KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ワクチン
  • 控股生物
  • 生物技術
  • 科興控股
  • 新型コロナ
  • ハルビン
  • メキシコ
  • 黒竜江省
  • 一般公開
  • シノバック

「dpa+新華社+スプートニク+ロイター」の写真・映像

絞り込み
  • 7日以内
  • 種類
  • 向き
  • 科学・テクノロジー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
117
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
117
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月25日
    吉利のSUV 中国吉利とボルボが合併

    上海国際モーターショーに展示された吉利汽車のスポーツタイプ多目的車(SUV)=2019年4月(ロイター=共同)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2021年02月24日
    つり上げられる車 ウッズ選手、右足など手術

    23日、米ロサンゼルス近郊で事故を起こして大破し、つり上げられるウッズ選手の車(ロイター=共同)

  • 2021年02月24日
    (5)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)中国、リモートセンシング衛星「遥感31号03」打ち上げに成功

    中国は24日午前10時22分(日本時間同11時22分)、酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感31号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。同衛星は主に電磁環境観測や関連技術の試験に使用される。運搬ロケット長征シリーズの飛行は今回で361回目。(酒泉=新華社配信/汪江波)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (8)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、ウエアラブルスマート端末の展示ブース前で足を止める来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)ファーウェイ、折り畳みスマホの新機種「MateX2」発表

    22日、専用の車載ホルダーに装着された「MateX2」。カーナビゲーションの性能も向上した。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は22日夜、折り畳みスマートフォンの次世代旗艦モデル「MateX2」をオンラインで発表した。25日に中国市場で発売する。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場の一角。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:51.08
    2021年02月24日
    「新華社」「オレンジサービス」が高齢者の「かかりつけ医不足」解消を促進

    中国のスマート医療サービスは近年、オフラインからオンラインへの移行が進んでいる。一方で、多くの高齢者が尻込みするケースもみられる。高齢者の受診難を解消するため、江西省南昌市の南昌大学第一付属医院外来診療部は、高齢者向けの「健康コードの提示なしで通過できる通路」の開設、「サポートチーム」の設立、「スマート外来サービス拠点」の設置などを含む一連の「オレンジサービス」活動を実施。高齢患者が外来を受診するまでの過程で生じうる問題の解決を後押ししている。(記者/彭菁) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    00:38.87
    2021年02月24日
    「新華社」新疆初の総合交通安全教育施設、コルラ市で運用開始

    中国新疆ウイグル自治区初となる総合交通安全教育施設がこのほど、コルラ(庫爾勒)市で運用を開始した。同市公安局交通警察大隊はドライバー30人を同施設に招き、各種シミュレーションエリアで交通法規の順守や交通安全、交通マナーの重要性を実感してもらった。同施設の敷地面積は240平方メートルで、主に交通安全の学習エリアと体験エリアに分かれる。マルチメディアや3D、ドライブシミュレーター、体感型ゲームなど各種テクノロジーを活用し、交通法規や交通安全に関する知識、違反行為の危険性などについて、さまざまな角度から総合的に伝えている。(記者/阿曼) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、5G設備メーカーのブース前で話をする来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、今年の干支(えと)の丑(うし)にちなんだ牛型4足ロボットをスマートフォンで撮影する来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (6)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、展示品のスマートフォンやタブレット端末を手に取る来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:10.12
    2021年02月24日
    「新華社」スマート港湾構築を目指す寧波舟山港浙江省

    え間ない技術革新に伴い、港湾のスマート化推進は時代の流れになっている。中国浙江省にある寧波舟山港は、12年連続で世界最大の貨物取扱量を誇る港として、梅山港区を試行地区に、従来型港湾に適した複製・普及可能な再開発の道筋を積極的に模索している。コンテナターミナルを運営する寧波梅東集装箱碼頭の遠隔制御システムは現在、走行クレーン18台とガントリークレーン48台を管理下に置いている。同社は今年、走行クレーン4台とガントリークレーン10台を改造し、2022年の全面的な技術変革に向け基盤作りを進めることにしている。(記者/魏一駿、李濤) =配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)中国、リモートセンシング衛星「遥感31号03」打ち上げに成功

