KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 太陽光パネル
  • 太陽光発電
  • 鹿児島県南さつま市
  • さいたま市
  • システム
  • マッチング
  • 効果実感
  • 支援センター
  • 結婚支援
  • テープカット

写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
55,703
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
55,703
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    設置されたパネル 廃校のプールで太陽光発電

    廃校のプールに設置された太陽光パネル=18日午前、鹿児島県南さつま市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    テープカットの関係者 廃校のプールで太陽光発電

    廃校のプールに設置された太陽光パネルの前でテープカットする関係者=18日午前、鹿児島県南さつま市

    撮影: 18日午前、鹿児島県南さつま市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月18日
    太陽光発電のプール 廃校のプールで太陽光発電

    廃校のプールに設置された太陽光パネル=18日午前、鹿児島県南さつま市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:39.35
    2021年01月18日
    「新華社」【パンダフル】散歩も運動の一種

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、1頭のパンダがダイエットを始めた。散歩をしながらトレーニングの方法を考えていたら、すっかり疲労困憊。トレーニングは始まる前に終わってしまった。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    レース大会のパネル 上海でミニ四駆レース大会

    「ミニ四駆」のレース大会のパネル=17日、中国・上海の日本総領事館(共同)

  • 2021年01月17日
    埼玉県の結婚支援センター 新技術に期待、効果実感も

    埼玉県の結婚支援センターでAIを活用したマッチングシステムの画面を見る職員(手前)=2020年12月、さいたま市

  • 2021年01月17日
    画面を見る職員 新技術に期待、効果実感も

    AIを使ったマッチングシステムの画面を見る埼玉県結婚支援センターの職員=2020年12月、さいたま市

    撮影: 2020年12月、さいたま市

  • 2021年01月17日
    (2)中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    6日、「紅旗」にナンバープレートを取り付ける韓国のスタッフ。中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    6日、韓国のソウルに到着した「紅旗」新型高級セダン「H9」。中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)中国製ワクチン100万回分、セルビアに到着

    16日、セルビアの首都ベオグラードで、シノファーム製新型コロナウイルスワクチンの入ったコンテナを飛行機から搬出する作業員。中国医薬集団(シノファーム)が製造した新型コロナウイルスワクチン100万回分が16日午前、セルビアの首都ベオグラードに到着した。空港では同国のブチッチ大統領とロンチャル保健相、中国の陳波(ちん・は)駐セルビア大使が到着を出迎えた。(ベオグラード=新華社配信/PredragMilosavljevic)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)中国製ワクチン100万回分、セルビアに到着

    16日、セルビアの首都ベオグラードで、シノファーム製新型コロナウイルスワクチンの入ったコンテナを飛行機から搬出する作業員。中国医薬集団(シノファーム)が製造した新型コロナウイルスワクチン100万回分が16日午前、セルビアの首都ベオグラードに到着した。空港では同国のブチッチ大統領とロンチャル保健相、中国の陳波(ちん・は)駐セルビア大使が到着を出迎えた。(ベオグラード=新華社配信/PredragMilosavljevic)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    6日、韓国に到着した「紅旗」を積んだコンテナ。中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.30
    2021年01月17日
    「新華社」中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。「H9」モデルは2020年下半期の発売で、中国での販売価格は30万9800元~53万9800元(1元=約16円)。韓国では自動車型式認証の取得手続き完了後、正式に市場に参入する。紅旗ブランドは1958年の創設で、紅旗セダンが中国国内の重要式典で観閲用の車両として使われるなど、中国独自の高級自動車ブランドの代表格として知られる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどにも販売網を広げている。2020年、紅旗ブランド全体の年間生産・販売台数はいずれも20万台を超え、前年の2倍に上った。販売台数は18年に3万台、19年には10万台を超えるペースで増えている。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    6日、韓国のソウルに到着した「紅旗」新型高級セダン「H9」。中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    中国初の4座式電動飛行機、低温飛行試験に成功

    8日、RX4Eの低温試験飛行前に外気温を測るスタッフ。中国が独自開発した初の4人乗り電動飛行機「RX4E」の実証機がこのほど、遼寧省瀋陽市の法庫財湖空港で低温飛行試験に成功した。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)中国製ワクチン100万回分、セルビアに到着

