KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮用ド
  • ドローン
  • 小型無人機
  • 風景メイン
  • 新型肺炎
  • システム
  • 中国湖北省
  • 湖北省武漢
  • 生態環境
  • ソーラー

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,898
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,898
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月10日
    (1)「パンダの都」に新たな人気スポット四川省都江堰市

    7日、上空から見た「自撮りパンダ」。(小型無人機から)中国四川省都江堰(とこうえん)市の広場にこのほど、仰向けに寝転んで自撮りするジャイアントパンダの巨大オブジェが登場した。オランダ人アーティスト、フロレンテイン・ホフマン氏のデザインで、全長26・5メートル、幅11メートル、高さ12メートル、重さ130トン。都江堰は「四川のパンダ保護区群」の一部として国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に登録されており、「パンダの都」と呼ばれている。スマホを装着した自撮り棒を右手で掲げ、ポーズを決めるユニークな「自撮りパンダ」と記念写真を撮ろうと、大勢の市民や観光客が訪れている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (5)「パンダの都」に新たな人気スポット四川省都江堰市

    7日、上空から見た「自撮りパンダ」。(小型無人機から)中国四川省都江堰(とこうえん)市の広場にこのほど、仰向けに寝転んで自撮りするジャイアントパンダの巨大オブジェが登場した。オランダ人アーティスト、フロレンテイン・ホフマン氏のデザインで、全長26・5メートル、幅11メートル、高さ12メートル、重さ130トン。都江堰は「四川のパンダ保護区群」の一部として国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に登録されており、「パンダの都」と呼ばれている。スマホを装着した自撮り棒を右手で掲げ、ポーズを決めるユニークな「自撮りパンダ」と記念写真を撮ろうと、大勢の市民や観光客が訪れている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月10日
    (6)「パンダの都」に新たな人気スポット四川省都江堰市

    7日、上空から見た「自撮りパンダ」。(小型無人機から)中国四川省都江堰(とこうえん)市の広場にこのほど、仰向けに寝転んで自撮りするジャイアントパンダの巨大オブジェが登場した。オランダ人アーティスト、フロレンテイン・ホフマン氏のデザインで、全長26・5メートル、幅11メートル、高さ12メートル、重さ130トン。都江堰は「四川のパンダ保護区群」の一部として国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に登録されており、「パンダの都」と呼ばれている。スマホを装着した自撮り棒を右手で掲げ、ポーズを決めるユニークな「自撮りパンダ」と記念写真を撮ろうと、大勢の市民や観光客が訪れている。(成都=新華社記者/王曦)= 配信日: 2021(令和3)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (3)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    3月31日、建設が進む京雄高速道路(北京市‐雄安新区)。(小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (8)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    河北省雄安新区にある淡水湖、白洋淀の風景。(3月16日撮影、小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (6)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    河北省雄安新区の容東エリアで建設が進む立ち退き移住者向け住宅。(3月18日撮影、小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (12)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトの現場。(3月19日撮影、小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (5)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    北京市と河北省雄安新区を結ぶ京雄都市間鉄道の雄安駅。(3月17日撮影、小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (1)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    3月31日、建設が進む北京市第四中学雄安キャンパス。(小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (16)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    3月25日、雄安新区の営林事業「千年秀林」プロジェクトの現場。(小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (4)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    雄安新区にある南陽遺跡の発掘現場。(3月19日撮影、小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (2)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    3月31日、建設が進む京雄高速道路(北京市‐雄安新区)。(小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/邢広利)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月03日
    (13)多数のプロジェクトが進む雄安新区を空中散歩河北省

    建設が進む京雄高速道路(北京市‐雄安新区)の建設現場。(3月19日撮影、小型無人機から)大規模な開発・建設の段階を迎えた中国河北省の雄安新区では現在、10万人以上の作業員が建設工事に従事しており、120件余りの重大プロジェクトが同時並行的に進められている。(雄安=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年4月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (3)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、解氷が始まった青海湖北岸の湖面。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (8)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、パルサー300個以上発見

    3月28日、貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(小型無人機から)中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)はこれまでに300個以上のパルサーを発見した。同望遠鏡は2016年9月25日に完成し、20年1月11日に国の検収に合格して正式に稼働。現在、世界で最も大きく最も感度の高い電波望遠鏡であり、人類の宇宙観測の視野を飛躍的に拡大している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (2)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、解氷が始まった青海湖南岸の湖面。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (5)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、解氷が始まった青海湖北岸の湖面。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (7)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、解氷が始まった青海湖北岸の湖面。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (9)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、解氷が始まった青海湖北岸の湖面。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (1)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、パルサー300個以上発見

