KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • レゴブロック
  • 点字ブロック
  • ブロック教材
  • ブロック玩具
  • 侵入ブロック
  • サミット
  • デジタル中国
  • デジタル経済
  • 中国建設
  • 中国福建省

「ブロック」の写真・映像

絞り込み
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
72
( 1 72 件を表示)
  • 1
72
( 1 72 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月27日
    (1)デジタル中国建設サミットで最新技術を体感福建省福州市

    25日、5G技術を用いたVR(仮想現実)エアロバイクを体験する来場者。本物のサーキットでレースをしているかのような感覚が体験できる。中国福建省福州市で25日、第4回デジタル中国建設サミットが開幕し、第5世代移動通信システム(5G)、ブロックチェーン(分散型台帳)、人工知能(AI)、ビッグデータなど一連の新技術や新製品が発表された。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月27日
    (2)デジタル中国建設サミットで最新技術を体感福建省福州市

    25日、中国通信機器大手、中興通訊(ZTE)のブースで、クラウドプラットフォームによるリアルタイム被写体抽出技術を体験する来場者。画像を合成すると、3人の自分があいさつを交わす姿が映し出される。中国福建省福州市で25日、第4回デジタル中国建設サミットが開幕し、第5世代移動通信システム(5G)、ブロックチェーン(分散型台帳)、人工知能(AI)、ビッグデータなど一連の新技術や新製品が発表された。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月27日
    (3)デジタル中国建設サミットで最新技術を体感福建省福州市

    25日、デジタル中国建設サミットの成果展覧会で、有人の自律型航空機を体験する来場者。中国福建省福州市で25日、第4回デジタル中国建設サミットが開幕し、第5世代移動通信システム(5G)、ブロックチェーン(分散型台帳)、人工知能(AI)、ビッグデータなど一連の新技術や新製品が発表された。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月27日
    (5)デジタル中国建設サミットで最新技術を体感福建省福州市

    25日、デジタル中国建設サミットの成果展覧会で展示された無人操縦の自動積載航空機。中国福建省福州市で25日、第4回デジタル中国建設サミットが開幕し、第5世代移動通信システム(5G)、ブロックチェーン(分散型台帳)、人工知能(AI)、ビッグデータなど一連の新技術や新製品が発表された。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月27日
    (4)デジタル中国建設サミットで最新技術を体感福建省福州市

    25日、デジタル中国建設サミットの成果展覧会で、光学レンズメーカーの福建福光(RICOM)が展示したレンズ。中国福建省福州市で25日、第4回デジタル中国建設サミットが開幕し、第5世代移動通信システム(5G)、ブロックチェーン(分散型台帳)、人工知能(AI)、ビッグデータなど一連の新技術や新製品が発表された。(福州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(令和3)年4月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (9)都市空間の美化を目指す、「街並み夢工場」を訪ねて山東省

    5日、濰坊市寒亭区の長松科技園にある「街並み夢工場」で、作業に励む従業員。中国山東省濰坊(いぼう)市寒亭区の長松科技園にある8万5千平方メートルの「街並み夢工場」では、毎年市街区やナイトマーケット向けに、数百種の移動販売車(キッチンカー)などを製造している。同工場はスマート製造とインダストリアルインターネットの技術を利用して、移動販売車の設計、開発、製造を行い、都市空間の美化と市街区の商業的価値を向上させてきた。同市と浙江省杭州市、広東省広州市、イタリア・トリノの4都市に「設計院」を設立し、エジプト・カイロとトリノには海外工場も立ち上げた。同社はこれまで、300都市の繁華街やナイトマーケットでサービスを提供。製品を世界40以上の国と地域で販売し、約10万人の雇用を生み出してきた。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (3)都市空間の美化を目指す、「街並み夢工場」を訪ねて山東省

    5日、濰坊市寒亭区の長松科技園にある「街並み夢工場」の総合展示場で、移動販売車を体験する人たち。中国山東省濰坊(いぼう)市寒亭区の長松科技園にある8万5千平方メートルの「街並み夢工場」では、毎年市街区やナイトマーケット向けに、数百種の移動販売車(キッチンカー)などを製造している。同工場はスマート製造とインダストリアルインターネットの技術を利用して、移動販売車の設計、開発、製造を行い、都市空間の美化と市街区の商業的価値を向上させてきた。同市と浙江省杭州市、広東省広州市、イタリア・トリノの4都市に「設計院」を設立し、エジプト・カイロとトリノには海外工場も立ち上げた。同社はこれまで、300都市の繁華街やナイトマーケットでサービスを提供。製品を世界40以上の国と地域で販売し、約10万人の雇用を生み出してきた。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (7)都市空間の美化を目指す、「街並み夢工場」を訪ねて山東省

