KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • パソコン
  • プロゲーマー
  • 医療データ
  • 千葉県松戸市
  • 報道公開
  • 練習施設
  • 超小型衛星
  • アークエッジスペース
  • オブジェ
  • マウンテンビュー

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 写真
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
54,983
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
54,983
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    福井大の青柳特命准教授 商業向け超小型衛星開発へ

    商業向けの超小型衛星「OPTIMAL―1」について説明する福井大の青柳賢英特命准教授=22日午前、福井市

    撮影: 22日午前、福井市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    「OPTIMAL―1」 商業向け超小型衛星開発へ

    福井大とアークエッジ・スペースが共同で開発する商業向けの超小型衛星「OPTIMAL―1」=22日午前、福井市

    撮影: 22日午前、福井市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    ルーンの気球型基地局 空飛ぶ通信基地局を断念

    ルーンが研究していた気球型の通信基地局=2016年5月、米カリフォルニア州マウンテンビュー(ロイター=共同)

    撮影: 2016年5月、米カリフォルニア州マウンテンビュー

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    松戸駅のeスポーツ施設 集え未来のプロゲーマー

    JR松戸駅に完成し、報道公開された「eスポーツ」の練習施設。高性能なゲーム用パソコンを備えている=22日午前、千葉県松戸市

    撮影: 22日午前、千葉県松戸市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    「eスポーツ」の練習施設 集え未来のプロゲーマー

    JR松戸駅に完成し、報道公開された「eスポーツ」の練習施設。高性能なゲーム用パソコンを備えている=22日午前、千葉県松戸市

    撮影: 22日午前、千葉県松戸市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (3)中国初の太陽観測衛星、22年に打ち上げへ

    全体試験を実施中の先進的宇宙太陽天文台(ASO-S)のエンジニアリング・モデル。(2020年11月撮影)中国科学院紫金山天文台は21日、中国初の太陽観測衛星「先進的宇宙太陽天文台(ASO-S)」を2022年前半に打ち上げる計画を明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (2)中国初の太陽観測衛星、22年に打ち上げへ

    先進的宇宙太陽天文台(ASO-S)のロゴ。(資料写真)中国科学院紫金山天文台は21日、中国初の太陽観測衛星「先進的宇宙太陽天文台(ASO-S)」を2022年前半に打ち上げる計画を明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (3)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (4)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (1)広東薬科大で最先端バイオ医薬の国際シンポジウム

    18日、シンポジウムの会場。中国広東省広州市の広東薬科大学でこのほど、2021最先端バイオ医薬国際シンポジウムが開かれた。中国やロシア、米国など6カ国の科学者が参加し、バイオ医薬分野における伝統医学理論と現代バイオテクノロジーのイノベーションと応用を焦点に議論を繰り広げた。ロシアのプーシチノ自然科学研究所にもサブ会場が設置された。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (6)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程が自動化された天津港コンテナターミナルを走行する自動運転電動コンテナトラック。中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (3)広東薬科大で最先端バイオ医薬の国際シンポジウム

    18日、シンポジウムの会場。中国広東省広州市の広東薬科大学でこのほど、2021最先端バイオ医薬国際シンポジウムが開かれた。中国やロシア、米国など6カ国の科学者が参加し、バイオ医薬分野における伝統医学理論と現代バイオテクノロジーのイノベーションと応用を焦点に議論を繰り広げた。ロシアのプーシチノ自然科学研究所にもサブ会場が設置された。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (3)ボツワナで中国が設立を支援した小学校が開校

    19日、ボツワナのMmopaneにある中国の支援によって建てられたMmopane小学校で、開校日に整列する児童ら。中国が設立を支援したボツワナのクウェネン地区にあるMmopane小学校が19日に開校し、1年生と5年生のクラスを開講した。残りの学年は後日、開講される。中国政府のプロジェクトである同校は最先端の設備を備え、快適な学習環境を提供する。(Mmopane=新華社配信/TshekisoTebalo)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (1)思考でドローン操縦、脳と機械つなぐBCI技術がもたらす未来

