KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • パラリンピック
  • 東京五輪
  • 冬季五輪
  • 張家口市
  • 北京五輪
  • パラ競技
  • 中国河北省
  • スキージャンプ
  • 付帯施設
  • 競技エリア

「open」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • パラリンピック競技
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
143
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
143
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年11月28日
    パラ卓球の岩渕幸洋 五輪選手とパラ卓球

    自身が企画・主催した「岩渕オープン」でプレーするパラ卓球の岩渕幸洋=23日、東京都練馬区

    撮影: 23日、東京都練馬区

  • 2020年11月28日
    あいさつする岩渕幸洋 五輪選手とパラ卓球

    自身が企画・主催した「岩渕オープン」であいさつするパラ卓球の岩渕幸洋=23日、東京都練馬区

    撮影: 23日、東京都練馬区

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre after its grand opening ceremony ended. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: Tokyo Governor Yuriko Koike delivers a speech during the grand opening ceremony for the Tokyo Aquatics Centre. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: Tokyo Governor Yuriko Koike delivers a speech during the grand opening ceremony for the Tokyo Aquatics Centre. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: Tokyo Governor Yuriko Koike delivers a speech during the grand opening ceremony for the Tokyo Aquatics Centre. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: Tokyo Governor Yuriko Koike delivers a speech during the grand opening ceremony for the Tokyo Aquatics Centre. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: Tokyo Governor Yuriko Koike delivers a speech during the grand opening ceremony for the Tokyo Aquatics Centre. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the Tokyo Aquatics Centre before starts its grand opening ceremony. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the Tokyo Aquatics Centre before starts its grand opening ceremony. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the Tokyo Aquatics Centre before starts its grand opening ceremony. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the Tokyo Aquatics Centre before starts its grand opening ceremony. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the Tokyo Aquatics Centre before starts its grand opening ceremony. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre before starts its grand opening ceremony. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月24日
    Tokyo Aquatics Centre - Grand Opening Ceremony

    October 24, 2020, Tokyo, Japan: A general view of the interior of the Tokyo Aquatics Centre before starts its grand opening ceremony. The venue will host Tokyo 2020 Olympic and Paralympic Games‘ swimming, diving and artistic swimming competitions next summer. (Credit Image: © Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire)、クレジット:©Rodrigo Reyes Marin/ZUMA Wire/共同通信イメージズ

  • 2020年10月13日
    準優勝の別所キミヱ おばあちゃんが頑張る姿を

    パラ卓球ジャパンオープンシングルス(車いす5)で準優勝した別所キミヱ=2019年8月、東京都の港区スポーツセンター

  • 00:59.02
    2020年06月26日
    「新華社」北京冬季五輪のレセプションセンター、工事進む

    中国河北省張家口市では、2022年北京冬季五輪のメディア関係者や選手団スタッフなど非VIP登録者にサービスを提供するレセプションセンターの建設が急ピッチで進んでいる。同センターでは現在、フィットネスセンターが2階屋根部分の打設を終え、会議センターは3階屋根部分の鉄筋結束作業が行っている。ホテル本館は9階の施工作業が進んでおり、本体構造は間もなく最上部の工事を終える。北京冬季五輪の付帯施設である非VIP登録者用レセプションセンターは、競技期間中、張家口会場のベンチマークとなる。(記者/秦婧)<映像内容>北京冬季五輪のレセプションセンター建設の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:39.06
    2020年04月13日
    「新華社」2022年北京冬季五輪・パラリンピック張家口競技エリア、工事の遅れを挽回

    中国河北省張家口市の2022年北京冬季五輪・パラリンピック張家口競技エリアは1カ月で、関連施設建設プロジェクトの半分以上が再開された。3月中旬、粛々と5つのプロジェクトを再開したのを皮切りに、現在では20カ所の施工が急ピッチで進められている。各業者は、時間外労働などで遅れを挽回し、高い品質を保ちつつ計画通りに完成するよう努めている。競技施設が集まる「太子城氷雪小鎮」近くの太子城高速鉄道駅は、冬季五輪村や国家クロスカントリースキー場、国家スキージャンプセンター、国家バイアスロンセンターなどと生活関連施設を繋いでいる。4月1日の工事再開後、すでに600人近くの作業員が現場復帰している。冬季五輪表彰広場と地下連絡通路の舗装と内・外装工事は9月30日に完了予定で、竣工後は地上の太子城氷雪小鎮と地下の太子城高速鉄道駅が直接繋がる。同市経済開発区の河北華奥医院は、張家口競技エリアに76ある冬季五輪安全・衛生保障施設の1つで、同エリアで今年最も早く施工を再開した施設だ。同院は冬季五輪期間中、選手や観客が怪我をした際の応急処置や重症者の治療、転院などの医療サービスを提供する。先月の工事再開から順調に進んでおり、すでに内・外装工事に入っている。(記者/曲瀾娟)<映像内容>2022年北京冬季五輪・パラリンピックの施設建設現場、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:29.35
    2020年03月21日
    山手線原宿駅が装い一新 木造駅舎とはお別れ

