KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 新型肺炎
  • 風景メイン
  • 中国湖北省
  • システム
  • 湖北省武漢
  • 建設現場
  • ソーラー
  • 生態環境

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,814
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,814
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月16日
    (2)蘇州市、高水準の「太湖生態島」建設を目指す

    12日、蘇州市呉中区金庭鎮の西山島に沈む夕日。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉中(ごちゅう)区金庭鎮はここ数年、生態環境の修復と生態系の総合的な整備を進め、西山島を高水準の「太湖生態島」に造り上げようと力を入れている。同地は古くから「太湖の緑の肺」と呼ばれており、2019年末に蘇州生態涵養発展実験区に指定されている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のプロトタイプ公開設計時速620キロ

    13日、高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプおよび試験線。(小型無人機から)中国が独自に開発・設計・製造した、世界初の高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプと実験線が13日、四川省成都市で公開された。高温超電導高速磁気浮上のエンジニアリング研究が初めて実際の車両を伴う形に進展したことを示している。このプロトタイプは全炭素繊維による軽量化車体、空気抵抗が少ない頭部形状、大荷重の高温超電導磁気浮上技術などの新技術、新工法が採用されている。設計時速は620キロで、大気環境下の陸上交通として最高速度記録を樹立する見通し。将来は減圧・真空チューブ(トンネル)技術と結び付け、軌道交通に将来性ある革命的変化をもたらすことが期待されている。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (12)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。(2020年12月28日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    4日、「華竜1号」のモデル事業、福清原子力発電所の5号機と6号機。(小型無人機から)中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (4)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    4日、福清原子力発電所の全景。(小型無人機から)中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (11)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。(2020年12月28日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (3)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    4日、「華竜1号」のモデル事業、福清原子力発電所の5号機と6号機。(小型無人機から)中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月09日
    (2)チベット自治区、市民の自動車保有台数が増加

    林芝(ニンテイ)市にある多布特大橋を渡る車。(2019年10月28日撮影、小型無人機から)中国チベット自治区公安庁公安交通管理局の発表によると、同自治区の自動車や二輪車などのエンジン付き車両保有台数が2020年末時点で65万6703台となった。ドライバー数は61万3682人で、20年の車両新規登録台数は1日当たり166台だった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(平成33)年01月09日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (1)中国の生体医学イメージング施設、本体屋上部分が完成

    26日、生体医学イメージング施設の建設現場。(小型無人機から)中国の北京大学によると、同大学が法人として北京市のサイエンスシティー「北京懐柔科学城」に建設を進めてきた「マルチモード・トランススケール生体医学イメージング施設」の本体屋上部分が26日、完成した。同施設の総投資額は17億元(1元=約16円)以上、新たに建設される面積は7万2千平方メートルで、工期は5年となっている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (3)中国の生体医学イメージング施設、本体屋上部分が完成

    26日、生体医学イメージング施設の建設現場。(小型無人機から)中国の北京大学によると、同大学が法人として北京市のサイエンスシティー「北京懐柔科学城」に建設を進めてきた「マルチモード・トランススケール生体医学イメージング施設」の本体屋上部分が26日、完成した。同施設の総投資額は17億元(1元=約16円)以上、新たに建設される面積は7万2千平方メートルで、工期は5年となっている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.44
    2020年12月21日
    「新華社」ドローンが空中にアニメ、上演時間でギネス記録達成天津市

    中国天津市の天津大学でこのほど、ドローン(小型無人機)600機がオランダ後期印象派の画家ゴッホの生涯を描いたアニメーションを夜空に浮かび上がらせた。ショーは午前2時から26分19秒続き、ドローンによる最長のアニメ上演としてギネス世界記録を達成した。ドローンは市内に拠点を置く一飛智控(天津)科技が開発した。(記者/宋瑞) =配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    Mount Kalimanjaro

    19 December 2020, Saxony-Anhalt, Wolmirstedt: The tailings pile of the Zielitz potash mine can be seen from great distances in clear air and cool weather. The K+S company will expand its tailings pile by 200 hectares over the next few years. Permission for this has now been granted by the State Office for Geology and Mining (LAGB). This will secure the production of fertilizers and salt in Zielitz until 2054. The tailings pile is also called Kalimandscharo.(Photo taken with a drone.) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    Mount Kalimanjaro

    19 December 2020, Saxony-Anhalt, Wolmirstedt: The tailings pile of the Zielitz potash mine can be seen from great distances in clear air and cool weather. The K+S company will expand its tailings pile by 200 hectares over the next few years. Permission for this has now been granted by the State Office for Geology and Mining (LAGB). This will secure the production of fertilizers and salt in Zielitz until 2054. The tailings pile is also called Kalimandscharo.(Photo taken with a drone.) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    Mount Kalimanjaro

    19 December 2020, Saxony-Anhalt, Wolmirstedt: The tailings pile of the Zielitz potash mine can be seen from great distances in clear air and cool weather. The K+S company will expand its tailings pile by 200 hectares over the next few years. Permission for this has now been granted by the State Office for Geology and Mining (LAGB). This will secure the production of fertilizers and salt in Zielitz until 2054. The tailings pile is also called Kalimandscharo.(Photo taken with a drone.) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (3)上海市、5Gで都市管理を精密化高層ビルも点検可能に

    9日、上海市虹口区にあるマンション「景泰大楼」の外壁点検で、小型無人機からリアルタイムで送られた赤外線画像を確認する作業員。画像の色の違いから壁面の乾燥度合いを確認できる。中国上海市は、5G(第5世代移動通信システム)ネットワークなど新型インフラの構築が加速する中、新技術導入によるスマートで精密化された都市管理を模索している。(上海=新華社記者/陳愛平)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.71
    2020年12月14日
    ドローン空撮と地上撮 辺野古で土砂投入2年を迎える 政府着々、沖縄「憤り」

