KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ハルビン
  • プラットフォーム
  • 中国鉄路
  • 工業大学
  • 前年同期
  • 科学技術
  • 小型無人機
  • 集団傘下
  • 一般公開
  • 核酸検査

「黒竜江省」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
321
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
321
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月01日
    (8)21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    2月25日、ハルビン東安汽車発動機製造の生産工場で、生産作業を行う作業員。中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (4)21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    2月25日、ハルビン東安汽車発動機製造の生産工場で、生産作業を行う作業員。中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (5)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (4)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (6)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (1)21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    2月25日、ハルビン東安汽車発動機製造の生産工場で、生産作業を行う作業員。中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    2月25日、ハルビン東安汽車発動機製造の生産工場で、生産作業を行う作業員。中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (5)21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    2月25日、ハルビン東安汽車発動機製造の生産工場で、生産作業を行う作業員。中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (6)21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    2月25日、ハルビン東安汽車発動機製造の生産工場で、生産作業を行う作業員。中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (3)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、鍛造後の貨物列車の部品。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (10)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (9)21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    2月25日、ハルビン東安汽車発動機製造の生産工場で、生産作業を行う作業員。中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    2月25日、ハルビン東安汽車発動機製造の生産工場で、生産作業を行う作業員。中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (2)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、機械を操作して貨物列車の部品を鍛造する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (7)春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、機械を操作して貨物列車の部品を鍛造する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月01日
    (7)21年は好調な滑り出し、全力で新局面切り開くハルビン東安汽車発動機製造

    2月25日、ハルビン東安汽車発動機製造の生産工場で、生産作業を行う作業員。中国黒竜江省にあり自動車用エンジンや手動変速機(MT)・自動変速機(AT)の製造技術を擁する企業、ハルビン東安汽車発動機製造は2021年に入り、引き続き業績が好調に推移している。1月の製品販売量は前年同期比で10・8%増、売上高は18・3%増となった。同社は現在、受注分の納品を確実に保障すべく全力で生産に取り組んでいる。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年3月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (2)黒竜江省のハイテク企業数、1932社に

    製品を調整するハルビン哈船導航技術の社員。同社は特許技術30件以上を実用化しており、低コストの船舶用コンパス製品シリーズは欧州連合(EU)の認証を取得している。(資料写真)中国黒竜江省の関係部門は24日、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、同省がイノベーション主導により発展し、大学や研究機関、企業の自主イノベーション活力を呼び起こすことで、航空・宇宙設備や新型ヘリコプター、原子力発電設備、軍事用・民間用船舶の動力装置などの分野で大きな飛躍を遂げ、地域の発展における新たな優位性を形成したと発表した。統計データによると、同省では過去5年間、国家級のイノベーションプラットフォームが68カ所、省級が1161カ所設立され、ハイテク企業数は1932社に達した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月26日
    (1)黒竜江省のハイテク企業数、1932社に

    ハルビン工業大学の衛星産業拠点で、後輩に超小型衛星実験装置の調整方法を教える同大学航天学院の博士研究生、呉凡(ご・はん)さん(左)。(2020年11月9日撮影)中国黒竜江省の関係部門は24日、「第13次5カ年規画(2016~20年)」期間中、同省がイノベーション主導により発展し、大学や研究機関、企業の自主イノベーション活力を呼び起こすことで、航空・宇宙設備や新型ヘリコプター、原子力発電設備、軍事用・民間用船舶の動力装置などの分野で大きな飛躍を遂げ、地域の発展における新たな優位性を形成したと発表した。統計データによると、同省では過去5年間、国家級のイノベーションプラットフォームが68カ所、省級が1161カ所設立され、ハイテク企業数は1932社に達した。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、機械を操作して貨物列車の部品を鍛造する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、車両に使う部材を溶接する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/梁冬)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月25日
    春節連休後、フル稼働の鉄道車両メーカー黒竜江省

