KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ヘリ
  • 資料
  • 日本原子力研究開発機構
  • 中央
  • 大洗研究所
  • 原発
  • 常陽
  • 日本原子力発電
  • ヌリ
  • 羅老宇宙センター

写真・映像

絞り込み
  • 提供元
  • 1年以内
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
並び順
  • 新しい順
11,170
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
11,170
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    打ち上げられたヌリ号 国産ロケット初の打ち上げ

    韓国・高興の羅老宇宙センターから打ち上げられた韓国の国産ロケット「ヌリ号」=21日(韓国取材団・共同)

    商品コード: 2021102106949

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    打ち上げられるヌリ号 国産ロケット初の打ち上げ

    韓国・高興の羅老宇宙センターから打ち上げられる韓国の国産ロケット「ヌリ号」=21日(韓国取材団・共同)

    商品コード: 2021102106767

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    報道公開されたロボット 監視ロボットが巡回警備

    報道陣に公開された関西空港第2ターミナルに導入される巡回監視ロボット=21日午後

    商品コード: 2021102106724

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    報道公開されたロボット 監視ロボットが巡回警備

    報道陣に公開された関西空港第2ターミナルに導入される巡回監視ロボット=21日午後

    商品コード: 2021102106728

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    東海再処理施設・資料

    日本原子力研究開発機構の東海再処理施設=2021年10月15日午後2時15分、茨城県東海村(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021102105448

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    東海再処理施設・資料

    日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(左)と加速器実験施設「J―PARC」=2021年10月15日午後1時53分、茨城県東海村(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021102105437

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    東海再処理施設・資料

    日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(手前)。中央は加速器実験施設「J―PARC」。奥は日本原子力発電の東海第2原発=2021年10月15日午後2時11分、茨城県東海村(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021102105418

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    高温工学試験研究炉(HTTR)・資料

    日本原子力開発機構(JAEA)大洗研究所の高温工学試験研究炉(HTTR)。奥は高速実験炉「常陽」=2021年10月15日午後2時33分、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021102105335

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    東海再処理施設・資料

    日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(手前)。中央は加速器実験施設「J―PARC」。奥は日本原子力発電の東海第2原発=2021年10月15日午後2時2分、茨城県東海村(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021102105320

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    資東海再処理施設・資料

    日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(手前)。中央は加速器実験施設「J―PARC」。奥は日本原子力発電の東海第2原発=2021年10月15日午後1時53分、茨城県東海村(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021102105307

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    高速実験炉「常陽」・資料

    日本原子力開発機構(JAEA)大洗研究所の高速実験炉「常陽」(手前)。奥は高温工学試験研究炉(HTTR)=2021年10月15日午後2時26分、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021102105303

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    高温工学試験研究炉(HTTR)・資料

    日本原子力開発機構(JAEA)大洗研究所の高温工学試験研究炉(HTTR)=2021年10月15日午後2時32分、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021102105294

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年10月21日
    大洗研究開発センター・資料

    日本原子力研究開発機構(JAEA)大洗研究所。中央は高速実験炉「常陽」、左奥は高温工学試験研究炉(HTTR)、右奥は材料試験炉(JMTR)=2021年10月15日午後2時26分、茨城県大洗町(共同通信社ヘリから)

    商品コード: 2021102105268

  • 2021年10月21日
    (3)吉林省で中国・ドイツ自動車会議開幕互恵協力促す

    20日、2021中国・ドイツ自動車会議の会場。中国吉林省長春市でこのほど、「2021中国・ドイツ自動車会議」が開幕した。会議は「イノベーションがけん引する環境配慮型の未来」をテーマに、インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)や車載バッテリー、自動車用新素材、産業チェーン協力などについて議論を深め、両国の自動車産業の互恵協力、今後の業界の発展を後押しした。(長春=新華社記者/張建)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106795

  • 2021年10月21日
    (1)王岐山氏、清華大学経済管理学院顧問委員会の海外委員・中国企業家委員と会見

    中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は20日、北京から清華大学経済管理学院顧問委員会の海外委員、中国企業家委員とオンライン方式で会見した。(北京=新華社記者/張領)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102105537

  • 2021年10月21日
    (4)吉林省で中国・ドイツ自動車会議開幕互恵協力促す

    20日、2021中国・ドイツ自動車会議の会場。中国吉林省長春市でこのほど、「2021中国・ドイツ自動車会議」が開幕した。会議は「イノベーションがけん引する環境配慮型の未来」をテーマに、インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)や車載バッテリー、自動車用新素材、産業チェーン協力などについて議論を深め、両国の自動車産業の互恵協力、今後の業界の発展を後押しした。(長春=新華社記者/張建)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106797

  • 00:59.24
    2021年10月21日
    「新華社」吉林省で中国・ドイツ自動車会議開幕互恵協力促す

    中国吉林省長春市でこのほど、「2021中国・ドイツ自動車会議」が開幕した。会議は「イノベーションがけん引する環境配慮型の未来」をテーマに、インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)や車載バッテリー、自動車用新素材、産業チェーン協力などについて議論を深め、両国の自動車産業の互恵協力、今後の業界の発展を後押しした。今回はドイツにも分会場が設置され、独フォルクスワーゲン(VW)、ボッシュグループ、中国第一汽車集団、華為技術(ファーウェイ)など両国の自動車業界や政府、学界関係者100人余りが出席した。出席者は、新型コロナウイルス感染症の発生以降、両国が協力して世界のサプライチェーンの安定維持や経済回復の促進など、各方面で良好な成果を上げたほか、多数の新規大型協力プロジェクトを順調に推進し、世界経済の回復に重要な役割を果たしたと指摘。世界の自動車の新たな変革において、両国は産業協力で結びつき、協力の潜在力を引き出し、各自の強みを生かし、より優れた新エネルギー車(NEV)製品・サービスを世界に提供することで、ウィンウィンの発展を実現するべきだとの考えを示した。(記者/張建、沈忠浩、王帆、王暁林) =配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106770

  • 2021年10月21日
    (2)吉林省で中国・ドイツ自動車会議開幕互恵協力促す

    20日、2021中国・ドイツ自動車会議の会場。中国吉林省長春市でこのほど、「2021中国・ドイツ自動車会議」が開幕した。会議は「イノベーションがけん引する環境配慮型の未来」をテーマに、インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)や車載バッテリー、自動車用新素材、産業チェーン協力などについて議論を深め、両国の自動車産業の互恵協力、今後の業界の発展を後押しした。(長春=新華社記者/張建)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106792

  • 2021年10月21日
    (2)王岐山氏、清華大学経済管理学院顧問委員会の海外委員・中国企業家委員と会見

    中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は20日、北京から清華大学経済管理学院顧問委員会の海外委員、中国企業家委員とオンライン方式で会見した。(北京=新華社記者/張領)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102105538