    中国は24日午前10時22分(日本時間同11時22分)、酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感31号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。同衛星は主に電磁環境観測や関連技術の試験に使用される。運搬ロケット長征シリーズの飛行は今回で361回目。(酒泉=新華社配信/汪江波)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (2)中国、リモートセンシング衛星「遥感31号03」打ち上げに成功

    中国は24日午前10時22分(日本時間同11時22分)、酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感31号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。同衛星は主に電磁環境観測や関連技術の試験に使用される。運搬ロケット長征シリーズの飛行は今回で361回目。(酒泉=新華社配信/汪江波)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)中国、リモートセンシング衛星「遥感31号03」打ち上げに成功

    中国は24日午前10時22分(日本時間同11時22分)、酒泉衛星発射センターから運搬ロケット「長征4号C」を使い、リモートセンシング衛星「遥感31号03」を打ち上げ、予定の軌道に投入することに成功した。同衛星は主に電磁環境観測や関連技術の試験に使用される。運搬ロケット長征シリーズの飛行は今回で361回目。(酒泉=新華社配信/汪江波)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (7)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (4)ひっそりとしたハルビン氷祭り会場を空中散歩黒竜江省

    20日、来場者のいないハルビン氷雪大世界の会場。(小型無人機から)中国黒竜江省ハルビン市は新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、第22回ハルビン氷雪大世界(ハルビン氷祭り)の一般公開を一時中止している。来場者のいないひっそりとした会場には、趣がある独特の光景が広がっている。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (3)モバイル見本市「MWC上海2021」開幕

    23日、展示品に見入る来場者。中国上海市の上海新国際博覧センターで23日、モバイル機器の見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)上海2021」が開幕した。国内外の企業約200社が「和合共生(調和と共生)」をテーマに、人工知能(AI)やモノのインターネット(IoT)、スマート家具などの第5世代移動通信システム(5G)関連製品を出展。5Gの技術革新や活用シーンの模索、業界の垣根を超えた協力、投資に関する最新の状況や実践を披露している。(上海=新華社記者/方喆)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月24日
    (1)ファーウェイ、折り畳みスマホの新機種「MateX2」発表

    22日、「MateX2」は全4色で、専用のスタンドケースが付いている。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は22日夜、折り畳みスマートフォンの次世代旗艦モデル「MateX2」をオンラインで発表した。25日に中国市場で発売する。(上海=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月24日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    ニュージーランド航空機 NZ航空が電子旅行パス

    ニュージーランド航空機=2018年2月、オーストラリア・シドニー(ロイター=共同)

    撮影: 2018年2月、オーストラリア・シドニー

  • 2021年02月23日
    (1)探査機「嫦娥5号」の月試料を初公開

    22日、公開された月の試料。中国の月探査機「嫦娥5号」が昨年持ち帰った月の試料が22日、初めて公開された。(北京=新華社記者/王曄)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (6)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックのワクチン接種施設で接種を待つ人々。メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:11.10
    2021年02月23日
    「新華社」ラクダの放牧に衛星測位システム「北斗」を活用新疆ウイグル自治区

    中国新疆ウイグル自治区バインゴリン・モンゴル自治州バグラシュ(博湖)県では、衛星測位システム「北斗」を搭載した首輪をラクダに装着することで、牧畜民が自宅にいながらラクダの放牧ができるようにしている。同県ラクダ飼育合作社(協同組合)の牧畜民で、ラクダ300頭余りを管理する巴都瑪拉(バトマラ)さんはこの冬、厳しい寒さに耐えながらゴビ砂漠でラクダを追う必要がなくなった。現在は「北斗」システムを活用して、毎日家から出ずにラクダの様子を把握している。巴都瑪拉さんは3年前から「北斗」システム搭載の首輪を活用し始めた。これによりスマートフォンからリモートかつリアルタイムでラクダの群れの位置と移動スピードを知ることができる。同県では現在、1千頭余りのラクダで「北斗」衛星測位サービスが利用されている。(記者/宿伝義)=配信日:2021(令和3)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックで、ワクチン接種の準備をする医療スタッフ。メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (4)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックで、ワクチン接種を待つ人々。メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (7)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックで、ワクチン接種の準備をする医療スタッフ。メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (9)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックのワクチン接種施設の外で列を作る人々。(小型無人機から)メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (2)探査機「嫦娥5号」の月試料を初公開