    2月25日、チチハル車両集団の工場で、機械を操作して貨物列車の部品を鍛造する作業員。中国鉄道車両大手、中国中車(CRRC)傘下のチチハル車両集団は貨物列車車両製造大手で、中国装備製造業拠点の黒竜江省チチハル市に位置する。同社は今年、春節(旧正月)の連休(2月11~17日)が終わると直ちに工場を稼働させ、フルスピードで生産を再開している。(チチハル=新華社記者/馬暁成)=配信日:2021(令和3)年2月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (5)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でアシカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (10)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で海水魚を見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (11)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で、体温検査を受け入場する人。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (9)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でクラゲを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (8)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でペンギンを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.67
    2021年02月22日
    「新華社」ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (7)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でホッキョクギツネを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、列を作ってハルビン極地館に入場する人々。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (12)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で記念撮影する来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)黒竜江省、2020年の大気優良率92・9%

    黒竜江省鶴岡市の欣虹湖公園。(2020年10月30日撮影)中国黒竜江省で開催中の同省第13期人民代表大会第5回会議で20日、同省の生態環境の質が持続的に改善していることが明らかにされた。2020年に大気の質が「優良」だった日は92・9%に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でホッキョクオオカミを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (13)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスを観察する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (6)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで水を飲むマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (8)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで飼育されているマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (4)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで飼育されているマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (12)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスの給水ボトルを交換する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (10)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、動物の飲み水をタンクに注ぐ李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (7)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで飼育されているマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (1)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスの餌を取り出す李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (11)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで施設の消毒を行う李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (5)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームで飼育されているマウス。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:54.68
    2021年02月11日
    「新華社」実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(記者/楊思琪、謝剣飛) =配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (3)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ケージを高圧蒸気滅菌器に入れる李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (15)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでケージの床敷材を掃除する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (14)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスのケージを交換する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (16)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスを観察する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月11日
    (9)実験用マウスの「お父さん」、春節も通常勤務黒竜江省

    8日、ハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームでマウスを観察する李永明さん。春節(旧正月)を間近に控えた9日、中国黒竜江省のハルビン工業大学生命科学センター実験動物プラットフォームの職員、李永明(り・えいめい)さん(50)は、普段通り忙しく業務をこなしていた。マウスは一般的な実験動物の一つで、生命科学研究でも各種実験に幅広く利用されている。2019年に供用開始した同プラットフォームは飼育ルーム6室、実験ルーム3室を備え、現在約5千匹のマウスを飼育している。李さんと同僚たちはマウスの世話や設備のメンテナンスなどを担当しており、マウスの「お父さん」「お母さん」と呼ばれている。李さんは「マウスは面倒を見る人がいなければ生きられない。施設を24時間、年中無休で稼働させるため、職員には春節休暇もない。今年の大みそかは私が当直に入ることになった」と話した。(ハルビン=新華社記者/楊思琪)= 配信日: 2021(平成33)年02月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:52.68
    2021年02月07日
    「新華社」美しい景色を砂絵で再現黒竜江省チチハル市

    中国黒竜江省チチハル市克山県の砂絵愛好家、李秀傑(り・しゅうけつ)さんはこのほど、同省の代表的な景観を砂絵で描きネット上に発表した。氷雪大世界や雪郷風景区、「神州の北極(中国の北極)」と呼ばれる漠河市など、砂絵で再現された美しい景色の数々が人々を魅了した。(記者/張濤) =配信日: 2021(平成33)年02月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (4)核酸検査施設「火眼」実験室を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    4日、「火眼」実験室で働く検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」実験室がこのほど検収に合格し、運用が始まった。10検体を1回にまとめた「プール方式」の核酸検査を採用しており、1日に20万人分の検体を検査できるという。実験室では春節(旧正月)休暇期間終了まで、スタッフが24時間体制で検査を行う。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (2)核酸検査施設「火眼」実験室を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    4日、「火眼」実験室で働く検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」実験室がこのほど検収に合格し、運用が始まった。10検体を1回にまとめた「プール方式」の核酸検査を採用しており、1日に20万人分の検体を検査できるという。実験室では春節(旧正月)休暇期間終了まで、スタッフが24時間体制で検査を行う。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (3)核酸検査施設「火眼」実験室を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    4日、「火眼」実験室で働く検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」実験室がこのほど検収に合格し、運用が始まった。10検体を1回にまとめた「プール方式」の核酸検査を採用しており、1日に20万人分の検体を検査できるという。実験室では春節(旧正月)休暇期間終了まで、スタッフが24時間体制で検査を行う。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (1)核酸検査施設「火眼」実験室を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    4日、「火眼」実験室で働く検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」実験室がこのほど検収に合格し、運用が始まった。10検体を1回にまとめた「プール方式」の核酸検査を採用しており、1日に20万人分の検体を検査できるという。実験室では春節(旧正月)休暇期間終了まで、スタッフが24時間体制で検査を行う。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (5)核酸検査施設「火眼」実験室を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    4日、「火眼」実験室で働く検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」実験室がこのほど検収に合格し、運用が始まった。10検体を1回にまとめた「プール方式」の核酸検査を採用しており、1日に20万人分の検体を検査できるという。実験室では春節(旧正月)休暇期間終了まで、スタッフが24時間体制で検査を行う。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月05日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (4)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    ハルビン医科大学の実験室で実験データを確認するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年11月24日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (1)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    ハルビン医科大学の実験室で実験するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年11月24日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (3)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    昨年の中ロ大学生ビデオ交流会で「私の見た中国とロシア」をテーマに講演するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年12月15日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月02日
    (2)ロシア人留学生が見た中国の新型コロナとの闘い黒竜江省