    5日、濰坊市寒亭区の長松科技園にある「街並み夢工場」で、作業に励む従業員。中国山東省濰坊(いぼう)市寒亭区の長松科技園にある8万5千平方メートルの「街並み夢工場」では、毎年市街区やナイトマーケット向けに、数百種の移動販売車(キッチンカー)などを製造している。同工場はスマート製造とインダストリアルインターネットの技術を利用して、移動販売車の設計、開発、製造を行い、都市空間の美化と市街区の商業的価値を向上させてきた。同市と浙江省杭州市、広東省広州市、イタリア・トリノの4都市に「設計院」を設立し、エジプト・カイロとトリノには海外工場も立ち上げた。同社はこれまで、300都市の繁華街やナイトマーケットでサービスを提供。製品を世界40以上の国と地域で販売し、約10万人の雇用を生み出してきた。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (6)都市空間の美化を目指す、「街並み夢工場」を訪ねて山東省

    5日、濰坊市寒亭区の長松科技園にある「街並み夢工場」で、作業に励む従業員。中国山東省濰坊(いぼう)市寒亭区の長松科技園にある8万5千平方メートルの「街並み夢工場」では、毎年市街区やナイトマーケット向けに、数百種の移動販売車(キッチンカー)などを製造している。同工場はスマート製造とインダストリアルインターネットの技術を利用して、移動販売車の設計、開発、製造を行い、都市空間の美化と市街区の商業的価値を向上させてきた。同市と浙江省杭州市、広東省広州市、イタリア・トリノの4都市に「設計院」を設立し、エジプト・カイロとトリノには海外工場も立ち上げた。同社はこれまで、300都市の繁華街やナイトマーケットでサービスを提供。製品を世界40以上の国と地域で販売し、約10万人の雇用を生み出してきた。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (8)都市空間の美化を目指す、「街並み夢工場」を訪ねて山東省

    5日、濰坊市寒亭区の長松科技園にある「街並み夢工場」で、作業に励む従業員。中国山東省濰坊(いぼう)市寒亭区の長松科技園にある8万5千平方メートルの「街並み夢工場」では、毎年市街区やナイトマーケット向けに、数百種の移動販売車(キッチンカー)などを製造している。同工場はスマート製造とインダストリアルインターネットの技術を利用して、移動販売車の設計、開発、製造を行い、都市空間の美化と市街区の商業的価値を向上させてきた。同市と浙江省杭州市、広東省広州市、イタリア・トリノの4都市に「設計院」を設立し、エジプト・カイロとトリノには海外工場も立ち上げた。同社はこれまで、300都市の繁華街やナイトマーケットでサービスを提供。製品を世界40以上の国と地域で販売し、約10万人の雇用を生み出してきた。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (4)都市空間の美化を目指す、「街並み夢工場」を訪ねて山東省

    5日、濰坊市寒亭区の長松科技園にある「街並み夢工場」で、作業に励む従業員。中国山東省濰坊(いぼう)市寒亭区の長松科技園にある8万5千平方メートルの「街並み夢工場」では、毎年市街区やナイトマーケット向けに、数百種の移動販売車(キッチンカー)などを製造している。同工場はスマート製造とインダストリアルインターネットの技術を利用して、移動販売車の設計、開発、製造を行い、都市空間の美化と市街区の商業的価値を向上させてきた。同市と浙江省杭州市、広東省広州市、イタリア・トリノの4都市に「設計院」を設立し、エジプト・カイロとトリノには海外工場も立ち上げた。同社はこれまで、300都市の繁華街やナイトマーケットでサービスを提供。製品を世界40以上の国と地域で販売し、約10万人の雇用を生み出してきた。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (2)都市空間の美化を目指す、「街並み夢工場」を訪ねて山東省

    5日、濰坊市寒亭区の長松科技園にある「街並み夢工場」の総合展示場を訪れた人たち。中国山東省濰坊(いぼう)市寒亭区の長松科技園にある8万5千平方メートルの「街並み夢工場」では、毎年市街区やナイトマーケット向けに、数百種の移動販売車(キッチンカー)などを製造している。同工場はスマート製造とインダストリアルインターネットの技術を利用して、移動販売車の設計、開発、製造を行い、都市空間の美化と市街区の商業的価値を向上させてきた。同市と浙江省杭州市、広東省広州市、イタリア・トリノの4都市に「設計院」を設立し、エジプト・カイロとトリノには海外工場も立ち上げた。同社はこれまで、300都市の繁華街やナイトマーケットでサービスを提供。製品を世界40以上の国と地域で販売し、約10万人の雇用を生み出してきた。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (1)都市空間の美化を目指す、「街並み夢工場」を訪ねて山東省

