KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • サミット
  • 改革開放
  • システム
  • 位置づけ
  • 沿岸開放
  • 開放都市
  • センサー
  • リアルタイム

「open 空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
87
( 1 87 件を表示)
  • 1
87
( 1 87 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年04月20日
    (4)深海高性能センサー探査機器、今年度初の海上試験を完了

    4日、母船「探索2号」に帰還した有人潜水艇「深海勇士」。(小型無人機から)中国科学院が主導する特別プロジェクトが開発した深海高性能センサー探査機器がこのほど、2021年度最初の海上試験を無事終えた。今回の試験では、南中国海で6回の潜水を実施。中国初の深海用MEMSガスクロマトグラフや深海放射線測定器などをテストした。これらの機器はいずれも中国が独自の知的財産権を持ち、今後実施するメタンのサイクルと生態環境効果に関する研究に重要な技術的手段を提供する。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月20日
    (16)深海高性能センサー探査機器、今年度初の海上試験を完了

    5日、有人潜水艇「深海勇士」の母船「探索2号」。(小型無人機から)中国科学院が主導する特別プロジェクトが開発した深海高性能センサー探査機器がこのほど、2021年度最初の海上試験を無事終えた。今回の試験では、南中国海で6回の潜水を実施。中国初の深海用MEMSガスクロマトグラフや深海放射線測定器などをテストした。これらの機器はいずれも中国が独自の知的財産権を持ち、今後実施するメタンのサイクルと生態環境効果に関する研究に重要な技術的手段を提供する。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(令和3)年4月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月19日
    (4)太陽光発電関連産業の高度化を支援河北省唐山市

    16日、河北省唐山市玉田県唐自頭鎮の山あいにある太陽光発電設備。(小型無人機から)中国河北省唐山市玉田県はここ数年、太陽光発電産業に力を入れており、県内の関連設備製造企業の工場に高度自動化生産ラインを建設し、研究機関と協力して高効率太陽光発電シリコンウエハーなどの製品を共同開発する取り組みを進めている。生産される太陽電池モジュールは、発電所の系統連系に使用することで、生産活動や生活を支えるエネルギーの提供を可能にする。製品は日本や欧州などの海外市場にも輸出されている。(唐山=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(令和3)年4月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (3)重慶市永川区で自動運転バスが運行開始

    12日、重慶市永川区の市街地を走行するレベル4の自動運転バス。(小型無人機から)中国重慶市永川区で12日、中国初となる自動運転バスの料金徴収モデル運用プロジェクトが正式にスタートした。レベル4の自動運転車3台が同区神女湖、興竜湖、観音山公園などの停留所に停車する。利用者はインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が提供する「百度地図」や同区サービス公社などのアプリで予約し、自動運転バスに乗車することができる。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (1)重慶市永川区で自動運転バスが運行開始

    12日、重慶市永川区の市街地を走行するレベル4の自動運転バス。(小型無人機から)中国重慶市永川区で12日、中国初となる自動運転バスの料金徴収モデル運用プロジェクトが正式にスタートした。レベル4の自動運転車3台が同区神女湖、興竜湖、観音山公園などの停留所に停車する。利用者はインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が提供する「百度地図」や同区サービス公社などのアプリで予約し、自動運転バスに乗車することができる。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年04月13日
    (2)重慶市永川区で自動運転バスが運行開始

    12日、重慶市永川区の市街地を走行するレベル4の自動運転バス。(小型無人機から)中国重慶市永川区で12日、中国初となる自動運転バスの料金徴収モデル運用プロジェクトが正式にスタートした。レベル4の自動運転車3台が同区神女湖、興竜湖、観音山公園などの停留所に停車する。利用者はインターネット検索大手の百度(バイドゥ)が提供する「百度地図」や同区サービス公社などのアプリで予約し、自動運転バスに乗車することができる。(重慶=新華社記者/王全超)= 配信日: 2021(令和3)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (2)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで、専用ゴーグルと操作スティックを使って「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (1)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで披露された「DJIFPV」のフルセット。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (7)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで、操作スティックを使って「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (4)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月04日
    (3)ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター(白い建物)。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞と獅子舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。(小型無人機から)中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    「中亜班列」貨物が広州港から東南アジアへ新たな輸送ルートが誕生

    8日、上空から見た広州港南沙港区。(小型無人機から)中国と中央アジアを結ぶ国際貨物列車「中亜班列」で中国に運ばれたコンテナ21本を積んだコンテナ船が6日、広東省広州港南沙港区から出港、インドネシアに向かった。中国の港湾大手、広州港集団が明らかにした。シーアンドレール輸送により、「中央アジア-広州市-東南アジア」の新たな物流ルートが開通し、「一帯一路」沿線国・地域により多くの国際物流サービスを提供できるようになった。(広州=新華社配信)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    農業と太陽光発電の一体化で増収を目指す寧夏銀川市

