KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ドローン
  • 小型無人機
  • 風景メイン
  • 新型肺炎
  • システム
  • 中国湖北省
  • 湖北省武漢
  • 生態環境
  • ソーラー
  • 建設現場

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
1,925
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
1,925
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで飛行中の「DJIFPV」。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年03月02日
    ドローン大手DJI、没入型の飛行体験楽しめる新型機発表

    2日、深圳で開かれたイベントで「DJIFPV」の操縦を体験する来場者。中国の小型無人機(ドローン)大手、大疆創新科技(DJI)は2日、FPV(一人称視点)対応の新型機「DJIFPV」を発表した。専用ゴーグルを使って撮影中の映像をリアルタイムで楽しめ、片手でも操作できる。従来の空撮用ドローンと異なる視点と操作性で、追尾撮影や高速移動など複雑な動きにも対応する。フライトモードは3段階に分かれ、初心者からプロまで熟練度に応じた操作も可能。1/2・3インチセンサーと最大150度までの広視野角レンズを搭載し、没入感の高い操縦体験を提供する。(深圳=新華社配信)=配信日:2021(令和3)年3月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)サンクトペテルブルグ行き「中欧班列」第1便、成都を出発

    21日、成都市の国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した同市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。(小型無人機から)中国四川省成都市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便が21日、同市青白江区にある国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した。この列車には、中国の総合化学メーカー、中国化学工程集団傘下の中国化学工程第七建設が手掛ける「一帯一路」大型プロジェクト、「バルチック・ガス・ケミカル・コンプレックス(GCC)」プロジェクトの建設関連物資が積み込まれている。同プロジェクトは契約額が約1千億元(1元=約16円)に上る、石油化学分野で単独の契約額が世界最大のプロジェクトになる。列車が13日後に到着すると、サンクトペテルブルクは成都発国際貨物列車が開拓した59番目の輸送先となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)機械化進む春の耕作浙江省湖州市

    19日、湖州市呉興区東林鎮保永村の麦畑の上空を飛行する尚年軍(しょう・ねんぐん)さんの農薬散布機。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の東林鎮ではここ数年、先進的な農業技術を導入し、農業生産運営の集約化、機械化、標準化、情報化をおおむね実現した。また、より多くの先端的でスマート化された農業技術の普及を推進し、食糧生産の機械化と近代化のレベルを高めている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)機械化進む春の耕作浙江省湖州市

    19日、湖州市呉興区東林鎮保永村の麦畑の上空を飛行する尚年軍(しょう・ねんぐん)さんの農薬散布機。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の東林鎮ではここ数年、先進的な農業技術を導入し、農業生産運営の集約化、機械化、標準化、情報化をおおむね実現した。また、より多くの先端的でスマート化された農業技術の普及を推進し、食糧生産の機械化と近代化のレベルを高めている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    水素エネルギーフィールド 産業再生へ正念場

    福島県浪江町の福島水素エネルギー研究フィールド=1月(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1月

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月17日
    水素エネルギーフィールド 産業再生へ正念場

    福島県浪江町の福島水素エネルギー研究フィールド=1月(共同通信社ヘリから)

    撮影: 1月

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.90
    2021年02月14日
    ドローン空撮 福島・宮城で震度6強 二本松市のサーキット場

    13日午後11時7分ごろ、福島県の中通りと浜通り、宮城県南部で震度6強の地震があった。共同通信の集計では、宮城、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、神奈川の9県で152人が負傷した。 気象庁によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは約55キロ。地震の規模はマグニチュード(M)7・3と推定され、北海道から中国地方の広い範囲で揺れを観測した。その後も震度4や震度3などの地震が続いた。10年前の東日本大震災の余震とみられ、今後1週間は震度6強程度の地震に注意が必要としている。東北沖を震源とする最大震度6強の地震は、2011年4月以来。福島県二本松市のサーキット場「エビスサーキット」ではコース脇の崖が大きく崩れた。 <映像内容>地震でコース脇の崖が崩れた福島県二本松市のサーキット場を共同通信ヘリと小型無人機ドローンで撮影した映像、撮影日:2021(令和3)年2月14日、撮影場所:福島県二本松市

    撮影: 2021(令和3)年2月14日

  • 01:18.84
    2021年02月12日
    空撮と地上撮影 ワクチン第1便、日本着 搬送トラックと貨物ビル内

    新型コロナウイルス感染症ワクチンの第1便を載せた航空機が、ベルギーのブリュッセルから成田空港へ12日に到着したことが関係者への取材で分かった。<映像内容>新型コロナウイルス感染症ワクチンを載せ、ベルギーのブリュッセルから成田空港に到着した航空機の地上撮影。空撮 到着した全日空の航空機、撮影日:2021(令和3)年2月12日、撮影場所:千葉県成田市

