KYODO NEWS IMAGELINK

報道写真の購入なら共同通信イメージズ

  • レゴブロック
  • 青年ブロック
  • ブロック中国
  • ブロック玩具
  • ルネサンス
  • アルブレヒトデューラー
  • ルーカスクラナッハ
  • フランス
  • 中国福建省
  • スポット

「ブロック」の写真・映像

絞り込み
  • 期間を指定
  • 種類
  • 向き
  • その他・エンターテインメント
  • カラー
  • 提供元
並び順
  • 新しい順
852
( 1 100 件を表示)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...
852
( 1 100 件を表示)
絞り込み
並び順
  • 新しい順
  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区にある昔ながらのたたずまいを残した本屋で、店内を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、梁厝特色歴史文化街区(右)と福州市の文化的ランドマーク、海峡文化芸術センター(左奥)。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。(小型無人機から)中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月21日
    特色ある街づくりで観光業発展を後押し福建省福州市

    21日、花々が咲き乱れる梁厝特色歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市城門鎮の梁厝(りょうせき)村にある「梁厝特色歴史文化街区」はここ数年、村の歴史や文化的な魅力を生かして古い建物の修築・保護作業を行い、村の環境の美化と改善に尽力。特色ある街づくりに取り組むことで、農村の観光産業の発展を後押ししている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年10月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月10日
    児島塊太郎・加計美術館長

    児島塊太郎・加計美術館長。=2020(令和2)年10月10日、岡山県倉敷市、クレジット:山陽新聞/共同通信イメージズ

    撮影: 2020

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区にあるスイーツ店で休憩する観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で写真を撮る観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で写真を撮る観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で絵画を体験する観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で遊ぶネコ。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区で写真を撮る観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区を散策する観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区を散策する観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年10月08日
    大型連休中、文化クリエーティブ街区が人気重慶市江北区

    8日、北倉文化クリエーティブ街区にある北倉図書館で本を読む観光客。中国の国慶節と中秋節の大型連休期間中(1~8日)、重慶市江北区観音橋街道にある北倉文化クリエーティブ街区が大勢の観光客でにぎわった。同街区はかつての紡績工場の倉庫を改造してできた文化スポットで、市の公共図書館やレジャー・ビジネスエリア、文化クリエーティブ・オフィスエリアなどで構成されている。(重慶=新華社記者/王全超)=2020(令和2)年10月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年09月09日
    Dormitory of the Charité

    09 September 2020, Berlin: View of the Charité ward block (long exposure). Photo: Paul Zinken/dpa-Zentralbild/ZB、クレジット:ZB/DPA/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    博物館に展示されている「暢音閣(ちょうおんかく)」の模型。紫禁城の中にある3階建ての舞台で、上層から順に「福台」「禄台」「寿台」と呼ばれる。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    博物館で展示されている蓄音機。4千人以上の芸術家による10万曲以上の戯曲や演芸作品が収録され、携帯アプリから聞くことができる。作品の多くは1930~40年代の貴重な録音資料となっている。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月29日
    明代の劇作家、湯顕祖の故郷に戯曲博物館がオープン江西省

    江西省撫州市にある文昌里戯曲博物館。(資料写真)中国江西省撫州市の文昌里歴史文化街区で26日、文昌里戯曲博物館が正式オープンした。文昌里は、明代の劇作家・文学者で「東方戯聖」とも呼ばれる湯顕祖(とう・けんそ、1550~1616年)の故郷。博物館は建設の計画から3年以上を費やして完成した。(南昌=新華社配信)=撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建造物「竜学館」の敷地内を散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、長汀県汀州鎮の古い街並みを散策する観光客。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月20日
    新たな活気生み出す千年の古城を訪ねて福建省長汀県

    20日、歴史的建物の風貌を参考にして建てられた「臥竜書院」にある建物の彫刻。中国福建省竜岩市長汀(ちょうてい)県は、かつて「汀州府(州政府)」の所在地で、千年以上の歴史を持つ。1994年に「第3期国家歴史文化名城」に指定された。同県は近年、史跡の保護や歴史的な景観の保存、風情ある街並みの保全という原則を守りながら、街区・歴史的な遺跡の維持、古い建物の復元などに取り組んでいる。また、歴史的建造物の保存・活用を促進することで、千年の古城が新たな活気を生み出すよう後押ししている。(竜岩=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年8月20日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:40.38
    2020年08月10日
    「新華社」「ブラックテクノロジー」で杭州アジア競技大会をスマート化