    21日、寧夏回族自治区銀川市興慶区の月牙湖郷にある宝豊農光一体化産業パークに立ち並ぶソーラーパネル。(小型無人機から)中国石炭採掘大手、寧夏宝豊能源集団(BaofengEnergy)は、2013年から寧夏回族自治区銀川市の黄河東岸にある16万ムー(約1万666ヘクタール)の砂漠化した土地に、生態系に配慮した整備を実施している。植樹造林、アルファルファの栽培、土壌の修復・改良を行った上で、1万ムー(約666ヘクタール)の土地に良質な有機枸杞(クコ)の苗を植え、その上に面積3万ムー(2千ヘクタール)に及ぶ1ギガワットピーク(GWp)の太陽光発電設備を設置。「土地を多目的に利用し、農業と太陽光発電を一体化した」新たなグリーン産業の発展モデルを構築した。同市興慶(こうけい)区月牙湖郷にある宝豊農光(農業・太陽光発電)一体化産業パークは、同市最大の移転者居住区として知られる。同社は現在、年間で延べ約8万人に就業の場を提供。貧困移転者の技術習得と就労を後押ししており、農民の1人当たり年収は約4万元(1元=約15円)に達する。(銀川=新華社記者/劉海)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    農業と太陽光発電の一体化で増収を目指す寧夏銀川市

    21日、寧夏回族自治区銀川市興慶区の月牙湖郷にある宝豊農光一体化産業パークに立ち並ぶソーラーパネル。(小型無人機から)中国石炭採掘大手、寧夏宝豊能源集団(BaofengEnergy)は、2013年から寧夏回族自治区銀川市の黄河東岸にある16万ムー(約1万666ヘクタール)の砂漠化した土地に、生態系に配慮した整備を実施している。植樹造林、アルファルファの栽培、土壌の修復・改良を行った上で、1万ムー(約666ヘクタール)の土地に良質な有機枸杞(クコ)の苗を植え、その上に面積3万ムー(2千ヘクタール)に及ぶ1ギガワットピーク(GWp)の太陽光発電設備を設置。「土地を多目的に利用し、農業と太陽光発電を一体化した」新たなグリーン産業の発展モデルを構築した。同市興慶(こうけい)区月牙湖郷にある宝豊農光(農業・太陽光発電)一体化産業パークは、同市最大の移転者居住区として知られる。同社は現在、年間で延べ約8万人に就業の場を提供。貧困移転者の技術習得と就労を後押ししており、農民の1人当たり年収は約4万元(1元=約15円)に達する。(銀川=新華社記者/劉海)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年09月21日
    農業と太陽光発電の一体化で増収を目指す寧夏銀川市

    21日、寧夏回族自治区銀川市興慶区の月牙湖郷にある宝豊農光一体化産業パークに立ち並ぶソーラーパネル。ソーラーパネルの下には牛や羊の飼料としても利用できるアルファルファが植えられている。(小型無人機から)中国石炭採掘大手、寧夏宝豊能源集団(BaofengEnergy)は、2013年から寧夏回族自治区銀川市の黄河東岸にある16万ムー(約1万666ヘクタール)の砂漠化した土地に、生態系に配慮した整備を実施している。植樹造林、アルファルファの栽培、土壌の修復・改良を行った上で、1万ムー(約666ヘクタール)の土地に良質な有機枸杞(クコ)の苗を植え、その上に面積3万ムー(2千ヘクタール)に及ぶ1ギガワットピーク(GWp)の太陽光発電設備を設置。「土地を多目的に利用し、農業と太陽光発電を一体化した」新たなグリーン産業の発展モデルを構築した。同市興慶(こうけい)区月牙湖郷にある宝豊農光(農業・太陽光発電)一体化産業パークは、同市最大の移転者居住区として知られる。同社は現在、年間で延べ約8万人に就業の場を提供。貧困移転者の技術習得と就労を後押ししており、農民の1人当たり年収は約4万元(1元=約15円)に達する。(銀川=新華社記者/劉海)=2020(令和2)年9月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州東方エデン特色小鎮の自然教育キャンプ場。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月01日
    天津市薊州区のエデンプロジェクト、建設工事が急ピッチ

    1日、天津市薊州区にある天津市薊州東方エデン特色小鎮展示センター。(小型無人機から)中国天津市薊州(けいしゅう)区で、廃坑跡地を利用したレジャー施設「天津市薊州東方エデン特色小鎮プロジェクト」の建設工事が急ピッチで進められている。現在、第1期プロジェクトのエデン展示センター、ブランド館、児童科学普及図書館、自然教育キャンプ場はすでに完成し、一般開放されている。同プロジェクトは2018年、「一帯一路」中英協力重点プロジェクトとともに、中国で正式に始動したエデン・プロジェクトの初のモデルプロジェクトとなった。廃坑跡地の整備と生態系の修復・産業の発展、科学普及教育を結び付け、過ごしやすいエコツーリズム(生態観光)のまちの構築を目指す。2024年に竣工予定。(天津=新華社記者/馬平)=2020(令和2)年9月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月19日
    建築科学テーマの展示館がオープン湖北省武漢市

