KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 建物部分
  • 高層建物
  • ドローン
  • 風景メイン
  • 小型無人機
  • 太陽光発電
  • エネルギー
  • システム
  • 新型肺炎
  • エコロジー

「建物」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,095
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,095
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月23日
    発射台に向かう星出さん ごう音響かせ、新たな旅へ

    新型宇宙船クルードラゴン2号機の発射台に向かうため、建物を出る星出彰彦さん(右)=23日、米フロリダ州のケネディ宇宙センター(代表撮影・共同)

  • 2021年04月23日
    星出彰彦さん ごう音響かせ、新たな旅へ

    打ち上げを前に、宇宙服を着用して建物を出る星出彰彦さん(右から2人目)ら=23日、米ケネディ宇宙センター(代表撮影・共同)

  • 2021年04月09日
    アサヒビールの「スーパードライミュージアム」メディア向け体験会

    アサヒビールは茨城工場をスーパードライの世界観が体験できる、「スーパードライミュージアム」としてリニューアルした。21年4月20日の一般公開に先駆け4月9日に報道公開をした。写真はスーパードライミュージアムのスーパードライGo Ride。製造過程をまるで缶に乗ったかのような没入体験ができるコーナー。=2021(令和3)年4月9日、茨城県守谷市のスーパードライミュージアム、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年04月02日
    (2)蘇州市相城開発区に建設される「中日友好天文台」のデザイン発表

    1日、中日友好天文台のデザインを発表する安藤忠雄建築研究所の中国パートナー、馬衛東(ば・えいとう)氏。中国江蘇省蘇州市の相城経済技術開発区で1日、同区に建設予定の「中日友好天文台」のデザインが発表された。同天文台は中国の天文科学普及事業の革新的発展を促進し、中日両国の青少年交流に新たなページを記すことを目指している。同天文台は敷地面積1200平方メートル、建築面積約3600平方メートルで、日本の建築家、安藤忠雄氏が設計を担当した。機能性と芸術性を兼ね備えた建物にはプラネタリウムホールや中日友好交流・天文科学普及展示ホール、研修センターなどが設けられ、観測スペースと専門施設の合理的な配置を実現している。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月02日
    (1)蘇州市相城開発区に建設される「中日友好天文台」のデザイン発表

    1日、ビデオを通じてあいさつする安藤忠雄氏。中国江蘇省蘇州市の相城経済技術開発区で1日、同区に建設予定の「中日友好天文台」のデザインが発表された。同天文台は中国の天文科学普及事業の革新的発展を促進し、中日両国の青少年交流に新たなページを記すことを目指している。同天文台は敷地面積1200平方メートル、建築面積約3600平方メートルで、日本の建築家、安藤忠雄氏が設計を担当した。機能性と芸術性を兼ね備えた建物にはプラネタリウムホールや中日友好交流・天文科学普及展示ホール、研修センターなどが設けられ、観測スペースと専門施設の合理的な配置を実現している。(蘇州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年4月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月26日
    (6)フェリー乗り場の独特な外観が話題に上海市

    25日、フェリー乗り場の建物の外観。中国上海市徐匯区浜江区域の港にあるフェリー乗り場は建て替えを経て、今年に入り「よその星の宇宙船」のような姿に生まれ変わった。独特な外観が多くの市民や観光客の間で話題となっている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月26日
    (7)フェリー乗り場の独特な外観が話題に上海市

    25日、フェリー乗り場の建物の外観。中国上海市徐匯区浜江区域の港にあるフェリー乗り場は建て替えを経て、今年に入り「よその星の宇宙船」のような姿に生まれ変わった。独特な外観が多くの市民や観光客の間で話題となっている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年3月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月16日
    (4)住民の暮らしを守るスマートコミュニティー上海市

    上:12日、上海市閔行区の愛博四村社区に設置された、高層建築物からの投げ捨てを禁じた看板。左下と右下:防犯カメラ。(組み合わせ写真)中国上海市閔行区の新虹街道は地域住民の困りごとを解決するため、スマート管理システムを導入している。社区(コミュニティー)にスマート消火栓や高層建築物からの投げ捨て監視システム、スマート火災警報器、スマートごみ箱などを設置するとともに、家庭介護用ベッドの増設、独居高齢者や優遇扶養対象世帯への室内リフォームを実施し、住民の生活の質を向上させている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月16日
    (1)住民の暮らしを守るスマートコミュニティー上海市

    12日、上海市閔行区の愛博一村社区にある自宅で、睡眠をモニタリングする装置を手にする陸生余(りく・せいよ)さん(91)。中国上海市閔行区の新虹街道は地域住民の困りごとを解決するため、スマート管理システムを導入している。社区(コミュニティー)にスマート消火栓や高層建築物からの投げ捨て監視システム、スマート火災警報器、スマートごみ箱などを設置するとともに、家庭介護用ベッドの増設、独居高齢者や優遇扶養対象世帯への室内リフォームを実施し、住民の生活の質を向上させている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月16日
    (9)住民の暮らしを守るスマートコミュニティー上海市

