KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • モーターショー
  • 幕張メッセ
  • 人工知能
  • バイドゥ
  • 中国上海市
  • 音声認識
  • ひょうたん童子
  • インタラクティブ
  • キャラクター
  • ヒーロー

「Hall 顔」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
61
( 1 61 件を表示)
  • 1
61
( 1 61 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年12月18日
    (1)中ロ大学生、オンライン交流会で友情深める

    15日、中ロ大学生オンライン交流会の様子。(ビデオ映像のキャプチャー画像)「私の見た中国とロシア」2020中ロ大学生交流会が15日、ビデオ形式で開催された。交流会はメイン会場1カ所とサブ会場13カ所が設けられ、両国の政府関係者や大学の教員と学生の代表200人余りが、インターネット上で顔を合わせた。参加者は、人文(人と文化)、科学教育、新型コロナウイルス感染症対策に関する国際協力などをテーマに交流を深めた。また、参加者自身の目を通して見た中国とロシアについても語り合った。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月18日
    (2)中ロ大学生、オンライン交流会で友情深める

    15日、中ロ大学生オンライン交流会の様子。(ビデオ映像のキャプチャー画像)「私の見た中国とロシア」2020中ロ大学生交流会が15日、ビデオ形式で開催された。交流会はメイン会場1カ所とサブ会場13カ所が設けられ、両国の政府関係者や大学の教員と学生の代表200人余りが、インターネット上で顔を合わせた。参加者は、人文(人的・文化)、科学教育、新型コロナウイルス感染症対策に関する国際協力などをテーマに交流を深めた。また、参加者自身の目を通して見た中国とロシアについても語り合った。(ハルビン=新華社記者/劉赫垚)= 配信日: 2020(令和2)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月03日
    スマートロボット博覧会に最新製品が集結広東省仏山市

    3日、スマートロボット博覧会の会場で似顔絵を描くロボット。中国広東省仏山市の潭洲国際会展中心(潭洲国際コンベンション・エキシビションセンター)で3日、中国電子学会主催の「2020仏山国際スマートロボット博覧会」が開幕した。国内外からトップクラスのロボットメーカーが集い、ロボット分野の最新製品と中心的技術、最新の応用例を総合的に展示している。(仏山=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月03日
    スマートロボット博覧会に最新製品が集結広東省仏山市

    3日、スマートロボット博覧会の会場で似顔絵を描くロボット。中国広東省仏山市の潭洲国際会展中心(潭洲国際コンベンション・エキシビションセンター)で3日、中国電子学会主催の「2020仏山国際スマートロボット博覧会」が開幕した。国内外からトップクラスのロボットメーカーが集い、ロボット分野の最新製品と中心的技術、最新の応用例を総合的に展示している。(仏山=新華社記者/鄧華)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.27
    2019年10月24日
    夜空彩るドローン500機 お台場、飛行イベント

    お台場の夜空を500機の小型無人機ドローンが彩る国内最大規模の飛行イベントが24日、東京モーターショーの会場となっている遊歩道「夢の大橋」(東京都江東区)の上空で行われた。27日まで毎日、午後6時半~7時に開催。幅広い世代の集客につなげようと、日本自動車工業会が主催。「宇宙の旅」をテーマに音楽に合わせてドローンが隊列を組んで飛んだり、人の顔や惑星の形を描いたりした。発光ダイオード(LED)を備えた米インテルのドローン「シューティング・スター」が使用された。<映像内容>イベント雑観、ドローンが夜空に展開し人の形を作る様子など、撮影日:2019(令和元)年10月24日、撮影場所:東京都江東区 青海

    撮影: 2019(令和元)年10月24日

  • 2019年10月23日
    IoT活用「未来の団地」を訪ねて浙江省杭州市

    23日、徳慧マンション「未来団地」のスマートマンホールのふた。ふたにずれや傾き、溢水、破損が発生すると、センサーが直ちに不動産管理者へ警報を送信する。中国浙江省杭州市蕭山区にこのほど、初の「未来団地」が完成した。「未来団地」は、徳慧マンションの立ち退き移住者向け住宅で試験的に運用される。モノのインターネット(IoT)技術を利用して監視設備、IoTセンサー端末、コミュニティ用電気設備などを集中管理し、スマート電力、スマート消防、顔認証、車両識別、充電スタンド、スマート街灯、スマート不動産管理などの機能を集積、コミュニティのサービス水準を引き上げる。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月23日
    IoT活用「未来の団地」を訪ねて浙江省杭州市