    撮影: 2021(令和3)年2月12日

  • 2021年02月11日
    (7)北京冬季五輪の競技エリア彩るイルミネーション

    5日、空から見た竜慶峡氷灯祭り会場。(小型無人機から)北京冬季五輪の競技エリアがある中国北京市延慶区にこのほど、総面積20万平方メートルのイルミネーションがお目見えし、春節(旧正月)間近の街を華やかに彩った。同区の竜慶峡で1987年から開催されている人気のイベント「氷灯祭り」は今年、新型コロナウイルス対策としてオンラインでの事前予約制を導入。1日の入場者数を最大9100人に制限することで、観光客の安全と健康を守っている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年2月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (3)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (4)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (1)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、空から見たラサ市の交通網。左から国道109号線、青海・チベット鉄道、高規格自動車道路、農村道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/晋美多吉)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (2)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/孫非)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (5)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月05日
    (6)チベット自治区で交通網の整備進む

    1月28日、ラサ市とナクチュ(那曲)市を結ぶ高規格自動車道路。(小型無人機から)中国チベット自治区では昨年末時点で、自動車道の開通区間が11万7千キロに達し、第12次5カ年計画(2011~15年)の末に比べ50%伸びた。高規格自動車道路の開通距離は688キロで、同18倍となった。(ラサ=新華社記者/普布扎西)= 配信日: 2021(令和3)年2月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月01日
    (3)春節の特別輸送「春運」始まる車両点検など強化

    1月28日、鄭州東動車所の車庫で保守、点検を待つ動車組(動力分散式列車)。(小型無人機から)中国では、春節(旧正月)の帰省やUターンのための特別輸送態勢「春運」が1月28日から正式にスタートした。河南省の鄭州動車段(動力分散式列車の点検・整備を行う車両基地)は輸送資源を合理的に配置し、動車組車両内の消毒と空調フィルターの清掃に力を入れている。またスマートロボットによる保守、点検で作業効率を高め、乗客により安全な鉄道の旅を確保している。(鄭州=新華社記者/郝源)= 配信日: 2021(令和3)年2月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (4)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (14)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機(左)。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (13)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (1)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて採用した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (9)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    27日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (16)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、福建省福清市にある中国核工業集団福清原子力発電所。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (11)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月30日
    (12)中国国産原子炉「華竜1号」初の原発が商業運転開始

    30日、「華竜1号」原子炉を設置した福清原子力発電所5号機(手前)。(小型無人機から)中国核工業集団は30日、中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」を初めて設置した同集団の福清原発(福建省)5号機が商業運転を開始したと発表した。(福州=新華社記者/林善伝)= 配信日: 2021(令和3)年1月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月29日
    (4)中国初の水素燃料ハイブリット機関車、山西省でラインオフ

    27日、中国が独自に開発した初の水素燃料ハイブリッド機関車。(小型無人機から)中国が独自に開発した初の水素燃料ハイブリッド機関車が27日、山西省大同市の中車大同電力機関車でラインオフした。今回完成した水素燃料電池とリチウム電池を組み合わせて電源とするハイブリッド機関車は、設計時速80キロ、連続出力は700キロワット。水素を満載して単独で24時間半連続運行することができ、平坦な道での最大牽引重量は5千トンを超える。(大同=新華社記者/曹陽)= 配信日: 2021(令和3)年1月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月25日
    (1)物流企業、コロナ対策で荷物を消毒河北省石家荘市

    23日、アリババグループ傘下の物流企業「菜鳥網絡(CainiaoNetwork)」の石家荘物流センターで荷物を消毒する従業員。(小型無人機から)中国河北省石家荘市の宅配・物流企業は現在、新型コロナウイルス対策に積極的に取り組み、消毒作業を強化している。事業所や荷物、配送車両を定期的に消毒することで、従業員と顧客の安全を守っている。(石家荘=新華社記者/牟宇)= 配信日: 2021(令和3)年1月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 2021年01月23日
    太陽光発電所 相馬市メガソーラー・資料

    福島県相馬市磯部地区の大規模太陽光発電所「レナトス相馬ソーラーパーク」=2021年1月(小型無人機から)

    撮影: 2021年1月

  • 2021年01月23日
    (4)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (5)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン極地館。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (1)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン氷雪大世界。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (2)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止した太陽島国際雪像芸術博覧会。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月23日
    (3)黒竜江省ハルビン市、氷雪観光スポットが一般公開中止

    22日、公開を一時中止したハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市では新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、氷雪大世界や太陽島国際雪像芸術博覧会、ハルビン大劇院、ハルビン極地館などの観光スポットが一般公開を一時中止している。(ハルビン=新華社記者/謝剣飛)= 配信日: 2021(令和3)年1月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (2)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンターの一角。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (13)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (11)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (8)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (3)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:04.34
    2021年01月22日
    「新華社」内モンゴル自治区で野生動物のサーモグラフィー画像を初めて空撮