  • 2021年10月21日
    (3)王岐山氏、清華大学経済管理学院顧問委員会の海外委員・中国企業家委員と会見

    中国の王岐山(おう・きざん)国家副主席は20日、北京から清華大学経済管理学院顧問委員会の海外委員、中国企業家委員とオンライン方式で会見した。(北京=新華社記者/張領)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102105546

  • 2021年10月21日
    (1)吉林省で中国・ドイツ自動車会議開幕互恵協力促す

    19日、2021中国・ドイツ自動車会議の会場。中国吉林省長春市でこのほど、「2021中国・ドイツ自動車会議」が開幕した。会議は「イノベーションがけん引する環境配慮型の未来」をテーマに、インテリジェント・コネクテッド・ビークル(ICV)や車載バッテリー、自動車用新素材、産業チェーン協力などについて議論を深め、両国の自動車産業の互恵協力、今後の業界の発展を後押しした。(長春=新華社記者/張建)= 配信日: 2021(令和3)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102106798

  • 2021年10月20日
    ビール缶の箱詰めロボット 製造現場の最新技術展示会

    ビール缶を箱詰めするAI搭載のロボット=20日午後、名古屋市のポートメッセなごや

    商品コード: 2021102010420

  • 2021年10月20日
    ネジを締めるロボット 製造現場の最新技術展示会

    半導体の製造に使われる部品のネジを締めるロボット=20日午後、名古屋市のポートメッセなごや

    商品コード: 2021102010416

  • 2021年10月20日
    遠隔操作ができる輸送ロボ 製造現場の最新技術展示会

    遠隔操作ができる輸送ロボット=20日午後、名古屋市のポートメッセなごや

    商品コード: 2021102010418

  • 2021年10月20日
    村上由美子

    村上由美子、経済協力開発機構(OECD)東京センター元所長、2021年10月19日、東京・虎ノ門で撮影

    商品コード: 2021102008447

  • 2021年10月20日
    (4)アリババの雲栖大会が開幕浙江省杭州市

    19日、卓球ロボットを使ってサーブの練習をする来場者。中国電子商取引(EC)大手、アリババグループの大型テクノロジーイベント「2021杭州・雲栖(うんせい)大会」が19日、浙江省杭州市雲栖小鎮で開幕した。テーマは「先端・探索・想像力」で、22日まで開催される。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009369

  • 01:28.11
    2021年10月20日
    「新華社」四川料理の調理技術を競うコンテスト開催四川省成都市

    中国の四川省成都市郫都(ひと)区で18日、2021世界川菜(四川料理)大会が開幕し、フォーラムや展覧会など、四川料理に関するさまざまなイベントが行われた。「世界川菜調理技能コンテスト」には大勢の料理人が参加して腕前を競った。コンテストは国際的な競技基準を採用、調理の最新トレンドや技術レベルを紹介し、四川料理の発展を後押しした。(記者/薛晨、李力可) =配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102010733

  • 2021年10月20日
    (1)中日両国の小学生、オンラインで「論語」学習の成果を交流

    13日、オンラインで自分が「論語」から学んだことを上海の友達と分かち合う石井俊乃介さん。中国上海市奉賢区の思言小学校と岡山県岡山市の就実小学校が13日、オンラインで「論語」の学習成果を発表し合う交流会を開催した。思言小学校の孫美紅(そん・びこう)校長は、2千年以上にわたり中国と日本をつないできた文化的絆「論語」を通じて、互いに理解し合い、友情を深めてほしいと期待を寄せた。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102014979

  • 2021年10月20日
    (3)甘粛省蘭州市の二つの小区、新型コロナ中リスク地域に指定

    19日、閉鎖管理が実施された蘭州市城関区の雲祥小区に物資を運ぶボランティア。中国甘粛省蘭州市城関区で19日、新型コロナウイルス核酸検査により新たに陽性者6人が確認された。区内の二つの小区(居住区)が中リスク地域に指定され、閉鎖管理が実施された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102006918

  • 2021年10月20日
    (5)アリババの雲栖大会が開幕浙江省杭州市

    19日、中国企業が独自開発したチップを見つめる来場者。中国電子商取引(EC)大手、アリババグループの大型テクノロジーイベント「2021杭州・雲栖(うんせい)大会」が19日、浙江省杭州市雲栖小鎮で開幕した。テーマは「先端・探索・想像力」で、22日まで開催される。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009366

  • 2021年10月20日
    (6)アリババの雲栖大会が開幕浙江省杭州市

    19日、展示された魚型ロボットを撮影する来場者。中国電子商取引(EC)大手、アリババグループの大型テクノロジーイベント「2021杭州・雲栖(うんせい)大会」が19日、浙江省杭州市雲栖小鎮で開幕した。テーマは「先端・探索・想像力」で、22日まで開催される。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009367

  • 2021年10月20日
    (7)アリババの雲栖大会が開幕浙江省杭州市

    19日、雲栖大会メインフォーラムの会場。中国電子商取引(EC)大手、アリババグループの大型テクノロジーイベント「2021杭州・雲栖(うんせい)大会」が19日、浙江省杭州市雲栖小鎮で開幕した。テーマは「先端・探索・想像力」で、22日まで開催される。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009368

  • 2021年10月20日
    (4)エクアドル、6~11歳へのシノバック製ワクチン接種開始

    18日、エクアドルの首都キトにある学校で、ワクチンの接種を受ける児童。エクアドルは18日、6~11歳を対象とした、中国製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。(キト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102008807

  • 2021年10月20日
    (2)エクアドル、6~11歳へのシノバック製ワクチン接種開始

    18日、エクアドルの首都キトにある学校で、ワクチンの接種を受ける児童。エクアドルは18日、6~11歳を対象とした、中国製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。(キト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102008837

  • 2021年10月20日
    (1)エクアドル、6~11歳へのシノバック製ワクチン接種開始

    18日、エクアドルの首都キトにある学校で、ワクチンの接種を受ける児童。エクアドルは18日、6~11歳を対象とした、中国製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。(キト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102008840

  • 2021年10月20日
    (1)アリババの雲栖大会が開幕浙江省杭州市

    19日、模擬飛行を体験する来場者。中国電子商取引(EC)大手、アリババグループの大型テクノロジーイベント「2021杭州・雲栖(うんせい)大会」が19日、浙江省杭州市雲栖小鎮で開幕した。テーマは「先端・探索・想像力」で、22日まで開催される。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009359

  • 2021年10月20日
    (1)広東省広州市、新型コロナワクチンのブースター接種開始

    18日、広州市番禺区健康管理センターの接種外来で接種者の情報を確認するスタッフ。中国広東省広州市でこのほど、新型コロナウイルスワクチンのブースター接種(追加接種)が始まった。不活化ワクチンの2回目接種または1回接種型のアデノウイルスベクターワクチンの接種を終えてから6カ月以上経過した18歳以上が対象となる。(広州=新華社記者/鄧華)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102011639