    16日、セルビアの首都ベオグラードで、シノファーム製新型コロナウイルスワクチンの入ったコンテナを飛行機から搬出する作業員。中国医薬集団(シノファーム)が製造した新型コロナウイルスワクチン100万回分が16日午前、セルビアの首都ベオグラードに到着した。空港では同国のブチッチ大統領とロンチャル保健相、中国の陳波(ちん・は)駐セルビア大使が到着を出迎えた。(ベオグラード=新華社配信/PredragMilosavljevic)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (9)市民を守る巡回特別警備チーム「漳州110」福建省

    7日、漳州市公安局110番指令情報センターで、住民からの通報を処理する警察官。「漳州110」は中国福建省漳州市公安局巡回特別警備部隊直属大隊の略称で、市民生活の安全を守ることを任務としている。1990年8月に設立、当初は7人の警察官に、銃3丁と3輪バイク1台だけの小規模なチームだったが、今では総勢240人余り、9つの中隊を擁するチームへと発展した。(漳州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    次世代車開発で規模拡大

    自動車の次世代技術を巡る動き

  • 2021年01月16日
    オンラインの研修会 災害時、外国人どう支援

    名古屋国際センターがオンラインで開いた、災害時の外国人支援についての研修会=16日午後、名古屋市

    撮影: 16日午後、名古屋市

  • 2021年01月16日
    開かれた研修会 災害時、外国人どう支援

    名古屋国際センターがオンラインで開いた、災害時の外国人支援についての研修会=16日午後、名古屋市

    撮影: 16日午後、名古屋市

  • 2021年01月16日
    燃料電池車、部品開発加速

    トヨタ自動車グループ各社の燃料電池車向け商品

  • 2021年01月16日
    燃料電池車、部品開発加速

    トヨタ自動車グループ各社の燃料電池車向け商品

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月16日
    アマゾンの電子書籍端末 米アマゾンに集団訴訟

    米アマゾン・コムの電子書籍端末=2018年9月、米ワシントン州シアトル(共同)

    撮影: 2018年9月、米ワシントン州シアトル

  • 2021年01月16日
    (6)蘇州市、高水準の「太湖生態島」建設を目指す

    12日、蘇州市呉中区金庭鎮にある西山島の民宿で、地元の料理を運ぶスタッフ。中国江蘇省蘇州市呉中(ごちゅう)区金庭鎮はここ数年、生態環境の修復と生態系の総合的な整備を進め、西山島を高水準の「太湖生態島」に造り上げようと力を入れている。同地は古くから「太湖の緑の肺」と呼ばれており、2019年末に蘇州生態涵養発展実験区に指定されている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)三相同軸高温交流超電導ケーブルの型式試験に成功広東省深圳市

    8日、超電導ケーブルの設置と調整を行う深圳給電局の専門家チーム。中国の送配電大手、中国南方電網傘下の深圳給電局はこのほど、同局が開発した10キロボルト三相同軸高温交流超電導ケーブルの型式試験に成功したと明らかにした。送電網に関してはこれまで、建設用地の取得が難しいことや負荷需要が継続的に増大していること、都市部の送配電回廊が飽和気味にあることなど、問題が山積していたが、超電導ケーブルを実際の送電網に応用することで、こうした問題を一気に解決できると期待される。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)蘇州市、高水準の「太湖生態島」建設を目指す

    12日、蘇州市呉中区金庭鎮の西山島に沈む夕日。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉中(ごちゅう)区金庭鎮はここ数年、生態環境の修復と生態系の総合的な整備を進め、西山島を高水準の「太湖生態島」に造り上げようと力を入れている。同地は古くから「太湖の緑の肺」と呼ばれており、2019年末に蘇州生態涵養発展実験区に指定されている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、まもなく発車する高速鉄道列車D2809の傍らに立つ駅員。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、貴陽北駅を発車する高速鉄道列車D2809。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)蘇州市、高水準の「太湖生態島」建設を目指す