    中国東北林業大学の研究チームはこのほど、内モンゴル自治区の大興安嶺森林区で初めて赤外線サーモグラフィーシステムを搭載した小型無人機(ドローン)を使い、野生動物の群れを撮影した。同大学の翟鵬輝(てき・ほうき)博士は取材に対し、今回撮影したのはシカ科の動物数十匹と明らかにした。同自治区大興安嶺汗馬国家級自然保護区はここ数年、東北林業大学、北京大学など国内の大学や研究機関と協力し、大学院生、院士(アカデミー会員)のワークステーション、国家長期科学研究拠点を設立。保護区内では毎年、科学研究チームが研究や技術指導を行っている。同大学の姜広順(きょう・こうじゅん)教授が指導する研究チームは、保護区内の野生動物が頻繁に出没する地域で遠赤外線サーモグラフィーシステムを搭載したドローンを飛ばし、機器の低温耐性をテストしながら野生動物を探した。しばらくして、シカ科の動物数十匹が現れ、サーモグラフィーに白く写った。翟博士は「こうした大きな群れは、従来の固定式赤外線カメラでは観測が難しい。この森林区で初めて、サーモグラフィー技術を活用し空中から大規模な野生動物の動きを捉えた」と話した。自然保護区管理局の担当者、許家忠(きょ・かちゅう)氏によると、森林区には野生動物の移動と個体数の変化を観察するための赤外線カメラ約千台を設置しており、維持・管理コストの負担が大きくなっていた。ドローンを使った遠赤外線サーモグラフィーシステムや、可視光と非可視光を組み合わせて画像を撮影するハイパースペクトルイメージング(HSI)、レーザーレーダーなど新技術の活用で、作業効率の大幅な向上が期待できるという。許氏はまた、今後も保護区内の重要な野生動物に衛星測位システムで位置を追跡できる首輪を取り付け、移動経路や習性、活動量などのデータ収集を続けることで、適切な管理措置の策定と、より良い生態保護につなげると述べ、国内の研究機関と協力を深め、森林区の科学研究教育拠点としての役割を存分に発揮させるとの意向を示した。(記者/趙沢輝) =配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (5)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (4)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (14)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (10)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家アルペンスキーセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (12)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (1)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。(小型無人機から)中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (5)天津港、自動化ターミナルの建設が大きく進展

    17日、全工程自動化改修を終えた天津港コンテナターミナル。(小型無人機から)中国天津港で進められてきた、従来型コンテナターミナルの全工程自動化改修プロジェクトが17日に全面的に完成し、運用を開始した。同プロジェクトはモノのインターネット(IoT)や人工知能(AI)、第5世代移動通信システム(5G)、クラウドコンピューティングなど、さまざまな技術を採用し、無人自動化コンテナトランスファークレーン、自動運転電動コンテナトラック、無人スマート解錠ステーション、無人コンテナガントリークレーンの大規模実用化を実現した。(天津=新華社記者/趙子碩)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (9)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月22日
    (7)北京2022年冬季五輪延慶競技エリアを空中散歩

    19日、延慶競技エリアにある国家スライディングセンター。(小型無人機から)北京2022年冬季五輪・パラリンピックでアルペンスキーとそり競技が行われる延慶競技エリアは、「山林の中の会場、生態環境に配慮した冬季五輪」をデザイン理念としている。同エリアでは、国家アルペンスキーセンターと国家スライディングセンターの2カ所の競技施設がその魅力を放ち始めており、中国の「山水文化」と冬季五輪文化を結びつける晴らしい担い手となることが期待されている。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(令和3)年1月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(令和3)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月14日
    (1)高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のプロトタイプ公開設計時速620キロ

    13日、高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプおよび試験線。(小型無人機から)中国が独自に開発・設計・製造した、世界初の高温超電導高速磁気浮上式鉄道車両のエンジニアリングプロトタイプと実験線が13日、四川省成都市で公開された。高温超電導高速磁気浮上のエンジニアリング研究が初めて実際の車両を伴う形に進展したことを示している。このプロトタイプは全炭素繊維による軽量化車体、空気抵抗が少ない頭部形状、大荷重の高温超電導磁気浮上技術などの新技術、新工法が採用されている。設計時速は620キロで、大気環境下の陸上交通として最高速度記録を樹立する見通し。将来は減圧・真空チューブ(トンネル)技術と結び付け、軌道交通に将来性ある革命的変化をもたらすことが期待されている。(成都=新華社記者/劉坤)= 配信日: 2021(令和3)年1月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (2)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    4日、「華竜1号」のモデル事業、福清原子力発電所の5号機と6号機。(小型無人機から)中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (4)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    4日、福清原子力発電所の全景。(小型無人機から)中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (12)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。(2020年12月28日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (11)大慶油田1205掘削隊、昨年は10万メートル超の油井を掘削