    3月28日、貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(小型無人機から)中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)はこれまでに300個以上のパルサーを発見した。同望遠鏡は2016年9月25日に完成し、20年1月11日に国の検収に合格して正式に稼働。現在、世界で最も大きく最も感度の高い電波望遠鏡であり、人類の宇宙観測の視野を飛躍的に拡大している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (13)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、パルサー300個以上発見

    3月29日、500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」の受信装置を格納するフィードキャビン。(小型無人機から)中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)はこれまでに300個以上のパルサーを発見した。同望遠鏡は2016年9月25日に完成し、20年1月11日に国の検収に合格して正式に稼働。現在、世界で最も大きく最も感度の高い電波望遠鏡であり、人類の宇宙観測の視野を飛躍的に拡大している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (2)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、パルサー300個以上発見

    3月28日、貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(小型無人機から)中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)はこれまでに300個以上のパルサーを発見した。同望遠鏡は2016年9月25日に完成し、20年1月11日に国の検収に合格して正式に稼働。現在、世界で最も大きく最も感度の高い電波望遠鏡であり、人類の宇宙観測の視野を飛躍的に拡大している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (3)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、パルサー300個以上発見

    3月28日、貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(小型無人機から)中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)はこれまでに300個以上のパルサーを発見した。同望遠鏡は2016年9月25日に完成し、20年1月11日に国の検収に合格して正式に稼働。現在、世界で最も大きく最も感度の高い電波望遠鏡であり、人類の宇宙観測の視野を飛躍的に拡大している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (4)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、解氷が始まった青海湖北岸の湖面。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (6)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、青海湖南岸の湖面で生じたひび割れ。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (8)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、解氷が始まった青海湖南岸の湖面。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (12)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、パルサー300個以上発見

    3月29日、500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」の受信装置を格納するフィードキャビン。(小型無人機から)中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)はこれまでに300個以上のパルサーを発見した。同望遠鏡は2016年9月25日に完成し、20年1月11日に国の検収に合格して正式に稼働。現在、世界で最も大きく最も感度の高い電波望遠鏡であり、人類の宇宙観測の視野を飛躍的に拡大している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (10)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、解氷が始まった青海湖南岸の湖面。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (1)青海湖で解氷始まる昨年より17日早く

    3月30日、解氷が始まった青海湖北岸の湖面。(小型無人機から)中国青海省気象科学研究所はこのほど、マルチソース衛星モニタリングデータに基づき、27日から青海湖鳥島南部と海心山の周辺でひび割れが生じ、泉吉河河口、沙島湖、尕海(がかい)の広範囲で解氷が始まったと明らかにした。青海湖周辺では、このところの気温上昇や風速増加により昨年より17日早い解氷となった。(西寧=新華社記者/呉剛)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (4)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、パルサー300個以上発見

    3月28日、貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」。(小型無人機から)中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)はこれまでに300個以上のパルサーを発見した。同望遠鏡は2016年9月25日に完成し、20年1月11日に国の検収に合格して正式に稼働。現在、世界で最も大きく最も感度の高い電波望遠鏡であり、人類の宇宙観測の視野を飛躍的に拡大している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (7)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、パルサー300個以上発見

    3月28日、500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」の受信装置を格納するフィードキャビン。(小型無人機から)中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)はこれまでに300個以上のパルサーを発見した。同望遠鏡は2016年9月25日に完成し、20年1月11日に国の検収に合格して正式に稼働。現在、世界で最も大きく最も感度の高い電波望遠鏡であり、人類の宇宙観測の視野を飛躍的に拡大している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月01日
    (11)巨大電波望遠鏡「中国天眼」、パルサー300個以上発見

    3月28日、500メートル球面電波望遠鏡「中国天眼」の受信装置を格納するフィードキャビン。(小型無人機から)中国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡(FAST、通称「中国天眼」)はこれまでに300個以上のパルサーを発見した。同望遠鏡は2016年9月25日に完成し、20年1月11日に国の検収に合格して正式に稼働。現在、世界で最も大きく最も感度の高い電波望遠鏡であり、人類の宇宙観測の視野を飛躍的に拡大している。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年4月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (1)宇宙の神秘を解き明かす、電波望遠鏡「中国天眼」貴州省

