KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 空撮映像
  • 横須賀基地
  • 原子力空母
  • 海上自衛隊
  • イージス
  • 佐世保港
  • 神奈川県
  • フィッツジェラルド
  • 横須賀出港
  • ミサイル

「空撮」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 戦争・紛争
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
753
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
753
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    黎明通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    統一通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    黎明通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    金日成総合大学(左)と黎明通り=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    統一通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    黎明通りの全景=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月30日
    変化する平壌の姿

    黎明通りを望む=2020(令和2)年10月30日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    変化する平壌の姿

    光復通りの全景=2020(令和2)年10月29日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    変化する平壌の姿

    光復通り全景=2020(令和2)年10月29日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    変化する平壌の姿

    光復通りの全景=2020(令和2)年10月29日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    変化する平壌の姿

    ピョンヤン大劇場と朝鮮中央銀行=2020(令和2)年10月29日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    変化する平壌の姿

    平壌市街を望む=2020(令和2)年10月29日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    変化する平壌の姿

    光復通りの全景=2020(令和2)年10月29日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    変化する平壌の姿

    光復通りの全景=2020(令和2)年10月29日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    変化する平壌の姿

    光復通りの全景=2020(令和2)年10月29日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月29日
    変化する平壌の姿

    大同江から見た平壌=2020(令和2)年10月29日、北朝鮮、クレジット:コリアメディア/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:00.16
    2020年10月23日
    「新華社」海軍退役駆逐艦、長江三峡を通過し重慶に到着海軍歴史博物館に改造

    今年8月に退役した中国海軍南海艦隊の051型駆逐艦「珠海」(166)が18日午前、長江三峡の重慶ダムエリアを通過し、23日に重慶主城九竜坡区ふ頭に停泊した。同艦は海軍の歴史をテーマとする博物館の一部へと改造され、完成後に一般公開される予定となっている。051型駆逐艦は中国が独自に設計したミサイル駆逐艦で、全長132メートル、型幅12・8メートル、喫水4・6メートル、基準排水量3250トン。(記者/趙小帥)<映像内容>退役した中国海軍南海艦隊の駆逐艦が重慶に到着、撮影日:2020(令和2)年10月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:31.36
    2020年09月07日
    「新華社」中国東北地区に残る旧日本軍要塞「虎頭要塞」

    中国を侵略した旧日本軍は1930~40年代、東北部の辺境地域に10カ所余りの大型軍事施設を作った。中でも黒竜江省虎林市虎頭鎮に残る虎頭要塞は規模が大きく、保存状態の良い要塞遺跡の一つ。関東軍が1934~39年に中国人労働者と戦争捕虜10万人余りを動員して建設した。これまでに関連部門が地下道3800メートルを調査し、1200メートルで修復・補強工事を実施した。侵華日軍虎頭要塞博物館も建てられている。(記者/馬暁成、王松、李建平)<映像内容>旧日本軍要塞「虎頭要塞」の外観と内観、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月09日
    長崎市の空撮 長崎原爆から75年

    被爆から75年の「原爆の日」を迎えた長崎市。手前は平和公園=9日午後0時9分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日午後0時9分

  • 2020年08月09日
    平和公園の人たち 長崎原爆から75年

    被爆から75年の「原爆の日」を迎え、参拝のため長崎市の平和公園を訪れた人たち。手前は平和祈念像=9日午後0時7分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日午後0時7分

  • 2020年08月09日
    平和祈念像訪れた人たち 長崎原爆から75年

    被爆から75年の「原爆の日」を迎え、参拝のため長崎市の平和公園を訪れた人たち。右上は平和祈念像=9日午後0時8分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 9日午後0時8分

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:12.33
    2020年08月09日
    空撮 長崎を「最後の被爆地に」 コロナ禍、75年の平和式典

    長崎は9日、被爆から75年の「原爆の日」を迎え、爆心地に近い長崎市松山町の平和公園で「長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典」が営まれた。田上富久市長は平和宣言で、小型核兵器の開発などが進み「使用される脅威が現実のものとなっている」と危機感を表明した。<映像内容>式典があった平和公園の空撮映像、撮影日:2020(令和2)年8月9日、撮影場所:

