KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • つづら折り
  • システム
  • チワン族
  • 一水一分
  • 八山一水
  • 天一身泥
  • 如実に描写
  • 山間部住民
  • 延長距離

「ブロック 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
10
( 1 10 件を表示)
  • 1
10
( 1 10 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:40.16
    2020年09月11日
    「新華社」武漢東湖に「水中の森」出現湖北省

    中国湖北省武漢市にある東湖の付属湖、郭鄭湖の鵝咀(がそ)と呼ばれる場所でこのところ、水中の森が市民の注目を集めている。東湖では4月より、水域生態修復プロジェクトが正式に開始された。ごみ処理や区画を分ける囲いの設置、沈水性植物の植え付け、水生動物の放流などの措置を通じ、植物を中心とした水域生態系を再構築することで環境改善を進めている。モデル区内ではここ数カ月、担当者が水生植物の生育や水質、湖底の状況などに対する追跡モニタリングを行っている。8月の中間評価報告によると、モデル区の生態系は安定傾向を示しており、水中の森も予想以上に順調に育っている。(記者/廖君、熊琦)<映像内容>武漢市の東湖の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:16.17
    2020年05月12日
    「新華社」自動運転技術が種まきの助っ人に内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の河套地域(中国北西部で黄河上・中流が湾曲して流れる地域)に位置するバヤンノール市ウラド前旗では、自動運転の播種機が農作業の新たな助っ人になっている。自動運転ナビゲーション播種機は、衛星測位システム「北斗」を利用することで正確な種まきを可能にした。事前にルートと区画のデータを設定すれば、自動で直進作業を行うことができ、千メートルごとの誤差は2センチ以内。1日に耕地100ムー(約6・7ヘクタール)の種まきが可能だという。(記者/李雲平)<映像内容>自動運転の播種機を使う様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:39.48
    2019年10月30日
    「新華社」地球上にある火星のような場所四川省稲城県

    中国四川省カンゼ・チベット族自治州稲城(とうじょう)県には、広大な荒野に原始的な石の塊が点在する火星の表面のような場所がある。ここでは現在、高海抜宇宙線観測ステーションの建設が進んでいる。同ステーションは、宇宙線の起源を探るもので、高エネルギー放射や天体の変化、暗黒物質の分布など関連分野の基礎科学研究の実施を最終的な目標としている。(記者/楊進)<映像内容>高海抜宇宙線観測ステーションの建設が進む四川省稲城県の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.07
    2019年10月23日
    「新華社」雲海に浮かぶ都市運城市で移流霧山西省

    山西省運城市でこのほど、雨の後に街が移流霧に包まれる珍しい光景が見られた。朝日の中を飛ぶ小型無人機(ドローン)から眺めた街並みは、まるで仙境のように雲海に見え隠れしている。ひと塊の霧が高層ビルの間をかすめる様子は幻想的でとても美しい。(記者/徐偉)<映像内容>移流霧に包まれた山西省運城市の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月02日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    2日、広西チワン族自治区大化ヤオ族自治県六也郷の「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月30日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月30日、広西チワン族自治区凌雲県の弄福道路。(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月18日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月18日、広西チワン族自治区那坡県の百省郷那孟村にある「つづら折りの道」の一区間。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土、雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月18日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月18日、広西チワン族自治区那坡県百省郷の那孟村各酬屯にある「1里10カーブ」。(ドローン空撮写真)かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月14日
    空から見る広西の「つづら折りの道」

    3月14日、広西チワン族自治区那坡県の百南郷上保屯にある「つづら折りの道」(ドローン空撮写真)。かつて「八山一水一分田(山が多く河と田畑が少ない)」だった中国広西チワン族自治区の「晴天一身土,雨天一身泥(晴れの日は土だらけ、雨の日は泥だらけ)」の様子を表す言葉が、広大な山間部住民の「交通の不便さ」を如実に描写している。近年、同自治区の住民は党と政府の支援のもと、標高が高くて険しくカーブの多い山間部に山をめぐるつづら折り(ツヅラのつるのように折れ曲がっている様子)の道路を建設した。人々はこの道を「つづら折りの道」と呼ぶ。今では、山の中腹で美しい曲線を描き出す「つづら折りの道」が、住民の「外出が難しい」問題を解決しただけでなく、「道路+貧困扶助」、「道路+観光」、「道路+EC(電子商取引)」といった様々な発展モデルも生み出し、山村の富へと繋がる道、郷(中国の行政区画、日本の町に相当)・村振興の「急成長の道」を作り上げた。統計によると、2017年末時点で、広西チワン族自治区農村部の道路の総延長距離は9万8300キロに達し、自治区全体の道路の総延長距離の79.75%を占め、県道を骨組みとし、郷道を支線とし、村道を脈絡とする農村道路網システムを基本的に形成した。(南寧=新華社記者/張愛林)=2018(平成30)年3月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:43.49
    2017年05月01日
    沖縄県 米軍基地 辺野古 砕石 普天間 抗議 空撮 大量の砕石、投入へ用意 辺野古埋め立て1週間

    政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部で埋め立てに着工して2日で1週間。護岸の付け根に当たる砂浜上で作業が進み、近くでは500個以上の砕石入り袋や約60個の消波ブロックが投入に向け用意されている様子が確認できた。近くの米軍キャンプ・シュワブ内では、大量の砕石入り袋が整然と並べられていた。生コンクリートと型枠で消波ブロックを製造する施設も見え、傍らに完成したブロックが置かれていた。〈映像内容〉辺野古沿岸部埋め立て現場付近の空撮。並んだ砕石入り袋や、消波ブロックを製造する型枠など。

  • 1