    13日、天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室で、人間の脳から伝わった指令に応じて動きを変えるロボット。ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術は、人の脳とコンピューターまたはその他の電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。中国の天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室を訪ねると、感度の脳波電極に覆われた電極帽をかぶった男子学生が、コンピューター画面をじっと見つめていた。学生は両手を使わずに「思考」のみで小型無人機(ドローン)を操縦し、輪の中を通過させることに成功。無人機の連続かつリアルタイムな安定制御を実現した。同実験室は以前にも、BCIコマンド数とコーディック(情報の符号化)速度の相互制約という難問を解決し、限界とされた100コマンドの壁を打ち破り、108コマンドでの「思考筆記」「思考文字入力」を成功させている。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (3)思考でドローン操縦、脳と機械つなぐBCI技術がもたらす未来

    13日、宇宙空間でのBCI実験をシミュレートする天津大学医学工程・転化医学研究院の学生。ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術は、人の脳とコンピューターまたはその他の電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。中国の天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室を訪ねると、感度の脳波電極に覆われた電極帽をかぶった男子学生が、コンピューター画面をじっと見つめていた。学生は両手を使わずに「思考」のみで小型無人機(ドローン)を操縦し、輪の中を通過させることに成功。無人機の連続かつリアルタイムな安定制御を実現した。同実験室は以前にも、BCIコマンド数とコーディック(情報の符号化)速度の相互制約という難問を解決し、限界とされた100コマンドの壁を打ち破り、108コマンドでの「思考筆記」「思考文字入力」を成功させている。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (4)中国初の太陽観測衛星、22年に打ち上げへ

    全体試験を実施中の先進的宇宙太陽天文台(ASO-S)のエンジニアリング・モデル。(2020年11月撮影)中国科学院紫金山天文台は21日、中国初の太陽観測衛星「先進的宇宙太陽天文台(ASO-S)」を2022年前半に打ち上げる計画を明らかにした。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (1)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。(小型無人機から)中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (5)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。(小型無人機から)中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (2)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、天津港コンテナターミナルの無人スマート解錠ステーションを通過する自動運転電動コンテナトラック。中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (4)思考でドローン操縦、脳と機械つなぐBCI技術がもたらす未来

    13日、天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室で、脳制御式小型無人機を調整する研究者。ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術は、人の脳とコンピューターまたはその他の電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。中国の天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室を訪ねると、感度の脳波電極に覆われた電極帽をかぶった男子学生が、コンピューター画面をじっと見つめていた。学生は両手を使わずに「思考」のみで小型無人機(ドローン)を操縦し、輪の中を通過させることに成功。無人機の連続かつリアルタイムな安定制御を実現した。同実験室は以前にも、BCIコマンド数とコーディック(情報の符号化)速度の相互制約という難問を解決し、限界とされた100コマンドの壁を打ち破り、108コマンドでの「思考筆記」「思考文字入力」を成功させている。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (7)思考でドローン操縦、脳と機械つなぐBCI技術がもたらす未来

    13日、天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室で、脳制御式小型無人機実験の被験者に導電性ゲルを注射する研究者。ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術は、人の脳とコンピューターまたはその他の電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。中国の天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室を訪ねると、感度の脳波電極に覆われた電極帽をかぶった男子学生が、コンピューター画面をじっと見つめていた。学生は両手を使わずに「思考」のみで小型無人機(ドローン)を操縦し、輪の中を通過させることに成功。無人機の連続かつリアルタイムな安定制御を実現した。同実験室は以前にも、BCIコマンド数とコーディック(情報の符号化)速度の相互制約という難問を解決し、限界とされた100コマンドの壁を打ち破り、108コマンドでの「思考筆記」「思考文字入力」を成功させている。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (1)ボツワナで中国が設立を支援した小学校が開校

    19日、ボツワナのMmopaneにある中国の支援によって建てられたMmopane小学校で、開校初日に手を洗う児童ら。中国が設立を支援したボツワナのクウェネン地区にあるMmopane小学校が19日に開校し、1年生と5年生のクラスを開講した。残りの学年は後日、開講される。中国政府のプロジェクトである同校は最先端の設備を備え、快適な学習環境を提供する。(Mmopane=新華社配信/TshekisoTebalo)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (2)広東薬科大で最先端バイオ医薬の国際シンポジウム