  • 2020年08月06日
    原爆ドームと平和記念公園 広島原爆から75年

    被爆から75年の「原爆の日」を迎えた広島市の平和記念公園。手前は原爆ドーム=6日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日

  • 2020年08月06日
    広島市の空撮 広島原爆から75年

    被爆から75年の「原爆の日」を迎えた広島市。左下は平和記念公園=6日午前9時31分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午前9時31分

  • 2020年08月06日
    空撮3 広島原爆から75年

    被爆から75年の「原爆の日」を迎えた広島市の平和記念公園。新型コロナウイルス感染症対策で距離をとって人々が慰霊に訪れた=6日午前9時27分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午前9時27分

  • 2020年08月06日
    空撮2 広島原爆から75年

    被爆から75年の「原爆の日」を迎えた広島市の平和記念公園。新型コロナウイルス感染症対策で距離をとって人々が慰霊に訪れた=6日午前9時28分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午前9時28分

  • 2020年08月06日
    空撮 広島原爆から75年

    被爆から75年の「原爆の日」を迎えた広島市の平和記念公園。奥は原爆ドーム=6日午前9時27分(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午前9時27分

  • 2020年08月06日
    平和記念式典と原爆ドーム 広島原爆から75年

    被爆から75年の「原爆の日」を迎えた広島市の平和記念公園(奥)。手前は原爆ドーム=6日午前9時18分(共同通信社ヘリから)

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:32.88
    2020年08月06日
    空撮と地上撮 核禁止条約の締約、「黒い雨」救済求める

    広島は6日、被爆から節目となる75年の「原爆の日」を迎え、広島市中区の平和記念公園で午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれた。 松井一実(まつい・かずみ)市長は平和宣言で、3年前に国連で採択されたものの発効していない核兵器禁止条約について、日本政府に「締約国」となるよう訴えた。放射性物質を含んだ「黒い雨」を浴びた人たちの救済については、援護対象となる降雨地域の拡大に向けた政治判断を改めて強く求めた。 新型コロナウイルスの感染防止のため公園は入場が規制され、参列者は招待者のみに限定。例年の1割未満の人数に絞り込まれた。<映像内容>平和記念式典(原爆投下時間の8時15分からの黙とうと平和の鐘の音、広島市長による平和宣言、子ども代表の平和への誓い、安倍首相のあいさつ、献花など会場雑観)、撮影日:2020(令和2)年8月6日、撮影場所:広島市中区の平和記念公園

    撮影: 2020(令和2)年8月6日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年06月11日
    東京出入国在留管理局 東京入管に爆破予告メール

    東京出入国在留管理局=2019年12月、東京都港区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 2019年12月、東京都港区

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月15日
    中国初の国産空母「山東」を訪ねて海南省三亜市

    15日、海南省三亜市の軍港に停泊する「山東」。(小型無人機から)中国初の国産空母「山東」がこのほど、海南省三亜市の軍港で海軍に引き渡された。同空母は中央軍事委員会の承認を経て「中国人民解放軍海軍山東艦」と命名され、艦番号は「17」とされた。(三亜=新華社記者/李剛)=2019(令和元)年12月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月06日
    配備の強襲揚陸艦 最新の強襲揚陸艦を配備

    米海軍佐世保基地に配備された最新の強襲揚陸艦「アメリカ」=6日午後1時29分、長崎県佐世保市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午後1時29分、長崎県佐世保市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月06日
    米佐世保基地のアメリカ 最新の強襲揚陸艦を配備

    米海軍佐世保基地に配備された最新の強襲揚陸艦「アメリカ」(中央)=6日午後1時27分、長崎県佐世保市(共同通信社ヘリから)

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月06日
    配備された強襲揚陸艦 最新の強襲揚陸艦を配備

    米海軍佐世保基地に配備された最新の強襲揚陸艦「アメリカ」=6日午後1時26分、長崎県佐世保市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午後1時26分、長崎県佐世保市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月06日
    配備された「アメリカ」 最新の強襲揚陸艦を配備