    19日、中国建築科技館の外観。(小型無人機から)中国で初めてとなる建築科学をテーマにした展示館「中国建築科技館」が19日、湖北省武漢市でオープンした。建築面積は1万9千平方メートル、中国台湾の著名建築家、李祖原(り・そげん)氏による設計で、中国建築第三工程局が投資・建設した。中国の各時期における建築文化を総合的に知ることができる。見学は前日までに予約が必要。(武漢=新華社記者/肖芸九)=2020(令和2)年8月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    9日、山の上のトウモロコシ畑にいる野生のアジアゾウ。(小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信/陳欣波)=2020(令和2)年8月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月13日
    野生ゾウの群れを追い続ける監視員雲南省シーサンパンナ

    農地を荒らす野生のアジアゾウ。(7月13日、小型無人機から)中国雲南省シーサンパンナ・ダイ族自治州では現在、約280頭の野生アジアゾウが生息しており、国内最大の個体群の生息地となっている。中国は近年、アジアゾウ保護の取り組みを強化しているが、ゾウの数が増えたことで生活区域が人間と重なり「人とゾウの衝突」が頻繁に起きるようになった。同自治州勐海(もうかい)県のアジアゾウ監視・早期警戒センターで監視員を務める普宗信(ふ・そうしん)さん(49)の仕事は、野生ゾウの群れの動きを監視し、周辺住民に注意を促して、ゾウによる住民への被害を減らすこと。普さんは毎日、同僚らと共に移動するゾウの群れを小型無人機(ドローン)で追跡し、早期警戒プラットフォームにリアルタイムに情報を提供している。風雨が強くドローンを飛ばせない時は、監視員の経験に頼ってゾウの群れを追い掛けることになるという。(シーサンパンナ=新華社配信)=2020(令和2)年7月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを掃除する村の人。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/牟宇)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月23日
    かつての貧困村が豊かな村に変身河北省壩上地区

    23日、徳勝村の太陽光発電施設で、ソーラーパネルを点検する電力技術者。(小型無人機から)中国河北省壩上(はじょう)地区にある張家口市張北県小二台鎮徳勝村は、かつては貧しい村だった。2013年末時点の村全体の貧困者数は212世帯の445人、貧困発生率は37・8%だった。しかし、同村は近年、土地の状況に応じた措置を講じて、的確な貧困対策のための効果的な方法を模索し、ジャガイモの種芋栽培、太陽光発電、民宿・観光を主導とする経済発展モデルを構築。資金や物資の提供を受ける「輸血式」貧困支援から、自ら困難に立ち向かう「造血式」貧困支援へと転換を遂げた。現在、同村の貧困世帯は全て貧困脱却の条件に達しており、村の集団経済体の収入も100万元(1元=約15円)を超えた。(石家荘=新華社記者/楊世尭)=2020(令和2)年6月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月03日
    BYDの新交通システム「雲巴」、重慶市でお目見え

    3日、走行テストを行う「雲巴」の車両。(小型無人機から)中国重慶市の璧山区でこのほど、ゴムタイヤ式の小型軽量軌道交通(LRT)車両を用いた「雲巴(スカイシャトル)」の最初のモデル路線が公開された。「雲巴」は中国の新エネルギー車(NEV)大手の比亜迪(BYD)が開発した新しい立体スマート交通システム。モーター駆動で旋回半径が小さく、登坂能力も高い。低騒音で安全性が高く、建設のコストと期間を抑えられるなどの長所を持つ。乗客によりスマートで快適かつ便利な移動体験を提供できる。同路線の建設が始まったのは昨年8月。15・4キロの区間に15の駅が設けられる。全線開通は今年9月を見込んでいる。(重慶=新華社記者/劉潺)=2020(令和2)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月10日
    工事再開から1カ月、着々進む上海天文館の建設

    10日、上空から見た上海天文館の建設現場。天文館の主要部分、青少年観測基地、大衆天文台、魔力太陽塔などの付属建築物はすでに完成している。(小型無人機から)中国上海市浦東新区臨港新城に位置する上海天文館では10日、展示施設部分のモデル施工が進んでいた。新型コロナウイルス感染症の影響を受け、天文館の建設工事は3月11日に正式に再開された。来年の一般開放を目指し、施工会社は感染防止対策と施工再開を並行させ、期日通りに優れた品質で完成させるために最大限の努力を払っている。上海天文館は完成すると世界最大の建築面積を持つプラネタリウムになる。(上海=新華社記者/方喆)=2020(令和2)年4月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月04日
    西安城壁風景区が順次開放陝西省

    4日、西安を代表する観光スポットの一つ、西安城壁。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響を受けて閉鎖されていた中国陝西省西安市の西安城壁風景区がこのほど、再び開放された。同風景区は「接触防止のためのネット予約」システムを採り入れ、人の流れを適切にコントロールすることで、観光客の安全と秩序ある参観・見学の実現を目指す。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月04日
    西安城壁風景区が順次開放陝西省

    4日、西安を代表する観光スポットの一つ、西安城壁。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響を受けて閉鎖されていた中国陝西省西安市の西安城壁風景区がこのほど、再び開放された。同風景区は「接触防止のためのネット予約」システムを採り入れ、人の流れを適切にコントロールすることで、観光客の安全と秩序ある参観・見学の実現を目指す。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月04日
    西安城壁風景区が順次開放陝西省