    18日、シンポジウムの会場に設置された看板。中国広東省広州市の広東薬科大学でこのほど、2021最先端バイオ医薬国際シンポジウムが開かれた。中国やロシア、米国など6カ国の科学者が参加し、バイオ医薬分野における伝統医学理論と現代バイオテクノロジーのイノベーションと応用を焦点に議論を繰り広げた。ロシアのプーシチノ自然科学研究所にもサブ会場が設置された。(広州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (1)中国初の太陽観測衛星、22年に打ち上げへ

    15日、先進的宇宙太陽天文台(ASO-S)の模型。中国科学院紫金山天文台は21日、中国初の太陽観測衛星「先進的宇宙太陽天文台(ASO-S)」を2022年前半に打ち上げる計画を明らかにした。(南京=新華社記者/王珏玢)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (5)思考でドローン操縦、脳と機械つなぐBCI技術がもたらす未来

    13日、天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室で、脳制御式小型無人機を「思考」で操縦する学生。ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術は、人の脳とコンピューターまたはその他の電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。中国の天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室を訪ねると、感度の脳波電極に覆われた電極帽をかぶった男子学生が、コンピューター画面をじっと見つめていた。学生は両手を使わずに「思考」のみで小型無人機(ドローン)を操縦し、輪の中を通過させることに成功。無人機の連続かつリアルタイムな安定制御を実現した。同実験室は以前にも、BCIコマンド数とコーディック(情報の符号化)速度の相互制約という難問を解決し、限界とされた100コマンドの壁を打ち破り、108コマンドでの「思考筆記」「思考文字入力」を成功させている。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (6)思考でドローン操縦、脳と機械つなぐBCI技術がもたらす未来

    13日、天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室で、脳制御式小型無人機を「思考」で操縦する学生。ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術は、人の脳とコンピューターまたはその他の電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。中国の天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室を訪ねると、感度の脳波電極に覆われた電極帽をかぶった男子学生が、コンピューター画面をじっと見つめていた。学生は両手を使わずに「思考」のみで小型無人機(ドローン)を操縦し、輪の中を通過させることに成功。無人機の連続かつリアルタイムな安定制御を実現した。同実験室は以前にも、BCIコマンド数とコーディック(情報の符号化)速度の相互制約という難問を解決し、限界とされた100コマンドの壁を打ち破り、108コマンドでの「思考筆記」「思考文字入力」を成功させている。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (2)思考でドローン操縦、脳と機械つなぐBCI技術がもたらす未来

    13日、宇宙空間でのBCI実験をシミュレートする天津大学医学工程・転化医学研究院の学生。ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術は、人の脳とコンピューターまたはその他の電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。中国の天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室を訪ねると、感度の脳波電極に覆われた電極帽をかぶった男子学生が、コンピューター画面をじっと見つめていた。学生は両手を使わずに「思考」のみで小型無人機(ドローン)を操縦し、輪の中を通過させることに成功。無人機の連続かつリアルタイムな安定制御を実現した。同実験室は以前にも、BCIコマンド数とコーディック(情報の符号化)速度の相互制約という難問を解決し、限界とされた100コマンドの壁を打ち破り、108コマンドでの「思考筆記」「思考文字入力」を成功させている。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月22日
    (8)思考でドローン操縦、脳と機械つなぐBCI技術がもたらす未来

