KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 北島康介
  • 東京辰巳国際水泳場
  • 個人メドレー
  • 大橋悠依
  • バタフライ
  • 萩野公介
  • 平泳ぎ決勝
  • 塩浦慎理
  • 水沼尚輝
  • 長谷川涼香

写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 水泳
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
36
( 1 36 件を表示)
  • 1
36
( 1 36 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2021年01月19日
    (6)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、吊水楼瀑布の下にある黒竜潭に飛び込む寒中水泳愛好者。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月19日
    (7)圧巻!幅数百メートルの氷瀑黒竜江省牡丹江市

    15日、吊水楼瀑布の下にある黒竜潭で泳ぐ寒中水泳愛好者。(小型無人機から)冬本番となり、中国黒竜江省牡丹江市の鏡泊湖風景区にある吊水楼(ちょうすいろう)瀑布では、滝が凍る「氷瀑」が現れた。気温の低下とともに、両端から中央部に向かって滝の凍結が進み、できた氷瀑は幅数百メートルにも達し、壮大な風景を生み出している。瀑布が流れ落ちる黒竜潭は、温泉水であることから1年中凍結しない。(牡丹江=新華社記者/董宝森)= 配信日: 2021(平成33)年01月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (6)黄河を泳いで新年を祝う甘粛省蘭州市

    1日、蘭州市の中山橋の下を泳ぐ寒中水泳愛好者。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市で1日、第32回元旦黄河寒中水泳大会が行われた。各地から参加した300人以上の寒中水泳愛好者が黄河を泳いで新年を祝った。(蘭州=新華社記者/張睿)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (7)寒中水泳で新年を祝う愛好家黒竜江省ハルビン市

    1日、ハルビン市道外区の寒中水泳場に作られた「自然のプール」。(小型無人機から)中国の「全国寒中水泳の日」に当たる1日、黒竜江省ハルビン市道外区の寒中水泳場に愛好家が集まり「自然のプール」を整備した。この日の気温は氷点下29度だったが、やる気満々の愛好家たちは40分ほどで「プール」を泳げる状態にして、記念日を祝う初泳ぎを楽しんだ。(ハルビン=新華社配信/張濤)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (7)黄河を泳いで新年を祝う甘粛省蘭州市

    1日、蘭州市の中山橋の下を泳ぐ寒中水泳愛好者。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市で1日、第32回元旦黄河寒中水泳大会が行われた。各地から参加した300人以上の寒中水泳愛好者が黄河を泳いで新年を祝った。(蘭州=新華社記者/張睿)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (5)黄河を泳いで新年を祝う甘粛省蘭州市

    1日、蘭州市の中山橋の下を泳ぐ寒中水泳愛好者。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市で1日、第32回元旦黄河寒中水泳大会が行われた。各地から参加した300人以上の寒中水泳愛好者が黄河を泳いで新年を祝った。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2021年01月02日
    (4)黄河を泳いで新年を祝う甘粛省蘭州市

    1日、黄河を泳ぐ寒中水泳愛好者。(小型無人機から)中国甘粛省蘭州市で1日、第32回元旦黄河寒中水泳大会が行われた。各地から参加した300人以上の寒中水泳愛好者が黄河を泳いで新年を祝った。(蘭州=新華社記者/杜哲宇)= 配信日: 2021(平成33)年01月02日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月18日
    雪原の湖で冬の漁内モンゴル自治区

    18日、「冬捕」で取れた魚を掲げる寒中水泳愛好家。(小型無人機から)中国内モンゴル自治区のフルンボイル大草原にある諾干湖で18日、冬の漁「冬捕」のイベントが開かれ、多くの観光客が訪れた。冬捕は氷や雪で覆われた冬の湖で行われ、同地ならではの観光イベントの一つになっている。(フルンボイル=新華社記者/劉磊)=2019(令和元)年12月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月20日
    大連で市民水泳大会開催遼寧省

    20日、水泳競技に参加する選手。(小型無人機から)中国遼寧省大連市の金石灘国家観光リゾート区で20日、第4回大連市民水泳大会が始まり、多くの水泳クラブや水泳愛好家が参加した。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年07月20日
    大連で市民水泳大会開催遼寧省