    22日、公開された月の試料。中国の月探査機「嫦娥5号」が昨年持ち帰った月の試料が22日、初めて公開された。(北京=新華社記者/王曄)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (3)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックのワクチン接種施設で撮影したシノバック製コロナワクチン。メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (8)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックで、シノバック製コロナワクチンを見せる医療スタッフ。メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月23日
    (5)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックで、ワクチンの接種証明を見せる高齢者。メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Sputnik V illustrations in Firmat, Argentina - 22 Feb 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、スプートニクⅤ、ロシア、医療機関、医療従事者、医師、医者、看護師、接種、実物、バイアル、容器、瓶、パッケージ、注射器、ロゴマーク-February 22, 2021, Firmat, Santa Fe, Argentina: In this photo Illustration the Sputnik V single dose covid-19 vaccine vials applied to health workers at Hospital San Martin. (Credit Image: © Patricio Murphy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Patricio Murphy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Sputnik V illustrations in Firmat, Argentina - 22 Feb 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、スプートニクⅤ、ロシア、医療機関、医療従事者、医師、医者、看護師、接種、実物、バイアル、容器、瓶、パッケージ、注射器、ロゴマーク-February 22, 2021, Firmat, Santa Fe, Argentina: In this photo Illustration the Sputnik V single dose covid-19 vaccine vials applied to health workers at Hospital San Martin. (Credit Image: © Patricio Murphy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Patricio Murphy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Sputnik V illustrations in Firmat, Argentina - 22 Feb 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、スプートニクⅤ、ロシア、医療機関、医療従事者、医師、医者、看護師、接種、実物、バイアル、容器、瓶、パッケージ、注射器、ロゴマーク-February 22, 2021, Firmat, Santa Fe, Argentina: In this photo Illustration Sputnik V single dose covid-19 vaccine vials applied to health workers at Hospital San Martin. (Credit Image: © Patricio Murphy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Patricio Murphy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    Sputnik V illustrations in Firmat, Argentina - 22 Feb 2021

    キーワード:新型コロナウイルス、ワクチン、スプートニクⅤ、ロシア、医療機関、医療従事者、医師、医者、看護師、接種、実物、バイアル、容器、瓶、パッケージ、注射器、ロゴマーク-February 22, 2021, Firmat, Santa Fe, Argentina: In this photo Illustration Sputnik V single dose covid-19 vaccine vials applied to health workers at Hospital San Martin. (Credit Image: © Patricio Murphy/SOPA Images via ZUMA Wire)、クレジット:©Patricio Murphy/SOPA Images via ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でアシカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (10)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で海水魚を見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (6)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    20日、延慶競技エリアの国家スライディングセンターで、ランナー(エッジ)の温度を測るスタッフ。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (8)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    20日、延慶競技エリアの国家スライディングセンターで、温度測定の情報を発表するスタッフ。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックで、ワクチン接種を受ける高齢者。メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (10)メキシコで中国製コロナワクチンの接種始まる

    22日、メキシコ・エカテペックのワクチン接種施設の外で列を作る人々。(小型無人機から)メキシコ中部のエカテペック市(メキシコ州)で22日、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。60歳以上の高齢者が最初の接種対象となる。同日午前には、数千人の高齢者が家族や友人に付き添われ、接種場所のラスアメリカ文化体育センターの外で列を作った。(エカテペック=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (11)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で、体温検査を受け入場する人。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (9)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でクラゲを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (8)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でペンギンを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)サンクトペテルブルグ行き「中欧班列」第1便、成都を出発