    「スマートアジア競技大会」として期待される杭州アジア競技大会の重点項目ソリューションがこのほど、発表された。スマートコマンド、スマートセキュリティ、スマートライフなど10分野にわたる30のソリューションは、「ブラックテクノロジー」(画期的な先進技術)を利用してアジア競技大会のスマート化を目指す。今回選出された30のソリューションはスマートコマンド、スマートセキュリティー、スマートライフ、スマートパフォーマンス、スマート会場、スマート言語サービス、スマートモビリティー、スマート観戦、革新的技術の応用展示の合計10分野にわたり、ビッグデータ、人工知能(AI)、仮想現実(VR)、モノのインターネット(IoT)、ブロックチェーンなどの先端技術を広く応用する。科学技術により競技の運営効率を高め、選手や観客、観光客に優れたサービスを提供し、競技の見せ方や伝え方を多様化させて、インタラクティブ型や没入型の観戦体験を生み出すことを目的としている。「スマートアジア競技大会」の重点項目ソリューションの募集は2019年9月25日に正式にスタートし、多くのハイテク企業、大学、科学研究機関から合計187の提案が集まった。アジア競技大会組織委員会と関係専門家による複数回の審議を経て選出された30のソリューションは、大会の企画運営の各分野で段階的に運用されるという。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>杭州アジア競技大会の重点項目ソリューションの発表、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、市民や観光客を乗せて古運河や清名橋歴史文化街区を巡る遊覧船。中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年08月08日
    運河を明るく照らす夜間経済江蘇省無錫市

    8日、無錫市梁渓区の清名橋歴史文化街区を散策する市民や観光客。中国江蘇省無錫市はこのほど、清名橋歴史文化街区の運河ナイトツアーを全面的にリニューアルした。同市は夜間経済(ナイトタイムエコノミー)を観光業の発展を促進する特色あるブランドの一つと捉え、夜間の買い物や食事、レジャーなどに地元の運河文化を融合させた様々なイベントを実施している。(無錫=新華社記者/李博)=2020(令和2)年8月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区を訪れた観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」の内部。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区を散策する観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・端善堂」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区で伝統的な住居、「古厝(こせき)」を見学する観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区を訪れた観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    夏季観光が回復傾向に福建省泉州市

    29日、ネットで話題のスポット、福建省泉州市晋江の五店市伝統街区を散策する観光客。中国福建省泉州市ではこのところ、夏休みに入った学生など若者を中心とした観光客が増えてきている。夜間経済の活性化とインターネット上で話題のスポットが相乗作用を生み出し、市場にプラスの効果をもたらしており、夏季観光の段階的な回復をけん引する役割を果たしている。(泉州=新華社記者/宋為偉)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」。(小型無人機から)中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月29日
    時空を超えて楽しむ蘇州式生活江蘇省

    29日、蘇州市平江歴史文化街区にある「蘇州文旅姑蘇小院・東花里」。中国春秋戦国時代の呉文化の発祥地とされる江蘇省蘇州市はここ数年、市内の古民家を科学的に保護しながら宿泊施設へと生まれ変わらせ、観光客に蘇州ならではの文化や暮らしに触れてもらう取り組みを進めている。同市は観光客に上質なサービスを提供するとともに、本場の蘇州式生活を楽しんでもらおうと、こうした古民家型の宿泊施設を蘇州の旧名である「姑蘇」を冠した「蘇州文旅姑蘇小院」ブランドとして、市内に4カ所、計40室余りを展開。今後3~5年以内に80~100カ所、300~500室に増やす予定としている。(蘇州=新華社記者/李博)=2020(令和2)年7月29日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区でスナックを買い求める観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区でグルメを買い求める観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区で写真を撮る観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、ハンドメードアクセサリーの屋台で、好みの髪飾りを選ぶ漢民族の伝統衣装「漢服」を身にまとった観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年07月19日
    文化テーマ街区オープン、活気づく「夜間経済」天津市

    19日、「百戯津曲」文化テーマ街区で写真を撮る漢民族の伝統衣装「漢服」を身にまとった観光客。中国天津市の津湾広場で19日夜、「百戯津曲」文化テーマ街区が試験的にオープンし、開幕したばかりの「2020天津ナイトフェスティバル」に新たな情趣を添えた。18日に開幕した「2020天津ナイトフェスティバル」は、同市商務局、文化・観光局、体育局が共催し、延べ100万人を上回る人出が見込まれている。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年7月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:06.98
    2020年06月20日
    「新華社」中央大街のグレードアップ進む、9月完成予定黒竜江省ハルビン市