    5日、濰坊市寒亭区の長松科技園にある「街並み夢工場」の総合展示場を訪れた人。中国山東省濰坊(いぼう)市寒亭区の長松科技園にある8万5千平方メートルの「街並み夢工場」では、毎年市街区やナイトマーケット向けに、数百種の移動販売車(キッチンカー)などを製造している。同工場はスマート製造とインダストリアルインターネットの技術を利用して、移動販売車の設計、開発、製造を行い、都市空間の美化と市街区の商業的価値を向上させてきた。同市と浙江省杭州市、広東省広州市、イタリア・トリノの4都市に「設計院」を設立し、エジプト・カイロとトリノには海外工場も立ち上げた。同社はこれまで、300都市の繁華街やナイトマーケットでサービスを提供。製品を世界40以上の国と地域で販売し、約10万人の雇用を生み出してきた。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月07日
    (5)都市空間の美化を目指す、「街並み夢工場」を訪ねて山東省

    5日、濰坊市寒亭区の長松科技園にある「街並み夢工場」で、移動販売車の状態をチェックする従業員。中国山東省濰坊(いぼう)市寒亭区の長松科技園にある8万5千平方メートルの「街並み夢工場」では、毎年市街区やナイトマーケット向けに、数百種の移動販売車(キッチンカー)などを製造している。同工場はスマート製造とインダストリアルインターネットの技術を利用して、移動販売車の設計、開発、製造を行い、都市空間の美化と市街区の商業的価値を向上させてきた。同市と浙江省杭州市、広東省広州市、イタリア・トリノの4都市に「設計院」を設立し、エジプト・カイロとトリノには海外工場も立ち上げた。同社はこれまで、300都市の繁華街やナイトマーケットでサービスを提供。製品を世界40以上の国と地域で販売し、約10万人の雇用を生み出してきた。(濰坊=新華社記者/郭緒雷)= 配信日: 2021(令和3)年4月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (3)テンセント、蘇州市と戦略的提携デジタル経済拠点を構築へ

    8日、サミット会場で行われた騰訊(蘇州)デジタル産業基地のプレート除幕式。中国の江蘇省蘇州市人民政府とIT大手の騰訊控股(テンセント)はこのほど、蘇州のデジタル経済促進に向けた拠点の構築などで、戦略的提携を結んだ。優れたブロックチェーン企業を結び付ける「デジタル産業インキュベーションセンター」など、4拠点を共同で立ち上げる。両者は同市高新区で開かれた「テンセント・グローバル・デジタル・エコシステム・サミット(全球数字生態大会)」で調印式を行った。拠点はこのほか、都市のデジタルツインを促す「デジタル都市科学イノベーションセンター」、人工知能(AI)を従来型産業に活用する「AI産業応用センター」、蘇州の文化に触れる観光を推進する「新文化観光産業発展センター」を予定している。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)テンセント、蘇州市と戦略的提携デジタル経済拠点を構築へ

    8日、サミット会場で講演するテンセントグループの鍾翔平(しょう・しょうへい)副総裁。中国の江蘇省蘇州市人民政府とIT大手の騰訊控股(テンセント)はこのほど、蘇州のデジタル経済促進に向けた拠点の構築などで、戦略的提携を結んだ。優れたブロックチェーン企業を結び付ける「デジタル産業インキュベーションセンター」など、4拠点を共同で立ち上げる。両者は同市高新区で開かれた「テンセント・グローバル・デジタル・エコシステム・サミット(全球数字生態大会)」で調印式を行った。拠点はこのほか、都市のデジタルツインを促す「デジタル都市科学イノベーションセンター」、人工知能(AI)を従来型産業に活用する「AI産業応用センター」、蘇州の文化に触れる観光を推進する「新文化観光産業発展センター」を予定している。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (1)テンセント、蘇州市と戦略的提携デジタル経済拠点を構築へ