    米海軍佐世保基地に配備された最新の強襲揚陸艦「アメリカ」=6日午後1時28分、長崎県佐世保市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午後1時28分、長崎県佐世保市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年12月06日
    強襲揚陸艦「アメリカ」 最新の強襲揚陸艦を配備

    米海軍佐世保基地に配備された最新の強襲揚陸艦「アメリカ」=6日午後1時26分、長崎県佐世保市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午後1時26分、長崎県佐世保市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:29.12
    2019年12月06日
    空撮 最新の強襲揚陸艦を配備 米海軍、長崎・佐世保基地

    米海軍は6日、佐世保基地(長崎県佐世保市)に最新の強襲揚陸艦「アメリカ」を配備した。米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のF35B最新鋭ステルス戦闘機などを艦載し、沖縄駐留の海兵隊が出撃する海上拠点になる。2018年配備の強襲揚陸艦「ワスプ」との交代で、格納庫が拡大し、航空機の運用能力に優れている。北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の海洋進出をにらみ、アジア・太平洋地域での航空攻撃能力が強化される。全長約257メートルで、9カ所の航空機の発着場を備える。乗組員約1080人に加え、最大約2200人の海兵隊員が搭乗可能。6日、航空機格納庫や甲板、医療施設などが報道陣に公開された。<映像内容>接岸の様子、艦の外観、内部の様子など、撮影日:2019(令和元)年12月6日、撮影場所:長崎県佐世保市

    撮影: 2019(令和元)年12月6日

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月07日
    水産庁の船 北朝鮮漁船、急旋回し衝突

    漁業取締船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突した海域付近を航行する水産庁の船=7日午後(共同通信社機から)

    撮影: 7日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年10月07日
    海上保安庁の船 北朝鮮漁船、急旋回し衝突

    水産庁の漁業取締船「おおくに」と北朝鮮の漁船が衝突した海域付近を航行する海上保安庁の船=7日午後(共同通信社機から)

    撮影: 7日午後

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月11日
    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」

    11日、大金山国防園の訓練基地で軍事訓練の発表リハーサルをする南京理工大学の新入生。(右下の人文字、小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年09月11日
    中国最大の民間国防教育施設「大金山国防園」

    11日、大金山国防園の訓練基地で軍事訓練の発表リハーサルをする南京理工大学の新入生。(小型無人機から)中国で最大規模の民間国防教育施設「大金山国防園」は、江蘇省南京市溧水(りつすい)区東屏街道にある。かつては荒れ山だったが、30年近い建設を経て、今では樹木40万本余りが植えられ、36キロの山道も整備されている。各種設備の整った施設として多くの人に知られている。同施設の建設は、老兵・張勇(ちょう・ゆう)さんの「国防の夢」から始まった。1979年に軍に入隊し、1983年に退役した張さんは「軍に入隊して、強い国防こそが社会主義建設の保障となることが分かった」と語る。1990年から荒れ山の整備を始め、自ら集めた資金で退役軍人を中心とする作業チームを組織し、道路整備と造園を進めた。同施設の現在の面積は1200ムー(約800ヘクタール)。国防教育館や法律普及教育館、雷鋒文化館、生命安全体験館、党史国史館などが作られ、2・5キロの長征(1934~36年に中国共産党軍が国民党軍と交戦しながら行った1万2500キロの大行軍)体験コースもある。2018年には延べ45万人が同施設を訪れている。(南京=新華社記者/季春鵬)=2019(令和元)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年08月06日
    記念公園と原爆ドーム 広島原爆から74年

    被爆から74年の「原爆の日」を迎え、雨の中、大勢の人たちが訪れた広島市の平和記念公園。奥は原爆ドーム=6日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午前

  • 2019年08月06日
    原爆ドームと慰霊碑 広島原爆から74年

    被爆から74年の「原爆の日」を迎えた広島市の平和記念公園(奥)。手前は原爆ドーム=6日午前(共同通信社ヘリから)

  • 2019年08月06日
    平和記念公園と原爆ドーム 広島原爆から74年

    被爆から74年の「原爆の日」を迎え、雨の中、大勢の人たちが訪れた広島市の平和記念公園。奥は原爆ドーム=6日午前(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午前

