KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ハルビン
  • 中国鉄路
  • 科学技術
  • エネルギー
  • プラットフォーム
  • システム
  • 一般公開
  • 新型コロナ
  • 集団傘下
  • ヘリコプター

「黒竜江省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
215
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
215
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 00:42.47
    2021年03月09日
    「新華社」消防への理解深めるウィンターキャンプを実施黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市の小中学生が今年の冬休み、オンライン形式で行われた消防ウィンターキャンプに参加した。参加者は通信アプリ「微信(ウィーチャット)」などのプラットフォームを通し、実用的な消防知識を学んだり、各種コンテストに作品をアップロードしたりして、消防隊員の仕事に対する理解を深めた。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年3月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    アフリカ豚コレラウイルスの変異流行株を発見黒竜江省

    毒性の強さによって異なるアフリカ豚コレラの症状を示した図。関節の腫れ(A)、麻痺(B)、皮膚の腫れ(C)、皮膚の壊死(D)。(資料写真)中国農業科学院ハルビン獣医研究所国家アフリカ豚コレラ専門実験室は2月26日、同実験室によるアフリカ豚コレラ(ASF)の疫学的モニタリングと病原学的研究により、中国の一部の省と自治区で致死率の低いASFウイルス遺伝子II型自然変異流行株が出現したことを、2020年に発見したと明らかにした。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (5)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (4)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (6)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (10)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、鍛造後の貨物列車の部品。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、機械を操作して貨物列車の部品を鍛造する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (7)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、機械を操作して貨物列車の部品を鍛造する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(令和3)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)黒竜江省のハイテク企業数、1932社に

    製品を調整するハルビン哈船導航技術の社員。同社は特許技術30件以上を実用化しており、低コストの船舶用コンパス製品シリーズは欧州連合(EU)の認証を取得している。(資料写真)中国黒竜江省の関係部門は24日、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、同省がイノベーション主導により発展し、大学や研究機関、企業の自主イノベーション活力を呼び起こすことで、航空・宇宙設備や新型ヘリコプター、原子力発電設備、軍事用・民間用船舶の動力装置などの分野で大きな飛躍を遂げ、地域の発展における新たな優位性を形成したと発表した。統計データによると、同省では過去5年間、国家級のイノベーションプラットフォームが68カ所、省級が1161カ所設立され、ハイテク企業数は1932社に達した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)黒竜江省のハイテク企業数、1932社に

    ハルビン工業大学の衛星産業拠点で、後輩に超小型衛星実験装置の調整方法を教える同大学航天学院の博士研究生、呉凡(ご・はん)さん(左)。(2020年11月9日撮影)中国黒竜江省の関係部門は24日、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、同省がイノベーション主導により発展し、大学や研究機関、企業の自主イノベーション活力を呼び起こすことで、航空・宇宙設備や新型ヘリコプター、原子力発電設備、軍事用・民間用船舶の動力装置などの分野で大きな飛躍を遂げ、地域の発展における新たな優位性を形成したと発表した。統計データによると、同省では過去5年間、国家級のイノベーションプラットフォームが68カ所、省級が1161カ所設立され、ハイテク企業数は1932社に達した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、機械を操作して貨物列車の部品を鍛造する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、機械を操作して貨物列車の部品を鍛造する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でアシカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (11)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で、体温検査を受け入場する人。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (9)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でクラゲを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (8)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でペンギンを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (7)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でホッキョクギツネを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (12)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で記念撮影する来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でホッキョクオオカミを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (4)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    ハルビン医科大学の実験室で実験データを確認するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年11月24日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (1)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    ハルビン医科大学の実験室で実験するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年11月24日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (3)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    昨年の中ロ大学生ビデオ交流会で「私の見た中国とロシア」をテーマに講演するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年12月15日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (2)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    ハルビン医科大学の実験室で実験するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年11月24日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (2)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、「火眼」核酸検査方艙実験室の物資備蓄エリアで、医療物資の数を確認するハルビン医科大学付属第四医院の検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (1)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、「火眼」核酸検査方艙実験室の物資備蓄エリアで、医療物資の数を確認するハルビン医科大学付属第四医院の検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (4)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (5)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン極地館。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止した太陽島国際雪像芸術博覧会。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (3)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:51.89
    2021年01月14日
    「新華社」物流のクローズドループ管理で接触リスクを低減黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市ではこのところ、新型コロナウイルスの新規感染者増を受け、市外からの車両と人に対しクローズドループ管理を実施している。高速道路の黒河料金所ゲートでは、監視員が市内に入る車両と搭乗者を厳しく管理し、警察官が車両・人員の情報を登録した上で紙を貼ってドアを封印。車両が貨物ステーションに到着すると、物資の積み降ろしは専門の作業員が担当し、運転手はその間、車内にとどまることで接触リスクを低減している。作業が終わると、車は来た道をそのまま引き返し、警察官によってドアの封印に破れなどがないことが確認された後、通行を許可される。(記者/劉赫垚) =配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (12)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。(2020年12月28日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (8)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (1)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (3)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (4)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (5)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (11)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。(2020年12月28日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (6)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (10)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (9)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (7)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    7日、プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.56
    2020年12月29日
    「新華社」中国の名門掘削隊、今年延べ10万メートルの油井を掘削

