KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ウイルス研究所
  • デトロイト
  • 中国武漢
  • 中国科学院
  • 人類窮地
  • 国立感染症研究所
  • 市中感染
  • 新型コロナウイルス
  • 監視強化
  • 脇田所長

写真・映像

絞り込み
  • 30日以内
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
848
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
848
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月20日
    自動運転車 MS、GMの自動運転出資

    米GM本社に展示された自動運転車=2019年、米デトロイト(共同)

    撮影: 2019年、米デトロイト

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    会見する脇田所長ら 市中感染か、監視強化へ

    静岡で見つかった新型コロナウイルス変異種について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長(右)ら=18日、厚労省

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    武漢のウイルス研究所 国家のエゴ、人類窮地に影

    中国科学院武漢ウイルス研究所=14日、中国・武漢(共同)

    撮影: 14日、中国・武漢

  • 2021年01月19日
    (1)人工衛星スマート生産ライン、試運転開始湖北省武漢市

    人工衛星スマート生産ライン内部の様子。(資料写真)中国航天科工集団第二研究院傘下の航天科工空間工程発展は15日、湖北省武漢市に建設していた人工衛星を量産するスマート生産ラインがこのほど完成し、試運転を開始したと明らかにした。この生産ラインは年間240機以上の小型衛星を生産できる。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (13)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、完成した製品を運ぶロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (9)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、完成した製品を運ぶロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、ロボットが完成させた製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を製造するロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)マカオ大学で創立40周年の記念活動

    17日、マカオ大学のスマートシティIoT(モノのインターネット)国家重点実験室展覧館を見学するマカオの青年。中国マカオ特別行政区のマカオ大学は17日、創立40周年の記念活動のオープニングセレモニーを開いた。特別行政区政府関係者や駐マカオ中央政府機関代表、教育界関係者、教職員、学生らが図書館広場でセレモニーに参加し、40周年の喜びを分かち合った。同日は創立記念のオープンキャンパスも開催された。(マカオ=新華社記者/張金加)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:17.65
    2021年01月19日
    「新華社」5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(記者/宋為偉) =配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (12)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県にある5Gスマート衛生陶器工場の5G自動化倉庫エリア。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、完成した製品を運ぶロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (8)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省長沙市の橘子洲風景区を走る水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進み、川岸に上陸する水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)人工衛星スマート生産ライン、試運転開始湖北省武漢市

    人工衛星スマート生産ライン内部の様子。(資料写真)中国航天科工集団第二研究院傘下の航天科工空間工程発展は15日、湖北省武漢市に建設していた人工衛星を量産するスマート生産ラインがこのほど完成し、試運転を開始したと明らかにした。この生産ラインは年間240機以上の小型衛星を生産できる。(武漢=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (6)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を製造するロボット。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (10)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県にある5Gスマート衛生陶器工場の5Gクラウド製造モニタリングセンター。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (4)米国の新型コロナ感染者、2400万人超に

    18日、ニューヨークの墓地。後方に同市の人気観光スポット、マンハッタンスカイラインが見える。米ジョンズ・ホプキンス大学が18日に発表した新型コロナウイルス感染症に関する最新データによると、米国の感染者は累計で2400万人を超えた。米国東部標準時(EST)18日午後2時21分(日本時間19日午前4時21分)の時点で、同国の累計感染者数は2401万8793人、死亡者数は39万8307人となった。(ニューヨーク=新華社配信/マイケル・ネーグル)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (3)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (5)長沙市の観光スポットに水陸両用車が登場

    15日、湖南省を流れる湘江の長沙区間を進む水陸両用車。(小型無人機から)中国湖南省長沙市の観光スポット、橘子洲(きっししゅう)にこのほど、水陸両用車が登場し、大勢の観光客を楽しませた。車と船両方の特徴を持つ水陸両用車船は、水上、陸上共に走行が可能だという。(長沙=新華社記者/薛宇舸)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (2)テスラ、中国製「モデルY」の納車開始

    18日、上海世博テスラセンターに展示された「モデルY」。米電気自動車(EV)大手のテスラは18日、中国で生産した「モデルY」の納車を正式に開始した。2020年1月7日に始まった中国製モデルYプロジェクトはわずか1年で販売・納車段階に入った。(上海=新華社記者/丁汀)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (1)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)5Gを活用したスマート衛生陶器工場福建省泉州市