    中国黒竜江省ハルビン市は2020年3月、市内にある百年以上の歴史を持つ旧市街、中央大街の改造高度化プロジェクトを始動、工事は現在急ピッチで進められている。同市は老朽化した庭園のインフラ改造、街区の建物の正面外観の塗装・修繕などによる施設改善や、全体的な業態の高級化などを通じ、中央大街を特色に満ち、文化と観光が融合した「中国欧陸風情街(コンチネンタル・ストリート)」にしていくという。プロジェクトは20年9月末に完了する予定。中央大街は1898年から建設が始まった。ハルビンはかつて数十カ国・地域の人々が暮らした歴史を有し、中央大街の歩行者天国には現在も319棟のさまざまな様式の建築物が残っており、「屋外の建築芸術博物館」とも呼ばれている。(記者/王建威)<映像内容>黒竜江省ハルビン市の中央大街、工事の様子、街並みなど風景、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の時代奥城夜市で、「串串香」という四川風小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)を楽しむ食事客。(6月12日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てがこれまでに営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の時代奥城夜市で、画家の楊威(よう・い)さんが描いた似顔絵などの作品。(6月12日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てがこれまでに営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月12日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の時代奥城夜市で、自らの作品を撮影する画家の楊威(よう・い)さん。(6月12日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てがこれまでに営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月12日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の河隣巷夜市で、小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)を楽しむ客。(6月8日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てがこれまでに営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の「摩天輪夜市」。後方に見えるのが「天津の眼」巨大観覧車。(6月8日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てがこれまでに営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/宋瑞)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の河隣巷夜市にある小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)の店。(6月8日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てがこれまでに営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年06月08日
    ナイトタイムエコノミーに新たなトレンド天津市

    天津市の「摩天輪夜市」にある小吃(シャオチー、軽食や簡単な料理)の店。(6月8日撮影)中国天津市ではこのところ、市内を流れる海河の遊覧船運航や巨大観覧車「天津の眼」の営業が再開されるのに伴い、訪れる観光客が1日平均約2万人となり、売上高は最高20万元(1円=約15円)余りに達している。「摩天輪夜市」を含む天津市の「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」モデル街区17カ所全てが営業を再開しており、ナイトタイムエコノミーが新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けている同市の活力を蘇らせている。同市商務局は今年5月、「天津市夜間経済発展十大プロジェクト(2020~2022年)」を公布。ナイトタイムエコノミーと言えばB級グルメの屋台という従来の視点から段階的に脱却し、観光経済やショップ経済、ネットのインフルエンサー経済などを融合させることで、体験型、エンターテインメント型、インタラクティブ型、没入型などの多様な業態を導入していくことを明確に打ち出した。(天津=新華社記者/栗雅婷)=2020(令和2)年6月8日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    「徽墨」の職人が墨の塊を叩くのに使うかなづち。3・5キロ~4キロの重さがあるが、職人は片手でこれを使う。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊を確認する「項氏徽墨」の職人。熱を加えることで溶けてやわらかくなった塊をさらに打ち叩き、墨材を作る。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊に熱を加える安徽省歙県の「項氏徽墨」の職人。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊を確認する「項氏徽墨」の職人。熱を加えることで溶けてやわらかくなった塊をさらに打ち叩き、墨材をつくる。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月21日
    無形文化遺産「徽墨」の伝統製法を訪ねて