    21日、成都市の国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した同市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。中国四川省成都市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便が21日、同市青白江区にある国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した。この列車には、中国の総合化学メーカー、中国化学工程集団傘下の中国化学工程第七建設が手掛ける「一帯一路」大型プロジェクト、「バルチック・ガス・ケミカル・コンプレックス(GCC)」プロジェクトの建設関連物資が積み込まれている。同プロジェクトは契約額が約1千億元(1元=約16円)に上る、石油化学分野で単独の契約額が世界最大のプロジェクトになる。列車が13日後に到着すると、サンクトペテルブルクは成都発国際貨物列車が開拓した59番目の輸送先となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    20日、競技前にランナー(エッジ)を調整するスタッフ。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (7)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    20日、延慶競技エリアの国家スライディングセンターで、氷の表面温度を測定するスタッフ。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:01.67
    2021年02月22日
    「新華社」ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(記者/王建威) =配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (7)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でホッキョクギツネを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (1)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、列を作ってハルビン極地館に入場する人々。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (3)サンクトペテルブルグ行き「中欧班列」第1便、成都を出発

    21日、成都市の国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した同市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。(小型無人機から)中国四川省成都市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便が21日、同市青白江区にある国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した。この列車には、中国の総合化学メーカー、中国化学工程集団傘下の中国化学工程第七建設が手掛ける「一帯一路」大型プロジェクト、「バルチック・ガス・ケミカル・コンプレックス(GCC)」プロジェクトの建設関連物資が積み込まれている。同プロジェクトは契約額が約1千億元(1元=約16円)に上る、石油化学分野で単独の契約額が世界最大のプロジェクトになる。列車が13日後に到着すると、サンクトペテルブルクは成都発国際貨物列車が開拓した59番目の輸送先となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)サンクトペテルブルグ行き「中欧班列」第1便、成都を出発

    21日、成都市の国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した同市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便。中国四川省成都市とロシアのサンクトペテルブルグを結ぶ国際定期貨物列車「中欧班列」の第1便が21日、同市青白江区にある国際鉄道ターミナル「成都国際鉄路港」を発車した。この列車には、中国の総合化学メーカー、中国化学工程集団傘下の中国化学工程第七建設が手掛ける「一帯一路」大型プロジェクト、「バルチック・ガス・ケミカル・コンプレックス(GCC)」プロジェクトの建設関連物資が積み込まれている。同プロジェクトは契約額が約1千億元(1元=約16円)に上る、石油化学分野で単独の契約額が世界最大のプロジェクトになる。列車が13日後に到着すると、サンクトペテルブルクは成都発国際貨物列車が開拓した59番目の輸送先となる。(成都=新華社配信)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (14)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    19日、張家口競技エリアの雲頂スキー場で、スタッフと打ち合わせをする国際スキー連盟(FIS)フリースタイルスキー・コーディネーターのジョー・フィッツジェラルド氏(右)。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(张家口=新華社記者/賀長山)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (5)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    20日、延慶競技エリアの国家スライディングセンターで、テスト競技中にコースの氷の表面を整える製氷作業員。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (11)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    20日、延慶競技エリアの国家アルペンスキーセンターの医療チームの医師。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(北京=新華社記者/張晨霖)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (2)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (12)ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館で記念撮影する来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (15)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    19日、張家口競技エリアの雲頂スキー場で設備を運ぶスタッフ。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(张家口=新華社記者/賀長山)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (16)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    19日、張家口競技エリアの雲頂スキー場のパラレル大回転コースの前で、データを収集するスタッフ。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(张家口=新華社記者/賀長山)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月22日
    (13)北京冬季五輪・パラリンピック、テストイベントを開催