    12日、上海市閔行区の愛博一村社区の自宅で、緊急通報デバイスを手にする陸生余(りく・せいよ)さん(91)。中国上海市閔行区の新虹街道は地域住民の困りごとを解決するため、スマート管理システムを導入している。社区(コミュニティー)にスマート消火栓や高層建築物からの投げ捨て監視システム、スマート火災警報器、スマートごみ箱などを設置するとともに、家庭介護用ベッドの増設、独居高齢者や優遇扶養対象世帯への室内リフォームを実施し、住民の生活の質を向上させている。(上海=新華社記者/王翔)= 配信日: 2021(令和3)年3月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月12日
    住民の暮らしを守るスマートコミュニティー上海市

    12日、上海市閔行区の新虹街道高齢者総合サービスセンターで、高齢者向けスマートクラウドサービスを紹介する職員。中国上海市閔行区の新虹街道は地域住民の困りごとを解決するため、スマート管理システムを導入している。社区(コミュニティー)にスマート消火栓や高層建築物からの投げ捨て監視システム、スマート火災警報器、スマートごみ箱などを設置するとともに、家庭介護用ベッドの増設、独居高齢者や優遇扶養対象世帯への室内リフォームを実施し、住民の生活の質を向上させている。(上海=新華社記者/王翔)=配信日:2021(令和3)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    検査所と看板 コロナ関連に1億7千万円

    新型コロナウイルスの検査所として使われている建物(左奥)と入り口を示す看板=1日、オーベルストドルフ(共同)

  • 2021年02月11日
    ECONOMY PHARMA PFIZER HEADQUARTERS

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク、建物、ベルギー、ブリュッセル-Illustration picture shows the headquarters of pharmaceutical company Pfizer in Elsene - Ixelles, Brussels, Thursday 11 February 2021. BELGA PHOTO NICOLAS MAETERLINCK、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    ECONOMY PHARMA PFIZER HEADQUARTERS

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ロゴマーク、建物、ベルギー、ブリュッセル-Illustration picture shows the headquarters of pharmaceutical company Pfizer in Elsene - Ixelles, Brussels, Thursday 11 February 2021. BELGA PHOTO NICOLAS MAETERLINCK、クレジット:BELGA/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (3)上海市、「読める建築」で歴史的建造物の情報提供と活用を促進

    3日、上海市徐匯(じょかい)区にある歴史的建造物「武康大楼(旧ノルマンディー・アパートメント)」をモチーフにした多数の文化クリエーティブ製品。中国上海市は3日、市内の歴史的建造物に専用の2次元バーコードを設置し、関連情報を提供する「読める建築」プロジェクトの2021年十大行動計画を発表した。同市の「読める建築」は今年、デジタルバージョン3・0にアップグレード。デジタル体験やサービス体系化の実現に取り組むことで、訪れたより多くの市民や観光客が、歴史文化や都市精神を理解、保護、活性化、継承できるようにする。(上海=新華社記者/陳愛平)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月03日
    実験室に通じる通路の人影 WHO、石氏らと意見交換

    中国科学院武漢ウイルス研究所にあるバイオセーフティーレベル(BSL)4の実験室が入る建物に繋がる通路。青い靴カバーを着用して歩く人影が見られた=3日、中国・武漢(共同)

  • 2021年02月03日
    BSL4実験室が入る建物 WHO、石氏らと意見交換

    中国科学院武漢ウイルス研究所にあるバイオセーフティーレベル(BSL)4の実験室が入る建物=3日、中国・武漢(共同)

  • 2021年01月27日
    ダイヘンの本社外観

    キーワード:ダイヘン、DAIHEN、電気機器メーカー、重電8社、変圧器、電力機器、産業用ロボット、アーク溶接機、企業、本社、本社外観=2021(令和3)年1月27日、大阪市淀川区の本社、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年01月27日
    Italy, Basiglio (Milan): AstraZeneca, Swedish multinational pharmaceutical and biopharmaceutical company

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、アストラゼネカ、社屋、建物、ビル、外観、社名、看板、ロゴマーク-Italy, Basiglio (Milan) - 2014.AstraZeneca, Swedish multinational pharmaceutical and biopharmaceutical company (Credit Image: © Corner/ROPI via ZUMA Press)、クレジット:©Corner/ROPI via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany and Italy Rights Out

  • 2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 2021年01月20日
    (3)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Mathematical formulas belonging to a machine learning algorithm are displayed on a whiteboard in the AI Research Building at the University of Tübingen, which is part of “Cyber Valley“. This is the home of the “Machine Learning“ Cluster of Excellence of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (9)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (8)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    ILLUSTRATION - 20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Mathematical formulas belonging to a machine learning algorithm are displayed on a whiteboard in the AI Research Building at the University of Tübingen, which is part of “Cyber Valley“. In the foreground, a researcher writes on the board (posed scene). The Cluster of Excellence “Machine Learning“ of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences is located here. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: “AI Research Buildung“ is located on a building at the University of Tübingen, which is part of the “Cyber Valley“. The Cluster of Excellence “Machine Learning“ of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences is located here. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(令和3)年1月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    オラクルの建物 スマホにワクチン接種記録

    オラクルの建物=2018年6月、米カリフォルニア州アーバイン(ロイター=共同)