    プラットフォームで作業する大慶油田1205掘削隊の作業員。(2020年12月28日撮影、小型無人機から)中国黒竜江省の大慶油田で活動する1205掘削隊が2020年1年間に掘削した油井の深度は10万メートルを超えた。年間掘削深度10万メートル超えはこれで4年連続、累計では314万メートルに上っている。(大慶=新華社記者/王松)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月13日
    (3)国産原子炉「華竜1号」設置の福清原発6号機、コールド試験に成功

    4日、「華竜1号」のモデル事業、福清原子力発電所の5号機と6号機。(小型無人機から)中国が独自開発した第3世代原子炉「華竜1号」のモデル事業となる、中国核工業集団福清原子力発電所の6号機が11日、コールド機能試験を完了した。(福州=新華社配信)= 配信日: 2021(令和3)年1月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月10日
    岩手県山田町の防潮堤 ドローンで見る震災10年

    東日本大震災発生から間もなく10年となる岩手県山田町にそびえる海抜9・7㍍の直立型防潮堤。震災前より約3㍍高く造られ、真新しい住宅や商店が立ち並ぶ町を守っている=2020年12月

    撮影: 2020年12月

  • 2020年12月30日
    (1)中国の生体医学イメージング施設、本体屋上部分が完成

    26日、生体医学イメージング施設の建設現場。(小型無人機から)中国の北京大学によると、同大学が法人として北京市のサイエンスシティー「北京懐柔科学城」に建設を進めてきた「マルチモード・トランススケール生体医学イメージング施設」の本体屋上部分が26日、完成した。同施設の総投資額は17億元(1元=約16円)以上、新たに建設される面積は7万2千平方メートルで、工期は5年となっている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月30日
    (3)中国の生体医学イメージング施設、本体屋上部分が完成

    26日、生体医学イメージング施設の建設現場。(小型無人機から)中国の北京大学によると、同大学が法人として北京市のサイエンスシティー「北京懐柔科学城」に建設を進めてきた「マルチモード・トランススケール生体医学イメージング施設」の本体屋上部分が26日、完成した。同施設の総投資額は17億元(1元=約16円)以上、新たに建設される面積は7万2千平方メートルで、工期は5年となっている。(北京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (5)新型車両「復興号」、営業運行に初投入江蘇省

    24日、南京南駅を出発した、新型車両「CR300BF型復興号」の連雲港行き高速鉄道列車C3887。(小型無人機から)動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300BF型復興号」による高速鉄道列車C3887が24日、中国江蘇省南京市の南京南駅から同省連雲港市に向け出発した。中国が完全な独自知的財産権を所有する新型「復興号」が、全国で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300BF型復興号」は、中国の動車組「復興号」シリーズの新型車両で、設計時速は250キロ。ソフト、ハード全てが中国で設計、製造、選定された。今後、同型車両の動車組27編成が、南京と深圳、漢口、贛州(かんしゅう)、威海などの都市を結ぶ路線に導入される予定で、次第に全国的に広く導入されていくことになっている。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月25日
    (1)新型車両「復興号」、営業運行に初投入江蘇省

    24日、南京南駅を出発する、新型車両「CR300BF型復興号」の連雲港行き高速鉄道列車C3887。(小型無人機から)動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300BF型復興号」による高速鉄道列車C3887が24日、中国江蘇省南京市の南京南駅から同省連雲港市に向け出発した。中国が完全な独自知的財産権を所有する新型「復興号」が、全国で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300BF型復興号」は、中国の動車組「復興号」シリーズの新型車両で、設計時速は250キロ。ソフト、ハード全てが中国で設計、製造、選定された。今後、同型車両の動車組27編成が、南京と深圳、漢口、贛州(かんしゅう)、威海などの都市を結ぶ路線に導入される予定で、次第に全国的に広く導入されていくことになっている。(南京=新華社配信)= 配信日: 2020(令和2)年12月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:40.44
    2020年12月21日
    「新華社」ドローンが空中にアニメ、上演時間でギネス記録達成天津市

    中国天津市の天津大学でこのほど、ドローン(小型無人機)600機がオランダ後期印象派の画家ゴッホの生涯を描いたアニメーションを夜空に浮かび上がらせた。ショーは午前2時から26分19秒続き、ドローンによる最長のアニメ上演としてギネス世界記録を達成した。ドローンは市内に拠点を置く一飛智控(天津)科技が開発した。(記者/宋瑞) =配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    (5)ラオス初の高速道路が開通中国との共同出資

    20日、空から見たビエンチャン-バンビエン高速道路。(小型無人機から)中国の建設大手、雲南省建設投資控股集団(雲南建投)とラオス政府の共同出資・建設によるラオス初の高速道路、中国ラオス高速道路のうち、首都ビエンチャンからビエンチャン県バンビエンまでの区間(ビエンチャン-バンビエン高速道路)が20日、開通した。開通式はビエンチャンと雲南省昆明市の両方で、オンライン形式で同時開催された。高速道路は全長約111キロ、上下線合わせて4車線、設計時速は80~100キロで、2018年12月30日に着工した。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月21日
    (11)ラオス初の高速道路が開通中国との共同出資

