KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 顔認証技術
  • 顔認証決済
  • 顔認証機能
  • 顔認証情報
  • 顔認識技術
  • 顔認証乗車
  • 顔認証改札
  • 顔認証装置
  • システム
  • ロボット

「顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,369
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,369
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月20日
    野口さんと交信する首相 野口さん、首相と交信

    国際宇宙ステーションに長期滞在中の野口聡一飛行士(画面)と笑顔で交信する菅首相=20日夜、首相官邸

  • 2021年04月20日
    交信する菅首相 野口さん、首相と交信

    国際宇宙ステーションに長期滞在中の野口聡一飛行士(画面)と笑顔で交信する菅首相=20日夜、首相官邸

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年04月13日
    保安検査場入り口 「顔パス」搭乗実験始まる

    顔認証に使うカメラが設置された保安検査場入り口のゲート=13日午前、成田空港

    撮影: 13日午前、成田空港

  • 2021年04月13日
    自動チェックイン機 「顔パス」搭乗実験始まる

    顔認証に使うカメラが設置された自動チェックイン機=13日午前、成田空港

    撮影: 13日午前、成田空港

  • 2021年04月13日
    チェックインのデモ 「顔パス」搭乗実験始まる

    「顔パス」搭乗の実証実験でチェックインをデモンストレーションする担当者=13日午前、成田空港

    撮影: 13日午前、成田空港

  • 2021年04月06日
    リレーに参加した鈴木さん 高校生、ロボット操り聖火

    聖火リレーに遠隔地から移動式ロボットを操って参加した鈴木俊介さん。前面の大型ディスプレーに笑顔で手を振る姿が映し出された=6日夜、愛知県豊田市

    撮影: 6日夜、愛知県豊田市

  • 2021年04月06日
    参加した鈴木俊介さん 高校生、ロボット操り聖火

    聖火リレーに遠隔地から移動式ロボットを操って参加した鈴木俊介さん。前面の大型ディスプレーに笑顔で手を振る姿が映し出された=6日夜、愛知県豊田市

    撮影: 6日夜、愛知県豊田市

  • 2021年04月02日
    天野さんと赤崎さん 赤崎勇さんが死去

    2014年10月、ノーベル物理学賞に決まり、記者会見で青色発光ダイオードを手に笑顔の天野浩さん(右)と赤崎勇さん=名古屋市千種区の名古屋大

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年03月26日
    毛利衛日本科学未来館館長の退任会見

    日本科学未来館が開館した2001年から館長を務めた元宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙飛行士の毛利衛さんが、3月末で館長を退任する。記者会見で毛利さんは「開館時から長年にわたって通ってくれた子どもたちが大人になり、科学館に育てられたと感謝されるとうれしい」と笑顔を見せた。後任は4月から米IBMの浅川智恵子フェローが務める。約20年間を振り返って毛利さんが印象的だったことは「民主党政権による事業仕分けと東日本大震災だった」という。事業仕分けでは予算削減の危機にさらされた。科学館の役割は何かを考え、事業の必要性を多くの人に意義を理解してもらえるよう工夫し、館長中心の体制を作り上げた。東日本大震災が発生した時には、科学館の職員が被災地に向かい学生と交流することを重視した。また科学館内の展示は模倣を禁止し、すべてオリジナルにすることを徹底した。研究者を巻き込みながらデザイナーと共同で展示を作る仕組みを作った。退任後について毛利さんは「宇宙に行けるならば、帰って来られなくて良いから火星に降り立ちたい」と宇宙への夢を語った。=2021(令和3)年3月26日、東京都千代田区の文部科学省、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    顔写真でつくられたパネル コロナ関連に1億7千万円

    スタンドに設置されているファンの顔写真でつくられたパネル=1日、オーベルストドルフ(共同)