    8日、蘇州市人民政府とテンセントの調印式。中国の江蘇省蘇州市人民政府とIT大手の騰訊控股(テンセント)はこのほど、蘇州のデジタル経済促進に向けた拠点の構築などで、戦略的提携を結んだ。優れたブロックチェーン企業を結び付ける「デジタル産業インキュベーションセンター」など、4拠点を共同で立ち上げる。両者は同市高新区で開かれた「テンセント・グローバル・デジタル・エコシステム・サミット(全球数字生態大会)」で調印式を行った。拠点はこのほか、都市のデジタルツインを促す「デジタル都市科学イノベーションセンター」、人工知能(AI)を従来型産業に活用する「AI産業応用センター」、蘇州の文化に触れる観光を推進する「新文化観光産業発展センター」を予定している。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.37
    2021年01月12日
    「新華社」ビッグデータを活用、建材業界のスマート化を推進貴州省

    中国の建材業界では、ビッグデータを活用したスマート化による構造転換が進んでいる。貴州省貴陽市のコンクリートメーカー貴州興達興建材では、独自に開発したコンクリート業界専用の高性能ビッグデータプラットフォーム「砼智造」を活用している。このプラットフォームでは、生産や輸送、施工などの生産活動で絶えず変化する情報を無数に取り付けたセンサーから自動で取得し、クラウド上でスマートプロセスのパケットを生成して、生産ラインに接続することができる。建材業界と言えばこれまで「ほこりまみれ」「乱雑に山積みされた原材料」といったイメージが一般的だったが、同社はビッグデータを業界に融合させることで、こうした負のイメージを払拭(ふっしょく)。建材の生産や輸送、使用など産業チェーン全体における従来の低効率、品質の不安定といった問題を改善した。次の段階では、このプラットフォームにブロックチェーン技術を適用して、データをより完全かつ正確に追跡できるようにし、プラットフォーム上で管理者、生産者、関係各機能部門のより正確な管理や意思決定を実現していく。(記者/楊焱彬、陳嫱) =配信日: 2021(令和3)年1月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    清水輝大さん ブロック組んで簡単ロボ

    オンラインで、ブロック教材について説明する「ソニー・グローバルエデュケーション」の清水輝大さん

  • 2020年12月20日
    (1)中国の遠洋科学調査船「科学号」、マリアナ海溝での調査進む

    採取した海水のサンプルを回収する科学観測隊員。(資料写真)中国科学院海洋研究所はこのほど、遠洋総合科学調査船「科学号」がマリアナ海溝で科学調査を実施し、火山岩や超深海水塊のサンプルなどを採取したと明らかにした。(青島=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (3)中国の遠洋科学調査船「科学号」、マリアナ海溝での調査進む

    海底火山岩のサンプルを確認する科学観測隊員。(資料写真)中国科学院海洋研究所はこのほど、遠洋総合科学調査船「科学号」がマリアナ海溝で科学調査を実施し、火山岩や超深海水塊のサンプルなどを採取したと明らかにした。(青島=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (2)中国の遠洋科学調査船「科学号」、マリアナ海溝での調査進む

    グラブ式サンプラーを使って、海底のサンプルを採取する科学観測隊員。(資料写真)中国科学院海洋研究所はこのほど、遠洋総合科学調査船「科学号」がマリアナ海溝で科学調査を実施し、火山岩や超深海水塊のサンプルなどを採取したと明らかにした。(青島=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:55.10
    2020年11月24日
    「新華社」世界インターネット大会・発展フォーラム閉幕浙江省烏鎮

    中国浙江省桐郷市烏鎮で開かれていた世界インターネット大会・インターネット発展フォーラムが24日、2日間の日程を終えて閉幕した。デジタル経済や科学技術を活用した感染症対策、「一帯一路」参加国によるサイバースペースの国際協力などが重要議題として取り上げられた。会期中は、世界のインターネット分野をリードする科学技術成果として、中国科学院微生物研究所やセキュリティーソフト大手の三六零安全科技、ロシアのサイバーセキュリティー企業カスペルスキーなどから15件が選出されたほか、2020年版の「世界インターネット発展報告」と「中国インターネット発展報告」青書が発表された。報告によると、中国の19年のデジタル経済規模は35兆8千億元(1元=約16円)で、国内総生産(GDP)の36・2%を占めた。デジタル経済の規模と成長速度は世界の上位に入る。「インターネットの光」博覧会も同時に開かれ、中国のネットサービス大手、騰訊控股(テンセント)や電子商取引(EC)大手のアリババグループ、通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など130社・機関が出展。人工知能(AI)やクラウドコンピューティング、ビッグデータ、ブロックチェーン、第5世代移動通信システム(5G)などの最先端の技術や製品、実用例が紹介された。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>世界インターネット大会・インターネット発展フォーラムの様子、撮影日:2020(令和2)年11月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:27.74
    2020年11月22日
    「新華社」「インターネットの光」博覧会、烏鎮で開幕浙江省