    4日、西安を代表する観光スポットの一つ、西安城壁。(小型無人機から)新型コロナウイルスによる肺炎流行の影響を受けて閉鎖されていた中国陝西省西安市の西安城壁風景区がこのほど、再び開放された。同風景区は「接触防止のためのネット予約」システムを採り入れ、人の流れを適切にコントロールすることで、観光客の安全と秩序ある参観・見学の実現を目指す。(西安=新華社記者/劉瀟)=2020(令和2)年3月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年02月14日
    ロボットが生産再開企業に弁当を無料配送湖南省長沙市

    14日、長沙経済技術開発区の東方智造港で、生産を再開した企業に昼食を配送するロボット「超影」。(小型無人機から)中国湖南省長沙市経済技術開発区の東方智造港(イノベーション産業パーク)で、無人運転技術開発を手掛ける行深智能科技が、生産を再開した同港内の企業向けに昼食や夕食の無料配達サービスの提供を開始した。デリバリー事業に投入予定だった2台の配送ロボット「超影」を改造して使用している。サービスを必要とする企業が微信(WeChat)のミニプログラムを通じて注文すると、行深智能科技のスタッフが食堂から弁当を受け取り、消毒済みの無人配送車に載せてスマートフォンで目的地を設定。無人配送車が自動で配達する。衛生と安全を確保するため、1社への配達が終わるごとにスタッフが配送ロボットを消毒している。(長沙=新華社記者/薛宇舸)=2020(令和2)年2月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月09日
    草原の奥地を走る鈍行列車内モンゴル自治区

    9日、エレンホト駅に停車する6856番列車。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のエレンホト市とフフホト市を結ぶ6856番列車は、491キロの距離を28駅に停車しながら約8時間かけて走る「草原の鈍行列車」だ。運行速度は遅いが、起点から終点までの運賃は54元(1元=約16円)と安く、これまでずっと沿線の農牧民の移動手段として選ばれてきた。列車には血圧計、体温計などの医療機器が備え付けられ、農牧民が乗車した際に使えるようになっている。乗務員は乗客の買い物代行も行い、医薬品や野菜、生活用品の購入を手伝う。運行開始から約30年、草原を走る「鈍行列車」は自らのペースで、沿線の農牧民に優しさあふれる旅を提供している。(エレンホト=新華社記者/彭源)=2020(令和2)年1月9日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月27日
    村落のアップグレードで「未来コミュニティ」を構築浙江省

    27日、空から見た瓜山新苑「未来コミュニティ」。(小型無人機から)今年10月に登場した中国浙江省杭州市拱墅(きょうしょ)区の瓜山新苑にある「未来コミュニティ」。かつては急速な都市発展が生んだ都市の中の村「城中村」だったが、政府による新たな拡張・改造プランにより、特色ある住宅団地およびパブリックスペースにアップグレードされた。第1期の瓜山新苑4号団地は10月の賃貸開始以来、若者の間で人気があり、現在375軒あるマンションの入居率はすでに100%に達しているという。共有スペース、15分間の生活圏、スマート技術の幅広い応用といった特色をもつ同団地は、杭州で起業や発展を図る若者たちに居住空間を提供している。(杭州=新華社記者/徐昱)=2019(令和元)年12月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月05日
    埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾

    5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォーム。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/倪元錦)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月05日
    埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾

    5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームのガスフレア。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月05日
    埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾

    5日、渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォームのガスフレア。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年09月05日
    埕北油田の採油プラットフォームを訪ねて渤海湾

    5日に撮影した渤海湾に位置する埕北油田Bプラットフォーム。(小型無人機から)中国の渤海湾に位置する埕北(ていほく)油田は、中国海域で国際規範・基準に基づき建設された初の現代化油田。同油田の建設により、中国の油田の対外協力と海上現代化油田建設は始まった。1980年代に操業を開始した設計寿命30年の同油田は、2016年に設備全体を改良し、続いて「油井ネットワーク再構築」プランを実施した。この改良は「古い油田」の生産寿命の延長を実現するため、成功の経験を提供した。(天津=新華社記者/岳月偉)=2019(令和元)年9月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月14日
    ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市

    14日、空から見た陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月14日
    ネットで人気、「江南水郷風」高速サービスエリア江蘇省蘇州市

    14日、空から見た陽澄湖サービスエリア。(小型無人機から)中国の上海と南京を結ぶ滬寧高速道路の蘇州区間にある陽澄湖サービスエリアは今年5月のリニューアルオープン以来、インターネットで注目を集める庭園型サービスエリアになっている。同サービスエリアは敷地面積が5万平方メートルで、「中国一流、世界先端」を目指し、「夢の中の水郷、詩や絵画のように美しい江南」を設計理念として、2018年6月16日の着工から336日をかけて主要建築の改造を行った。(蘇州=新華社配信/王亭川)=2019(令和元)年7月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月27日
    新たな開放の歩み上海自由貿易試験区臨港新エリアが発足

    上海市臨港地区の南港埠頭で船積みを待つ自動車。(6月27日、小型無人機から)中国国務院はこのほど「中国(上海)自由貿易試験区臨港新エリア全体プラン」を発表した。臨港新エリアが正式に発足した。(上海=新華社記者/方喆)=2019(令和元)年6月27日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年06月07日
    空から見た大連市遼寧省

