KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 日産リーフ
  • 日産自動車
  • 電気自動車
  • ウイルス研究所
  • ウォルフスブルク
  • デトロイト
  • ドイツ北部
  • フォルクスワーゲン
  • マイナス
  • 中国武漢

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
67,647
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
67,647
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    現行のリーフ 日産リーフ累計50万台に

    日産自動車の電気自動車「リーフ」の現行モデル

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    初代リーフ 日産リーフ累計50万台に

    日産自動車が2010年に発売した電気自動車「リーフ」の初代モデル

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    フォルクスワーゲンの工場 欧州新車7年ぶりマイナス

    ドイツ北部ウォルフスブルクのフォルクスワーゲンの工場で、マスクを着けて作業する人=2020年4月(ロイター=共同)

    撮影: 2020年4月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    自動運転車 MS、GMの自動運転出資

    米GM本社に展示された自動運転車=2019年、米デトロイト(共同)

    撮影: 2019年、米デトロイト

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (3)甘粛省の病院、肺手術に3Dプリンター技術を応用

    14日、3Dプリンター技術と手術ナビゲーションシステムを組み合わせた病変位置測定。中国甘粛省の蘭州大学第一医院は16日、同医院の胸部外科が3Dプリンター技術を応用した手術用ナビゲーションシステムと術中CTを組み合わせ、肺病変の正確な位置確定を実現し、肺小結節や肺がんの治療に役立てていると明らかにした。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (1)中国、移動体通信衛星「天通1号03」打ち上げ

    中国は20日午前0時25分(日本時間同1時25分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで移動体通信衛星「天通1号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。今年初めての打ち上げで、幸先の良いスタートを切った。(西昌=新華社配信/郭文彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (9)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、検体検査を行うエアドームで、核酸サンプルを見る検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (11)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、核酸抽出を行うエアドームで、トランシーバーを使い外部のスタッフと連絡を取る検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (2)貴陽市、ビッグデータ産業で三つのクラスター構築へ貴州省

    ビッグデータ企業が集まる貴陽市ハイテク産業開発区の一角。(資料写真)中国貴州省貴陽市はビッグデータ産業の発展をめぐり、データセンター集積エリア、電子情報製造、ソフトウエア・情報技術(IT)サービスからなる三つの産業クラスターを構築する。各クラスターともに1千億元(1元=約16円)規模になる。同市がこのほど開いたビッグデータ産業の発展に関する記者会見で分かった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (3)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、「火眼実験室」に入る前に防護服を整える検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (5)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、バーコードスキャンと検体採取を行うエアドームで、全自動分注処理システムを操作して検体採取作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (10)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、バーコードスキャンと検体採取を行うエアドームで、全自動分注処理システムを操作して検体採取作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (4)貴陽市、ビッグデータ産業で三つのクラスター構築へ貴州省

    貴陽市のビッグデータ大手、満帮集団の本社。(資料写真)中国貴州省貴陽市はビッグデータ産業の発展をめぐり、データセンター集積エリア、電子情報製造、ソフトウエア・情報技術(IT)サービスからなる三つの産業クラスターを構築する。各クラスターともに1千億元(1元=約16円)規模になる。同市がこのほど開いたビッグデータ産業の発展に関する記者会見で分かった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (5)街中で活躍するボランティア消毒隊黒竜江省綏化市

    18日、綏化市北林区の中興東大街で、消毒・殺菌作業を行う「消殺隊」のメンバー。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、新型コロナウイルスの現在の感染波が確認されて以降、ボランティア25人からなる消毒・殺菌チームが、同市北林区の検疫検問所や集合住宅、基層行政区域などで一般的な消毒・殺菌作業を担当している。「消殺隊」と名付けられたチームのメンバーはいずれも専門的な訓練を受けた綏化緊急救援隊の隊員で、必要に応じて出動し、地域の感染症対策を支援している。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (4)甘粛省の病院、肺手術に3Dプリンター技術を応用

