KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 混合ダブルス
  • 男子ダブルス
  • 女子ダブルス
  • パラリンピック
  • 国枝慎吾
  • 車いすテニス
  • テニス男子
  • マラソン
  • リオ五輪
  • 上地結衣

「ダブルス」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • パラリンピック競技
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
7
( 1 7 件を表示)
  • 1
7
( 1 7 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 02:06.72
    2017年06月12日
    五輪組織委の森会長 種目数、上限超えに疑問

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は12日の理事会の冒頭で、同五輪で柔道混合団体や卓球混合ダブルス、バスケットボール3人制などの新規採用が決まったことを歓迎しつつ、実施種目が321種目となり、国際オリンピック委員会が上限としてきた約310種目を上回った点は「少し疑問に思っている」と述べた。<映像内容>会議頭撮り、会議後の記者会見など、撮影日:2017(平成29)年6月12日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2017(平成29)年6月12日

  • 04:50.42
    2016年09月22日
    上地銅に実感、国枝は笑顔 リオ・パラ本隊が帰国

    リオデジャネイロ・パラリンピックの日本選手団本隊が22日、成田空港に帰国し、車いすテニス女子シングルス銅メダリストで旗手を務めた上地結衣選手(エイベックス)は「初めてのメダルでうれしい。大勢の方に温かく出迎えてもらえた」と実感を込めた。同男子シングルス3連覇を逃しながらも、ダブルスで銅メダルを確保した国枝慎吾選手(ユニクロ)は「シングルスで負けて(リオに)来るんじゃなかったという気持ちもあったが、最後にメダルを取ることができて、来てよかったと思えた」と笑顔で話した。<映像内容>帰国の雑観、花束贈呈、フォトセッション、国枝選手らの囲みなど、撮影日:2016(平成28)年9月22日、撮影場所:成田空港

    撮影: 2016(平成28)年9月22日

  • 2016年09月20日
    パラ・メダリストたち リオ熱戦に幕、次回東京へ

    リオ・パラリンピックのメダリストたち。銀メダルを獲得した(1段目)ボッチャのチーム(2段目左から)陸上男子走り幅跳びの山本篤、男子400㍍・1500㍍(車いす)の佐藤友祈、女子マラソンの道下美里、競泳男子50㍍自由形・100㍍バタフライの木村敬一(100㍍自由形・平泳ぎで銅)、柔道男子60㌔級の広瀬誠、自転車男子個人ロードタイムトライアルの藤田征樹、女子タンデム個人ロードタイムトライアルの鹿沼由理恵。銅メダルを獲得した(3段目左から)陸上男子400㍍リレーのチーム、女子400㍍の辻沙絵、男子マラソンの岡村正広、競泳男子50㍍自由形の山田拓朗、男子100㍍背泳ぎの津川拓也(4段目左から)競泳男子200㍍個人メドレーの中島啓智、柔道男子66㌔級の藤本聡、100㌔超級の正木健人、女子57㌔級の広瀬順子、車いすテニス男子ダブルスの斎田悟司・国枝慎吾、女子シングルスの上地結衣(5段目)車いすラグビーチーム(共同)

  • 2016年07月04日
    記念写真の北島ら マラソン北島「全力で」

    壮行会で記念写真に納まる、(前列右から)リオ五輪男子マラソン代表の北島寿典、バドミントン混合ダブルス代表の栗原文音、パラリンピック車いすマラソン代表内定の洞ノ上浩太、山本浩之ら=4日、北九州市小倉北区

  • 2009年04月30日
    ナタリア・パルティカ選手 世界卓球第3日

    女子ダブルスで力強いプレーを見せるポーランドのナタリア・パルティカ選手(左)。パラリンピックでアテネ、北京と2連覇中。生まれつき右前腕がなく、右ひじの内側にボールを置いてトスを上げる=横浜アリーナ

  • 2006年10月17日
    手軽さで老若男女に浸透中

    ダブルスの練習風景。シンプルながら運動量は豊富で、スピード感も魅力だ=東京都内のスポーツクラブ

    撮影: 東京都内のスポーツクラブ

  • 2004年10月21日
    堂本知事と受賞者 4選手に千葉県民栄誉賞

    記念撮影に納まるアテネ・パラリンピックの車いすテニス男子ダブルス金メダリストの国枝慎吾選手(前列左から2人目)、(右へ)アテネ五輪男子体操団体金メダリストの鹿島丈博選手、千葉県の堂本暁子知事、冨田洋之選手ら=21日正午、千葉県庁

  • 1