    天津大学の神経工学チームが開発した人工神経リハビリロボット「神工3号」を装着したマネキン。(2020年10月11日撮影)ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)技術は、人の脳とコンピューターまたはその他の電子機器との間で、通常の脳の情報出力経路(末梢神経と筋肉組織)に依存しない情報伝達システムを確立する新技術を指す。中国の天津大学医学工程・転化医学研究院の実験室を訪ねると、感度の脳波電極に覆われた電極帽をかぶった男子学生が、コンピューター画面をじっと見つめていた。学生は両手を使わずに「思考」のみで小型無人機(ドローン)を操縦し、輪の中を通過させることに成功。無人機の連続かつリアルタイムな安定制御を実現した。同実験室は以前にも、BCIコマンド数とコーディック(情報の符号化)速度の相互制約という難問を解決し、限界とされた100コマンドの壁を打ち破り、108コマンドでの「思考筆記」「思考文字入力」を成功させている。(天津=新華社記者/宋瑞)= 配信日: 2021(平成33)年01月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    京東集団のロゴ 14億人市場で医療データ

    京東集団のロゴマークのオブジェ=北京(共同)

    撮影: 北京

  • 2021年01月21日
    マスク着けて歩く人たち 14億人市場で医療データ

    北京市内でマスクを着けて歩く人たち=14日(共同)

    撮影: 14日

  • 2021年01月21日
    (1)江蘇省、充電ポールの郷・鎮全域カバーを実現

    南京市の駐車場にある充電エリアで、電気自動車に充電する利用者。(2020年6月16日撮影)中国送電大手、国家電網傘下の江蘇省電力は20日、昨年省内の郷・鎮地域に4838基の電気自動車(EV)用充電ポールを設置、全国に先駆けて充電ポールの郷・鎮全域カバーを実現したことを明らかにした。これにより、EVの充電が難しいという郷・鎮住民の問題を効果的に解決した。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)環境保護の一環、燃料効率の高いコンロ製造マラウイ

    15日、マラウイのンチェウでコンロを作る女性。マラウイ中部州のンチェウ県では環境保護の一環として、燃料効率の高い粘土製のコンロ製造に取り組んでいる。コンロは家庭内で調理や暖房の際に使用されており、製造に携わる人々に高い収入をもたらしている。(ンチェウ=新華社配信/JosephMizere)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (5)海口市で子ども向けの無料レッスン開始海南省

    16日、海南省海口市の青少年活動センターで、保護者に付き添われながらピアノのレッスンを受ける子ども。中国海南省海口市の青少年活動センターは、公共サービスの一環として子ども向けの講座を開始した。ピアノや絵画、スポーツなどの無料レッスンを提供している。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)環境保護の一環、燃料効率の高いコンロ製造マラウイ

    15日、マラウイのンチェウで作られたコンロを見せる人たち。マラウイ中部州のンチェウ県では環境保護の一環として、燃料効率の高い粘土製のコンロ製造に取り組んでいる。コンロは家庭内で調理や暖房の際に使用されており、製造に携わる人々に高い収入をもたらしている。(ンチェウ=新華社配信/JosephMizere)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)海口市で子ども向けの無料レッスン開始海南省

    16日、海南省海口市の青少年活動センターで、保護者に付き添われながらピアノのレッスンを受ける子どもたち。中国海南省海口市の青少年活動センターは、公共サービスの一環として子ども向けの講座を開始した。ピアノや絵画、スポーツなどの無料レッスンを提供している。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (4)海口市で子ども向けの無料レッスン開始海南省

    16日、海南省海口市の青少年活動センターで、保護者に付き添われながらピアノのレッスンを受ける子どもたち。中国海南省海口市の青少年活動センターは、公共サービスの一環として子ども向けの講座を開始した。ピアノや絵画、スポーツなどの無料レッスンを提供している。(海口=新華社記者/張麗蕓)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (3)環境保護の一環、燃料効率の高いコンロ製造マラウイ

    15日、マラウイのンチェウでコンロの製造工程を見せる女性たち。マラウイ中部州のンチェウ県では環境保護の一環として、燃料効率の高い粘土製のコンロ製造に取り組んでいる。コンロは家庭内で調理や暖房の際に使用されており、製造に携わる人々に高い収入をもたらしている。(ンチェウ=新華社配信/JosephMizere)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (2)南京大学、光中継を用いて量子ネットワークを構築