    14日、3Dプリンター技術と手術ナビゲーションシステムを組み合わせた病変位置測定。中国甘粛省の蘭州大学第一医院は16日、同医院の胸部外科が3Dプリンター技術を応用した手術用ナビゲーションシステムと術中CTを組み合わせ、肺病変の正確な位置確定を実現し、肺小結節や肺がんの治療に役立てていると明らかにした。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.34
    2021年01月20日
    「新華社」長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。 =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (6)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、バーコードスキャンと検体採取を行うエアドームで、全自動分注処理システムを操作して検体採取作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (2)中国、移動体通信衛星「天通1号03」打ち上げ

    中国は20日午前0時25分(日本時間同1時25分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで移動体通信衛星「天通1号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。今年初めての打ち上げで、幸先の良いスタートを切った。(西昌=新華社配信/郭文彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (3)中国、移動体通信衛星「天通1号03」打ち上げ

    中国は20日午前0時25分(日本時間同1時25分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで移動体通信衛星「天通1号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。今年初めての打ち上げで、幸先の良いスタートを切った。(西昌=新華社配信/郭文彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (4)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、同僚の防護服に「河北加油!(河北がんばれ)」と書く検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (7)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、核酸抽出を行うエアドームで、全自動核酸抽出精製機を操作して核酸抽出作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (1)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、石家荘市の「火眼実験室」。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (2)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、石家荘市の「火眼実験室」。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (8)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、検体検査を行うエアドームで、機器を操作して検体検査作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (1)貴陽市、ビッグデータ産業で三つのクラスター構築へ貴州省

    貴陽市貴安新区にある騰訊(テンセント)貴安七星データセンターの内部。(資料写真)中国貴州省貴陽市はビッグデータ産業の発展をめぐり、データセンター集積エリア、電子情報製造、ソフトウエア・情報技術(IT)サービスからなる三つの産業クラスターを構築する。各クラスターともに1千億元(1元=約16円)規模になる。同市がこのほど開いたビッグデータ産業の発展に関する記者会見で分かった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (3)貴陽市、ビッグデータ産業で三つのクラスター構築へ貴州省

    インダクタメーカー、貴陽順絡迅達電子のスマート工場。(資料写真)中国貴州省貴陽市はビッグデータ産業の発展をめぐり、データセンター集積エリア、電子情報製造、ソフトウエア・情報技術(IT)サービスからなる三つの産業クラスターを構築する。各クラスターともに1千億元(1元=約16円)規模になる。同市がこのほど開いたビッグデータ産業の発展に関する記者会見で分かった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.37
    2021年01月20日
    「新華社」10万トン級の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」が出航

    中国天津市の天津港保税区の企業、海洋石油工程が独自に開発、建造した中国初の深海半潜水式の生産・貯油プラットフォーム「深海1号」エネルギーステーションがこのほど、大型タグボート3隻にえい航されて天津を出航した。2月に海南島南東の海南省陵水リー族自治県海域に到着する。現地で石油・天然ガス生産設備を設置した後に、中国が独自に運用する初の1500メートル深海大型ガス田「陵水17-2」の開発に投入される。同ステーションは超大型で、総重量は5万トンを超える。最大投影面積はサッカー場2面分、高さ120メートルは40階建てビル、満載排水量11万トンは中型空母3隻分にそれぞれ相当する。構造は上部モジュールと船体の二つに分かれている。最大2万立方メートル近くの貯油タンクを備え、コンデンセート油の生産・貯蔵・輸送機能の一体化を実現している。陵水海域での設備設置と調整は4カ月余りを予定しており、6月には稼働条件が整う。「陵水17-2」が生産を開始すると、海上天然ガスパイプライン網を経由し、広東省や香港、海南省などに毎年30億立方メートルの深海天然ガスを供給することができる。その量は粤港澳大湾区(広東・香港・マカオビッグベイエリア)の生活ガス需要の4分の1に相当する。(記者/李帥) =配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (2)甘粛省の病院、肺手術に3Dプリンター技術を応用