    29日、点検・修理期間中の「中国天眼」。(小型無人機から)中国貴州省平塘県にある500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)、通称「中国天眼」は、連なる山々の中でアンテナ鏡面を天空に向け、宇宙の神秘を解き明かしている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (10)嫦娥5号で月を旅した種もみの苗、試験田に植え替え広東省

    29日、華南農業大学の試験田。(小型無人機から)中国の月探査機「嫦娥5号」に搭載された稲の種もみから発芽した苗が29日、広東省広州市の華南農業大学に設けられた国家植物航天育種工程技術研究センターの温室から、市内増城区にある同大学の試験田に植え替えられた。(広州=新華社記者/劉大偉)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (2)宇宙の神秘を解き明かす、電波望遠鏡「中国天眼」貴州省

    30日、朝焼けに照らされる、点検・修理期間中の「中国天眼」。(小型無人機から)中国貴州省平塘県にある500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)、通称「中国天眼」は、連なる山々の中でアンテナ鏡面を天空に向け、宇宙の神秘を解き明かしている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月31日
    (3)宇宙の神秘を解き明かす、電波望遠鏡「中国天眼」貴州省

    29日、夕焼けに照らされる、点検・修理期間中の「中国天眼」。(小型無人機から)中国貴州省平塘県にある500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)、通称「中国天眼」は、連なる山々の中でアンテナ鏡面を天空に向け、宇宙の神秘を解き明かしている。(貴陽=新華社記者/欧東衢)= 配信日: 2021(令和3)年3月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月27日
    (11)機械化が加速する綿花栽培新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州マナス県文家荘村の綿花畑で、収穫作業をする綿摘み機。(2020年10月17日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区は、国内の主要綿花生産地で、綿花畑が集中しており、栽培規模も大きい。北斗ナビゲーションシステムや高解像度衛星観測システム、気象衛星「風雲」などにより、農業の自動化やスマート化が進展したのに伴い、同自治区の綿花生産も高度な機械化が行われてきた。中国で綿摘みの機械化が急速に進むにつれ、同自治区でも機械による綿花収穫の割合が年々上昇しており、2017年の27%から、18年には38%、19年には42%となり、20年には約70%に達した。(ウルムチ=新華社記者/丁磊)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月27日
    (9)機械化が加速する綿花栽培新疆ウイグル自治区

    新疆ウイグル自治区アーバード県ギョルチョル鎮拉依当村の綿花畑で作業する大型綿摘み機。(2019年10月24日撮影、小型無人機から)中国新疆ウイグル自治区は、国内の主要綿花生産地で、綿花畑が集中しており、栽培規模も大きい。北斗ナビゲーションシステムや高解像度衛星観測システム、気象衛星「風雲」などにより、農業の自動化やスマート化が進展したのに伴い、同自治区の綿花生産も高度な機械化が行われてきた。(ウルムチ=新華社記者/沙達提)= 配信日: 2021(令和3)年3月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月26日
    (5)フェリー乗り場の独特な外観が話題に上海市

    25日、空から見たフェリー乗り場。(小型無人機から)中国上海市徐匯区浜江区域の港にあるフェリー乗り場は建て替えを経て、今年に入り「よその星の宇宙船」のような姿に生まれ変わった。独特な外観が多くの市民や観光客の間で話題となっている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月26日
    (2)フェリー乗り場の独特な外観が話題に上海市

    25日、空から見たフェリー乗り場。(小型無人機から)中国上海市徐匯区浜江区域の港にあるフェリー乗り場は建て替えを経て、今年に入り「よその星の宇宙船」のような姿に生まれ変わった。独特な外観が多くの市民や観光客の間で話題となっている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月26日
    (1)フェリー乗り場の独特な外観が話題に上海市

    25日、空から見たフェリー乗り場。(小型無人機から)中国上海市徐匯区浜江区域の港にあるフェリー乗り場は建て替えを経て、今年に入り「よその星の宇宙船」のような姿に生まれ変わった。独特な外観が多くの市民や観光客の間で話題となっている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月24日
    (8)世界気象デー今年のテーマは「海洋と私たちの気候・天気」

    ギリシャのピレウス港のコンテナターミナル。(2019年9月6日撮影、小型無人機から)23日は61回目の世界気象デーで、今年は「海洋と私たちの気候・天気」がテーマとなった。海は地球の表面積の約70%を占め、気候システムの中で非常に重要な調節機能を担っている。世界気象機関(WMO)がこのほど発表した最新の気候報告によると、2011~20年は観測史上最も暖かい10年間だった。地球温暖化によって気候システムの不安定性が増し、海や気候の安全に対する懸念が高まっている。(ピレウス=新華社配信/LefterisPartsalis)= 配信日: 2021(令和3)年3月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月20日
    (1)登録企業6千社超、国家アニメパークを訪ねて天津市