    20日、空から見たビエンチャン-バンビエン高速道路。(小型無人機から)中国の建設大手、雲南省建設投資控股集団(雲南建投)とラオス政府の共同出資・建設によるラオス初の高速道路、中国ラオス高速道路のうち、首都ビエンチャンからビエンチャン県バンビエンまでの区間(ビエンチャン-バンビエン高速道路)が20日、開通した。開通式はビエンチャンと雲南省昆明市の両方で、オンライン形式で同時開催された。高速道路は全長約111キロ、上下線合わせて4車線、設計時速は80~100キロで、2018年12月30日に着工した。(ビエンチャン=新華社配信/KaikeoSaiyasane)= 配信日: 2020(令和2)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    Mount Kalimanjaro

    19 December 2020, Saxony-Anhalt, Wolmirstedt: The tailings pile of the Zielitz potash mine can be seen from great distances in clear air and cool weather. The K+S company will expand its tailings pile by 200 hectares over the next few years. Permission for this has now been granted by the State Office for Geology and Mining (LAGB). This will secure the production of fertilizers and salt in Zielitz until 2054. The tailings pile is also called Kalimandscharo.(Photo taken with a drone.) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    Mount Kalimanjaro

    19 December 2020, Saxony-Anhalt, Wolmirstedt: The tailings pile of the Zielitz potash mine can be seen from great distances in clear air and cool weather. The K+S company will expand its tailings pile by 200 hectares over the next few years. Permission for this has now been granted by the State Office for Geology and Mining (LAGB). This will secure the production of fertilizers and salt in Zielitz until 2054. The tailings pile is also called Kalimandscharo.(Photo taken with a drone.) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月19日
    Mount Kalimanjaro

    19 December 2020, Saxony-Anhalt, Wolmirstedt: The tailings pile of the Zielitz potash mine can be seen from great distances in clear air and cool weather. The K+S company will expand its tailings pile by 200 hectares over the next few years. Permission for this has now been granted by the State Office for Geology and Mining (LAGB). This will secure the production of fertilizers and salt in Zielitz until 2054. The tailings pile is also called Kalimandscharo.(Photo taken with a drone.) Photo: Stephan Schulz/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    ソフトバンクと双葉電子工業が共同開発したプロトタイプのドローン

    ソフトバンクと双葉電子工業は17日、産業向けの飛行ロボット(ドローン)を共同開発すると発表した。すでにプロトタイプ機(写真)は製作済み。国家安全保障の観点から政府機関などが中国製ドローンを排除する流れを追い風に鉄道や電力、通信、橋梁インフラ、鉄鋼プラントなどの点検需要を狙い、拡販する。空撮画像送信や高精度の位置制御、人工知能(AI)を活用した画像分析、強風下でも安定飛行する技術などで両社の強みを生かす。実サービスは2021年秋ごろになる予定で、それまでプロトタイプ機や改良機で実証実験を続ける。料金もそれまでに詰める。プロトタイプ機は4個のプロペラを持ち、全長・全幅は72センチメートル、可搬重量4キログラムで、風速15メートル以上の強風下でも安定姿勢で飛行、ホバリングができる。「強風下でも安定飛行できるため現場にとどまって、ぶれない画像が撮れるため、インフラ点検に有利」(双葉電子工業)とみている。実サービスでは第5世代通信(5G)やAIの解析技術も使う予定だ。政府機関をはじめ、インフラ系企業への拡販には国産である強みを活用する。プラント点検では位置情報提供なども必要となるため、カスタマイズで差別化する。=2020(令和2)年12月17日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2020年12月17日
    (3)上海市、5Gで都市管理を精密化高層ビルも点検可能に

    9日、上海市虹口区にあるマンション「景泰大楼」の外壁点検で、小型無人機からリアルタイムで送られた赤外線画像を確認する作業員。画像の色の違いから壁面の乾燥度合いを確認できる。中国上海市は、5G(第5世代移動通信システム)ネットワークなど新型インフラの構築が加速する中、新技術導入によるスマートで精密化された都市管理を模索している。(上海=新華社記者/陳愛平)= 配信日: 2020(令和2)年12月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:19.71
    2020年12月14日
    ドローン空撮と地上撮 辺野古で土砂投入2年を迎える 政府着々、沖縄「憤り」

    米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、政府が辺野古沿岸部で土砂投入を始めて14日で2年を迎えた。着々と進める政府に、県側は「憤りしかない」(玉城(たまき)デニー知事周辺)と訴える。ただ、政府との法廷闘争では敗訴が続き、移設工事阻止につながるかどうかは見通せない。<映像内容>埋め立て工事が進む辺野古沿岸部のドローン映像。反対派の海上行動の様子、撮影日:2020(令和2)年12月14日、撮影場所:沖縄県名護市

