KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ファーム
  • ワクチン
  • 中国医薬
  • 北マケドニア
  • 医薬集団
  • 新型コロナウイルス

写真・映像

絞り込み
  • 72時間以内
  • 写真
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
21
( 1 21 件を表示)
  • 1
21
( 1 21 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月08日
    中国製ワクチン WHO、中国ワクチン承認

    中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルスのワクチン=6日、北マケドニア(ロイター=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月08日
    WHO、シノファーム製ワクチンの緊急使用を承認

    7日、スイス・ジュネーブで、記者会見に出席するWHOのテドロス事務局長。(ビデオ映像のキャプチャー画像)世界保健機関(WHO)は7日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の北京生物製品研究所が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンの緊急使用を承認したと発表した。WHOのテドロス事務局長は記者会見で、同機関が7日午後、シノファーム製の新型コロナワクチンを緊急使用のリストに加えたことで、同ワクチンはWHOによる安全性、有効性、品質の認証を受けた6番目の新型コロナワクチンとなったと述べた。(ジュネーブ=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年5月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (2)海口市で春の夜空を彩るドローンライトショー海南省

    6日、ドローンのイルミネーションによって夜空に浮かび上がった絵。中国海南省海口市の海南国際会展中心(国際エキシビション・コンベンションセンター)で5月7~10日、「第1回中国国際消費品博覧会」が開かれる。博覧会の開催を翌日に控えた6日の夜、同市でドローンによるライトショーが行われた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (3)海口市で春の夜空を彩るドローンライトショー海南省

    6日、ドローンのイルミネーションによって夜空に浮かび上がった「EXPOHAINAN中国国際消費品博覧会」の文字。中国海南省海口市の海南国際会展中心(国際エキシビション・コンベンションセンター)で5月7~10日、「第1回中国国際消費品博覧会」が開かれる。博覧会の開催を翌日に控えた6日の夜、同市でドローンによるライトショーが行われた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (3)中国、リモートセンシング衛星「遥感30号08」打ち上げに成功

    中国は7日午前2時11分(日本時間同3時11分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット「長征2号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感30号08」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。(西昌=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (3)河套地域で種まきに無人運転・ナビ技術を活用内モンゴル自治区

    5日、自動運転播種機でトウモロコシの種まきを行う内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗額爾登布拉格ソム阿日斉ガチャの農家。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市ウラド前旗ではこのところ、GPS搭載の自動運転播種機(はしゅき)が農作業の新たな「助っ人」となっている。この播種機は衛星測位システム「北斗」を利用して種まきの動線を設定、作業誤差を千メートル当たり2センチ足らずに抑え、1日に農地100ムー(約6・67ヘクタール)以上の種まきを行うことができる。この精密な播種方法で、従来に比べて1ムー当たりの発芽率と土地利用率がそれぞれ10%、生産量は15%以上の向上を見込む。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (2)河套地域で種まきに無人運転・ナビ技術を活用内モンゴル自治区

    5日、自動運転播種機でトウモロコシの種まきを行う内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗額爾登布拉格ソム阿日斉ガチャの農家。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市ウラド前旗ではこのところ、GPS搭載の自動運転播種機(はしゅき)が農作業の新たな「助っ人」となっている。この播種機は衛星測位システム「北斗」を利用して種まきの動線を設定、作業誤差を千メートル当たり2センチ足らずに抑え、1日に農地100ムー(約6・67ヘクタール)以上の種まきを行うことができる。この精密な播種方法で、従来に比べて1ムー当たりの発芽率と土地利用率がそれぞれ10%、生産量は15%以上の向上を見込む。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (5)河套地域で種まきに無人運転・ナビ技術を活用内モンゴル自治区

    5日、自動運転播種機でトウモロコシの種まきを行う内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗額爾登布拉格ソム阿日斉ガチャの農家。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市ウラド前旗ではこのところ、GPS搭載の自動運転播種機(はしゅき)が農作業の新たな「助っ人」となっている。この播種機は衛星測位システム「北斗」を利用して種まきの動線を設定、作業誤差を千メートル当たり2センチ足らずに抑え、1日に農地100ムー(約6・67ヘクタール)以上の種まきを行うことができる。この精密な播種方法で、従来に比べて1ムー当たりの発芽率と土地利用率がそれぞれ10%、生産量は15%以上の向上を見込む。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (1)海口市で春の夜空を彩るドローンライトショー海南省

    6日、ドローンのイルミネーションによって夜空に浮かび上がった「EXPOHAINAN中国国際消費品博覧会」の文字。中国海南省海口市の海南国際会展中心(国際エキシビション・コンベンションセンター)で5月7~10日、「第1回中国国際消費品博覧会」が開かれる。博覧会の開催を翌日に控えた6日の夜、同市でドローンによるライトショーが行われた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (4)海口市で春の夜空を彩るドローンライトショー海南省