    23日、徳慧マンション「未来団地」のスマートマンホールのふた。ふたにずれや傾き、溢水、破損が発生すると、センサーが直ちに不動産管理者へ警報を送信する。中国浙江省杭州市蕭山区にこのほど、初の「未来団地」が完成した。「未来団地」は、徳慧マンションの立ち退き移住者向け住宅で試験的に運用される。モノのインターネット(IoT)技術を利用して監視設備、IoTセンサー端末、コミュニティ用電気設備などを集中管理し、スマート電力、スマート消防、顔認証、車両識別、充電スタンド、スマート街灯、スマート不動産などの機能を集積、コミュニティのサービス水準を引き上げる。(杭州=新華社記者/黄宗治)=2019(令和元)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月18日
    「インターネットの光」博覧会、烏鎮で開幕新技術が一堂に

    18日、「インターネットの光」博覧会の会場で、メニューを自動認識し顔認識で決済する食堂の新システムを体験する来場者。第6回世界インターネット大会の重要な構成部分である「インターネットの光」博覧会が18日、中国浙江省桐郷(とうきょう)市烏鎮(うちん)で開幕した。世界のインターネットの最新発展動向および先端技術状況に焦点を絞る今年の博覧会には、世界の600社以上の有名なインターネット企業やデジタル化への転換を実現した伝統的企業、イノベーション型企業および関連機関が出展する。(桐郷=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、斉天大聖になりきり、インタラクティブゲームに興じる内覧会参加者。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、「舒克和貝塔(シュークとベイタ)」になりきり、インタラクティブゲームに興じる内覧会参加者。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、黒猫警長になりきり、射撃インタラクティブゲームに興じる内覧会参加者。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、豫園にある展示会の会場、華宝楼内に掲げられた巨大ポスター。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、会場で展示された、斉天大聖が横たわるかわいらしい茶器。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、映画鑑賞エリアで「葫蘆兄弟」を懐かしみながら鑑賞する内覧会参加者。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、斉天大聖になりきり、インタラクティブゲームに興じる内覧会参加者。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、キャラクターのポスターでラッピングされた「子ども時代の思い出特別列車」セット。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、哪吒になりきり、インタラクティブゲームに興じる内覧会参加者。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、豫園の華宝楼内のレストランに飾られた黒猫警長。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月17日
    AI技術で「子ども時代のヒーロー」に上海

    17日、キャラクターに関する問題が並ぶクイズコーナー。中国上海市の観光地、豫園にある華宝楼で18日、往年の中国アニメのキャラクターや物語をテーマとした展示会が始まった。上海美術映画製作所、百度(バイドゥ)、豫園の共催で、1カ月にわたり開かれる。会場は、黒猫警長(黒猫警部)、斉天大聖(孫悟空)、葫蘆兄弟(ひょうたん童子)、哪吒(ナーザ)などをテーマにした16の展示エリアに分かれている。来場者は、顔認証や音声認識、モーションキャプチャーなどの人工知能(AI)技術による多彩なインタラクティブ体験で、子ども時代を思い出し「ヒーローの旅」を楽しむことができる。(上海=新華社記者/劉穎)=2019(令和元)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:48.30
    2019年10月03日
    名人芸を3D映像に 人間国宝野村万作さんの狂言伝承