    JR山手線の原宿駅(東京都渋谷区)が、東京五輪・パラリンピックに備えた改良工事で装いを新たにした。21日には、大正期の西洋風「ハーフティンバー」様式の木造建築として知られた旧駅舎に代わる新駅舎がオープン、外回り専用の新ホームも運用を開始。利用客は、一新された駅から明治神宮や表参道に出掛けることになる。<映像内容>外回り専用の新ホーム、新駅舎の改札口付近や通路、明治神宮に抜ける新しい出入り口、新駅舎(左)と旧駅舎(右)、撮影日:2020(令和2)年3月21日、撮影場所:東京都渋谷区

    撮影: 2020(令和2)年3月21日

  • 01:57.95
    2020年03月02日
    プロ野球とJリーグが提携 新型コロナで合同会議設置

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プロ野球の斉藤惇コミッショナーとサッカーJリーグの村井満チェアマンが2日、東京都内で記者会見し、競技の枠を超えて連携して対応に当たるため「新型コロナウイルス対策連絡会議」を設置すると発表した。3日に専門家も交え、第1回の会議を開く。Jリーグは15日までに開催予定だった公式戦94試合を延期し、プロ野球はオープン戦72試合を無観客試合に変更。大相撲春場所も無観客開催になるなど、感染拡大によるプロスポーツへの影響が広がっている。<映像内容>プロ野球の斉藤惇コミッショナーとサッカーJリーグの村井満チェアマンの入り、記者会見、質疑応答、フォトセッション、撮影日:2020(令和2)年3月2日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2020(令和2)年3月2日

  • 2020年02月10日
    人文知を内包した科学技術

    トヨタ自動車が東京五輪・パラリンピックに提供する自動運転の電気自動車。異常に備えオペレーターが1人乗車する

  • 2020年01月31日
    パラで無償サービス提供

    オットーボック社の主な契約選手

  • 2020年01月31日
    パラで無償サービス提供

    オットーボック社の主な契約選手

  • 2020年01月31日
    義足を見せるナップさん パラで無償サービス提供

    日本の女性選手用に試作した義足を見せるユリアン・ナップさん=2019年12月、ドイツ中部ドゥダーシュタット(共同)

    撮影: 2019年12月、ドイツ中部ドゥダーシュタット

  • 2020年01月31日
    義足見せるナップさん パラで無償サービス提供

    日本選手用に試作した義足を見せるユリアン・ナップさん=2019年12月、ドイツ中部ドゥダーシュタット(共同)

    撮影: 2019年12月、ドイツ中部ドゥダーシュタット

  • 2020年01月31日
    創業初期の義足 パラで無償サービス提供

    オットーボック社の施設に展示された創業初期製造の義足(中央)=2019年12月、ドイツ中部ドゥダーシュタット(共同)

  • 02:19.60
    2020年01月29日
    東京五輪選手村交流スペースを公開 63自治体の木の香り漂う

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は29日、東京都中央区で整備中の選手村の一部で、選手らの交流スペースとなる「ビレッジプラザ」を報道陣に公開した。全国の63自治体から寄せられた木材約1300立方㍍分が床、柱などに使用され、木の香りが漂い、森林の中にいるような空間となっている。また、同日午後には、63自治体の首長らを招き、お披露目式典も行った。ビレッジプラザは選手らの宿泊棟が立ち並ぶエリアの玄関口として設置され、雑貨店やカフェが入るほか各チームの入村式も行われる。平屋で5棟に分かれ、床面積は約5300平方㍍。昨年3月に着工し、既に内装工事が始まっている。4月末に完成予定。木材はスギやヒノキ、カラマツなど。約4万本分の角材が提供され、1本ずつ自治体名が印字されている。3本の角材をねじるように組み合わせて強度の強い柱にする「レシプロカル架構」など、部屋の用途に合わせて三つの工法を採用した。<映像内容>選手村ビレッジプラザ外観、内観、自治体名の入った木材の柱や床など。自治体首長を招いた式典、雑観、大会組織委の森喜朗会長あいさつ、東京都の小池百合子知事あいさつ、木材提供自治体として岐阜県の古田肇知事あいさつなど、撮影日:2020(令和2)年1月29日、撮影場所:東京都中央区