    17日、天津市浜海新区の中新天津生態城にある国家アニメパーク。(小型無人機から)中国天津市浜海新区の「中新天津生態城」(中国・シンガポール天津エコシティー)にある国家アニメパークは、アニメの研究開発、人材育成、生産・制作、展示に関する取引、派生製品の開発および国際協力と交流といった機能を一体化した国家級のアニメ産業モデルパークとして知られる。2011年の開園からこれまで、累計6千社を超える企業が登録を済ませている。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年3月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月10日
    (1)砂漠と星空を頼りに、「摘星小鎮」を建設甘粛省民勤県

    4日、民勤県の「摘星小鎮」。(小型無人機から)中国甘粛省武威市民勤県はトングリ砂漠とバダインジャラン砂漠に囲まれ、年間を通して晴れの日が多く、光害も少ない。同県はここ数年、砂漠や星空といった独特な資源を頼りに、中国科学院国家天文台と協力して、研究観測や天文科学の普及、観光・レジャーをテーマとした特色ある町「摘星小鎮」の建設を進め、地元の観光発展を後押ししている。(民勤=新華社記者/郎兵兵)= 配信日: 2021(令和3)年3月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (4)河川管理のデジタル化とスマート化を実現浙江省杭州市

    4日、杭州市臨安区を流れる澄み切った錦渓。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区はここ数年、デジタル技術を駆使した「スマート河川」の建設を積極的に推進している。仮想現実(VR)、監視プラットフォームのスマート分析、人工知能(AI)認識などの技術と各種メディアのネットワーク統合方式を活用し、大量の動画やデータの分析によりスマート河川管理を実現している。河川管理の責任者はリアルタイムで水質をモニタリングし、問題があれば直ちに処理や記録をし、リポート作成ができる。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月09日
    (6)河川管理のデジタル化とスマート化を実現浙江省杭州市

    4日、杭州市臨安区を流れる錦渓。(小型無人機から)中国浙江省杭州市臨安区はここ数年、デジタル技術を駆使した「スマート河川」の建設を積極的に推進している。仮想現実(VR)、監視プラットフォームのスマート分析、人工知能(AI)認識などの技術と各種メディアのネットワーク統合方式を活用し、大量の動画やデータの分析によりスマート河川管理を実現している。河川管理の責任者はリアルタイムで水質をモニタリングし、問題があれば直ちに処理や記録をし、リポート作成ができる。(杭州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (2)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで、専用ゴーグルと操作スティックを使って「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (1)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで披露された「DJIFPV」のフルセット。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (7)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで、操作スティックを使って「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (6)中国葛洲壩集団、クウェート住宅プロジェクト第2期を引き渡し

    2月27日、クウェート・ジャハラー県にあるプロジェクトの建設現場。(小型無人機から)中国葛洲壩集団(CGGC)は2日、クウェートで手掛けた「アルムトラー住宅都市プロジェクト」の第2期分を同国側に引き渡した。これにより、同プロジェクトの主体工事の移管が実現、クウェートの新型コロナウイルス感染症の流行期間中の経済や国民生活の向上を後押しした。(ジャハラー=新華社配信/陳此超)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (4)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (3)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月03日
    Amazon rainforest aerial view

    キーワード:ブラジル、アマゾン、熱帯雨林、伐採、開発、航空写真、空撮-March 3, 2021, Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil: Aerial view of the Amazon rainforest in the upper Rio Negro, in the state of Amazonas, on the border between Brazil and Colombia, the northwest of the country. (Credit Image: © Paulo Lopes/ZUMA Wire)、クレジット:©Paulo Lopes/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)サンクトペテルブルグ行き「中欧班列」第1便、成都を出発

    21日、成都市の国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した同市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。(小型無人機から)中国四川省成都市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便が21日、同市青白江区にある国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した。この列車には、中国の総合化学メーカー、中国化学工程集団傘下の中国化学工程第七建設が手掛ける「一帯一路」大型プロジェクト、「バルチック・ガス・ケミカル・コンプレックス(GCC)」プロジェクトの建設関連物資が積み込まれている。同プロジェクトは契約額が約1千億元(1元=約16円)に上る、石油化学分野で単独の契約額が世界最大のプロジェクトになる。列車が13日後に到着すると、サンクトペテルブルクは成都発国際貨物列車が開拓した59番目の輸送先となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)機械化進む春の耕作浙江省湖州市