    20日、金石灘国家観光リゾート区の黄金海岸で泳ぐ水泳愛好家。(小型無人機から)中国遼寧省大連市の金石灘国家観光リゾート区で20日、第4回大連市民水泳大会が始まり、多くの水泳クラブや水泳愛好家が参加した。(大連=新華社配信/朴峰)=2019(令和元)年7月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月17日
    建設中の五輪水泳センター 免震装置改ざん、影響拡大

    建設中の五輪水泳センター。KYB製のダンパーが設置されていることが判明した=17日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 17日午後、東京都江東区

  • 2018年08月10日
    五輪水泳センター 内陸部から臨海部へ

    建設中の五輪水泳センター。奥は東京辰巳国際水泳場=10日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 10日午後、東京都江東区

  • 2018年08月10日
    五輪水泳センター 内陸部から臨海部へ

    建設中の五輪水泳センター=10日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 10日午後、東京都江東区

  • 2018年07月17日
    五輪水泳センター 新設の五輪会場、着々と

    建設が進む、東京都江東区の五輪水泳センター。上は水球が行われる東京辰巳国際水泳場=11日(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11日

  • 2018年07月11日
    五輪水泳センター 東京五輪の会場、工事着々

    2020年の東京五輪開幕に向けて建設が進む五輪水泳センター。右奥は水球会場となる東京辰巳国際水泳場=11日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11日午後、東京都江東区

  • 2018年07月11日
    五輪水泳センター 東京五輪の会場、工事着々

    2020年の東京五輪開幕に向けて建設が進む五輪水泳センター。左奥は水球が行われる東京辰巳国際水泳場=11日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 11日午後、東京都江東区

  • 2017年08月24日
    水泳センター予定地 パラ競技の祭典、準備加速

    2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて基礎工事が進む五輪水泳センター建設予定地。奥は東京辰巳国際水泳場=24日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 24日午後、東京都江東区

  • 2017年07月23日
    工事進む五輪水泳センター 東京五輪まで3年

    2020年の東京五輪開幕に向けて基礎工事が進む五輪水泳センター建設予定地。奥は東京辰巳国際水泳場=23日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日午後、東京都江東区

  • 2017年07月23日
    五輪水泳センター 東京五輪まで3年

    2020年の東京五輪開幕に向けて基礎工事が進む五輪水泳センター建設予定地。左奥は東京辰巳国際水泳場=23日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

    撮影: 23日午後、東京都江東区

  • 2016年11月29日
    五輪水泳センター計画地 バレー会場結論先送り

    「五輪水泳センター」新設予定地(手前の工事中の土地)。奥は東京辰巳国際水泳場=29日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

  • 2016年11月29日
    五輪水泳センター予定地 バレー会場結論先送り

    「五輪水泳センター」新設予定地(手前の工事中の土地)。奥は東京辰巳国際水泳場=29日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

  • 2016年11月29日
    五輪水泳センター予定地 バレー会場結論先送り

    「五輪水泳センター」新設予定地(手前の工事中の土地)。奥はレインボーブリッジ=29日午後、東京都江東区(共同通信社ヘリから)

  • 2014年11月12日
    五輪時の水泳センター 競技施設「減築」へ

    ロンドン五輪時の水泳センター。現在は左右の観客席が取り外されている=2012年6月

    撮影: 2012年6月

  • 2014年09月24日
    国立代々木競技場 斬新デザイン、輝き今も

    建築家の故丹下健三氏がデザインした国立代々木競技場。1964年大会では水泳会場だったが、2020年はハンドボールなどの会場に予定されている=東京都渋谷区で共同通信社ヘリから

    撮影: 東京都渋谷区で共同通信社ヘリから

  • 2014年08月01日
    プールサイドの生徒 生徒15人が体調不良

    水泳の活動中に体調不良を訴え、プールサイドで手当てを受ける日本大学第二中学・高校の生徒ら=1日午後4時59分、東京都杉並区で共同通信社ヘリから

    撮影: 1日午後4時59分、東京都杉並区で共同通信社ヘリから

  • 2012年07月16日
    空撮 テーマパーク 夏の プール

    キーワード:テーマパーク、バケーション、プール、ライフスタイル、ラグーナ、泳ぐ、屋外、夏、海水浴、空撮、公園、人物、人間、水泳、水着、日本、浮き輪、涼み、ラグーナテンボス、蒲郡、夏の思い出、風景メイン写真、ラグーナ蒲郡=2012(平成24)年7月16日、愛知県蒲郡市、クレジット:miyata/アマナイメージズ/共同通信イメージズ