    中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が今年掘削した油井の深度は、24日時点で延べ10万メートルを超えた。1959年9月26日に発見された大慶油田は中国最大の石油生産拠点。過去60年で約24億トンの原油を生産した。1953年創設の1205掘削隊は、67年間に2482カ所の油井を掘削した。累計掘削深度は世界最高峰チョモランマ355個分に相当する。(記者/楊喆) =配信日: 2020(令和2)年12月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (3)寒冷地自動車テスト走行フェスティバル閉幕黒竜江省黒河市

    2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルの様子。(資料写真)中国黒竜江省黒河市で開催されていた2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルが11日、閉幕した。会期中、自動車メーカー20社余りとドライバー約100人が参加した。(黒河=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (1)寒冷地自動車テスト走行フェスティバル閉幕黒竜江省黒河市

    2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルの様子。(資料写真)中国黒竜江省黒河市で開催されていた2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルが11日、閉幕した。会期中、自動車メーカー20社余りとドライバー約100人が参加した。(黒河=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.46
    2020年12月14日
    「新華社」寒冷地自動車テスト走行フェスティバル閉幕黒竜江省黒河市

    中国黒竜江省黒河市で開催されていた2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルが11日、閉幕した。会期中、自動車メーカー20社余りとドライバー約100人が参加した。コンテストでは2本のテストコースが設けられた。1本は自然の地形を利用した雪道クロスカントリーコースで、もう1本は踏み固められた雪に覆われた路面を再現した。これらのコースで量産車の車両性能を測定すると同時に、タイヤのテストも行われた。同市は2006年に初めて寒冷地テスト走行試験場を設置した。現在、寒冷地テスト走行企業8社と三つの国家級自動車性能評価試験機関が進出し、自動車会社24社が専属の試験拠点を開設している。全国の寒冷地テスト走行の80%以上が同市で実施されている。(記者/馬知遥、劉赫垚)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (2)寒冷地自動車テスト走行フェスティバル閉幕黒竜江省黒河市

    2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルの様子。(資料写真)中国黒竜江省黒河市で開催されていた2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルが11日、閉幕した。会期中、自動車メーカー20社余りとドライバー約100人が参加した。(黒河=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (6)寒冷地自動車テスト走行フェスティバル閉幕黒竜江省黒河市

    2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルの様子。(資料写真)中国黒竜江省黒河市で開催されていた2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルが11日、閉幕した。会期中、自動車メーカー20社余りとドライバー約100人が参加した。(黒河=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (4)寒冷地自動車テスト走行フェスティバル閉幕黒竜江省黒河市