    6日、ドローンのイルミネーションによって夜空に浮かび上がった絵。中国海南省海口市の海南国際会展中心(国際エキシビション・コンベンションセンター)で5月7~10日、「第1回中国国際消費品博覧会」が開かれる。博覧会の開催を翌日に控えた6日の夜、同市でドローンによるライトショーが行われた。(海口=新華社記者/蒲暁旭)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (4)中国、リモートセンシング衛星「遥感30号08」打ち上げに成功

    中国は7日午前2時11分(日本時間同3時11分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット「長征2号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感30号08」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。(西昌=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (1)中国、リモートセンシング衛星「遥感30号08」打ち上げに成功

    中国は7日午前2時11分(日本時間同3時11分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット「長征2号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感30号08」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。(西昌=新華社配信/郭文彬)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (2)中国、リモートセンシング衛星「遥感30号08」打ち上げに成功

    中国は7日午前2時11分(日本時間同3時11分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット「長征2号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感30号08」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。(西昌=新華社配信/楊熙)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (4)河套地域で種まきに無人運転・ナビ技術を活用内モンゴル自治区

    5日、自動運転播種機でトウモロコシの種まきを行う内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗額爾登布拉格ソム阿日斉ガチャの農家。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市ウラド前旗ではこのところ、GPS搭載の自動運転播種機(はしゅき)が農作業の新たな「助っ人」となっている。この播種機は衛星測位システム「北斗」を利用して種まきの動線を設定、作業誤差を千メートル当たり2センチ足らずに抑え、1日に農地100ムー(約6・67ヘクタール)以上の種まきを行うことができる。この精密な播種方法で、従来に比べて1ムー当たりの発芽率と土地利用率がそれぞれ10%、生産量は15%以上の向上を見込む。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月07日
    (1)河套地域で種まきに無人運転・ナビ技術を活用内モンゴル自治区

    5日、自動運転播種機でトウモロコシの種まきを行う内モンゴル自治区バヤンノール市ウラド前旗額爾登布拉格ソム阿日斉ガチャの農家。中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市ウラド前旗ではこのところ、GPS搭載の自動運転播種機(はしゅき)が農作業の新たな「助っ人」となっている。この播種機は衛星測位システム「北斗」を利用して種まきの動線を設定、作業誤差を千メートル当たり2センチ足らずに抑え、1日に農地100ムー(約6・67ヘクタール)以上の種まきを行うことができる。この精密な播種方法で、従来に比べて1ムー当たりの発芽率と土地利用率がそれぞれ10%、生産量は15%以上の向上を見込む。(フフホト=新華社記者/李雲平)= 配信日: 2021(令和3)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年05月06日
    全自動PCR検査装置 PCR検査装置・資料

    ロシュ・ダイアグノスティックスの全自動PCR検査装置「コバス8800」=2021年5月6日、岐阜県各務原市の県保健環境研究所

    撮影: 2021年5月6日、岐阜県各務原市の県保健環境研究所

  • 2021年05月06日
    視察する古田肇知事 全自動PCR、本格運用へ

    岐阜県保健環境研究所に導入された全自動PCR検査装置を視察する古田肇知事(中央)=6日午後、岐阜県各務原市

  • 2021年05月06日
    操作方法を学ぶ職員 全自動PCR、本格運用へ

    全自動PCR検査装置の操作方法を学ぶ岐阜県保健環境研究所の職員ら=6日午後、岐阜県各務原市

    撮影: 6日午後、岐阜県各務原市

  • 2021年05月06日
    米フォードのブース 対中けん引、危うい復権

    上海国際モーターショーに出展した米フォード・モーターのブース=4月(共同)

    撮影: 4月

  • 2021年05月06日
    空港の待ち合いスペース 搭乗前にお手軽マッサージ

    ずらりと並んでいるのはマッサージチェア。ここは中国雲南省昆明にある空港の搭乗客用待ち合いスペースです。マッサージ料金は9分間で6・9元(約116円)からで、支払いはスマートフォンの電子決済で行います。最長コースは35分。旅の疲れを癒やしてくれそうですが、ついうとうとして飛行機に乗り遅れてしまわないか心配です。(撮影・八田尚彦、共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年05月06日
    南阿蘇村の感染症対策 聖火リレー熊本2日目

    聖火リレーの沿道に張られた新型コロナウイルス感染症対策=6日午前、熊本県南阿蘇村

    撮影: 6日午前、熊本県南阿蘇村

  • 1