KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • 三陸鉄道
  • 岩手県宮古市
  • 復興支援
  • 望月正彦
  • 杉良太郎
  • 正彦社長
  • ハンカチ
  • ペンライト
  • 人口減少
  • 出発合図

「ヘッドマーク」の写真・映像

絞り込み
  • 日付
  • 種類
  • 向き
  • 映画
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
4
( 1 4 件を表示)
  • 1
4
( 1 4 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 02:14.10
    2019年03月31日
    JR夕張支線が運行終了

    北海道夕張市を走るJR石勝線夕張支線が31日、最終運行日を迎えた。1892(明治25)年に開業し、産炭地の石炭輸送を担ったが、炭鉱の閉山や人口減少で利用者が減って廃線が決まり、127年にわたる歴史に幕を閉じた。午後7時半すぎに夕張駅を出発した3両編成の最終列車には、鉄道ファンら約500人が乗り込み、別れを惜しんだ。同駅を管轄する田渕浩二・新夕張駅長が手を上げて出発合図をすると、列車は警笛を鳴らしてゆっくりと発車した。市民らは、夕張市が舞台の映画「幸福の黄色いハンカチ」にちなんだ黄色のハンカチやペンライトを振り「列車がなくなっても、また夕張に来てね」「127年、ありがとう」と声を掛け、見送った。〈映像内容〉夕張駅に到着する午後0時台の列車、「ありがとう夕張支線」のヘッドマーク、「ありがとう」の看板掲げる女性や乗客を迎える関係者、列車に乗り込む乗客、乗客の男性にインタビュー、夕張駅を出発する午後0時台の列車、「ありがとう 夕張駅」の垂れ幕などを掲げるファン、男の子のインタビュー、夕張市内の山間部を走る夕張支線の列車の様子など、列車を撮影する鉄道ファン、黄色いハンカチやペンライトを手にした人たち、横断幕と列車、乗客と見送る人、撮影日:2019(平成31)年3月31日、撮影場所:北海道夕張駅

    撮影: 2019(平成31)年3月31日

  • 2011年09月28日
    ヘッドマーク付ける社長 ヘッドマークで復興支援

    列車の前面に、俳優杉良太郎さんの事務所が権利を獲得したヘッドマークを取り付ける三陸鉄道の望月正彦社長=28日午後、岩手県宮古市の宮古駅

    撮影: 28日午後、岩手県宮古市の宮古駅

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月28日
    ヘッドマーク付ける社長 ヘッドマークで復興支援

    列車の前面に、俳優杉良太郎さんの事務所が権利を獲得したヘッドマークを取り付ける三陸鉄道の望月正彦社長=28日午後、岩手県宮古市の宮古駅

    撮影: 28日午後、岩手県宮古市の宮古駅

  • 本画像はログイン後にご覧いただけます
    2011年09月28日
    ヘッドマーク付ける社長ら ヘッドマークで復興支援

    列車の前面に、俳優杉良太郎さんの事務所が権利を獲得したヘッドマークを取り付ける三陸鉄道の望月正彦社長(右)=28日午後、岩手県宮古市の宮古駅

  • 1