KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ロボット
  • 新型肺炎
  • スマート
  • システム
  • スタッフ
  • プラットフォーム
  • 人工知能
  • ドローン
  • イノベーション
  • インターネット

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
3,062
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
3,062
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月24日
    (4)ハルビン市で市民の核酸検査進む黒竜江省

    23日、ハルビン市の撫順社区(コミュニティー)に設けられた核酸検体採取所で、検体提供者の本人確認をする医療従事者。中国黒竜江省ハルビン市ではこの数日、新型コロナウイルス対策のための市民を対象とした核酸検査が秩序よく実施されている。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年01月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.04
    2021年01月23日
    「新華社」心温まる帰路、大学生の帰省に特別便を手配遼寧省大連市

    中国遼寧省大連市にある東北財経大学では20日、冬休みが始まった。コロナ禍の中で学生を守るため、同大は大連市政府の支援の下、ふるさとへ帰省する学生を対象に高速鉄道の特別列車や航空機のチャーター便、出発地と目的地を直接結ぶ送迎サービスを提供した。PCR検査合格証明書を持つ在校生1万1899人が同日から23日までの間に4回に分けて大学を離れる。うち1299人の学生は自家用車や配車サービスで直接目的地まで向かい、345人の学生は大学が手配したチャーター便で帰省する。(記者/王瑩、李恒、張逸飛) =配信日: 2021(平成33)年01月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)ボツワナで中国が設立を支援した小学校が開校

    19日、ボツワナのMmopaneにある中国の支援によって建てられたMmopane小学校で、開校日に整列する児童ら。中国が設立を支援したボツワナのクウェネン地区にあるMmopane小学校が19日に開校し、1年生と5年生のクラスを開講した。残りの学年は後日、開講される。中国政府のプロジェクトである同校は最先端の設備を備え、快適な学習環境を提供する。(Mmopane=新華社配信/TshekisoTebalo)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)ボツワナで中国が設立を支援した小学校が開校

    19日、ボツワナのMmopaneにある中国の支援によって建てられたMmopane小学校で、開校初日に手を洗う児童ら。中国が設立を支援したボツワナのクウェネン地区にあるMmopane小学校が19日に開校し、1年生と5年生のクラスを開講した。残りの学年は後日、開講される。中国政府のプロジェクトである同校は最先端の設備を備え、快適な学習環境を提供する。(Mmopane=新華社配信/TshekisoTebalo)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (5)海口市で子ども向けの無料レッスン開始海南省

    16日、海南省海口市の青少年活動センターで、保護者に付き添われながらピアノのレッスンを受ける子ども。中国海南省海口市の青少年活動センターは、公共サービスの一環として子ども向けの講座を開始した。ピアノや絵画、スポーツなどの無料レッスンを提供している。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)海口市で子ども向けの無料レッスン開始海南省

    16日、海南省海口市の青少年活動センターで、保護者に付き添われながらピアノのレッスンを受ける子どもたち。中国海南省海口市の青少年活動センターは、公共サービスの一環として子ども向けの講座を開始した。ピアノや絵画、スポーツなどの無料レッスンを提供している。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)海口市で子ども向けの無料レッスン開始海南省

    16日、海南省海口市の青少年活動センターで、保護者に付き添われながらピアノのレッスンを受ける子どもたち。中国海南省海口市の青少年活動センターは、公共サービスの一環として子ども向けの講座を開始した。ピアノや絵画、スポーツなどの無料レッスンを提供している。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のスマートシティIoT(モノのインターネット)国家重点実験室展覧館を見学するマカオの青年。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    ボツワナで中国が設立を支援した小学校が開校

    19日、ボツワナのMmopaneにある中国の支援によって建てられたMmopane小学校で、教室に集まった教師と児童ら。中国が設立を支援したボツワナのクウェネン地区にあるMmopane小学校が19日に開校し、1年生と5年生のクラスを開講した。残りの学年は後日、開講される。中国政府のプロジェクトである同校は最先端の設備を備え、快適な学習環境を提供する。(Mmopane=新華社配信/TshekisoTebalo)=配信日:2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のマイクロエレクトロニクス国家重点実験室展覧館を見学するマカオの青年。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)=配信日:2021(令和3)年1月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    説明する渡辺淳平理事 窓少し開放、高い換気効果

    新型コロナウイルス対策で、効果の高い換気方法に関する実験結果について説明する弘前大の渡辺淳平理事=14日午前、青森県弘前市

    撮影: 14日午前、青森県弘前市

  • 2021年01月13日
    宇宙の食事、多種多様に

    米国とカナダの祝日「感謝祭」にちなみ、国際宇宙ステーションでさまざまな宇宙食を楽しむ野口聡一さん(後方左)ら(JAXA/NASA提供)

  • 00:25.40
    2021年01月12日
    「新華社」中国検索大手の百度、スマートカー製造に参入吉利と戦略提携

    中国のインターネット検索大手、百度(バイドゥ)は11日、スマートカーの製造などを手掛ける新会社「百度汽車」を設立し、完成車メーカーとして自動車業界に新規参入すると発表した。中国自動車大手の浙江吉利控股集団が新会社の戦略的協力パートナーとなる。新会社は乗用車市場をターゲットとし、スマートカーの設計から研究開発、製造、販売、アフターサービスまでをワンストップで手掛ける。百度の独立した子会社として運営する一方、親会社の百度が人工知能(AI)や自動運転開発プラットフォーム「アポロ」、地図アプリ「百度地図」などのコア技術を全面的に提供する。百度汽車は、吉利が新たに開発した電気自動車(EV)車両の基本骨格となる車台「サステナブル・エクスペリエンス・アーキテクチャー(SEA、浩瀚)」をベースに、双方がスマートカーの製造に関する分野で緊密に協力し、次世代スマートカーを共同で開発するとしている。 =配信日: 2021(平成33)年01月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (4)移動式検体採取車が核酸検査を後押し河北省石家荘市