    人間国宝の狂言師野村万作さん(88)の芸を360度から撮影して最新技術の3D映像でアーカイブ化する取り組みが進み、NTTコミュニケーションズが3日、完成した映像を東京都内で公開した。映像は約15分間で、演目は「栗焼」。万作さん演じる太郎冠者が、主人に言われ客に出す栗を焼くうち、誘惑に負けて食べてしまう話。焼けた栗を取り、息を吹き掛けるなど手の動き、顔の表情が鮮明に間近に迫るような映像が浮かんだ。同日、万作さんはディスプレーを装着してしゃがんだり上から見下ろしたりして映像を見て「初めて自分と会いましたね」と話していた。<映像内容>野村万作さんと野村萬斎さんの会場入り、VR装着・体験、感想、公開された映像、VR本体の物撮りなど、撮影日:2019(令和元)年10月3日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2019(令和元)年10月3日

  • 2019年08月26日
    中国国際スマート産業博覧会「ブラックテクノロジー」が大集合

    26日、スマート産業博会場内に設けられた重慶空港の「スマート空港」展示ホールで、顔認証によるセキュリティーチェックを体験する来場者。中国重慶市で26日開幕した中国国際スマート産業博覧会には、遠隔運転や3Dプリント、スマートロボット、遠隔救急支援などの画期的で先進的な「ブラックテクノロジー」が次々と登場、来場者はインテリジェント技術を活用したライフスタイルを一足早く体験した。(重慶=新華社記者/劉潺)=2019(令和元)年8月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月09日
    プレンロボティクスのアシスタントロボット「PLEN Cube」

    プレンロボティクス(大阪市北区)は顔認証による受け付けや決済が可能なアシスタントロボット「PLEN Cube」の先行予約を開始し、体験イベントを開いた。会場では顔認証による鍵の解錠が可能な自動入退館システム(写真)やドリンクサーバーと連動して注文した飲み物を自動配布し、顔認証による支払いが可能な無人決済機能を披露した。2019年度中に1000台の販売を目指す。赤沢社長は「サービス業の効率化、無人化に貢献したい」と意欲を語った。同デバイスは17年に開発を始め、19年7月に国内で量産を開始した。法人向けデバイスは1台8万1000円(消費税抜き)で、入退館機能や決済機能の利用には月額費用が別途必要。9月半ばから商品を発送する。2019(令和元)年8月9日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2019年06月09日
    ルーシー・ホーキング氏、上海科学普及講演に出席

    9日、イベントで笑顔を見せるルーシー・ホーキング氏(中央)。中国の上海科学技術館で9日、英国のジャーナリストで作家のルーシー・ホーキング氏が上海科学普及講演に出席した。ルーシー氏は、昨年死去した著名な理論物理学者・宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士の娘。会場でルーシー氏は、父が曲折を経て非凡な科学的探求の道を歩んだことを語り、父との共著「宇宙への秘密の鍵」シリーズも紹介した。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年6月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 02:52.67
    2019年04月23日
    「新華社」第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムメディアセンターの試験運用開始

    中国北京で開催される第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムのメディアセンターが23日、試験運用を開始した。メディアセンターは国家会議センターのE1、E2ホールにあり、総面積は1万1000平方メートル。完備した報道施設とサービスを提供する他、5Gネットワークによるフルカバーの実現など、さまざまな先進技術が導入されている。フォーラムには4100人余りの記者が登録しており、うち1600人程が中国本土以外のメディアの記者となっている。これ以外にも、最新の顔認証電子ロッカーも設置されている。記者も利用したが、非常に便利で安心だと感じた。センター内の景観デザインにはシルクロード文化が色濃く反映され、関連絵画、装飾が飾られ、施されているだけでなく、各種メディアやLEDスクリーンを利用した「一帯一路」建設の成果展示もある。また、無形文化遺産の伝承者による中国画、宮花(花の形のアクセサリー)、彩絵(壁などに描く装飾画)、軟陶(ポリマークレイ)製作の実演も行われる。(記者/王普、王修楠)<映像内容>第2回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムメディアセンターの様子、撮影日:2019(平成31)年4月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年04月12日
    輸入博の常設展示を利用し、日本企業の中国市場進出が加速