    墨の材料を混ぜ合わせた塊を確認する「項氏徽墨」の職人。熱を加えることで溶けてやわらかくなった塊をさらに打ち叩き、墨材を作る。(5月21日撮影)中国の墨の名品とされる徽墨(きぼく)の伝統的な製造技術は2006年、第1期国家級無形文化遺産リストに登録された。安徽省皖南地域の徽墨の製造技術伝承者には、天然素材を厳選し、終始伝統的な手工業の加工方法で墨をつくり続けている人々がいる。彼らは実用のための徽墨を芸術、収集対象としての徽墨へと昇華させ、収集価値のある美しい徽墨作品を創り出している。(歙県=新華社記者/張端)=2020(令和2)年5月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」の歴史を紹介するガイドの張真禎(ちょう・しんてい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」で、福州市の脱胎漆器(芯材を持たない漆器)を紹介するライブ配信の準備をするスタッフの梁向明(りょう・こうめい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区の「水榭(すいしゃ)戯台」でライブ配信を行うスタッフ。(小型無人機から)中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区にある古民家の歴史や文化を紹介する繆妙(ぼく・みょう)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区で行われた「5・19中国旅行の日特別ライブ配信」の文化芸術パフォーマンス。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」でライブ配信を通じて同市の漆工芸や建盞(けんさん、天目茶碗)を紹介するスタッフの梁向明(りょう・こうめい)さん。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の朱紫坊歴史文化街区の古民家「芙蓉園」でライブ配信を行うスタッフ。中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月19日
    旅行の日、オンラインで街歩き福建省福州市

    19日、福建省福州市の三坊七巷歴史文化街区の「水榭(すいしゃ)戯台」でライブ配信を行うスタッフ。(小型無人機から)中国福建省福州市は「中国旅行の日」にあたる19日、「オンライン街歩き」をテーマとしたライブ配信を行った。各地の人々がインターネットを通じて同市内の古民家や路地、漆工芸の文化などを見学し、多彩な文化に親しんだ。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の中央部にある「民園広場」の地下商店街「民園市集」で買い物を楽しむ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の夜市で屋台料理を選ぶ観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、五大道の中央部にある「民園広場」は多くの市民や観光客でにぎわっている。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、多くの市民や観光客でにぎわう五大道の夜市。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月11日
    歴史文化街区「五大道」の夜に明るさ戻る夜間経済復活へ天津市

    11日、天津市の健康識別コード「津門戦疫」をスキャンする観光客。新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着きを見せる中、中国天津市では「ナイトタイムエコノミー(夜間経済)」が徐々に回復しつつある。市内の各繁華街では、感染防止対策を十分に講じることを前提に多くの店が営業を再開。観光名所となっている歴史文化街区「五大道」の夜市も再開し、人通りが増え、にぎわいが戻りつつある。五大道は市の中心部にあり、南から北へ平行して延びる馬場道と睦南道、大理道、常徳道、重慶道の5本の通りを中心とするエリアの総称。(天津=新華社配信/劉惟真)=2020(令和2)年5月11日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年05月10日
    漆芸の逸品がずらり「福漆」作品展開催福建省

    10日、「福漆」作品展に展示された彫漆(ちょうしつ)の獅子像。彫漆とは、漆を塗り重ねた厚い層を彫刻して文様を表わす技法を指す。レトロな雰囲気が漂う中国福建省福州市の人気スポット、朱紫坊歴史文化街区で10日、「福漆」作品展が開催された。同展は漆絵や脱胎漆器、漆線彫など計105組302点の作品を展示し、地域ごとに多様な文化やさまざまな技法を受け継ぎ、革新してきた同省の漆芸の多彩な魅力を伝えている。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年5月10日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月21日
    1800年の歴史伝える忻州古城を訪ねて山西省

    21日、夜の忻州古城を散策する観光客。中国山西省忻州(きんしゅう)市の南東に位置する忻州古城は、後漢の建安20(215)年に建設が始まり、1800年余りの歴史を持つ。また、「秀容古城」とも称され、遺産の保護、文化の展示、観光・レジャーを一体化した特色ある歴史文化街区エリアを形成している。同市は2017年に古城の保護・再開発プロジェクトをスタート。2018年には陝西省礼泉(れいせん)県煙霞(えんか)鎮袁家村と協力し、文化観光産業に着目、各産業の融合と発展を推し進めた。現在、秀容書院、城門楼、城墻、泰山廟、関帝廟などの代表的な観光スポットの保護・修復作業がすでに完了しているという。(太原=新華社記者/王皓)=2020(令和2)年4月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月15日
    江口沈銀遺跡で「蜀世子宝」金印が出土四川省眉山市

    15日、江口沈銀遺跡の川底から出土した「蜀世子宝」金印。上部の塊は亀の形の印紐(いんちゅう)で甲羅の彫刻がはっきり見て取れる。中国四川省眉山市彭山区は29日、記者会見を開き、同区の江口沈銀遺跡で2019~20年度に実施した考古発掘調査で、金銀器を中心とする1万点余りの遺物が出土したと発表した。うち「蜀世子宝」と記された金印は、国内で初めて見つかった世子の金印だという。世子は明清時代の世襲親王の嫡男を指す。(眉山=新華社記者/童芳)=2020(令和2)年4月15日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年04月13日
    活気を取り戻しつつある「泉の街」の観光地山東省済南市