    2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルの様子。(資料写真)中国黒竜江省黒河市で開催されていた2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルが11日、閉幕した。会期中、自動車メーカー20社余りとドライバー約100人が参加した。(黒河=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    (5)寒冷地自動車テスト走行フェスティバル閉幕黒竜江省黒河市

    2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルの様子。(資料写真)中国黒竜江省黒河市で開催されていた2020中国量産車性能コンテスト・黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルが11日、閉幕した。会期中、自動車メーカー20社余りとドライバー約100人が参加した。(黒河=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月12日
    (1)量産車の性能を試す「寒冷地テスト走行フェス」開幕黒竜江省黒河市

    10日、第1回黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルの開幕式会場。中国黒竜江省黒河市で10日、第1回黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルが開幕した。開幕式の会場には、準備万端な様子でスタートを待つテスト車両が並んだ。今回のフェスティバルでは、向こう3カ月にわたり黒河横断・都市巡回競技やCCPC(中国量産車性能チャレンジ)雪道クロスカントリー、都市道路チャレンジなど一連のイベントが繰り広げられるという。長年の発展を経て黒河市には現在、寒冷地テスト走行企業8社と三つの国家級自動車性能評価試験機関が進出し、自動車会社24社が専属の試験拠点を開設している。全国の寒冷地テスト走行の80%以上が同市で実施されている。(ハルビン=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月12日
    (2)量産車の性能を試す「寒冷地テスト走行フェス」開幕黒竜江省黒河市

    10日、第1回黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルの開幕式会場。中国黒竜江省黒河市で10日、第1回黒河寒冷地自動車テスト走行フェスティバルが開幕した。開幕式の会場には、準備万端な様子でスタートを待つテスト車両が並んだ。今回のフェスティバルでは、向こう3カ月にわたり黒河横断・都市巡回競技やCCPC(中国量産車性能チャレンジ)雪道クロスカントリー、都市道路チャレンジなど一連のイベントが繰り広げられるという。長年の発展を経て黒河市には現在、寒冷地テスト走行企業8社と三つの国家級自動車性能評価試験機関が進出し、自動車会社24社が専属の試験拠点を開設している。全国の寒冷地テスト走行の80%以上が同市で実施されている。(ハルビン=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、ハルビンエリアにある中国長城(黒竜江)「インターネット事業の附帯セキュリティシステムプロジェクト」の生産ラインで、製品の組み立て作業をする従業員。中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設、東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、ハルビンエリアにある深圳(ハルビン)産業園区の建設現場で働く作業員。中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設、東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアにあるハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設、東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを彩る夜景。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設。東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、ハルビンエリアにある深圳(ハルビン)産業園区総合展示センターで、写真を撮る来場者。中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設。東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    ハルビン市消防隊、「119」消防啓発月間をスタート

    6日、消防啓発月間のイベントで消防機材を見学する市民。中国黒竜江省ハルビン市消防救援支隊は6日、「消防への関心を高め、命を守る」をテーマとした2020年「119」消防啓発月間をスタートさせた。同月間は会場とオンラインを融合した形式で実施される。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月06日
    ハルビン市消防隊、「119」消防啓発月間をスタート

    6日、消防啓発月間のイベントで消防機材を見学する市民。中国黒竜江省ハルビン市消防救援支隊は6日、「消防への関心を高め、命を守る」をテーマとした2020年「119」消防啓発月間をスタートさせた。同月間は会場とオンラインを融合した形式で実施される。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年11月6日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    中国鉄路ハルビン局集団、「双11」特別輸送期間に黒竜江省

    1日、ハルビン西駅で貨物を積み込む作業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は1日、毎年11月11日に開催される国内最大級のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」に向け、特別サービス態勢の輸送ウイークを開始した。鉄道部門は今年、物流市場の需要に対応するため、特別サービス期間を例年の10日間から20日間に延長した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    中国鉄路ハルビン局集団、「双11」特別輸送期間に黒竜江省