    7日、核酸検査用移動式検体採取車で、防護服を取り替える医療スタッフ。中国河北省の石家荘市公共交通総公司では、新型コロナウイルス感染症対策に協力するため、6日から路線バス36台を核酸検査用移動式検体採取車として提供し、市内の長安区や裕華区などで核酸検査業務を担当している。(石家荘=新華社配信/鄭栄璽)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (2)移動式検体採取車が核酸検査を後押し河北省石家荘市

    7日、核酸検査用移動式検体採取車で、市民から検体を採取する医療スタッフ。中国河北省の石家荘市公共交通総公司では、新型コロナウイルス感染症対策に協力するため、6日から路線バス36台を核酸検査用移動式検体採取車として提供し、市内の長安区や裕華区などで核酸検査業務を担当している。(石家荘=新華社配信/鄭栄璽)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (1)移動式検体採取車が核酸検査を後押し河北省石家荘市

    7日、核酸検査用移動式検体採取車で、市民から検体を採取する医療スタッフ。中国河北省の石家荘市公共交通総公司では、新型コロナウイルス感染症対策に協力するため、6日から路線バス36台を核酸検査用移動式検体採取車として提供し、市内の長安区や裕華区などで核酸検査業務を担当している。(石家荘=新華社配信/鄭栄璽)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月08日
    (3)移動式検体採取車が核酸検査を後押し河北省石家荘市

    7日、核酸検査用移動式検体採取車で、市民から検体を採取する医療スタッフ。中国河北省の石家荘市公共交通総公司では、新型コロナウイルス感染症対策に協力するため、6日から路線バス36台を核酸検査用移動式検体採取車として提供し、市内の長安区や裕華区などで核酸検査業務を担当している。(石家荘=新華社配信/鄭栄璽)= 配信日: 2021(平成33)年01月08日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月07日
    (3)地震早期警報技術研究センター、四川省成都市にオープン

    12月30日、四川省の成都ハイテク減災研究所で行われた地震早期警報技術研究成都センターの除幕式。中国地震局の地震早期警報技術研究成都センターがこのほど、四川省の成都ハイテク減災研究所内にオープンした。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月07日
    (2)地震早期警報技術研究センター、四川省成都市にオープン

    12月30日、除幕式で発言する成都ハイテク減災研究所の王暾(おう・とん)所長。中国地震局の地震早期警報技術研究成都センターがこのほど、四川省の成都ハイテク減災研究所内にオープンした。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:11.42
    2021年01月07日
    「新華社」電波望遠鏡「中国天眼」、4月から世界の科学界に向け開放

    中国貴州省にある500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)、通称「中国天眼」は4月1日から、世界中の科学者による観測申請の募集を開始し、世界の科学界に向け正式に開放されることになった。中国科学院国家天文台「中国天眼」運営・発展センターによると、4月1日より各国の科学者はオンラインで国家天文台に観測申請が提出可能となる。申請されたプロジェクトは「中国天眼」科学委員会と時間配分委員会が審査し、プロジェクト選抜提案を提出。選ばれたプロジェクトには、8月1日より観測スケジュールが割り当てられるという。同センターの常務副主任でチーフエンジニアの姜鵬(きょう・ほう)氏によると、世界の科学界への開放初年は、全体の約1割の時間が国外の科学者に分配されるという。「中国天眼」は科学目標と関連の戦略計画に基づき、複数の優先・大規模プロジェクトが既に確定している。その中には多分野の科学目標のためのドリフトスキャンサーベイ、中性水素星雲サーベイ、銀河系偏光サーベイ、パルサーのタイミング観測、高速電波バースト観測などが含まれるが、観測申請はこれらの分野に限定されない。「中国天眼」は昨年1月11日に正式に稼働開始した。(記者/劉勤兵、楊焱彬、斉健) =配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月07日
    (1)地震早期警報技術研究センター、四川省成都市にオープン

    12月30日、除幕を行う中国地震局党組書記兼局長の閔宜仁(びん・ぎじん)氏(左)と成都ハイテク減災研究所の王暾(おう・とん)所長。中国地震局の地震早期警報技術研究成都センターがこのほど、四川省の成都ハイテク減災研究所内にオープンした。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月07日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (2)電波望遠鏡「中国天眼」、4月から世界の科学界に向け開放

    「中国天眼」を見学する専門家や研究者。(2020年1月11日撮影)中国貴州省にある500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)、通称「中国天眼」は4月1日から、世界中の科学者による観測申請の募集を開始し、世界の科学界に向け正式に開放されることになった。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (2)スマート介護サービスを推進内モンゴル自治区フフホト市

    内モンゴル自治区の寿康介護社区(コミュニティー)で介護サービスを受ける高齢者。(2019年11月14日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区は、スマート介護サービス事業を積極的に推し進め、在宅の高齢者に対し「10~15分在宅・地域介護サービス圏」を構築し、利便性を提供している。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (3)スマート介護サービスを推進内モンゴル自治区フフホト市