    撮影: 2018年6月、米カリフォルニア州アーバイン

  • 2020年12月11日
    豊田合成いなべ工場

    豊田合成が三重県いなべ市に新設した燃料電池車向け水素タンクの製造工場=2020年12月10日、三重県いなべ市

    撮影: 2020年12月10日、三重県いなべ市

  • 2020年12月02日
    UK authorises Pfizer-BioNTech COVID-19 vaccine

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、ファイザー、ファイザー製薬、ドイツ、フライブルク、ロゴマーク、建物-December 2, 2020.Coronavirus pandemic .UK authorises Pfizer-BioNTech COVID-19 vaccine .Pfizer, Freiburg / Archive file (Credit Image: © Ios/ROPI via ZUMA Press)、クレジット:©Ios/ROPI via ZUMA Press/共同通信イメージズ ※France, Germany and Italy Rights Out

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター(白い建物)。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    京張高速鉄道の支線「延慶線」開通北京冬季五輪の重要な交通インフラ

    1日、延慶駅新駅舎の外観。(スマートフォンで撮影)中国北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道の支線となる「延慶線」が1日、延慶駅の新駅舎の開業に伴い、正式に開通した。同線は2022年に開催される北京冬季五輪・パラリンピックの重要な交通インフラ整備事業の一つで、全長9・33キロ、設計速度は時速160キロ。開通により、北京市中心部と同市北西部の延慶区の移動時間がこれまでより大幅に短縮される。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    成都の夏季ユニバ競技場、米オートデスクの国際アワード受賞

    14日、上空から見た成都鳳凰山スポーツパーク。(小型無人機から)中国四川省成都市で来年8月に開催される第31回ユニバーシアード夏季競技大会の競技会場「成都鳳凰山スポーツパーク」が建築設計用ツールなどの開発を手掛ける米オートデスクが主催する「AECエクセレンス・アワード」の大型プロジェクト部門で優勝したことが19日、施工を請け負う中国建築第八工程局への取材で分かった。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    成都の夏季ユニバ競技場、米オートデスクの国際アワード受賞

    14日、上空から見た成都鳳凰山スポーツパーク。(小型無人機から)中国四川省成都市で来年8月に開催される第31回ユニバーシアード夏季競技大会の競技会場「成都鳳凰山スポーツパーク」が建築設計用ツールなどの開発を手掛ける米オートデスクが主催する「AECエクセレンス・アワード」の大型プロジェクト部門で優勝したことが19日、施工を請け負う中国建築第八工程局への取材で分かった。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアにあるハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設、東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    上海で離島向け無人操縦航空試験区の運用開始

    上海市金山区にある華東無人機(ドローン)基地。(資料写真)上海金山華東無人機(ドローン)基地が中国国内の離島向け民用無人操縦航空試験区となった。10月28日上海での第2回華東無人機基地イノベーション発展フォーラムで試験区のネームプレート除幕式が行われ、正式に運用が始まった。(上海=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    輸入博出展企業、パナソニックの東京ショールームを探訪

    10月30日、パナソニックセンター東京の外観。日本のパナソニックグループは今年も中国国際輸入博覧会(輸入博)に出展する。同グループが東京に開設した大型コーポレートショールーム「パナソニックセンター東京」は、ビジネス専用展示と一般展示に分かれており、ハイテク製品や持続可能な発展目標(SDGs)に向けた取り組み、企業文化などを紹介している。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    未来科学者通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    未来科学者通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    輸入博出展企業、パナソニックの東京ショールームを探訪

    10月30日、パナソニックセンター東京の建物壁面に掛けられた企業ロゴ。日本のパナソニックグループは今年も中国国際輸入博覧会(輸入博)に出展する。同グループが東京に開設した大型コーポレートショールーム「パナソニックセンター東京」は、ビジネス専用展示と一般展示に分かれており、ハイテク製品や持続可能な発展目標(SDGs)に向けた取り組み、企業文化などを紹介している。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    未来科学者通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    未来科学者通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月28日
    武漢ロケット産業パーク、年間20機の生産能力を備える

    武漢国家航天産業基地のロケット産業パーク。(資料写真)中国湖北省にある武漢国家航天産業基地は中国初の商業宇宙産業基地。同基地のロケット産業パークは現時点で固体燃料を使用したロケット20機の年間生産能力をすでに備えている。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ゴビ砂漠にそびえる宇宙観測所青海省デリンハ市

    10月28日、中国科学院紫金山天文台青海観測所。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から東へ35キロ、標高3200メートル地点のゴビ砂漠に巨大なゴルフボールのような建物が立っている。「ゴルフボール」は中国科学院紫金山天文台青海観測所で、中では直径13・7メートルのミリ波望遠鏡が休むことなく宇宙を観測している。乾燥した気候で大気中の水蒸気量も少なく、天体観測に適しているため、同観測所では30年以上にわたり歴代の科学者たちが観測活動を続けてきた。同観測所は現在、電波望遠鏡から光学望遠鏡までさまざまな波長に対応した観測設備を備えるだけでなく、世界初の量子暗号衛星「墨子」の地上ステーションの一つにもなっている。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ゴビ砂漠にそびえる宇宙観測所青海省デリンハ市