  • 2021年10月20日
    (2)中日両国の小学生、オンラインで「論語」学習の成果を交流

    13日、上海市奉賢区の思言小学校と岡山県岡山市の就実小学校がオンラインで開催した、「論語」学習の成果を発表する交流会の様子。中国上海市奉賢区の思言小学校と岡山県岡山市の就実小学校が13日、オンラインで「論語」の学習成果を発表し合う交流会を開催した。思言小学校の孫美紅(そん・びこう)校長は、2千年以上にわたり中国と日本をつないできた文化的絆「論語」を通じて、互いに理解し合い、友情を深めてほしいと期待を寄せた。(上海=新華社記者/呉宇)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102014977

  • 2021年10月20日
    (1)甘粛省蘭州市の二つの小区、新型コロナ中リスク地域に指定

    19日、閉鎖管理が実施された蘭州市城関区の雲祥小区に物資を運ぶスタッフ。中国甘粛省蘭州市城関区で19日、新型コロナウイルス核酸検査により新たに陽性者6人が確認された。区内の二つの小区(居住区)が中リスク地域に指定され、閉鎖管理が実施された。(蘭州=新華社記者/陳斌)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102006921

  • 2021年10月20日
    (3)エクアドル、6~11歳へのシノバック製ワクチン接種開始

    18日、エクアドルの首都キトにある学校で、ワクチンの接種を待つ児童と保護者。エクアドルは18日、6~11歳を対象とした、中国製薬大手の科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製新型コロナウイルスワクチンの接種を開始した。(キト=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102008841

  • 2021年10月20日
    (2)アリババの雲栖大会が開幕浙江省杭州市

    19日、中国の宇宙開発をテーマにした展示エリアを見学する来場者。中国電子商取引(EC)大手、アリババグループの大型テクノロジーイベント「2021杭州・雲栖(うんせい)大会」が19日、浙江省杭州市雲栖小鎮で開幕した。テーマは「先端・探索・想像力」で、22日まで開催される。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009361

  • 2021年10月20日
    (3)アリババの雲栖大会が開幕浙江省杭州市

    19日、スマート高速道路を再現したデモンストレーション模型を見学する来場者。中国電子商取引(EC)大手、アリババグループの大型テクノロジーイベント「2021杭州・雲栖(うんせい)大会」が19日、浙江省杭州市雲栖小鎮で開幕した。テーマは「先端・探索・想像力」で、22日まで開催される。(杭州=新華社記者/黄宗治)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102009362

  • 2021年10月20日
    (3)第4回中国輸入博、4700人超のボランティアが宣誓

    20日、宣誓式でパフォーマンスを披露するボランティアの代表。中国上海市で20日、第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)のボランティア4700人余りが宣誓を行った。うち約500人が輸入博の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)での宣誓式に出席し、4200人余りはオンラインで参加した。博覧会のボランティア募集を担当した上海市青年連合会によると、今回は同済大学や上海師範大学など40大学から4746人のボランティアを募集した。彼らは基礎研修や重点研修、職場実習を既に終えており、来月開催の輸入博で勤務する。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102107608

  • 2021年10月20日
    (4)第4回中国輸入博、4700人超のボランティアが宣誓

    20日、宣誓式で第4回輸入博ボランティア総隊旗を振るボランティア代表。中国上海市で20日、第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)のボランティア4700人余りが宣誓を行った。うち約500人が輸入博の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)での宣誓式に出席し、4200人余りはオンラインで参加した。博覧会のボランティア募集を担当した上海市青年連合会によると、今回は同済大学や上海師範大学など40大学から4746人のボランティアを募集した。彼らは基礎研修や重点研修、職場実習を既に終えており、来月開催の輸入博で勤務する。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102107609

  • 2021年10月20日
    (5)第4回中国輸入博、4700人超のボランティアが宣誓

    20日、宣誓式に出席した第4回輸入博ボランティアの代表。中国上海市で20日、第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)のボランティア4700人余りが宣誓を行った。うち約500人が輸入博の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)での宣誓式に出席し、4200人余りはオンラインで参加した。博覧会のボランティア募集を担当した上海市青年連合会によると、今回は同済大学や上海師範大学など40大学から4746人のボランティアを募集した。彼らは基礎研修や重点研修、職場実習を既に終えており、来月開催の輸入博で勤務する。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102107612

  • 2021年10月20日
    (1)第4回中国輸入博、4700人超のボランティアが宣誓

    20日、上海国家会展中心などに設けられた宣誓式会場で宣誓する第4回輸入博ボランティアの代表。中国上海市で20日、第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)のボランティア4700人余りが宣誓を行った。うち約500人が輸入博の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)での宣誓式に出席し、4200人余りはオンラインで参加した。博覧会のボランティア募集を担当した上海市青年連合会によると、今回は同済大学や上海師範大学など40大学から4746人のボランティアを募集した。彼らは基礎研修や重点研修、職場実習を既に終えており、来月開催の輸入博で勤務する。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102107626

  • 2021年10月20日
    (2)第4回中国輸入博、4700人超のボランティアが宣誓

    20日、上海国家会展中心などに設けられた宣誓式会場で宣誓する第4回輸入博ボランティアの代表。中国上海市で20日、第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)のボランティア4700人余りが宣誓を行った。うち約500人が輸入博の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)での宣誓式に出席し、4200人余りはオンラインで参加した。博覧会のボランティア募集を担当した上海市青年連合会によると、今回は同済大学や上海師範大学など40大学から4746人のボランティアを募集した。彼らは基礎研修や重点研修、職場実習を既に終えており、来月開催の輸入博で勤務する。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102107627

  • 2021年10月20日
    (6)第4回中国輸入博、4700人超のボランティアが宣誓

    20日、宣誓式に出席した第4回輸入博ボランティアの代表。中国上海市で20日、第4回中国国際輸入博覧会(輸入博)のボランティア4700人余りが宣誓を行った。うち約500人が輸入博の会場、上海国家会展中心(国家エキシビション・コンベンションセンター)での宣誓式に出席し、4200人余りはオンラインで参加した。博覧会のボランティア募集を担当した上海市青年連合会によると、今回は同済大学や上海師範大学など40大学から4746人のボランティアを募集した。彼らは基礎研修や重点研修、職場実習を既に終えており、来月開催の輸入博で勤務する。(上海=新華社記者/劉穎)= 配信日: 2021(令和3)年10月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021102107595

  • 2021年10月19日
    シーテックのサイト IT見本市シーテック開幕

    開幕した最新ITや家電の見本市「CEATEC(シーテック)2021オンライン」のサイト(画像の一部をモザイク加工しています)

    商品コード: 2021101909944

  • 2021年10月19日
    (7)中国と協力し、世界を「照らす」日本人科学者甘粛省

    学生と餃子を作る瀬戸孝俊氏。(9月21日撮影)瀬戸孝俊氏は2018年9月、蘭州大学の学生を教育し、より良質な発光材料を開発する夢を抱きながら、東京から中国西部の甘粛省に渡り、総合大学であり重点大学である蘭州大学物理科学・技術学院の教授職に就いた。瀬戸氏は今年63歳。これまで三菱化学など日本の有名企業で研究者として、LED照明やディスプレイ用発光材料などの新しい固体発光材料を発明し、世界のLED産業の発展に貢献してきた。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910527

