KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 新型コロナウイルス
  • 新型肺炎
  • 建設現場
  • ディスプレイ
  • プロジェクト徐々
  • 中国湖南省
  • 再開湖南省
  • 工場建屋

「感染防止 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年04月17日
    長沙で重要プロジェクト徐々に再開湖南省

    17日、長沙市の管轄下にある瀏陽市(県級市)の長沙恵科8・6世代超高解像度ディスプレイ生産ラインプロジェクト主工場建屋の建設現場。(小型無人機から)中国湖南省長沙市では、新型コロナウイルスの感染防止を徹底した上で一部の重要プロジェクトの建設が開始または再開された。3月末時点の新規着工は369件、再開は860件となっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    長沙で重要プロジェクト徐々に再開湖南省

    17日、長沙市の管轄下にある瀏陽市(県級市)の長沙恵科8・6世代超高解像度ディスプレイ生産ラインプロジェクト主工場建屋の建設現場。(小型無人機から)中国湖南省長沙市では、新型コロナウイルスの感染防止を徹底した上で一部の重要プロジェクトの建設が開始または再開された。3月末時点の新規着工は369件、再開は860件となっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    長沙で重要プロジェクト徐々に再開湖南省

    17日、長沙市の管轄下にある瀏陽市(県級市)の長沙恵科8・6世代超高解像度ディスプレイ生産ラインプロジェクト主工場建屋の建設現場で働く作業員。(小型無人機から)中国湖南省長沙市では、新型コロナウイルスの感染防止を徹底した上で一部の重要プロジェクトの建設が開始または再開された。3月末時点の新規着工は369件、再開は860件となっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月17日
    長沙で重要プロジェクト徐々に再開湖南省

    17日、長沙市の管轄下にある瀏陽市(県級市)の長沙恵科8・6世代超高解像度ディスプレイ生産ラインプロジェクト主工場建屋の建設現場。(小型無人機から)中国湖南省長沙市では、新型コロナウイルスの感染防止を徹底した上で一部の重要プロジェクトの建設が開始または再開された。3月末時点の新規着工は369件、再開は860件となっている。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設

    10日、上空から見た上海天文館の建設現場。天文館の主要部分、青少年観測基地、大衆天文台、魔力太陽塔などの付属建築物はすでに完成している。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:15.37
    2020年02月07日
    「新華社」新型肺炎の感染防止に小型無人機活用浙江省建徳経済開発区

    中国浙江省の建徳経済開発区で7日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止活動にスマート小型無人機が導入された。遠隔操作で飛行する小型無人機が人によるパトロールに代わることで、リアルタイムでの動画撮影や送信が可能になった。現場近くにいるボランティアに遠隔操作で知らせをし、外出規制に従わず外に出ている人々に注意喚起をすることもできる。同機の航続時間は28分。半径4千メートルのモニタリングが可能で、人口密集地や重点区域、周辺の村や鎮、社区(コミュニティー)をカバーできる。(記者/鄭夢雨)<映像内容>新型肺炎の感染防止活動にドローンを活用、パトロールの様子、撮影日:2020(令和2)年2月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※サイズの小さい動画です。

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.20
    2020年02月06日
    「新華社」ドローンで空から感染防止を呼びかけ浙江省台州市

    中国浙江省台州市の路橋公安分局ではこの数日、小型無人機(ドローン)にスピーカーを装着し、コミュニティーや団地など人口密集地域の上空から新型コロナウイルスの予防と抑制に関する情報を伝達している。人が集っていれば注意喚起も行う。同局は上空からの放送と同時に、地上でも警察官を総動員して全面的に配備し、関連部門と積極的に連携することで感染予防・抑制対策を強化している。移動式スピーカーや宣伝車、繰り返しの放送などによる宣伝活動を行い、地上と空から周知を徹底している。(記者/崔力)<映像内容>中国浙江省台州市の街並み、トランプをしている様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1