    10月28日、中国科学院紫金山天文台青海観測所で直径13・7メートルのミリ波望遠鏡の作動状況を確認する技師。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から東へ35キロ、標高3200メートル地点のゴビ砂漠に巨大なゴルフボールのような建物が立っている。「ゴルフボール」は中国科学院紫金山天文台青海観測所で、中では直径13・7メートルのミリ波望遠鏡が休むことなく宇宙を観測している。乾燥した気候で大気中の水蒸気量も少なく、天体観測に適しているため、同観測所では30年以上にわたり歴代の科学者たちが観測活動を続けてきた。同観測所は現在、電波望遠鏡から光学望遠鏡までさまざまな波長に対応した観測設備を備えるだけでなく、世界初の量子暗号衛星「墨子」の地上ステーションの一つにもなっている。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ゴビ砂漠にそびえる宇宙観測所青海省デリンハ市

    10月28日、中国科学院紫金山天文台青海観測所で宇宙から届く電波のデータを採取する技師。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から東へ35キロ、標高3200メートル地点のゴビ砂漠に巨大なゴルフボールのような建物が立っている。「ゴルフボール」は中国科学院紫金山天文台青海観測所で、中では直径13・7メートルのミリ波望遠鏡が休むことなく宇宙を観測している。乾燥した気候で大気中の水蒸気量も少なく、天体観測に適しているため、同観測所では30年以上にわたり歴代の科学者たちが観測活動を続けてきた。同観測所は現在、電波望遠鏡から光学望遠鏡までさまざまな波長に対応した観測設備を備えるだけでなく、世界初の量子暗号衛星「墨子」の地上ステーションの一つにもなっている。(西寧=新華社記者/趙玉和)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    ゴビ砂漠にそびえる宇宙観測所青海省デリンハ市

    10月28日、中国科学院紫金山天文台青海観測所で望遠鏡コントロール設備のデータを記録する技師。中国青海省海西モンゴル族チベット族自治州デリンハ市から東へ35キロ、標高3200メートル地点のゴビ砂漠に巨大なゴルフボールのような建物が立っている。「ゴルフボール」は中国科学院紫金山天文台青海観測所で、中では直径13・7メートルのミリ波望遠鏡が休むことなく宇宙を観測している。乾燥した気候で大気中の水蒸気量も少なく、天体観測に適しているため、同観測所では30年以上にわたり歴代の科学者たちが観測活動を続けてきた。同観測所は現在、電波望遠鏡から光学望遠鏡までさまざまな波長に対応した観測設備を備えるだけでなく、世界初の量子暗号衛星「墨子」の地上ステーションの一つにもなっている。(西寧=新華社記者/央秀達珍)=2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    武漢ロケット産業パーク、年間20機の生産能力を備える

    武漢国家航天産業基地のロケット産業パーク。(資料写真)中国湖北省にある武漢国家航天産業基地は中国初の商業宇宙産業基地。同基地のロケット産業パークは現時点で固体燃料を使用したロケット20機の年間生産能力をすでに備えている。(武漢=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    長春市で「中国・ドイツ自動車会議2020」開催

    13日、「中国・ドイツ自動車会議2020」が開かれた長春市の中国第一汽車集団「紅旗会堂」。中国吉林省長春市で13~16日、「中国・ドイツ自動車会議2020」が開催されている。両国の自動車業界や政府、高等教育機関の関係者700人余りが出席し、新エネルギー車(NEV)の発展や自動運転技術、グローバル自動車産業チェーンの安定などについて議論を深めたほか、両国の自動車産業の協力と相互利益の強化に向けた提言を行った。(長春=新華社配信)=2020(令和2)年10月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    Ai Weiwei in the Bundestag

    29 September 2020, Berlin: The Chinese artist Ai Weiwei looks through a pane of the Reichstag building at the parliamentary group level of the Bundestag into the photographer‘s camera. The artist is taking part in a panel discussion on human rights in Hong Kong organized by Cinema for Peace after Ai Weiwei‘s film “Coronation“ was shown. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月29日
    Ai Weiwei in the Bundestag

    29 September 2020, Berlin: The Chinese artist Ai Weiwei looks through a pane of the Reichstag building at the parliamentary group level of the Bundestag into the photographer‘s camera. The artist is taking part in a panel discussion on human rights in Hong Kong organized by Cinema for Peace after Ai Weiwei‘s film “Coronation“ was shown. Photo: Kay Nietfeld/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    歴史的建造物をより身近に、バーコード設置で詳しく解説上海市

    13日、上海市楊浦区の歴史的建造物をモチーフにした切り紙。中国の上海市文化・観光局は13日、上海にある歴史的建造物2458カ所に専用の2次元バーコードを設定したことを明らかにした。訪れた市民や観光客は、建造物の外壁や周囲に設置された2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、関連のテキストや画像、音声、動画、さらにはVRパノラマガイドを利用できる。同局の責任者によると、2018年から市の中心部6区で「建築可閲読(読める建築)」関連イベントを先行的に実施してきたという。13日に開催された第2回「建築可閲読」文化・クリエーティブ製品マーケットでは、美しい服飾品、はがき、文房具、冷蔵庫用マグネット、手作り模型など上海の歴史的建造物に関連した文化・クリエーティブ製品が100種類以上展示され、上海の文化が余すところなく披露された。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    歴史的建造物をより身近に、バーコード設置で詳しく解説上海市