    12日、蘇州市呉中区金庭鎮の西山島をバイクで走る人。中国江蘇省蘇州市呉中(ごちゅう)区金庭鎮はここ数年、生態環境の修復と生態系の総合的な整備を進め、西山島を高水準の「太湖生態島」に造り上げようと力を入れている。同地は古くから「太湖の緑の肺」と呼ばれており、2019年末に蘇州生態涵養発展実験区に指定されている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)三相同軸高温交流超電導ケーブルの型式試験に成功広東省深圳市

    超電導ケーブル。(2020年11月6日撮影)中国の送配電大手、中国南方電網傘下の深圳給電局はこのほど、同局が開発した10キロボルト三相同軸高温交流超電導ケーブルの型式試験に成功したと明らかにした。送電網に関してはこれまで、建設用地の取得が難しいことや負荷需要が継続的に増大していること、都市部の送配電回廊が飽和気味にあることなど、問題が山積していたが、超電導ケーブルを実際の送電網に応用することで、こうした問題を一気に解決できると期待される。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)「中国原子力潜水艦の父」描いた舞台、湖北省武漢市で上演

    13日、湖北省武漢市の琴台大劇院で上演された大型新劇「深海」。中国湖北省武漢市の琴台大劇院で13日、「中国原子力潜水艦の父」と呼ばれる黄旭華(こう・きょくか)氏の半生を描いた大型新劇「深海」が上演された。黄氏は30年間にわたり開発チームを率いて中国の原子力潜水艦開発事業を人知れず支えた。国のために優れた功績を挙げた人物に贈る中国の最高栄誉の勲章「共和国勲章」も受章している。(武漢=新華社記者/熊琦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)「中国原子力潜水艦の父」描いた舞台、湖北省武漢市で上演

    13日、湖北省武漢市の琴台大劇院で上演された大型新劇「深海」。中国湖北省武漢市の琴台大劇院で13日、「中国原子力潜水艦の父」と呼ばれる黄旭華(こう・きょくか)氏の半生を描いた大型新劇「深海」が上演された。黄氏は30年間にわたり開発チームを率いて中国の原子力潜水艦開発事業を人知れず支えた。国のために優れた功績を挙げた人物に贈る中国の最高栄誉の勲章「共和国勲章」も受章している。(武漢=新華社記者/熊琦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)「中国原子力潜水艦の父」描いた舞台、湖北省武漢市で上演

    13日、湖北省武漢市の琴台大劇院で上演された大型新劇「深海」。中国湖北省武漢市の琴台大劇院で13日、「中国原子力潜水艦の父」と呼ばれる黄旭華(こう・きょくか)氏の半生を描いた大型新劇「深海」が上演された。黄氏は30年間にわたり開発チームを率いて中国の原子力潜水艦開発事業を人知れず支えた。国のために優れた功績を挙げた人物に贈る中国の最高栄誉の勲章「共和国勲章」も受章している。(武漢=新華社記者/熊琦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)「中国原子力潜水艦の父」描いた舞台、湖北省武漢市で上演

    13日、湖北省武漢市の琴台大劇院で上演された大型新劇「深海」。中国湖北省武漢市の琴台大劇院で13日、「中国原子力潜水艦の父」と呼ばれる黄旭華(こう・きょくか)氏の半生を描いた大型新劇「深海」が上演された。黄氏は30年間にわたり開発チームを率いて中国の原子力潜水艦開発事業を人知れず支えた。国のために優れた功績を挙げた人物に贈る中国の最高栄誉の勲章「共和国勲章」も受章している。(武漢=新華社記者/熊琦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、高速鉄道列車D2809を運転する運転士。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (3)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、乗客を迎える高速鉄道列車D2809の乗務員。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、駅のプラットホームで高速鉄道列車D2809を待つ乗客。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、高速鉄道列車D2809の車内の様子。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.72
    2021年01月16日
    「新華社」一汽大衆、20年の新車販売・生産台数ともに200万台突破