    1日、中鉄快運ハルビン分公司で、宅配便を仕分けする作業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は1日、毎年11月11日に開催される国内最大級のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」に向け、特別サービス態勢の輸送ウイークを開始した。鉄道部門は今年、物流市場の需要に対応するため、特別サービス期間を例年の10日間から20日間に延長した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    中国鉄路ハルビン局集団、「双11」特別輸送期間に黒竜江省

    1日、ハルビン西駅で貨物を積み込む作業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は1日、毎年11月11日に開催される国内最大級のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」に向け、特別サービス態勢の輸送ウイークを開始した。鉄道部門は今年、物流市場の需要に対応するため、特別サービス期間を例年の10日間から20日間に延長した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    中国鉄路ハルビン局集団、「双11」特別輸送期間に黒竜江省

    1日、中鉄快運ハルビン分公司に設置された「双11」輸送ウイークの専用貨物エリア。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は1日、毎年11月11日に開催される国内最大級のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」に向け、特別サービス態勢の輸送ウイークを開始した。鉄道部門は今年、物流市場の需要に対応するため、特別サービス期間を例年の10日間から20日間に延長した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    中国鉄路ハルビン局集団、「双11」特別輸送期間に黒竜江省

    1日、ハルビン西駅で貨物を積み込む作業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は1日、毎年11月11日に開催される国内最大級のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」に向け、特別サービス態勢の輸送ウイークを開始した。鉄道部門は今年、物流市場の需要に対応するため、特別サービス期間を例年の10日間から20日間に延長した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    中国鉄路ハルビン局集団、「双11」特別輸送期間に黒竜江省

    1日、車両への貨物搬入状況をチェックする作業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は1日、毎年11月11日に開催される国内最大級のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」に向け、特別サービス態勢の輸送ウイークを開始した。鉄道部門は今年、物流市場の需要に対応するため、特別サービス期間を例年の10日間から20日間に延長した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    中国鉄路ハルビン局集団、「双11」特別輸送期間に黒竜江省

    1日、中鉄快運ハルビン分公司で、宅配便を仕分けする作業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は1日、毎年11月11日に開催される国内最大級のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」に向け、特別サービス態勢の輸送ウイークを開始した。鉄道部門は今年、物流市場の需要に対応するため、特別サービス期間を例年の10日間から20日間に延長した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月01日
    中国鉄路ハルビン局集団、「双11」特別輸送期間に黒竜江省

    1日、車両への貨物搬入状況をチェックする作業員。中国国家鉄路集団傘下の中国鉄路ハルビン局集団は1日、毎年11月11日に開催される国内最大級のネット通販セール「双11(ダブルイレブン)」に向け、特別サービス態勢の輸送ウイークを開始した。鉄道部門は今年、物流市場の需要に対応するため、特別サービス期間を例年の10日間から20日間に延長した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:35.24
    2020年10月28日
    「新華社」中国産パソコン「天玥」、広東省でもラインオフ

    中国広東省広州市で28日、国産パソコン「天玥」のラインオフ式が行われ、同省第1号機がお披露目された。生産能力は年間20万台で、原材料から完成品までの年間生産額は20億元(1元=約16円)を見込んでいる。式典は中国航天科工集団第二研究院706所が主催した。天玥は中央演算処理装置(CPU)からオペレーティングシステム(OS)までの基幹ソフトウエアやハードウエアを全て、中国で独自開発した製品で固めている。四川、海南両省や重慶市などでも生産が始まっており、これまでに黒竜江省などの寒冷地や海南省などの高温多湿地域、チベット自治区などの高海抜地域に1万台近くが設置されている。(記者/胡林果)<映像内容>中国産パソコン「天玥」のラインオフ式の様子など、撮影日:2020(令和2)年10月28日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月27日
    第2回中医薬博覧会、愛好家でにぎわう黒竜江省ハルビン市