    上空から見た大連市東港周辺。(6月7日撮影、小型無人機から)中国東北部で重要な港湾、貿易、観光都市の遼寧省大連市は、海の恵みで発展した都市であり、美しい自然と開放的な人的文化的環境が独特の魅力を育んだ。上空から見る街は活力に溢れ、現代的な輝きを放っている。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年6月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年05月27日
    中国のトラック配車アプリ最大手、建設銀行と提携

    空から見た満幇集団の拠点。(資料写真)中国トラック配車アプリ最大手の満幇集団はこのほど、中国建設銀行と戦略的提携を結んだ。双方は荷主とトラック運転手に共通する課題を解決するため、取引プラットフォーム上に金融サービスシステムを構築する。中国の幹線道路の貨物輸送量と回転量は世界一であり、満幇のプラットフォーム上だけでも、認証登録しているトラック運転手は650万人、荷主は160万社に達している。しかし、多くの輸送事業主体は小規模で分散しており、信用情報データが不足し、リスク管理が難しいため、従来の金融サービスではこれらのグループのニーズに応えるのは困難だった。こうした業界の課題を解決するため、満幇は建設銀行と協力。プラットフォーム会員の取り引きや行動に関するデータの分析を通じて、リスク管理モデルを構築し、荷主と運転手に全てのプロセスやシーンを網羅する個別化した金融サービスを提供していく。サービス内容にはETCや給油、ローン、保険、修理などが含まれる。(貴陽=新華社配信/満幇集団提供)=撮影日不明、クレジット:満幇集団/新華社/共同通信イメージズ ※画像が荒れています。

  • 2019年04月17日
    火星生活体験施設「火星1号基地」がオープン甘粛省金昌市

    17日、上空から見た「火星1号基地」の模擬居住区域。(小型無人機から)中国甘粛省金昌市金川(きんせん)区寧遠堡(ねいえんほ)鎮で17日、実際の宇宙空間に基づいて建設された「火星1号基地」がオープンした。100人余りの来場者が、着陸機見学や地形観察、ウォーキングといったレジャー活動を通じて、火星での生活を一足先に「体験」した。(金昌=新華社記者/范培珅)=2019(平成31)年4月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年11月30日
    BYDの挑戦自動車の電気化からスマート化まで

    深圳にあるBYD本部でテスト中の同社開発の跨座式モノレール「雲軌」。(2018年11月30日撮影、小型無人機から)中国の大手電気自動車メーカー比亜迪(BYD)は2018年、新エネルギー車(NEV)を24万台以上売り上げ、NEVの年間販売台数で4年連続世界1位を達成した。同社の製品は昨年末時点で50以上の国や地域で販売されている。同社はここ20年で、十数人の小さな会社から中核技術を握るNEVのリーディングカンパニーへと発展してきた。現在は「スマート」と「オープン」がBYDの新たなキーワードになりつつある。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2018(平成30)年11月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月18日
    国連世界地理情報大会会場が正式オープン浙江徳清

    18日、空から見た国連世界地理情報大会の会場。(小型無人機から)中国浙江省徳清(とくせい)県で19日、国連世界地理情報大会の会場が正式オープンした。国連が主催し、中国自然資源部と浙江省人民政府が共同運営する国連世界地理情報大会は、11月19~21日の日程で「空間青写真を共に描き美しい世界を共に築く」をテーマに開催される。(徳清=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月18日
    国連世界地理情報大会会場が正式オープン浙江徳清

    18日、空から見た国連世界地理情報大会のメイン会場。(小型無人機から)中国浙江省徳清(とくせい)県の国連世界地理情報大会会場が19日、正式にオープンした。国連が主催し、中国自然資源部と浙江省人民政府が共同運営する国連世界地理情報大会が、11月19~21日に浙江省徳清県で開催される。テーマは「空間青写真を共に描く美しい世界を共に築く」。(徳清=新華社記者/翁忻暘)=2018(平成30)年9月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月01日
    SCO青島サミットメイン会場が一般開放

    7月1日、一般公開された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センター。(小型無人機から)上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)のメイン会場として使用された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センターが7月1日、短期間の内部サービス機能に関する計画的整備を行った後、正式に一般開放された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月01日
    SCO青島サミットメイン会場が一般開放

    7月1日、青島オリンピックセーリングセンター内にあるサミットメイン会場、青島国際会議センターを見学する観光客。上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)のメイン会場として使用された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センターが7月1日、短期間の内部サービス機能に関する計画的整備を行った後、正式に一般開放された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月01日
    SCO青島サミットメイン会場が一般開放

    7月1日、一般公開された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センター。(小型無人機から)上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)のメイン会場として使用された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センターが7月1日、短期間の内部サービス機能に関する計画的整備を行った後、正式に一般開放された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月01日
    SCO青島サミットメイン会場が一般開放

    7月1日、青島オリンピックセーリングセンター国旗広場を観光する観光客。(小型無人機から)上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)のメイン会場として使用された青島オリンピックセーリングセンター内の青島国際会議センターが7月1日、短期間の内部サービス機能に関する計画的整備を行った後、正式に一般開放された。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年07月01日
    SCOサミットがもたらした青島の変化