    撮影: 2020(令和2)年1月29日

  • 02:13.29
    2019年12月30日
    「新華社」北京と張家口を結ぶ高速鉄道が開業

    中国の北京市と河北省張家口市を結ぶ京張高速鉄道と、支線の崇礼鉄道が30日、同時に開業した。京津冀(北京市・天津市・河北省)地域の協同発展を後押しし、2022年の北京冬季五輪・パラリンピックでは交通輸送サービスを提供する。同高速鉄道は、中国の「中長期鉄道網計画」における8本の縦ルートと8本の横ルートからなる高速鉄道網「八縦八横」のうち、北京市と甘粛省蘭州市を結ぶ「京蘭ルート」を構成する重要な一部。西は同日開業した大張(山西省大同市-張家口市)、呼張(内モンゴル自治区フフホト市‐張家口市)の二つの高速鉄道と接続し、東は北京鉄道ハブと接続しており、内モンゴル自治区東部、山西省、河北省北部から北京に向かう快速旅客輸送ルートを形成している。京張高速鉄道は、北京北駅から張家口駅まで10個の駅が設けられ、本線の全長は174キロ、最高設計時速は350キロとなっている。<映像内容>崇礼鉄道が開業、内観や走行の様子、撮影日:2019(令和元)年12月30日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    11日、雲頂スキー公園競技場。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月11日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    11日、雲頂スキー公園でスキーを楽しむ愛好家。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、北京冬季五輪・パラリンピックの張家口選手村。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家冬季バイアスロンセンターの会場技術センター。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンターの施工現場で作業を進める作業員。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、北京と張家口を結ぶ京張高速鉄道の太子城駅と「太子城氷雪小鎮」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンター「雪如意」。(小型無人機から)記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年12月10日
    河北省崇礼区の北京冬季五輪・パラ競技エリアを訪ねて

    10日、国家スキージャンプセンターで作業をする除雪車。記者はこのほど、中国河北省張家口市崇礼区にある2022年北京冬季五輪・パラリンピックの競技エリアを訪れ、国家スキージャンプセンター「雪如意」や張家口選手村、付帯施設が揃える「太子城氷雪小鎮」と雲頂スキー公園競技場を見学した。国家スキージャンプセンターは崇礼区の競技エリアで最も施工量が多く、技術難度が最も高い競技場の一つ。標高差が160メートル以上あり、外観がかつて中国の宮廷で吉祥の象徴として用いられた器物「如意」に似ていることから「雪如意」と名付けられた。「太子城氷雪小鎮」は敷地総面積が2・89平方キロで、建築総面積は120万平方メートルに達し、2020年9月30日から運営テストが実施される。そのすぐ隣にある張家口選手村の本体工事は来年10月に終わり、正式に引き渡される予定。雲頂スキー公園競技場は今年10月に冬季五輪・パラリンピックの競技コース6本の建設が完了し、2019~2020年の競技シーズンに相次いで開放される。(崇礼=新華社記者/楊世尭)=2019(令和元)年12月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年10月24日
    「e―Palette」 箱形試作車、相次ぎ出展

    トヨタ自動車の「e―Palette(イーパレット)」。東京五輪・パラリンピックの選手村に、巡回バスとして提供される=24日、東京都江東区

  • 2019年10月16日
    自動運転の電気自動車(EV) AI、ネット組み合わせて

    トヨタ自動車が2020年東京オリンピック・パラリンピックに提供(ていきょう)する自動運転の電気自動車(EV)

  • 2019年10月15日
    肩車される福井誠旗手 自由で開放的な閉会式

    1964年10月24日、閉会式では福井誠旗手が肩車され、各国選手団が入り乱れて歩き始めた

  • 2019年10月09日
    自動運転のEV 五輪向け自動運転車を披露

    トヨタ自動車が2020年東京五輪・パラリンピックに提供する自動運転のEV「e―Palette」

  • 2019年09月03日
    組織委のガイドライン内容 五輪組織委、点字作成せず

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委の指針「Tokyo2020アクセシビリティ・ガイドライン」。点字の項目で「視覚障がい者のため、点字の資料を提供できるようにしておくのが望ましい」と規定している

  • 2019年09月03日
    組織委ガイドラインの内容 五輪組織委、点字作成せず

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委の指針「Tokyo2020アクセシビリティ・ガイドライン」。点字の項目で「視覚障がい者のため、点字の資料を提供できるようにしておくのが望ましい」と規定している