    ハルビン医科大学の実験室で実験するロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさん。(2020年11月24日)中国黒竜江省のハルビン医科大学神経外科の博士課程で学ぶロシア人留学生のアンドレイ・ソハツキーさんは新型コロナウイルスの流行発生直後から、個人の損得を考えず患者のために尽力する中国人医師の姿を見てきた。「中国留学では医療の専門知識だけでなく、医師としての精神も学ぶことができた」と語っている。(ハルビン=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年02月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (10)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、間もなく運用を開始するエアドーム型「火眼」方艙実験室。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (1)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、「火眼」核酸検査方艙実験室の物資備蓄エリアで、医療物資の数を確認するハルビン医科大学付属第四医院の検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (2)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、「火眼」核酸検査方艙実験室の物資備蓄エリアで、医療物資の数を確認するハルビン医科大学付属第四医院の検査スタッフ。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (6)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、間もなく運用を開始するエアドーム型「火眼」方艙実験室。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (4)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、間もなく運用を開始するエアドーム型「火眼」方艙実験室。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (9)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、間もなく運用を開始するエアドーム型「火眼」方艙実験室。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (5)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、間もなく運用を開始するエアドーム型「火眼」方艙実験室。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (7)臨時核酸検査施設「火眼」方艙実験室を設置黒竜江省ハルビン市

    1月30日、間もなく運用を開始するエアドーム型「火眼」方艙実験室。中国黒竜江省ハルビン市のハルビン国際会展中心(コンベンション・エキシビションセンター)に、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設として設置された12のエアドーム型「火眼」方艙実験室がこのほど検収に合格し、間もなく運用が開始される。実験室は2次元バーコード読み取りと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担い、運用開始後は同省の核酸検査能力の質と効率・効果をさらに向上させていく。(ハルビン=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年02月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.71
    2021年01月30日
    「新華社」消防隊員が隔離施設の全面消毒を実施黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市の消防救助隊はこのほど、市内の隔離施設6カ所で消毒作業を実施した。新型コロナウイルスの感染予防のための消毒作業を行う突撃隊が六つの消毒チームに分かれ、隔離拠点の公共エリアで噴霧装置による消毒作業を行った。既に8万平方メートルの消毒任務が完了したという。(記者/張濤、董宝森) =配信日: 2021(平成33)年01月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.29
    2021年01月26日
    「新華社」核酸検査の最前線を守る医療従事者黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市内に設けられた各核酸検体採取所では、新型コロナウイルスと戦う医療従事者や社区(コミュニティー)の職員らが、寒さの厳しい夜間でも苦労をいとわず現場に立ち、市民の生活を守っている。(記者/謝剣飛、王建威) =配信日: 2021(平成33)年01月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月25日
    (10)新型コロナウイルスと闘い続ける人たち黒竜江省ハルビン市