  • 2019年08月06日
    原爆ドームと慰霊碑 広島原爆から74年

    被爆から74年の「原爆の日」を迎えた広島市の平和記念公園(奥)。手前は原爆ドーム=6日午前(共同通信社ヘリから)

  • 2019年08月06日
    原爆ドームと原爆慰霊碑 広島原爆から74年

    被爆から74年の「原爆の日」を迎え、雨の中、大勢の人たちが訪れた平和記念公園の原爆慰霊碑。手前は原爆ドーム=6日午前、広島市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 6日午前、広島市

  • 2019年07月30日
    グゲ王国遺跡の夕暮れチベット自治区

    7月30日、夕暮れ時のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のグゲ王国遺跡は、人里離れた奥地にあるという地理的条件や神秘的な土柱が並ぶ景観、生き生きと輝く文明が人々の人気を集め、チベット観光をより深く楽しむ上で欠かすことのできない重要な構成部分の一つとなっている。10世紀前後の吐蕃(とばん)王朝末期に起きた内部紛争で誕生したグゲ王国は、その後数百年にわたりチベット高原西部で規模を拡大し、独特の文明を作り出した。(ガリ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月30日
    グゲ王国遺跡の夕暮れチベット自治区

    7月30日、夕暮れ時のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のグゲ王国遺跡は、人里離れた奥地にあるという地理的条件や神秘的な土柱が並ぶ景観、生き生きと輝く文明が人々の人気を集め、チベット観光をより深く楽しむ上で欠かすことのできない重要な構成部分の一つとなっている。10世紀前後の吐蕃(とばん)王朝末期に起きた内部紛争で誕生したグゲ王国は、その後数百年にわたりチベット高原西部で規模を拡大し、独特の文明を作り出した。(ガリ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月30日
    グゲ王国遺跡の夕暮れチベット自治区

    7月30日、グゲ王国遺跡の近くを流れる川。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のグゲ王国遺跡は、人里離れた奥地にあるという地理的条件や神秘的な土柱が並ぶ景観、生き生きと輝く文明が人々の人気を集め、チベット観光をより深く楽しむ上で欠かすことのできない重要な構成部分の一つとなっている。10世紀前後の吐蕃(とばん)王朝末期に起きた内部紛争で誕生したグゲ王国は、その後数百年にわたりチベット高原西部で規模を拡大し、独特の文明を作り出した。(ガリ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月30日
    グゲ王国遺跡の夕暮れチベット自治区

    7月30日、夕暮れ時のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県のグゲ王国遺跡は、人里離れた奥地にあるという地理的条件や神秘的な土柱が並ぶ景観、生き生きと輝く文明が人々の人気を集め、チベット観光をより深く楽しむ上で欠かすことのできない重要な構成部分の一つとなっている。10世紀前後の吐蕃(とばん)王朝末期に起きた内部紛争で誕生したグゲ王国は、その後数百年にわたりチベット高原西部で規模を拡大し、独特の文明を作り出した。(ガリ=新華社記者/晋美多吉)=2019(令和元)年7月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:12.07
    2019年07月22日
    「新華社」国産第一世代フリゲート「九江」が退役九江市で永久係留へ

    中国江西省九江市湖口(ここう)県で22日、退役したミサイル・フリゲート「九江」の「帰還」式典が行われた。同艦は今後、同地に係留され「九江軍事文化テーマパーク」「九江艦愛国主義教育基地」として市民に開放される。「九江」は国産の053H型フリゲートで、1973年3月に上海市の滬東(ことう)造船廠(現在の滬東中華造船集団)で竣工した。1976年4月に中国人民解放軍海軍の戦闘序列に編入され、国産第一世代フリゲートとして東海艦隊の駆逐艦支隊に所属。2018年6月に43年の任務を終え退役した。(記者/余剛)<映像内容>退役したミサイル・フリゲート「九江」の帰還式典の様子、撮影日:2019(令和元)年7月22日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年06月17日
    訓練中の警察官ら ドローンテロ対策で訓練

