KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 世帯
  • 中国
  • 貧困
  • 令和
  • 記者
  • 脱却
  • 資金
  • 企業
  • 村民
  • 平均

「貧困世帯」の写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
並び順
  • 新しい順
33
( 1 33 件を表示)
  • 1
33
( 1 33 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年09月04日
    登録貧困世帯、移住先で新生活チベット自治区

    4日、郭加新村の民家の屋根に設置されているソーラーパネル。中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区郭加新村は2018年以降、標高の高い九つの県・区から登録貧困者351世帯を迎え入れた。新村には水道や電気、道路、通信網が整っており、移住者らは野菜の栽培、牛や羊の飼育、苗畑の管理などに従事。住居や生活の条件は大幅に改善された。(シガツェ=新華社配信)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903849

  • 2020年09月04日
    登録貧困世帯、移住先で新生活チベット自治区

    4日、ソーラー省エネランプを設置した郭加新村内の通り。中国チベット自治区シガツェ(日喀則)市サムドゥプツェ(桑珠孜)区郭加新村は2018年以降、標高の高い九つの県・区から登録貧困者351世帯を迎え入れた。新村には水道や電気、道路、通信網が整っており、移住者らは野菜の栽培、牛や羊の飼育、苗畑の管理などに従事。住居や生活の条件は大幅に改善された。(シガツェ=新華社配信)=2020(令和2)年9月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020090903944

  • 2020年08月30日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州喜徳県光明鎮にある「易地扶貧搬遷」により開発された移転先住宅地、イ欣社区(コミュニティー)。(8月30日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/王曦)=2020(令和2)年8月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303628

  • 2020年08月12日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州昭覚県にある「易地扶貧搬遷」により開発された移転先住宅地、轎頂山社区(コミュニティー)。(8月12日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303459

  • 2020年08月12日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州昭覚県にある「易地扶貧搬遷」により開発された移転先住宅地、南坪社区(コミュニティー)。(8月12日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303684

  • 2020年08月12日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州昭覚県にある「易地扶貧搬遷」により開発された移転先住宅地、昭美社区(コミュニティー)。(8月12日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303687

  • 2020年08月12日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州昭覚県にある「易地扶貧搬遷」により開発された移転先住宅地、昭美社区(コミュニティー)。(8月12日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303693

  • 2020年08月12日
    「安全な住宅」への移転でより良い暮らしを実現四川省

    四川省涼山イ族自治州昭覚県にある「易地扶貧搬遷」により開発された移転先住宅地、南坪社区(コミュニティー)。(8月12日撮影、小型無人機から)中国四川省涼山イ族自治州ではここ数年、安全な住宅の建設が貧困世帯を貧困から脱却させるための重要な任務として位置づけられている。新たに建てられた安全な住宅は累計19万5千戸で、そのうち「易地扶貧搬遷」(貧困農家を立地条件の良い場所へ移転させる貧困対策)により建てられた住宅は7万4千戸、イ族世帯の新寨(新しい集落)に建てられた住宅は9万8千戸、一対一支援(ペアリング支援)、農村における危険家屋の改築、自然地質災害の危険回避による移転のために建てられた住宅などは2万3千戸で、同自治州全体の貧困世帯に対する安全な住宅の保障率は100%に達したという。(成都=新華社記者/沈伯韓)=2020(令和2)年8月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020092303470

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:17.14
    2020年08月08日
    「新華社」ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(記者/王君宝)<映像内容>ガチョウ飼育の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081401931

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村のコンクリート舗装道路。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、ガチョウ飼育場で餌をやる衛星村の村民、紀文化(き・ぶんか)さん。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204565

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、紀文化(き・ぶんか)さんのガチョウ飼育場。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204272

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の太陽光発電所。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204416

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の村民コミュニティーサービスセンターにある薬剤室。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204398

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の文化イベント広場。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204426

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、ガチョウ飼育場で餌をやる衛星村の村民、紀文化(き・ぶんか)さん。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204270

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の村民コミュニティーサービスセンターにある娯楽室。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204385

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の太陽光発電所。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204455

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村で建設が進む水稲発芽促進工場。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204557

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の水稲発芽促進工場の前で、工場の建設状況を説明する馬権氏。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204584

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年07月31日
    ガチョウ飼育で貧困脱却実現黒竜江省綏化市

    7月31日、衛星村の村民コミュニティーサービスセンターにある卓球室。中国黒竜江省綏化市綏棱県衛星村は2016年、74世帯の貧困世帯があり、1人当たりの平均年収は2500元(1元=約15円)未満だった。翌17年、中国鉄路ハルビン局集団企業管理協会事務局特別プロジェクト調査研究グループの馬権(ば・けん)グループ長が、駐在第一書記として同村に赴任。馬氏らは事前調査を終えると、ガチョウ飼育で貧困脱却を推進することを決め、貧困脱却特別資金で1万羽のガチョウのヒナを購入し、世帯の人数に応じて各貧困世帯に分配した。ヒナの成長後、500グラム当たり最低10元での買い取りを保証し、市場価格が10元を超える場合は、村民が自主的に販売するとした。その後、衛星村の貧困世帯はガチョウ飼育の規模を拡大。同村には7・88キロのコンクリート舗装道路や数百基のソーラー街灯、2階建ての多目的村民コミュニティーサービスセンター、約1千平方メートルの文化イベント広場がここ数年で次々と完成し、村の様子が一変した。同村は19年に貧困脱却を実現している。(ハルビン=新華社記者/王君宝)=2020(令和2)年7月31日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020081204424