    サミット閉幕後にサービス機能の整備を行い、一般開放されたSCO青島サミットのメイン会場、青島国際会議センター。(小型無人機から7月1日撮影)中国山東省青島市では、上海協力機構(SCO)加盟国元首理事会第18回会議(青島サミット)が行われて以降、「サミット効果」が拡大しつつある。サミット開催地として、その存在を世界にアピールした青島の知名度と名声は日増しに高まっている。都市の景観は飛躍的に向上し、世界中から多くの観光客が訪れている。対外開放による新たな躍進は、同市の経済発展に新たな原動力を注ぎ込んだ。都市の文明度や住みやすさがさらに向上しており、「サミット精神」がこの都市の文明を潤しつつある。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年7月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月26日
    環境に配慮した発展の道を歩む重慶市

    長江三峡の一つ、巫峡(ふきょう)にある景勝地「神女渓(しんにょけい)」の景色。(小型無人機から、2018年6月26日撮影)中国南西部に位置する重慶市は、中西部地区唯一の直轄市として、長江上流地域の経済、金融、科学技術イノベーション、航空輸送、貿易物流の中心地、西部大開発における重要な戦略的支点となっており、また「一帯一路」と長江経済ベルトの重要な連結点、内陸地域の対外開放を加速させる基盤でもある。同市はここ数年、長江上流の生態防壁建設をめぐり、緑化改善、特色ある環境景観作り、三峡ダムエリアの生態系回復などの重要な環境プロジェクトの実施を加速させ、全力で自然環境を保護し、地域の生態系回復や汚染防止の堅塁攻略戦にしっかりと取り組んできた。市全体の環境が引き続き改善され、環境安全が有効に保障され、「生態優先、環境に配慮した発展」という理念が重慶発展のテーマとなっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2018(平成30)年6月26日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年06月03日
    【SCO青島サミット】プレスセンターを見てみよう

    3日、ドローンで撮影した青島市嶗山区東海路に位置するSCO青島サミットプレスセンター。プレスセンターには新築の施設はないが、独自の特色を備えた海爾(ハイアール)グローバルイノベーションモデル研究センターを会場として選んだ。同研究センターの建物は、ファッショナブルかつロマンチックで青島の特色を備えている。中国山東省青島市で行われる上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議(SCO青島サミット)のプレスセンターが6日から正式に開放され、登録した国内外の記者にサービスを提供する。紹介によると、プレスセンターは総面積が約3万5千平方メートル、証明書受領センター、インフォメーションカウンター、公共作業エリア、プレスリリースホール、会議取材、通信保障など29の作業チームを設け、メディア応対、取材、通信、交通、医療、セキュリティーなど全面的な保障を提供する。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年6月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月22日
    空から望む貴安新区貴州省

    22日、貴安新区のハイエンド設備製造業産業パーク。(小型無人機で撮影)中国で8番目の国家級新区、貴州省貴陽市の貴安新区は「西部地域の重要な成長拠点」「内陸開放型経済の新領域」「生態文明モデル区」という三大戦略を支える位置づけにある。新華社ではこのほど、小型無人機で同地区の発展と変化を記録した。(貴陽=新華社記者/欧東衢)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月22日
    空から望む貴安新区貴州省

    22日、清華大学傘下の啓迪ホールディングスが開発した啓迪貴安デジタル街。(小型無人機で撮影)中国で8番目の国家級新区、貴州省貴陽市の貴安新区は「西部地域の重要な成長拠点」「内陸開放型経済の新領域」「生態文明モデル区」という三大戦略を支える位置づけにある。新華社ではこのほど、小型無人機で同地区の発展と変化を記録した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月22日
    空から望む貴安新区貴州省

    22日、貴安新区にある、電子機器メーカー富士康(貴州)の第4世代グリーン産業パーク。(小型無人機で撮影)中国で8番目の国家級新区、貴州省貴陽市の貴安新区は「西部地域の重要な成長拠点」「内陸開放型経済の新領域」「生態文明モデル区」という三大戦略を支える位置づけにある。新華社ではこのほど、小型無人機で同地区の発展と変化を記録した。(貴陽=新華社記者/劉続)=2018(平成30)年5月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月13日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島体育センター。(青島=新華社配信)下:2018年5月13日にドローンで撮影した青島体育センター。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月07日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月7日にドローンで撮影した青島港とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月04日
    【SCO青島サミット】幸せを感じる都市青島

    4日、青島市浮山湾の美しい夜景。(ドローン撮影)山東省青島市は山東半島南東部の沿岸地域に位置し、中国初の沿岸開放都市の一つで、中国を代表する歴史文化都市であり、「ビールの街」や「帆船の都」などの美名を持つ。紺碧の海、青い空、緑の木々、赤い屋根瓦からひしめく高層ビルまで、そして、カモメが群れをなし、帆船が漂う昼間から、色とりどりのネオンがキラキラと輝く夜景まで、更には、観光客が行き交う観光スポットから、静かで優雅なひと時を過ごせる本屋まで。自然環境に恵まれ、人文的雰囲気を醸し出す青島は、まさに青い空と緑の木々に彩られ、美しい海やおいしい空気を楽しめる幸せを感じられる街作りを目指している。6月上旬には、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がこの地で開催される。幸せを感じる都市、青島は今まさに発展の真っ只中にある新しい姿で、遠方からの来客を熱烈に迎え入れ、青島サミットの開催を心静かに待っている。(青島=新華社記者/張鋮)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月04日
    開放的な青島「上海協力機構の声」に期待