    12日、「緑地グローバル商品貿易港」の日本館で中国初公開された美顔器や電動歯ブラシ、携帯型空気清浄機などの最新人気商品。第1回中国国際輸入博覧会(輸入博)で出展企業が最も多い国は日本だった。多くの日本企業は現在も、輸入博関連プラットフォームを利用し、中国市場進出を加速させている。輸入博会場の上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)に隣接する貿易展示場「緑地グローバル商品貿易港」では今年に入り、コロンビア館とエクアドル館がオープン、12日には日本館も開館した。(上海=新華社記者/程思琪)=2019(平成31)年4月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:03.78
    2019年04月02日
    「新華社」警察用VRヘルメット登場海南省で5G体験イベント

    中国海南省はこのほど、博鰲(ボアオ)楽城でコネクテッドカーと5Gの実用化試行プロジェクトを実施した。来場者やメディア関係者にコネクテッドカーを体験してもらい、中国電信(チャイナテレコム)や中国移動(チャイナモバイル)などの通信事業者が会場で5G携帯電話やユーザー端末、遠隔診療など5Gネットワークを利用したデバイスやサービスを実演した。コネクテッドカーの体験イベントでは「前方急カーブ注意」や「道路工事注意」といった実用的な場面が設けられた。路上テストに参加した車両は、センサーを通して環境情報や道路設備を感知し、IoT(モノのインターネット)などの技術を利用して、正確で完全な情報を車両にフィードバックし、よりスマートで便利な効果を上げていた。5G実用の体験イベントでは、中国電信や中国移動が遠隔診療や救急デモンストレーション、16チャンネル4Kハイビジョン同時伝送やVR(仮想現実)中継を実演した。5Gネットワークによる警察用VRヘルメットは、顔認証や音声認識、クラウドコンピューティング、クラウドストレージ、5Gネットワークなどの先進技術を総合的に利用している。(記者/王軍鋒)<映像内容>中国海南省で5G体験イベント開催の様子、VRヘルメットなど、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 03:51.51
    2019年01月25日
    「新華社」スマート化で帰省をより快適に浙江省杭州市

    中国浙江省の杭州東駅は今年、利用者にとって一層便利になるように、多くのインフラや関連サービスを改善した。一部では「ブラックテクノロジー」(画期的で先進的な技術)が導入され、利用者はスマート化による新たな体験を味わえる。同駅では春節(旧正月)の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送態勢「春運」が21日から始まったのに合わせ、「インテリジェントトイレ」が設置された。トイレの使用状況をより直感的に表示することで、利用者は使用時に気まずい思いをすることがなくなった。「インテリジェントトイレ」はトイレの個室の利用状況をリアルタイムに反映できるだけでなく、利用ピーク時には、男女の個室の数が調整され、利用者が長い列を作らないようになっている。待合室の中央ホールの両脇にあるサービスカウンターの周りにはタッチパネルの情報端末を増設し、よりスマート化、現代化、情報化された。利用者は自ら操作して列車、切符、落とし物などの情報を調べることができる。利用者がスムーズに改札の検査を終えて駅に入れるように、杭州東駅は今年、南口と北口に新たに「顔認識システム」を導入した。利用者は身分証を機械の上に乗せ、顔を映すだけで、改札を終え入場することができる。これらインテリジェントな要素のほか、無料で記念撮影をしてもらえる「幸福写真館」や可動式の授乳室など人々に便利なサービスも好評だ。杭州東駅当務駅長楊咪さん今年の杭州東駅は一連のサービスに関する措置を取っています。これらは安全で秩序あり心温まる「春運」を目指すという私たちの目標に合致しており、お客さまにより良い「春運」を体験していただけます。(記者/夏亮、李涛)<映像内容>スマート化された杭州東駅の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月17日
    2018年ネットセキュリティ博覧会、成都で開幕

    17日、2018年ネットセキュリティ博覧会の会場で、ネットセキュリティ装置を見学する企業担当者。2018年ネットセキュリティ博覧会が17日、中国四川省成都市の世紀城新国際コンベンションセンターで開幕した。今回の博覧会は、衛星インターネットやブロックチェーン、人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、工業インターネットなど、情報通信技術のイテレーション(反復)発展が展示された。また、こうした新たな情勢の下、ネットセキュリティが直面するチャンスと課題にも注目が集まった。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月17日
    2018年ネットセキュリティ博覧会、成都で開幕