    13日、泉州市永春県の5Gスマート衛生陶器工場で、製品を検査する従業員。中国福建省泉州市永春県に、同省初の5G(第5世代移動通信システム)を活用したスマート衛生陶器工場「九牧永春スマート製造産業園区101#スマート工場」がある。ロボットが忙しく稼働する傍らで、従業員が完成した便器などの製品を検査している。それが工場に足を踏み入れた時の第一印象だった。同工場は、5Gによる高速データ通信を導入することで製造から倉庫保管までの全プロセスを高度に自動化しており、企業の運営コストを低減し、品質管理の質を大幅に高めている。(泉州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月19日
    (1)米国の新型コロナ感染者、2400万人超に

    18日、ワシントンで、大統領就任式の準備作業をするマスク姿のスタッフ。米ジョンズ・ホプキンス大学が18日に発表した新型コロナウイルス感染症に関する最新データによると、米国の感染者は累計で2400万人を超えた。米国東部標準時(EST)18日午後2時21分(日本時間19日午前4時21分)の時点で、同国の累計感染者数は2401万8793人、死亡者数は39万8307人となった。(ワシントン=新華社記者/劉傑)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    会見する脇田隆字所長ら 変異ウイルス国内で感染

    変異種の新型コロナウイルス感染について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長(右)ら=18日午後8時57分、厚労省

  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    変異ウイルス国内で感染
  • 2021年01月18日
    会見する脇田所長ら 変異ウイルス国内で感染

    変異種の新型コロナウイルス感染について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長(右)ら=18日午後8時46分、厚労省

  • 2021年01月18日
    会見する脇田所長ら 変異ウイルス国内で感染

    変異種の新型コロナウイルス感染について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長(右)ら=18日午後8時33分、厚労省

  • 2021年01月18日
    記者会見する脇田隆字所長 変異ウイルス国内で感染

    変異種の新型コロナウイルス感染について記者会見する国立感染症研究所の脇田隆字所長=18日午後8時43分、厚労省

    撮影: 18日午後8時43分、厚労省

  • 2021年01月18日
    オンライン会見の津田教授 残る燃料で小惑星二つ観測

    日本記者クラブのオンライン記者会見に出席したJAXAの津田雄一教授=18日

    撮影: 18日

  • 2021年01月18日
    設置されたパネル 廃校のプールで太陽光発電

    廃校のプールに設置された太陽光パネル=18日午前、鹿児島県南さつま市

  • 2021年01月18日
    テープカットの関係者 廃校のプールで太陽光発電

    廃校のプールに設置された太陽光パネルの前でテープカットする関係者=18日午前、鹿児島県南さつま市

    撮影: 18日午前、鹿児島県南さつま市

  • 2021年01月18日
    太陽光発電のプール 廃校のプールで太陽光発電

    廃校のプールに設置された太陽光パネル=18日午前、鹿児島県南さつま市

  • 2021年01月18日
    (3)ブラジル、中国製コロナワクチンの接種開始

    17日、中国製ワクチン「コロナバック」の接種準備をするサンパウロ大学臨床病院の医療関係者。ブラジル国家衛生監督局は17日、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が開発した新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」(CoronaVac)の緊急使用を承認したことを明らかにした。同国第1陣の接種対象者が同日、中国製ワクチンの接種を受けた。(サンパウロ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (4)ブラジル、中国製コロナワクチンの接種開始

    17日、サンパウロ大学臨床病院に保管された中国製ワクチン「コロナバック」。ブラジル国家衛生監督局は17日、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が開発した新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」(CoronaVac)の緊急使用を承認したことを明らかにした。同国第1陣の接種対象者が同日、中国製ワクチンの接種を受けた。(サンパウロ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (2)ブラジル、中国製コロナワクチンの接種開始

    17日、ブラジル初の接種対象者としてサンパウロ大学臨床病院で中国製ワクチン「コロナバック」を接種するモニカ・カラザンスさん。ブラジル国家衛生監督局は17日、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が開発した新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」(CoronaVac)の緊急使用を承認したことを明らかにした。同国第1陣の接種対象者が同日、中国製ワクチンの接種を受けた。(サンパウロ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.35
    2021年01月18日
    「新華社」【パンダフル】散歩も運動の一種

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、1頭のパンダがダイエットを始めた。散歩をしながらトレーニングの方法を考えていたら、すっかり疲労困憊。トレーニングは始まる前に終わってしまった。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:27.71
    2021年01月18日
    「新華社」西安五輪体育センター、世界陸連の「クラス1」認証を取得