    14日、3Dプリンター技術と手術ナビゲーションシステムを組み合わせた病変位置測定。中国甘粛省の蘭州大学第一医院は16日、同医院の胸部外科が3Dプリンター技術を応用した手術用ナビゲーションシステムと術中CTを組み合わせ、肺病変の正確な位置確定を実現し、肺小結節や肺がんの治療に役立てていると明らかにした。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    (7)街中で活躍するボランティア消毒隊黒竜江省綏化市

    18日、車内で出発を待つ「消殺隊」のメンバー。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、新型コロナウイルスの現在の感染波が確認されて以降、ボランティア25人からなる消毒・殺菌チームが、同市北林区の検疫検問所や集合住宅、基層行政区域などで一般的な消毒・殺菌作業を担当している。「消殺隊」と名付けられたチームのメンバーはいずれも専門的な訓練を受けた綏化緊急救援隊の隊員で、必要に応じて出動し、地域の感染症対策を支援している。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    会見する脇田所長ら 市中感染か、監視強化へ

    静岡で見つかった新型コロナウイルス変異種について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長(右)ら=18日、厚労省

  • 2021年01月19日
    武漢のウイルス研究所 国家のエゴ、人類窮地に影

    中国科学院武漢ウイルス研究所=14日、中国・武漢(共同)

    撮影: 14日、中国・武漢

  • 2021年01月19日
    人工衛星スマート生産ライン、試運転開始湖北省武漢市

    人工衛星スマート生産ライン内部の様子。(資料写真)中国航天科工集団第二研究院傘下の航天科工空間工程発展は15日、湖北省武漢市に建設していた人工衛星を量産するスマート生産ラインがこのほど完成し、試運転を開始したと明らかにした。この生産ラインは年間240機以上の小型衛星を生産できる。(武漢=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.65
    2021年01月19日
    「新華社」5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(記者/宋為偉) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)人工衛星スマート生産ライン、試運転開始湖北省武漢市

    人工衛星スマート生産ライン内部の様子。(資料写真)中国航天科工集団第二研究院傘下の航天科工空間工程発展は15日、湖北省武漢市に建設していた人工衛星を量産するスマート生産ラインがこのほど完成し、試運転を開始したと明らかにした。この生産ラインは年間240機以上の小型衛星を生産できる。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (13)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、完成した製品を運ぶロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、完成した製品を運ぶロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、ロボットが完成させた製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を製造するロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のスマートシティIoT(モノのインターネット)国家重点実験室展覧館を見学するマカオの青年。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (12)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県にある5Gスマート衛生陶器工場の5G自動化倉庫エリア。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、完成した製品を運ぶロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進み、川岸に上陸する水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省長沙市の橘子洲風景区を走る水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)米国の新型コロナ感染者、2400万人超に

    18日、ニューヨークの墓地。後方に同市の人気観光スポット、マンハッタンスカイラインが見える。米ジョンズ・ホプキンス大学が18日に発表した新型コロナウイルス感染症に関する最新データによると、米国の感染者は累計で2400万人を超えた。米国東部標準時(EST)18日午後2時21分(日本時間19日午前4時21分)の時点で、同国の累計感染者数は2401万8793人、死亡者数は39万8307人となった。(ニューヨーク=新華社配信/マイケル・ネーグル)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を製造するロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (10)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県にある5Gスマート衛生陶器工場の5Gクラウド製造モニタリングセンター。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)人工衛星スマート生産ライン、試運転開始湖北省武漢市

    人工衛星スマート生産ライン内部の様子。(資料写真)中国航天科工集団第二研究院傘下の航天科工空間工程発展は15日、湖北省武漢市に建設していた人工衛星を量産するスマート生産ラインがこのほど完成し、試運転を開始したと明らかにした。この生産ラインは年間240機以上の小型衛星を生産できる。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (1)米国の新型コロナ感染者、2400万人超に

    18日、ワシントンで、大統領就任式の準備作業をするマスク姿のスタッフ。米ジョンズ・ホプキンス大学が18日に発表した新型コロナウイルス感染症に関する最新データによると、米国の感染者は累計で2400万人を超えた。米国東部標準時(EST)18日午後2時21分(日本時間19日午前4時21分)の時点で、同国の累計感染者数は2401万8793人、死亡者数は39万8307人となった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    会見する脇田隆字所長ら 変異ウイルス国内で感染