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111050

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111125

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の「農光互補」(農業と太陽光発電の協業)プロジェクトエリアにあるソーラーパネルの下に植えられた薬用植物の生育状況をチェックする村民の徐亜茹(じょ・あじょ)さん。中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111173

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを点検する電力技術者。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020070111138

  • 2020年04月14日
    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区

    14日、ハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困扶助太陽光発電所は、同鎮が貧困扶助資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、4月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003048

  • 2020年04月14日
    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区

    14日、自宅屋上に設置されたソーラーパネルの発電量と収益状況をスマートフォンで確認するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003201

  • 2020年04月14日
    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区

    14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003036

  • 2020年04月14日
    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区

    14日、ハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003233

  • 2020年04月14日
    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区

    14日、自宅屋上のソーラーパネルを掃除するハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村の村民。中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社配信/賀書琛)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003244

  • 2020年04月14日
    太陽光発電プロジェクトで貧困救済を後押し内モンゴル自治区

    14日、ハンギン旗呼和木独鎮巴拉亥太陽光発電新村。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区オルドス市ハンギン旗呼和木独鎮は近年、3メガワットの太陽光発電プロジェクトの建設に力を入れている。このプロジェクトは同鎮巴拉亥太陽光発電新村で進められており、屋上太陽光発電所と貧困救済太陽光発電所の二つの部分からなっている。屋上太陽光発電所は、登録された貧困世帯を含む村民160世帯の住宅に設置された屋上ソーラーパネルで構成され、送電開始後、1世帯当たりの発電による年間平均収入は約5千元(1元=約15円)に達している。貧困救済太陽光発電所は、同鎮が貧困救済資金を統合し、支援機関と支援企業が建設したもので、今月末に電力網に接続され、発電を開始する計画になっている。(オルドス=新華社記者/徐欽)=2020(令和2)年4月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020042003197

  • 01:05.55
    2020年03月29日
    「新華社」富をもたらす小さなキノコ貴州省

    中国貴州省黔東南(けんとうなん)ミャオ族トン族自治州黄平県浪洞鎮にある食用キノコ産業パークでは春分を過ぎ、スマート化されたビニールハウス42棟で栽培しているオオシロアリタケ属の一種50万株とカワキタケ属の一種20万株が収穫期を迎えた。同パークは「企業+農家」の発展モデルを採用して、同鎮にある11の行政村と貧困世帯1千戸に利益を配分し、年間1人当たり平均500元(1元=約16円)以上の増収をもたらした。パーク内では現在、1日平均60人の村民が収穫作業に追われ、毎日1トン以上のキノコを収穫している。同パークは恒温、恒湿、自動噴霧などのテクノロジーを駆使して食用キノコを栽培し、地元の政府と組織から多大なサポートを受けながら産業を発展させている。中国南方電網公司貴州凱里供電局は、パーク内に千キロボルトアンペアの変圧器を新設し、スマート温室の電力利用の安全と安定を保障している。(記者/劉勤兵)<映像内容>キノコの栽培の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2020040104290

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:47.64
    2019年10月29日
    「新華社」新疆ウイグル自治区の農家が手にした「うさぎスマホ」

    中国新疆ウイグル自治区のウサギ飼育農家の多くは、この1年間でテクノロジー感覚あふれる「新しい農具」を使うようになった。「うさぎスマホ」と呼ばれるこのスマートフォンには「情報田園」というアプリがインストールされている。農家の人々がこのアプリを開き、必要に応じてウサギ飼育やナツメ栽培などの選択肢を選ぶと、それぞれの飼育・栽培技術を教えるショート動画が見られる。実はこのスマホの正式名称も「新農具」という。開発したのは中国の三大通信事業者の一つ、中国電信(チャイナテレコム)で、ホータン支社の従業員である鄭鈞容(てい・きんよう)さんによると、同社が飼育・栽培企業と協力し、技術スタッフがさまざまな技術を教える過程をショート動画に収め、アプリを通じて農家の学習用に提供している。「新農具」のユーザーは中国で貧困レベルが最も深刻な地区の一つ、新疆ウイグル自治区南部のホータン地区に集中している。地元政府は昨年、四川省から複数のウサギ飼育企業を誘致。地元農家が企業と協力し、毛皮用と肉用を兼ねたレッキスラビットの飼育による貧困脱却を奨励している。ウサギ飼育企業の担当者によると、ウサギ飼育が地元の貧困農家の収入増を支援しているだけでなく、「うさぎスマホ」の幅広い利用が、農家の飼育技術習得をさらに速め、技術サービス分野での企業の人件費削減が可能になったという。中国電信は今年10月までに、地方政府や関連企業と協力し、ホータン地区の貧困世帯にスマホ「新農具」約6200台を無料配布した。今後は、政府が関連する職能部門や大学を招いて「新農具」のコンテンツを共同で開発し、地元農家に対し、より多くの充実したコンテンツと、更新頻度をさらに上げた学習用動画の提供を目指していく。(記者/張暁竜、張嘯誠)<映像内容>ウサギ飼育の技術が見られる動画アプリの活用、ウサギの飼育の様子など、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2019103000376

  • 1