    内モンゴル自治区の寿康介護社区(コミュニティー)で介護サービスを受ける高齢者。(2019年11月14日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区は、スマート介護サービス事業を積極的に推し進め、在宅の高齢者に対し「10~15分在宅・地域介護サービス圏」を構築し、利便性を提供している。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (1)スマート介護サービスを推進内モンゴル自治区フフホト市

    高齢者向けレストランで食事する高齢者。(2019年11月14日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区は、スマート介護サービス事業を積極的に推し進め、在宅の高齢者に対し「10~15分在宅・地域介護サービス圏」を構築し、利便性を提供している。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (4)スマート介護サービスを推進内モンゴル自治区フフホト市

    内モンゴル自治区フフホト市玉泉区のスマート養老コントロールセンター。(2019年11月14日撮影)中国内モンゴル自治区フフホト市玉泉区は、スマート介護サービス事業を積極的に推し進め、在宅の高齢者に対し「10~15分在宅・地域介護サービス圏」を構築し、利便性を提供している。(フフホト=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月06日
    (3)電波望遠鏡「中国天眼」、4月から世界の科学界に向け開放

    点検期間中の「中国天眼」。(2020年1月8日撮影)中国貴州省にある500メートル口径球面電波望遠鏡(FAST)、通称「中国天眼」は4月1日から、世界中の科学者による観測申請の募集を開始し、世界の科学界に向け正式に開放されることになった。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月06日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:58.05
    2021年01月04日
    「新華社」新疆自然博物館が一般開放ウルムチ市

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市でこのほど、新疆自然博物館が一般開放され、多くの市民が見学に訪れている。同博物館は、中国国内でも数少ない内陸砂漠乾燥地区の特色を展示する科学普及施設で、新疆の自然地理や生態系、生物学に関する知識を全面的に紹介する。展示ホールは2階建てで、展示面積は2600平方メートルとなっている。(記者/阿曼、郝玉) =配信日: 2021(平成33)年01月04日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (4)中国初のコロナワクチン、条件付き販売承認全国民に無料提供

    12月25日、中国医薬集団中国生物技術の北京生物製品研究所でパッケージされた新型コロナウイルス不活化ワクチン。中国は新型コロナウイルス対策で重要な一歩を踏み出した。国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが、国家薬品監督管理局から条件付きの販売承認を得たと発表した。ワクチンの保護効果は世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の関連基準と要求を満たしており、今後は全国民に無料で提供されるという。(北京=新華社記者/張玉薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (2)中国初のコロナワクチン、条件付き販売承認全国民に無料提供

    12月25日、中国医薬集団中国生物技術の北京生物製品研究所で、新型コロナウイルス不活化ワクチンの容器を検査をするスタッフ。中国は新型コロナウイルス対策で重要な一歩を踏み出した。国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが、国家薬品監督管理局から条件付きの販売承認を得たと発表した。ワクチンの保護効果は世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の関連基準と要求を満たしており、今後は全国民に無料で提供されるという。(北京=新華社記者/張玉薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月01日
    (1)中国初のコロナワクチン、条件付き販売承認全国民に無料提供

    12月25日、中国医薬集団中国生物技術の北京生物製品研究所で、新型コロナウイルス不活化ワクチンの容器を検査をするスタッフ。中国は新型コロナウイルス対策で重要な一歩を踏み出した。国務院合同予防・抑制メカニズムは12月31日、中国医薬集団(シノファーム)傘下の中国生物技術が開発した新型コロナウイルス不活化ワクチンが、国家薬品監督管理局から条件付きの販売承認を得たと発表した。ワクチンの保護効果は世界保健機関(WHO)と国家薬品監督管理局の関連基準と要求を満たしており、今後は全国民に無料で提供されるという。(北京=新華社記者/張玉薇)= 配信日: 2021(平成33)年01月01日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年12月27日
    北米大陸沖のハリケーン 温暖化でハリケーン衰えず

    8月、国際宇宙ステーションの軌道上で撮影された、北米大陸の沖合を通るハリケーン「ローラ」(NASA提供)

  • 2020年12月27日
    (7)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、歩行のデモンストレーションを披露する4足歩行ロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (3)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、コーヒーを入れる「バリスタ」ロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (2)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、来場者にあいさつするロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (1)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、コーヒーを入れる「バリスタ」ロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (8)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、プログラミング教育用ロボットを紹介するスタッフ。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (6)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、パフォーマンスを披露するロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (9)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、教育用ロボットを紹介するスタッフ。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (5)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場で、ロボットと触れ合う来場者。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月27日
    (4)生活支援ロボットの最新成果展が開催青島市

    25日、展示会の会場に登場したデモンストレーション用ロボット。中国山東省青島市の青島国際会議センターで25日、「スマートでより良い暮らし」をテーマとした生活支援ロボットの展示会が開催された。同展は生活支援ロボットを主体とした中国初のイベントで、中国国内の住まい用、教育用、娯楽用、リハビリ用などのロボットの最新成果を展示し、生活支援ロボットを中心としたオンライン・オフラインによるユーザー体験を提供するとともに、イノベーション交流のための協力プラットフォームを構築している。(青島=新華社記者/李紫恒)= 配信日: 2020(令和2)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.12
    2020年12月24日
    「新華社」2022年杭州アジア大会選手村の建物の最上部が完成

