尻エリカ被告(33)の初公判が31日午後、東京地裁で開かれる。約20の傍聴席に対して希望者が多数見込まれ、地裁は整理券を日比谷公園で交付し、抽選する。<映像内容>傍聴券を求める人の列など日比谷公園の雑観、傍聴券希望者のインタビューなど。裁判所外観、沢尻被告を乗せた車の裁判所入り。顔は写っていません。また別カメラで撮った車の入り。撮影日:2020(令和2)年1月31日、撮影場所:東京都千代田区・日比谷公園

    撮影: 2020(令和2)年1月31日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年01月08日
    笑顔を見せるゴーン被告 ゴーン被告、潔白主張へ

    逃亡先のベイルートで開いた記者会見で笑顔を見せるカルロス・ゴーン被告=8日(ロイター=共同)

    撮影: 8日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月18日
    笑顔の伊藤詩織さん 元TBS記者に賠償命令

    性暴力被害を巡る訴訟の判決後、「勝訴」と書かれた紙を手に笑顔の伊藤詩織さん=18日午前、東京地裁前

    撮影: 18日午前、東京地裁前

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月11日
    顔を覆う警察官 米東部で発砲、4人死亡

    10日、発砲事件の現場で、顔を手で覆う警察官=米ニュージャージー州ジャージーシティー(ゲッティ=共同)

    撮影: 米ニュージャージー州ジャージーシティー

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:34.02
    2019年12月09日
    中村さん、遺族と帰郷 福岡空港に到着

    アフガニスタン東部で殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師中村哲さんの遺体が9日朝、遺族と共に福岡空港に到着した。中村さんは福岡県大牟田市に自宅がある。同会によると、11日に福岡市の斎場で告別式が執り行われる予定。福岡空港ではペシャワール会関係者らが出迎えた。九州在住のアフガン人らも花や中村さんの顔写真を手に集まり、貢献に謝意を示した。<映像内容>遺体を迎えに来た九州在住のアフガニスタン人ら、メッセージ、インタビュー、遺体を載せた日航機の到着、村上優会長の記者会見、撮影日:2019(令和元)年12月9日、撮影場所:福岡県福岡市 福岡空港

    撮影: 2019(令和元)年12月9日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月04日
    パラ卓球・別所キミヱ 志を胸に大舞台へ

    練習が始まると別所キミヱの朗らかな笑顔が一変した。「年齢は関係ない」。鋭いまなざしでボールを打ち返す。45歳から卓球を始め、パラリンピックに4大会連続出場したベテランだ。2018年、交通事故に遭う不運に見舞われた。現在も通院しながら「負けたくない」とラケットを握る。「一戦一戦が勝負の年になる。全力で戦っていく」

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月12日
    顔を覆う男性 「軽い罪で終わらせない」

    記者会見を終え、両手で顔を覆う男性。東京・池袋の暴走事故で妻の松永真菜さんと長女莉子ちゃんを亡くした=12日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

    撮影: 12日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月08日
    通学路に立つ漆山さん 子どもの「笑顔見たくて」

    殺害された女児が通っていた新潟市立小の通学路に立つ漆山昭三さん=8日、新潟市

    撮影: 8日、新潟市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月08日
    通学路に立つ漆山さん 子どもの「笑顔見たくて」

    殺害された女児が通っていた新潟市立小の通学路に立つ漆山昭三さん=8日、新潟市

    撮影: 8日、新潟市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月07日
    受け子の顔覚えました

    見当たり捜査による特殊詐欺摘発の流れ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年11月07日
    受け子の顔覚えました

    見当たり捜査による特殊詐欺摘発の流れ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月24日
    NTTコミュニケーションズのタクミ・アイズ

    NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、後ろ姿のみ映っている防犯カメラの映像でも人物を特定して追跡できるシステム「タクミ・アイズ」を開発した。人工知能(AI)で最大100台の防犯カメラ映像の顔照合と全身照合を即時に分析。途中で変装や着替えをされても追跡を続行できる。大型商業施設やオフィスビル、駅や空港など2024年度までに50社への導入を見込む。価格は個別見積もり。個人特定や着替えへの対応に強いパナソニックの顔照合技術と、後ろ姿や不鮮明画像での人物特定に強いNTT研究所の全身照合技術を組み合わせた。導入済みの監視カメラシステムと接続可能。20年4月に都内の商業施設が本格運用する。来訪を検知したい人物のリストを事前登録すれば、店舗入り口に来場した窃盗犯を顔照合技術で自動検知して通報。顔照合と全身照合で店舗内を移動する窃盗犯を複数の防犯カメラをまたいでリアルタイム追跡できる。また、迷子になった子どもの顔画像がなくても「10分前にゲームセンターにいた」という保護者の報告を基に、過去検索で10分前のゲームセンターにいた人物の一覧を瞬時に表示。その際の子どもの顔画像と全身画像を使ってリアルタイム追跡を開始し、迅速な発見につなげられる。保護者がスマートフォンに保存した子どもの写真を使った追跡も可能だ。NTTコムが行った実証実験では、目視による映像監視で特定人物を発見できた割合が17%だった場所で、タクミ・アイズを使えば発見率が82%に上昇した。映像確認作業も自動化されるため、警備員が映像確認に要する時間も4分の1に削減できた。追跡リポート出力機能を使えば報告書作成も効率化できる。今後、転倒した人物や車いす利用者、視覚障がい者などを自動検知し、係員が迅速に支援できる機能の搭載も検討する。=2019(令和元)年10月24日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月24日
    現場調べる捜査員ら 失った笑顔、消えぬ怒り

    猪野詩織さんが刺殺された現場を調べる埼玉県警の捜査員ら=1999年10月、埼玉県桶川市

    撮影: 1999年10月、埼玉県桶川市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月23日
    笑顔を見せる西山さん 調書など350点開示請求

    呼吸器外し事件で再審無罪の公算が大きくなり、笑顔を見せる西山美香さん=23日、大津市

    撮影: 23日、大津市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月23日
    会見前に笑顔の西山さん 元看護助手、再審無罪へ

    記者会見を前に笑顔を見せる西山美香さん(左)。右は井戸謙一弁護団長=23日午前、大津市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が開いた記者会見の会場。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月21日
    香港警察、最近の暴動事件でさらに68人を逮捕

    21日、香港警察が記者会見で公開した、各所で破壊や放火を行う暴徒の画像。中国の香港警察は21日、18日から20日にかけて違法集会への参加や違法集会時の顔を覆う物品使用、破壊活動などの容疑で、合計68人を逮捕したと発表した。また19、20両日の暴動で警察官4人が負傷したことを明らかにした。(香港=新華社記者/盧漢欣)=2019(令和元)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月18日
    笑顔のりんごちゃん りんごちゃんが防犯訴え

    警視庁の防犯イベントに駆け付けた物まねタレントの「りんごちゃん」(前列左から2人目)=18日午後、東京都杉並区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月07日
    裁判所を後にする人 覆面禁止で起訴の2人保釈

    支援者に顔を隠されながら、「覆面禁止法」違反の審理手続きが行われた裁判所を後にする人=7日、香港(共同)

    撮影: 7日、香港

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月03日
    顔を隠すデモ参加者 香港、銃撃の高校生起訴

    覆面姿で顔を隠すデモ参加者=9月、香港(共同)

    撮影: 9月、香港

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月18日
    記者会見した白木弁護士 原告女性「救われる思い」