  • 2021年02月16日
    担当する小倉医師 軽症者にオンライン診察

    宿泊施設で療養中の患者のオンライン診察を担当する小倉和也医師。左は顔部分がテレビ電話になる小型ロボット=1日、青森県八戸市

    撮影: 1日、青森県八戸市

  • 2021年02月15日
    前橋市、自動運転に合わせ 「顔パス」バス乗車を検証

    顔認証で客の乗り降りを管理する技術の検証が行われた自動運転バス=15日、前橋市

    撮影: 15日、前橋市

  • 2021年02月15日
    顔を認証させる参加者 「顔パス」バス乗車を検証

    バスの乗降口に設置したタブレット端末に顔を向け、認証させる参加者=15日、前橋市

    撮影: 15日、前橋市

  • 2021年02月13日
    電子申告ゲート 「非接触」でコロナ対策

    税関が導入した顔認証で通過できる電子申告ゲート=関西空港

    撮影: 関西空港

  • 2021年02月05日
    セコムのバーチャル警備システム「バーチャル警備員」

    現在、実用化に向けて開発を進めている「バーチャル警備システム」。「トイレはどこですか」「内線表を見せて」など想定される質問をAIが事前に学習し、問い合わせにも自然に回答する。相手の顔を認識して視線を合わせながら話すことができる。=2021(令和3)年2月5日、東京都三鷹市のセコムTEセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月05日
    セコムのバーチャル警備システム「バーチャル警備員」

    現在、実用化に向けて開発を進めている「バーチャル警備システム」。「トイレはどこですか」「内線表を見せて」など想定される質問をAIが事前に学習し、問い合わせにも自然に回答する。相手の顔を認識して視線を合わせながら話すことができる。=2021(令和3)年2月5日、東京都三鷹市のセコムTEセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月05日
    セコムのバーチャル警備システム「バーチャル警備員」

    現在、実用化に向けて開発を進めている「バーチャル警備システム」。「トイレはどこですか」「内線表を見せて」など想定される質問をAIが事前に学習し、問い合わせにも自然に回答する。相手の顔を認識して視線を合わせながら話すことができる。=2021(令和3)年2月5日、東京都三鷹市のセコムTEセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月05日
    セコムのバーチャル警備システム「バーチャル警備員」

    現在、実用化に向けて開発を進めている「バーチャル警備システム」。「トイレはどこですか」「内線表を見せて」など想定される質問をAIが事前に学習し、問い合わせにも自然に回答する。相手の顔を認識して視線を合わせながら話すことができる。=2021(令和3)年2月5日、東京都三鷹市のセコムTEセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月05日
    セコムのバーチャル警備システム「バーチャル警備員」

    現在、実用化に向けて開発を進めている「バーチャル警備システム」。「トイレはどこですか」「内線表を見せて」など想定される質問をAIが事前に学習し、問い合わせにも自然に回答する。相手の顔を認識して視線を合わせながら話すことができる。=2021(令和3)年2月5日、東京都三鷹市のセコムTEセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月05日
    セコムのバーチャル警備システム「バーチャル警備員」

    現在、実用化に向けて開発を進めている「バーチャル警備システム」。「トイレはどこですか」「内線表を見せて」など想定される質問をAIが事前に学習し、問い合わせにも自然に回答する。相手の顔を認識して視線を合わせながら話すことができる。=2021(令和3)年2月5日、東京都三鷹市のセコムTEセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 2021年02月05日
    セコムのバーチャル警備システム「バーチャル警備員」

    現在、実用化に向けて開発を進めている「バーチャル警備システム」。「トイレはどこですか」「内線表を見せて」など想定される質問をAIが事前に学習し、問い合わせにも自然に回答する。相手の顔を認識して視線を合わせながら話すことができる。=2021(令和3)年2月5日、東京都三鷹市のセコムTEセンター、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2021

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    タッチパネル式の停留所 被災地と企業8社が連携

    電気自動車の利用者を顔認証するタッチパネル式のデジタル停留所=2日午後、福島県浪江町

    撮影: 2日午後、福島県浪江町

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    Daily Life amid Covid-19 pandemic in Tokyo, Japan - 2 Feb 2021