    19日、湖州市呉興区東林鎮保永村の麦畑の上空を飛行する尚年軍(しょう・ねんぐん)さんの農薬散布機。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の東林鎮ではここ数年、先進的な農業技術を導入し、農業生産運営の集約化、機械化、標準化、情報化をおおむね実現した。また、より多くの先端的でスマート化された農業技術の普及を推進し、食糧生産の機械化と近代化のレベルを高めている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)機械化進む春の耕作浙江省湖州市

    19日、湖州市呉興区東林鎮保永村の麦畑の上空を飛行する尚年軍(しょう・ねんぐん)さんの農薬散布機。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の東林鎮ではここ数年、先進的な農業技術を導入し、農業生産運営の集約化、機械化、標準化、情報化をおおむね実現した。また、より多くの先端的でスマート化された農業技術の普及を推進し、食糧生産の機械化と近代化のレベルを高めている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    水素エネルギーフィールド 産業再生へ正念場

    福島県浪江町の福島水素エネルギー研究フィールド=1月(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    水素エネルギーフィールド 産業再生へ正念場

    福島県浪江町の福島水素エネルギー研究フィールド=1月(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1月

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.90
    2021年02月14日
    ドローン空撮 福島・宮城で震度6強 二本松市のサーキット場

    13日午後11時7分ごろ、福島県の中通りと浜通り、宮城県南部で震度6強の地震があった。共同通信の集計では、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川の9県で152人が負傷した。 気象庁によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは約55キロ。地震の規模はマグニチュード(M)7・3と推定され、北海道から中国地方の広い範囲で揺れを観測した。その後も震度4や震度3などの地震が続いた。10年前の東日本大震災の余震とみられ、今後1週間は震度6強程度の地震に注意が必要としている。東北沖を震源とする最大震度6強の地震は、2011年4月以来。福島県二本松市のサーキット場「エビスサーキット」ではコース脇の崖が大きく崩れた。 <映像内容>地震でコース脇の崖が崩れた福島県二本松市のサーキット場を共同通信ヘリと小型無人機ドローンで撮影した映像、撮影日:2021(令和3)年2月14日、撮影場所:福島県二本松市

    撮影: 2021(令和3)年2月14日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:58.55
    2021年02月14日
    空撮 東京電力福島第1原発、福島県相馬市の土砂崩れ現場など

    13日午後11時7分ごろ、宮城県南部、福島県の中通りと浜通りで震度6強の地震があった。共同通信の集計では、宮城、山形、福島、茨城、栃木、埼玉、千葉、神奈川の8県で計105人が負傷した。東北から関東の広い範囲で最大90万戸超が停電し、各地で断水が発生。東京電力福島第1原発では使用済み核燃料プールなどから水の一部があふれたが、外部への影響はないという。 道路脇の斜面が崩れ、土砂が道路を数十メートルにわたりふさいだ福島県相馬市の常磐自動車道では14日朝、重機数台が撤去作業に当たっていた。 気象庁によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは約55キロ。地震の規模はマグニチュード(M)7・3と推定。その後も震度3などの地震が続いた。 <映像内容>東京電力福島第1原発、福島県相馬市の常磐自動車道土砂崩れ現場、福島県相馬市の落石現場などを共同通信ヘリと小型無人機ドローンから撮影した映像、撮影日:2021(令和3)年2月14日、撮影場所:福島県

    撮影: 2021(令和3)年2月14日

  • 01:18.84
    2021年02月12日
    空撮と地上撮影 ワクチン第1便、日本着 搬送トラックと貨物ビル内

    新型コロナウイルス感染症ワクチンの第1便を載せた航空機が、ベルギーのブリュッセルから成田空港へ12日に到着したことが関係者への取材で分かった。<映像内容>新型コロナウイルス感染症ワクチンを載せ、ベルギーのブリュッセルから成田空港に到着した航空機の地上撮影。空撮 到着した全日空の航空機、撮影日:2021(令和3)年2月12日、撮影場所:千葉県成田市