    13日、上海市金山区の農民画をモチーフにした各種文化・クリエーティブ製品。中国の上海市文化・観光局は13日、上海にある歴史的建造物2458カ所に専用の2次元バーコードを設定したことを明らかにした。訪れた市民や観光客は、建造物の外壁や周囲に設置された2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、関連のテキストや画像、音声、動画、さらにはVRパノラマガイドを利用できる。同局の責任者によると、2018年から市の中心部6区で「建築可閲読(読める建築)」関連イベントを先行的に実施してきたという。13日に開催された第2回「建築可閲読」文化・クリエーティブ製品マーケットでは、美しい服飾品、はがき、文房具、冷蔵庫用マグネット、手作り模型など上海の歴史的建造物に関連した文化・クリエーティブ製品が100種類以上展示され、上海の文化が余すところなく披露された。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    歴史的建造物をより身近に、バーコード設置で詳しく解説上海市

    13日、上海市青浦区朱家角古鎮関連の文化・クリエーティブ製品。中国の上海市文化・観光局は13日、上海にある歴史的建造物2458カ所に専用の2次元バーコードを設定したことを明らかにした。訪れた市民や観光客は、建造物の外壁や周囲に設置された2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、関連のテキストや画像、音声、動画、さらにはVRパノラマガイドを利用できる。同局の責任者によると、2018年から市の中心部6区で「建築可閲読(読める建築)」関連イベントを先行的に実施してきたという。13日に開催された第2回「建築可閲読」文化・クリエーティブ製品マーケットでは、美しい服飾品、はがき、文房具、冷蔵庫用マグネット、手作り模型など上海の歴史的建造物に関連した文化・クリエーティブ製品が100種類以上展示され、上海の文化が余すところなく披露された。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    歴史的建造物をより身近に、バーコード設置で詳しく解説上海市

    13日、上海市の「旗袍(チーパオ、チャイナドレス)」のボタン製作技法で作られたアクセサリー。中国の上海市文化・観光局は13日、上海にある歴史的建造物2458カ所に専用の2次元バーコードを設定したことを明らかにした。訪れた市民や観光客は、建造物の外壁や周囲に設置された2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、関連のテキストや画像、音声、動画、さらにはVRパノラマガイドを利用できる。同局の責任者によると、2018年から市の中心部6区で「建築可閲読(読める建築)」関連イベントを先行的に実施してきたという。13日に開催された第2回「建築可閲読」文化・クリエーティブ製品マーケットでは、美しい服飾品、はがき、文房具、冷蔵庫用マグネット、手作り模型など上海の歴史的建造物に関連した文化・クリエーティブ製品が100種類以上展示され、上海の文化が余すところなく披露された。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    歴史的建造物をより身近に、バーコード設置で詳しく解説上海市

    13日、上海市第2回「建築可閲読」文化クリエーティブ製品マーケットで、上海の複数の大学が展示した校章をモチーフにしたキーホルダー。中国の上海市文化・観光局は13日、上海にある歴史的建造物2458カ所に専用の2次元バーコードを設定したことを明らかにした。訪れた市民や観光客は、建造物の外壁や周囲に設置された2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、関連のテキストや画像、音声、動画、さらにはVRパノラマガイドを利用できる。同局の責任者によると、2018年から市の中心部6区で「建築可閲読(読める建築)」関連イベントを先行的に実施してきたという。13日に開催された第2回「建築可閲読」文化・クリエーティブ製品マーケットでは、美しい服飾品、はがき、文房具、冷蔵庫用マグネット、手作り模型など上海の歴史的建造物に関連した文化・クリエーティブ製品が100種類以上展示され、上海の文化が余すところなく披露された。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月13日
    歴史的建造物をより身近に、バーコード設置で詳しく解説上海市

    13日、上海市の武康大楼(旧ノルマンディー・アパートメント)をモチーフに刺しゅう作品を作る工芸家。中国の上海市文化・観光局は13日、上海にある歴史的建造物2458カ所に専用の2次元バーコードを設定したことを明らかにした。訪れた市民や観光客は、建造物の外壁や周囲に設置された2次元バーコードをスマートフォンで読み取り、関連のテキストや画像、音声、動画、さらにはVRパノラマガイドを利用できる。同局の責任者によると、2018年から市の中心部6区で「建築可閲読(読める建築)」関連イベントを先行的に実施してきたという。13日に開催された第2回「建築可閲読」文化・クリエーティブ製品マーケットでは、美しい服飾品、はがき、文房具、冷蔵庫用マグネット、手作り模型など上海の歴史的建造物に関連した文化・クリエーティブ製品が100種類以上展示され、上海の文化が余すところなく披露された。(上海=新華社記者/陳愛平)=2020(令和2)年9月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    ファームロイドが開発したUVバスター