    中国陝西省西安市にある西安五輪体育センターのメイン競技場とウォーミングアップ場がこのほど、中国北西部で初めて、国際陸上競技連盟(世界陸連)が規定する国際規格「クラス1」の認証を取得した。トラックとフィールドのすべての施設が、世界陸連競技規則の技術要件を満たした。これにより、同センターで五輪や世界陸上競技選手権大会、アジア陸上競技選手権大会といった世界クラスの大会の開催が可能になる。同センターのメインスタジアムは2017年10月9日に着工し、20年6月23日に正式に竣工した。メインスタジアムは建築面積15万2千平方メートル、地上5階建て。国際標準のトラック(400メートル)とサッカー場を備えている。(記者/李華、姚友明) =配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月18日
    (1)ブラジル、中国製コロナワクチンの接種開始

    17日、ブラジル初の接種対象者としてサンパウロ大学臨床病院で中国製ワクチン「コロナバック」を接種するモニカ・カラザンスさん。ブラジル国家衛生監督局は17日、中国のバイオ製薬会社、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)傘下の北京科興中維生物技術が開発した新型コロナウイルスワクチン「コロナバック」(CoronaVac)の緊急使用を承認したことを明らかにした。同国第1陣の接種対象者が同日、中国製ワクチンの接種を受けた。(サンパウロ=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    レース大会のパネル 上海でミニ四駆レース大会

    「ミニ四駆」のレース大会のパネル=17日、中国・上海の日本総領事館(共同)

  • 2021年01月17日
    埼玉県の結婚支援センター 新技術に期待、効果実感も

    埼玉県の結婚支援センターでAIを活用したマッチングシステムの画面を見る職員(手前)=2020年12月、さいたま市

  • 2021年01月17日
    政府、AI婚活支援強化

    AI婚活のイメージ

  • 2021年01月17日
    政府、AI婚活支援強化

    AI婚活のイメージ

  • 2021年01月17日
    政府、AI婚活支援強化

    AI婚活のイメージ

  • 2021年01月17日
    政府、AI婚活支援強化

    AI婚活のイメージ

  • 2021年01月17日
    画面を見る職員 新技術に期待、効果実感も

    AIを使ったマッチングシステムの画面を見る埼玉県結婚支援センターの職員=2020年12月、さいたま市

    撮影: 2020年12月、さいたま市

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    World News - January 17, 2021

    January 17, 2021, Jakarta, DKI jakarta, Indonesia: fragments from the Sriwijaya Air js 182 aircraft that were successfully lifted by divers from the crash site around the Thousand Islands, Jakarta.and also submitted the findings of the CVR and FDR covers of the aircraft. (Credit Image: © Denny Pohan/ZUMA Wire)、クレジット:©Denny Pohan/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    6日、「紅旗」にナンバープレートを取り付ける韓国のスタッフ。中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    6日、韓国のソウルに到着した「紅旗」新型高級セダン「H9」。中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)中国製ワクチン100万回分、セルビアに到着

    16日、セルビアの首都ベオグラードで、シノファーム製新型コロナウイルスワクチンの入ったコンテナを飛行機から搬出する作業員。中国医薬集団(シノファーム)が製造した新型コロナウイルスワクチン100万回分が16日午前、セルビアの首都ベオグラードに到着した。空港では同国のブチッチ大統領とロンチャル保健相、中国の陳波(ちん・は)駐セルビア大使が到着を出迎えた。(ベオグラード=新華社配信/PredragMilosavljevic)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (4)中国製ワクチン100万回分、セルビアに到着

    16日、セルビアの首都ベオグラードで、シノファーム製新型コロナウイルスワクチンの入ったコンテナを飛行機から搬出する作業員。中国医薬集団(シノファーム)が製造した新型コロナウイルスワクチン100万回分が16日午前、セルビアの首都ベオグラードに到着した。空港では同国のブチッチ大統領とロンチャル保健相、中国の陳波(ちん・は)駐セルビア大使が到着を出迎えた。(ベオグラード=新華社配信/PredragMilosavljevic)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (3)中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    6日、韓国に到着した「紅旗」を積んだコンテナ。中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:59.30
    2021年01月17日
    「新華社」中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。「H9」モデルは2020年下半期の発売で、中国での販売価格は30万9800元~53万9800元(1元=約16円)。韓国では自動車型式認証の取得手続き完了後、正式に市場に参入する。紅旗ブランドは1958年の創設で、紅旗セダンが中国国内の重要式典で観閲用の車両として使われるなど、中国独自の高級自動車ブランドの代表格として知られる。国内展開を加速させる一方、海外進出にも力を入れ、中東や欧州、東南アジアなどにも販売網を広げている。2020年、紅旗ブランド全体の年間生産・販売台数はいずれも20万台を超え、前年の2倍に上った。販売台数は18年に3万台、19年には10万台を超えるペースで増えている。(記者/張建) =配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (1)中国一汽の新型高級セダン「紅旗H9」、韓国ソウルに到着