    ショッピングモールで実施されたテロ対策訓練で、不審な小型無人機ドローンを防爆マットで覆う警察官ら=17日、川崎市

    撮影: 17日、川崎市

  • 2019年01月10日
    中国人権研究会、「米国式人権」の虚偽性を暴く

    米国と国境を接するメキシコのティフアナで撮影した米メキシコ国境の壁。(2019年1月10日撮影、小型無人機から)中国人権研究会は26日、「米国の根深い人種差別問題で浮き彫りとなった『米国式人権』の虚偽」と題した文章を発表し、米国に長年にわたり存在する人種差別問題とそこに見られる「米国式人権」の深刻な虚偽性を暴くとともに、米国の人種問題解決の難しさを指摘した。(北京=新華社記者/辛悦衛)=2019(平成31)年1月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:50.64
    2018年12月18日
    空撮 いずも空母化 新防衛大綱閣議決定

    政府は18日午前、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」と具体的な装備調達を示す次期中期防衛力整備計画(中期防)を閣議決定した。海上自衛隊の護衛艦「いずも」型2隻の改修を盛り込み、事実上の空母化を明記。いずもの甲板を改修した後の艦載を想定し、短距離離陸・垂直着陸が可能な最新鋭ステルス戦闘機F35Bを約20機新規に調達する。〈映像内容〉神奈川県横須賀市で停泊している護衛艦「いずも」の空撮、撮影日:2018(平成30)年12月18日、撮影場所:神奈川県横須賀市

    撮影: 2018(平成30)年12月18日

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:05.52
    2018年12月04日
    ドローン映像 伊江島にF35B初飛来 着陸帯「LHDデッキ」

    米海兵隊岩国基地(山口県岩国市)所属のF35B最新鋭ステルス戦闘機2機が4日、米軍伊江島補助飛行場(沖縄県伊江村)上空に初めて飛来し、旋回飛行した。2016年8月からの同飛行場の改修工事が今年11月に完了し、F35Bの訓練が可能な状態になった。米海軍佐世保基地(長崎県佐世保市)に今年配備された強襲揚陸艦ワスプの艦載機とみられる。<映像内容>伊江島の補助飛行場の強襲揚陸艦の飛行甲板を再現した着陸帯「LHDデッキ」を小型無人機(ドローン)で撮影、撮影日:2018(平成30)年12月4日、撮影場所:沖縄県伊江村

    撮影: 2018(平成30)年12月4日

  • 2018年12月01日
    住宅地に囲まれた補給廠 米軍、MD部隊の新司令部

    周りを住宅地に囲まれた米軍相模総合補給廠=11月、神奈川県相模原市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11月、神奈川県相模原市

  • 2018年12月01日
    米軍相模総合補給廠 米軍、MD部隊の新司令部

    米軍相模総合補給廠=11月、神奈川県相模原市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11月、神奈川県相模原市

  • 2018年09月25日
    600年の時を経て川の流れが蘇る内モンゴル自治区

    25日、かつての「枯れ川」に水が流れている。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗は黒河の下流に位置している。エジン旗内の黒水城(カラホト)遺跡付近にある流水のない「枯れ川」がこのほど、6世紀の時を経てよみがえり、再び黒河の恵みを得るようになった。事前の調査と研究を経て、エジン旗内の20キロにわたる「枯れ川」には水が通り、また放水作業により川沿いの植物が潤い、生態系の悪化は改善に向かった。同地は元々水と草に恵まれた美しいところで、古代は辺境警備のために開墾された重要な土地であった。しかし、たび重なる戦争で環境が破壊され、川の水流が断たれ、646年もの間枯れたままであった。また、周辺地域はその後数百年にわたって風と砂ぼこりによる侵食を受け、劣悪な生態環境下に置かれていたという。(エジン=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月25日
    600年の時を経て川の流れが蘇る内モンゴル自治区