  • 2021年10月19日
    (8)中国と協力し、世界を「照らす」日本人科学者甘粛省

    学生に実験について説明をする瀬戸孝俊氏。(9月29日撮影)瀬戸孝俊氏は2018年9月、蘭州大学の学生を教育し、より良質な発光材料を開発する夢を抱きながら、東京から中国西部の甘粛省に渡り、総合大学であり重点大学である蘭州大学物理科学・技術学院の教授職に就いた。瀬戸氏は今年63歳。これまで三菱化学など日本の有名企業で研究者として、LED照明やディスプレイ用発光材料などの新しい固体発光材料を発明し、世界のLED産業の発展に貢献してきた。(新華社記者/張文静)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910531

  • 2021年10月19日
    (3)スマート鉱山、スマホで地下の設備を遠隔操作陝西省

    12日、曹家灘スマート鉱山の坑道内で稼働する石炭運搬機。中国陝西省にある陝西陝煤楡北煤業傘下の曹家灘スマート鉱山では、坑道作業の責任者がスマートフォンを操作するだけで、地下坑道内の採炭機や油圧スタンド、運搬車など大型設備の制御ができるようになっている。同鉱山はスマート鉱山システムの構築を通じて、生産プロセスのスマート化を実現し、採掘効率を高め、運用コストを削減している。(楡林=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911416

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:52.06
    2021年10月19日
    「新華社」中国と「協力」し、世界を「照らす」日本人科学者甘粛省

    瀬戸孝俊氏は2018年9月、蘭州大学の学生を教育し、より良質な発光材料を開発する夢を抱きながら、東京から中国西部の甘粛省に渡り、総合大学であり重点大学である蘭州大学物理科学・技術学院の教授職に就いた。瀬戸氏は今年63歳。これまで三菱化学など日本の有名企業で研究者として、LED照明やディスプレイ用発光材料などの新しい固体発光材料を発明し、世界のLED産業の発展に貢献してきた。瀬戸氏の友人、同学院の王育華(おう・いくか)教授が瀬戸氏に定年退職後中国で仕事をすることを勧めたところ、同氏は快く快諾した。2018年9月、瀬戸氏はハイエンド外国人専門家として同大学に招聘され、現在は蘭州大学の大学院生の育成に力を注ぎながら、材料開発に励んでいる。瀬戸氏と王教授は、同省の省都蘭州市から100キロほど離れた場所に小さな実験所を見つけ、発光材料の製造工程の調整を行っている。発光材料の一部を使って植物育成ライトを製作し、トマトなどの作物の光合成を促すことで、その成長速度を向上させてきた。王教授は、瀬戸氏は学生の育成と科学研究に全精力と時間を費やしていると感じている。両氏が中心となって進めてきた研究がこのほど、3年の歳月を経てついに「花開いた」。開発した新型発光材料を使うことで、トマトの生産量を30%高めることができたという。両氏は現在、この成果をできるだけ早く産業化に結び付けるため、積極的に取り組んでいる。瀬戸氏は「協力・ウィンウィン」が自分の最大の願いだと述べ、「今後日中両国の研究者がさらに協力し、良質で実用的な発光材料を開発できるよう望んでいる」と期待感を示した。(記者/張文静、郭剛、龔哲) =配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910512

  • 2021年10月19日
    (1)中国と協力し、世界を「照らす」日本人科学者甘粛省

    学生の実験を指導する瀬戸孝俊氏(右奥)と王育華氏(奥中央)。(9月29日撮影)瀬戸孝俊氏は2018年9月、蘭州大学の学生を教育し、より良質な発光材料を開発する夢を抱きながら、東京から中国西部の甘粛省に渡り、総合大学であり重点大学である蘭州大学物理科学・技術学院の教授職に就いた。瀬戸氏は今年63歳。これまで三菱化学など日本の有名企業で研究者として、LED照明やディスプレイ用発光材料などの新しい固体発光材料を発明し、世界のLED産業の発展に貢献してきた。(蘭州=新華社記者/張文静)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910516

  • 2021年10月19日
    (3)中国と協力し、世界を「照らす」日本人科学者甘粛省

    プロジェクトチームのメンバーと実験の進捗状況を確認する瀬戸孝俊氏(後列左から2人目)。(9月29日撮影)瀬戸孝俊氏は2018年9月、蘭州大学の学生を教育し、より良質な発光材料を開発する夢を抱きながら、東京から中国西部の甘粛省に渡り、総合大学であり重点大学である蘭州大学物理科学・技術学院の教授職に就いた。瀬戸氏は今年63歳。これまで三菱化学など日本の有名企業で研究者として、LED照明やディスプレイ用発光材料などの新しい固体発光材料を発明し、世界のLED産業の発展に貢献してきた。(蘭州=新華社記者/張文静)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910518

  • 2021年10月19日
    (6)スマート鉱山、スマホで地下の設備を遠隔操作陝西省

    12日、曹家灘スマート鉱山の地下坑道内にある中央ポンプ室で、地上にいるスタッフとテレビ通話する作業員。中国陝西省にある陝西陝煤楡北煤業傘下の曹家灘スマート鉱山では、坑道作業の責任者がスマートフォンを操作するだけで、地下坑道内の採炭機や油圧スタンド、運搬車など大型設備の制御ができるようになっている。同鉱山はスマート鉱山システムの構築を通じて、生産プロセスのスマート化を実現し、採掘効率を高め、運用コストを削減している。(楡林=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911412

  • 2021年10月19日
    (2)スマート鉱山、スマホで地下の設備を遠隔操作陝西省

    12日、曹家灘スマート鉱山の坑道内で、石炭を自動で切断する採炭機。中国陝西省にある陝西陝煤楡北煤業傘下の曹家灘スマート鉱山では、坑道作業の責任者がスマートフォンを操作するだけで、地下坑道内の採炭機や油圧スタンド、運搬車など大型設備の制御ができるようになっている。同鉱山はスマート鉱山システムの構築を通じて、生産プロセスのスマート化を実現し、採掘効率を高め、運用コストを削減している。(楡林=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911415

  • 2021年10月19日
    (7)さまざまな補装具が登場、北京市で中国国際福祉博覧会開催

    16日、中国国際福祉博覧会で展示された、上肢リハビリ訓練システム。中国北京市で15~17日、中国障害者連合会が主催する2021中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会が開催され、関連企業200社余りが出展した。同連合会の担当者は、「中国は第13次5カ年規画(2016~20年)の期間中、的を絞ったリハビリサービスなどの活動を通じて、累計1252万5千人の障害者に補助具のサービスを提供した。2020年には、障害者への基本的な補装具の分配率は80%を超えた。2025年までに必要とする障害者への補装具提供サービスの分配率は85%以上になる見通しだ」と紹介した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911527