    キーワード:東京、銀座、街、通り、風景、外出、通行人、歩行者、マスク、着用、マスク姿、人たち、新型コロナウイルス、緊急事態宣言下-February 2, 2021, Tokyo, Japan: Pedestrians wearing facemasks as a preventive measure against the spread of Covid19 cross a street in Ginza. (Credit Image: © Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月02日
    Daily Life amid Covid-19 pandemic in Tokyo, Japan - 2 Feb 2021

    キーワード:東京、銀座、街、通り、風景、外出、通行人、歩行者、マスク、着用、マスク姿、人たち、新型コロナウイルス、緊急事態宣言下-February 2, 2021, Tokyo, Japan: Pedestrians wearing facemasks as a preventive measure against the spread of Covid19 cross a street in Ginza. (Credit Image: © Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    昨年11月12日、94歳で死去 小柴昌俊さん

    ノーベル物理学賞に決まった教え子の梶田隆章さん(左)と対談し、笑顔を見せる小柴昌俊さん。2人の受賞は「(観測装置の)水のおかげ」と語った=2015年10月、東京都文京区の東京大

  • 2021年01月03日
    遊び心も

    米東部デラウェア州のビーチを歩く男性は、マスクで犬の顔に変身。新型コロナウイルス対策で浜辺の散策中にもマスク着用は必須ですが、遊び心を少々。(ゲッティ=共同)

  • 2020年12月29日
    空気の流れ見る実証実験 顔シールドだけはリスク

    福岡大の研究チームが行った、くしゃみによる空気の流れを見る実証実験。フェースシールドの下端から内側に流入が見られる=24日、福岡市

    撮影: 24日、福岡市

  • 2020年12月29日
    福岡大の赤木富士雄助教ら 顔シールドだけはリスク

    くしゃみによる飛沫物の飛散に関する実証実験を行う福岡大の赤木富士雄助教(左端)と学生=24日、福岡市

  • 2020年12月22日
    ポーズとる富田 高校野球や駅伝に似た魅力

    パラ競泳世界選手権男子400㍍自由形(視覚障害S11)で銀メダルを獲得し、笑顔でポーズをとる富田宇宙=2019年9月、ロンドン(共同)

  • 2020年12月22日
    合宿で笑顔の富田宇宙 高校野球や駅伝に似た魅力

    強化合宿で笑顔を見せるパラ競泳男子の富田宇宙=7月、東京都江東区のASICS Sports Complex TOKYO BAY

    撮影: 7月、東京都江東区のASICS Sports Complex TOKYO BAY

  • 2020年12月22日
    インタビューの富田宇宙 高校野球や駅伝に似た魅力

    インタビューに笑顔で答えるパラ競泳の富田宇宙

  • 2020年12月18日
    (1)中ロ大学生、オンライン交流会で友情深める

    15日、中ロ大学生オンライン交流会の様子。(ビデオ映像のキャプチャー画像)「私の見た中国とロシア」2020中ロ大学生交流会が15日、ビデオ形式で開催された。交流会はメイン会場1カ所とサブ会場13カ所が設けられ、両国の政府関係者や大学の教員と学生の代表200人余りが、インターネット上で顔を合わせた。参加者は、人文(人と文化)、科学教育、新型コロナウイルス感染症対策に関する国際協力などをテーマに交流を深めた。また、参加者自身の目を通して見た中国とロシアについても語り合った。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (2)中ロ大学生、オンライン交流会で友情深める

    15日、中ロ大学生オンライン交流会の様子。(ビデオ映像のキャプチャー画像)「私の見た中国とロシア」2020中ロ大学生交流会が15日、ビデオ形式で開催された。交流会はメイン会場1カ所とサブ会場13カ所が設けられ、両国の政府関係者や大学の教員と学生の代表200人余りが、インターネット上で顔を合わせた。参加者は、人文(人的・文化)、科学教育、新型コロナウイルス感染症対策に関する国際協力などをテーマに交流を深めた。また、参加者自身の目を通して見た中国とロシアについても語り合った。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    内閣総理大臣顕彰を受賞した「はやぶさ2」チーム