    中国科学院の祝世寧院士チームと無人機2機。赤い服を着ているのが祝世寧院士、左から5人目が龔彦暁(きょう・げんぎょう)教授、右から6人目が謝臻達(しゃ・しんたつ)教授。(2019年8月12日撮影)中国南京大学は19日、同大の固体微細構造物理国家重点実験室の祝世寧(しゅく・せいねい)中国科学院院士(アカデミー会員)が率いるチームがこのほど、無人機2機を編成し、光中継により、1キロメートル離れた二つの地上局間で、もつれ光子を配送するのに成功したと明らかにした。マルチノードモバイル量子ネットワーキングの実現可能性を示すもので、量子ネットワークの実用化に向けた重要な一歩となる。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月21日
    (1)南京大学、光中継を用いて量子ネットワークを構築

    人工衛星や高高度巡航無人機、小型無人機、地上局からなるグローバル量子ネットワークのコンピューター生成画像。(資料写真)中国南京大学は19日、同大の固体微細構造物理国家重点実験室の祝世寧(しゅく・せいねい)中国科学院院士(アカデミー会員)が率いるチームがこのほど、無人機2機を編成し、光中継により、1キロメートル離れた二つの地上局間で、もつれ光子を配送するのに成功したと明らかにした。マルチノードモバイル量子ネットワーキングの実現可能性を示すもので、量子ネットワークの実用化に向けた重要な一歩となる。(南京=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    開かれた専門家会議 変異種、静岡で感染か

    静岡県庁で開かれた新型コロナウイルス感染症対策専門家会議=20日午後

    撮影: 20日午後

  • 2021年01月20日
    現行のリーフ 日産リーフ累計50万台に

    日産自動車の電気自動車「リーフ」の現行モデル

  • 2021年01月20日
    初代リーフ 日産リーフ累計50万台に

    日産自動車が2010年に発売した電気自動車「リーフ」の初代モデル

  • 2021年01月20日
    COVID-19 : VACCINE : Argentina

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、スプートニクⅤ、ロシア、製品、実物、容器、瓶、パッケージ-January 20, 2021, Firmat, Santa Fe, Argentina: Argentina carries on the COVID-19 vaccination campaign. 21 days after receiving a shot of the first dose, healthcare workers are starting to get the second Sputnik V vaccine shot. (Credit Image: © Patricio Murphy/ZUMA Wire)、クレジット:©Patricio Murphy/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    COVID-19 : VACCINE : Argentina

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、スプートニクⅤ、ロシア、製品、実物、容器、瓶、パッケージ-January 20, 2021, Firmat, Santa Fe, Argentina: Argentina carries on the COVID-19 vaccination campaign. 21 days after receiving a shot of the first dose, healthcare workers are starting to get the second Sputnik V vaccine shot. (Credit Image: © Patricio Murphy/ZUMA Wire)、クレジット:©Patricio Murphy/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    COVID-19 : VACCINE : Argentina

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、スプートニクⅤ、ロシア、製品、実物、容器、瓶、パッケージ-January 20, 2021, Firmat, Santa Fe, Argentina: Argentina carries on the COVID-19 vaccination campaign. 21 days after receiving a shot of the first dose, healthcare workers are starting to get the second Sputnik V vaccine shot. (Credit Image: © Patricio Murphy/ZUMA Wire)、クレジット:©Patricio Murphy/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    COVID-19 : VACCINE : Argentina

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、開発、スプートニクⅤ、ロシア、製品、実物、容器、瓶、パッケージ-January 20, 2021, Firmat, Santa Fe, Argentina: Argentina carries on the COVID-19 vaccination campaign. 21 days after receiving a shot of the first dose, healthcare workers are starting to get the second Sputnik V vaccine shot. (Credit Image: © Patricio Murphy/ZUMA Wire)、クレジット:©Patricio Murphy/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    フォルクスワーゲンの工場 欧州新車7年ぶりマイナス

    ドイツ北部ウォルフスブルクのフォルクスワーゲンの工場で、マスクを着けて作業する人=2020年4月(ロイター=共同)

    撮影: 2020年4月

  • 2021年01月20日
    自動運転車 MS、GMの自動運転出資

    米GM本社に展示された自動運転車=2019年、米デトロイト(共同)