    中国の自動車大手、中国第一汽車集団とドイツのフォルクスワーゲン(VW)の合弁会社、一汽大衆汽車(一汽VW)は7日、2020年の中国での新車販売・生産台数がともに200万台を超えたと明らかにした。アウディブランドの輸入車を含めた新車販売台数は、前年比1・5%増の216万1888台だった。生産と物流をデジタル化して、サプライチェーンの最適化や生産効率の向上、生産コストの低減を図るとともに、「アウディe-tron」などの高級新エネルギー車(NEV)を相次いで打ち出し、生産と販売の拡大につなげた。中国国内で年間の新車販売・生産台数がともに200万台の大台を超えたのは、同社のみとなる。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)「中国原子力潜水艦の父」描いた舞台、湖北省武漢市で上演

    13日、湖北省武漢市の琴台大劇院で上演された大型新劇「深海」。中国湖北省武漢市の琴台大劇院で13日、「中国原子力潜水艦の父」と呼ばれる黄旭華(こう・きょくか)氏の半生を描いた大型新劇「深海」が上演された。黄氏は30年間にわたり開発チームを率いて中国の原子力潜水艦開発事業を人知れず支えた。国のために優れた功績を挙げた人物に贈る中国の最高栄誉の勲章「共和国勲章」も受章している。(武漢=新華社記者/熊琦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (4)「中国原子力潜水艦の父」描いた舞台、湖北省武漢市で上演

    13日、湖北省武漢市の琴台大劇院で上演された大型新劇「深海」。中国湖北省武漢市の琴台大劇院で13日、「中国原子力潜水艦の父」と呼ばれる黄旭華(こう・きょくか)氏の半生を描いた大型新劇「深海」が上演された。黄氏は30年間にわたり開発チームを率いて中国の原子力潜水艦開発事業を人知れず支えた。国のために優れた功績を挙げた人物に贈る中国の最高栄誉の勲章「共和国勲章」も受章している。(武漢=新華社記者/熊琦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、乗客を迎える高速鉄道列車D2809の乗務員。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (7)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、貴陽北駅を発車する高速鉄道列車D2809。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    新型コロナウイルスの経過

    新型コロナウイルスを巡る経過

  • 2021年01月15日
    東京・新宿を歩く人たち コロナ国内初確認から1年

    東京・新宿を歩くマスク姿の人たち。国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから1年を迎えた=15日午後

    撮影: 15日午後

  • 2021年01月15日
    新宿歩く人たち コロナ国内初確認から1年

    東京・新宿を歩くマスク姿の人たち。国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから1年を迎えた=15日午後

    撮影: 15日午後

  • 2021年01月15日
    新宿のマスク姿の人たち コロナ国内初確認から1年

    東京・新宿を歩くマスク姿の人たち。国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから1年を迎えた=15日午後

    撮影: 15日午後

  • 2021年01月15日
    変異種、大きな不安材料

    英国の変異ウイルスについて報告されたこと

  • 2021年01月15日
    変異種、大きな不安材料

    英国の変異ウイルスについて報告されたこと

  • 2021年01月15日
    新興企業が集まった会場 対コロナ技術、EVに進歩

    CESに出展する新興企業が集まった東京都内の会場=8日

    撮影: 8日

  • 2021年01月15日
    「ステランティス」誕生

    自動車大手の世界販売台数

  • 2021年01月15日
    アマゾンの荷物 在宅時間予測し商品お届け

    アマゾンジャパンから配送された荷物

  • 2021年01月15日
    VR授業の仮想空間 仮想現実で授業に臨場感を

    VR授業の実証実験の仮想空間

  • 2021年01月15日
    (4)チベット自治区への教育・医療支援、着実な成果収める

    ラサ市人民医院のチベット族医師を指導して低侵襲脊椎手術をする支援医師(右)。(2017年5月26日撮影)中国は2016年、チベットに対する教育支援事業を開始した。これまでに優秀な教師1676人を派遣し、理科と実験数学を強化するなど、基礎教育の質的向上を進めている。15年に始まったグループ式の医療支援も同様に優れた成果を収めている。統計によると、中国内地の他地域の病院から医療団721チーム、医療スタッフ2031人がチベットに派遣され、医療を担うリーダー約4千人を育成した。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)スマホ教室で高齢者の「デジタル孤立」解消へ安徽省合肥市