    中国浙江省桐郷市烏鎮で22日、2020世界インターネット大会「インターネットの光」博覧会が開幕した。人工知能(AI)、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、ブロックチェーン、第5世代移動通信システム(5G)などの分野で、デジタル新技術、新成果、新製品、新応用を軸に製品展示や技術交流を行い、デジタル経済産業の協力交流を実現する重要な窓口となっている。会場には電子商取引(EC)のアリババグループや通信機器の華為技術(ファーウェイ)、ネットサービスの騰訊控股(テンセント)、検索サイトの百度(バイドゥ)など130の有名企業や機関が出展し、最新・最先端テクノロジーの成果を紹介している。会期は24日まで。<映像内容>2020世界インターネット大会「インターネットの光」博覧会の様子、撮影日:2020(令和2)年11月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月18日
    コロナの細胞侵入ブロック

    新開発のタンパク質の機能

  • 00:33.56
    2020年11月17日
    「新華社」手作業からロボットへ、歴史ある磚茶生産に新たなスタイル湖北省赤壁市

    三国志で有名な中国湖北省赤壁市にある湖北省趙李橋茶廠の自動化された工場内では、電動式の全自動磚茶成型生産ラインが効率良く稼働している。2台の中型「ロボット」が、重さ70キロの磚茶成型用の型を2本のベルトコンベア上で整然と運ぶ。ロボットは型を運ぶ動作を1分間に10回行うことができ、24時間連続して作業できる。老青茶を原料としてブロック状に蒸し固めた同市の青磚茶は、生産の歴史が古く、唐代から始まって明・清代に最盛期を迎えた。長年にわたり、手作業での製茶が主流だったが、今では一部企業の磚茶成型自動化工場で、全自動の磚茶成型生産ラインが導入されている。現在、同市の青磚茶の年間売上高は12億元(1元=約16円)、全産業チェーンの生産高は47億元に達しており、同省の重要な成長産業クラスターとなっている。(記者/梁建強)<映像内容>全自動磚茶成型生産ラインの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.73
    2020年11月15日
    「新華社」第22回中国国際ハイテク成果交易会閉幕、45万人余りが来場

    中国広東省深圳市で開催されていた第22回中国国際ハイテク成果交易会が15日、閉幕した。国内外3300余りの業者が出展し、人工知能(AI)、スマート製造、スマート運転、第5世代移動通信(5G)実用化、8K超高精細映像、ブロックチェーン技術、ビッグデータ、クラウドコンピューティングなどの分野にわたる9千点余りのハイテク製品が展示された。また、760の投資機関、400近い国内外の科学研究機関、大学、イノベーションセンターが出展。交易会開催期間中に356のプロジェクトがマッチング商談活動を実施し、プロジェクト側と資金側に迅速なマッチングの場を提供した。集計によると、45万1千人が交易会に来場し、各ブース1日平均171人の業界関係者に対応した。(記者/霍思穎、李思佳、王瑞平)<映像内容>第22回中国国際ハイテク成果交易会の様子、撮影日:2020(令和2)年11月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月07日
    【輸入博】一般消費財エリアで質の高い生活を体験

    7日、一般消費財エリアでレゴの展示ブースを見学する来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会は、9万平方メートルに上る一般消費財エリアにさまざまなテクノロジーを駆使しトレンドを反映した製品が集まり、素晴らしい生活への期待を形にすることで来場者の注目を集めている。(上海=新華社記者/丁汀)=2020(令和2)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月18日
    第3回上海市青少年AIイノベーションコンテスト開催

    18日、上海市青少年AIイノベーションコンテストで、ブロックを組み立てる女の子。中国上海市で17、18両日、同市が主催する第3回上海市青少年人工知能(AI)イノベーションコンテストが開催され、3千人余りの青少年が参加した。(上海=新華社記者/劉穎)=2020(令和2)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展に展示されたネット出前・生活関連サービス大手の美団点評のシェアリング電気自転車。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展会場で、新大陸科技集団が展示する食品安全迅速検査システムを体験する来場者。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展で車両編成可変型動車組(動力分散式列車)の模型を見学する観客。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展で車両編成可変型動車組(動力分散式列車)の模型を見学する観客。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展に展示されたハイテク自動車ガラスディスプレー技術。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展に展示されたデジタル応用コックピット。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展に展示された宅配企業大手の中通快逓の小型無人機。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展でホログラムと拡張現実(AR)技術を体験する来場者。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    第3回デジタル中国建設サミット、多くの成果残し閉幕福建省福州市