  • 2019年08月24日
    パラ卓球ジャパンオープン 障害は「一つの個性」

    パラ卓球のジャパンオープンの様子。ベテランの別所キミヱ選手(中央左)の試合に、多くの報道陣のカメラが向けられた=1日、東京都港区

  • 2019年08月02日
    準優勝だった別所キミヱ パラ卓球ジャパンオープン

    シングルス(車いす5)で準優勝だった別所キミヱ=東京都の港区スポーツセンター

  • 2019年08月02日
    準優勝だった別所キミヱ パラ卓球ジャパンオープン

    シングルス(車いす5)で準優勝だった別所キミヱ=東京都の港区スポーツセンター

  • 2019年08月02日
    準優勝だった別所キミヱ パラ卓球ジャパンオープン

    シングルス(車いす5)で準優勝だった別所キミヱ(奥)=東京都の港区スポーツセンター

  • 2019年08月02日
    準優勝だった別所キミヱ パラ卓球ジャパンオープン

    シングルス(車いす5)で準優勝だった別所キミヱ=東京都の港区スポーツセンター

  • 2019年08月02日
    ガッツポーズの別所 パラ卓球ジャパンオープン

    シングルス(車いす5)で準優勝だった別所キミヱ=東京都の港区スポーツセンター

  • 2019年08月02日
    パラ卓球ジャパンオープン

    キーワード:ITTF PTT ジャパンオープン2019東京大会、パラ卓球、日本代表、別所キミヱ=2019(令和元)年8月2日、東京・港区スポーツセンター 、撮影・丸山裕理、クレジット:PARAPHOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月02日
    パラ卓球ジャパンオープン

    キーワード:ITTF PTT ジャパンオープン2019東京大会、パラ卓球、日本代表、岩渕幸洋=2019(令和元)年8月2日、東京・港区スポーツセンター 、撮影・丸山裕理、クレジット:PARAPHOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年08月02日
    パラ卓球ジャパンオープン

    キーワード:ITTF PTT ジャパンオープン2019東京大会、パラ卓球、オーストラリア代表、マ・リン=2019(令和元)年8月2日、東京・港区スポーツセンター 、撮影・丸山裕理、クレジット:PARAPHOTO/共同通信イメージズ

    撮影: 2019

  • 2019年07月18日
    トヨタ自動車の東京五輪向けの専用モビリティ

    トヨタ自動車は18日、2020年に開かれる東京五輪・パラリンピック向け専用電気自動車(EV)「APM(アクセシブル・ピープル・ムーバー)=写真」を報道陣に公開した。高齢者や乳幼児を抱えた保護者、車いす利用者ら、観客や選手の会場内での移動を担う。移動用の基本モデル150台と救護仕様モデル50台の計200台を提供する計画。APMは両側のドアを取り除いた開放型で、運転手を加えて最大6人乗り。乗降しやすく、ボランティアでも運転しやすい設計にした。床下にはスロープを収納しており、中央のシートをたためば車いすで乗車できる。救護仕様はストレッチャーを乗せられる。大きさは全長約3・9×全幅同1・6×全高同2メートルで、最高時速は19キロメートル。1度の充電で100キロメートルを走行できる。トヨタは東京五輪向けに、燃料電池車(FCV)なども含め計3000台以上の車両を提供する方針だ。=2019(令和元)年7月18日、撮影場所不明、クレジット:日刊工業新聞/共同通信イメージズ

  • 2019年06月13日
    公式グッズと店員 福岡に五輪公式ショップ

    福岡市にオープンした2020年東京五輪・パラリンピックの公式ショップで商品をアピールする店員=13日午前

    撮影: 13日午前

  • 2019年06月13日
    グッズをアピールする店員 福岡に五輪公式ショップ

    福岡市にオープンした2020年東京五輪・パラリンピックの公式ショップ=13日午前

    撮影: 13日午前

  • 2019年06月13日
    福岡に五輪公式ショップ
  • 2019年06月13日
    福岡に五輪公式ショップ
  • 2019年06月13日
    オープンした公式ショップ 福岡に五輪公式ショップ

