KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • サッカー
  • 国立競技場
  • フィリピン
  • 五輪予選
  • オマーン
  • アジア予選
  • アジア代表
  • ベルリン
  • メキシコ五輪
  • 南ベトナム

「予選最終日」の写真・映像

絞り込み
  • 日付指定なし
  • 種類
  • 向き
  • サッカー 
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
13
( 1 13 件を表示)
  • 1
13
( 1 13 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月31日
    岡山・作陽高校のFW美濃祥真 サッカー

    前半26分、作陽のFW美濃祥真(11)が、この日2点目のシュートを決め、突き放す=岡山市のシティライトスタジアム。サッカーの第99回全国高校選手権岡山県予選最終日は31日、岡山市のシティライトスタジアムで決勝があり、作陽が3連覇を目指した学芸館を2―0で破り、3年ぶり24度目の頂点に立った。作陽は12月31日に首都圏で開幕する本大会に出場する。=2020(令和2)年10月31日、シティライトスタジアム=岡山市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 2019年11月17日
    岡山県美作市 玉島のフッカー西井雅英 高校ラグビー

    前半9分、二つ目のトライを挙げガッツポーズする玉島のフッカー西井雅英(中央)=美作ラグビーサッカー場。第99回全国高校ラグビー大会(12月27日開幕・花園ラグビー場)岡山県予選最終日は17日、美作市の美作ラグビーサッカー場で決勝があり、玉島が24―7で創志学園を下し、2年連続3度目の本大会出場を決めた。=2019(令和元)年11月17日、岡山県美作市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

  • 1999年07月04日
    日本―フィリピン サッカー五輪予選最終日

    日本―フィリピン 前半に足を痛め担架に乗せられる小野(中央下)と容体を気遣う日本イレブン=国立競技場

  • 1999年07月04日
    日本―フィリピン サッカー五輪予選最終日

    日本―フィリピン 後半、11点目を挙げた戸田(4)を祝福する笑顔の日本イレブン=国立競技場

  • 1999年07月04日
    日本―フィリピン サッカー五輪予選最終日

    日本―フィリピン 後半、中村がシュートを放つ=国立競技場

    撮影: 国立競技場

  • 1999年07月04日
    日本―フィリピン サッカー五輪予選最終日

    日本―フィリピン 前半、左からのボールを平瀬(中央)が頭で合わせて先制ゴール=国立競技場

  • 1999年07月04日
    日本―フィリピン サッカー五輪予選最終日

    日本―フィリピン 前半に足を痛め、担架に乗せられ退場する小野=国立競技場

    撮影: 国立競技場

  • 1999年07月04日
    日本―フィリピン サッカー五輪予選最終日

    日本―フィリピン 前半、ゴールを決め中村に祝福される市川(右)=国立競技場

  • 1997年06月28日
    日本―オマーン W杯サッカー予選最終日

    日本―オマーン 前半4分、先制のシュートを決めた日本・中田(8)を祝福する平野(22)らイレブン=国立競技場

  • 1997年06月28日
    日本―オマーン W杯サッカー予選最終日

    日本―オマーン 引き分けながら最終予選進出を決め、スタンドの観客に手を振る日本代表イレブン=国立競技場

    撮影: 国立競技場

  • 1997年06月28日
    日本―オマーン W杯サッカー予選最終日

    日本―オマーン 後半開始直後、ゴール前で絶好の得点チャンスを逃し渋い表情の三浦知=国立競技場

    撮影: 国立競技場

  • 1967年10月10日
    五輪サッカー・アジア代表に日本チーム

    サッカー・メキシコ五輪アジア予選最終日のこの日、日本が1-0で南ベトナムを下し、メキシコ五輪への出場を決めた。日本サッカーが五輪に出場するのは、ベルリン(戦前)、メルボルン、東京に続き4回目であった。写真は日の丸を高く掲げ場内を一周する喜びの日本チーム=1967(昭和42)年10月11日、東京の国立競技場(運動8699)

  • 1967年10月10日
    五輪サッカー・アジア代表に日本チーム

    サッカー・メキシコ五輪アジア予選最終日のこの日、日本が1-0で南ベトナムを下し、メキシコ五輪への出場を決めた。日本サッカーが五輪に出場するのは、ベルリン(戦前)、メルボルン、東京に続き4回目であった。写真右が後半に左からシュートを決める杉山隆一。これが決勝点となった。手前はGKラム・ホン・チャウ=1967(昭和42)年10月11日、東京の国立競技場

  • 1