    14日、デジタル中国成果展の会場。中国福建省福州市で開かれていた「第3回デジタル中国建設サミット」が14日、閉幕した。12日からの会期中に、デジタル経済関連事業426件、投資総額3316億元(1元=約16円)の契約が調印された。事業は先端分野の人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネット、ブロックチェーンなどの分野にわたり、デジタル産業化、産業デジタル化を力強く後押しすると見込まれる。同時に開催されたデジタル中国成果展には200以上の有名企業が出展、最新のデジタル技術と成果の応用、デジタル化、ネットワーク化、スマート化発展の最新の動向が展示された。初公開の新技術、新製品の割合は50%を上回った。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットのメインフォーラムでスピーチする中国工程院院士、北京理工大学学長の張軍(ちょう・ぐん)氏。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットのメインフォーラムでスピーチする中国IT大手、騰訊控股(テンセント)の奚丹(けい・たん)高級副総裁。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:00.00
    2020年10月12日
    「新華社」第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(記者/陳旺、郭圻)<映像内容>第3回デジタル中国建設サミットの様子、撮影日:2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、デジタル中国建設成果展示会の会場。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、デジタル中国建設成果展示会の会場に展示された中国宅配大手、韵達控股の宅配用無人機。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、デジタル中国建設成果展示会の会場に展示された中国のゲーム開発会社、網竜網絡のスマートロボット。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットのメインフォーラムでスピーチする中国ネット検索最大手、百度(バイドゥ)の李彦宏(り・げんこう)最高経営責任者(CEO)。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットの開幕式で、ビデオ映像であいさつする鍾南山(しょう・なんざん)氏。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月12日
    第3回デジタル中国建設サミット開幕福建省福州市

    12日、第3回デジタル中国建設サミットのメインフォーラムの会場、福州市の海峡国際カンファレンス・アンド・エキシビション・センター。第3回デジタル中国建設サミットが12日、中国福建省福州市で開幕した。会期は14日まで。今回のサミットでは、「イノベーション主導型のデジタル変革、知能がリードするハイレベルな発展」をテーマとするメインフォーラムおよびデジタル政府、デジタル経済、ブロックチェーンと金融テクノロジー、デジタルエコロジーなどをテーマとする12のサブフォーラムが開催される。(福州=新華社記者/魏培全)=2020(令和2)年10月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月07日
    浜崎雄三さん スマホ音声で複雑な駅案内

    スマートフォンの専用アプリで点字ブロックのQRコードを読み取りながら歩く全盲の浜崎雄三さん=9月3日、JR新神戸駅

    撮影: 9月3日、JR新神戸駅

  • 00:40.16
    2020年09月11日
    「新華社」武漢東湖に「水中の森」出現湖北省

    中国湖北省武漢市にある東湖の付属湖、郭鄭湖の鵝咀(がそ)と呼ばれる場所でこのところ、水中の森が市民の注目を集めている。東湖では4月より、水域生態修復プロジェクトが正式に開始された。ごみ処理や区画を分ける囲いの設置、沈水性植物の植え付け、水生動物の放流などの措置を通じ、植物を中心とした水域生態系を再構築することで環境改善を進めている。モデル区内ではここ数カ月、担当者が水生植物の生育や水質、湖底の状況などに対する追跡モニタリングを行っている。8月の中間評価報告によると、モデル区の生態系は安定傾向を示しており、水中の森も予想以上に順調に育っている。(記者/廖君、熊琦)<映像内容>武漢市の東湖の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月03日
    JR西日本の視覚障害者向けナビゲーションシステム「shikAI」

    JR西日本は3日、山陽新幹線の新神戸駅で、視覚障害者向けナビゲーションシステム「shikAI(シカイ)=写真」の実証実験を報道陣に公開した。被験者が点字ブロック上の2次元コードをスマートフォンの専用アプリケーション(応用ソフト)で読み取り、目的地を登録。アプリが音声で誘導。直進距離や階段の段数などの情報提供し、視覚障害者の移動をサポートする。被験者として参加した神戸市在住の濵﨑雄三さんは「初めての場所でも通常と同じ速度で歩くことができた」と評価した。JR西日本は2023年春に開業するうめきた(大阪)地下駅への導入を検討する。=2020(令和2)年9月3日、JR西日本の新神戸駅構内

  • 2020年08月28日
    北京市、住環境改善のため緑地化推進

    8月28日、北京市海淀区の中関村西区精品街区公園で談笑する市民。中国北京市はここ数年、緑地の開発と拡張を進め、市民の住環境の改善を図っている。同市の都市部と郊外には現在、約1050カ所の公園があり、人口1人当たりの公共緑地面積は2020年末までに16・5平方メートルになると見込まれる。(北京=新華社記者/陳鍾昊)=2020(令和2)年8月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:40.38
    2020年08月10日
    「新華社」「ブラックテクノロジー」で杭州アジア競技大会をスマート化