    変異種の新型コロナウイルス感染について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長(右)ら=18日午後8時57分、厚労省

  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    会見する脇田所長ら 変異ウイルス国内で感染

    変異種の新型コロナウイルス感染について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長(右)ら=18日午後8時46分、厚労省

  • 2021年01月18日
    会見する脇田所長ら 変異ウイルス国内で感染

    変異種の新型コロナウイルス感染について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長(右)ら=18日午後8時33分、厚労省

  • 2021年01月18日
    記者会見する脇田隆字所長 変異ウイルス国内で感染

    変異種の新型コロナウイルス感染について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長=18日午後8時43分、厚労省

    撮影: 18日午後8時43分、厚労省

  • 2021年01月18日
    オンライン会見の津田教授 残る燃料で小惑星二つ観測

    日本記者クラブのオンライン記者会見に出席したJAXAの津田雄一教授=18日

    撮影: 18日

  • 2021年01月18日
    Opposition party whip meets gender equality minister Opposition party whip meets gender equality minister

    Opposition party whip meets gender equality minister Joo Ho-young (L), floor leader of the main opposition People Power Party, poses for a photo with new Gender Equality and Family Minister Chung Young-ai during their meeting at the National Assembly in Seoul on Jan. 18, 2021. (Yonhap)/2021-01-18 15:53:07/<Copyright ⓒ 1980-2021 YONHAPNEWS AGENCY. All rights reserved.>=クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

    撮影: クレジット:Yonhap News Agency/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    設置されたパネル 廃校のプールで太陽光発電

    廃校のプールに設置された太陽光パネル=18日午前、鹿児島県南さつま市

  • 2021年01月18日
    テープカットの関係者 廃校のプールで太陽光発電

    廃校のプールに設置された太陽光パネルの前でテープカットする関係者=18日午前、鹿児島県南さつま市

    撮影: 18日午前、鹿児島県南さつま市

  • 2021年01月18日
    太陽光発電のプール 廃校のプールで太陽光発電

    廃校のプールに設置された太陽光パネル=18日午前、鹿児島県南さつま市

  • 2021年01月18日
    (3)ブラジル、中国製コロナワクチンの接種開始

    17日、中国製ワクチン「コロナバック」の接種準備をするサンパウロ大学臨床病院の医療関係者。ブラジル国家衛生監督局は17日、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が開発した新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」(CoronaVac)の緊急使用を承認したことを明らかにした。同国第1陣の接種対象者が同日、中国製ワクチンの接種を受けた。(サンパウロ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)ブラジル、中国製コロナワクチンの接種開始

    17日、サンパウロ大学臨床病院に保管された中国製ワクチン「コロナバック」。ブラジル国家衛生監督局は17日、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が開発した新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」(CoronaVac)の緊急使用を承認したことを明らかにした。同国第1陣の接種対象者が同日、中国製ワクチンの接種を受けた。(サンパウロ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (5)米国の新型コロナ感染者、2400万人超に

    18日、ニューヨークで、病院の救急病棟に向かう人。米ジョンズ・ホプキンス大学が18日に発表した新型コロナウイルス感染症に関する最新データによると、米国の感染者は累計で2400万人を超えた。米国東部標準時(EST)18日午後2時21分(日本時間19日午前4時21分)の時点で、同国の累計感染者数は2401万8793人、死亡者数は39万8307人となった。(ニューヨーク=新華社配信/マイケル・ネーグル)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)=配信日:2021(令和3)年1月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)米国の新型コロナ感染者、2400万人超に

    18日、ワシントンで、国会議事堂付近を歩くマスク姿の人たち。米ジョンズ・ホプキンス大学が18日に発表した新型コロナウイルス感染症に関する最新データによると、米国の感染者は累計で2400万人を超えた。米国東部標準時(EST)18日午後2時21分(日本時間19日午前4時21分)の時点で、同国の累計感染者数は2401万8793人、死亡者数は39万8307人となった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (3)米国の新型コロナ感染者、2400万人超に