    撮影: 2021(令和3)年2月12日

  • 2021年02月11日
    (7)北京冬季五輪の競技エリア彩るイルミネーション

    5日、空から見た竜慶峡氷灯祭り会場。(小型無人機から)北京冬季五輪の競技エリアがある中国北京市延慶区にこのほど、総面積20万平方メートルのイルミネーションがお目見えし、春節(旧正月)間近の街を華やかに彩った。同区の竜慶峡で1987年から開催されている人気のイベント「氷灯祭り」は今年、新型コロナウイルス対策としてオンラインでの事前予約制を導入。1日の入場者数を最大9100人に制限することで、観光客の安全と健康を守っている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (3)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (4)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (1)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、空から見たラサ市の交通網。左から国道109号線、青海・チベット鉄道、高規格自動車道路、農村道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (2)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (5)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (6)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (3)春節の特別輸送「春運」始まる車両点検など強化

    1月28日、鄭州東動車所の車庫で保守、点検を待つ動車組(動力分散式列車)。(小型無人機から)中国では、春節(旧正月)の帰省やUターンのための特別輸送態勢「春運」が1月28日から正式にスタートした。河南省の鄭州動車段(動力分散式列車の点検・整備を行う車両基地)は輸送資源を合理的に配置し、動車組車両内の消毒と空調フィルターの清掃に力を入れている。またスマートロボットによる保守、点検で作業効率を高め、乗客により安全な鉄道の旅を確保している。(鄭州=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (14)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機(左)。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (13)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (9)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (16)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (11)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (12)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機(手前)。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (4)中国初の水素燃料ハイブリット機関車、山西省でラインオフ

    27日、中国が独自に開発した初の水素燃料ハイブリッド機関車。(小型無人機から)中国が独自に開発した初の水素燃料ハイブリッド機関車が27日、山西省大同市の中車大同電力機関車でラインオフした。今回完成した水素燃料電池とリチウム電池を組み合わせて電源とするハイブリッド機関車は、設計時速80キロ、連続出力は700キロワット。水素を満載して単独で24時間半連続運行することができ、平坦な道での最大牽引重量は5千トンを超える。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月25日
    (1)物流企業、コロナ対策で荷物を消毒河北省石家荘市

    23日、アリババグループ傘下の物流企業「菜鳥網絡(CainiaoNetwork)」の石家荘物流センターで荷物を消毒する従業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市の宅配・物流企業は現在、新型コロナウイルス対策に積極的に取り組み、消毒作業を強化している。事業所や荷物、配送車両を定期的に消毒することで、従業員と顧客の安全を守っている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 2021年01月23日
    (4)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (5)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン極地館。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止した太陽島国際雪像芸術博覧会。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (3)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンターの一角。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (13)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (11)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (8)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.34
    2021年01月22日
    「新華社」内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。同大学の翟鵬輝(てき・ほうき)博士は取材に対し、今回撮影したのはシカ科の動物数十匹と明らかにした。同自治区大興安嶺汗馬国家級自然保護区はここ数年、東北林業大学、北京大学など国内の大学や研究機関と協力し、大学院生、院士(アカデミー会員)のワークステーション、国家長期科学研究拠点を設立。保護区内では毎年、科学研究チームが研究や技術指導を行っている。同大学の姜広順(きょう・こうじゅん)教授が指導する研究チームは、保護区内の野生動物が頻繁に出没する地域で遠赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを飛ばし、機器の低温耐性をテストしながら野生動物を探した。しばらくして、シカ科の動物数十匹が現れ、サーモグラフィーに白く写った。翟博士は「こうした大きな群れは、従来の固定式赤外線カメラでは観測が難しい。この森林区で初めて、サーモグラフィー技術を活用し空中から大規模な野生動物の動きを捉えた」と話した。自然保護区管理局の担当者、許家忠(きょ・かちゅう)氏によると、森林区には野生動物の移動と個体数の変化を観察するための赤外線カメラ約千台を設置しており、維持・管理コストの負担が大きくなっていた。ドローンを使った遠赤外線サーモグラフィーシステムや、可視光と非可視光を組み合わせて画像を撮影するハイパースペクトルイメージング(HSI)、レーザーレーダーなど新技術の活用で、作業効率の大幅な向上が期待できるという。許氏はまた、今後も保護区内の重要な野生動物に衛星測位システムで位置を追跡できる首輪を取り付け、移動経路や習性、活動量などのデータ収集を続けることで、適切な管理措置の策定と、より良い生態保護につなげると述べ、国内の研究機関と協力を深め、森林区の科学研究教育拠点としての役割を存分に発揮させるとの意向を示した。(記者/趙沢輝) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (5)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (4)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (14)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (10)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (12)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...