    「スマートアジア競技大会」として期待される杭州アジア競技大会の重点項目ソリューションがこのほど、発表された。スマートコマンド、スマートセキュリティ、スマートライフなど10分野にわたる30のソリューションは、「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を利用してアジア競技大会のスマート化を目指す。今回選出された30のソリューションはスマートコマンド、スマートセキュリティー、スマートライフ、スマートパフォーマンス、スマート会場、スマート言語サービス、スマートモビリティー、スマート観戦、革新的技術の応用展示の合計10分野にわたり、ビッグデータ、人工知能(AI)、仮想現実(VR)、モノのインターネット(IoT)、ブロックチェーンなどの先端技術を広く応用する。科学技術により競技の運営効率を高め、選手や観客、観光客に優れたサービスを提供し、競技の見せ方や伝え方を多様化させて、インタラクティブ型や没入型の観戦体験を生み出すことを目的としている。「スマートアジア競技大会」の重点項目ソリューションの募集は2019年9月25日に正式にスタートし、多くのハイテク企業、大学、科学研究機関から合計187の提案が集まった。アジア競技大会組織委員会と関係専門家による複数回の審議を経て選出された30のソリューションは、大会の企画運営の各分野で段階的に運用されるという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>杭州アジア競技大会の重点項目ソリューションの発表、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月03日
    貴州省の企業が開発のブロックチェーン技術、国際標準に採用

    3日、国際電気通信連合の電気通信標準化部門第16研究委員会が開いた遠隔会議の様子。中国貴州省市場監督管理局は15日、省内の情報技術(IT)関連企業、貴州榛杏(しんきょう)科技が主導して開発したブロックチェーンの国際標準規格「分散型台帳技術全体技術要件(F.DLT)」が、国際電気通信連合(ITU)電気通信標準化部門の第16研究委員会(SG16)で国際標準として承認されたと明らかにした。同省企業が開発したブロックチェーン技術が国際標準になるのは初めて。(ジュネーブ=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月03日
    貴州省の企業が開発のブロックチェーン技術、国際標準に採用

    3日、国際電気通信連合の電気通信標準化部門第16研究委員会が開いた遠隔会議の様子。中国貴州省市場監督管理局は15日、省内の情報技術(IT)関連企業、貴州榛杏(しんきょう)科技が主導して開発したブロックチェーンの国際標準規格「分散型台帳技術全体技術要件(F.DLT)」が、国際電気通信連合(ITU)電気通信標準化部門の第16研究委員会(SG16)で国際標準として承認されたと明らかにした。同省企業が開発したブロックチェーン技術が国際標準になるのは初めて。(ジュネーブ=新華社配信)=2020(令和2)年7月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月22日
    浪潮集団、茅台集団と戦略協力協定デジタル化管理で提携

    22日、浪潮集団と茅台集団の戦略協力協定調印式。中国サーバー大手の浪潮集団(インスパー)は22日、貴州省遵義市で、白酒製造大手の貴州茅台集団と戦略協力協定を締結した。クラウドコンピューティングやビッグデータ、人工知能(AI)、産業インターネット、第5世代移動通信システム(5G)、ブロックチェーンなどで協力し、茅台集団のデジタル化管理システム構築を支援する。(遵義=新華社配信)=2020(令和2)年6月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:54.10
    2020年06月12日
    「新華社」雲岡石窟の3Dレプリカ、浙江大学で初公開

    中国浙江省杭州市の浙江大学で12日、山西省にある世界遺産「雲岡石窟」の洞窟の一つを3Dプリンターで再現したレプリカの組み立てが完成した。3Dプリンターによる移動可能な原寸大の洞窟レプリカは世界で初めてだという。高精度デジタル技術と3Dプリント技術で制作された同レプリカは、「音楽窟」とも呼ばれる雲岡石窟第12窟の前殿後室を再現。洞窟の形状や精巧で美しい彫像はもちろん、長い年月で風化した細かな傷までが正確に表現されている。雲岡石窟の「音楽窟」の深さは14メートルで、幅11メートル、高さ9メートル。5世紀に開削され、内部には天空の伎楽や中国内外の楽器が彫刻されている。中国最古の「宮廷交響楽団」といわれており、中国の音楽・舞踊史において重要な位置を占める。浙江大学文化遺産研究院と雲岡石窟研究院の共同プロジェクトチームは、2016年からデータの収集と処理、構造設計、パーツのプリントや着色などの作業を進め、数々の技術的な問題を克服してきた。洞窟のデジタルデータの精度は0・03ミリで、完成したレプリカの誤差は2ミリ未満、色彩再現度は95%以上となっている。同レプリカは、2メートル平方のブロック110個を6層に分けて積み上げている。ブロックは軽量素材で作られており総重量は約2トン。標準コンテナ8台に積載し輸送することができ、組み立てには1週間を要する。杭州で完成披露展示会を行った後、世界各地で巡回展を行うという。(記者/朱涵、李濤)<映像内容>雲岡石窟の3Dレプリカが公開、撮影日:2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    ネットの人気者、江蘇省昆山市のピラミッド風マンション