    19日、張家口競技エリアの雲頂スキー場U型競技場前の隔離取材エリアで作業をするスタッフ。中国の北京冬季五輪・パラリンピック組織委員会はこのほど、大会開催前の最後の冬を有効活用し、さらなる課題の洗い出と経験を蓄積するため、各競技会場で一連のテストイベントを開催した。新型コロナウイルスの感染予防・抑制と大会の簡素化から着手し、開催の要件である「簡略・安全・精彩」を確実なものとする。(张家口=新華社記者/賀長山)= 配信日: 2021(平成33)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:39.92
    2021年02月22日
    「新華社」【パンダフル】おやつタイムを邪魔しないで

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、1頭のパンダが午後のおやつを食べていたところ、別のパンダが突然目の前に現れた。おやつを食べていたパンダは「邪魔しないで」とやって来たパンダを追い払うと、再び午後のおやつタイムを楽しんでいた。(記者/パンダフル蕭永航)=配信日:2021(令和3)年2月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (6)シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    20日、メキシコシティ国際空港で、シノバック製ワクチンの入ったコンテナを機内から搬出する空港職員。メキシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(メキシコ市=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (1)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学の教室で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    20日、メキシコシティ国際空港で行われたワクチン引き渡し式で演説するメキシコのマルサ・デルガド外務次官(右)。メキシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(メキシコ市=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)機械化進む春の耕作浙江省湖州市

    19日、湖州市呉興区東林鎮保永村の麦畑の上空を飛行する尚年軍(しょう・ねんぐん)さんの農薬散布機。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の東林鎮ではここ数年、先進的な農業技術を導入し、農業生産運営の集約化、機械化、標準化、情報化をおおむね実現した。また、より多くの先端的でスマート化された農業技術の普及を推進し、食糧生産の機械化と近代化のレベルを高めている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)黒竜江省、2020年の大気優良率92・9%

    黒竜江省鶴岡市の欣虹湖公園。(2020年10月30日撮影)中国黒竜江省で開催中の同省第13期人民代表大会第5回会議で20日、同省の生態環境の質が持続的に改善していることが明らかにされた。2020年に大気の質が「優良」だった日は92・9%に達した。(ハルビン=新華社記者/孫暁宇)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でイルカショーを楽しむ来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    ハルビン極地館が営業再開黒竜江省

    21日、ハルビン極地館でホッキョクオオカミを見る来場者。中国黒竜江省ハルビン市の水族館テーマパーク「ハルビン極地館」は21日、新型コロナウイルスの感染対策を徹底した上で営業を再開した。同館は、新型コロナの再拡大を防ぐため、先月から一般公開を中止していた。(ハルビン=新華社記者/王建威)=配信日:2021(令和3)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)機械化進む春の耕作浙江省湖州市

    19日、湖州市呉興区東林鎮保永村の麦畑の上空を飛行する尚年軍(しょう・ねんぐん)さんの農薬散布機。(小型無人機から)中国浙江省湖州市呉興区の東林鎮ではここ数年、先進的な農業技術を導入し、農業生産運営の集約化、機械化、標準化、情報化をおおむね実現した。また、より多くの先端的でスマート化された農業技術の普及を推進し、食糧生産の機械化と近代化のレベルを高めている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (7)シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    20日、メキシコシティ国際空港で、シノバック製ワクチンの入ったコンテナを機内から搬出する空港職員。メキシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(メキシコ市=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (4)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学の廊下で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (1)機械化進む春の耕作浙江省湖州市

    19日、湖州市呉興区東林鎮保永村で農薬散布機を確認する農家の尚年軍(しょう・ねんぐん)さん。中国浙江省湖州市呉興区の東林鎮ではここ数年、先進的な農業技術を導入し、農業生産運営の集約化、機械化、標準化、情報化をおおむね実現した。また、より多くの先端的でスマート化された農業技術の普及を推進し、食糧生産の機械化と近代化のレベルを高めている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:23.98
    2021年02月21日
    「新華社」【パンダフル】何をしようかな?