    政府は17日、内閣総理大臣顕彰を宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」のプロジェクトチームに授与した。小惑星への2度の着陸など数々の偉業を成し遂げ、宇宙探査の技術力の高さを示し学術振興に貢献したことを、顕彰した。顕彰式後、JAXAの津田雄一はやぶさ2プロジェクトマネージャは「はやぶさ2は多くの成果をあげることができ、若い人に伝えられた。その中から新たな研究の種ができたらうれしい」と笑顔を見せた。はやぶさ2プロジェクトの今後については「あと11年かけて新しい小惑星に向かおうとしている。そこでも宇宙探査の魅力を伝えたい」と語った。写真は顕彰式での菅義偉首相(右)とはやぶさ2プロジェクトチームの津田雄一プロジェクトマネージャ。=2020(令和2)年12月17日、東京都千代田区の首相官邸、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    万感胸に「よくできた」
  • 2020年12月06日
    笑顔の国中均所長 万感胸に「よくできた」

    「はやぶさ2」の模型を手に笑顔を見せるJAXAの国中均理事=6日午後、相模原市

    撮影: 6日午後、相模原市

  • 2020年12月06日
    万感胸に「よくできた」
  • 2020年12月06日
    万感胸に「よくできた」
  • 2020年12月06日
    万感胸に「よくできた」
  • 2020年12月06日
    万感胸に「よくできた」
  • 2020年12月06日
    万感胸に「よくできた」
  • 2020年12月06日
    万感胸に「よくできた」
  • 2020年12月06日
    記者会見の津田氏ら はやぶさ2、カプセル帰還

    記者会見ではやぶさ2の模型を手に笑顔を見せるJAXAの津田雄一教授(左)と国中均理事=6日午後、相模原市

  • 2020年12月04日
    忘れずに

    ロシア・モスクワで車のミラーに付いた雪に描かれた笑顔。運転中も他人に優しくなれそう。(タス=共同)

  • 2020年12月03日
    スマートロボット博覧会に最新製品が集結広東省仏山市

    3日、スマートロボット博覧会の会場で似顔絵を描くロボット。中国広東省仏山市の潭洲国際会展中心(潭洲国際コンベンション・エキシビションセンター)で3日、中国電子学会主催の「2020仏山国際スマートロボット博覧会」が開幕した。国内外からトップクラスのロボットメーカーが集い、ロボット分野の最新製品と中心的技術、最新の応用例を総合的に展示している。(仏山=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月03日
    スマートロボット博覧会に最新製品が集結広東省仏山市

    3日、スマートロボット博覧会の会場で似顔絵を描くロボット。中国広東省仏山市の潭洲国際会展中心(潭洲国際コンベンション・エキシビションセンター)で3日、中国電子学会主催の「2020仏山国際スマートロボット博覧会」が開幕した。国内外からトップクラスのロボットメーカーが集い、ロボット分野の最新製品と中心的技術、最新の応用例を総合的に展示している。(仏山=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    山中教授・顔写真 コロナ克服に貢献したい

    京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授

  • 2020年12月01日
    合宿で笑顔の富田宇宙 逆境乗り越え、輝き増す

    同じ視覚障害クラスのライバル木村敬一(左端)と行った合宿で笑顔を見せるパラ競泳男子の富田宇宙(中央右)=2020年7月、東京都江東区のASICS Sports Complex TOKYO BAY

  • 2020年12月01日
    合宿で笑顔の富田宇宙 逆境乗り越え、輝き増す

    同じ視覚障害クラスのライバル木村敬一と行った合宿で笑顔を見せるパラ競泳男子の富田宇宙=2020年7月、東京都江東区のASICS Sports Complex TOKYO BAY