    福岡市にオープンした2020年東京五輪・パラリンピックの公式ショップ=13日午前

    撮影: 13日午前

  • 04:43.22
    2019年03月15日
    「新華社」「東京2020ロボットプロジェクト」発表会開催

    東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委)とトヨタ自動車、パナソニックなどは15日、東京都内で「東京2020ロボットプロジェクト」の発表会を開催した。会場で東京五輪への導入が予定されているロボットなどの関連製品を紹介した。第1弾として発表された製品は、トヨタの生活支援ロボット「HSR」(HumanSupportRobot)、物品運搬ロボット「DSR」(DeliverySupportRobot)の2種類とパナソニックのパワーアシストスーツ。生活支援ロボット「HSR」は高さを105~140センチの間で自動調節でき、全方向に動ける。人との対話も可能で、アームが1本搭載され、落ちた物を拾ったり、人に物を渡したりすることもできる。これと対になる物品運搬ロボット「DSR」も全方向に動け、上部の箱に最大12キロの物品を収納して客のところまでに運ぶことができ、運んだ物品はHSRが箱から取り出して客に渡すことができる。トヨタは東京五輪にHSR16台、DSR約10台を提供し、観客の案内と物品運搬に役立てる予定。パナソニックはリュックサックに似たパワーアシストスーツを展示した。重さ約4・5キロで、リチウムイオンバッテリーに1回充電すれば約4時間稼働する。スーツの着用により腰の筋肉にかかる負担を最大約40%軽減でき、東京五輪で選手の荷物の運搬などに使われるという。プロジェクトリーダーで産業技術総合研究所ロボットイノベーション研究センターのセンター長を務める比留川博久氏は、東京大会は日本のロボット技術を発信する絶好の機会であり、ロボットを単に展示するだけでなく、実用性をアピールしたいと意気込みを語った。東京2020組織委は、今回発表した製品は「東京2020ロボットプロジェクト」の一部であり、今後東京大会をサポートするロボットをより多く発表していきたいとしている。(記者/華義、郭威、鄧敏)<映像内容>東京五輪への導入が予定されているロボットなどの紹介、撮影日:2019(平成31)年3月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2019年03月13日
    東京五輪のコラボ商品 大会公式商品、福島で発売

    福島市にオープンした東京五輪・パラリンピックの公式ショップ。岩手、宮城、福島3県の伝統工芸品と組んだ公式ライセンス商品も並ぶ=13日午前

    撮影: 13日午前

  • 03:05.30
    2019年01月04日
    「新華社」夏季五輪水泳会場をカーリング競技場に改築北京冬季五輪

    2008年の中国北京夏季五輪の際に競技場として使われた国家水泳センター「水立方」(ウォーターキューブ)の改築工事が26日、正式に着工した。「氷立方」(アイスキューブ)へと変身し、2022年冬季五輪・パラリンピックのカーリング競技場になる。「水立方」の楊奇勇(よう・きゆう)総経理によると、競技場の中央部分は構造変更が可能なようにするとともに、取り外し可能な製氷システムを設置し、4つのシートを備えたカーリング競技場になるという。北京国家水泳センター総経理楊奇勇氏水立方のプールからスケートリンクへの転換については、設計を始めた段階、つまり昨年初めの時点で総合的なテストを行い、取り外しシステムの信頼性が示された。恒久的なスケートリンクの品質基準を満たしながら、取り外しコストは比較的押さえられる。テスト段階では放水開始から最後の製氷完了まで、およそ一カ月前後かかった。全体のプロセスは2週間前後にまで短縮できると考えている。【解説】改築後の「氷立方」は、さまざまなテクノロジーを活用して自身を「より賢く」する。北京国家水泳センター総経理楊奇勇氏新たにエネルギー管理システムも構築し、競技場をよりスマート化することで、水・電気・ガス・熱供給のエネルギー消費量が可視化され、自動制御によるデータで管理できるようになる。改築後の水立方はより賢く、省エネ仕様になり、表に現れない部分の運用・制御コストを節約できる。【解説】国家水泳センターは改築の途中で2019年11月に初のテスト試合を行い、その後は毎年「水立方」と「氷立方」の転換をくり返す。改築工事は2020年7月に完了する予定で、南の広場に新しく設けられる地下スケートリンクも工事完了と同時に一般開放される。(記者/王修楠、夏子麟)<映像内容>夏季五輪水泳会場をカーリング競技場に改築、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月21日
    写真で振り返る中国と五輪

    21日、河北省張家口市崇礼区にある密苑雲頂スキー場で開催された2018-2019国際スキー連盟(FIS)ワールドカップ・スノーボード・スロープスタイル女子決勝で、3位になったフランスのルシル・ルフェーブル選手。2022年北京冬季五輪・パラリンピックの準備作業は現在、本格的に進められている。中国にとって、五輪は中国が世界に深く溶け込むのを後押しする存在で、互いに成果を上げてきた。2008年北京五輪のスローガン「一つの世界、一つの夢」から、2022年北京冬季五輪の「グリーン、共有、開放、清廉」まで、中国は絶えず五輪のために自らの知恵を提供し、貢献してきた。(北京=新華社記者/楊世堯)=2018(平成30)年12月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年12月17日
    MERS患者の搬送訓練 感染症〝輸出入〟に警戒