    27日、第5世代移動通信システム(5G)を利用した遠隔診療を紹介するコーナー。中国黒竜江省ハルビン市でこのほど、第2回黒竜江中医薬博覧会が開催された。展示面積は2万平方メートルで、「中医薬メーカー」や「中国医学の診療サービス・体験」など複数のエリアが設けられた。会場には中国医学専門のオンライン病院や薬の紹介、中国医学の伝統的なサービスや健康法などを体験するコーナーもあり、多くの愛好家が足を運んだ。(ハルビン=新華社配信)=2020(令和2)年10月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化

    15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン(右)。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化

    15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン。中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化

    15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン。中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月15日
    実りの秋黒竜江省で稲刈りが本格化

    15日、黒竜江省の三江平原にある紅衛農場の田んぼで、稲の収穫作業を行う自動運転コンバイン。(小型無人機から)中国黒竜江省の各地ではこのところ、稲の収穫が最盛期を迎えており、田んぼではコンバインのエンジン音が響き渡っていた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月02日
    科学技術館で大型連休を楽しく過ごす親子連れ黒竜江省

    2日、黒竜江省科学技術館でロボットショーを見る親子連れ。中国黒竜江省ハルビン市にある黒竜江省科学技術館では国慶節と中秋節の大型連休(1~8日)中、科学技術の不思議な魅力を体感しようと、大勢の親子連れが訪れている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年10月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:56.66
    2020年09月18日
    「新華社」黒竜江省、緊急時の測量・製図総合演習を実施

    中国黒竜江省測絵地理信息局(測量・製図地理情報局)はこのほど、省内の伊春市で初の大規模かつ全運用プロセスを通じた緊急時の測量・製図能力を保障するための総合実戦演習を行った。今回の演習は、最近の増水期や水位上昇への対応ならびに自然災害・二次災害対応を目的に実施され、小型無人機空撮や地上測量・観測、水中調査、データ処理・統合、総合保障など、さまざまなチームから計90人余りが参加した。(記者/劉赫垚)<映像内容>緊急時の測量・製図総合実戦演習の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:54.98
    2020年09月13日
    「新華社」台風被害を最小限に、農業技術員が現場で支援黒竜江省

    中国黒竜江省は8月下旬からの半月ほどで台風8~10号に見舞われ、一部地域で農作物が倒れたり、畑が浸水したりする深刻な被害を受けた。同省チチハル市克山県では作物の損失を最小限に抑えるため、農業技術員と支援責任者が何度も田畑に入り、災害対応への支援や指導を行っている。(記者/唐鉄富)<映像内容>倒れた農作物など台風被害の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    ハルビン電機廠製回転子、つり込みに成功白鶴灘水力発電所

    9日、白鶴灘水力発電所建設現場の様子。(小型無人機から)中国黒竜江省のハルビン電気集団傘下のハルビン電機廠は9日、四川省寧南県と雲南省巧家県の県境を流れる金沙江で建設が進む白鶴灘水力発電所の設置現場で、自社開発した100万キロワット水力発電ユニットの回転子(ローター)のつり込みに成功した。これにより、同発電所プロジェクト建設はユニット全体の最終組み立て段階に入る。(巧家=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    ハルビン電機廠製回転子、つり込みに成功白鶴灘水力発電所

    9日、白鶴灘水力発電所の右岸に設置された設備容量100万キロワットの発電ユニットで、最初の回転子のつり込みが成功。中国黒竜江省のハルビン電気集団傘下のハルビン電機廠は9日、四川省寧南県と雲南省巧家県の県境を流れる金沙江で建設が進む白鶴灘水力発電所の設置現場で、自社開発した100万キロワット水力発電ユニットの回転子(ローター)のつり込みに成功した。これにより、同発電所プロジェクト建設はユニット全体の最終組み立て段階に入る。(巧家=新華社記者/胡超)=2020(令和2)年9月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    中国最東端の星空黒竜江省撫遠市