    25日、かつての「枯れ川」の上流にある小さな湖。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗は黒河の下流に位置している。エジン旗内の黒水城(カラホト)遺跡付近にある流水のない「枯れ川」がこのほど、6世紀の時を経てよみがえり、再び黒河の恵みを得るようになった。事前の調査と研究を経て、エジン旗内の20キロにわたる「枯れ川」には水が通り、また放水作業により川沿いの植物が潤い、生態系の悪化は改善に向かった。同地は元々水と草に恵まれた美しいところで、古代は辺境警備のために開墾された重要な土地であった。しかし、たび重なる戦争で環境が破壊され、川の水流が断たれ、646年もの間枯れたままであった。また、周辺地域はその後数百年にわたって風と砂ぼこりによる侵食を受け、劣悪な生態環境下に置かれていたという。(エジン=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月25日
    600年の時を経て川の流れが蘇る内モンゴル自治区

    25日、水路を貫いて走る道路。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区アルシャー盟エジン旗は黒河の下流に位置している。エジン旗内の黒水城(カラホト)遺跡付近にある流水のない「枯れ川」がこのほど、6世紀の時を経てよみがえり、再び黒河の恵みを得るようになった。事前の調査と研究を経て、エジン旗内の20キロにわたる「枯れ川」には水が通り、また放水作業により川沿いの植物が潤い、生態系の悪化は改善に向かった。同地は元々水と草に恵まれた美しいところで、古代は辺境警備のために開墾された重要な土地であった。しかし、たび重なる戦争で環境が破壊され、川の水流が断たれ、646年もの間枯れたままであった。また、周辺地域はその後数百年にわたって風と砂ぼこりによる侵食を受け、劣悪な生態環境下に置かれていたという。(エジン=新華社記者/劉磊)=2018(平成30)年9月25日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、複雑な地形に建てられたチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、複雑な地形に建てられた建造物が残るチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年09月11日
    神秘のグゲ王国遺跡を訪ねてチベット自治区

    11日、切り立った崖にそびえるチベット自治区のグゲ王国遺跡。(小型無人機から)グゲ王国遺跡は中国チベット自治区ガリ地区ツァンダ県に位置し、全国重点文物保護単位(国の重要文化財)の一つ。10世紀前後に吐蕃(とばん)王朝末期の内部紛争によって誕生したグゲ王国は、その後の数百年にわたりチベット高原西部で絶えず規模を大きくし、独特なグゲ文明を作り出した。最盛期の建築学、美術、金属製造業などで遂げた成果はチベットの歴史に多彩で輝かしい1ページを飾った。辺ぴで遠い位置、珍しい土柱が立ち並ぶ景観、光り輝くグゲ文明のおかげで、同遺跡はチベット体験型観光の重要な一部になっている。(ラサ=新華社記者/普布扎西)=2018(平成30)年9月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月27日
    空撮 ライトニングⅡ F-35 ステルス 戦闘機 タキシング

    キーワード:ステルス機、テスト飛行、ライトニング、屋外、サイエンス、滑走路、空港、空撮、航空自衛隊、垂直、戦闘機、組み立て、日本、爆撃機、飛行機、無人、三菱重工、名古屋空港、軍用機、F35、米軍機、モノメイン写真、ロッキードマーティン、タキシング、航空自衛隊小牧基地、テストフライト、Ⅱ=2018(平成30)年8月27日、愛知県豊山町、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月27日
    空撮 F-35 戦闘機 地上滑走

    キーワード:アメリカ軍、ステルス機、テスト飛行、ライトニング、屋外、滑走、滑走路、空港、空撮、航空自衛隊、産業、戦闘機、地上、日本、飛行機、無人、三菱重工、名古屋空港、軍用機、ジェット、F35、モノメイン写真、ロッキードマーティン、タキシング、航空自衛隊小牧基地、テストフライト、ライトニングⅡ=2018(平成30)年8月27日、愛知県豊山町、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月27日
    空撮 F-35 ステルス

    キーワード:アメリカ軍、ステルス機、屋外、サイエンス、滑走路、空港、空撮、航空自衛隊、日本、爆撃機、飛行機、無人、三菱重工、名古屋空港、軍用機、飛行場、ジェット、F35、モノメイン写真、ロッキードマーティン、タキシング、航空自衛隊小牧基地=2018(平成30)年8月27日、愛知県豊山町、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月27日
    空撮 タキシング F-35 ステルス