    撮影: 2012

  • 2012年06月22日
    水泳センター ロンドン五輪会場資料

    ロンドン五輪会場の水泳センター。奥は水球アリーナ=共同通信社チャーターヘリから(共同)

    撮影: 共同通信社チャーターヘリから

  • 2012年04月11日
    五輪公園 五輪まであと100日

    ロンドン五輪のメーン会場、五輪公園。中央が五輪スタジアム。左上は水泳センター=6日、共同通信社チャーターヘリから(共同)

    撮影: 6日、共同通信社チャーターヘリから

  • 2012年04月11日
    水泳センターとスタジアム 五輪まであと100日

    ロンドン五輪のメーン会場、五輪公園。右下が水泳センター。中央が五輪スタジアム=6日、共同通信社チャーターヘリから(共同)

    撮影: 6日、共同通信社チャーターヘリから

  • 2012年04月11日
    五輪スタジアム 五輪まであと100日

    ロンドン五輪で開閉会式と陸上競技が行われる五輪スタジアム。左上は水泳センター=6日、共同通信社チャーターヘリから(共同)

    撮影: 6日、共同通信社チャーターヘリから

  • 2012年01月20日
    五輪スタジアムと水泳会場 完成近づく五輪公園

    ロンドン五輪で開閉会式や陸上競技が行われる五輪スタジアム。右上は水泳会場。赤いタワーが「オービット」=8日、ロンドンで共同通信社チャーターヘリから(共同)

    撮影: 8日、ロンドンで共同通信社チャーターヘリから

  • 2012年01月20日
    上空から見たメーン競技場 テスト大会続くロンドン

    白い屋根の五輪スタジアム(下)と水泳センター(右上)=8日、ロンドンで共同通信社チャーターヘリから(共同)

  • 2005年09月09日
    児島地区公園水泳場 岡山夏季国体が開幕

    岡山夏季国体の開会式が行われた児島地区公園水泳場=9日夕、岡山県倉敷市で共同通信社ヘリから

    撮影: 9日夕、岡山県倉敷市で共同通信社ヘリから

  • 2005年09月09日
    水泳場と瀬戸大橋 岡山夏季国体が開幕

    岡山夏季国体の開会式が行われた児島地区公園水泳場と瀬戸大橋(上方)=9日夕、岡山県倉敷市で共同通信社ヘリから

  • 1995年07月15日
    焼け跡広がる一角で 被災地のプールに歓声

    阪神大震災から半年。焼け跡の一角にある神戸市長田区の御蔵小学校のプールには、子供たちの歓声が響いている。 同校南側の御蔵・菅原地区は震災で一面焼け野原となり、がれきが撤去された跡地にはプレハブの建物も目立つようになった。 水泳の授業は六月二十八日から始まり、土曜、日曜は一般の人にも開放されている。十五日は午後から薄日の差す天気に回復、付き添いの母親などが見守る中約四十人の児童らでにぎわった。 同校校庭で避難生活を送る大西益代さん(30)は長女の美和ちゃんと訪れた。「避難所の周りは工事ばかり。子供たちが安心して遊べるプールの開放は大助かり」と、娘の泳ぎを見守っていた=15日午後、神戸市長田区御蔵通で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

  • 1995年07月15日
    焼け跡広がる一角で 被災地のプールに歓声

    阪神大震災から半年。焼け跡の一角にある神戸市長田区の御蔵小学校のプールには、子供たちの歓声が響いている。 同校南側の御蔵・菅原地区は震災で一面焼け野原となり、がれきが撤去された跡地にはプレハブの建物も目立つようになった。 水泳の授業は六月二十八日から始まり、土曜、日曜は一般の人にも開放されている。十五日は午後から薄日の差す天気に回復、付き添いの母親などが見守る中約四十人の児童らでにぎわった。 同校校庭で避難生活を送る大西益代さん(30)は長女の美和ちゃんと訪れた。「避難所の周りは工事ばかり。子供たちが安心して遊べるプールの開放は大助かり」と、娘の泳ぎを見守っていた=15日午後、神戸市長田区御蔵通で共同通信社ヘリから(カラーネガ)

  • 1