    6日、韓国のソウルに到着した「紅旗」新型高級セダン「H9」。中国自動車大手の中国第一汽車集団はこのほど、韓国向けに出荷した傘下の自主ブランド「紅旗」の新型高級セダン「H9」2台が同国の首都ソウルに到着したことを明らかにした。(長春=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    中国初の4座式電動飛行機、低温飛行試験に成功

    8日、RX4Eの低温試験飛行前に外気温を測るスタッフ。中国が独自開発した初の4人乗り電動飛行機「RX4E」の実証機がこのほど、遼寧省瀋陽市の法庫財湖空港で低温飛行試験に成功した。(瀋陽=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月17日
    (2)中国製ワクチン100万回分、セルビアに到着

    16日、セルビアの首都ベオグラードで、シノファーム製新型コロナウイルスワクチンの入ったコンテナを飛行機から搬出する作業員。中国医薬集団(シノファーム)が製造した新型コロナウイルスワクチン100万回分が16日午前、セルビアの首都ベオグラードに到着した。空港では同国のブチッチ大統領とロンチャル保健相、中国の陳波(ちん・は)駐セルビア大使が到着を出迎えた。(ベオグラード=新華社配信/PredragMilosavljevic)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月17日
    (9)市民を守る巡回特別警備チーム「漳州110」福建省

    7日、漳州市公安局110番指令情報センターで、住民からの通報を処理する警察官。「漳州110」は中国福建省漳州市公安局巡回特別警備部隊直属大隊の略称で、市民生活の安全を守ることを任務としている。1990年8月に設立、当初は7人の警察官に、銃3丁と3輪バイク1台だけの小規模なチームだったが、今では総勢240人余り、9つの中隊を擁するチームへと発展した。(漳州=新華社記者/魏培全)= 配信日: 2021(平成33)年01月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    次世代車開発で規模拡大

    自動車の次世代技術を巡る動き

  • 2021年01月16日
    次世代車開発で規模拡大

    自動車の次世代技術を巡る動き

  • 2021年01月16日
    オンラインの研修会 災害時、外国人どう支援

    名古屋国際センターがオンラインで開いた、災害時の外国人支援についての研修会=16日午後、名古屋市

    撮影: 16日午後、名古屋市

  • 2021年01月16日
    開かれた研修会 災害時、外国人どう支援

    名古屋国際センターがオンラインで開いた、災害時の外国人支援についての研修会=16日午後、名古屋市

    撮影: 16日午後、名古屋市

  • 2021年01月16日
    Kherson 5-1 Shkupi in UEFA Futsal Champions League match

    January 16, 2021, Zaporizhzhia, Ukraine: ZAPORIZHZHIA, UKRAINE - JANUARY 16, 2021 - A player of KMF Shkupi 1927 gets first aid during the UEFA Futsal Champions League Round of 32 game against MFC Kherson at the Yunist Palace of Sports, Zaporizhzhia, southeastern Ukraine. (Credit Image: © Dmytro Smolyenko/Ukrinform via ZUMA Wire)、クレジット:©Dmytro Smolyenko/Ukrinform via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    燃料電池車、部品開発加速

    トヨタ自動車グループ各社の燃料電池車向け商品

  • 2021年01月16日
    燃料電池車、部品開発加速

    トヨタ自動車グループ各社の燃料電池車向け商品

  • 2021年01月16日
    燃料電池車、部品開発加速

    トヨタ自動車グループ各社の燃料電池車向け商品

  • 2021年01月16日
    燃料電池車、部品開発加速

    トヨタ自動車グループ各社の燃料電池車向け商品

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年01月16日
    アマゾンの電子書籍端末 米アマゾンに集団訴訟

    米アマゾン・コムの電子書籍端末=2018年9月、米ワシントン州シアトル(共同)