    東京五輪・パラリンピックに向け、東京検疫所が行ったMERS患者の搬送訓練=11月、東京都江東区

    撮影: 11月、東京都江東区

  • 02:53.07
    2018年12月13日
    グランプリに大谷翔平選手 毎日スポーツ人賞

    「2018毎日スポーツ人賞」の表彰式が13日、東京都内で行われ、投打の「二刀流」で米大リーグのア・リーグ新人王に輝いたエンゼルスの大谷翔平選手がグランプリを受賞し、「僕にとって挑戦の一年。最後までそういう気持ちで頑張れたのは良かった」と晴れやかな笑顔で喜びを語った。功労賞は4月に71歳で死去した衣笠祥雄さん。ベストアスリート賞は、全米オープンで日本勢初の四大大会シングルス制覇を果たした女子テニスの大坂なおみ選手が選出された。新人賞は夏季ユース五輪の体操男子個人総合と種目別で計5個の金メダルを獲得した北園丈琉選手(大阪・清風高)と車いすラグビーの世界選手権で初優勝を果たしたの倉橋香衣選手。文化賞は特定非営利活動法人スポーツコミュニティー軽井沢クラブ。〈映像内容〉授賞式、グランプリの大谷選手のあいさつ、新人賞の北園選手のあいさつ、フォトセッションなど、撮影日:2018(平成30)年12月13日、撮影場所:東京都文京区

    撮影: 2018(平成30)年12月13日

  • 2018年11月23日
    写真で振り返る中国と五輪

    河北省張家口市崇礼(すうれい)区にある密苑雲頂遊園地のスキー場で、スキーを学ぶ同市の学生。(11月23日撮影)2022年北京冬季五輪・パラリンピックの準備作業は現在、本格的に進められている。中国にとって、五輪は中国が世界に深く溶け込むのを後押しする存在で、互いに成果を上げてきた。2008年北京五輪のスローガン「一つの世界、一つの夢」から、2022年北京冬季五輪の「グリーン、共有、開放、清廉」まで、中国は絶えず五輪のために自らの知恵を提供し、貢献してきた。(北京=新華社記者/王暁)=2018(平成30)年11月23日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2018年10月06日
    眞子さまが観戦 眞子さまはテニス観戦

    テニスの楽天ジャパン・オープンを観戦に訪れた秋篠宮家の長女眞子さま=6日午後、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザ

    撮影: 6日午後、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザ

  • 2018年10月06日
    観戦に訪れた眞子さま 眞子さまはテニス観戦

    テニスの楽天ジャパン・オープンを観戦に訪れた秋篠宮家の長女眞子さま=6日午後、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザ

    撮影: 6日午後、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザ

  • 2018年09月30日
    記者会見する錦織 錦織、4年ぶりVへ意欲

    楽天ジャパン・オープンの開幕を前に意気込みを語る錦織圭=30日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

    撮影: 30日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ

  • 本映像はログイン後にご覧いただけます
    01:51.07
    2018年09月18日
    五輪に向け日本の食材PR 内閣府内でイベント

    2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、安全でおいしい日本の食の魅力を発信していこうというイベントが18日、東京都内で開かれました。この日のイベントは内閣官房を中心にオリンピックに関係のある省庁や自治体、食品関係の事業者などが参加した「2020年に向けた持続可能性に配慮した日本の食材活用のための研修会」です。研修会では、安全で安定した食材供給に取り組む先進的な自治体や企業の取り組みが紹介されました。冒頭では、鈴木俊一オリンピック・パラリンピック担当大臣が「世界のトップアスリートに食べていただく食材は国内外から大きな注目を浴びる。被災地産を含む国産食材を最大限活用することが重要です」などとあいさつしました。また内閣府内には、東日本大震災の被災地、岩手・宮城・福島の三県の食材を使ったPRコーナーも設置され、鈴木大臣が視察しました。内閣府内の食堂では、きょうから21日までの4日間、サンマやなすなど被災3県の食材を使った定食も、提供されるということです。<映像内容>研修会雑観、冒頭の鈴木大臣あいさつ、PRコーナーを視察する鈴木大臣、福島県へのメッセージをボードに書く様子、PRコーナーの物撮りなど雑観、研修会雑観など、撮影日:2018(平成30)年9月18日、撮影場所:東京・霞が関の中央合同庁舎8号館

    撮影: 2018(平成30)年9月18日

  • 2018年08月20日
    Para athletics European Championship - Prelude Press confernce

    20 August 2018, Germany, Berlin: Disabled Sports: European Championships for Athletes: Andrew Parsons, President of the International Paralympic Committee (IPS), sits at the opening press conference before the start of the European Para Athletics Championship. Around 600 athletes from 40 nations will start in 182 competitions until 26.08.2018. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2018年08月20日
    Disabled Sports: European Championships for Athletes

    20 August 2018, Germany, Berlin: European Championships for Athletes: Andrew Parsons, President of the International Paralympic Committee (IPS), will address media representatives after the opening press conference before the start of the European Para Athletics Championship. Around 600 athletes from 40 nations will start in 182 competitions until 26.08.2018. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 2018年08月20日
    Disabled Sports: European Championships for Athletes