    中国浙江省杭州市で2022年に開催される第19回アジア競技大会の選手村で24日、建物の最上部の完成を祝う式典が開かれた。これにより、同選手村の建設工事が重要な節目を迎えたことになる。今後は景観やカーテンウォール、内装の工事段階に入り、2021年末までに完全な竣工を迎え、2022年3月に試験運用が始まる見通し。同大会の中核プロジェクトの一つである選手村は、選手村、役員の宿泊施設、メディア村、国際エリア、公共エリアからなり、総敷地面積は113ヘクタール。大会の開催期間中、選手村は1万人以上の選手やチーム関係者、4千人近くの関係役員、約5千人のメディア関係者に宿泊、飲食、医療などのサービスを提供する。(記者/夏亮、李濤)=配信日:2020(令和2)年12月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (1)中国西部初の自動運転地下鉄が開通成都市

    18日、成都軌道交通9号線の自動運転車両の「開放型」運転席から車外を見る乗客。中国四川省成都市で18日、市内軌道交通5路線が開業した。うち9号線は中国西部で初めての自動運転システムを採用した路線で、列車はスリープモードからの起動やセルフテスト、運行、駅での停止、洗車などのタスクを全て自動で実行し、人の手による操作を必要としない。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (2)中国西部初の自動運転地下鉄が開通成都市

    18日、成都軌道交通9号線の自動運転車両の「開放型」運転席から車外を見る乗客。中国四川省成都市で18日、市内軌道交通5路線が開業した。うち9号線は中国西部で初めての自動運転システムを採用した路線で、列車はスリープモードからの起動やセルフテスト、運行、駅での停止、洗車などのタスクを全て自動で実行し、人の手による操作を必要としない。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (4)中国西部初の自動運転地下鉄が開通成都市

    18日、成都軌道交通9号線の自動運転車両の「開放型」運転席から車外を撮影する乗客。中国四川省成都市で18日、市内軌道交通5路線が開業した。うち9号線は中国西部で初めての自動運転システムを採用した路線で、列車はスリープモードからの起動やセルフテスト、運行、駅での停止、洗車などのタスクを全て自動で実行し、人の手による操作を必要としない。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (5)中国西部初の自動運転地下鉄が開通成都市

    18日、成都軌道交通9号線の自動運転車両の「開放型」運転席で、自撮りする乗客。中国四川省成都市で18日、市内軌道交通5路線が開業した。うち9号線は中国西部で初めての自動運転システムを採用した路線で、列車はスリープモードからの起動やセルフテスト、運行、駅での停止、洗車などのタスクを全て自動で実行し、人の手による操作を必要としない。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月20日
    (3)中国西部初の自動運転地下鉄が開通成都市

    18日、成都軌道交通9号線の自動運転車両の「開放型」運転席から車外を撮影する乗客。中国四川省成都市で18日、市内軌道交通5路線が開業した。うち9号線は中国西部で初めての自動運転システムを採用した路線で、列車はスリープモードからの起動やセルフテスト、運行、駅での停止、洗車などのタスクを全て自動で実行し、人の手による操作を必要としない。(成都=新華社記者/沈伯韓)= 配信日: 2020(令和2)年12月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    Hong Kong News - December 14, 2020

    December 14, 2020, Beijing, China: Cai Guoqiang is pictured at the Palace Museum. Opening ceremony of the world famous Chinese artist Cai Guoqiang‘s new show, Odyssey and Homecoming, a VR show, is held at the Palace Museum (Forbidden City) in Beijing, China, on Monday afternoon, Dec. 14, 2020. The show will formally open to the public from Dec. 15, 2020, to Feb. 5, 2021. This year celebrates the 600th anniversary of the Forbidden City. 14DEC20 SCMP/Simon Song (Credit Image: © Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    Hong Kong News - December 14, 2020

    December 14, 2020, Beijing, China: Opening ceremony of the world famous Chinese artist Cai Guoqiang‘s new show, Odyssey and Homecoming, a VR show, is held at the Palace Museum (Forbidden City) in Beijing, China, on Monday afternoon, Dec. 14, 2020. The show will formally open to the public from Dec. 15, 2020, to Feb. 5, 2021. This year celebrates the 600th anniversary of the Forbidden City. 14DEC20 SCMP/Simon Song (Credit Image: © Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    Hong Kong News - December 14, 2020

    December 14, 2020, Beijing, China: A image taken from a TV screen shows the VR show of the fireworks over the Palace Museum (Forbidden City), the latest VR show by Cai Guoqiang. Opening ceremony of the world famous Chinese artist Cai Guoqiang‘s new show, Odyssey and Homecoming, a VR show, is held at the Palace Museum (Forbidden City) in Beijing, China, on Monday afternoon, Dec. 14, 2020. The show will formally open to the public from Dec. 15, 2020, to Feb. 5, 2021. This year celebrates the 600th anniversary of the Forbidden City. 14DEC20 SCMP/Simon Song (Credit Image: © Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    Hong Kong News - December 14, 2020

    December 14, 2020, Beijing, China: Cai Guoqiang is pictured at the Palace Museum. Opening ceremony of the world famous Chinese artist Cai Guoqiang‘s new show, Odyssey and Homecoming, a VR show, is held at the Palace Museum (Forbidden City) in Beijing, China, on Monday afternoon, Dec. 14, 2020. The show will formally open to the public from Dec. 15, 2020, to Feb. 5, 2021. This year celebrates the 600th anniversary of the Forbidden City. 14DEC20 SCMP/Simon Song (Credit Image: © Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    Hong Kong News - December 14, 2020