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、政府が辺野古沿岸部で土砂投入を始めて14日で2年を迎えた。着々と進める政府に、県側は「憤りしかない」(玉城(たまき)デニー知事周辺)と訴える。ただ、政府との法廷闘争では敗訴が続き、移設工事阻止につながるかどうかは見通せない。<映像内容>埋め立て工事が進む辺野古沿岸部のドローン映像。反対派の海上行動の様子、撮影日:2020(令和2)年12月14日、撮影場所:沖縄県名護市

    撮影: 2020(令和2)年12月14日

  • 2020年12月07日
    EV充電ネットワーク建設で低炭素交通を促進江蘇省蘇州市

    7日、建設中の蘇州市蓮花パーキングの充電スタンド。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市はここ数年、環境配慮型発展と低炭素・省エネ社会の理念を積極的に提唱し、電気自動車(EV)充電施設の建設に注力してきた。11月末時点で、同市の新エネルギー車(NEV)および充電施設のモニタリング・プラットフォームと結ばれている充電設備業者は23社を数える。充電スタンド(スポット)は964基、交流・直流充電ポールは7675台に上り、居住区やショッピングセンター、高速道路のサービスエリアなどを全面的にカバーする公共充電ネットワークを形成している。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:57.16
    2020年12月04日
    「新華社」スマート物流ターミナル輸送網、企業のコスト削減と効率化を支える

    中国浙江省に本拠を置く物流企業、浙江伝化集団が全国展開する物流ターミナルの道路港都市物流センターは現在、安全で安定、整然と組織された輸送網を形成し、多くの都市で感染対策物資や生産と生活に不可欠な物資の中継輸送サービスを提供している。同集団の道路港モデルは、人・車・貨物情報を集約し、運ぶ貨物が見つけにくい、効率が悪いなどの問題を解決することを目的として、2000年にスタートした。同集団傘下、伝化智連の周昇学(しゅう・しょうがく)副総裁によると、同社はサービス産業での事業展開を通じて、過去数年間で基本的に実体としての道路港全国ネットワークとオンラインのスマートなデジタルネットワークを形成したという。最終的には小規模・零細の物流企業、貿易企業、製造業企業にエンドツーエンドの産業ソリューションを提供することが可能になる。輸送ルートやプロセスの最適化などにより、トラックの空車回送率は28%削減され、輸送効率は17%向上した。伝化スマート道路港プロジェクトは現在、業務稼働中が64カ所、構築中が12カ所となっている。2019年末時点で、全国31省・自治区・直轄市で業務を展開、日用品や鉄鋼、家電など40以上の業界で企業数百万社余りにサービスを提供している。(記者/方問禹、宋立峰)<映像内容>道路港都市物流センターの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月03日
    中国、「北斗」システムを送電網の着氷監視サービスに応用

    3日、小型無人機と連携して着氷区間の監視・巡回検査を行う電気工事士。中国送配電大手の南方電網は今年の冬から来年春にかけて、みぞれが降るなどして凍結が多発する寒冷地で、着氷監視端末の通信と測位に初めて中国の衛星測位システム「北斗」を利用することにした。山奥での監視端末の断線や信号伝送の遮断など、これまであった問題を効果的に回避し、より科学的で秩序ある着氷防止措置を講じ、氷点下における送電網運用の安全性と安定性を確保していく。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター(白い建物)。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    イノベーション促進でドローン産業の発展を後押し天津市

    1日、天津市浜海新区にあるドローン(小型無人機)の研究開発に携わる天津雲聖智能科技で撮影した産業用ドローン「虎鯨(シャチ)」。中国天津市の浜海新区は近年、地元企業のイノベーションを促進することで、ドローン産業の発展を積極的に後押ししている。同区はドローンの研究開発、製造、テストを一体化した産業チェーンを構築した。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月29日
    ロケット打ち上げの空撮 H2A打ち上げ成功

    「データ中継衛星1号機」や「光データ中継衛星」などを搭載し、打ち上げられるH2Aロケット43号機=29日午後4時25分、鹿児島県の種子島宇宙センター(共同通信社ヘリから)

    撮影: 29日午後4時25分、鹿児島県の種子島宇宙センター

  • 2020年11月29日
    H2Aロケットの空撮 H2A打ち上げ成功

    「データ中継衛星1号機」や「光データ中継衛星」などを搭載し、打ち上げられるH2Aロケット43号機=29日午後4時25分、鹿児島県の種子島宇宙センター(共同通信社ヘリから)

    撮影: 29日午後4時25分、鹿児島県の種子島宇宙センター

  • 2020年11月28日
    敦賀原発とふげん 敦賀原発とふげん・資料

    日本原子力発電敦賀原発の(手前から)1号機、2号機。奥は日本原子力研究開発機構の新型転換炉ふげん=2020年10月20日、福井県敦賀市(共同通信社ヘリから)

  • 2020年11月24日
    実証飛行する水上飛行機 琵琶湖に水上飛行機

    滋賀県・琵琶湖の上空を実証飛行する水上飛行機=24日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午前

  • 2020年11月24日
    琵琶湖上の水上飛行機 琵琶湖に水上飛行機

    滋賀県・琵琶湖の上空を実証飛行する水上飛行機=24日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午前