    東京都板橋区や日本大学、理化学研究所、ファームロイド(東京都板橋区)は8日、紫外線(UV)を照射するロボットを利用し、新型コロナウイルスの除去実験に成功したと発表した。培養皿に入った数万のウイルスに、ロボに取り付けたUVランプを照射。30センチメートルの距離にある対象物に22・6秒照射すると、検出限界となる5万分の1までウイルスを減らせた。建物内の床や壁などに残ったウイルスを自動除去するシステムの開発が期待される。国産ロボを利用した新型コロナ除去の実験成功は日本初という。装置はすでに日大医学部付属板橋病院(板橋区)での消毒に利用されている。現時点では医療従事者がモニターを見ながら遠隔操作で消毒作業を実施しているが、ファームロイドの飯村一樹社長は「2、3カ月後にも自動で消毒できるロボを作りたい」との考え。坂本健板橋区長は「産業や医療などの分野と協力しニーズに応えられる取り組みを進めたい」と強調した。写真はファームロイドが開発したUVバスター(中央)と、板橋区の坂本健 区長(左端)、飯村一樹 ファームロイド社長(右から3)。=2020(令和2)年9月8日、東京都板橋区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    ファームロイドが開発したUVバスター

    東京都板橋区や日本大学、理化学研究所、ファームロイド(東京都板橋区)は8日、紫外線(UV)を照射するロボットを利用し、新型コロナウイルスの除去実験に成功したと発表した。培養皿に入った数万のウイルスに、ロボに取り付けたUVランプを照射。30センチメートルの距離にある対象物に22・6秒照射すると、検出限界となる5万分の1までウイルスを減らせた。建物内の床や壁などに残ったウイルスを自動除去するシステムの開発が期待される。国産ロボを利用した新型コロナ除去の実験成功は日本初という。装置はすでに日大医学部付属板橋病院(板橋区)での消毒に利用されている。現時点では医療従事者がモニターを見ながら遠隔操作で消毒作業を実施しているが、ファームロイドの飯村一樹社長は「2、3カ月後にも自動で消毒できるロボを作りたい」との考え。坂本健板橋区長は「産業や医療などの分野と協力しニーズに応えられる取り組みを進めたい」と強調した。写真はファームロイドが開発したUVバスター(左)と板橋区の坂本健 区長(右)、飯村一樹 ファームロイド社長(右から2)。=2020(令和2)年9月8日、東京都板橋区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年09月08日
    ファームロイドが開発したUVバスター

    東京都板橋区や日本大学、理化学研究所、ファームロイド(東京都板橋区)は8日、紫外線(UV)を照射するロボットを利用し、新型コロナウイルスの除去実験に成功したと発表した。培養皿に入った数万のウイルスに、ロボに取り付けたUVランプを照射。30センチメートルの距離にある対象物に22・6秒照射すると、検出限界となる5万分の1までウイルスを減らせた。建物内の床や壁などに残ったウイルスを自動除去するシステムの開発が期待される。国産ロボを利用した新型コロナ除去の実験成功は日本初という。装置はすでに日大医学部付属板橋病院(板橋区)での消毒に利用されている。現時点では医療従事者がモニターを見ながら遠隔操作で消毒作業を実施しているが、ファームロイドの飯村一樹社長は「2、3カ月後にも自動で消毒できるロボを作りたい」との考え。坂本健板橋区長は「産業や医療などの分野と協力しニーズに応えられる取り組みを進めたい」と強調した。写真はファームロイドが開発したUVバスター(左端)について説明する板橋区の坂本健 区長(右)。=2020(令和2)年9月8日、東京都板橋区、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    世界で初めて「華竜1号」を採用した原子炉のある福清原子力発電所。(9月1日撮影、小型無人機から)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。

  • 2020年09月01日
    中国第3世代原子炉「華竜1号」、初の臨界状態に

    世界で初めて「華竜1号」を採用した原子炉のある福清原子力発電所。(9月1日撮影)中国福建省にある中国核工業集団の福清原子力発電所によると、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した5号機の原子炉が21日、初めて臨界状態に達した。これにより、5号機は正式に運転状態に入った。「華竜1号」は、中国が完全に独自の知的財産権を保有する第3世代原子炉設計技術。同発電所5号機は2015年5月に着工し、今年9月には燃料集合体177体の装荷を完了している。(福州=新華社配信)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画質が良くありません。

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月30日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    修繕前の「奉天工場」。(資料写真)中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    淡路島の世界平和大観音像 巨大観音、ドローンで撮影

    兵庫県・淡路島にそびえ立つ「世界平和大観音像」の現状を、ドローン(小型無人機)で撮影した。老朽化が進む高さ約100㍍のコンクリート製建造物は、左脇のあたりが一部崩れ、内部がのぞいていた。かつては観光スポットとして知られたが10年以上前に閉鎖し、現在は国が所有する。2022年度中に解体、撤去される予定の島のランドマーク。目線の高さからは、周囲の鮮やかな田園風景と大阪湾が一望できた=28日

  • 2020年08月29日
    世界平和大観音像 巨大観音、ドローンで撮影

    兵庫県・淡路島にそびえ立つ「世界平和大観音像」の現状を、ドローン(小型無人機)で撮影した。老朽化が進む高さ約100㍍のコンクリート製建造物は、左脇のあたりが一部崩れ、内部がのぞいていた。かつては観光スポットとして知られたが10年以上前に閉鎖し、現在は国が所有する。2022年度中に解体、撤去される予定の島のランドマーク。目線の高さからは、周囲の鮮やかな田園風景と大阪湾が一望できた=28日