    9日、高齢者にスマートフォンの使い方を教える劉麗(りゅう・れい)さん(左から1人目)。中国安徽省合肥市の劉麗(りゅう・れい)さん(40)は高齢者の「デジタル孤立」からの脱却を手助けするため、同市蜀山区西園街道の高齢者サービスセンターで、スマートフォン教室を開設した。高齢者が実際に困っていることを中心に授業を進めており、教室での座学のほか、地下鉄駅や病院、公園、商店に場を移した「実技」にも力を入れている。(合肥=新華社記者/汪海月)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (4)スマホ教室で高齢者の「デジタル孤立」解消へ安徽省合肥市

    9日、真剣にノートを取るスマートフォン教室の高齢者。中国安徽省合肥市の劉麗(りゅう・れい)さん(40)は高齢者の「デジタル孤立」からの脱却を手助けするため、同市蜀山区西園街道の高齢者サービスセンターで、スマートフォン教室を開設した。高齢者が実際に困っていることを中心に授業を進めており、教室での座学のほか、地下鉄駅や病院、公園、商店に場を移した「実技」にも力を入れている。(合肥=新華社記者/汪海月)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.31
    2021年01月15日
    「新華社」山西省晋中市楡次区で無料の全員核酸検査を実施

    中国山西省晋中市では12日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1人確認された。これを受け同市は管理制御措置を強化、13日から楡次(ゆじ)区の全住民を対象とした無料の核酸検査を実施している。(記者/韓依格、馬志異) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)武漢市のCT搭載車、河北省で新型コロナ対策を支援

    武漢大学中南医院医療画像科で画像診断をする専門家。(資料写真)中国河北省の新型コロナウイルス感染症対策を支援するために、湖北省から送られたコンピューター断層撮影装置(CT)搭載車が13日、運用を開始した。この車両は全身のCTスキャンや造影CT検査に対応しており、迅速な胸部CTスクリーニング検査が可能で、1日平均200~300人分の検診・スクリーニングができる。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)チベット自治区への教育・医療支援、着実な成果収める

    ラサ市城関区実験小学校分校の教室で、児童と触れ合う天津大学附属小学校の支援教師(右奥)。(2016年3月2日撮影)中国は2016年、チベットに対する教育支援事業を開始した。これまでに優秀な教師1676人を派遣し、理科と実験数学を強化するなど、基礎教育の質的向上を進めている。15年に始まったグループ式の医療支援も同様に優れた成果を収めている。統計によると、中国内地の他地域の病院から医療団721チーム、医療スタッフ2031人がチベットに派遣され、医療を担うリーダー約4千人を育成した。(ラサ=新華社記者/覚果)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)チベット自治区への教育・医療支援、着実な成果収める

    山南市第一高級中学で、地元の教師(右奥)とともに化学実験を指導する湖北省襄陽市から派遣された支援教師(中央奥)。(2019年5月7日撮影)中国は2016年、チベットに対する教育支援事業を開始した。これまでに優秀な教師1676人を派遣し、理科と実験数学を強化するなど、基礎教育の質的向上を進めている。15年に始まったグループ式の医療支援も同様に優れた成果を収めている。統計によると、中国内地の他地域の病院から医療団721チーム、医療スタッフ2031人がチベットに派遣され、医療を担うリーダー約4千人を育成した。(ラサ=新華社記者/張汝鋒)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)スマホ教室で高齢者の「デジタル孤立」解消へ安徽省合肥市

    9日、スマートフォンの使い方を学ぶ高齢者。中国安徽省合肥市の劉麗(りゅう・れい)さん(40)は高齢者の「デジタル孤立」からの脱却を手助けするため、同市蜀山区西園街道の高齢者サービスセンターで、スマートフォン教室を開設した。高齢者が実際に困っていることを中心に授業を進めており、教室での座学のほか、地下鉄駅や病院、公園、商店に場を移した「実技」にも力を入れている。(合肥=新華社記者/汪海月)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)移動P3実験室、河北省の核酸検査を支援

    中国疾病予防控制センターを出発した移動P3実験室。(資料写真)中国疾病予防控制センターの移動式ハイレベルバイオセーフティー実験室(移動P3実験室)のメンバー23人が7日夜、河北省南宮市に向かった。隊員は8日早朝、目的地に到着し、同日から夜を徹して核酸検査を行った。南宮市を支援するチームには移動P3実験室が二つあり、1日の検査数は5千件に達した。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)移動P3実験室、河北省の核酸検査を支援