    撮影: 2020(令和2)年12月14日

  • 01:23.38
    2020年12月13日
    空撮と地上撮 沖縄・辺野古移設 土砂投入開始2年

    沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、政府が沿岸部で土砂投入を開始して14日で2年を迎える。県側は着々と埋め立てを進める政府に憤るが、政府との法廷闘争では敗訴が続く。<映像内容>土砂投入工事、同様の工事を小型無人機(ドローン)で空撮、撮影日:2020(令和2)年12月13日、撮影場所:沖縄県宜野湾市

    撮影: 2020(令和2)年12月13日

  • 2020年12月07日
    EV充電ネットワーク建設で低炭素交通を促進江蘇省蘇州市

    7日、建設中の蘇州市蓮花パーキングの充電スタンド。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市はここ数年、環境配慮型発展と低炭素・省エネ社会の理念を積極的に提唱し、電気自動車(EV)充電施設の建設に注力してきた。11月末時点で、同市の新エネルギー車(NEV)および充電施設のモニタリング・プラットフォームと結ばれている充電設備業者は23社を数える。充電スタンド(スポット)は964基、交流・直流充電ポールは7675台に上り、居住区やショッピングセンター、高速道路のサービスエリアなどを全面的にカバーする公共充電ネットワークを形成している。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年12月7日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月03日
    中国、「北斗」システムを送電網の着氷監視サービスに応用

    3日、小型無人機と連携して着氷区間の監視・巡回検査を行う電気工事士。中国送配電大手の南方電網は今年の冬から来年春にかけて、みぞれが降るなどして凍結が多発する寒冷地で、着氷監視端末の通信と測位に初めて中国の衛星測位システム「北斗」を利用することにした。山奥での監視端末の断線や信号伝送の遮断など、これまであった問題を効果的に回避し、より科学的で秩序ある着氷防止措置を講じ、氷点下における送電網運用の安全性と安定性を確保していく。(貴陽=新華社配信)=2020(令和2)年12月3日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:26.18
    2020年12月01日
    空撮と地上撮 おかえり、五輪マーク

    東京五輪・パラリンピックの来夏への延期に伴い、東京・お台場海浜公園(港区)内の水上から一時的に撤去されていた五輪マークのモニュメントが1日、安全点検とメンテナンスを終えて再びお目見えした。来年8月の五輪終了まで展示され、夜間は毎日ライトアップされる予定。 大会延期が決まった後の8月、制作された横浜市内の工場へいったん戻され、一部を解体して各パーツの劣化状況やライトアップ用の配電機器の確認などを進めていた。<映像内容>地上で撮影したモニュメントの運送や設置、作業員や報道陣の様子、東京都オリンピック・パラリンピック準備局計画推進部の柳清水篤史担当課長の囲み取材。 五輪モニュメントの設置の様子の空撮、撮影日:2020(令和2)年12月1日、撮影場所:東京都港区

    撮影: 2020(令和2)年12月1日

  • 2020年12月01日
    高齢者施設を改修、医療・介護連携で質の高いサービス提供江蘇省

    1日、上空から見た斜塘街道の地域高齢者サービスセンター(白い建物)。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市にある斜塘街道(区の下に置かれる行政単位)の地域高齢者サービスセンターがこのほど、2年余りの改修工事を終え、再びお年寄りを迎え入れた。質の高い高齢者サービスのニーズに応えるため、同街道は2018年7月、既存高齢者施設のリニューアル事業を開始。医療と介護を連携させ、機能を完備した専門的な高齢者施設を建設するとともに、専門機関による管理・運営を導入した。(南京=新華社記者/季春鵬)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年12月01日
    イノベーション促進でドローン産業の発展を後押し天津市

    1日、天津市浜海新区にあるドローン(小型無人機)の研究開発に携わる天津雲聖智能科技で撮影した産業用ドローン「虎鯨(シャチ)」。中国天津市の浜海新区は近年、地元企業のイノベーションを促進することで、ドローン産業の発展を積極的に後押ししている。同区はドローンの研究開発、製造、テストを一体化した産業チェーンを構築した。(天津=新華社配信/趙子碩)=2020(令和2)年12月1日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月29日
    ロケット打ち上げの空撮 H2A打ち上げ成功

    「データ中継衛星1号機」や「光データ中継衛星」などを搭載し、打ち上げられるH2Aロケット43号機=29日午後4時25分、鹿児島県の種子島宇宙センター(共同通信社ヘリから)

    撮影: 29日午後4時25分、鹿児島県の種子島宇宙センター

  • 2020年11月29日
    H2Aロケットの空撮 H2A打ち上げ成功

    「データ中継衛星1号機」や「光データ中継衛星」などを搭載し、打ち上げられるH2Aロケット43号機=29日午後4時25分、鹿児島県の種子島宇宙センター(共同通信社ヘリから)