  • 2021年10月19日
    (8)さまざまな補装具が登場、北京市で中国国際福祉博覧会開催

    16日、中国国際福祉博覧会で、来場者に新しいタイプの車いすを紹介するスタッフ。中国北京市で15~17日、中国障害者連合会が主催する2021中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会が開催され、関連企業200社余りが出展した。同連合会の担当者は、「中国は第13次5カ年規画(2016~20年)の期間中、的を絞ったリハビリサービスなどの活動を通じて、累計1252万5千人の障害者に補助具のサービスを提供した。2020年には、障害者への基本的な補装具の分配率は80%を超えた。2025年までに必要とする障害者への補装具提供サービスの分配率は85%以上になる見通しだ」と紹介した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911529

  • 2021年10月19日
    (6)さまざまな補装具が登場、北京市で中国国際福祉博覧会開催

    16日、中国国際福祉博覧会で、モノのインターネット(IoT)を活用した高齢者リハビリテーションシステムを体験する来場者。中国北京市で15~17日、中国障害者連合会が主催する2021中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会が開催され、関連企業200社余りが出展した。同連合会の担当者は、「中国は第13次5カ年規画(2016~20年)の期間中、的を絞ったリハビリサービスなどの活動を通じて、累計1252万5千人の障害者に補助具のサービスを提供した。2020年には、障害者への基本的な補装具の分配率は80%を超えた。2025年までに必要とする障害者への補装具提供サービスの分配率は85%以上になる見通しだ」と紹介した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911509

  • 2021年10月19日
    (5)天津港のスマート・ゼロカーボンターミナルが供用開始

    17日、天津港北疆港区Cエリアのスマートコンテナターミナルを走行するスマート水平輸送ロボット。中国の天津港で17日、北疆港区Cエリアのスマートコンテナターミナルが、1年9カ月の建設期間を経て供用を開始した。世界初のスマート・ゼロカーボンターミナルとなる。同ターミナルは、世界最大級のコンテナ船の積み降ろし作業に対応できる20万トン級コンテナターミナルで、設計上の貨物取扱量は年間250万TEU(20フィートコンテナ換算)となっている。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911377

  • 2021年10月19日
    (1)AI技術で祁連山脈のユキヒョウ追跡の効率が飛躍的に向上

    赤外線カメラが捉えたユキヒョウ。(資料写真)ユキヒョウをはじめとする野生動物の観察・保護活動に人工知能(AI)による画像認識技術を導入することで、同活動に従事する人々の作業効率が大幅に向上している。今年、複数の慈善団体や自然保護財団が共同で「ユキヒョウ保護プロジェクト」を立ち上げた。プロジェクトチームは祁連山脈一帯を試行地区として、ユキヒョウとその生息地のスマート識別・監視データ管理プラットフォームを開発した。このプラットフォームは、カメラに写っている種や風景のみの映像などをAIで識別し、データ処理の効率を向上させ、専門家による種のモニタリング支援につなげる。またデータの入力・処理・分析プロセスが系統的に最適化されているため、パトロール要員のデータ処理にかかる作業負荷が軽減される。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911591

  • 2021年10月19日
    (3)AI技術で祁連山脈のユキヒョウ追跡の効率が飛躍的に向上

    赤外線カメラの動作をチェックする野生動物保護スタッフ。(資料写真)ユキヒョウをはじめとする野生動物の観察・保護活動に人工知能(AI)による画像認識技術を導入することで、同活動に従事する人々の作業効率が大幅に向上している。今年、複数の慈善団体や自然保護財団が共同で「ユキヒョウ保護プロジェクト」を立ち上げた。プロジェクトチームは祁連山脈一帯を試行地区として、ユキヒョウとその生息地のスマート識別・監視データ管理プラットフォームを開発した。このプラットフォームは、カメラに写っている種や風景のみの映像などをAIで識別し、データ処理の効率を向上させ、専門家による種のモニタリング支援につなげる。またデータの入力・処理・分析プロセスが系統的に最適化されているため、パトロール要員のデータ処理にかかる作業負荷が軽減される。(蘭州=新華社記者/王博)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911606

  • 2021年10月19日
    (1)スマート鉱山、スマホで地下の設備を遠隔操作陝西省

    12日、曹家灘スマート鉱山の坑道内で、スマホを操作して生産設備を制御する総合採掘第2チーム電気機械担当の蔡進(さい・しん)副隊長。中国陝西省にある陝西陝煤楡北煤業傘下の曹家灘スマート鉱山では、坑道作業の責任者がスマートフォンを操作するだけで、地下坑道内の採炭機や油圧スタンド、運搬車など大型設備の制御ができるようになっている。同鉱山はスマート鉱山システムの構築を通じて、生産プロセスのスマート化を実現し、採掘効率を高め、運用コストを削減している。(楡林=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911409

  • 2021年10月19日
    (5)スマート鉱山、スマホで地下の設備を遠隔操作陝西省

    12日、曹家灘スマート鉱山の地下坑道内にある中央ポンプ室を巡回点検するスマート巡回ロボット。中国陝西省にある陝西陝煤楡北煤業傘下の曹家灘スマート鉱山では、坑道作業の責任者がスマートフォンを操作するだけで、地下坑道内の採炭機や油圧スタンド、運搬車など大型設備の制御ができるようになっている。同鉱山はスマート鉱山システムの構築を通じて、生産プロセスのスマート化を実現し、採掘効率を高め、運用コストを削減している。(楡林=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911413

  • 2021年10月19日
    (4)さまざまな補装具が登場、北京市で中国国際福祉博覧会開催

    16日、中国国際福祉博覧会で、福祉車両に試乗する、身体の不自由な子ども。中国北京市で15~17日、中国障害者連合会が主催する2021中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会が開催され、関連企業200社余りが出展した。同連合会の担当者は、「中国は第13次5カ年規画(2016~20年)の期間中、的を絞ったリハビリサービスなどの活動を通じて、累計1252万5千人の障害者に補助具のサービスを提供した。2020年には、障害者への基本的な補装具の分配率は80%を超えた。2025年までに必要とする障害者への補装具提供サービスの分配率は85%以上になる見通しだ」と紹介した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911507

  • 2021年10月19日
    (1)国産超大口径シールドマシンが完成江蘇省常熟市

    12日、完成した国産超大口径シールドマシン「聚力1号」。中国江蘇省常熟市の中交天和機械設備製造で12日、国産の超大口径シールドマシン「聚力1号」がラインオフした。最大掘削径は約16メートル、全長165メートル、重量約4300トンで、同省で建設中の江陰靖江長江トンネル工事に使用される。カッターヘッドに描かれた国家1級保護野生動物のスナメリは、トンネル施工者が長江の生態保護へ十分に配慮していることを表している。(常熟=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910145