    移動P3実験室。(資料写真)中国疾病予防控制センターの移動式ハイレベルバイオセーフティー実験室(移動P3実験室)のメンバー23人が7日夜、河北省南宮市に向かった。隊員は8日早朝、目的地に到着し、同日から夜を徹して核酸検査を行った。南宮市を支援するチームには移動P3実験室が二つあり、1日の検査数は5千件に達した。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)トルコ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    14日、アンカラの病院でコロナワクチンを接種するエルドアン大統領。トルコのエルドアン大統領は14日夜、同国の首都アンカラで中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。(アンカラ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:12.69
    2021年01月15日
    「新華社」トルコ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    トルコのエルドアン大統領は14日夜、同国の首都アンカラで中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。同氏は接種後、ソーシャルメディアを通じて伝えた。エルドアン氏はまた、全国ですでに25万人余りの医療関係者がワクチンを接種しており、接種プロセスはスムーズで効率的、満足のいくものだと述べた。トルコが発注した同社のワクチン第1陣300万回分は昨年12月30日、アンカラに到着。政府の計画によると、第1段階では感染リスクの高い医療関係者などを対象に、900万人に優先的に接種される。(記者/鄭思遠) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.95
    2021年01月15日
    「新華社」武漢市のCT搭載車、河北省で新型コロナ対策を支援

    中国河北省の新型コロナウイルス感染症対策を支援するために、湖北省から送られたコンピューター断層撮影装置(CT)搭載車が13日、運用を開始した。この車両は全身のCTスキャンや造影CT検査に対応しており、迅速な胸部CTスクリーニング検査が可能で、1日平均200~300人分の検診・スクリーニングができる。(記者/白明山) =配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)武漢市のCT搭載車、河北省で新型コロナ対策を支援

    河北省の新型コロナ対策を支援するために送られたCT搭載車の作業現場。(資料写真)中国河北省の新型コロナウイルス感染症対策を支援するために、湖北省から送られたコンピューター断層撮影装置(CT)搭載車が13日、運用を開始した。この車両は全身のCTスキャンや造影CT検査に対応しており、迅速な胸部CTスクリーニング検査が可能で、1日平均200~300人分の検診・スクリーニングができる。(石家荘=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)トルコ大統領、中国製コロナワクチンを接種

    14日、アンカラの病院でコロナワクチンを接種するエルドアン大統領。トルコのエルドアン大統領は14日夜、同国の首都アンカラで中国の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)が開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。(アンカラ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (3)チベット自治区への教育・医療支援、着実な成果収める

    ラサ市人民医院整形外科の病室で、患者のレントゲン写真を見る北京積水潭医院の支援医師(右)と北京天壇医院の支援医師。(2017年8月3日撮影)中国は2016年、チベットに対する教育支援事業を開始した。これまでに優秀な教師1676人を派遣し、理科と実験数学を強化するなど、基礎教育の質的向上を進めている。15年に始まったグループ式の医療支援も同様に優れた成果を収めている。統計によると、中国内地の他地域の病院から医療団721チーム、医療スタッフ2031人がチベットに派遣され、医療を担うリーダー約4千人を育成した。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (1)スマホ教室で高齢者の「デジタル孤立」解消へ安徽省合肥市

    9日、高齢者にスマートフォンの使い方を教える講師。中国安徽省合肥市の劉麗(りゅう・れい)さん(40)は高齢者の「デジタル孤立」からの脱却を手助けするため、同市蜀山区西園街道の高齢者サービスセンターで、スマートフォン教室を開設した。高齢者が実際に困っていることを中心に授業を進めており、教室での座学のほか、地下鉄駅や病院、公園、商店に場を移した「実技」にも力を入れている。(合肥=新華社記者/汪海月)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (6)極寒の地で森林を守る作業員黒竜江省