    撮影: 2020年7月、東京都江東区のASICS Sports Complex TOKYO BAY

  • 2020年12月01日
    笑顔で取材に応じる富田 逆境乗り越え、輝き増す

    パラ競泳の秋季記録会のレース後、笑顔で取材に応じる富田宇宙。「レースの感覚を一回一回しっかり味わい、練習してきた泳ぎをつくっていきたい」=2020年11月、セントラルスポーツ宮城G21プール

    撮影: 2020年11月、セントラルスポーツ宮城G21プール

  • 2020年11月30日
    Daily Life in Tokyo, Japan - 30 Nov 2020

    キーワード:東京、新宿、東口、スケッチ、新型コロナウイルス、マスク、マスク姿、着用、通行人、歩行者、歩く、人たち-November 30, 2020, Tokyo, Japan: Pedestrians wearing facemasks as a preventive measure against Covid19 cross Shinjuku Dori Avenue in Tokyo. (Credit Image: © Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Stanislav Kogiku/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    After the death of Maradona - wake

    26 November 2020, Argentina, Buenos Aires: A fan holds a T-shirt with the face of Diego Maradona. Maradona had died of a heart attack on Wednesday (25.11.2020) at the age of only 60 years in his house in Tigre north of Buenos Aires. Photo: Fernando Gens/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    地上と交信する野口さん 野口さん、笑顔で抱き合う

    国際宇宙ステーションに到着し、地上と交信する野口聡一さん(前列右端)=17日(NASAテレビから・共同)

  • 2020年11月17日
    手を振る野口さん 野口さん、笑顔で抱き合う

    国際宇宙ステーションに到着し、手を振る野口聡一さん(中央)=17日(NASAテレビから・共同)

  • 2020年11月17日
    抱き合って喜ぶ野口さん 野口さん、笑顔で抱き合う

    米スペースXの新型宇宙船クルードラゴンで国際宇宙ステーションに到着し、出迎えた飛行士と抱き合って喜ぶ野口聡一さん(中央)=17日(NASAテレビから・共同)

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、複合ビル、南京金陵中環の工事現場でタワークレーンに取り付けられたスマート安全監視システム。(小型無人機から)中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、中建三局第一建設工程のエンジニアの携帯電話にインストールされたスマート監視システム。中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、複合ビル、南京金陵中環の工事現場の様子。(小型無人機から)中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、デジタルプロジェクトプラットフォームで工事現場の状況を確認する中建三局第一建設工程のエンジニア。中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、インテリジェント安全教育ロボットを調整する中建三局第一建設工程のエンジニア。中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    梶田氏と小柴氏 小柴昌俊氏が死去

    2015年10月、ノーベル物理学賞の受賞が決まった梶田隆章東大宇宙線研究所長(左)と笑顔で対談する小柴昌俊氏=東京都文京区

  • 2020年11月06日
    【輸入博】一般消費財エリアで質の高い生活を体験

    6日、一般消費財エリアで美顔器の効果を鏡で確認する来場者。中国上海市で開催中の第3回中国国際輸入博覧会は、9万平方メートルに上る一般消費財エリアにさまざまなテクノロジーを駆使しトレンドを反映した製品が集まり、素晴らしい生活への期待を形にすることで来場者の注目を集めている。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室で授業をする担当講師の殷銀山(いん・ぎんざん)さん(70)。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、休憩中にショート動画サイトの個人ページを見せる講座助手の危竹祥(き・ちくしょう)さん(71)。危さんは講座の修了生でもある。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室でペアを組んで学ぶ高齢者。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室に集まった90人近くの高齢者ら。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月04日
    シルバー世代もデジタル化、高齢者スマホ教室を訪ねて福建省アモイ市

    4日、スマホ教室で講師の指示に従って操作する高齢者。中国福建省アモイ市湖里区の禾縁社区(コミュニティー)は、シルバー世代がデジタル化の波に乗り遅れないよう、5年前から高齢者向けのスマートフォン教室を開いている。社区の責任者によると、新型コロナウイルスの流行中、高齢者から「健康コード(スマホ上で健康状態を表示する2次元バーコード)を見せないとどこにも行けない」との訴えがあり、その多くは独り暮らしだったという。教室は社会に溶け込みたいという高齢者の願いを叶えている。(アモイ=新華社記者/顔之宏)=2020(令和2)年11月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    輸入博出展企業、パナソニックの東京ショールームを探訪