  • 2021年10月19日
    (3)国産超大口径シールドマシンが完成江蘇省常熟市

    12日、中交天和機械設備製造の組立工場で行われたシールドマシン「聚力1号」のラインオフ記念式典。中国江蘇省常熟市の中交天和機械設備製造で12日、国産の超大口径シールドマシン「聚力1号」がラインオフした。最大掘削径は約16メートル、全長165メートル、重量約4300トンで、同省で建設中の江陰靖江長江トンネル工事に使用される。カッターヘッドに描かれた国家1級保護野生動物のスナメリは、トンネル施工者が長江の生態保護へ十分に配慮していることを表している。(常熟=新華社記者/陳席元)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910151

  • 2021年10月19日
    (2)中国と協力し、世界を「照らす」日本人科学者甘粛省

    事務室で学生に実験について説明をする瀬戸孝俊氏。(9月29日撮影)瀬戸孝俊氏は2018年9月、蘭州大学の学生を教育し、より良質な発光材料を開発する夢を抱きながら、東京から中国西部の甘粛省に渡り、総合大学であり重点大学である蘭州大学物理科学・技術学院の教授職に就いた。瀬戸氏は今年63歳。これまで三菱化学など日本の有名企業で研究者として、LED照明やディスプレイ用発光材料などの新しい固体発光材料を発明し、世界のLED産業の発展に貢献してきた。(蘭州=新華社記者/張文静)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910517

  • 2021年10月19日
    (5)中国と協力し、世界を「照らす」日本人科学者甘粛省

    学生と餃子を作る瀬戸孝俊氏。(9月21日撮影)瀬戸孝俊氏は2018年9月、蘭州大学の学生を教育し、より良質な発光材料を開発する夢を抱きながら、東京から中国西部の甘粛省に渡り、総合大学であり重点大学である蘭州大学物理科学・技術学院の教授職に就いた。瀬戸氏は今年63歳。これまで三菱化学など日本の有名企業で研究者として、LED照明やディスプレイ用発光材料などの新しい固体発光材料を発明し、世界のLED産業の発展に貢献してきた。(蘭州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910523

  • 2021年10月19日
    (2)国産超大口径シールドマシンが完成江蘇省常熟市

    12日、完成した国産超大口径シールドマシン「聚力1号」。中国江蘇省常熟市の中交天和機械設備製造で12日、国産の超大口径シールドマシン「聚力1号」がラインオフした。最大掘削径は約16メートル、全長165メートル、重量約4300トンで、同省で建設中の江陰靖江長江トンネル工事に使用される。カッターヘッドに描かれた国家1級保護野生動物のスナメリは、トンネル施工者が長江の生態保護へ十分に配慮していることを表している。(常熟=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910149

  • 2021年10月19日
    (4)スマート鉱山、スマホで地下の設備を遠隔操作陝西省

    12日、曹家灘スマート鉱山を巡回点検するスマート巡回ロボット。中国陝西省にある陝西陝煤楡北煤業傘下の曹家灘スマート鉱山では、坑道作業の責任者がスマートフォンを操作するだけで、地下坑道内の採炭機や油圧スタンド、運搬車など大型設備の制御ができるようになっている。同鉱山はスマート鉱山システムの構築を通じて、生産プロセスのスマート化を実現し、採掘効率を高め、運用コストを削減している。(楡林=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911410

  • 2021年10月19日
    (7)天津港のスマート・ゼロカーボンターミナルが供用開始

    17日、天津港北疆港区Cエリアのスマートコンテナターミナルを走行するスマート水平輸送ロボット。中国の天津港で17日、北疆港区Cエリアのスマートコンテナターミナルが、1年9カ月の建設期間を経て供用を開始した。世界初のスマート・ゼロカーボンターミナルとなる。同ターミナルは、世界最大級のコンテナ船の積み降ろし作業に対応できる20万トン級コンテナターミナルで、設計上の貨物取扱量は年間250万TEU(20フィートコンテナ換算)となっている。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911371

  • 2021年10月19日
    (3)さまざまな補装具が登場、北京市で中国国際福祉博覧会開催

    16日、中国国際福祉博覧会で、福祉車両を体験する身体の不自由な高齢者。中国北京市で15~17日、中国障害者連合会が主催する2021中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会が開催され、関連企業200社余りが出展した。同連合会の担当者は、「中国は第13次5カ年規画(2016~20年)の期間中、的を絞ったリハビリサービスなどの活動を通じて、累計1252万5千人の障害者に補助具のサービスを提供した。2020年には、障害者への基本的な補装具の分配率は80%を超えた。2025年までに必要とする障害者への補装具提供サービスの分配率は85%以上になる見通しだ」と紹介した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911500

  • 2021年10月19日
    (5)さまざまな補装具が登場、北京市で中国国際福祉博覧会開催

    16日、中国国際福祉博覧会で、電動階段昇降機を使って身体の不自由な人の階段昇降をサポートする実演を行うスタッフ。中国北京市で15~17日、中国障害者連合会が主催する2021中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会が開催され、関連企業200社余りが出展した。同連合会の担当者は、「中国は第13次5カ年規画(2016~20年)の期間中、的を絞ったリハビリサービスなどの活動を通じて、累計1252万5千人の障害者に補助具のサービスを提供した。2020年には、障害者への基本的な補装具の分配率は80%を超えた。2025年までに必要とする障害者への補装具提供サービスの分配率は85%以上になる見通しだ」と紹介した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911524

  • 2021年10月19日
    (9)さまざまな補装具が登場、北京市で中国国際福祉博覧会開催

    16日、中国国際福祉博覧会で、寝たきりや身体の不自由な人向けに設計された入浴関連製品を展示するスタッフ。中国北京市で15~17日、中国障害者連合会が主催する2021中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会が開催され、関連企業200社余りが出展した。同連合会の担当者は、「中国は第13次5カ年規画(2016~20年)の期間中、的を絞ったリハビリサービスなどの活動を通じて、累計1252万5千人の障害者に補助具のサービスを提供した。2020年には、障害者への基本的な補装具の分配率は80%を超えた。2025年までに必要とする障害者への補装具提供サービスの分配率は85%以上になる見通しだ」と紹介した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911525

  • 2021年10月19日
    (4)中国と協力し、世界を「照らす」日本人科学者甘粛省

    実験室で、プロジェクトチームのメンバーに実験について説明する瀬戸孝俊氏。(9月29日撮影)瀬戸孝俊氏は2018年9月、蘭州大学の学生を教育し、より良質な発光材料を開発する夢を抱きながら、東京から中国西部の甘粛省に渡り、総合大学であり重点大学である蘭州大学物理科学・技術学院の教授職に就いた。瀬戸氏は今年63歳。これまで三菱化学など日本の有名企業で研究者として、LED照明やディスプレイ用発光材料などの新しい固体発光材料を発明し、世界のLED産業の発展に貢献してきた。(蘭州=新華社記者/張文静)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910521