    撮影: 2019年、米デトロイト

  • 2021年01月20日
    (1)中国、移動体通信衛星「天通1号03」打ち上げ

    中国は20日午前0時25分(日本時間同1時25分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで移動体通信衛星「天通1号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。今年初めての打ち上げで、幸先の良いスタートを切った。(西昌=新華社配信/郭文彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)甘粛省の病院、肺手術に3Dプリンター技術を応用

    14日、3Dプリンター技術と手術ナビゲーションシステムを組み合わせた病変位置測定。中国甘粛省の蘭州大学第一医院は16日、同医院の胸部外科が3Dプリンター技術を応用した手術用ナビゲーションシステムと術中CTを組み合わせ、肺病変の正確な位置確定を実現し、肺小結節や肺がんの治療に役立てていると明らかにした。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (9)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、検体検査を行うエアドームで、核酸サンプルを見る検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (11)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、核酸抽出を行うエアドームで、トランシーバーを使い外部のスタッフと連絡を取る検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)甘粛省の病院、肺手術に3Dプリンター技術を応用

    14日、3Dプリンター技術と手術ナビゲーションシステムを組み合わせた病変位置測定。中国甘粛省の蘭州大学第一医院は16日、同医院の胸部外科が3Dプリンター技術を応用した手術用ナビゲーションシステムと術中CTを組み合わせ、肺病変の正確な位置確定を実現し、肺小結節や肺がんの治療に役立てていると明らかにした。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)貴陽市、ビッグデータ産業で三つのクラスター構築へ貴州省

    ビッグデータ企業が集まる貴陽市ハイテク産業開発区の一角。(資料写真)中国貴州省貴陽市はビッグデータ産業の発展をめぐり、データセンター集積エリア、電子情報製造、ソフトウエア・情報技術(IT)サービスからなる三つの産業クラスターを構築する。各クラスターともに1千億元(1元=約16円)規模になる。同市がこのほど開いたビッグデータ産業の発展に関する記者会見で分かった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (10)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、バーコードスキャンと検体採取を行うエアドームで、全自動分注処理システムを操作して検体採取作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)貴陽市、ビッグデータ産業で三つのクラスター構築へ貴州省

    貴陽市のビッグデータ大手、満帮集団の本社。(資料写真)中国貴州省貴陽市はビッグデータ産業の発展をめぐり、データセンター集積エリア、電子情報製造、ソフトウエア・情報技術(IT)サービスからなる三つの産業クラスターを構築する。各クラスターともに1千億元(1元=約16円)規模になる。同市がこのほど開いたビッグデータ産業の発展に関する記者会見で分かった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、「火眼実験室」に入る前に防護服を整える検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、バーコードスキャンと検体採取を行うエアドームで、全自動分注処理システムを操作して検体採取作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)街中で活躍するボランティア消毒隊黒竜江省綏化市

    18日、綏化市北林区の中興東大街で、消毒・殺菌作業を行う「消殺隊」のメンバー。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、新型コロナウイルスの現在の感染波が確認されて以降、ボランティア25人からなる消毒・殺菌チームが、同市北林区の検疫検問所や集合住宅、基層行政区域などで一般的な消毒・殺菌作業を担当している。「消殺隊」と名付けられたチームのメンバーはいずれも専門的な訓練を受けた綏化緊急救援隊の隊員で、必要に応じて出動し、地域の感染症対策を支援している。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: A researcher works on a code in the AI Research Buildung at the University of Tübingen, which is part of the “Cyber Valley“. This is where the “Machine Learning“ Cluster of Excellence of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences is located. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: A researcher works on a code in the AI Research Buildung at the University of Tübingen, which is part of the “Cyber Valley“. This is where the “Machine Learning“ Cluster of Excellence of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences is located. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、バーコードスキャンと検体採取を行うエアドームで、全自動分注処理システムを操作して検体採取作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (9)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (5)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (8)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)中国、移動体通信衛星「天通1号03」打ち上げ