    December 14, 2020, Beijing, China: Cai Guoqiang, left, and Chinese movie director Zhang Yimo, right, are pictured at the Palace Museum. Opening ceremony of the world famous Chinese artist Cai Guoqiang‘s new show, Odyssey and Homecoming, a VR show, is held at the Palace Museum (Forbidden City) in Beijing, China, on Monday afternoon, Dec. 14, 2020. The show will formally open to the public from Dec. 15, 2020, to Feb. 5, 2021. This year celebrates the 600th anniversary of the Forbidden City. 14DEC20 SCMP/Simon Song (Credit Image: © Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    Hong Kong News - December 14, 2020

    December 14, 2020, Beijing, China: A art work by Cai Guoqiang is displayed. Opening ceremony of the world famous Chinese artist Cai Guoqiang‘s new show, Odyssey and Homecoming, a VR show, is held at the Palace Museum (Forbidden City) in Beijing, China, on Monday afternoon, Dec. 14, 2020. The show will formally open to the public from Dec. 15, 2020, to Feb. 5, 2021. This year celebrates the 600th anniversary of the Forbidden City. 14DEC20 SCMP/Simon Song (Credit Image: © Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    Hong Kong News - December 14, 2020

    December 14, 2020, Beijing, China: Models of buildings of the Palace Museum are displayed at the VR show. Opening ceremony of the world famous Chinese artist Cai Guoqiang‘s new show, Odyssey and Homecoming, a VR show, is held at the Palace Museum (Forbidden City) in Beijing, China, on Monday afternoon, Dec. 14, 2020. The show will formally open to the public from Dec. 15, 2020, to Feb. 5, 2021. This year celebrates the 600th anniversary of the Forbidden City. 14DEC20 SCMP/Simon Song (Credit Image: © Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月14日
    Hong Kong News - December 14, 2020

    December 14, 2020, Beijing, China: A art work by Cai Guoqiang is displayed. Opening ceremony of the world famous Chinese artist Cai Guoqiang‘s new show, Odyssey and Homecoming, a VR show, is held at the Palace Museum (Forbidden City) in Beijing, China, on Monday afternoon, Dec. 14, 2020. The show will formally open to the public from Dec. 15, 2020, to Feb. 5, 2021. This year celebrates the 600th anniversary of the Forbidden City. 14DEC20 SCMP/Simon Song (Credit Image: © Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire)、クレジット:©Simon Song/South China Morning Post via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    中国、ニアスペース科学データの共有サービスを開始

    ニアスペースデータ共有サービスシステムのホームページ。(資料写真)中国科学院の空天信息創新(航空宇宙情報イノベーション)研究院は10日、高度20~100キロの大気圏と宇宙の境界領域「ニアスペース」に関するデータ共有サービスの運用をこのほど開始したと明らかにした。複合領域でのニアスペースに関する科学データのマルチモーダル検索やオンライン閲覧、ダウンロードなどのサービスを国内外のユーザーに提供する。(北京=新華社配信)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (2)パナソニック居住体験センターを訪ねて上海市

    11日、パナソニック居住体験センターで、来場者に空気清浄機を紹介するスタッフ(右)。中国上海市の虹橋輸入商品展示交易センターにこのほど、「輸入博覧会のチャンスを享受し、素晴らしい生活を創る」をテーマとしたパナソニック居住体験センターがオープンした。同センターは、同社の歴史・文化、環境、住宅・建設、介護・健康の4つのエリアに分かれており、新商品の展示、体験、仕入れのサービスを一元的に提供している。来場者は、同社がこれまで中国国際輸入博覧会に出展してきた「スター商品」にじかに触れ、現代的なスマートホームの「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を体験することができる。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (9)パナソニック居住体験センターを訪ねて上海市

    11日、パナソニック居住体験センターで、離床アシストベッドを紹介するスタッフ。中国上海市の虹橋輸入商品展示交易センターにこのほど、「輸入博覧会のチャンスを享受し、素晴らしい生活を創る」をテーマとしたパナソニック居住体験センターがオープンした。同センターは、同社の歴史・文化、環境、住宅・建設、介護・健康の4つのエリアに分かれており、新商品の展示、体験、仕入れのサービスを一元的に提供している。来場者は、同社がこれまで中国国際輸入博覧会に出展してきた「スター商品」にじかに触れ、現代的なスマートホームの「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を体験することができる。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (5)パナソニック居住体験センターを訪ねて上海市

    11日、パナソニック居住体験センターで、昇降式吊戸棚を紹介するスタッフ。中国上海市の虹橋輸入商品展示交易センターにこのほど、「輸入博覧会のチャンスを享受し、素晴らしい生活を創る」をテーマとしたパナソニック居住体験センターがオープンした。同センターは、同社の歴史・文化、環境、住宅・建設、介護・健康の4つのエリアに分かれており、新商品の展示、体験、仕入れのサービスを一元的に提供している。来場者は、同社がこれまで中国国際輸入博覧会に出展してきた「スター商品」にじかに触れ、現代的なスマートホームの「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を体験することができる。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (6)パナソニック居住体験センターを訪ねて上海市

    11日、パナソニック居住体験センターの一角。中国上海市の虹橋輸入商品展示交易センターにこのほど、「輸入博覧会のチャンスを享受し、素晴らしい生活を創る」をテーマとしたパナソニック居住体験センターがオープンした。同センターは、同社の歴史・文化、環境、住宅・建設、介護・健康の4つのエリアに分かれており、新商品の展示、体験、仕入れのサービスを一元的に提供している。来場者は、同社がこれまで中国国際輸入博覧会に出展してきた「スター商品」にじかに触れ、現代的なスマートホームの「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を体験することができる。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (1)パナソニック居住体験センターを訪ねて上海市