    22日、ハルビン市第一五六中学校で親指を立てるジェスチャーをしてエールを送る医療スタッフ。中国で1年で最も寒いといわれるこの時期、黒竜江省ハルビン市に設置された各核酸検査場では、同市の職員とボランティアが秩序よく市民を誘導し、医療スタッフが検体採取を行なっている。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制の最前線で闘う人たちが、夜のハルビンの街を明るく照らしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月25日
    (7)新型コロナウイルスと闘い続ける人たち黒竜江省ハルビン市

    22日、ハルビン市奮闘小学校で、2次元バーコードをスキャンして通過するよう市民を案内するスタッフ。中国で1年で最も寒いといわれるこの時期、黒竜江省ハルビン市に設置された各核酸検査場では、同市の職員とボランティアが秩序よく市民を誘導し、医療スタッフが検体採取を行なっている。新型コロナウイルス感染症の予防・抑制の最前線で闘う人たちが、夜のハルビンの街を明るく照らしている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (2)ハルビン市で市民の核酸検査進む黒竜江省

    23日、ハルビン市の撫順社区(コミュニティー)に設けられた核酸検体採取所で、検体を採取する医療従事者。中国黒竜江省ハルビン市ではこの数日、新型コロナウイルス対策のための市民を対象とした核酸検査が秩序よく実施されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (3)ハルビン市で市民の核酸検査進む黒竜江省

    23日、ハルビン市内の小学校に設けられた核酸検体採取所で、採取した検体を容器に入れる医療従事者。中国黒竜江省ハルビン市ではこの数日、新型コロナウイルス対策のための市民を対象とした核酸検査が秩序よく実施されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (7)ハルビン市で市民の核酸検査進む黒竜江省

    23日、ハルビン市内の小学校に設けられた核酸検体採取所で、採取した検体を容器に入れる医療従事者。中国黒竜江省ハルビン市ではこの数日、新型コロナウイルス対策のための市民を対象とした核酸検査が秩序よく実施されている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (6)ハルビン市で市民の核酸検査進む黒竜江省

    23日、ハルビン市内の小学校に設けられた核酸検体採取所で、検体を採取する医療従事者。中国黒竜江省ハルビン市ではこの数日、新型コロナウイルス対策のための市民を対象とした核酸検査が秩序よく実施されている。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:19.81
    2021年01月24日
    「新華社」自動運転車両が道路を消毒、黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市の街道では、新型コロナウイルスの予防・抑制のため、自動運転車両が道路の消毒を行っている。(記者/楊思琪) =配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (5)ハルビン市で市民の核酸検査進む黒竜江省

    23日、ハルビン市内の小学校に設けられた核酸検体採取所で、検体を採取する医療従事者。中国黒竜江省ハルビン市ではこの数日、新型コロナウイルス対策のための市民を対象とした核酸検査が秩序よく実施されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (1)ハルビン市で市民の核酸検査進む黒竜江省

    23日、ハルビン市の撫順社区(コミュニティー)に設けられた核酸検体採取所で、検体採取後に手を消毒する医療従事者。中国黒竜江省ハルビン市ではこの数日、新型コロナウイルス対策のための市民を対象とした核酸検査が秩序よく実施されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月24日
    (4)ハルビン市で市民の核酸検査進む黒竜江省

    23日、ハルビン市の撫順社区(コミュニティー)に設けられた核酸検体採取所で、検体提供者の本人確認をする医療従事者。中国黒竜江省ハルビン市ではこの数日、新型コロナウイルス対策のための市民を対象とした核酸検査が秩序よく実施されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (4)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (5)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン極地館。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (3)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止した太陽島国際雪像芸術博覧会。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)街中で活躍するボランティア消毒隊黒竜江省綏化市

    18日、綏化市北林区の中興東大街で、消毒・殺菌作業を行う「消殺隊」のメンバー。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、新型コロナウイルスの現在の感染波が確認されて以降、ボランティア25人からなる消毒・殺菌チームが、同市北林区の検疫検問所や集合住宅、基層行政区域などで一般的な消毒・殺菌作業を担当している。「消殺隊」と名付けられたチームのメンバーはいずれも専門的な訓練を受けた綏化緊急救援隊の隊員で、必要に応じて出動し、地域の感染症対策を支援している。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)街中で活躍するボランティア消毒隊黒竜江省綏化市