  • 2021年10月19日
    (6)中国と協力し、世界を「照らす」日本人科学者甘粛省

    実験室で学生に実験の状況を説明する瀬戸孝俊氏(奥中央)と王育華氏(右奥)。(9月29日に撮影)瀬戸孝俊氏は2018年9月、蘭州大学の学生を教育し、より良質な発光材料を開発する夢を抱きながら、東京から中国西部の甘粛省に渡り、総合大学であり重点大学である蘭州大学物理科学・技術学院の教授職に就いた。瀬戸氏は今年63歳。これまで三菱化学など日本の有名企業で研究者として、LED照明やディスプレイ用発光材料などの新しい固体発光材料を発明し、世界のLED産業の発展に貢献してきた。(新華社記者/張文静)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101910528

  • 2021年10月19日
    (8)天津港のスマート・ゼロカーボンターミナルが供用開始

    17日、天津港北疆港区Cエリアのスマートコンテナターミナルを走行するスマート水平輸送ロボット。中国の天津港で17日、北疆港区Cエリアのスマートコンテナターミナルが、1年9カ月の建設期間を経て供用を開始した。世界初のスマート・ゼロカーボンターミナルとなる。同ターミナルは、世界最大級のコンテナ船の積み降ろし作業に対応できる20万トン級コンテナターミナルで、設計上の貨物取扱量は年間250万TEU(20フィートコンテナ換算)となっている。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911372

  • 2021年10月19日
    (7)スマート鉱山、スマホで地下の設備を遠隔操作陝西省

    12日、曹家灘スマート鉱山の夜景。中国陝西省にある陝西陝煤楡北煤業傘下の曹家灘スマート鉱山では、坑道作業の責任者がスマートフォンを操作するだけで、地下坑道内の採炭機や油圧スタンド、運搬車など大型設備の制御ができるようになっている。同鉱山はスマート鉱山システムの構築を通じて、生産プロセスのスマート化を実現し、採掘効率を高め、運用コストを削減している。(楡林=新華社記者/邵瑞)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911417

  • 2021年10月19日
    (1)さまざまな補装具が登場、北京市で中国国際福祉博覧会開催

    16日、中国国際福祉博覧会で、スマート・バイオニックハンド(筋電義手)を展示する、障害のあるスタッフ。中国北京市で15~17日、中国障害者連合会が主催する2021中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会が開催され、関連企業200社余りが出展した。同連合会の担当者は、「中国は第13次5カ年規画(2016~20年)の期間中、的を絞ったリハビリサービスなどの活動を通じて、累計1252万5千人の障害者に補助具のサービスを提供した。2020年には、障害者への基本的な補装具の分配率は80%を超えた。2025年までに必要とする障害者への補装具提供サービスの分配率は85%以上になる見通しだ」と紹介した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911515

  • 2021年10月19日
    (2)さまざまな補装具が登場、北京市で中国国際福祉博覧会開催

    16日、中国国際福祉博覧会で、義肢製品を展示する、障害のあるスタッフ。中国北京市で15~17日、中国障害者連合会が主催する2021中国国際福祉博覧会と中国国際リハビリテーション博覧会が開催され、関連企業200社余りが出展した。同連合会の担当者は、「中国は第13次5カ年規画(2016~20年)の期間中、的を絞ったリハビリサービスなどの活動を通じて、累計1252万5千人の障害者に補助具のサービスを提供した。2020年には、障害者への基本的な補装具の分配率は80%を超えた。2025年までに必要とする障害者への補装具提供サービスの分配率は85%以上になる見通しだ」と紹介した。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101911521

  • 2021年10月18日
    街路樹の潮風被害を検証

    住友林業の実証実験イメージ

    商品コード: 2021101808899

  • 2021年10月18日
    街路樹の潮風被害を検証

    住友林業の実証実験イメージ

    商品コード: 2021101808898

  • 2021年10月18日
    碧南火力発電所 アンモニア混燃実験を公開

    JERAがアンモニアを燃料に混ぜて発電する実験を行う碧南火力発電所=18日午後、愛知県碧南市

    商品コード: 2021101808822

  • 2021年10月18日
    マイクロニードル 腕にシート、自ら抗体検査

    「マイクロニードル」を映す画面を見る金範埈教授=7日、東京都目黒区の東大生産技術研究所

    商品コード: 2021101806001

  • 2021年10月18日
    金範埈教授 腕にシート、自ら抗体検査

    東大生産技術研究所の金範埈教授

    商品コード: 2021101806006

  • 2021年10月18日
    北京航空航天大、アジア太平洋宇宙協力機構の小型学生衛星を打ち上げ

    打ち上げ前に衛星をロケットに搭載するスタッフ。中国の北京航空航天大学は、アジア太平洋宇宙協力機構の「小型学生衛星-1(APSCO-SSS-1)」を14日午後6時51分(日本時間同7時51分)に山西省の太原衛星発射センターから運搬ロケット「長征2号丁遥53」を使って打ち上げたと発表した。(太原=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101808318

  • 01:12.81
    2021年10月18日
    「新華社」第8回中国国際著作権博覧会が開幕

    第8回中国国際著作権博覧会が16日午前、浙江省杭州市にある白馬湖国際コンベンションセンターで開幕した。中国の優れた著作権作品を重点的に展示しており、中国の近年の著作権産業の発展成果を十分に示すもの。今回の博覧会は国家版権局が主催し、浙江省版権局と杭州市人民政府が運営する。国内展示エリア、国際展示エリア、著作権産業展示エリア、浙江展示エリアなどが設けられ、図書AV(音声画像)、映画テレビ音楽、アニメゲーム、コンピューターソフト、工芸美術などの優秀な著作権作品を重点的に展示している。300余りの著作権関連の団体、機関、企業が出展しており、18日に終了する。開幕式の席上、世界知的所有権機関(WIPO)と中国国家版権局は「中国著作権金賞2020」の表彰式を共同で開催した。今回の博覧会ではさらに著作権保護で映画産業の発展を促進するフォーラム、著作権で民営経済の発展を後押しするフォーラム、著作権で文化娯楽産業の質の高い発展を護衛するフォーラム、第2回中国国際著作権集団管理サミットフォーラム、ショートビデオ著作権保護・革新シンポジウムなど10余りのイベントが開催される予定。(記者/馮源) =配信日: 2021(令和3)年10月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101809200

  • 2021年10月17日
    帰還したロ俳優と監督ら ロ俳優、宇宙から帰還

    17日、宇宙からカザフスタンに着陸したロシアの俳優ペレシルドさん(前列左端)と映画監督シペンコさん(同右端)ら(タス=共同)