  • 00:58.62
    2020年11月23日
    「新華社」モンゴルから寄贈の羊1万匹、武漢に到着医療従事者らに分配

    モンゴルは2月に新型コロナウイルス感染症と闘う中国への支援物資として羊3万匹を寄贈すると表明。先月13日までに3万匹は全て入国手続きが完了し、第1陣となる1万1267匹が既に武漢に到着していた。寄贈された羊は、湖北省内の新型コロナ感染症指定治療病院の最前線で働く医療従事者や全国から同省へ支援に入った医療チーム、同省で新型コロナの予防・抑制業務中に亡くなった医療関係者の遺族に分配された。(記者/潘志偉)<映像内容>モンゴルが中国に羊を3万匹寄贈、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞と獅子舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。(小型無人機から)中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    モンゴルから寄贈の羊1万匹、武漢に到着医療従事者らに分配

    20日、モンゴルから寄贈された羊を各分配先に輸送するトラックの出発式の様子。(小型無人機から)モンゴルは2月に新型コロナウイルス感染症と闘う中国への支援物資として羊3万匹を寄贈すると表明。先月13日までに3万匹は全て入国手続きが完了し、第1陣となる1万1267匹が既に武漢に到着していた。寄贈された羊は、湖北省内の新型コロナ感染症指定治療病院の最前線で働く医療従事者や全国から同省へ支援に入った医療チーム、同省で新型コロナの予防・抑制業務中に亡くなった医療関係者の遺族に分配された。(武漢=新華社記者/熊琦)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.23
    2020年11月19日
    空撮と地上撮 新型護衛艦「くまの」進水 コンパクト化で効率運用

    海上自衛隊が導入する新型護衛艦「FFM」の初めての命名・進水式が19日、岡山県玉野市の三井E&S造船玉野艦船工場で開かれ「くまの」と名付けられた。FFMは、船体をコンパクト化し従来型より少ない隊員で運用できることや、掃海艇だけが持っていた機雷除去の能力を備えているのが特徴。建造費も抑えた。2022年3月に就役する予定。 海自によると、くまのは全長133メートル、基準排水量3900トンで、乗組員約90人。レーダーで捉えにくくするため、外観の凹凸を少なくした。海自が保有する護衛艦で多数を占める「むらさめ」型、「たかなみ」型より船体はやや小さく、乗組員は半分程度となった。<映像内容>命名・進水式を控えた海上自衛隊の新型護衛艦「くまの」の空撮。新型護衛艦「くまの」が進水する様子、撮影日:2020(令和2)年11月19日、撮影場所:岡山県玉野市

    撮影: 2020(令和2)年11月19日

  • 00:53.44
    2020年11月18日
    「新華社」青海省で「黄河の美」を探る

    中国の黄河流域を西から東へ横断し、沿線の自然や風土、経済発展状況を紹介する「2020黄河の美を探る」は、国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」中国キャンペーンの一環として、中国水利部黄河水利委員会と国家住宅・居住環境工程技術研究センター、中国持続可能発展研究会、清華大学戦略新興産業研究センター、新華社経済参考新聞社が共同で主催する。青海省の三江源地区から出発し、四川省、甘粛省、寧夏回族自治区、内モンゴル自治区、陝西省、山西省、河南省を経て山東省の黄河河口までの7500キロ余りを走破する。黄河流域の生態系保護と質の高い発展を支援し、黄河を人々に幸福をもたらす川になるよう後押しする。青海省は青海チベット高原の北東部に位置し、黄河の源流域がある。同省を流れる黄河の長さは2千キロ近くに及び、全体の3分の1強を占める。うちアムネマチン山から積石山までの千キロ余りの区間は、延々と続く高山峡谷の中を奔流する。壮麗な峡谷と塬(げん)と呼ばれる雨水や河川に周囲を削られた台状の高地が同省の美しい自然景観を形成している。<映像内容>黄河流域周辺の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、複合ビル、南京金陵中環の工事現場でタワークレーンに取り付けられたスマート安全監視システム。(小型無人機から)中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、複合ビル、南京金陵中環の工事現場の様子。(小型無人機から)中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.84
    2020年11月16日
    「新華社」留学生が企業団地で経済発展の成果を見学河北省滄州市

    中国河北省滄州市で、さまざまな国から来た30人以上の留学生が、滄州職業技術学院が企画した中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデーに参加し、中国の経済発展の成果を見学した。案内スタッフの説明を聞いた留学生たちは、飛行機を見て歓声を上げ、体験飛行への期待に胸を高鳴らせた。2018年2月設立の中国・中東欧(滄州)中小企業団地は、河北省のハイテク産業発展を図る戦略的プロジェクトになっている。<映像内容>中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデー、参加する留学生の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    成都の夏季ユニバ競技場、米オートデスクの国際アワード受賞

    14日、上空から見た成都鳳凰山スポーツパーク。(小型無人機から)中国四川省成都市で来年8月に開催される第31回ユニバーシアード夏季競技大会の競技会場「成都鳳凰山スポーツパーク」が建築設計用ツールなどの開発を手掛ける米オートデスクが主催する「AECエクセレンス・アワード」の大型プロジェクト部門で優勝したことが19日、施工を請け負う中国建築第八工程局への取材で分かった。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    成都の夏季ユニバ競技場、米オートデスクの国際アワード受賞

    14日、上空から見た成都鳳凰山スポーツパーク。(小型無人機から)中国四川省成都市で来年8月に開催される第31回ユニバーシアード夏季競技大会の競技会場「成都鳳凰山スポーツパーク」が建築設計用ツールなどの開発を手掛ける米オートデスクが主催する「AECエクセレンス・アワード」の大型プロジェクト部門で優勝したことが19日、施工を請け負う中国建築第八工程局への取材で分かった。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアにあるハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設、東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.90
    2020年11月13日
    「新華社」海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(記者/林善伝)<映像内容>湄洲湾の送電線の点検をする様子、撮影日:2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰの18号塔と19号塔(右)の間で点検を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアにそびえ立つビル群。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設、東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、ハルビン市の陽明灘大橋で撮影した中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアの「ゲート」。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設、東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを彩る夜景。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設。東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰの電線の上で点検を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰの電線の上で点検を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰの電線の上で点検を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰの電線の上で点検を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰの電線の上で点検を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:00.58
    2020年11月10日
    那須塩原のスキー場 ドローン空撮と地上撮 今季初ゲレンデ造り開始