    9日、大興安嶺林業集団呼中林業局大西溝管護区の現場に設置された仮設テントで、のこぎりの手入れをする作業員。中国黒竜江省大興安嶺地区呼中(こちゅう)区では、多くの林業労働者が真冬の寒さの中、営林の現場で持ち場を守り、極寒の山林を回って病気の木や腐った木を取り除いて、若い森林の育成に励んでいる。大興安嶺林業集団呼中林業局大西溝管護区の森林作業員11人は、今月2日から携帯電話の電波が届かない現場に入り、森林の手入れをしている。作業期間中は約20日間、仮設テントで生活する。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)夜間の核酸検査所を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    14日、小学生に対し咽頭スワブによる検体採取を行う医療スタッフ。中国黒竜江省で新型コロナウイルスの感染確認が報告されたことに伴い、ハルビン市の一部地域では無料の核酸検査が実施されている。同市香坊区和平路街道亜麻社区(コミュニティー)にある臨時核酸検査所では、作業スタッフらが忙しく勤務。48時間以内に社区内の住人4500人余りに対する核酸検査を実施するため、夜間も迅速な検査を行っている。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    WHO調査団、武漢入り

    新型コロナウイルス感染者が多い国・地域(14日現在)

  • 2021年01月14日
    WHO調査団、武漢入り

    新型コロナウイルス感染者が多い国・地域(14日現在)

  • 2021年01月14日
    説明する渡辺淳平理事 窓少し開放、高い換気効果

    新型コロナウイルス対策で、効果の高い換気方法に関する実験結果について説明する弘前大の渡辺淳平理事=14日午前、青森県弘前市

    撮影: 14日午前、青森県弘前市

  • 2021年01月14日
    到着した前田健氏 WHO調査団、武漢入り

    中国・武漢の空港に到着したWHO国際調査団の前田健・国立感染症研究所獣医科学部長=14日(共同)

    撮影: 14日

  • 2021年01月14日
    バスに乗り込む前田健氏 WHO調査団、武漢入り

    中国・武漢の空港に到着し、バスに乗り込むWHO国際調査団の前田健・国立感染症研究所獣医科学部長=14日(共同)

    撮影: 14日

  • 2021年01月14日
    到着した前田健氏 WHO調査団、武漢入り

    中国・武漢の空港に到着したWHO国際調査団の前田健・国立感染症研究所獣医科学部長(手前)=14日(共同)

  • 2021年01月14日
    半導体不足、影響長期化も

    自動車大手8社の国内生産の推移

  • 2021年01月14日
    半導体不足、影響長期化も

    自動車大手8社の国内生産の推移

  • 2021年01月14日
    武漢の海鮮市場 WHO調査団、武漢入り

    多くの新型コロナウイルス患者が確認された海鮮市場=14日、中国・武漢(共同)

    撮影: 14日、中国・武漢

  • 2021年01月14日
    COVID-19: VACCINE: Indonesia

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Denpasar, Bali, Indonesia: A medical health worker prepares the Sinovac vaccine before injected towards the patient. Bali to start the first dose of Covid-19 vaccination program towards the public servants official and the health workers, which held at Bali Mandara Hospital. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/ZUMA Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    Covid-19: First Dose Sinovac Vaccination in Bali

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Denpasar, Bali, Indonesia: A medical health worker prepares the Sinovac vaccine before injected towards the patient. Bali to start the first dose of Covid-19 vaccination program towards the public servants official and the health workers, which held at Bali Mandara Hospital. (Credit Image: © Dicky Bisinglasi/ZUMA Wire)、クレジット:©Dicky Bisinglasi/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: A nurse holds the vaccination syringe ready to be injected..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: A nurse holds the vaccination syringe and China‘s Sinovac vaccine vial..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: A nurse holds the vaccination syringe and China‘s Sinovac vaccine vial..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: China‘s Sinovac vaccin vials seen inside their box with two syringes..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: A nurse holds the vaccination syringe and China‘s Sinovac vaccine vial..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: China‘s Sinovac vaccine vials with a syringe seen displayed..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: A China‘s Sinovac vaccine vial with a syringe seen displayed..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: A China‘s Sinovac vaccine vial with a syringe seen displayed..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: A nurse holds the vaccination syringe and China‘s Sinovac vaccine vial..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: China‘s Sinovac vaccin vials seen inside their box..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    China‘s Sinovac vaccination began in Ankara, Turkey - 14 Jan 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、シノバック、中国、製品、実物、容器、瓶-January 14, 2021, Ankara, Turkey: China‘s Sinovac vaccin vials seen inside their box..China‘s Sinovac vaccine started to be applied to 81 cities in Turkey. In Ankara City Hospital, the vaccination was applied to the hospital staff first in order to protect them from possible Covid-19 infected patients. (Credit Image: © Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Tunahan Turhan/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のプロトタイプ公開設計時速620キロ