    13日、百花洲歴史文化街区の一角で写真を撮る観光客。悠久の歴史を持ち、「泉の街」として知られる中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区およびその周辺の曲水亭街、后宰門街、軲轆把子街などの旧市街ではこのところ、一般公開が秩序的に再開されている。通り沿いにある店なども新型コロナウイルスの予防・抑制対策をしっかり行う前提の下で、続々と営業を再開している。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年4月13日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 00:53.72
    2020年04月06日
    「新華社」都市は「計算力の時代」に突入した中国工程院院士が分析

    「都市大脳(CityBrain)」は都市全体の知能の中枢で、都市全体に対する大局的で即時性のある分析ができ、都市のデータ資源を利用して公共資源の分配を最適化し、最終的には都市の管理が可能な超知能(スーパーインテリジェンス)に進化する。中国工程院院士(アカデミー会員)で杭州都市大脳のチーフアーキテクトを務め、アリババが運営するクラウドサービス阿里雲(アリババ・クラウド)の創設者でもある王堅(おう・けん)氏は取材に対し、現在の状態まで発展した都市は「計算力の時代」に突入し、計算能力が都市の発展に全く新しい革命的な質の変化をもたらすとの考えを示した。浙江省杭州市は2016年、全国に先駆けて都市大脳の構築を打ち出し、交通管理を突破口に行政事務や社会データ資源を相互接続し、市民により良質なサービスを提供するため、データによる都市管理能力向上を推進している。杭州都市大脳は19年、中枢システムとデジタル化管理ツール「デジタル・コックピット」および活用シーンを相互連結する完全な技術と製品システムを構築した。杭州都市大脳はすでに11のシステムと48の活用シーンの同期を推進して良好な局面を形成しており、利用者は気軽な受診や楽しい旅行、便利な駐車、街区の管理などの活用シーンについて、高い満足度を示している。(記者/夏亮、李濤)<映像内容>都市大脳稼働の様子、撮影日:撮影日不明、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:32.45
    2020年03月18日
    「新華社」浙江省淳安県、旅行クーポン5万枚発行千島湖の観光活性化目指し

    中国浙江省淳安県千島湖鎮の騎竜巷慢生活(スローライフ)街区は18日、新型コロナウイルスによる感染の終息後の観光消費市場活性化を目指し、「千島湖春の観光・美食プロモーションイベント」を開催、モバイル決済サービス「支付宝(アリペイ)」を通じて千島湖旅行クーポンの初回分5万枚を発行した。同日午前9時、「街区安全官」の指導の下、観光客が赤外線体温測定を受けて街区に入場。多くの市民や観光客がお得な旅行商品や高品質な農業特産品に引かれて足を止め、歴史ある街区はにぎわいを取り戻した。千島湖観光地区は2月22日から再開しており、一部のスポットは18日から5月1日まで、観光客の入場が無料になるという。(記者/鄭夢雨)<映像内容>千島湖の観光の様子、撮影日:2020(令和2)年3月18日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ ※画質が良くありません。

  • 01:04.30
    2020年03月17日
    「新華社」瀋陽故宮など博物館8カ所、一般公開を再開遼寧省瀋陽市

    中国遼寧省瀋陽市の瀋陽故宮博物館や張氏帥府博物館など博物館8カ所は17日、新型コロナウイルスの感染拡大で中止していた一般公開を再開した。同日訪れた瀋陽故宮博物館では、正門に当たる大清門にパーテーションで仕切られた区画が設けられ、保安スタッフが来場者の体温測定や実名登録を実施。来場者は1・5メートル以上間隔を空けて列を作っていた。公開を再開した各博物館は、コロナウイルスの感染防止に万全を期すため、実名による事前予約制を実施している。来場者は入場の際に身分証明書原本の提示が必要で、入口では体温測定、館内ではマスクの着用が求められる。ウイルス流行期間中は入館制限も実施される。瀋陽故宮博物館は1日の来場者の数を午前と午後各2千人に制限。見学時間も2時間以内とするよう呼び掛けている。また、場内の人数が800人を超えないようにし、人の密度が高い時には状況に応じて入場制限などの措置を講じている。(記者/馮雷、趙洪南、姜兆臣)<映像内容>遼寧省瀋陽市の博物館が営業再開、撮影日:2020(令和2)年3月17日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区にある「三通橋」を渡る観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区にある店舗で商品を撮影する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州市鼓楼区の鰲峰坊歴史文化街区にある古厝の敷地内を散策する観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/姜克紅)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を流れる三捷河に沿って歩く観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区にある三通橋を渡る観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    福州市、「古厝」の保護・活用で都市の質的向上めざす