    栃木県那須塩原市湯本塩原のスキー場「ハンターマウンテン塩原」で10日、人工降雪機の試運転が行われ、そのまま今季初のゲレンデ造りが始まった。自然の粉雪が舞う中、人工雪がさらさらと降り積もった。テスト作業は午後1時、氷点下3・1度まで冷え込んだスキー場の最上部コース「ウォールストリート」(標高約1600メートル、長さ600メートル)で始まった。冷え込みや乾燥具合がゲレンデ造りに適した状況になると見込み、作業員15人で降雪機計27台をフル稼働させ、本格的な降雪作業に移った、撮影日:2020(令和2)年11月10日、撮影場所:栃木県那須塩原市、クレジット:下野新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020(令和2)年11月10日、栃木県那須塩原市

  • 2020年11月09日
    都市高速道路網の建設が急ピッチ江蘇省蘇州市

    9日、蘇州市南湖路高速道路東方大道快速化プロジェクト呉中区区間第2セクションの工事現場。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市ではここ数年、「質が高く効率的で、環境に配慮し、安全・経済的」な現代的・総合的交通運輸システムの構築に積極的に取り組んできた。また、一連の重要な交通インフラプロジェクトの推進を加速させ、都市高速道路網の建設を推進。道路網のアクセス可能性を高め、高速道路や幹線道路、幹線道路の連絡道路、支線道路などの調和のとれた道路網システムを構築することで、市民の移動の利便性向上、迅速化を目指している。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月09日
    都市高速道路網の建設が急ピッチ江蘇省蘇州市

    9日、蘇州市南湖路高速道路東方大道快速化プロジェクト呉中区区間第2セクションの工事現場。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市はここ数年、「質が高く効率的で、環境に配慮し、安全・経済的」な現代的・総合的交通運輸システムの構築に積極的に取り組んできた。また、一連の重要な交通インフラプロジェクトの推進を加速させ、都市高速道路網の建設を推進。道路網のアクセス可能性を高め、高速道路や幹線道路、幹線道路の連絡道路、支線道路などの調和のとれた道路網システムを構築することで、市民の移動の利便性向上、迅速化を目指している。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:57.55
    2020年11月05日
    「新華社」8年の砂漠化防止プロジェクトで、北京北西部に生態バリアー形成

    中国の北京市と天津市周辺の砂漠化を防ぎ、生態環境を改善するプロジェクト「京津風沙源治理工程」第2期の2013年から20年までに、北京市延慶区の造林・営林面積は18万5500ムー(約1万2400ヘクタール)に達した。うち低効率林の改良面積は3万7500ムー(2500ヘクタール)、人工造林面積は3千ムー(200ヘクタール)、伐採・放牧禁止面積は14万5千ムー(約9670ヘクタール)だった。8年に及ぶ事業によって、首都北西部に強固なエコロジー生態バリアーが形成され、首都の砂漠化防止事業のための基礎が固められた。北京市園林緑化局の統計によると、現時点の北京市延慶区の森林率は12年に比べ5・2%増となる60・3%。同プロジェクトの山間部の造林に対する寄与率は90%以上に達しており、山津波・土石流災害の発生率が著しく低下したという。(記者/魏夢佳、馬暁冬)<映像内容>中国の北京市と天津市周辺の砂漠化防止プロジェクト、造林など風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.33
    2020年11月03日
    ドローン空撮 核ごみ文献調査を国に申請 北海道

    原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定を巡り、原子力発電環境整備機構(NUMO)は2日、特定放射性廃棄物最終処分法に基づき、北海道の寿都町と神恵内村での文献調査実施に向けた事業計画変更を経済産業省に申請した。調査が実施されれば全国で初めて。<映像内容>小型無人機ドローンで撮影した空撮、北海道の寿都町と神恵内村、撮影日:2020(令和2)年11月3日、撮影場所:北海道

    撮影: 2020(令和2)年11月3日

  • 00:29.65
    2020年11月03日
    「新華社」大学のキャンパスに配達ロボット登場、ネット通販セールの準備中

    中国浙江省にある浙江大学のキャンパスでこのほど、配達ロボット22台が登場して学生の注目を集めた。このロボットは、人混みを通り抜け、道路を横断し、学生寮まで荷物を配達することができる。毎年11月11日には中国国内最大級のネット通販セール「双11(ダブル11)」が開催されるが、ロボットは1日当たり3千個以上の荷物を配達する見込み。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>浙江大学のキャンパスに登場した配達ロボットの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:07.44
    2020年11月03日
    「新華社」長沙市で世界コンピューター大会開幕湖南省

    中国湖南省長沙市で3日、同省政府と工業・情報化部が共催する「2020世界コンピューター大会」が開幕した。国内外のアカデミー会員17人、コンピューター科学分野のノーベル賞とされる「チューリング賞」受賞者1人、政財界の要人100人余りが一堂に会し、産業エコシステム、コンピューターチップ、サイバーセキュリティー、第5世代移動通信システム(5G)、インダストリアルインターネットなど関心の高い話題について最新の成果を共有し、最先端技術についても意見を交わした。人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)などの次世代技術とその応用が急速に発展し、量子計算、脳の仕組みを模した「ニューロモーフィック・コンピューティング」など新たな演算技術が相次ぎ登場したことで、世界の演算技術の研究開発と産業発展に新たな進歩の余地が生まれている。演算の技術、能力は国家の最先端の科学技術レベルを測る指標となっている。工業・情報化部の王志軍(おう・しぐん)副部長は「今年は新型コロナウイルスが流行する中で、進んだ演算技術と製品が遠隔医療やオンライン教育、物資調達などのサービスの安定的な提供を力強く支え、感染対策や経済の安定化において重要な役割を担っている」と述べた。中国はコンピューター製造体系を整備し、世界のコンピューター製品の9割以上を供給している。産業規模は着実に拡大し、市場の停滞や新型コロナの流行などマイナスの影響を克服、主要製品の生産量が増加している。マイコン生産量の伸びは2017年が5・9%、18年が2・9%、19年が8・2%となり、今年1~9月は5・6%増の2億6千万台に達した。(記者/姚羽、程済安、丁春雨、杜瑞)<映像内容>「2020世界コンピューター大会」の様子、会場の外観、撮影日:2020(令和2)年11月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:03.46
    2020年11月01日
    空撮 ハマスタでの初検証終わる 観客増の影響調査