    4日、青島の観光名所、美しい「青島桟橋」。(ドローン撮影)青島は赤い屋根瓦、緑の木々、紺碧の海、青い空に彩られ、開放と協力を象徴する青島桟橋が、海に向かって手を伸ばすようにかかっている。上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がまもなく開催されるに伴い、青島には世界のまなざしが集まり、40年に及ぶ「開放のすばらしい日々」がはっきりと示されるだろう。青島は中国初の14カ所の沿岸開放都市の一つであり、開放政策をよりどころに「中国製造」の「青島モデル」の打ち出しから、全方位的な開放構造の構築まで、さらにはよりハイレベルな「国際化+」行動の実施まで、この北方の重要な港湾都市は、中国の絶え間ない開放拡大および輝かしい成果獲得の縮図となった。1カ月ほど前には、開放的な春の「潮流」がボアオで沸き起こっており、初夏の6月には「上海協力機構の声」が青島に鳴り響くことになるだろう。(青島=新華社記者/李紫恒)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月04日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島桟橋とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月04日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年5月4日にドローンで撮影した青島・団島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月04日
    【SCO青島サミット】幸せを感じる都市青島

    4日、空から眺めた桟橋と青島湾。(ドローン撮影)山東省青島市は山東半島南東部の沿岸地域に位置し、中国初の沿岸開放都市の一つで、中国を代表する歴史文化都市であり、「ビールの街」や「帆船の都」などの美名を持つ。紺碧の海、青い空、緑の木々、赤い屋根瓦からひしめく高層ビルまで、そして、カモメが群れをなし、帆船が漂う昼間から、色とりどりのネオンがキラキラと輝く夜景まで、更には、観光客が行き交う観光スポットから、静かで優雅なひと時を過ごせる本屋まで。自然環境に恵まれ、人文的雰囲気を醸し出す青島は、まさに青い空と緑の木々に彩られ、美しい海やおいしい空気を楽しめる幸せを感じられる街作りを目指している。6月上旬には、上海協力機構(SCO)加盟国首脳理事会第18回会議がこの地で開催される。幸せを感じる都市、青島は今まさに発展の真っ只中にある新しい姿で、遠方からの来客を熱烈に迎え入れ、青島サミットの開催を心静かに待っている。(青島=新華社記者/張鋮)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年05月04日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社配信)下:5月4日にドローンで撮影した青島・麦島とその周辺。(青島=新華社記者/李紫恒)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年5月4日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月16日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が2000年に撮影した青島・北海造船所(現在のオリンピックセーリングセンター)とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島オリンピックセーリングセンターとその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月16日
    【SCO青島サミット】写真で振り返る青島の今昔

    上:「青島画報」のカメラマン、張岩氏が1996年に撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社配信)下:2018年4月16日にドローンで撮影した青島の五四広場とその周辺。(青島=新華社記者/郭緒雷)(合成写真)「青島画報」のカメラマン、張岩氏は1996年からヘリコプターで青島市を撮影し始め、この美しい海浜都市の成長を記録してきた。そして時は流れて2018年。新華社記者がドローンによる撮影で、かつての写真と照らし合わせながら新しい青島を記録した。改革開放から40年にわたり、青島は中国初の沿岸開放都市として、活力にあふれ、ファッショナブルで美しく、独特の魅力を備えた国際都市へと成長し、新ユーラシアランドブリッジ経済回廊(NELBEC)の主要な結節点(ハブ)であり、海上協力戦略の支点という「二つの位置づけ」を持つ都市となった。(青島=新華社配信)=2018(平成30)年4月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年04月01日
    ドローン映像を見る来館者 普賢岳災害を最新映像で

    改装オープンした「雲仙岳災害記念館」で、小型無人機ドローンによる溶岩ドーム一帯の空撮映像を見る来館者ら=1日午後、長崎県島原市

    撮影: 1日午後、長崎県島原市

  • 2018年03月29日
    大地にしるされた改革の足跡中国改革開放40年

    3月29日、河北省雄安市市民サービスセンター。(ドローン撮影)40年にわたる中国改革開放の歩みを物語る重要なサイン、小崗、深圳、海南、浦東、雄安などにしるされた一つ一つの「ランドマーク」は、中華民族近代以来の最も輝かしい40年の流れをつなぎ、世界が「中国の奇跡」を理解する格好の窓口となっている。それらは中国の昨日、今日、明日をつないでいる。(雄安=新華社記者/牟宇)=2018(平成30)年3月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年03月23日
    春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録

    2018年3月23日、ボアオ・アジアフォーラムの永久開催地の夜景。(ドローンで撮影)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2018(平成30)年3月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年11月29日
    大地にしるされた改革の足跡中国改革開放40年