    中国は20日午前0時25分(日本時間同1時25分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで移動体通信衛星「天通1号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。今年初めての打ち上げで、幸先の良いスタートを切った。(西昌=新華社配信/郭文彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)中国、移動体通信衛星「天通1号03」打ち上げ

    中国は20日午前0時25分(日本時間同1時25分)、四川省の西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Bで移動体通信衛星「天通1号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。今年初めての打ち上げで、幸先の良いスタートを切った。(西昌=新華社配信/郭文彬)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Mathematical formulas belonging to a machine learning algorithm are displayed on a whiteboard in the AI Research Building at the University of Tübingen, which is part of “Cyber Valley“. This is the home of the “Machine Learning“ Cluster of Excellence of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    ILLUSTRATION - 20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Mathematical formulas belonging to a machine learning algorithm is written on a whiteboard at the AI Research Buildung of the University of Tübingen, which is part of the “Cyber Valley“. In the background, a researcher writes on the board (posed scene). This is the location of the Cluster of Excellence “Machine Learning“ of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    ILLUSTRATION - 20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Mathematical formulas belonging to a machine learning algorithm are displayed on a whiteboard in the AI Research Building at the University of Tübingen, which is part of “Cyber Valley“. In the foreground, a researcher writes on the board (posed scene). The Cluster of Excellence “Machine Learning“ of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences is located here. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: A researcher sits in front of mathematical formulas of an algorithm on a laptop in the AI Research Buildung of the University of Tübingen, which is part of the “Cyber Valley“. This is where the Cluster of Excellence “Machine Learning“ of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences is located. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    ILLUSTRATION - 20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: Mathematical formulas belonging to a machine learning algorithm is written on a whiteboard at the AI Research Buildung of the University of Tübingen, which is part of the “Cyber Valley“. In the background, a researcher writes on the board (posed scene). This is the location of the Cluster of Excellence “Machine Learning“ of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (4)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、同僚の防護服に「河北加油!(河北がんばれ)」と書く検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、核酸抽出を行うエアドームで、全自動核酸抽出精製機を操作して核酸抽出作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、石家荘市の「火眼実験室」。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、石家荘市の「火眼実験室」。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (8)石家荘市の核酸検査施設「火眼実験室」を訪ねて

    18日、検体検査を行うエアドームで、機器を操作して検体検査作業を行う検査員。中国河北省石家荘市で8日、新型コロナウイルスの核酸検体検査施設「火眼実験室」(エアドーム型)が河北体育館で完成し、運用が開始された。1日に100万人分の検体を検査できる。実験室は2次元バーコードのスキャンと検体採取、核酸抽出、検体検査の機能をそれぞれ担う三つのエアドームが1セットとなっており、核酸検査作業の全プロセスを完了することができる。「火眼実験室」の運用開始により、検査能力は大幅に高まり、石家荘市の感染対策を後押ししている。(石家荘=新華社記者/金皓原)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (1)貴陽市、ビッグデータ産業で三つのクラスター構築へ貴州省

    貴陽市貴安新区にある騰訊(テンセント)貴安七星データセンターの内部。(資料写真)中国貴州省貴陽市はビッグデータ産業の発展をめぐり、データセンター集積エリア、電子情報製造、ソフトウエア・情報技術(IT)サービスからなる三つの産業クラスターを構築する。各クラスターともに1千億元(1元=約16円)規模になる。同市がこのほど開いたビッグデータ産業の発展に関する記者会見で分かった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (3)貴陽市、ビッグデータ産業で三つのクラスター構築へ貴州省

    インダクタメーカー、貴陽順絡迅達電子のスマート工場。(資料写真)中国貴州省貴陽市はビッグデータ産業の発展をめぐり、データセンター集積エリア、電子情報製造、ソフトウエア・情報技術(IT)サービスからなる三つの産業クラスターを構築する。各クラスターともに1千億元(1元=約16円)規模になる。同市がこのほど開いたビッグデータ産業の発展に関する記者会見で分かった。(貴陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (2)甘粛省の病院、肺手術に3Dプリンター技術を応用