    記者会見で笑顔を見せる白木麗弥弁護士(左)=18日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

  • 2019年09月13日
    マスク着用、顔隠したか

    東京・豊島区池袋の遺体発見現場

  • 2019年09月13日
    マスク着用、顔隠したか

    東京・豊島区池袋の遺体発見現場

  • 2019年09月13日
    マスク着用、顔隠したか

    東京・豊島区池袋の遺体発見現場

  • 2019年09月13日
    マスク着用、顔隠したか

    東京・豊島区池袋の遺体発見現場

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月12日
    現場検証する警察官 顔から出血、男性死亡

    死亡した男性が発見された雑居ビルの階段で現場検証する警察官=12日午後、川崎市川崎区

    撮影: 12日午後、川崎市川崎区

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:52.84
    2019年09月11日
    殺人罪で二審も懲役16年 堺あおり運転死、41歳男

    堺市で昨年7月、乗用車であおり運転した後に追突し、バイクの男子大学生を死亡させたとして殺人罪に問われた中村精寛被告(41)の控訴審判決で大阪高裁(樋口裕晃裁判長)は11日、懲役16年とした一審大阪地裁堺支部の裁判員裁判判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。<映像内容>裁判所の外観、亡くなった高田さんの遺族の記者会見、撮影日:2019(令和元)年9月11日、撮影場所:大阪市内 ※遺族の会見は、向かって左から叔父の高田忠弘さん、母親、妹の3人が参加し、遺族の希望で3人の顔は撮影していません。母親と妹は匿名です。

    撮影: 2019(令和元)年9月11日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:10.37
    2019年07月16日
    小5刺殺、二審も懲役16年 26歳男、和歌山

    和歌山県紀の川市で2015年、小学5年の男児を刺殺したとして殺人罪などに問われた中村桜洲(なかむら・おうしゅう)被告(26)の控訴審判決で、大阪高裁は16日、一審判決を破棄し、完全責任能力を認めた上で、改めて一審と同じ懲役16年を言い渡した。 〈映像内容〉殺害された男児の父親と弁護士の記者会見。父親は、顔と名前の非公表を望んでいるため、顔は撮影していません。撮影日:2019(令和元)年7月16日、撮影場所:大阪市

    撮影: 2019(令和元)年7月16日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月12日
    笑顔の原告団長ら 家族補償へ法整備検討

    記者会見後、笑顔を見せるハンセン病家族訴訟の原告団長の林力さん(中央)ら。左は弁護団の徳田靖之共同代表=12日午後、国会

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月12日
    垂れ幕手にする原告ら 家族補償へ法整備検討

    記者会見を終え、笑顔で「勝訴確定」の垂れ幕を持つハンセン病家族訴訟原告の(左から)原田信子さん、副団長の黄光男さん、団長の林力さん、奥晴海さん=12日午後、国会

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月12日
    垂れ幕を持つ原告団長ら 家族補償へ法整備検討

    記者会見を終え、笑顔で「勝訴確定」の垂れ幕を持つハンセン病家族訴訟原告の(左から)原田信子さん、副団長の黄光男さん、団長の林力さん、奥晴海さん=12日午後、国会

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月12日
    握手を交わす原告団長ら 家族補償へ法整備検討

    記者会見を終え、笑顔で握手を交わすハンセン病家族訴訟原告団長の林力さん(右端)ら。奥右は弁護団の徳田靖之共同代表=12日午後、国会

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月12日
    抱き合い笑顔の原告団長ら 家族補償へ法整備検討

    記者会見後、笑顔を見せるハンセン病家族訴訟の原告団長の林力さん(中央)ら。左は弁護団の徳田靖之共同代表=12日午後、国会

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月10日
    記者会見する石丸初美さん 住民落胆「司法知らん顔」

    福岡高裁が九州電力玄海原発3、4号機の運転差し止め申し立てを退け、記者会見する申立人代表の石丸初美さん=10日午後、福岡市

    撮影: 10日午後、福岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月10日
    申立人代表の石丸初美さん 住民落胆「司法知らん顔」