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で暮らすジャイアントパンダは竹を食べたり、寝たりして、うらやましがられる生活を送っているが、何をすればいいのか悩むこともある。でも、悩んだ後はやっぱりぐっすり寝てしまう。(記者/パンダフル蕭永航、胥氷潔) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (9)シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    20日、メキシコシティ国際空港で、シノバック製ワクチンの入ったコンテナを機内から搬出する空港職員。メキシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(メキシコ市=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (1)シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    20日、シノバック製ワクチンを積みメキシコシティ国際空港に到着した航空機。メキシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(メキシコ市=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    20日、メキシコシティ国際空港で行われたワクチン引き渡し式であいさつを交わすメキシコのマルサ・デルガド外務次官(左)と中国の祝青橋(しゅく・せいきょう)駐メキシコ大使。メキシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(メキシコ市=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (4)機械化進む春の耕作浙江省湖州市

    19日、湖州市呉興区東林鎮保永村で多機能肥料散布機を運転して麦畑に肥料をまく農家の尚年軍(しょう・ねんぐん)さん。中国浙江省湖州市呉興区の東林鎮ではここ数年、先進的な農業技術を導入し、農業生産運営の集約化、機械化、標準化、情報化をおおむね実現した。また、より多くの先端的でスマート化された農業技術の普及を推進し、食糧生産の機械化と近代化のレベルを高めている。(湖州=新華社記者/徐昱)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (2)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学の食堂で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (5)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (6)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (5)シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    20日、シノバック製ワクチンを積みメキシコシティ国際空港に到着した航空機。メキシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(メキシコ市=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (3)新学期控え教育施設の消毒殺菌を実施福建省福州市

    20日、福州時代中学の食堂で消毒・殺菌作業を行う消防士。新学期を間近に控えた中国福建省福州市の小中学校と幼稚園では、安全で衛生的な環境を提供するため、地元の教育部門の手配による新型コロナウイルス対策の消毒・殺菌作業が順次進められている。(福州=新華社記者/宋為偉)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (4)シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    20日、メキシコシティ国際空港で行われたワクチン引き渡し式で、手を合わせ感謝の意を表すメキシコのマルサ・デルガド外務次官。メキシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(メキシコ市=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月21日
    (8)シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    20日、メキシコシティ国際空港で、シノバック製ワクチンの入ったコンテナを機内から搬出する空港職員。メキシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(メキシコ市=新華社記者/辛悦衛)= 配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.12
    2021年02月21日
    「新華社」シノバック製コロナワクチン、メキシコに到着

    キシコのメキシコシティ国際空港で20日午前、中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンを積んだ航空機の第1便が到着した。(記者/呉昊、康文軍) =配信日: 2021(平成33)年2月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (10)中国が無償援助のワクチン、ベラルーシの首都ミンスクに到着

    19日、ベラルーシの首都ミンスクで、中国から届いた新型コロナワクチンを飛行機から降ろす空港職員。中国政府がベラルーシに無償援助した新型コロナウイルスワクチンが19日、同国の首都ミンスクに到着した。中国が今回提供したのは製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発・生産した新型コロナ不活化ワクチンで、航空大手の中国国際航空が無償で輸送した。(ミンスク=新華社配信/任科夫)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (7)中国が無償援助のワクチン、ベラルーシの首都ミンスクに到着

    19日、ベラルーシの首都ミンスクで行われた引き渡し式で、引き渡し証明書を見せる同国のピネビッチ保健相(右)と中国の謝小用(しゃ・しょうよう)駐ベラルーシ大使。中国政府がベラルーシに無償援助した新型コロナウイルスワクチンが19日、同国の首都ミンスクに到着した。中国が今回提供したのは製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発・生産した新型コロナ不活化ワクチンで、航空大手の中国国際航空が無償で輸送した。(ミンスク=新華社配信/任科夫)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (4)シノバック製コロナワクチン、香港に第1便到着

    19日、ワクチンのコンテナボックスを移送するため香港国際空港の貨物棟に到着したトラック。中国香港特別行政区政府が18日に緊急使用を承認した中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの第1便となる100万回分が19日午後、香港に到着した。(香港=新華社記者/万後徳)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (6)中国が無償援助のワクチン、ベラルーシの首都ミンスクに到着