    11日、パナソニック居住体験センターを見学する来場者(左から2人目)。中国上海市の虹橋輸入商品展示交易センターにこのほど、「輸入博覧会のチャンスを享受し、素晴らしい生活を創る」をテーマとしたパナソニック居住体験センターがオープンした。同センターは、同社の歴史・文化、環境、住宅・建設、介護・健康の4つのエリアに分かれており、新商品の展示、体験、仕入れのサービスを一元的に提供している。来場者は、同社がこれまで中国国際輸入博覧会に出展してきた「スター商品」にじかに触れ、現代的なスマートホームの「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を体験することができる。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (4)パナソニック居住体験センターを訪ねて上海市

    11日、パナソニック居住体験センターで、高齢者用の健康器具を紹介するスタッフ。中国上海市の虹橋輸入商品展示交易センターにこのほど、「輸入博覧会のチャンスを享受し、素晴らしい生活を創る」をテーマとしたパナソニック居住体験センターがオープンした。同センターは、同社の歴史・文化、環境、住宅・建設、介護・健康の4つのエリアに分かれており、新商品の展示、体験、仕入れのサービスを一元的に提供している。来場者は、同社がこれまで中国国際輸入博覧会に出展してきた「スター商品」にじかに触れ、現代的なスマートホームの「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を体験することができる。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (7)パナソニック居住体験センターを訪ねて上海市

    11日、パナソニック居住体験センターの外観。中国上海市の虹橋輸入商品展示交易センターにこのほど、「輸入博覧会のチャンスを享受し、素晴らしい生活を創る」をテーマとしたパナソニック居住体験センターがオープンした。同センターは、同社の歴史・文化、環境、住宅・建設、介護・健康の4つのエリアに分かれており、新商品の展示、体験、仕入れのサービスを一元的に提供している。来場者は、同社がこれまで中国国際輸入博覧会に出展してきた「スター商品」にじかに触れ、現代的なスマートホームの「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を体験することができる。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (3)パナソニック居住体験センターを訪ねて上海市

    11日、パナソニック居住体験センターで、浴室用品のコーナーを訪れた来場者。中国上海市の虹橋輸入商品展示交易センターにこのほど、「輸入博覧会のチャンスを享受し、素晴らしい生活を創る」をテーマとしたパナソニック居住体験センターがオープンした。同センターは、同社の歴史・文化、環境、住宅・建設、介護・健康の4つのエリアに分かれており、新商品の展示、体験、仕入れのサービスを一元的に提供している。来場者は、同社がこれまで中国国際輸入博覧会に出展してきた「スター商品」にじかに触れ、現代的なスマートホームの「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を体験することができる。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (8)パナソニック居住体験センターを訪ねて上海市

    11日、パナソニック居住体験センターで、同社の歴史・文化を紹介するコーナーを見学する来場者。中国上海市の虹橋輸入商品展示交易センターにこのほど、「輸入博覧会のチャンスを享受し、素晴らしい生活を創る」をテーマとしたパナソニック居住体験センターがオープンした。同センターは、同社の歴史・文化、環境、住宅・建設、介護・健康の4つのエリアに分かれており、新商品の展示、体験、仕入れのサービスを一元的に提供している。来場者は、同社がこれまで中国国際輸入博覧会に出展してきた「スター商品」にじかに触れ、現代的なスマートホームの「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を体験することができる。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月13日
    (3)一人暮らし高齢者の見守りにテクノロジーを応用上海市

    10日、上海江蘇路街道で一人暮らしをする張美霞(ちょう・びか)さん(87)宅のドアに取り付けられたドアセンサー。地域の街道都市運用管理センターへ一定時間内のドア開閉数のデータを提供する。中国上海市長寧区の江蘇路街道弁事処(都市政府の末端出先機関)はこのほど、管轄区内の一人暮らし高齢者のためにスマート水道メーターを設置し高齢者の水道利用状況をリアルタイムでモニタリングしている。12時間以内の水道使用量が0・01立方メートル以下になると、街道弁事処の「一網統管」システムがアラートを受信し、同時に居住区に通知する。通知を受けた居住区のボランティアは、直ちに該当の高齢者宅を訪問し、様子を確認する。スマート水道メーターやスマートドアセンサー、煙感知器、赤外線感知器といった機器が現在、上海の多くの一人暮らし高齢者の新しい見守り役となっている。(上海=新華社記者/方喆)=配信日:2020(令和2)年12月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月06日
    宇宙基地から見た探査機 野口さん、はやぶさ2見た

    JAXAが公開した、国際宇宙ステーションの船外カメラが捉えた1万2千㌔先の探査機はやぶさ2(中央左の点、JAXA/NASA提供)