    17日、2018年ネットセキュリティ博覧会の会場で、人工知能(AI)技術によりバーチャルサイクリングを体験する市民。2018年ネットセキュリティ博覧会が17日、中国四川省成都市の世紀城新国際コンベンションセンターで開幕した。今回の博覧会は、衛星インターネットやブロックチェーン、人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、工業インターネットなど、情報通信技術のイテレーション(反復)発展が展示された。また、こうした新たな情勢の下、ネットセキュリティが直面するチャンスと課題にも注目が集まった。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月17日
    2018年ネットセキュリティ博覧会、成都で開幕

    17日、2018年ネットセキュリティ博覧会の会場で、顔認証決済システムを体験する市民。2018年ネットセキュリティ博覧会が17日、中国四川省成都市の世紀城新国際コンベンションセンターで開幕した。今回の博覧会は、衛星インターネットやブロックチェーン、人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、工業インターネットなど、情報通信技術のイテレーション(反復)発展が展示された。また、こうした新たな情勢の下、ネットセキュリティが直面するチャンスと課題にも注目が集まった。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月17日
    2018世界AI大会上海がAI一色に

    17日、顔認証で会場に入る来場者。注目を集めていた2018世界AI(人工知能)大会が17日、中国上海市徐匯(じょかい)区の西岸芸術センターで開幕した。大会には世界のAI分野で最も影響力のある科学者や企業家、政府指導者が集まり、最も権威ある観点や共通認識を発信した。また最先端の技術、製品、アプリケーション、理念も一堂に展示された。(上海=新華社配信/袁婧)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月17日
    2018年ネットセキュリティ博覧会、成都で開幕

    17日、2018年ネットセキュリティ博覧会の会場。2018年ネットセキュリティ博覧会が17日、中国四川省成都市の世紀城新国際コンベンションセンターで開幕した。今回の博覧会は、衛星インターネットやブロックチェーン、人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、工業インターネットなど、情報通信技術のイテレーション(反復)発展が展示された。また、こうした新たな情勢の下、ネットセキュリティが直面するチャンスと課題にも注目が集まった。(成都=新華社記者/江宏景)=2018(平成30)年9月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:41.62
    2018年08月07日
    東京五輪に初の顔認証技術 NECが導入

    NECは7日、2020年東京五輪・パラリンピックで、人工知能(AI)技術を使い、入場者の顔をIDカードに事前登録した顔写真と自動的に照合する認証システムを初めて導入すると発表した。40以上の会場に設置する。選手や大会関係者約30万人を対象とし、一般の観客は含まない。テロなど危険な行為への対策を強化し、安心、安全な大会の運営に役立てる。〈映像内容〉記者会見の様子(組織委・岩下剛整備局長、NEC・菅沼正明執行役員)フォトセッション、デモンストレーションなど。、撮影日:2018(平成30)年8月7日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2018(平成30)年8月7日

  • 2018年07月04日
    「BaiduCreate2018」、北京で開催

    4日、会場の外で百度の顔認証決済機能を体験する参加者。中国大手検索エンジン「百度(バイドゥ・Baidu)」主催のAI開発者会議「BaiduCreate2018」が7月4日、北京の国家会議センターで開かれた。(北京=新華社記者/李鑫)=2018(平成30)年7月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2015年12月11日
    梶田さんと妻美智子さん 大村、梶田氏にノーベル賞

    ノーベル賞授賞式を終え、メダルを手に笑顔の梶田隆章・東大宇宙線研究所長と妻の美智子さん=10日、ストックホルムのコンサートホール(共同)

    撮影: 10日、ストックホルムのコンサートホール

  • 2007年08月02日

    「カラー」【】 ◎新海征治(しんかい・せいじ)、九州大学大学院工学研究院教授、化学者、2007年8月2日、福岡市東区の九州大学百年講堂で撮影、顔

  • 2005年10月20日

    「カラー」【】 ◎横山元彦(よこやま・もとひこ)、顔 豊田工機社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月20日撮影

  • 2005年10月20日

    「カラー」【】 ◎南雲忠信(なぐも・ただのぶ)、顔 横浜ゴム社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月20日撮影