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省の省都で、古い歴史を持つ福州市には伝統的な住居、古厝(こせき)や古い建物が多く残っている。2020年の第44回世界遺産委員会年次会議の開催地である同市は現在、古厝の保護・修繕およびその活用に取り組み、都市の質的向上をめざしている。「福州市の新たな古厝の保護環境向上の作業方案」によると、同市が推進する古厝保護プロジェクト91項目211件のうち、すでに122件が完了しており、残りは5月末までにほぼ完成する見通しだという。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を訪れた観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区を散策する観光客。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年03月05日
    観光地の開放再開を推進福建省福州市

    5日、福州市台江区の上下杭歴史文化街区で消毒・殺菌作業を行うスタッフ。中国福建省福州市の三坊七巷や上下杭、朱紫坊などの歴史文化街区ではここ数日、営業再開が着実に進んでいる。一部の観光地はすでに一般開放を再開しており、観光客の受け入れを始めた店舗もある。(福州=新華社記者/林善伝)=2020(令和2)年3月5日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 01:54.88
    2020年01月21日
    「新華社」福建省の曇石山歴史文化街区がオープン婚礼文化テーマに

    中国福建省福州市で1年余りにわたり建設が進められていた曇石山特色歴史文化街区「喜街」が21日、オープンした。喜街は同日、市内15カ所で一斉オープンした歴史文化街区の主会場となり、同市閩侯県の「喜娘」(婚礼の介添え役)が取り仕切る伝統的な結婚式をはじめ、盛りだくさんの催しが行われた。曇石山特色歴史文化街区は閩侯県の甘蔗街道に位置し、曇石山遺跡博物館に隣接。閩都民俗園、閩侯県博物館とも一体化している。現在の総面積は71・4ムー(4万7600平方メートル)で、34の建築物の中には移築された古民家8棟を含み、中心エリアには閩侯県の婚礼文化が色濃く反映されている。オープン当日は中国の伝統衣装をまとった新郎新婦らが喜娘のおめでたい口上の中、天地を拝し、両親に拝礼。観光客に喜娘文化の独特の魅力を伝えた。閩侯県の豊かな歴史と文化を幅広く紹介する無形文化財館など各施設も同時開館した。(記者/林凱)<映像内容>曇石山特色歴史文化街区「喜街」がオープン、結婚式の様子など、撮影日:2020(令和2)年1月21日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市の会場を散策する人たち。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、「のぞき眼鏡」(多数の絵を木箱の中で次々に取り替え,凸レンズを隔てて観客に見せる民間芸能)を楽しむ子ども。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、屋台で売られている飴細工(吹糖人)をじっと見つめる子ども。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で、「福」の字を見せる子どもたち。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で売られている中国の伝統的な民間工芸品。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、買ったばかりの飴細工(吹糖人)をうれしそうに見つめる子どもたち。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、昔ながらの屋台の前で足を止め、商品を手に取る子ども。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、山東省の特産、「竜口春雨」の伝統的な製法を実演する職人。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で、中国の伝統的な飾り物「紙翻花」を手に取る子ども。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で、中国の伝統的な飾り物「紙翻花」を見つめる人たち。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、年越し市で、スマホで蒸しパンで作った飾り物の写真を撮る買い物客。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 2020年01月19日
    地元ならではの年越し用品で新年を迎えよう山東省済南市

    19日、山東省の特産、「竜口春雨」の伝統的な製法を実演する職人。中国山東省済南市にある観光スポットの一つ、百花洲歴史文化街区でこのほど、「第1回山東省無形文化遺産年越し市」が開かれ、特色ある中国の伝統的な年越し用品を買い求めようと、大勢の市民や観光客が訪れた。(済南=新華社記者/王凱)=2020(令和2)年1月19日、クレジット:新華社/共同通信イメージズ

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • ...