KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • ケージ飼育
  • システム
  • トキ国家
  • トキ家族
  • トキ調査
  • ハイテク
  • 中国科学院
  • 中国陝西省
  • 亜祖局長
  • 人工個体群

「陝西省漢中市」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 戦争・紛争
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
5
( 1 5 件を表示)
  • 1
5
( 1 5 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2018年06月02日
    密林で幸せに暮らすトキ家族

    えさを探すトキが巣に戻る。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500258

  • 2018年06月02日
    密林で幸せに暮らすトキ家族

    2日、巣でひなにえさをやるトキ。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500262

  • 2018年06月02日
    密林で幸せに暮らすトキ家族

    2日、巣でひなを守るトキ。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500244

  • 2018年06月02日
    密林で幸せに暮らすトキ家族

    2日、密林の巣で暮らすトキの家族。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500248

  • 2018年06月02日
    密林で幸せに暮らすトキ家族

    2日、巣でひなを守るトキ。中国陝西省漢中市洋県の四郎鎮田嶺村に広がる密林にトキの家族が生息している。生後半月にも満たない2羽のひなが親に守られながら日々すくすくと成長している。「トキの故郷」と呼ばれる同県の河畔や畑、上空で希少な鳥であるトキの姿がよく見られる。「東方の宝石」と呼ばれるトキは最も古い鳥類の一種で、かつてはロシア、韓国、日本、中国に広く生息していた。20世紀中葉以来、戦争や捕殺、生態環境の悪化などで生息地が狭まり数が激減、ロシア、韓国、日本が相次いで野生のトキの絶滅を発表した。中国科学院動物研究所トキ調査グループは3年にわたる調査の末、1981年5月23日に同県姚家溝で7羽の野生トキを発見した。37年に及ぶ保護システムの整備の過程で、研究者は人工飼育、繁殖、ケージ飼育トキの自然繁殖、野生復帰訓練などの重要な課題を乗り越えた。中国の野生トキの数も7羽から2千羽を超え、北京市、陝西省、河南省、浙江省、四川省などで人工個体群を形成している。また、一部のトキが日本と韓国に送られ、現地の職員に守られ繁殖している。漢中市トキ国家級自然保護区管理局の張亜祖局長は、トキの保全・保護活動が段階的に成果を収め、新たな段階に入り、個体の保護から生息地の保護に転換し、情報化などのハイテク手段を導入する必要があると表明した。(漢中=新華社記者/陶明)=2018(平成30)年6月2日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

    商品コード: 2018060500249

  • 1