    新型コロナウイルス感染防止を目的とした大規模イベントの入場制限の緩和に向け、プロ野球の公式戦が開催されている横浜スタジアムで行われていた調査が1日、最終日となった。<映像内容>調査が行われた横浜スタジアムの空撮映像、撮影日:2020(令和2)年11月1日、撮影場所:神奈川県横浜市

    撮影: 2020(令和2)年11月1日

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    未来科学者通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    未来科学者通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    未来科学者通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    未来科学者通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:49.42
    2020年10月30日
    「新華社」風力発電設備容量が2千万キロワットを突破新疆ウイグル自治区

    中国送電大手、国家電網傘下の国網新疆電力の最新データによると、新疆ウイグル自治区の風力発電設備容量が2千万キロワットを突破し、設備容量の規模で国内トップクラスとなった。同自治区の風力エネルギー資源の総発電量は8億9千万キロワットで、全国の約20%に達している。風力発電設備容量は2010年末の100万キロワットから、現在では2009万9千キロワットにまで増加した。(記者/杜剛、郭燕)<映像内容>新疆ウイグル自治区の風力発電設備の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月29日、石油貯蔵プラットフォームの建設現場。(小型無人機から)中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月29日、空から見た石油貯蔵プラットフォーム。(小型無人機から)中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.96
    2020年10月29日
    「新華社」排気ガスを出さない水素燃料電池バスが運行開始、吉林省白城市

    中国吉林省白城市は、同省で初となる水素燃料電池バスを導入し、15台で運行を始めた。バスは中国第一汽車集団傘下のトラックメーカー、一汽解放汽車による開発・製造で、最高速度は時速60キロ、燃料補給はわずか15分、氷点下30度の環境でも運行できる。煙感知器や自動消火などの安全装置が設置され、スマートフォンのアプリで状態監視や位置確認が可能な公共交通運行システムも搭載されている。<映像内容>水素燃料電池バスの運航の様子、車内の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:30.24
    2020年10月29日
    「新華社」綿花生産にスマート農業機械が活躍新疆ウイグル自治区

    中国最大の綿花生産地、新疆ウイグル自治区の中でも有数の産地として知られるロプノール(尉犁)県では、スマート農業機械が広く利用されている。同県の綿花畑でこのほど、農業技術の新興企業数社が無人の農薬散布車や大型トラクター、農薬散布ドローンなどの最新製品を披露した。2019年、同自治区の機械化による綿花収穫面積は76万6667ヘクタールに達し、初めて自治区内の綿花畑全体の40%を超えた。<映像内容>最新製品のスマート農業機械の披露、農薬散布するドローンの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月29日、空から見た石油貯蔵プラットフォーム。(小型無人機から)中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    中国独自建設の半潜水式石油貯蔵プラットフォーム、本体工事が完了

    10月29日、空から見た石油貯蔵プラットフォーム。(小型無人機から)中国が独自に建設する半潜水式石油貯蔵プラットフォームの本体工事が10月29日、順調に完了した。同プラットフォームの最大貯油量は約2万立方メートルで、水深1500メートルの深海で開発が進む中国初の自主運営大型ガス田「陵水17-2」プロジェクトに使用される。完成、引き渡しは来年1月を予定している。(煙台=新華社記者/王毓国)=2020(令和2)年10月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月23日
    中国ラオス高速道路、第1期区間の工事が間もなく完了

    建設中のビエンチャン-バンビエン区間の高速道路。(10月23日撮影、小型無人機から)ラオスの首都ビエンチャンから中国国境までを結ぶ中国ラオス高速道路は、全線の設計距離が約440キロで、両国が共同で行う最大の高速道路建設プロジェクト。工事は中国の技術基準を採用して行われており、4期に分けて実施される。雲南省建設投資控股集団とラオス政府が現在、共同で建設を進めている第1期のビエンチャンとバンビエン区間は、間もなく工事が完了する。全長約111キロ、設計速度時速80~100キロ、上下線合わせて4車線で、ラオス初の高速道路となる。2018年12月30日に工事が始まり、今年12月に試験運用を開始、2021年4月に正式な開通式を行う予定だ。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    モンゴルが中国に寄贈した羊3万匹の引き渡し始まる

    22日、内モンゴル自治区のエレンホト口岸を通過する羊を載せたトラック。(小型無人機から)モンゴルが今年初め、新型コロナウイルス感染症と闘う中国を支援するために寄贈を表明した羊3万匹の引き渡しがこのほど始まった。22日、最初の4千匹がトラックでモンゴルのザミンウードから中国内モンゴル自治区エレンホト口岸(通関地)に運ばれた。(エレンホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    モンゴルが中国に寄贈した羊3万匹の引き渡し始まる