    福岡高裁が九州電力玄海原発3、4号機の運転差し止め申し立てを退け、記者会見する申立人代表の石丸初美さん(右)=10日午後、福岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月10日
    記者会見する原告団 住民落胆「司法知らん顔」

    福岡高裁が九州電力玄海原発3、4号機の運転差し止め申し立てを退け、記者会見する申立人代表の石丸初美さん(中央)ら=10日午後、福岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月10日
    記者会見する冠木克彦団長 住民落胆「司法知らん顔」

    福岡高裁が九州電力玄海原発3、4号機の運転差し止め申し立てを退け、記者会見する弁護団の冠木克彦団長=10日午後、福岡市

    撮影: 10日午後、福岡市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年07月10日
    取材に応じる申立人代表ら 住民落胆「司法知らん顔」

    九州電力玄海原発3、4号機の運転差し止め申し立てを退けた福岡高裁の前で、記者団の取材に応じる弁護団の冠木克彦団長(右)と申立人代表の石丸初美さん=10日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月29日
    泣きだす女性 川崎の児童殺傷事件

    児童らが殺傷された現場付近で、赤ちゃんを抱えながら顔を手で覆い泣きだす女性=29日午後、川崎市多摩区

    撮影: 29日午後、川崎市多摩区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月27日
    笑顔の桜井昌司さん 布川事件、国に賠償命令

    国家賠償を命じる判決を受け、記者会見で笑顔を見せる桜井昌司さん=27日午後、東京都千代田区

    撮影: 27日午後、東京都千代田区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月21日
    にらむイリオモテヤマネコ 暗闇に光るヤマネコの瞳

    夜明け前、まだ暗い森の中から現れた国の特別天然記念物イリオモテヤマネコ。一瞬、センサーを付けたカメラの方をにらむような表情を見せ、特徴的な丸い耳や顔の隈取り模様がくっきりと捉えられた。西表島にだけ100匹ほどが生息するとされ、島の陸上生態系の頂点に立つ。国は2020年に鹿児島・奄美大島などとともに島の世界自然遺産登録を目指す。一方、いっこうに減らないヤマネコの交通事故など観光客増に対応した喫緊の保護対策が求められる=12日未明、沖縄県竹富町

    撮影: 12日未明、沖縄県竹富町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月21日
    森のイリオモテヤマネコ 暗闇に光るヤマネコの瞳

    夜明け前、まだ暗い森の中から現れた国の特別天然記念物イリオモテヤマネコ。特徴的な丸い耳や隈取りのような顔の模様をセンサーを付けたカメラがくっきりと捉えた。西表島にだけ100匹ほどが生息するとされ、島の陸上生態系の頂点に立つ。国は2020年に鹿児島・奄美大島などとともに島の世界自然遺産登録を目指す。一方、いっこうに減らないヤマネコの交通事故など観光客増に対応した喫緊の保護対策が求められる=12日未明、沖縄県竹富町

    撮影: 12日未明、沖縄県竹富町

  • 2019年05月20日
    チラシ配るメンバー 不明16年、情報呼び掛け

    吉川友梨さんが行方不明になった事件で、情報提供を求め顔写真入りのチラシを配る支援団体のメンバー=20日午後、大阪・難波

    撮影: 20日午後、大阪・難波

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月08日
    記者会見する若松園長 「笑顔絶やさない子たち」

    園児らの事故を受け、記者会見する「レイモンド淡海保育園」の若松ひろみ園長=8日午後、大津市

    撮影: 8日午後、大津市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月08日
    事故で開かれた記者会見 「笑顔絶やさない子たち」

    園児らの事故を受け、記者会見する社会福祉法人檸檬会の関係者=8日午後、大津市

    撮影: 8日午後、大津市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年05月08日
    記者会見の若松ひろみ園長 「笑顔絶やさない子たち」

    園児らの事故を受け、記者会見する「レイモンド淡海保育園」の若松ひろみ園長(左から2人目)ら=8日午後、大津市

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...