    商品コード: 2021101710305

  • 2021年10月17日
    藤井三冠、オンライン対局 藤井三冠、世界普及に一役

    「国際将棋フェスティバル2021」で、アマ大会で優勝した台湾代表の高校生、張京鼎さん(右の画面内)とオンラインで対局する藤井聡太三冠=17日午後、東京都内

    商品コード: 2021101710228

  • 2021年10月17日
    (2)中日医学交流サミットフォーラムおよび中日臓器提供・移植学術交流会、北京で開催

    15日、中日医学交流サミットフォーラムおよび第2回中日臓器提供・移植学術交流会の開幕式の司会を務めた中日友好医院の周軍(しゅう・ぐん)院長。第2回中日臓器提供・移植学術交流会が15日、中日友好医院で開かれた。今回のフォーラムは「中日医学交流サミットフォーラム」のサブフォーラムの一つで、中日友好医院、京都大学医学部、順天堂大学など6機関が主催し、中国臓器移植発展基金会が共催した。出席者はオンラインとオフラインを組み合わせた形で臓器移植の現状と未来について議論を深めた。(北京=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101700517

  • 2021年10月17日
    (3)上海天文館で初の企画展、未来の火星生活を体験上海市

    15日、展示された宇宙服のそばを通る来場者。中国上海市の上海天文館(上海科技館分館)で15日、同館初の企画展「ライフ・オン・マーズ(火星生活)」が開幕した。「未来の火星生活」を主軸に、衣食住や交通などをはじめとする未来の火星生活を疑似体験できる内容となっている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101709741

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:55.33
    2021年10月17日
    「新華社」新疆ウルムチ市で初のスマート太陽光発電システムが稼働

    中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市で13日、スマート太陽光発電システム「ひまわり」は調整が終わり、発電を開始した。同システムは、ひまわりの太陽光を追う「屈光性」から発想を得て設計され、太陽の位置や光の入射角、季節ごとの日照時間に応じてパネルの向きや角度、導光板の開閉状態をリアルタイムで自律調整することで、太陽光エネルギーの最大限利用を実現した。平均日照時間を9時間とすると、「ひまわり」1基で年間約9855キロワット時の発電が可能となる。(記者/周生斌) =配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101807841

  • 2021年10月17日
    (7)北京市延慶区で冬季五輪に向けた無人機技能コンテスト開催

    15日、無人機技能コンテストの開幕式で披露された小型無人機(ドローン)編隊のパフォーマンス。中国北京市延慶区にある万科石京竜スキー場で15日、同区人力資源・社会保障局が主催する北京冬季五輪に向けた無人機技能コンテストが行われ、選手150人が腕を競った。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101804026

  • 2021年10月17日
    (1)北京市延慶区で冬季五輪に向けた無人機技能コンテスト開催

    15日、無人機技能コンテストの「冬季五輪緊急支援」種目で砂袋を乗せた小型無人機(ドローン)を操縦する選手。中国北京市延慶区にある万科石京竜スキー場で15日、同区人力資源・社会保障局が主催する北京冬季五輪に向けた無人機技能コンテストが行われ、選手150人が腕を競った。(北京=新華社記者/才揚)= 配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101803969

  • 2021年10月17日
    中国と中央アジア、北斗システム協力を強化

    中国・中央アジア北斗協力フォーラムで展示された「北斗」の関連製品。中国甘粛省蘭州市で15日、中国・中央アジア北斗協力フォーラムが開かれた。中国と中央アジア諸国の衛星ナビゲーション分野の業界関係者が、衛星ナビゲーションシステム「北斗」の成果をめぐり、会場とオンラインを組み合わせた方式で交流と協力の展望を話し合い、ウィンウィン協力の機会を模索した。(蘭州=新華社記者/范培珅)= 配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101808175

  • 2021年10月17日
    (8)上海天文館で初の企画展、未来の火星生活を体験上海市

    15日、「火星農場」で火星環境を想定した野菜栽培用の温室を見学する子ども。中国上海市の上海天文館(上海科技館分館)で15日、同館初の企画展「ライフ・オン・マーズ(火星生活)」が開幕した。「未来の火星生活」を主軸に、衣食住や交通などをはじめとする未来の火星生活を疑似体験できる内容となっている。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101709715

  • 2021年10月17日
    (5)中日医学交流サミットフォーラムおよび中日臓器提供・移植学術交流会、北京で開催

    15日、中日医学交流サミットフォーラムおよび第2回中日臓器提供・移植学術交流会の開幕式の会場。第2回中日臓器提供・移植学術交流会が15日、中日友好医院で開かれた。今回のフォーラムは「中日医学交流サミットフォーラム」のサブフォーラムの一つで、中日友好医院、京都大学医学部、順天堂大学など6機関が主催し、中国臓器移植発展基金会が共催した。出席者はオンラインとオフラインを組み合わせた形で臓器移植の現状と未来について議論を深めた。(北京=新華社記者/常博深)= 配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101700527

  • 01:40.82
    2021年10月17日
    「新華社」中国と中央アジア、北斗システム協力を強化

    中国甘粛省蘭州市で15日、中国・中央アジア北斗協力フォーラムが開かれた。中国と中央アジア諸国の衛星ナビゲーション分野の業界関係者が、衛星ナビゲーションシステム「北斗」の成果をめぐり、会場とオンラインを組み合わせた方式で交流と協力の展望を話し合い、ウィンウィン協力の機会を模索した。中国では昨年7月、北斗3号衛星ナビシステムが完成し、世界に星測位システムサービスを提供する新時代を迎えた。中国衛星測位システム管理弁公室の冉承其(ぜん・しょうき)主任によると、北斗システムはサービス開始から1年、安定した運用を続け、性能も着実に向上している。既に世界の半数以上の国・地域が交通運輸や公共安全、農林畜水産、水文観測、気象予報、災害救助・減災などの分野で幅広く利用しており、顕著な経済的、社会的効果を上げているという。冉氏は、中国が2019年に初めて開いた中国・中央アジア北斗協力フォーラムでまかれた協力の種が、この2年で中国と中央アジア諸国との衛星ナビゲーション協力を着実に推進し、大きな成果を収めたと指摘。ウズベキスタンのタシケント情報技術大学が北京航空航天大学、中国衛星測位システム管理弁公室テスト評価センターとそれぞれ結んだ協力協定が、中国とウズベキスタンのナビ技術教育と研究分野の協力を深化させたほか、タジキスタンでも北斗の技術に基づくダム変形観測システムを用いた検査が、サレズ湖ダムの安全観測のために重要な科学参考データを提供したと紹介した。上海協力機構(SCO)善隣友好協力委員会の崔麗(さい・れい)副主席は、ますます多くの国が北斗衛星ナビの応用システムの利便性と効率性を認め、北斗国際協力を重視し、積極的に推進するようになったと指摘。北斗システムは現在、異なる国、異なる業種の個別のニーズに基づくカスタマイズされたサービスを提供できるようになっていると説明した。冉氏は「来年は中国と中央アジア諸国の国交樹立30周年にあたる。北斗システムは今後も『中国の北斗、世界の北斗、一流の北斗』の発展理念に従い、一流の指標、一流のサービスを堅持して中央アジアなど世界中のユーザーのニーズに応えていく」と述べた。(記者/張文静、張智敏、文静、范培珅) =配信日: 2021(令和3)年10月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2021101808169

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...