    22日、内モンゴル自治区のエレンホト口岸を通過する羊を載せたトラック。(小型無人機から)モンゴルが今年初め、新型コロナウイルス感染症と闘う中国を支援するために寄贈を表明した羊3万匹の引き渡しがこのほど始まった。22日、最初の4千匹がトラックでモンゴルのザミンウードから中国内モンゴル自治区エレンホト口岸(通関地)に運ばれた。(エレンホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年10月22日
    福州市で救助技術大会、特別救助隊員100人以上が参加

    22日、福建省福州市で森林火災救助技術大会に参加する隊員ら。(小型無人機から)中国福建省福州市で22日、消防隊員を対象に救助技術を競う大会が開かれ、特別救助隊に所属する隊員ら100人以上が参加した。(福州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    中国ラオス高速道路、第1期区間の工事が間もなく完了

    建設中のビエンチャン-バンビエン区間の高速道路。(10月22日撮影、小型無人機から)ラオスの首都ビエンチャンから中国国境までを結ぶ中国ラオス高速道路は、全線の設計距離が約440キロで、両国が共同で行う最大の高速道路建設プロジェクト。工事は中国の技術基準を採用して行われており、4期に分けて実施される。雲南省建設投資控股集団とラオス政府が現在、共同で建設を進めている第1期のビエンチャンとバンビエン区間は、間もなく工事が完了する。全長約111キロ、設計速度時速80~100キロ、上下線合わせて4車線で、ラオス初の高速道路となる。2018年12月30日に工事が始まり、今年12月に試験運用を開始、2021年4月に正式な開通式を行う予定だ。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    中国ラオス高速道路、第1期区間の工事が間もなく完了

    建設中のビエンチャン-バンビエン区間の高速道路。(10月22日撮影、小型無人機から)ラオスの首都ビエンチャンから中国国境までを結ぶ中国ラオス高速道路は、全線の設計距離が約440キロで、両国が共同で行う最大の高速道路建設プロジェクト。工事は中国の技術基準を採用して行われており、4期に分けて実施される。雲南省建設投資控股集団とラオス政府が現在、共同で建設を進めている第1期のビエンチャンとバンビエン区間は、間もなく工事が完了する。全長約111キロ、設計速度時速80~100キロ、上下線合わせて4車線で、ラオス初の高速道路となる。2018年12月30日に工事が始まり、今年12月に試験運用を開始、2021年4月に正式な開通式を行う予定だ。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    中国ラオス高速道路、第1期区間の工事が間もなく完了

    建設中のビエンチャン-バンビエン区間の高速道路。(10月22日撮影、小型無人機から)ラオスの首都ビエンチャンから中国国境までを結ぶ中国ラオス高速道路は、全線の設計距離が約440キロで、両国が共同で行う最大の高速道路建設プロジェクト。工事は中国の技術基準を採用して行われており、4期に分けて実施される。雲南省建設投資控股集団とラオス政府が現在、共同で建設を進めている第1期のビエンチャンとバンビエン区間は、間もなく工事が完了する。全長約111キロ、設計速度時速80~100キロ、上下線合わせて4車線で、ラオス初の高速道路となる。2018年12月30日に工事が始まり、今年12月に試験運用を開始、2021年4月に正式な開通式を行う予定だ。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    モンゴルが中国に寄贈した羊3万匹の引き渡し始まる

    22日、内モンゴル自治区のエレンホト口岸を通過する羊を載せたトラック。(小型無人機から)モンゴルが今年初め、新型コロナウイルス感染症と闘う中国を支援するために寄贈を表明した羊3万匹の引き渡しがこのほど始まった。22日、最初の4千匹がトラックでモンゴルのザミンウードから中国内モンゴル自治区エレンホト口岸(通関地)に運ばれた。(エレンホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    モンゴルが中国に寄贈した羊3万匹の引き渡し始まる

    22日、内モンゴル自治区のエレンホト口岸を通過する羊を載せたトラック。(小型無人機から)モンゴルが今年初め、新型コロナウイルス感染症と闘う中国を支援するために寄贈を表明した羊3万匹の引き渡しがこのほど始まった。22日、最初の4千匹がトラックでモンゴルのザミンウードから中国内モンゴル自治区エレンホト口岸(通関地)に運ばれた。(エレンホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    モンゴルが中国に寄贈した羊3万匹の引き渡し始まる

    22日、内モンゴル自治区のエレンホト口岸を通過する羊を載せたトラック。(小型無人機から)モンゴルが今年初め、新型コロナウイルス感染症と闘う中国を支援するために寄贈を表明した羊3万匹の引き渡しがこのほど始まった。22日、最初の4千匹がトラックでモンゴルのザミンウードから中国内モンゴル自治区エレンホト口岸(通関地)に運ばれた。(エレンホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月22日
    モンゴルが中国に寄贈した羊3万匹の引き渡し始まる

    22日、内モンゴル自治区のエレンホト口岸を通過する羊を載せたトラック。(小型無人機から)モンゴルが今年初め、新型コロナウイルス感染症と闘う中国を支援するために寄贈を表明した羊3万匹の引き渡しがこのほど始まった。22日、最初の4千匹がトラックでモンゴルのザミンウードから中国内モンゴル自治区エレンホト口岸(通関地)に運ばれた。(エレンホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年10月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    中国ラオス高速道路、第1期区間の工事が間もなく完了

    建設中のビエンチャン-バンビエン区間の高速道路。(10月21日撮影、小型無人機から)ラオスの首都ビエンチャンから中国国境までを結ぶ中国ラオス高速道路は、全線の設計距離が約440キロで、両国が共同で行う最大の高速道路建設プロジェクト。工事は中国の技術基準を採用して行われており、4期に分けて実施される。雲南省建設投資控股集団とラオス政府が現在、共同で建設を進めている第1期のビエンチャンとバンビエン区間は、間もなく工事が完了する。全長約111キロ、設計速度時速80~100キロ、上下線合わせて4車線で、ラオス初の高速道路となる。2018年12月30日に工事が始まり、今年12月に試験運用を開始、2021年4月に正式な開通式を行う予定だ。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    中国ラオス高速道路、第1期区間の工事が間もなく完了