    19日、中国がベラルーシに無償援助した新型コロナワクチン。中国政府がベラルーシに無償援助した新型コロナウイルスワクチンが19日、同国の首都ミンスクに到着した。中国が今回提供したのは製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発・生産した新型コロナ不活化ワクチンで、航空大手の中国国際航空が無償で輸送した。(ミンスク=新華社配信/任科夫)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (3)中国が無償援助のワクチン、ベラルーシの首都ミンスクに到着

    19日、ベラルーシの首都ミンスクで、中国から届いた新型コロナワクチンを飛行機から降ろす空港職員。中国政府がベラルーシに無償援助した新型コロナウイルスワクチンが19日、同国の首都ミンスクに到着した。中国が今回提供したのは製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発・生産した新型コロナ不活化ワクチンで、航空大手の中国国際航空が無償で輸送した。(ミンスク=新華社配信/任科夫)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    Soccer 1st Bundesliga / FC Schalke 04 - Borussia Dortmund 0: 4.

    after the final whistle, disappointed game player from GE vr goalwart Michael LANGER (GE), Benito RAMAN (GE), Sead KOLASINAC (GE), Amine HARIT (GE), Omar MASCARELL (GE), REINIER (DO), Malick THIAW (GE) , Giovanni REYNA (DO) Soccer 1. Bundesliga, 22nd matchday, FC Schalke 04 (GE) - Borussia Dortmund (DO) 0: 4, on February 20, 2021 in Gelsenkirchen / Germany. Photo: Anke Waelischmiller / SVEN SIMON / Pool # DFL regulations prohibit any use of photographs as image sequences and / or quasi-video # Editorial Use ONLY # National and International News Agencies OUT ¬ | usage worldwide、クレジット:Sven Simon/DPA/共同通信イメージズ ※エディトリアル使用のみ。

  • 2021年02月20日
    (1)シノバック製コロナワクチン、香港に第1便到着

    19日、香港国際空港でワクチンが入ったコンテナボックスを指定の保管場所に移送する職員。中国香港特別行政区政府が18日に緊急使用を承認した中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの第1便となる100万回分が19日午後、香港に到着した。(香港=新華社記者/李鋼)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:47.40
    2021年02月20日
    「新華社」【パンダフル】眠れない時はどうすればいい?

    中国四川省の成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地で、お昼寝タイムを過ごす2頭のパンダ。ぐっすりと眠っている1頭のそばで、もう1頭がなかなか寝付けない様子。木の上でもぞもぞと動き回ったかと思えば、こっそりと逃げ出しそうなそぶりも見せた。(記者/パンダフル蕭永航) =配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (1)中国が無償援助のワクチン、ベラルーシの首都ミンスクに到着

    19日、ベラルーシの首都ミンスクで、中国から届いた新型コロナワクチンをトラックに積み込む空港職員。中国政府がベラルーシに無償援助した新型コロナウイルスワクチンが19日、同国の首都ミンスクに到着した。中国が今回提供したのは製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発・生産した新型コロナ不活化ワクチンで、航空大手の中国国際航空が無償で輸送した。(ミンスク=新華社配信/任科夫)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (5)シノバック製コロナワクチン、香港に第1便到着

    19日、現地で取材する記者ら。中国香港特別行政区政府が18日に緊急使用を承認した中国製薬大手、科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製の新型コロナウイルスワクチンの第1便となる100万回分が19日午後、香港に到着した。(香港=新華社記者/林寧)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年02月20日
    (2)中国が無償援助のワクチン、ベラルーシの首都ミンスクに到着

    19日、ベラルーシの首都ミンスクで、中国から届いた新型コロナワクチンを飛行機から降ろす空港職員。中国政府がベラルーシに無償援助した新型コロナウイルスワクチンが19日、同国の首都ミンスクに到着した。中国が今回提供したのは製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)が開発・生産した新型コロナ不活化ワクチンで、航空大手の中国国際航空が無償で輸送した。(ミンスク=新華社配信/任科夫)= 配信日: 2021(平成33)年2月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2