    撮影: 2018年9月、米ワシントン州シアトル

  • 2021年01月16日
    (6)蘇州市、高水準の「太湖生態島」建設を目指す

    12日、蘇州市呉中区金庭鎮にある西山島の民宿で、地元の料理を運ぶスタッフ。中国江蘇省蘇州市呉中(ごちゅう)区金庭鎮はここ数年、生態環境の修復と生態系の総合的な整備を進め、西山島を高水準の「太湖生態島」に造り上げようと力を入れている。同地は古くから「太湖の緑の肺」と呼ばれており、2019年末に蘇州生態涵養発展実験区に指定されている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (1)三相同軸高温交流超電導ケーブルの型式試験に成功広東省深圳市

    8日、超電導ケーブルの設置と調整を行う深圳給電局の専門家チーム。中国の送配電大手、中国南方電網傘下の深圳給電局はこのほど、同局が開発した10キロボルト三相同軸高温交流超電導ケーブルの型式試験に成功したと明らかにした。送電網に関してはこれまで、建設用地の取得が難しいことや負荷需要が継続的に増大していること、都市部の送配電回廊が飽和気味にあることなど、問題が山積していたが、超電導ケーブルを実際の送電網に応用することで、こうした問題を一気に解決できると期待される。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)蘇州市、高水準の「太湖生態島」建設を目指す

    12日、蘇州市呉中区金庭鎮の西山島に沈む夕日。(小型無人機から)中国江蘇省蘇州市呉中(ごちゅう)区金庭鎮はここ数年、生態環境の修復と生態系の総合的な整備を進め、西山島を高水準の「太湖生態島」に造り上げようと力を入れている。同地は古くから「太湖の緑の肺」と呼ばれており、2019年末に蘇州生態涵養発展実験区に指定されている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、まもなく発車する高速鉄道列車D2809の傍らに立つ駅員。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (6)新型車両「復興号」、中国西南地区で運行開始

    15日、貴陽北駅を発車する高速鉄道列車D2809。動車組(動力分散式列車)の新型車両「CR300AF型復興号」による高速鉄道列車D2809が15日、中国貴州省貴陽市の貴陽北駅から広東省広州市に向けゆっくりと走り出した。同型車両の「復興号」が、雲南省、貴州省、四川省、重慶市などの中国西南地区で初めて正式に営業運行に投入された。「CR300AF型復興号」は、中国が独自に研究開発した動車組「復興号」シリーズの新型車両で、最高時速は250キロ。(貴陽=新華社記者/劉続)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (8)蘇州市、高水準の「太湖生態島」建設を目指す

    12日、蘇州市呉中区金庭鎮の西山島をバイクで走る人。中国江蘇省蘇州市呉中(ごちゅう)区金庭鎮はここ数年、生態環境の修復と生態系の総合的な整備を進め、西山島を高水準の「太湖生態島」に造り上げようと力を入れている。同地は古くから「太湖の緑の肺」と呼ばれており、2019年末に蘇州生態涵養発展実験区に指定されている。(蘇州=新華社記者/季春鵬)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (2)三相同軸高温交流超電導ケーブルの型式試験に成功広東省深圳市

    超電導ケーブル。(2020年11月6日撮影)中国の送配電大手、中国南方電網傘下の深圳給電局はこのほど、同局が開発した10キロボルト三相同軸高温交流超電導ケーブルの型式試験に成功したと明らかにした。送電網に関してはこれまで、建設用地の取得が難しいことや負荷需要が継続的に増大していること、都市部の送配電回廊が飽和気味にあることなど、問題が山積していたが、超電導ケーブルを実際の送電網に応用することで、こうした問題を一気に解決できると期待される。(深圳=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月16日
    (5)「中国原子力潜水艦の父」描いた舞台、湖北省武漢市で上演

    13日、湖北省武漢市の琴台大劇院で上演された大型新劇「深海」。中国湖北省武漢市の琴台大劇院で13日、「中国原子力潜水艦の父」と呼ばれる黄旭華(こう・きょくか)氏の半生を描いた大型新劇「深海」が上演された。黄氏は30年間にわたり開発チームを率いて中国の原子力潜水艦開発事業を人知れず支えた。国のために優れた功績を挙げた人物に贈る中国の最高栄誉の勲章「共和国勲章」も受章している。(武漢=新華社記者/熊琦)= 配信日: 2021(平成33)年01月16日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...