    撮影: 29日午後4時25分、鹿児島県の種子島宇宙センター

  • 2020年11月28日
    敦賀原発とふげん 敦賀原発とふげん・資料

    日本原子力発電敦賀原発の(手前から)1号機、2号機。奥は日本原子力研究開発機構の新型転換炉ふげん=2020年10月20日、福井県敦賀市(共同通信社ヘリから)

  • 00:49.30
    2020年11月27日
    「新華社」荒れ山が太陽光発電所に変身河北省唐山市

    中国河北省唐山市豊潤区劉家営郷にある山の斜面には、ソーラーパネルが太陽に向いてぎっしり連なり、独特の景色を見せている。同区はここ数年、荒れた山の斜面を活用して、太陽光発電産業の発展を推進してきた。2016年には投資総額2億元(1元=約16円)、面積千ムー(約67ヘクタール)の太陽光発電プロジェクトが完成し、グリッド接続を開始した。同発電所の設備容量は2万キロワットで、年間2800万キロワット時のクリーン電力を提供でき、年間売上高は2400万元余りになっている。(記者/曹国廠)<映像内容>河北省唐山市の山の斜面に並ぶソーラーパネル、管理する様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月24日
    実証飛行する水上飛行機 琵琶湖に水上飛行機

    滋賀県・琵琶湖の上空を実証飛行する水上飛行機=24日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午前

  • 2020年11月24日
    琵琶湖上の水上飛行機 琵琶湖に水上飛行機

    滋賀県・琵琶湖の上空を実証飛行する水上飛行機=24日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午前

  • 2020年11月20日
    学校授業で竜舞と獅子舞の稽古湖南省湘潭市

    20日、竜舞と獅子舞の稽古をする湘潭医衛職業技術学院の学生ら。(小型無人機から)中国湖南省にある湘潭医衛職業技術学院はここ数年、竜舞と獅子舞を普及させるため、体育の授業に導入する取り組みを行っている。また、同学院で考案された「竜獅徒手体操」は周辺の大学や高校、中学校でも採用され、学生らに体を鍛えながら中国の伝統文化に触れる機会を提供している。(湘潭=新華社記者/陳思汗)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月20日
    モンゴルから寄贈の羊1万匹、武漢に到着医療従事者らに分配

    20日、モンゴルから寄贈された羊を各分配先に輸送するトラックの出発式の様子。(小型無人機から)モンゴルは2月に新型コロナウイルス感染症と闘う中国への支援物資として羊3万匹を寄贈すると表明。先月13日までに3万匹は全て入国手続きが完了し、第1陣となる1万1267匹が既に武漢に到着していた。寄贈された羊は、湖北省内の新型コロナ感染症指定治療病院の最前線で働く医療従事者や全国から同省へ支援に入った医療チーム、同省で新型コロナの予防・抑制業務中に亡くなった医療関係者の遺族に分配された。(武漢=新華社記者/熊琦)=2020(令和2)年11月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.23
    2020年11月19日
    空撮と地上撮 新型護衛艦「くまの」進水 コンパクト化で効率運用

    海上自衛隊が導入する新型護衛艦「FFM」の初めての命名・進水式が19日、岡山県玉野市の三井E&S造船玉野艦船工場で開かれ「くまの」と名付けられた。FFMは、船体をコンパクト化し従来型より少ない隊員で運用できることや、掃海艇だけが持っていた機雷除去の能力を備えているのが特徴。建造費も抑えた。2022年3月に就役する予定。 海自によると、くまのは全長133メートル、基準排水量3900トンで、乗組員約90人。レーダーで捉えにくくするため、外観の凹凸を少なくした。海自が保有する護衛艦で多数を占める「むらさめ」型、「たかなみ」型より船体はやや小さく、乗組員は半分程度となった。<映像内容>命名・進水式を控えた海上自衛隊の新型護衛艦「くまの」の空撮。新型護衛艦「くまの」が進水する様子、撮影日:2020(令和2)年11月19日、撮影場所:岡山県玉野市