    16日、江蘇省昆山市のピラミッド風マンション。中国江蘇省昆山市の花橋経済開発区内に外観がピラミッドによく似たマンションがある。2013年の完成後、瞬く間に注目を集め、今でもインターネット上で話題に上る。開発区の中心部にあるマンション、オフィスビル、商業施設が一体化した大規模複合施設「遊站未来城」にそびえ立ち、レゴブロックを積み上げたような三角形の外観が特徴的。日本人デザイナーによる設計だという。(昆山=新華社記者/劉巍巍)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    ネットの人気者、江蘇省昆山市のピラミッド風マンション

    16日、江蘇省昆山市のピラミッド風マンション。1階部分は店舗になっている。中国江蘇省崑山市の花橋経済開発区内に外観がピラミッドによく似たマンションがある。2013年の完成後、瞬く間に注目を集め、今でもインターネット上で話題に上る。開発区の中心部にあるマンション、オフィスビル、商業施設が一体化した大規模複合施設「遊站未来城」にそびえ立ち、レゴブロックを積み上げたような三角形の外観が特徴的。日本人デザイナーによる設計だという。(昆山=新華社記者/劉巍巍)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    ネットの人気者、江蘇省昆山市のピラミッド風マンション

    16日、江蘇省昆山市のピラミッド風マンション。今からでも入居可能だという。中国江蘇省昆山市の花橋経済開発区内に外観がピラミッドによく似たマンションがある。2013年の完成後、瞬く間に注目を集め、今でもインターネット上で話題に上る。開発区の中心部にあるマンション、オフィスビル、商業施設が一体化した大規模複合施設「遊站未来城」にそびえ立ち、レゴブロックを積み上げたような三角形の外観が特徴的。日本人デザイナーによる設計だという。(昆山=新華社記者/劉巍巍)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月16日
    ネットの人気者、江蘇省昆山市のピラミッド風マンション

    16日、江蘇省昆山市のピラミッド風マンション。中国江蘇省昆山市の花橋経済開発区内に外観がピラミッドによく似たマンションがある。2013年の完成後、瞬く間に注目を集め、今でもインターネット上で話題に上る。開発区の中心部にあるマンション、オフィスビル、商業施設が一体化した大規模複合施設「遊站未来城」にそびえ立ち、レゴブロックを積み上げたような三角形の外観が特徴的。日本人デザイナーによる設計だという。(昆山=新華社記者/劉巍巍)=2020(令和2)年5月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、スマートコネクテッドカーの車内で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、スマートコネクテッドカーを体験した市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、河北省滄州市の経済開発区にある自動運転試行ステーション前で、出発を待つスマートコネクテッドカー。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、河北省滄州市の経済開発区で、スマートコネクテッドカーの横で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、河北省滄州市の経済開発区にある自動運転試行ステーション前で、出発を待つスマートコネクテッドカー。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、スマートコネクテッドカーの車内に設置された液晶ディスプレイ。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、滄州市内の路上でスマートコネクテッドカーの走行テストを行うテスト担当者。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月14日
    河北省、中国初の市街区域ICVモデル走行区の運用開始

    14日、河北省滄州市の経済開発区で、スマートコネクテッドカーの横で写真を撮る市民。中国河北省滄州市は14日、2回目のインテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)モデル走行区の運用を開始すると発表した。今回試行地区が同市経済開発区から市街区域に拡大されたことで、同市が中国で初めて市街区域でスマートコネクテッドカーの走行テストを行った都市となった。前回のモデル走行区の距離を合わせると、同市のICVモデル走行区の総距離は229キロメートルに達した。今回の走行テストはコネクテッドカー企業の多岐にわたる路上テストのニーズに対応するため、市街区域の主要道路、高速道路、国道などさまざまな種類の道路で行われた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年5月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1