    建設中の中国ラオス鉄道の鉄道橋(右)とビエンチャン-バンビエン区間の高速道路(左)。(10月21日撮影、小型無人機から)ラオスの首都ビエンチャンから中国国境までを結ぶ中国ラオス高速道路は、全線の設計距離が約440キロで、両国が共同で行う最大の高速道路建設プロジェクト。工事は中国の技術基準を採用して行われており、4期に分けて実施される。雲南省建設投資控股集団とラオス政府が現在、共同で建設を進めている第1期のビエンチャンとバンビエン区間は、間もなく工事が完了する。全長約111キロ、設計速度時速80~100キロ、上下線合わせて4車線で、ラオス初の高速道路となる。2018年12月30日に工事が始まり、今年12月に試験運用を開始、2021年4月に正式な開通式を行う予定だ。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    中国ラオス高速道路、第1期区間の工事が間もなく完了

    建設中のビエンチャン-バンビエン区間の高速道路(右)と中国ラオス鉄道の鉄道橋(左)。(10月21日撮影、小型無人機から)ラオスの首都ビエンチャンから中国国境までを結ぶ中国ラオス高速道路は、全線の設計距離が約440キロで、両国が共同で行う最大の高速道路建設プロジェクト。工事は中国の技術基準を採用して行われており、4期に分けて実施される。雲南省建設投資控股集団とラオス政府が現在、共同で建設を進めている第1期のビエンチャンとバンビエン区間は、間もなく工事が完了する。全長約111キロ、設計速度時速80~100キロ、上下線合わせて4車線で、ラオス初の高速道路となる。2018年12月30日に工事が始まり、今年12月に試験運用を開始、2021年4月に正式な開通式を行う予定だ。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    中国ラオス高速道路、第1期区間の工事が間もなく完了

    建設中のビエンチャン-バンビエン区間の高速道路(右)と中国ラオス鉄道の鉄道橋(左)。(10月21日撮影、小型無人機から)ラオスの首都ビエンチャンから中国国境までを結ぶ中国ラオス高速道路は、全線の設計距離が約440キロで、両国が共同で行う最大の高速道路建設プロジェクト。工事は中国の技術基準を採用して行われており、4期に分けて実施される。雲南省建設投資控股集団とラオス政府が現在、共同で建設を進めている第1期のビエンチャンとバンビエン区間は、間もなく工事が完了する。全長約111キロ、設計速度時速80~100キロ、上下線合わせて4車線で、ラオス初の高速道路となる。2018年12月30日に工事が始まり、今年12月に試験運用を開始、2021年4月に正式な開通式を行う予定だ。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    中国ラオス高速道路、第1期区間の工事が間もなく完了

    建設中のビエンチャン-バンビエン区間の高速道路(右)と中国ラオス鉄道の鉄道橋(左)。(10月21日撮影、小型無人機から)ラオスの首都ビエンチャンから中国国境までを結ぶ中国ラオス高速道路は、全線の設計距離が約440キロで、両国が共同で行う最大の高速道路建設プロジェクト。工事は中国の技術基準を採用して行われており、4期に分けて実施される。雲南省建設投資控股集団とラオス政府が現在、共同で建設を進めている第1期のビエンチャンとバンビエン区間は、間もなく工事が完了する。全長約111キロ、設計速度時速80~100キロ、上下線合わせて4車線で、ラオス初の高速道路となる。2018年12月30日に工事が始まり、今年12月に試験運用を開始、2021年4月に正式な開通式を行う予定だ。(ビエンチャン=新華社配信)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:45.64
    2020年10月20日
    「新華社」上海汽車集団、欧州向け自社船運航航路開通

    中国自動車大手の上海汽車集団は20日、欧州向け自社船運航航路で初めての船が出港したと発表した。同社が持つ最大積載量のRORO船「安吉鳳凰(SAICANJIPHOENIX)」が、新エネルギー車(NEV)1800台近くを積載して欧州へと向かった。同航路は、中国の自動車企業が独自運営する業界初の欧州航路にもなった。同船には駐車スペースが4300台分あり、最大で乗用車3500台を積載可能という。今回の運航では乗用車1800台のほか、中国が海外に輸出する大型建設機械製品も複数積載している。(記者/丁汀)<映像内容>RORO船「安吉鳳凰」、NEVを積載して欧州へ出発、撮影日:2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.92
    2020年10月19日
    「新華社」超高圧直流送電プロジェクト変電所で初の年次点検安徽省宣城市

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州と安徽省宣城市宣州区古泉鎮を結ぶプラスマイナス1100キロボルト超高圧直流送電プロジェクトの受電端、安徽省宣城市にある古泉変電所で12~24日にかけて、初の年次点検・保守作業が実施されている。同プロジェクトは世界最高の電圧等級、最大の送電容量、最長の送電距離を誇る超高圧直流送電プロジェクトとして、2019年9月に運用を開始した。同変電所の翁良傑(おう・りょうけつ)副主任によると、今回の点検・保守では、大型機器への衛星測位システム「北斗」の搭載、第5世代移動通信システム(5G)ネットワークによるモニタリング機能の強化、赤外線顔認証・検温一体型機器による点検・保守チームの感染予防・抑制など、作業効率化のために多くのテクノロジーが導入されている。今回の作業はプロジェクトの運用開始後初めての年次点検・保守で、13日間送電を停止した状態で行う。期間中は検査員約千人、大型機械60台以上、検査機器400セット余りが用いられる。(記者/汪海月)<映像内容>超高圧直流送電プロジェクト変電所の年次点検の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:30.67
    2020年10月19日
    「新華社」巨大半潜水式プラットフォーム、コンポーネントが完成天津市