    20 August 2018, Germany, Berlin: Disabled Sports, European Championships for Athletes: Andrew Parsons, President of the International Paralympic Committee (IPS), will address media representatives after the opening press conference before the start of the European Para Athletics Championship. Around 600 athletes from 40 nations will start in 182 competitions until 26.08.2018. Photo: Jens Büttner/dpa-Zentralbild/dpa、クレジット:DPA/共同通信イメージズ

  • 03:36.08
    2018年07月03日
    五輪企画チケットを協議 入場券販売の有識者会議

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は3日、入場券の販売戦略に関する有識者会議を開いた。子どもに観戦機会を提供するため、学校や自治体単位で一般向けより低価格で購入できる入場券や、富裕層向けに飲食サービスが付いた高額入場券などの「企画チケット」について協議。〈映像内容〉会議の冒頭と、会議終了後の座長の加納貞彦早稲田大名誉教授と副座長の久保博・読売巨人軍会長の囲み取材、撮影日:2018(平成30)年7月3日、撮影場所:東京都 港区

    撮影: 2018(平成30)年7月3日

  • 02:27.04
    2018年05月30日
    学校、自治体に低額入場券 東京五輪

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、入場券の販売戦略を検討する有識者会議を開き、より多くの子どもに観戦機会を提供するため、学校や自治体単位で購入できる低価格の入場券を導入する方針を決めた。「学校連携観戦プログラム」として、五輪・パラリンピックを合わせて100万枚以上の販売を想定している。〈映像内容〉東京都内で行われた「第3回チケッティング戦略に関する有識者会議」後の加納貞彦座長と久保博副座長の囲み取材、撮影日:2018(平成30)年5月30日、撮影場所:東京都内

    撮影: 2018(平成30)年5月30日

  • 02:35.52
    2018年03月13日
    IPC、東京PR拠点訪問 「期待が膨らむ」

    国際パラリンピック委員会(IPC)のパーソンズ会長が13日、平昌冬季パラリンピックの期間中に2020年東京五輪・パラリンピックのPR拠点となる「ジャパンハウス」を訪問し「素晴らしい体験ができた。2年後の大会に非常に期待が膨らむ」と好印象を口にした。沿岸部の江陵に五輪に続いて再オープンした施設は、東京都と20年大会の組織委員会が運営する。パーソンズ会長は「東京大会は将来のモデルケースになれる。五輪とパラリンピック全体を一緒に楽しんでもらえるようにやっていきたい」と期待感を示した。〈映像内容〉パーソンズ会長の入り、施設見学の様子、フォトセッション、囲み取材など、撮影日:2018(平成30)年3月13日、撮影場所:韓国・江陵

    撮影: 2018(平成30)年3月13日

  • 04:10.18
    2018年01月31日
    五輪公式ショップお披露目 銀座と渋谷、平昌期間限定

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は31日、平昌冬季パラリンピックが閉幕する3月18日まで期間限定で東京の銀座と渋谷で営業する「東京2020オフィシャルショップ」を2月1日の開店に先立って報道陣にお披露目した。発表会は東急プラザ銀座で行われ、ゲストとしてフリースタイルスキー女子モーグルで冬季五輪5大会連続出場の上村愛子さんと、平昌パラリンピックのパラアイスホッケー代表の上原大祐選手(NEC)が登場。〈映像内容〉ショップ雑観、商品物撮り、発表会の模様、上村さんや上原さんの入りやトーク、フォトセッションなど。撮影日:2018(平成30)年1月31日、撮影場所:東京都中央区 東急プラザ銀座

    撮影: 2018(平成30)年1月31日

  • 03:34.91
    2017年12月12日
    「五輪食材に国産活用を」 担当相、試食でアピール

    鈴木俊一五輪相は12日、2020年東京五輪・パラリンピックの選手村で提供可能な農産物を使った料理を文部科学省の職員食堂で試食した。選手村で出せるのは国際規格や日本版の認証を得た農場の作物に限られるが、国内農家の認証取得は遅れている。国産食材を選手に安定供給するため、認証の普及をアピールする狙いがある。<映像内容>鈴木五輪相、水落副大臣、新妻政務官ら3人の食堂入り、試食の様子や鈴木大臣のコメント、マグロとカツオの丼もののブツ撮りなど。取材は12日午前11時半~正午ごろまで、東京都千代田区の文部科学省で。