    2017年11月29日、深圳塩田港。(ドローン撮影)40年にわたる中国改革開放の歩みを物語る重要なサイン、小崗、深圳、海南、浦東、雄安などにしるされた一つ一つの「ランドマーク」は、中華民族近代以来の最も輝かしい40年の流れをつなぎ、世界が「中国の奇跡」を理解する格好の窓口となっている。それらは中国の昨日、今日、明日をつないでいる。(深圳=新華社記者/毛思倩)=2017(平成29)年11月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年11月07日
    環境に配慮した発展の道を歩む重慶市

    重慶市雲陽(うんよう)県の張飛廟。(小型無人機から、2017年11月7日撮影)中国南西部に位置する重慶市は、中西部地区唯一の直轄市として、長江上流地域の経済、金融、科学技術イノベーション、航空輸送、貿易物流の中心地、西部大開発における重要な戦略的支点となっており、また「一帯一路」と長江経済ベルトの重要な連結点、内陸地域の対外開放を加速させる基盤でもある。同市はここ数年、長江上流の生態防壁建設をめぐり、緑化改善、特色ある環境景観作り、三峡ダムエリアの生態系回復などの重要な環境プロジェクトの実施を加速させ、全力で自然環境を保護し、地域の生態系回復や汚染防止の堅塁攻略戦にしっかりと取り組んできた。市全体の環境が引き続き改善され、環境安全が有効に保障され、「生態優先、環境に配慮した発展」という理念が重慶発展のテーマとなっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年11月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年06月29日
    環境に配慮した発展の道を歩む重慶市

    重慶市巫山(ふざん)県で「小三峡」と呼ばれる峡谷の一つ、滴翠(てきすい)峡の風景。(小型無人機から、2017年6月29日撮影)中国南西部に位置する重慶市は、中西部地区唯一の直轄市として、長江上流地域の経済、金融、科学技術イノベーション、航空輸送、貿易物流の中心地、西部大開発における重要な戦略的支点となっており、また「一帯一路」と長江経済ベルトの重要な連結点、内陸地域の対外開放を加速させる基盤でもある。同市はここ数年、長江上流の生態防壁建設をめぐり、緑化改善、特色ある環境景観作り、三峡ダムエリアの生態系回復などの重要な環境プロジェクトの実施を加速させ、全力で自然環境を保護し、地域の生態系回復や汚染防止の堅塁攻略戦にしっかりと取り組んできた。市全体の環境が引き続き改善され、環境安全が有効に保障され、「生態優先、環境に配慮した発展」という理念が重慶発展のテーマとなっている。(重慶=新華社記者/劉潺)=2017(平成29)年6月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2017年06月15日
    春潮が岸を打ち、無数の船が行く-海南特区改革開放30年の記録

    2017年6月15日、海南省文昌衛星発射センター。(ドローンで撮影)中国海南省では4月、木綿花が開花し、ブーゲンビリアが一斉に咲き誇る。南中国海の海辺を無数の船舶が航行し、改革開放の波のうねりはとどまることを知らない。中国最大の経済特区である海南経済特区は30年前、情勢に合わせ誕生した。30年の間、海南省は試行を重ね、改革開放のため歴史に残る数多くの探索の痕跡を刻んだ。広い大海原を帆船は流されることなくまっすぐ進み、春潮が湧く。新たな歴史のスタート地点に立ち「而立」の海南特区は再出発し、困難や障害を乗り越えて突き進み、全力を尽くし誰よりも先に成功をおさめる。(海口=新華社記者/楊冠宇)=2017(平成29)年6月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2012年04月07日
    三井アウトレットパーク木更津

    4月13日にオープンする三井アウトレットパーク木更津。屋根の上に太陽光発電パネルを設置している=千葉県木更津市で2012年4月7日午前9時12分、共同通信社ヘリから

    撮影: 千葉県木更津市で2012年4月7日午前9時12分、共同通信社ヘリから

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2005年09月03日
    被災したNASA施設 シャトル打ち上げ遅れか

    超大型ハリケーン「カトリーナ」の暴風雨で屋根に穴が開いた、ニューオーリンズ近郊の米航空宇宙局(NASA)外部燃料タンク製造施設(NASA提供・共同)

  • 2005年03月16日
    三星堆遺跡、新たな発掘計画始動へ四川省

    空から見た三星堆遺跡。(小型無人機から、資料写真)中国の長江上流域文明の中心とされる三星堆(さんせいたい)遺跡は、中華文明を「満天の星」のように多元的に構成する各地の文明の中で最も神秘的な「星」であり、これまでに発掘が完了した面積は全体の千分の1程度に過ぎない。四川省文物考古研究院の唐飛(とう・ひ)院長によると、三星堆の調査は既に新たな発掘研究計画が策定されており、今年下半期から詳細な調査と地下探査、発掘が再開される。神秘の国「三星堆」の真実の姿をさらに明らかにしていく。(成都=新華社配信/四川省文物局提供)=2005(平成17)年3月16日、クレジット:四川省文物局/新華社/共同通信イメージズ

  • 1