    12日、高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプの内部。中国が独自に開発・設計・製造した、世界初の高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプと実験線が13日、四川省成都市で公開された。高温超電導高速磁気浮上のエンジニアリング研究が初めて実際の車両を伴う形に進展したことを示している。このプロトタイプは全炭素繊維による軽量化車体、空気抵抗が少ない頭部形状、大荷重の高温超電導磁気浮上技術などの新技術、新工法が採用されている。設計時速は620キロで、大気環境下の陸上交通として最高速度記録を樹立する見通し。将来は減圧・真空チューブ(トンネル)技術と結び付け、軌道交通に将来性ある革命的変化をもたらすことが期待されている。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (5)夕映えの大慶油田黒竜江省

    7日、大慶油田の2号クラスター油井ポンプユニット。中国最大の石油生産拠点の一つ、黒竜江省大慶油田は2020年、原油の国内生産量3001万319トン、海外権益生産量931万トンを達成し、いずれも計画を上回った。天然ガスの生産量は46億5537万立方メートルで、10年連続で増加した。2020年の同油田の原油・ガス生産当量は4302万9777トンで、4千万トン以上を維持した一方、原油・ガスのフルコストと運転コストは前年同期に比べ減少した。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)夕映えの大慶油田黒竜江省

    7日、大慶油田の2号クラスター油井ポンプユニット。中国最大の石油生産拠点の一つ、黒竜江省大慶油田は2020年、原油の国内生産量3001万319トン、海外権益生産量931万トンを達成し、いずれも計画を上回った。天然ガスの生産量は46億5537万立方メートルで、10年連続で増加した。2020年の同油田の原油・ガス生産当量は4302万9777トンで、4千万トン以上を維持した一方、原油・ガスのフルコストと運転コストは前年同期に比べ減少した。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)夕映えの大慶油田黒竜江省

    7日、大慶油田の2号クラスター油井ポンプユニット。中国最大の石油生産拠点の一つ、黒竜江省大慶油田は2020年、原油の国内生産量3001万319トン、海外権益生産量931万トンを達成し、いずれも計画を上回った。天然ガスの生産量は46億5537万立方メートルで、10年連続で増加した。2020年の同油田の原油・ガス生産当量は4302万9777トンで、4千万トン以上を維持した一方、原油・ガスのフルコストと運転コストは前年同期に比べ減少した。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)智己汽車、量産モデル2種を世界初公開年内に発売予定

    13日、世界初公開された智己汽車科技のスマートEVの量産モデル。設立から1カ月足らずのハイエンド電気自動車(EV)メーカー、智己汽車科技は上海市で13日、スマートEVの量産モデル2種を世界初公開した。うち、セダンモデルは2021年末に発売予定という。同社は中国自動車大手の上海汽車集団、上海張江ハイテク産業開発区を運営する上海張江高科技園区開発、電子商取引(EC)大手のアリババ・グループが20年12月、共同で設立した。(上海=新華社記者/周蕊)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (2)上海の展示会市場、2019年の9割以上に回復

    上海市で昨年12月に開催された自動車部品展。(2020年12月2日撮影)中国上海市の展示業界団体、上海市会展行業協会の統計によると、同市では昨年2~6月、新型コロナウイルス感染症の影響により160の展示会が延期または中止になった。影響を受けた展示面積は600万平方メートルに及び、その規模は2019年に開催された展示会の展示面積の3分の1近くに上った。下半期に入ると、市全体の感染症対策が奏功し、展示会プロジェクトも徐々に再開。同市の展示会市場は急速に回復した。7~11月に同市で開催された各種展示会の規模は計915万平方メートルとなり、前年同期の9割以上にまで回復した。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...