    キーワード:アメリカ軍、ステルス機、屋外、テクノロジー、滑走路、空港、空撮、乗り物、航空自衛隊、戦闘機、日本、爆撃機、飛行機、無人、名古屋空港、軍用機、飛行場、F35、モノメイン写真、ロッキードマーティン、タキシング、航空自衛隊小牧基地、三沢基地、垂直離陸=2018(平成30)年8月27日、愛知県豊山町、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月27日
    空撮 F-35 ステルス戦闘機

    キーワード:コンピュータ、ステルス機、屋外、サイエンス、テクノロジー、滑走路、空撮、航空自衛隊、戦闘機、日本、爆撃機、飛行機、無人、三菱重工、軍用機、モノメイン写真、ロッキードマーティン、タキシング、航空自衛隊小牧基地、三沢基地、垂直離陸、テストフライト、最終組立=2018(平成30)年8月27日、愛知県豊山町、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年08月27日
    空撮 F-35 戦闘機

    キーワード:アメリカ軍、ステルス機、屋外、サイエンス、空港、空撮、乗り物、戦闘機、日本、爆撃機、飛行機、無人、三菱重工、名古屋空港、軍用機、ジェット、F35、モノメイン写真、ロッキードマーティン、航空自衛隊小牧基地、三沢基地、垂直離陸、最終組立=2018(平成30)年8月27日、愛知県豊山町、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2018

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    02:55.14
    2018年07月27日
    空撮 陸自の新屋演習場 地上イージス迷走、地元反発

    防衛省が北朝鮮のミサイル脅威に対応するために導入を目指す地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の配備計画が迷走している。当初約800億円とした本体価格の見積額は約1340億円に高騰した。2023年度の運用開始目標も、調達遅れで先延ばしとなる可能性が出てきた。ちぐはぐな説明に配備候補地の地元は反発を強めるばかりだ。防衛省は陸上自衛隊の新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市、阿武町)を配備候補地に検討している。〈映像内容〉秋田市の陸自新屋演習場の空撮、撮影日:2018(平成30)年7月31日、撮影場所:秋田県秋田市 陸自新屋演習場

    撮影: 2018(平成30)年7月31日

  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 2018年05月29日
    米原子力空母が横須賀出港
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    出港する空母レーガン 米原子力空母が横須賀出港

    米海軍横須賀基地を出港する原子力空母ロナルド・レーガン=29日午前、神奈川県横須賀市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 29日午前、神奈川県横須賀市

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月29日
    出港する原子力空母 米原子力空母が横須賀出港

    米海軍横須賀基地を出港する原子力空母ロナルド・レーガン=29日午前、神奈川県横須賀市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 29日午前、神奈川県横須賀市

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    03:25.67
    2018年05月29日
    空撮 米原子力空母が横須賀出港

    米海軍横須賀基地(神奈川県)に配備されている原子力空母ロナルド・レーガンは29日、周辺海域の警戒任務に当たる長期航海のため、基地を出港した。28日の予定が、機械関係とみられるトラブルで延期されていた。〈映像内容〉米海軍横須賀基地を出港する原子力空母ロナルド・レーガンの空撮、撮影日:2018(平成30)年5月29日、撮影場所:米海軍横須賀基地

    撮影: 2018(平成30)年5月29日

  • 2018年05月28日
    米原子力空母午後出港へ
  • 2018年05月28日
    米原子力空母午後出港へ
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2018年05月28日
    空母ロナルド・レーガン 米原子力空母午後出港へ

    米海軍横須賀基地で出港を待つ原子力空母ロナルド・レーガン=28日午前、神奈川県横須賀市(共同通信社ヘリから)

    撮影: 28日午前、神奈川県横須賀市

  • 2018年05月28日
    米原子力空母午後出港へ
  • 2018年05月28日
    米原子力空母午後出港へ
  • 2018年05月28日
    米原子力空母午後出港へ
  • 2018年05月28日
    米原子力空母午後出港へ
  • 2018年05月28日
    米原子力空母午後出港へ
  • 2018年05月28日
    米原子力空母午後出港へ
  • 2018年05月28日
    米原子力空母午後出港へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...