  • 2017年12月11日
    PyeongChang Paralympic medals 平昌パラリンピックのメダル

    PyeongChang Paralympic medals:PyeongChang Paralympic medals This photo, provided by the 2018 PyeongChang Winter Olympic Organizing Committee on Dec. 11, 2017, shows medals of the Winter Paralympics. (Yonhap)/2017-12-11 17:06:37/ < 1980-2017 YONHAPNEWS AGENCY. .>、クレジット:Yonhap/ニューズコム/共同通信イメージズ

  • 2017年11月25日
    パラバレー視察の知事 五輪施設第1号がオープン

    東京五輪・パラリンピックの会場となる「武蔵野の森総合スポーツプラザ」でシッティングバレーボールを視察する小池百合子東京都知事(左奥)=25日午前、東京都調布市

  • 2017年11月25日
    開場した武蔵野の森 五輪施設第1号がオープン

    開場した東京五輪・パラリンピックの会場となる「武蔵野の森総合スポーツプラザ」=25日午前、東京都調布市

    撮影: 25日午前、東京都調布市

  • 2017年11月25日
    あいさつする小池知事 五輪施設第1号がオープン

    「武蔵野の森総合スポーツプラザ」のオープニングセレモニーであいさつする東京都の小池百合子知事=25日午前、東京都調布市

    撮影: 25日午前、東京都調布市

  • 2017年11月25日
    メインアリーナ 五輪施設第1号がオープン

    「武蔵野の森総合スポーツプラザ」のメインアリーナ=25日午前、東京都調布市

    撮影: 25日午前、東京都調布市

  • 05:27.99
    2017年11月25日
    五輪施設第1号がオープン 「武蔵野の森」でイベント

    東京都は25日、2020年東京五輪・パラリンピックでバドミントンなどの会場となる「武蔵野の森総合スポーツプラザ」(調布市)でオープニングイベントを開いた。都が大会のために新設する競技施設では第1号の完成で、小池百合子知事は「東京五輪は皆さんとつくり上げる大会にする。末永く愛される施設にしたい」とあいさつした。同プラザは、約351億円をかけて整備し、東京大会では近代五種(フェンシング)と車いすバスケットボールも行われる。メインアリーナは最大1万人以上を収容可能で、大会組織委員会の定める指針に基づき、全体の1%の69席を車いす用スペースとした。 <映像内容>プラザ外観などオープニングセレモニー雑観、小池知事あいさつと開業宣言、市立恵比寿中学が登壇してのラジオ体操など壇上雑観、サブアリーナでのシッティングバレーボール体験会、シッティングバレー雑観、小池知事囲み取材。撮影は25日午前10時ごろから、東京都調布市の「武蔵野の森総合スポーツプラザ」で。

  • 2017年09月13日
    アリーナ席の観客 車いすバスケ、迫力間近に

    コートに近い有料のアリーナ席で観戦する人たち。障害者スポーツは無料開放が多いが、五輪・パラリンピックは全競技会場が有料となる=東京体育館

    撮影: 東京体育館

  • 2017年09月13日
    飲食提供に関する検討会議 復興支援や食中毒対策を

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が開いた、飲食提供に関する検討会議=13日、東京都港区

    撮影: 13日、東京都港区

  • 2017年09月13日
    検討会議 復興支援や食中毒対策を

    2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が開いた、飲食提供に関する検討会議=13日、東京都港区

    撮影: 13日、東京都港区

  • 2017年07月29日
    写真で振り返る中国と五輪

    河北省張家口市崇礼(すうれい)区にある密苑雲頂スキー場。(2017年7月29日撮影)2022年北京冬季五輪・パラリンピックの準備作業は現在、本格的に進められている。中国にとって、五輪は中国が世界に深く溶け込むのを後押しする存在で、互いに成果を上げてきた。2008年北京五輪のスローガン「一つの世界、一つの夢」から、2022年北京冬季五輪の「グリーン、共有、開放、清廉」まで、中国は絶えず五輪のために自らの知恵を提供し、貢献してきた。(北京=新華社記者/楊世堯)=2017(平成29)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:18.11
    2017年06月29日
    五輪女王も携帯回収に協力 東京五輪の再生メダル

    2020年東京五輪・パラリンピックのメダル作製に再生金属を活用する取り組みで、競泳女子の五輪金メダリストのカースティ・コベントリーさん(ジンバブエ)が29日、不要となった自身の携帯電話を提供した。東京五輪の準備状況を監督する国際オリンピック委員会(IOC)の調整委員会の一員として、東京都内の組織委員会を訪れたコベントリーさんは「五輪を自分たちの一部と感じることができる取り組み。貢献できてうれしく思う」と語った。〈映像内容〉カースティ・コベントリーさんが携帯電話を箱に入れる様子、元ライバル伊藤華英さんとのトーク、囲み取材など。

  • 1
  • 2