    中国天津市でこのほど、世界最大の半潜水式トラス構造海洋プラットフォームのコンポーネントが完成し船積みされた。海底油田プラントメーカーの海洋石油工程が設計・製造した。コンポーネントは、200近くの重要な石油・ガス処理装置を備え、デッキには最大120人の乗組員が生活できる居住エリアを持つ。重量は約2万トンで、敷設ケーブルは全長430キロ。この設備は中国初の独自経営大型深海ガス田「陵水17-2ガス田プロジェクト」で使用され、水深1500メートルのガス田で生産を行う。(記者/李帥)<映像内容>世界最大の半潜水式トラス構造海洋プラットフォームのコンポーネントが完成、船積みする様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:33.08
    2020年10月19日
    「新華社」中国製テスラ、欧州に初輸出

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラは19日、中国で生産した「モデル3」を欧州向けに初輸出することを明らかにした。今回の輸出先にはドイツやフランス、イタリア、スペイン、ポルトガル、スイスなどの欧州諸国が含まれており、中国製モデル3の品質が欧州市場で認められたことを意味する。(記者/丁汀)<映像内容>テスラが中国で生産した「モデル3」を欧州に初輸出、撮影日:2020(令和2)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化

    15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン(右)。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国国産の超大直径シールドマシン「騏躍」、調整を終えラインオフ上海

    15日、隧道股份上海隧道工程の機械製造分公司(支社)の生産現場で、超大直径シールドマシン「騏躍」の溶接作業を行う従業員。(小型無人機から)中国のインフラ関連エンジニアリング企業、隧道股份上海隧道工程が独自に研究開発、製造した超大直径シールドマシン(掘削機)「騏躍」がこのほど、上海市浦東新区で無事調整を終えラインオフした。「騏躍」は総重量約3200トン、全長は約99メートルで、うち本体の長さは約16メートル、カッターヘッドの直径は14・05メートルとなっている。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    中国国産の超大直径シールドマシン「騏躍」、調整を終えラインオフ上海

    15日、隧道股份上海隧道工程の機械製造分公司(支社)の生産現場で、超大直径シールドマシン「騏躍」の溶接作業を行う従業員。(小型無人機から)中国のインフラ関連エンジニアリング企業、隧道股份上海隧道工程が独自に研究開発、製造した超大直径シールドマシン(掘削機)「騏躍」がこのほど、上海市浦東新区で無事調整を終えラインオフした。「騏躍」は総重量約3200トン、全長は約99メートルで、うち本体の長さは約16メートル、カッターヘッドの直径は14・05メートルとなっている。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化

    15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    長春の夜空彩る千機のドローン吉林省

    14日、吉林省長春市の友誼公園で行われたドローンのショー。中国吉林省長春市の友誼公園で14日、小型無人機(ドローン)千機が空を舞うショーが行われ、多くの市民を魅了した。ショーは2020長春(国際)ドローン産業博覧会の一環で、16日まで毎晩午後7時に行われる。(長春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    長春の夜空彩る千機のドローン吉林省

    14日、吉林省長春市の友誼公園でドローンのショーを楽しむ市民。中国吉林省長春市の友誼公園で14日、小型無人機(ドローン)千機が空を舞うショーが行われ、多くの市民を魅了した。ショーは2020長春(国際)ドローン産業博覧会の一環で、16日まで毎晩午後7時に行われる。(長春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    長春の夜空彩る千機のドローン吉林省

    14日、吉林省長春市の友誼公園でドローンのショーを撮影する市民。中国吉林省長春市の友誼公園で14日、小型無人機(ドローン)千機が空を舞うショーが行われ、多くの市民を魅了した。ショーは2020長春(国際)ドローン産業博覧会の一環で、16日まで毎晩午後7時に行われる。(長春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    長春の夜空彩る千機のドローン吉林省

    14日、吉林省長春市の友誼公園で行われたドローンのショー。中国吉林省長春市の友誼公園で14日、小型無人機(ドローン)千機が空を舞うショーが行われ、多くの市民を魅了した。ショーは2020長春(国際)ドローン産業博覧会の一環で、16日まで毎晩午後7時に行われる。(長春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    長春の夜空彩る千機のドローン吉林省

    14日、吉林省長春市の友誼公園で行われたドローンのショー。中国吉林省長春市の友誼公園で14日、小型無人機(ドローン)千機が空を舞うショーが行われ、多くの市民を魅了した。ショーは2020長春(国際)ドローン産業博覧会の一環で、16日まで毎晩午後7時に行われる。(長春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:43.98
    2020年10月13日
    「新華社」ホルチン砂地の生態環境、持続的に改善内モンゴル自治区

    中国内モンゴル自治区の林業草原局はこのほど、ホルチン(科爾沁)砂地の流動砂丘と半固定砂丘がここ数年で減少し、固定砂丘が増加傾向にあると明らかにした。同砂地は長年の総合整備により、生態環境が持続的に改善されている。ホルチン砂地の分布面積は9945万ムー(約6万6300平方キロ)で、うち砂地面積は5265万ムー(約3万5100平方キロ)。中国の砂地の中で2番目に大きい。同局によると、流動砂丘が139万1500ムー(約927平方キロ)、半固定砂丘が180万9200ムー(約1206平方キロ)それぞれ減少したのに対し、固定砂丘は367万2500ムー(約2448平方キロ)増加した。森林率と草原植被率も断続的に上昇しており、一部の地域では、荒漠地がオアシスへと変化している。(記者/張晟)<映像内容>ホルチン砂地の空撮、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...