    18日、車内で出発を待つ「消殺隊」のメンバー。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、新型コロナウイルスの現在の感染波が確認されて以降、ボランティア25人からなる消毒・殺菌チームが、同市北林区の検疫検問所や集合住宅、基層行政区域などで一般的な消毒・殺菌作業を担当している。「消殺隊」と名付けられたチームのメンバーはいずれも専門的な訓練を受けた綏化緊急救援隊の隊員で、必要に応じて出動し、地域の感染症対策を支援している。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)街中で活躍するボランティア消毒隊 黒竜江省綏化市

    18日、綏化市北林区の中興東大街で、消毒・殺菌作業に先立ち整列する「消殺隊」のメンバー。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、新型コロナウイルスの現在の感染波が確認されて以降、ボランティア25人からなる消毒・殺菌チームが、同市北林区の検疫検問所や集合住宅、基層行政区域などで一般的な消毒・殺菌作業を担当している。「消殺隊」と名付けられたチームのメンバーはいずれも専門的な訓練を受けた綏化緊急救援隊の隊員で、必要に応じて出動し、地域の感染症対策を支援している。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (6)極寒の地で森林を守る作業員黒竜江省

    9日、大興安嶺林業集団呼中林業局大西溝管護区の現場に設置された仮設テントで、のこぎりの手入れをする作業員。中国黒竜江省大興安嶺地区呼中(こちゅう)区では、多くの林業労働者が真冬の寒さの中、営林の現場で持ち場を守り、極寒の山林を回って病気の木や腐った木を取り除いて、若い森林の育成に励んでいる。大興安嶺林業集団呼中林業局大西溝管護区の森林作業員11人は、今月2日から携帯電話の電波が届かない現場に入り、森林の手入れをしている。作業期間中は約20日間、仮設テントで生活する。(ハルビン=新華社記者/徐凱鑫)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月15日
    (2)夜間の核酸検査所を訪ねて黒竜江省ハルビン市

    14日、小学生に対し咽頭スワブによる検体採取を行う医療スタッフ。中国黒竜江省で新型コロナウイルスの感染確認が報告されたことに伴い、ハルビン市の一部地域では無料の核酸検査が実施されている。同市香坊区和平路街道亜麻社区(コミュニティー)にある臨時核酸検査所では、作業スタッフらが忙しく勤務。48時間以内に社区内の住人4500人余りに対する核酸検査を実施するため、夜間も迅速な検査を行っている。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (5)夕映えの大慶油田黒竜江省

    7日、大慶油田の2号クラスター油井ポンプユニット。中国最大の石油生産拠点の一つ、黒竜江省大慶油田は2020年、原油の国内生産量3001万319トン、海外権益生産量931万トンを達成し、いずれも計画を上回った。天然ガスの生産量は46億5537万立方メートルで、10年連続で増加した。2020年の同油田の原油・ガス生産当量は4302万9777トンで、4千万トン以上を維持した一方、原油・ガスのフルコストと運転コストは前年同期に比べ減少した。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (4)夕映えの大慶油田黒竜江省

    7日、大慶油田の2号クラスター油井ポンプユニット。中国最大の石油生産拠点の一つ、黒竜江省大慶油田は2020年、原油の国内生産量3001万319トン、海外権益生産量931万トンを達成し、いずれも計画を上回った。天然ガスの生産量は46億5537万立方メートルで、10年連続で増加した。2020年の同油田の原油・ガス生産当量は4302万9777トンで、4千万トン以上を維持した一方、原油・ガスのフルコストと運転コストは前年同期に比べ減少した。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (6)夕映えの大慶油田黒竜江省

    7日、大慶油田の2号クラスター油井ポンプユニット。中国最大の石油生産拠点の一つ、黒竜江省大慶油田は2020年、原油の国内生産量3001万319トン、海外権益生産量931万トンを達成し、いずれも計画を上回った。天然ガスの生産量は46億5537万立方メートルで、10年連続で増加した。2020年の同油田の原油・ガス生産当量は4302万9777トンで、4千万トン以上を維持した一方、原油・ガスのフルコストと運転コストは前年同期に比べ減少した。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(平成33)年01月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4