    18日、ニューヨークの墓地。中央後方に同市の人気観光スポット、マンハッタンスカイラインが見える。米ジョンズ・ホプキンス大学が18日に発表した新型コロナウイルス感染症に関する最新データによると、米国の感染者は累計で2400万人を超えた。米国東部標準時(EST)18日午後2時21分(日本時間19日午前4時21分)の時点で、同国の累計感染者数は2401万8793人、死亡者数は39万8307人となった。(ニューヨーク=新華社配信/マイケル・ネーグル)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)ブラジル、中国製コロナワクチンの接種開始

    17日、ブラジル初の接種対象者としてサンパウロ大学臨床病院で中国製ワクチン「コロナバック」を接種するモニカ・カラザンスさん。ブラジル国家衛生監督局は17日、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が開発した新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」(CoronaVac)の緊急使用を承認したことを明らかにした。同国第1陣の接種対象者が同日、中国製ワクチンの接種を受けた。(サンパウロ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.35
    2021年01月18日
    「新華社」【パンダフル】散歩も運動の一種

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、1頭のパンダがダイエットを始めた。散歩をしながらトレーニングの方法を考えていたら、すっかり疲労困憊。トレーニングは始まる前に終わってしまった。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.71
    2021年01月18日
    「新華社」西安五輪体育センター、世界陸連の「クラス1」認証を取得

    中国陝西省西安市にある西安五輪体育センターのメイン競技場とウォーミングアップ場がこのほど、中国北西部で初めて、国際陸上競技連盟(世界陸連)が規定する国際規格「クラス1」の認証を取得した。トラックとフィールドのすべての施設が、世界陸連競技規則の技術要件を満たした。これにより、同センターで五輪や世界陸上競技選手権大会、アジア陸上競技選手権大会といった世界クラスの大会の開催が可能になる。同センターのメインスタジアムは2017年10月9日に着工し、20年6月23日に正式に竣工した。メインスタジアムは建築面積15万2千平方メートル、地上5階建て。国際標準のトラック(400メートル)とサッカー場を備えている。(記者/李華、姚友明) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)ブラジル、中国製コロナワクチンの接種開始

    17日、ブラジル初の接種対象者としてサンパウロ大学臨床病院で中国製ワクチン「コロナバック」を接種するモニカ・カラザンスさん。ブラジル国家衛生監督局は17日、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が開発した新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」(CoronaVac)の緊急使用を承認したことを明らかにした。同国第1陣の接種対象者が同日、中国製ワクチンの接種を受けた。(サンパウロ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (6)米国の新型コロナ感染者、2400万人超に

    18日、ニューヨークで、遺体を一時的に保管する冷蔵トラックの横を歩く女性。米ジョンズ・ホプキンス大学が18日に発表した新型コロナウイルス感染症に関する最新データによると、米国の感染者は累計で2400万人を超えた。米国東部標準時(EST)18日午後2時21分(日本時間19日午前4時21分)の時点で、同国の累計感染者数は2401万8793人、死亡者数は39万8307人となった。 (ニューヨーク=新華社配信/マイケル・ネーグル)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    レース大会のパネル 上海でミニ四駆レース大会

    「ミニ四駆」のレース大会のパネル=17日、中国・上海の日本総領事館(共同)

  • 2021年01月17日
    埼玉県の結婚支援センター 新技術に期待、効果実感も

    埼玉県の結婚支援センターでAIを活用したマッチングシステムの画面を見る職員(手前)=2020年12月、さいたま市

  • 2021年01月17日
    政府、AI婚活支援強化

    AI婚活のイメージ

  • 2021年01月17日
    政府、AI婚活支援強化

    AI婚活のイメージ

  • 2021年01月17日
    政府、AI婚活支援強化

    AI婚活のイメージ

  • 2021年01月17日
    政府、AI婚活支援強化

    AI婚活のイメージ

  • 2021年01月17日
    画面を見る職員 新技術に期待、効果実感も

    AIを使ったマッチングシステムの画面を見る埼玉県結婚支援センターの職員=2020年12月、さいたま市

    撮影: 2020年12月、さいたま市

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...