    20日、華夏東極森林公園の上空に広がる星空。中国最東端に位置する黒竜江省撫遠市の華夏東極森林公園では夜になると、星空が明るく輝き、宇宙の壮大さを感じさせる。(撫遠=新華社記者/謝剣飛)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村の太陽光発電所に設置されたソーラーパネル。中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    太陽光発電産業で農家の増収を後押し黒竜江省樺川県

    19日、黒竜江省樺川県集賢村の太陽光発電所に設置されたソーラーパネル。中国黒竜江省佳木斯(ジャムス)市樺川(かせん)県は近年、太陽光発電産業の発展を力強く推進。県全体で高圧連系による発電所103カ所、低圧連系による屋根型の発電所15カ所の建設事業を行ってきた。年間発電量は4千万キロワット、年間の売電収入は3100万元(1元=約15円)で、同事業により「農家の富裕化と村の増収」を実現させている。(ジャムス=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月18日
    村民の笑顔撮り続ける村の第1書記黒竜江省小南河村

    ドローンを操縦する冷菊貞さん。(8月18日撮影)中国黒竜江省双鴨山市饒河(じょうが)県では、貧困撲滅の責任者として小南河村に派遣された冷菊貞(れい・きくてい)第1書記が5年ほど前から、村の風俗習慣を体験してもらう観光拠点の建設や、辛い調味料「辣椒醬(ラージャオジャン)」の製造などの産業を発展させる取り組みを進め、村民の収入増加に貢献してきた。「農家楽(アグリツーリズム)」の振興や特産品の好調な売り上げが村に活気をもたらし、村民の笑顔を増やしている。写真愛好家でもある冷さんのカメラには、笑顔で仕事に励む村民たちの姿が数多く収められている。(双鴨山=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    親子で過ごす夏の一日、科学技術館を楽しむ黒竜江省

    15日、黒竜江省科学技術館を見学する親子たち。中国黒竜江省ハルビン市にある黒竜江省科学技術館は、週末や連休になると、科学技術の不思議な魅力を体感しようと、大勢の親子連れが訪れる。同館には常設展示エリア10カ所が設置されており、機械、エネルギー、宇宙、数学、電磁気学など十数分野に及ぶ知識の普及に関わる展示品400点余りが陳列されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    親子で過ごす夏の一日、科学技術館を楽しむ黒竜江省

    15日、黒竜江省科学技術館を見学する親子たち。中国黒竜江省ハルビン市にある黒竜江省科学技術館は、週末や連休になると、科学技術の不思議な魅力を体感しようと、大勢の親子連れが訪れる。同館には常設展示エリア10カ所が設置されており、機械、エネルギー、宇宙、数学、電磁気学など十数分野に及ぶ知識の普及に関わる展示品400点余りが陳列されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    親子で過ごす夏の一日、科学技術館を楽しむ黒竜江省

    15日、黒竜江省科学技術館を見学する親子。中国黒竜江省ハルビン市にある黒竜江省科学技術館は、週末や連休になると、科学技術の不思議な魅力を体感しようと、大勢の親子連れが訪れる。同館には常設展示エリア10カ所が設置されており、機械、エネルギー、宇宙、数学、電磁気学など十数分野に及ぶ知識の普及に関わる展示品400点余りが陳列されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月15日
    親子で過ごす夏の一日、科学技術館を楽しむ黒竜江省

    15日、黒竜江省科学技術館を見学する親子。中国黒竜江省ハルビン市にある黒竜江省科学技術館は、週末や連休になると、科学技術の不思議な魅力を体感しようと、大勢の親子連れが訪れる。同館には常設展示エリア10カ所が設置されており、機械、エネルギー、宇宙、数学、電磁気学など十数分野に及ぶ知識の普及に関わる展示品400点余りが陳列されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)=2020(令和2)年8月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3