  • 2005年10月20日

    「カラー」【】 ◎豊田鉄郎(とよだ・てつろう)、顔 豊田自動織機社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月20日撮影

  • 2005年10月20日

    「カラー」【】 ◎安藤英世(あんどう・ひでよ)、顔 動研グループ会長兼CEO、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月20日撮影

  • 2005年10月20日

    「カラー」【】 ◎谷口孝男(たにぐち・たかお)、顔 アイシン・エィ・ダブリュ(AW)社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月20日撮影

  • 2005年10月20日

    「カラー」【】 ◎本並正直(もとなみ・まさなお)、顔 トヨタ紡織社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月20日撮影

  • 2005年10月20日

    「カラー」【】 ◎深谷紘一(ふかや・こういち)、顔 デンソー社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月20日撮影

  • 2005年10月20日

    「カラー」【】 ◎山内康仁(やまうち・やすひと)、顔 アイシン精機社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月20日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎岡本一雄(おかもと・かずお)、顔 トヨタ自動車副社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎光岡章夫(みつおか・あきお)、顔 光岡自動車社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎木下光男(きのした・みつお)、顔 トヨタ自動車副社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎福井威夫(ふくい・たけお)、顔 ホンダ社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎竹中恭二(たけなか・きょうじ)、顔 富士重工業社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎津田紘(つだ・ひろし)、顔 スズキ社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎長谷川至(はせがわ・とおる)、顔 ヤマハ発動機会長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎鈴木浩(すずき・ひろし)、顔 富士重工業副社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎益子修(ますこ・おさむ)、顔 三菱自動車工業社長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年10月19日

    「カラー」【】 ◎鈴木修(すずき・おさむ)、顔 スズキ会長、第39回東京モーターショー会場(幕張メッセ)にて=2005(平成17)年10月19日撮影

  • 2005年07月25日
    ロボット視察するご一家 万博のロボットに笑顔

    チャイルドケアロボットと触れ合う秋篠宮ご一家=25日午後、愛知万博長久手会場

    撮影: 25日午後、愛知万博長久手会場

  • 2004年11月02日

    「カラー」 ◎松田明(まつだ・あきら) 顔、小平産業社長、2004(平成16)年11月2日、東京モーターショー会場(千葉・幕張メッセ)にて撮影

  • 2004年11月02日

    「カラー」 ◎深谷紘一(ふかや・こういち) 顔、デンソー社長、2004(平成16)年11月2日、東京モーターショー会場(千葉・幕張メッセ)にて撮影

  • 2004年11月02日

    「カラー」 ◎諸江明〓(もろえ・あきひろ)〓=示へんに右  顔、クセニッツ・ジャパン社長(輸入商用車・バスの特装・販売業)、2004(平成16)年11月2日、東京モーターショー会場(千葉・幕張メッセ)にて撮影

  • 2002年05月21日
    発表会のゴーン社長 ミニバンでがっぷり四つ

    高級ミニバン「エルグランド」の発表会で、運転席の窓から顔を出すカルロス・ゴーン日産社長=21日午前、東京都江東区有明のTFTホール

    撮影: 21日午前、東京都江東区有明のTFTホール

  • 1994年12月08日
    サンタも環境汚染反対

    一堂に会した四百五十人のサンタクロース。実は、サンタの格好をしてベルリン自由大学の講堂に集まった学生たちだ。学生たちは毎年この季節になると、ベルリンでサンタの「レンタル・サービス」をしている。今年は「エネルギーと気象の変化」のポスターを持ち、顔にガスマスクの模型をつけて、地球の環境汚染問題を訴えるサンタも登場した。(ロイター=共同)

  • 1989年10月18日
    ロボットと握手 皇太子さま、デ博をご覧

    世界デザイン博覧会会場で、ロボットの「シコ」ちゃんから感想を聞かれ、笑顔で握手をされる皇太子さま=18日午後4時20分、名古屋市熱田区の世界デザイン博白鳥会場

    撮影: 18日午後4時20分、名古屋市熱田区の世界デザイン博白鳥会場 

  • 1