  • 2020年08月29日
    世界平和大観音像 巨大観音、ドローンで撮影

    兵庫県・淡路島にそびえ立つ「世界平和大観音像」の現状を、ドローン(小型無人機)で撮影した。老朽化が進む高さ約100㍍のコンクリート製建造物は、左脇のあたりが一部崩れ、内部がのぞいていた。かつては観光スポットとして知られたが10年以上前に閉鎖し、現在は国が所有する。2022年度中に解体、撤去される予定の島のランドマーク。目線の高さからは、周囲の鮮やかな田園風景と大阪湾が一望できた=28日

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパーク。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパークの敷地内に展示された古い機械。中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市の奉天工場インダストリアルパーク内にあるレトロな建物。中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパークの飲食エリア。中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパークのミニシアターで、映画を楽しむ市民。中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパークを散策する市民。中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市の奉天工場インダストリアルパーク内にあるレトロな建物。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    「新華社」自動車排ガス浄化部品製造の日系企業新型コロナ後の中国市場に自信

    昨年末に生産を開始した、蘇州市ハイテク産業開発区のNGK(蘇州)環保陶瓷の第2工場。(資料写真)中国江蘇省の蘇州ハイテク産業開発区(高新区)に拠点を置く日系企業NGK(蘇州)環保陶瓷は、同開発区に進出し19年になる自動車排ガス浄化用部品製造分野の企業で、製品の国際市場でのシェアは5割を上回っている。名古屋市に本社を置く親会社の日本ガイシは1919年に創業、百年の歴史を持つ企業で、エネルギーインフラ、セラミックス、エレクトロニクス、プロセステクノロジーを主要4事業部門としている。米国、メキシコ、ポーランド、ベルギーなど世界各地に子会社57社を有し、従業員総数は2万人を超える。NGK(蘇州)環保陶瓷はセラミックス事業部門に属し、グループ企業の中で資本金が最大の企業となっている。(蘇州=新華社配信)<映像内容>、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパーク。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパークを散策する市民。中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパーク。(小型無人機から)中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    「新華社」自動車排ガス浄化部品製造の日系企業新型コロナ後の中国市場に自信

    昨年末に生産を開始した、蘇州市ハイテク産業開発区のNGK(蘇州)環保陶瓷の第2工場。(資料写真)江蘇省の蘇州ハイテク産業開発区(高新区)に拠点を置く日系企業NGK(蘇州)環保陶瓷は、同開発区に進出し19年になる自動車排ガス浄化用部品製造分野の企業で、製品の国際市場でのシェアは5割を上回っている。名古屋市に本社を置く親会社の日本ガイシは1919年に創業、百年の歴史を持つ企業で、エネルギーインフラ、セラミックス、エレクトロニクス、プロセステクノロジーを主要4事業部門としている。米国、メキシコ、ポーランド、ベルギーなど世界各地に子会社57社を有し、従業員総数は2万人を超える。NGK(蘇州)環保陶瓷はセラミックス事業部門に属し、グループ企業の中で資本金が最大の企業となっている。(蘇州=新華社配信)<映像内容>、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパークで写真を撮る市民。中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市にある奉天工場インダストリアルパークを散策する市民。中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    レトロな「奉天工場」が話題のスポットに変身遼寧省瀋陽市

    20日、瀋陽市の奉天工場インダストリアルパークで写真を撮る子どもたち。中国遼寧省瀋陽市鉄西区にある「奉天工場」は1938年に建設が始まり、当初は大信洋行奉天工場と呼ばれていた。新中国成立後、同工場の跡地に瀋陽冶金機械修理工場が建設されたが、その後工場は移転し、旧工場地区はそのまま放棄されていた。そんな中、同市でショッピングモールを展開する瀋陽春天百貨が2017年、「奉天工場」の開発に着手した。同社の設計チームが「産業の歴史文化を掘り起こし、産業遺産の価値を拡大する」という発展理念に基づき、工場地区全体の再設計・再計画を実施。元の建物を全面的に補強、修繕することで、同工場地区に新たな命を吹き込んだ。レトロな「奉天工場」は、今では展示、会議・講演、映画の上映、アートサロン、飲食など、さまざまな機能を備えたインダストリアルパークに生まれ変わり、市民が産業文化を体験し、レジャーを楽めるスポットになっている。(瀋陽=新華社記者/楊青)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月14日
    「新華社」自動車排ガス浄化部品製造の日系企業新型コロナ後の中国市場に自信

    14日、名古屋の日本ガイシ本社ビル。中国江蘇省の蘇州ハイテク産業開発区(高新区)に拠点を置く日系企業NGK(蘇州)環保陶瓷は、同開発区に進出し19年になる自動車排ガス浄化用部品製造分野の企業で、製品の国際市場でのシェアは5割を上回っている。名古屋市に本社を置く親会社の日本ガイシは1919年に創業、百年の歴史を持つ企業で、エネルギーインフラ、セラミックス、エレクトロニクス、プロセステクノロジーを主要4事業部門としている。米国、メキシコ、ポーランド、ベルギーなど世界各地に子会社57社を有し、従業員総数は2万人を超える。NGK(蘇州)環保陶瓷はセラミックス事業部門に属し、グループ企業の中で資本金が最大の企業となっている。(蘇州=新華社配信)<映像内容>、撮影日:2020(令和2)年8月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    自転車工場がオフィス空間として再生天津市