  • 00:57.16
    2020年12月04日
    「新華社」スマート物流ターミナル輸送網、企業のコスト削減と効率化を支える

    中国浙江省に本拠を置く物流企業、浙江伝化集団が全国展開する物流ターミナルの道路港都市物流センターは現在、安全で安定、整然と組織された輸送網を形成し、多くの都市で感染対策物資や生産と生活に不可欠な物資の中継輸送サービスを提供している。同集団の道路港モデルは、人・車・貨物情報を集約し、運ぶ貨物が見つけにくい、効率が悪いなどの問題を解決することを目的として、2000年にスタートした。同集団傘下、伝化智連の周昇学(しゅう・しょうがく)副総裁によると、同社はサービス産業での事業展開を通じて、過去数年間で基本的に実体としての道路港全国ネットワークとオンラインのスマートなデジタルネットワークを形成したという。最終的には小規模・零細の物流企業、貿易企業、製造業企業にエンドツーエンドの産業ソリューションを提供することが可能になる。輸送ルートやプロセスの最適化などにより、トラックの空車回送率は28%削減され、輸送効率は17%向上した。伝化スマート道路港プロジェクトは現在、業務稼働中が64カ所、構築中が12カ所となっている。2019年末時点で、全国31省・自治区・直轄市で業務を展開、日用品や鉄鋼、家電など40以上の業界で企業数百万社余りにサービスを提供している。(記者/方問禹、宋立峰)<映像内容>道路港都市物流センターの様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月02日
    上海市、世界の展示会業界の回復けん引

    2日、アウトメカニカ上海の会場に設置されたデジタルプラットフォーム。国内外の参加企業と来場者に、オンラインによるリアルタイム交流や1対1での商談の場を提供する。中国上海市の国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)で2日、「第16回上海国際自動車部品・用品・アフターマーケット見本市(アウトメカニカ上海)」が開幕した。同展の外国側主催会社のメッセフランクフルト(上海)は、今年7月に上海市で展示会事業を再開して以来、同市を中心に中国各地で既に24の展示会を手がけたと紹介した。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年12月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ

    1日、北京航天飛行制御センターで「嫦娥5号」の着陸過程をモニタリングする職員。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ

    1日、北京航天飛行制御センターで「嫦娥5号」の着陸過程をモニタリングする職員。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ

    1日、「嫦娥5号」の月への軟着陸後に撮影した画像。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ

    1日、「嫦娥5号」動力降下の過程で撮影した画像。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター(白い建物)。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    嫦娥5号、月面着陸に成功サンプル採集へ

    1日、北京航天飛行制御センターで「嫦娥5号」の着陸過程をモニタリングする職員。中国国家航天局によると、月探査機「嫦娥5号」が1日午後11時11分(日本時間2日午前0時11分)、月への軟着陸に成功した。月の表側の西経51・8度、北緯43・1度付近の予定のエリアに着陸し、その様子を捉えた画像を地球に送信した。(北京=新華社配信/中国国家航天局提供)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:中国国家航天局/新華社/共同通信イメージズ

  • 02:34.98
    2020年12月01日
    「AFP」A German Covid-19 vaccination centre readies to open soon

    Images of a future vaccination centre in Eschwege, Germany. Still under construction, in a few weeks time it is expected to welcome people who will be vaccinated against Covid-19. IMAGES AND SOUNDBITES、作成日:2020(令和2)年12月1日、撮影場所:ドイツ・エッシュヴェーゲ、クレジット:AFP/共同通信イメージズ  ※エディトリアル使用のみ。広告、プロモーション、商業目的での利用に関してはお問合せください。※ご注文申請後、納品までにお時間を頂く場合がございます。

  • 00:58.46
    2020年11月27日
    「新華社」中国の職業教育協力機関「魯班工坊」の開所式、ナイジェリア

    ナイジェリアで27日、中国の対外職業教育協力機関「魯班工坊」の開所式が行われた。中国古代の傑出した建築家・発明家、魯班(ろ・はん)の名を冠する同機関は、世界各国で経済・社会に貢献する技術専門家を育成している。ナイジェリアでは大学生に高度な技術技能訓練を提供し、新興世界市場の要請に応えられる人材の育成を目指す。同国の首都アブジャで唯一の公立大学、アブジャ大学に開設された魯班工坊には、都市軌道交通管理、都市軌道交通車両、鉄道橋梁・トンネルの専門課程が開設された。将来的にはエレクトロニクス、電力システム、通信の専攻課程も開設される。開所式で式辞を述べたアブジャ大学のナラー学長は、天津中独応用技術大学と天津鉄道職業技術学院の協力で開設された魯班工坊が、ナイジェリアの若者の技能向上、さらには中国の「一帯一路」構想を後押しすると述べた。<映像内容>対外職業教育協力機関「魯班工坊」の開所式の様子、撮影日:2020(令和2)年11月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    食事を提供する無人移動販売車が登場上海市・張江科学城

    26日、歩道に停車した無人移動販売車。中国の上海市浦東新区にある産業団地「張江科学城」にこのほど、リモート運転とセルフ型フード販売を可能にした無人移動販売車が登場し、付近のオフィスで働く人たちがスピーディーに食事を購入できるサービスを開始した。この無人移動販売車は全方位障害物検知レーダーとカメラを装備し、リモート運転と安全な走行の両立を実現。利用者が前方で手を振ると車両はすぐに停車する。ショッピングディスプレー上で商品を選択し、車両の上方に表示された2次元バーコードをスキャンして決済すると、商品を受け取ることができる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    食事を提供する無人移動販売車が登場上海市・張江科学城

    26日、スキャン決済を終えて無人移動販売車から食べ物を取り出す利用客。中国の上海市浦東新区にある産業団地「張江科学城」にこのほど、リモート運転とセルフ型フード販売を可能にした無人移動販売車が登場し、付近のオフィスで働く人たちがスピーディーに食事を購入できるサービスを開始した。この無人移動販売車は全方位障害物検知レーダーとカメラを装備し、リモート運転と安全な走行の両立を実現。利用者が前方で手を振ると車両はすぐに停車する。ショッピングディスプレー上で商品を選択し、車両の上方に表示された2次元バーコードをスキャンして決済すると、商品を受け取ることができる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    食事を提供する無人移動販売車が登場上海市・張江科学城