    10月30日、パナソニックセンター東京のビジネス専用展示エリアで、コンセプト・ロボットを紹介するスタッフ。顔認証で荷物を入れるふたが開き、人と一緒に移動する。日本のパナソニックグループは今年も中国国際輸入博覧会(輸入博)に出展する。同グループが東京に開設した大型コーポレートショールーム「パナソニックセンター東京」は、ビジネス専用展示と一般展示に分かれており、ハイテク製品や持続可能な発展目標(SDGs)に向けた取り組み、企業文化などを紹介している。(東京=新華社記者/杜瀟逸)=2020(令和2)年10月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月29日
    Asia Design Management Forum 2020 Asia Design Management Forum 2020

    HANGZHOU, CHINA - OCTOBER 29, 2020 - A Tencent worker takes photos of visitors with AI face fusion technology, Hangzhou, Zhejiang Province, China, October 29, 2020.=2020(令和2)年10月29日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    Asia Design Management Forum 2020 Asia Design Management Forum 2020

    HANGZHOU, CHINA - OCTOBER 29, 2020 - A visitor shows his ancient image on his mobile phone after using Tencent‘s AI face fusion technology, Hangzhou, Zhejiang Province, China, October 29, 2020.=2020(令和2)年10月29日、クレジット:CFOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月28日
    Japan IT Week Autumn 2020

    October 28, 2020, Chiba, Japan: An exhibitor of Huawei wearing a face masks introduces to a visitor a facial recognition smart AI camera during the Japan IT Week Autumn 2020 in Makuhari Messe, near Tokyo. The exhibition consists of 11 exhibitions including (1st Artificial Intelligence Expo, 6th IoT & 5G Solutions Expo, and 8th Advanced E-Commerce & Retail Expo) showcasing new IT technologies and solutions. Organizers implemented measures to prevent the spreading of the new coronavirus during the three-day trade show. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    Japan IT Week Autumn 2020

    October 28, 2020, Chiba, Japan: A man wearing a face mask tests a Facial Recognition and Temperature Detection Smart AI Camera during the Japan IT Week Autumn 2020 in Makuhari Messe, near Tokyo. The exhibition consists of 11 exhibitions including (1st Artificial Intelligence Expo, 6th IoT & 5G Solutions Expo, and 8th Advanced E-Commerce & Retail Expo) showcasing new IT technologies and solutions. Organizers implemented measures to prevent the spreading of the new coronavirus during the three-day trade show. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    Japan IT Week Autumn 2020

    October 28, 2020, Chiba, Japan: A man wearing a face mask tests a Facial Recognition and Temperature Detection Smart AI Camera during the Japan IT Week Autumn 2020 in Makuhari Messe, near Tokyo. The exhibition consists of 11 exhibitions including (1st Artificial Intelligence Expo, 6th IoT & 5G Solutions Expo, and 8th Advanced E-Commerce & Retail Expo) showcasing new IT technologies and solutions. Organizers implemented measures to prevent the spreading of the new coronavirus during the three-day trade show. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    Japan IT Week Autumn 2020

    October 28, 2020, Chiba, Japan: A man wearing a face mask tests a Facial Recognition and Temperature Detection Smart AI Camera during the Japan IT Week Autumn 2020 in Makuhari Messe, near Tokyo. The exhibition consists of 11 exhibitions including (1st Artificial Intelligence Expo, 6th IoT & 5G Solutions Expo, and 8th Advanced E-Commerce & Retail Expo) showcasing new IT technologies and solutions. Organizers implemented measures to prevent the spreading of the new coronavirus during the three-day trade show. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月28日
    Japan IT Week Autumn 2020