    14日、3Dプリンター技術と手術ナビゲーションシステムを組み合わせた病変位置測定。中国甘粛省の蘭州大学第一医院は16日、同医院の胸部外科が3Dプリンター技術を応用した手術用ナビゲーションシステムと術中CTを組み合わせ、肺病変の正確な位置確定を実現し、肺小結節や肺がんの治療に役立てていると明らかにした。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (7)街中で活躍するボランティア消毒隊黒竜江省綏化市

    18日、車内で出発を待つ「消殺隊」のメンバー。中国黒竜江省綏化(すいか)市では、新型コロナウイルスの現在の感染波が確認されて以降、ボランティア25人からなる消毒・殺菌チームが、同市北林区の検疫検問所や集合住宅、基層行政区域などで一般的な消毒・殺菌作業を担当している。「消殺隊」と名付けられたチームのメンバーはいずれも専門的な訓練を受けた綏化緊急救援隊の隊員で、必要に応じて出動し、地域の感染症対策を支援している。(綏化=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    (6)ニュージーランド国立博物館で塩田千春展開催

    17日、ウェリントンにある国立博物館で「時間の交錯」を鑑賞する来場者。ニュージーランドの首都ウェリントンにあるニュージーランド国立博物館で、大型インスタレーション・アート展「時間の交錯」(Theweboftime)が開かれている。展示作品はドイツ在住の日本人アーティスト、塩田千春氏の手によるもので、建物2階分の高さがあり、黒い毛糸で曲がりくねったトンネルを作り、数字が夜空に散らばっているような視覚効果を生み出している。夜空の星のようなこれらの数字は、歴史上意味のある日付を示し、宇宙、人類の生存、未来の潜在力を映す空間を作り出した。作品は同館の常設コレクションとなることが決定している。(ウェリントン=新華社記者/郭磊)= 配信日: 2021(平成33)年01月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: “AI Research Buildung“ is located on a building at the University of Tübingen, which is part of the “Cyber Valley“. The Cluster of Excellence “Machine Learning“ of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences is located here. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月20日
    Research Artificial Intelligence Tübingen

    20 January 2021, Baden-Wuerttemberg, Tübingen: A researcher works on a code in the AI Research Buildung at the University of Tübingen, which is part of the “Cyber Valley“. This is where the “Machine Learning“ Cluster of Excellence of the Department of Computer Science of the Faculty of Mathematics and Natural Sciences is located. (to dpa “Artificial intelligence is booming and the southwest is setting the pace“) Photo: Sebastian Gollnow/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    会見する脇田所長ら 市中感染か、監視強化へ

    静岡で見つかった新型コロナウイルス変異種について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長(右)ら=18日、厚労省

  • 2021年01月19日
    武漢のウイルス研究所 国家のエゴ、人類窮地に影

    中国科学院武漢ウイルス研究所=14日、中国・武漢(共同)

    撮影: 14日、中国・武漢

  • 2021年01月19日
    (1)人工衛星スマート生産ライン、試運転開始湖北省武漢市

    人工衛星スマート生産ライン内部の様子。(資料写真)中国航天科工集団第二研究院傘下の航天科工空間工程発展は15日、湖北省武漢市に建設していた人工衛星を量産するスマート生産ラインがこのほど完成し、試運転を開始したと明らかにした。この生産ラインは年間240機以上の小型衛星を生産できる。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のスマートシティIoT(モノのインターネット)国家重点実験室展覧館を見学するマカオの青年。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    人工衛星スマート生産ライン、試運転開始湖北省武漢市

    人工衛星スマート生産ライン内部の様子。(資料写真)中国航天科工集団第二研究院傘下の航天科工空間工程発展は15日、湖北省武漢市に建設していた人工衛星を量産するスマート生産ラインがこのほど完成し、試運転を開始したと明らかにした。この生産ラインは年間240機以上の小型衛星を生産できる。(武漢=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (13)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、完成した製品を運ぶロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、完成した製品を運ぶロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、ロボットが完成させた製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を製造するロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (12)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県にある5Gスマート衛生陶器工場の5G自動化倉庫エリア。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...