    11日、天津市の創意産業園区にある企業の中。中国天津市の創意産業園区(総面積1万6千平方メートル)は、「天津飛鴿車業製造(旧:天津飛鴿自行車)」の工場の古い建物をリノベーションしたもので、現在はIT企業や文化的な企業のオフィス空間として利用されている。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    自転車工場がオフィス空間として再生天津市

    11日、天津市の創意産業園区にあるワーキングスペースで働く人々。中国天津市の創意産業園区(総面積1万6千平方メートル)は、「天津飛鴿車業製造(旧:天津飛鴿自行車)」の工場の古い建物をリノベーションしたもので、現在はIT企業や文化的な企業のオフィス空間として利用されている。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    自転車工場がオフィス空間として再生天津市

    11日、天津市の創意産業園区にある企業の中。中国天津市の創意産業園区(総面積1万6千平方メートル)は、「天津飛鴿車業製造(旧:天津飛鴿自行車)」の工場の古い建物をリノベーションしたもので、現在はIT企業や文化的な企業のオフィス空間として利用されている。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    自転車工場がオフィス空間として再生天津市

    11日、天津市の創意産業園区の外観。中国天津市の創意産業園区(総面積1万6千平方メートル)は、「天津飛鴿車業製造(旧:天津飛鴿自行車)」の工場の古い建物をリノベーションしたもので、現在はIT企業や文化的な企業のオフィス空間として利用されている。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月11日
    自転車工場がオフィス空間として再生天津市

    11日、天津市の創意産業園区にあるダンススクールで練習に励む子どもたち。中国天津市の創意産業園区(総面積1万6千平方メートル)は、「天津飛鴿車業製造(旧:天津飛鴿自行車)」の工場の古い建物をリノベーションしたもので、現在はIT企業や文化的な企業のオフィス空間として利用されている。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年8月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    田湾原発5号機、グリッド接続成功江蘇省連雲港市

    9日、江蘇省連雲港市で撮影した中国核工業集団の田湾原子力発電所5号機(左)と6号機。中国核工業集団(CNNC)の田湾原子力発電所5号機が8日、グリッド接続に初めて成功した。各技術指標は設計要件を満たしており、5号機が本格的なグリッド接続の調整段階に入り、後続機が商業運転に入るための基礎が築かれたことを示した。5号機のグリッド接続成功により、同発電所の発電ユニットは5基となった。(連雲港=新華社配信/王春)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    田湾原発5号機、グリッド接続成功江蘇省連雲港市

    9日、江蘇省連雲港市で撮影した中国核工業集団の田湾原子力発電所5号機。(小型無人機から)中国核工業集団(CNNC)の田湾原子力発電所5号機が8日、グリッド接続に初めて成功した。各技術指標は設計要件を満たしており、5号機が本格的なグリッド接続の調整段階に入り、後続機が商業運転に入るための基礎が築かれたことを示した。5号機のグリッド接続成功により、同発電所の発電ユニットは5基となった。(連雲港=新華社配信/王春)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    田湾原発5号機、グリッド接続成功江蘇省連雲港市

    9日、江蘇省連雲港市で撮影した中国核工業集団の田湾原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団(CNNC)の田湾原子力発電所5号機が8日、グリッド接続に初めて成功した。各技術指標は設計要件を満たしており、5号機が本格的なグリッド接続の調整段階に入り、後続機が商業運転に入るための基礎が築かれたことを示した。5号機のグリッド接続成功により、同発電所の発電ユニットは5基となった。(連雲港=新華社配信/王春)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    田湾原発5号機、グリッド接続成功江蘇省連雲港市

    9日、江蘇省連雲港市で撮影した中国核工業集団の田湾原子力発電所5号機。中国核工業集団(CNNC)の田湾原子力発電所5号機が8日、グリッド接続に初めて成功した。各技術指標は設計要件を満たしており、5号機が本格的なグリッド接続の調整段階に入り、後続機が商業運転に入るための基礎が築かれたことを示した。5号機のグリッド接続成功により、同発電所の発電ユニットは5基となった。(連雲港=新華社配信/王春)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月01日
    百度の自動駐車向けプラットフォームが量産開始江蘇省

    シンガポールEMS大手フレックスの蘇州呉中工場。(資料写真)中国インターネット検索大手の百度(バイドゥ)が手掛ける自動バレーパーキング(AVP)向けプラットフォーム「アポロ・コンピューティング・ユニット(ACU)」が7月30日、シンガポール受託製造サービス(EMS)大手フレックスの江蘇省蘇州市呉中区の工場で量産を開始した。今年後半には電気自動車(EV)メーカー威馬汽車(ウェイマー)と共同開発した車両に搭載される。(南京=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※ファイルサイズの小さい画像です。※画像が荒れています。

  • 2020年07月31日
    武漢のホンダ工場 中国総局・資料

    中国湖北省武漢市にある「東風ホンダ」の第3工場=2020年7月23日(共同)

    撮影: 2020年7月23日

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...