    October 28, 2020, Chiba, Japan: A man tests a Facial Recognition Smart AI Camera during the Japan IT Week Autumn 2020 in Makuhari Messe, near Tokyo. The exhibition consists of 11 exhibitions including (1st Artificial Intelligence Expo, 6th IoT & 5G Solutions Expo, and 8th Advanced E-Commerce & Retail Expo) showcasing new IT technologies and solutions. Organizers implemented measures to prevent the spreading of the new coronavirus during the three-day trade show. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月26日
    笑顔の富田宇宙 「もがく自分も楽しむ」

    プールサイドで笑顔を見せる競泳男子視覚障害の富田宇宙=東京都江東区のASICS Sports Complex TOKYO BAY

    撮影: 東京都江東区のASICS Sports Complex TOKYO BAY

  • 2020年10月20日
    キヤノン中国、「笑顔認証」で入退室できるシステム発表

    20日、笑顔で会議室を予約するキヤノン中国の従業員。中国北京市に拠点を置くキヤノン中国はこのほど、「笑顔」を認証するスマート勤怠・入退室管理システム「佳創空間(スマート・ワークスペース・ソリューション)」を発表した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    キヤノン中国、「笑顔認証」で入退室できるシステム発表

    20日、「笑顔認証」による入退室管理を実演するキヤノン中国の従業員。中国北京市に拠点を置くキヤノン中国はこのほど、「笑顔」を認証するスマート勤怠・入退室管理システム「佳創空間(スマート・ワークスペース・ソリューション)」を発表した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    キヤノン中国、「笑顔認証」で入退室できるシステム発表

    20日、エリア監視機能を実演するキヤノン中国の従業員。中国北京市に拠点を置くキヤノン中国はこのほど、「笑顔」を認証するスマート勤怠・入退室管理システム「佳創空間(スマート・ワークスペース・ソリューション)」を発表した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月20日
    キヤノン中国、「笑顔認証」で入退室できるシステム発表

    20日、笑顔でプリンターを起動するキヤノン中国の従業員。中国北京市に拠点を置くキヤノン中国はこのほど、「笑顔」を認証するスマート勤怠・入退室管理システム「佳創空間(スマート・ワークスペース・ソリューション)」を発表した。(北京=新華社配信)=2020(令和2)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.92
    2020年10月19日
    「新華社」超高圧直流送電プロジェクト変電所で初の年次点検安徽省宣城市

    中国新疆ウイグル自治区昌吉回族自治州と安徽省宣城市宣州区古泉鎮を結ぶプラスマイナス1100キロボルト超高圧直流送電プロジェクトの受電端、安徽省宣城市にある古泉変電所で12~24日にかけて、初の年次点検・保守作業が実施されている。同プロジェクトは世界最高の電圧等級、最大の送電容量、最長の送電距離を誇る超高圧直流送電プロジェクトとして、2019年9月に運用を開始した。同変電所の翁良傑(おう・りょうけつ)副主任によると、今回の点検・保守では、大型機器への衛星測位システム「北斗」の搭載、第5世代移動通信システム(5G)ネットワークによるモニタリング機能の強化、赤外線顔認証・検温一体型機器による点検・保守チームの感染予防・抑制など、作業効率化のために多くのテクノロジーが導入されている。今回の作業はプロジェクトの運用開始後初めての年次点検・保守で、13日間送電を停止した状態で行う。期間中は検査員約千人、大型機械60台以上、検査機器400セット余りが用いられる。(記者/汪海月)<映像内容>超高圧直流送電プロジェクト変電所の年次点検の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月14日
    長春の夜空彩る千機のドローン吉林省

    14日、吉林省長春市の友誼公園で行われたドローンのショー。中国吉林省長春市の友誼公園で14日、小型無人機(ドローン)千機が空を舞うショーが行われ、多くの市民を魅了した。ショーは2020長春(国際)ドローン産業博覧会の一環で、16日まで毎晩午後7時に行われる。(長春=新華社配信/顔麟蘊)=2020(令和2)年10月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...