    撮影: 2020(令和2)年11月19日

  • 00:53.44
    2020年11月18日
    「新華社」青海省で「黄河の美」を探る

    中国の黄河流域を西から東へ横断し、沿線の自然や風土、経済発展状況を紹介する「2020黄河の美を探る」は、国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」中国キャンペーンの一環として、中国水利部黄河水利委員会と国家住宅・居住環境工程技術研究センター、中国持続可能発展研究会、清華大学戦略新興産業研究センター、新華社経済参考新聞社が共同で主催する。青海省の三江源地区から出発し、四川省、甘粛省、寧夏回族自治区、内モンゴル自治区、陝西省、山西省、河南省を経て山東省の黄河河口までの7500キロ余りを走破する。黄河流域の生態系保護と質の高い発展を支援し、黄河を人々に幸福をもたらす川になるよう後押しする。青海省は青海チベット高原の北東部に位置し、黄河の源流域がある。同省を流れる黄河の長さは2千キロ近くに及び、全体の3分の1強を占める。うちアムネマチン山から積石山までの千キロ余りの区間は、延々と続く高山峡谷の中を奔流する。壮麗な峡谷と塬(げん)と呼ばれる雨水や河川に周囲を削られた台状の高地が同省の美しい自然景観を形成している。<映像内容>黄河流域周辺の風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、複合ビル、南京金陵中環の工事現場でタワークレーンに取り付けられたスマート安全監視システム。(小型無人機から)中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月17日
    建設現場にスマート技術を応用江蘇省南京市

    17日、複合ビル、南京金陵中環の工事現場の様子。(小型無人機から)中国の建設大手、中建三局第一建設工程が請け負った江蘇省南京市の複合ビル、南京金陵中環の建設現場でこのほど、「スマート建設現場」アプリケーションシステムの運用が始まった。同システムは、プロジェクトの進行をデジタルで管理するプラットフォームや顔認証システム、人員位置情報システム、環境モニタリングシステムなどのスマート管理技術を含む。コンピューティング技術とモノのインターネット(IoT)アプリケーションを組み合わせ、データ収集技術、無線ネットワーク技術、ビデオ監視などで、工事の安全性確保と管理効率化を図る。(南京=新華社記者/李博)=2020(令和2)年11月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:14.84
    2020年11月16日
    「新華社」留学生が企業団地で経済発展の成果を見学河北省滄州市

    中国河北省滄州市で、さまざまな国から来た30人以上の留学生が、滄州職業技術学院が企画した中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデーに参加し、中国の経済発展の成果を見学した。案内スタッフの説明を聞いた留学生たちは、飛行機を見て歓声を上げ、体験飛行への期待に胸を高鳴らせた。2018年2月設立の中国・中東欧(滄州)中小企業団地は、河北省のハイテク産業発展を図る戦略的プロジェクトになっている。<映像内容>中国・中東欧(滄州)中小企業団地のオープンデー、参加する留学生の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    成都の夏季ユニバ競技場、米オートデスクの国際アワード受賞

    14日、上空から見た成都鳳凰山スポーツパーク。(小型無人機から)中国四川省成都市で来年8月に開催される第31回ユニバーシアード夏季競技大会の競技会場「成都鳳凰山スポーツパーク」が建築設計用ツールなどの開発を手掛ける米オートデスクが主催する「AECエクセレンス・アワード」の大型プロジェクト部門で優勝したことが19日、施工を請け負う中国建築第八工程局への取材で分かった。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月14日
    成都の夏季ユニバ競技場、米オートデスクの国際アワード受賞

    14日、上空から見た成都鳳凰山スポーツパーク。(小型無人機から)中国四川省成都市で来年8月に開催される第31回ユニバーシアード夏季競技大会の競技会場「成都鳳凰山スポーツパーク」が建築設計用ツールなどの開発を手掛ける米オートデスクが主催する「AECエクセレンス・アワード」の大型プロジェクト部門で優勝したことが19日、施工を請け負う中国建築第八工程局への取材で分かった。(成都=新華社配信)=2020(令和2)年11月14日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:46.90
    2020年11月13日
    「新華社」海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(記者/林善伝)<映像内容>湄洲湾の送電線の点検をする様子、撮影日:2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアを訪ねて

    13日、中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアにあるハルビン大劇院。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市にある中国(黒竜江)自由貿易試験区ハルビンエリアは設立以来、次世代情報技術、新素材、ハイエンド装備、バイオ医薬などの戦略的新興産業を重点的に発展させ、科学技術、金融、文化観光などの現代サービス産業と寒冷地の氷雪経済を秩序立てて推進し、ロシアと北東アジアとの全面的な協力の高地を担い、国内を結び、ユーラシアをカバーする国家物流ハブを建設、東北地域の全面的な振興と全方位的な振興を目指す成長極とモデル区を構築してきた。同エリアの2020年1~9月の新設企業数は前年同期比36%増の4276社、1日当たり新設企業数は15社で、市場主体数が大幅に増加した。(ハルビン=新華社配信/張濤)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰの18号塔と19号塔(右)の間で点検を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰの電線の上で点検を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年11月13日
    海上100メートルの送電線点検福建省湄洲湾

    13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰの電線の上で点検を行う作業員。(小型無人機から)中国福建省湄洲(びしゅう)湾の海上で13日、500キロボルト送電線「雲莆」Ⅰ、Ⅱの点検が始まった。今回の総合点検では小型無人機(ドローン)や紫外線カメラなどを使い、巡回点検の効率性向上と作業リスクの低減を実現した。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年11月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...