KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • バスケットボール
  • インフラ
  • イ族居住
  • ウイグル族
  • カラカシュ
  • サポート
  • シシカバブ
  • スタッフ
  • ドローン
  • ホータン

「貧困脱却」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • バスケットボール
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
2
( 1 2 件を表示)
  • 1
2
( 1 2 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2020年08月10日
    中国最大のイ族居住地区、長きにわたる貧困から脱却四川省

    涼山イ族自治州昭覚県四開郷梭梭拉打村で人民武装警察部隊四川省総隊が建設を支援した幼稚園、屋外バスケットボールコートと産業パーク。(8月10日撮影、小型無人機から)中国四川省人民政府の公式サイトは17日、涼山イ族自治州にある普格、布拖、金陽、昭覚、喜德、越西、美姑の国家級貧困県7県が、貧困県の指定を外れたと発表した。これにより、中国最大のイ族居住地区は長い間苦しんできた絶対的貧困から脱却し、新たな発展段階へと踏み出した。同省南西部に位置する同州は、国内で最も貧しく辺ぴな場所、貧困脱却堅塁攻略が最も難しい地域とされてきた。立ち後れたインフラを整備し、構造転換による発展を推進することで、同自治州の発展は新たな軌道に乗り、駆け足で小康社会(ややゆとりのある社会)を目指している。昨年末には、貧困発生率が4%に低下し、地域の域内総生産(GDP)は1676億3千万元(1元=約16円)と、全国に30ある少数民族自治州の上位に立った。大凉山に最後まで残っていた7貧困県がなくなったことで、四川省に88県存在した貧困県は全て貧困からの脱却を果たした。(成都=新華社記者/劉坤)=2020(令和2)年8月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2019年03月12日
    ウイグル族4兄弟、新しい故郷のために貧困支援安徽省

    12日、霍邱県の友人と一緒にバスケットボールを楽しむ兄弟4人。中国安徽省霍邱(かくきゅう)県城関鎮五里墩(ごりとん)村の「編制外」貧困者救済特別スタッフとして、メメト兄弟4人は2018年から、五里墩村の五保サポート(衣・食・住・医療・葬儀の保障)を受ける高齢者22人と貧困家庭8世帯のために、1万元(1元=約16円)を出して米や小麦粉、食用油などの生活用品を購入してきた。また、幼い冀(き)君が神経芽細胞腫を患っていることを知ると、すぐに千元の資金援助を提供した。兄弟4人は新疆ウイグル自治区ホータン(和田)地区カラカシュ(墨玉)県出身で、2013年に霍邱県で羊肉の串焼き(シシカバブ)の販売を始め、商売はますます繁盛するようになった。同県は、国家貧困救済開発重点県で、安徽省の極度貧困県でもある。現時点で、県全体の貧困者は7万人余りで、貧困脱却の難関攻略という大きな任務を持つ。中国は2020年までに農村の貧困者人口全ての貧困脱却実現を決意しており、兄弟4人を含む全ての中国人がこの目標に向かって努力している。(霍邱=新華社記者/劉方強)=2019(平成31)年3月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1