    26日、走行中の無人移動販売車。中国の上海市浦東新区にある産業団地「張江科学城」にこのほど、リモート運転とセルフ型フード販売を可能にした無人移動販売車が登場し、付近のオフィスで働く人たちがスピーディーに食事を購入できるサービスを開始した。この無人移動販売車は全方位障害物検知レーダーとカメラを装備し、リモート運転と安全な走行の両立を実現。利用者が前方で手を振ると車両はすぐに停車する。ショッピングディスプレー上で商品を選択し、車両の上方に表示された2次元バーコードをスキャンして決済すると、商品を受け取ることができる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月26日
    食事を提供する無人移動販売車が登場上海市・張江科学城

    26日、歩道に停車した無人移動販売車。中国の上海市浦東新区にある産業団地「張江科学城」にこのほど、リモート運転とセルフ型フード販売を可能にした無人移動販売車が登場し、付近のオフィスで働く人たちがスピーディーに食事を購入できるサービスを開始した。この無人移動販売車は全方位障害物検知レーダーとカメラを装備し、リモート運転と安全な走行の両立を実現。利用者が前方で手を振ると車両はすぐに停車する。ショッピングディスプレー上で商品を選択し、車両の上方に表示された2次元バーコードをスキャンして決済すると、商品を受け取ることができる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年11月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    高齢者向けスマホの使い方講座が開講福建省晋江市

    25日、晋江市の「老年大学」で、「スマートフォンの基礎知識と使い方」講座の説明を真剣に聞く高齢者。中国福建省晋江(しんこう)市の高齢者に生涯学習と社会参加の場を提供している「老年大学」で25日、「スマートフォン(スマホ)の基礎知識と使い方」講座が開講し、高齢者にスマートフォンの基礎知識を説明し、使い方をレクチャーした。(晋江=新華社配信/頼進財)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    高齢者向けスマホの使い方講座が開講福建省晋江市

    25日、晋江市の「老年大学」で開かれた「スマートフォンの基礎知識と使い方」講座で説明を行う講師。中国福建省晋江(しんこう)市の高齢者に生涯学習と社会参加の場を提供している「老年大学」で25日、「スマートフォン(スマホ)の基礎知識と使い方」講座が開講し、高齢者にスマートフォンの基礎知識を説明し、使い方をレクチャーした。(晋江=新華社配信/頼進財)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    高齢者向けスマホの使い方講座が開講福建省晋江市

    25日、晋江市の「老年大学」で開かれた「スマートフォンの基礎知識と使い方」講座で、説明を聞きながらスマートフォンの機能を確認し、ノートを取る高齢者。中国福建省晋江(しんこう)市の高齢者に生涯学習と社会参加の場を提供している「老年大学」で25日、「スマートフォン(スマホ)の基礎知識と使い方」講座が開講し、高齢者にスマートフォンの基礎知識を説明し、使い方をレクチャーした。(晋江=新華社配信/頼進財)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月25日
    高齢者向けスマホの使い方講座が開講福建省晋江市

    25日、晋江市の「老年大学」で、「スマートフォンの基礎知識と使い方」講座の説明を真剣に聞く高齢者。中国福建省晋江(しんこう)市の高齢者に生涯学習と社会参加の場を提供している「老年大学」で25日、「スマートフォン(スマホ)の基礎知識と使い方」講座が開講し、高齢者にスマートフォンの基礎知識を説明し、使い方をレクチャーした。(晋江=新華社配信/頼進財)=2020(令和2)年11月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    富士フイルム、上海にオープンイノベーションセンターを開設

    23日、富士フイルムが上海に開設したオープンイノベーションセンターの入口で、ゲストを迎えるスタッフ。日本の富士フイルムはこのほど、中国では同社初となるオープンイノベーションセンターを上海市に開設した。同センターには、中国市場で販売されている、または中国市場のニーズに結びつく最新成果や技術が多数展示されている。企業・個人の見学は、予約制となっている。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月23日
    富士フイルム、上海にオープンイノベーションセンターを開設

    23日、オープンイノベーションセンターに展示されている製品について説明する富士フイルムの従業員。日本の富士フイルムはこのほど、中国では同社初となるオープンイノベーションセンターを上海市に開設した。同センターには、中国市場で販売されている、または中国市場のニーズに結びつく最新成果や技術が多数展示されている。企業・個人の見学は、予約制となっている。(上海=新華社記者/呉宇)=2020(令和2)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞と獅子舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。(小型無人機から)中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、体育の授業で竜舞と獅子舞を学ぶ湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、湘潭医衛職業技術学院で、学生に竜舞の動作を指導する教員(左)。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、獅子舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞と獅子舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    中日協力の新たな模範青島日本国際ビジネスハブを訪ねて

    20日、青島日本国際ビジネスハブの1号館に展示された鉄腕アトム型のロボット。中国青島市は海を隔てて日本と向かい合っており、日本と最も交流の深い中国の都市の一つ。両地間の緊密な人文(人と文化)、経済・交流の往来は、中国の地方都市の対日協力の模範となりつつある。同市と日本とのビジネス交流促進を目的とした施設「青島日本国際ビジネスハブ」のオープニングセレモニーが5月19日、同市西海岸新区で開かれた。オープン以降半年間にわたり、多くの展示会や交流イベントが行われ、すでに多数の日系企業が契約を結んで入居しており、中日の双方が協力を深化するための対外開放の新たなプラットフォームとなりつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...